• 記事: 26232
  • 質問に対する回答: 31254
  • コメント: 30518
  • 準備ができて答え: 24264

ご祈祷料 のし

厄払いの祈祷料!のし袋の書き方や水引の種類は? 何これって? 神社へ持参するお酒の のし書きは 「奉献」・・・? -地元の神社へ挨- マナー・文例 | 教えて!goo

ご祈祷料 のし

厄払いの祈祷料. 大変お待たせしました。気になる祈祷料について見ていきましょう。 祈祷料の相場は、5000円~10000円 と言われています。 神社やお寺によっては、金額が表記されている場合があります。 質問日時:2012/07/25 11:45 回答数:3件 地元の神社へ挨拶に行くのですが、 お酒を持参しようと思います。 のし紙への記載は何と書いたら良いのでしょうか。 地鎮祭は 確か「奉献」だったかと思いますが、 同じでよいのでしょうか。 教えて下さい。 神社神前への飾り物なら『奉献』、『奉納』、『御神前』など。 神社に納める(神前に供える)金銭なら『御玉串』、『御初穂』、『御神前』など。但し、『御玉串料』と『料』を付けると、神葬祭の場合の仏教における故人への『御仏前』に相当するので不可。 神社に奉納する酒類には『御神酒』、『御神前』も可。 地鎮祭での祭典後の現地飲食用供物としての酒には『神饌』または『御神酒』。この場合はお守り頂く神様の下がり物を、参拝者が共に飲食することで恩恵を分かちあう意味。 83 件 この回答へのお礼 お返事ありがとうございました。 不安に思いながらも、結局 「奉献」 と書きました。 地鎮祭の際に 「初穂料」 と書いたと思います。 多くの知人に聞いて書いたつもりでしたが、 良くなかったんですね。 勉強になりました。 質問投稿前にもう少し簡単に 類似ケースの検索が出来ると良いなと思いました。 ありがとうございました。 お礼日時:2012/07/26 03:21 一般的には、御神酒でも良いのですが、お酒を献上する事なので、『奉献酒』と書きます。 31 件 この回答へのお礼不安に思いながら、結局 「奉献」 と書きました。 質問投稿前にもう少し簡単に 類似ケースの検索が出来ると良いですね。 ありがとうございました。 お礼日時:2012/07/26 03:13 私は仕事上毎年お正月になると神社へ持っていきますが・・・ 「御神酒」のことですね ^^ 他にも書き方はあるようですよ http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …

初穂料》お宮参り・初穂料とは・地鎮祭・のし袋・封筒・七五三・金額... 春祈祷(ひやり) | BOSO-LEGEND

ご祈祷料 のし

初穂料とは神前結婚や七五三や地鎮祭、お宮参り・安産祈願、厄払いなど神道の祈祷や祭祀の時に神社に渡すお金・謝礼をさす。祝詞料・初穂料ののし袋の書き方「御初穂料」や封筒、新札のしきたり・マナー・読み方、消費税、勘定科目等を解説。 21 件 この回答へのお礼 早速のお返事ありがとうございました。 買い物に出掛けてしまい お返事遅くなりました。 不安に思いながらも、結局 「奉献」 と書きまして行って来ました。 サイトにも行って来ました。 質問投稿前にもう少し簡単に 類似ケースの検索が出来ると良いですね。 ありがとうございました。 お礼日時:2012/07/26 03:12 お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!

祈祷料の封筒の書き方やお札の入れ方!渡し方などのマナーもご紹介 ... 厄払いの初穂料を連名にしてもいい?のし袋の書き方はどうなる? | 気分上々LIFE!

