• 記事: 15032
  • 質問に対する回答: 16300
  • コメント: 19586
  • 準備ができて答え: 25060

イッテキュー 打ち切り

『イッテQ!』、ヤラセ発覚でも打ち切りを免れた“知られざる理由” Yahoo! JAPAN

イッテキュー 打ち切り

いまだに尾を引いている人気バラエティ番組『世界の果てまでイッテq!』(日本テレビ系)のヤラセ報道。これは“文春砲”こと「週刊文春 ... 過去エベレストに2度登頂している、山岳ガイドの貫田宗男。1951年3月21日、山口県熊毛郡生まれの山登りスペシャリスト貫田宗男は、日本山岳学会にも所属しています。イッテQ! 登山部企画で「天国じじい」との愛称で呼ばれていますが、その由来はマナスル登山企画のキャンプ地で、「(テントの中は)天国だよ天国」と-5度の中で言った事に対し、泣き笑いしたイモトアヤコが悪態をつき「天国じじい」という愛称となりました。死亡率17.85%の“死の山”として恐れられている、ネパール・ヒマラヤ山脈の山「マナスル(8163m)」登頂に挑んだイモト・角谷・石崎らイッテQ! 登山部。世界にある8000m峰14座の1つで、世界第8位の高さを誇る「マナスル」に挑むにあたり高地順応トレーニングをしたイモトアヤコ。そのトレーニングの際あまりの標高の高さから前歯が痛み、一度街に下山して前歯を抜くという登山にかける根性を見せるシーンがありました。登山実力者たちですら命を落とすことのある超難関登山スポット、アメリカ・アラスカにある北米最高峰「マッキンリー(6168m)」。「マッキンリー」の名で知れ渡っていますが、2015年8月から先住民の言葉で、“偉大なもの”を意味する「デナリ」が正式名称となったそうです。アラスカ州に位置し、かつて山頂で最低気温 −73.3℃を記録したこともあることから、ヒマラヤの7000m峰に匹敵する過酷な山と言われています。登山家・三浦雄一郎が80歳でエベレストに挑戦した際、1億5000万円がかかったことが報じられました。その際三浦雄一郎のシェルパは18人だったのに対し、イモトアヤコのシェルパは13人。国際山岳ガイドや山岳医を揃え、三浦雄一郎のサポートに引けをとらない体制がとられました。しかしそのことに対し、登山家からは批判の声も上がっているようです。しかし万全を期す為費用がかかるのではないかという意見もあるようです。今回はイッテQ! 登山部についてご紹介いたしました!イッテQ! 登山部メンバーの紹介や、イモトアヤコ・角谷・石崎らが登頂してきた数々の山、そして惜しくも登頂断念することとなった山について迫っていきました。これまで年1回のペースで行われているイモト・角谷・石崎らによるイッテQ!

『イッテQ!』打ち切り危機! みやぞん骨折と2度目のヤラセ疑惑で、視聴者から批判続出 (2019年6月6日... イッテQの登山部メンバーが豪華!イモトアヤコが登ったすごい山や実力は? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

イッテキュー 打ち切り

視聴率不振が取り沙汰されている『世界の果てまでイッテq!』(日本テレビ系)について、6月6日発売の「女性セブン」(小学館)が“打ち切り ... 13人ほどが巻き込まれて命を落とすという大きな事故だったのです。エベレストで起きた過去最悪の遭難事故でした。 この時、イッテQ登山部はエベレスト登頂企画の為に5年がかりの計画を実行中で、イモトアヤコの登山部は実際に6000メートル地点ほどにいたそうです。 イモトアヤコの登山は世界的な山に登りますので、多くのサポートをされています。それに現地のシャルパと言われるガイドが必要なんですが、そんなシャルパさんの事故が起こったのです。 事故にあわれたシャルパさんたちはイッテQ登山部の企画に関わられていませんでしたが、エベレストに関わる他のシェルパさんたちも次々と撤退を決定していったそうです。 イッテQ登山部のエベレスト登頂は、 ●キリマンジャロ(2009) ●モンブラン(2010) ●アコンカグア(2011)天候不良により登頂寸前で断念 ●マッターホルン(2012) ●マナスル(2013) ●キナバル(2014) ●エベレスト(2014)現地で雪崩事故が起こり断念 ●マッキンリー(2015) ●アイガー(2016) ➔イッテQ!