ご祈祷料 のし

祈祷料としては 5000円~10000円が相場 で、金額が表記されている神社やお寺もあります。 *祈祷料を渡す際の封筒の書き方は? では、祈祷料を渡すときには封筒にはどのような表書きをすればいいのでしょうか? 正式の名称は春祈祷と言うそうで、これから始まる農耕作業の安全と豊作を祈るところからきているもので、当地方では「ひやり」と称していた。この語源は誰も知っている者はいなかった。「ひやり」の当番の家は毎年時計回りで、各家を順番に回っていく。この「ひやり」は毎年節分の翌日の晩から一晩二日で終るが、雪が積もっていたり、雨や寒さで農作業ができない時は一日延ばし、二晩三日の年もあった。古老の話によると、或ある年の大雪の年などは一週間もやったことがあるという。 「ひやり」の目的は二つあり、一つは先に書いたもので、もう一つは作男や作女に出されていた若い人達が、年期が終り、出代りと言って家に帰って来るので、その慰労の意味もあったのである。当日になると褞袍(どてら)を着て白米二升と有り合わせの野菜等を持ち寄って昼食が終わると当番の家へ集まる。ふつうは家庭の主人であるが、結婚した男子がいる時や作男に出ていた男子がいる時はその人達も同じように出席した。調理は若い人達の手料理で、先達になる若者を中心に献立を話し合って、持ち寄った材料の他、調味料や肉・魚等は買い出しに行った。鶏もよく食べたがほとんど廃鶏に近いものをつぶした。 当時一般家庭では肉や刺身は滅多に食べることは無かったので「ひやり」は久々の御馳走が食べられるので、とても楽しみであった。一食当たりの米は一人前四合を炊いた。食事の後片付けを終え、次の食事作りの合間や夕食が終ってからは大分時間があるので、囲碁、五目並べ、将棋、花札等いろいろの遊びに興じた。また、腹減らしにと称して腕相撲や脛押し、指相撲等今考えると誠に他愛もないものであるが。そして、腹がすいてくると夕飯の残りの混ぜご飯をお握りにして食べたものであった。同じ地区に住みながらも、普段一緒になる機会がないだけにとても賑やかで、また、酒盛りの時は自慢の喉を競い合った。勿論、当時はカラオケもテレビも無かったので、皆の手拍子に合わせて歌った。よく歌ったのは、「草津節」「花笠音頭」「伊勢音頭」「東京音頭」「大漁節」「炭坑節」等でこれに合わせて無骨な手踊りも飛び出した。普段無口な人も酒が入ると、人が変わったように冗舌になったり、剽軽なことを言ったりして皆を笑わせた。 こうした主人達の「ひやり」が終ると引き続いて主婦達の「ひやり」が始まる。大筋は主人達と同じであるが、主婦達には小学校入学前の子ども達がついて来るので一段と騒ぎは大きくなる。これらが終ると今度は老人たちが、男女別に分かれて行う。こうして二月は「ひやり」に明け暮れする感じがあった。当時は現在と違って雪が多かったと思う。したがって作業の野良仕事はあまりする日が無かったが、その代わり室内作業が多く行われた。 春耕に備えて「蓑(みの)つくり」「筵織り(むしろおり)」「縄綯い(なわない)」「畚作り(もっこつくり)」「たて織り」「足中」「草履」「草鞋(わらじ)作り」等皆稲わらを使ったもので藁は非常に大切なものであった。主婦達は作業衣の仕立てや繕いが仕事であった。また、一年間の燃料とする薪とりもよく行われた。

神社への初穂料を入れるのし袋の選び方とは?表書きの書き方も解説!... 《玉串料》と《初穂料》の違いって?わかりやすく解説します! | 京都/タガヤ和婚礼

ご祈祷料 のし

神社への初穂料を入れるのし袋の選び方はご存知ですか?初穂料とは神様にお供えするお金のことです。この記事では、神社への初穂料を入れるのし袋の選び方や表書き、そして初穂料の金額相場も詳しく紹介します。 2018/8/20 2018/8/29 行事・マナー 厄払いの初穂料のマナーって、知らないことばかりで戸惑いますよね。 夫婦や兄弟などふたりで一緒に厄払いしてもらいたいときに、一つの封筒に連名で書いてもいいものなのか? それとも一人づつ分けるべきなのか?迷ってしまいます。 今回は、初穂料ののしの書き方についてお伝えしますね。 厄払いの初穂料を連名にしてもいい? ズバッとこれが正しいです! とお伝えできたらいいのですが、初穂料の連名については、絶対的な正解があるわけではないようです。 というのも、神社によって回答が違っていたり、神職の方によって考え方が違っていたりするからです。 そうは言っても「連名はやめてください」と言われることはなく、「できれば別々の方が好ましいですが連名でもOKですよ」というスタンスの回答を受けることが多いようです。 気を付けておきたいのが、祈祷の後にいただく神授品の数です。 御札やお守りのほか、お神酒や厄除御神箸などを授けてくださるのですが、連名だと御札やお守りは人数分頂けて、ほかの記念品は一人分になることもあるようです。 神社によってケースバイケースであると思われます。 このあたりは気にする人は気にすることだと思いますので、あらかじめ問い合わせておくとよいでしょう。 初穂料のし袋を連名にするケース 連名と言っても色々なケースがあります。 たとえばご夫婦や家族全員で厄払いを受けるとき、ご祈祷の種類は厄払い一つなので、ひとつののしに連名にしても特に問題はありません。 ところが夫が厄年なので厄払い、同伴する妻もついでなので健康祈願してください、みたいになると、ご祈祷の種類が厄払いと健康祈願なので別々ですよね。 この場合、2種類になるので封筒を分けるべきだという考えもあるようです。 また、既婚の兄と未婚の妹が一緒に厄払いに行きました。苗字が違うけど封筒は一つでもいいの?なんて疑問もありますよね。 こちらは、苗字が違うなら別々の封筒を用意したほうがいいという意見が多いようです。 とても迷ってしまうところですが、神社によっては問題なく連名で受け付けてくれる場合もあります。 心配な場合は、ご祈祷をお願いする神社に電話をかけて尋ねてみるのが一番よいと思います。 初穂料のし袋 連名の書き方は? 初穂料ののし袋を連名にする場合の書き方をお伝えしますね。 のし袋は水引を挟んで上を上段、下を下段ととらえます。 上段には名目を書きますので、神社では「初穂料」「御初穂料」「玉串料」、お寺では「御布施」などと書きます。 ここまでは共通です。下段に名前を書きますので、連名の場合はどのように書けばよいかを説明しますね。 夫婦で連名にする 下段の中央にまず名字を書きます。 その下に夫の名前、左隣に妻の名前を書きます。 家族で連名にする 下段の右から世帯主、妻、子どもの順番で名前を書きます。 苗字は世帯主だけで、それぞれの名前を左からに順に書き添えていきましょう。 人数が多い場合は世帯主の姓名を書き、左横に「他家族一同」と書いても大丈夫です。 その際は別紙を用意して家族全員の名前をすべて書き、のしの中袋に同封しておきましょう。 兄妹で連名にする 姓名は上の子、上の子の名前の隣に下の子の名前を書きます。 七五三の初穂料で、このようなケースはよくあると思います。 成人した兄弟で名字が異なる場合は、上の子の姓名が右、下の子の姓名が左になります。 誰を最初に書くか迷ったときは、年長者や代表者から、と覚えておきましょう。 縦書きですので右から順番に書いていきます。 まとめ のしの連名については一般的にはこうですよ、というものであっても神社に相談すると別の回答が得られる場合もあります。 別々でもいいし、連名でも構いませんと言われることが多いようです。 どうしても心配なときは、素直にたずねてみるとよいと思いますよ。 なお、連名の場合も初穂料は人数分が必要になるので、そこは間違えないようにしてください。 夫婦連名での厄払いならば二人分の金額を包みます。 裏面には中に入れた金額を書きますのでこれもお忘れなく。 厄払いは人生に何度もあるものではないので、マナーや作法にも戸惑ってしまいますよね。 大切な行事ですので、ぜひ今回の記事を参考にしていただけたらと思います。

お祓いで渡す封筒の書き方は?金額相場やお寺でのお祓いの場合も解説... 神棚の処分に必要な費用~祈祷・返納・焚き上げの相場をご紹介~ | 神棚と日本

ご祈祷料 のし

しかし、祈祷料支払い時のマナーについて、改めて聞かれるとわからないという方も多いでしょう。 しかし、御供物としての意味合いが強い祈祷の謝礼ですので、スーパーのレジで支払う代金のように、財布からお金を出して直接渡すなんてことは言語道断 ... 神前式について調べると【玉串料】や【初穂料】といった聞き慣れない言葉が出てきますがそれがどういったものなのか、よく分からないという方が多いと思います。初穂料、玉串料、祈祷料、御礼など、祈祷に関する専門用語的なものはたくさんありますが結婚式に携わっている人でも勘違いしてしまうような難しいものです。今回は知っているようで曖昧な玉串料と初穂料について意味と使い分けについて解説致します!また金額はいくら包めばいいの?封筒の書き方が知りたい!などの疑問にも答えていきますのでぜひご覧ください♪ 玉串料(たまぐしりょう)の意味と使い方玉串料とは神様にお供え物としてお供えする玉串の代わりとなるものです。玉串とは榊の枝に紙垂(しで)や木綿の紙で作られた飾りをつけたもので、祈祷を依頼した場合に依頼主が本来玉串を用意しなければならなかったのですが、時代が進むにつれてそれが困難になって、神社が榊を用意するようになりました。この用意にかかった金額と謝礼をあわせた金額を玉串料と言う形で神社に渡したのが玉串料の由来となっています。玉串料が最も使われるのは地鎮祭(建築で基礎工事にかかる前に土地の神を祭り、工事の無事を祈る祭事)ですが、もちろん神前式の御礼としても使うことが可能です。他にもお宮参り・七五三・お見舞金・お祓い・通夜・葬儀・法事などといった場面で玉串料は使われ、白黒ののし袋を用意するのが一般的だと言われています。一つ注意点として挙げられるのは、お守り、御札の購入には玉串料は使えないということです。お守り、御札の購入の際には、次に説明をする【初穂料】としか書くことが出来ません。【合わせて読みたい記事】 玉串料の金額の目安は?玉串料の金額は神社によって異なりますが、だいたい5千円〜1万円が目安になっています。「金額はお気持ちから」としている神社もあるので、その際は神前結婚式に詳しい方やご親族に相談してみるといいでしょう。玉串料の書き方玉串料のお金は「のし袋」という封筒に入れます。中袋にお金を入れ、外包で包む形となっています。1. 中袋の表から見てすぐ肖像が見える向きでお札を入れる。2. 中袋の表に「金◯◯円」と難しい漢数字で記入する。3. 中袋の裏面左下に自分の住所・氏名を記入する。4. 外包の裏の折り方は、上を先に折り、下部分が上に来るようにする。5. 外包の表に「玉串料」「施主の氏名」を記入する。玉串料の書き方をまとめるとこのようになります。細かい決まりがいくつもあるので、一つ一つチェックしながら書きましょう。玉串料の書き方を図で見たい方はこちら 初穂料(はつほりょう)の意味と使い方まずは先程同様初穂料の意味について説明致します。昔から神様に捧げるものは農作物か榊かとされていました。初穂料は農作物が供物として奉納されていたものが由来となっています。初穂とはその年の最初に収穫した農作物をさし、それを神様に捧げたのが初穂料の始まりです。玉串料と同じように時代が進むに連れて、農業をしないような人達が増えて行き、初穂料として神社にお金を渡したのが初穂料の由来とされています。初穂料の使い方としては神前式・地鎮祭・竣工式・お宮参り・七五三・各種祈祷・お守り・お札など種類様々。初穂料も使えない場合があり、神式の葬儀の場合はNGとなっていますので注意が必要です。【合わせて読みたい記事】 初穂料の金額の目安は?初穂料も神社によって異なりますが、だいたいの目安を記載しておきますのでご参考にしてください。■お宮参り・七五三・厄払い・安産祈願など:5千円〜1万円■祈願:【個人】5千円〜 【法人】2万円〜■地鎮祭:2万円〜5万円■結婚式:10万円〜初穂料の書き方初穂料も玉串料同様のし袋を使用します。書き方は玉串料とほとんど同じになりますが、外包の表書きには「御初穂料」と記入しましょう。玉串料と初穂料の注意点まとめ初穂料は神社に祈願をお願いする際のお礼として支払うので、さまざまな場面で使用することが可能です。神様への感謝の気持ちを表す意味合いが強いため、お祝い事によく使われると覚えておくと分かりやすいですね。ただし葬儀の場合には使用できないので注意してください。反対に玉串料はご祝儀としても不祝儀としても使われ、葬儀の際は玉串料を用意します。納める場合には水引き(紙の紐)で結んだのし袋を使用します。初穂料と同じくさまざまな場面で使われますが、お守りや御札の購入には使えません。水引の結び方玉串料と初穂料を入れる封筒は水引というひもで結びます。結び方には「結び切り」「あわび結び」「蝶々結び」といった種類があります。結び切りは1度結んだら解けないことから、病気や事故のお見舞いのように、重ねて起きてほしくないことに使われます。慶弔ともに使える結び方です。あわび結びは結び切りの一種。緩やかな結び目に見えますが、両端を引っ張ると固く結ばれて、解けないのが特徴です。蝶々結びは何度でも結び直せるため、何度あっても嬉しいことのお祝いに使います。具体的には、出産祝いや長寿のお祝いなどです。結婚は何度もしないことが望ましいため、結婚祝いでは結び切りかあわじ結びをすることになります。何度も結び直せる蝶々結びは、結婚祝いには不向きなため、お気をつけください。いかがでしたか。今回は玉串料と初穂料についての意味と使い分けについて解説致しました。どちらも一般的に使えるものなのですが使えないところもあるそうです。間違いのないよう、しっかりと事前確認を行うようにしましょう!お問い合わせはこちらから。