『イッテQ!』騒動後に変化、出演者追い詰めない安全方針に|NEWSポス... イッテQ 登山部 死者いる!? | 徒然なるままにPCにむかいて

イッテキュー 打ち切り

打ち切り説浮上の『イッテq!』に内村は? イタリアでは空中ブランコを成功させ、スペインではアクロバティックな闘牛に挑み、フランスではサーカスに出演してトランポリンの大技をキメる──これまで「anzen漫才」のみやぞん(34才)は『世界の果てまでイッテq! しかも相手は日本テレビの超人気番組「世界の果てまでイッテQ! 」。イモトアヤコや出川哲朗らを人気者にした立役者で日曜夜に視聴率も常時20%前後を記録するお化け番組。NHKの制作者たちが嘆く対象でもある。 「『イッテQ! 』があるせいで大河ドラマの視聴率が上がらない・・・」 子どもたちも多く見ている、そんな番組に文春砲が火を噴いたのだ。その衝撃はけっして小さいものではない。 そんなタイトルの記事が週刊文春に載るという。 文春オンラインを読む限り、内容は以下の通りだ。 2007年に放送を開始した日本テレビの看板番組「世界の果てまでイッテQ!」。番組きっての人気企画である「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」にやらせの疑いがあることが「週刊文春」の取材でわかった。 同企画は、芸人の宮川大輔(46)が青いハッピにハチマキ姿で世界の過激な祭りに突撃し、これまで参加した祭りは100を超える。問題となっているのは5月20日放送分の「橋祭りinラオス」。実際の放送では、自転車で“橋”に見立てた全長25メートルの板を渡り、スピードなどを競う“祭り”だと紹介。4月8日にラオスの首都ビエンチャンで行なわれ、宮川が“祭り”に参加した一部始終が放映された。 だが、ビエンチャンに赴任する日本人の駐在員は異議を唱える。 「ラオスで『橋祭り』なんて聞いたことはないし、周囲のラオス人に聞いても誰も知らない。そもそもこの地域で自転車といえば、外国人観光客がレンタサイクルに乗るぐらい。この『橋祭り』は不自然な点が多すぎる」 ラオス国内の観光イベントを管轄する、情報文化観光省観光部のブンラップ副部長は、「週刊文春」の取材に次のように語った。 「こうした自転車競技はラオスには存在しない。今回(の「橋祭り」)は日本のテレビが自分達で作ったのではないですか」 また同番組の取材申請を許可した情報文化観光省マスメディア局の担当者も「日本側の働きかけで実現した」と断言する。 「2人の役人が撮影に立ち会いましたが、(「橋祭り」は)ラオスで初めて行われたものです」 明日発売される週刊誌が楽しみだが、実は私も映像を見せられてコメントを寄せている。 あくまで文春側の取材が正しいとして、という条件付きで、もしラオスで伝統的に行われていない祭りを伝統的な祭りだ、などと表現したのであれば大きな問題ではないのか。ラオスでやっていないというのであれば外交問題にも発展しかねない。ただちに検証すべき問題だと思う、などとコメントしたように記憶している。 上記の週刊文春への日テレ側の回答も「メコン川流域など」としている。 ひょっとすると、制作者側は問題の祭りがラオスの祭りではなく、ラオスを含むもっと広い地域全体での祭り、ということにしておきたい、という意識がどこかにあるのだろうかという感想をもった。 それにしても、もしメコン川流域の「他の国」で行われていた祭りを「ラオスで行われている祭り」として放送したのだとするならば、やはり小さな国を一括りにしてしまう、大雑把な報道としかいいようがない。たとえばメコン川流域のタイで行われている祭りを「ラオスの祭り」だと紹介するようなことがあれば、ラオスの人たちも怒るであろう。豊かとはいえない東南アジアの発展途上国への軽視が透けて見えそうだ。 立場を変えてみれば、日本では行われていない韓国の祭りを、どこかの外国の放送局が「これは日本の伝統的な祭りだ」などと紹介したならば、誇り高い人たちならば怒りで震えるに違いない。他の国に対して、こういう番組放送は許されるのだろうか。 いわゆる「やらせ」疑惑でBPOが審議する事態になったケースでは、2014年に放送されたNHK「クローズアップ現代」の“出家詐欺”報道について翌年にBPOの放送倫理検証委員会が「著しく正確性に欠ける情報があった」として「重大な放送倫理違反があった」と断じたケースがあった。 多重債務者の男性が出家することで融資をだまし取る“出家詐欺”をするための一環として、ブローカーの男性に自分の債務について相談する場面が登場するのだが、この場面は“多重債務者”役の人物と“ブローカー”役の人物が演じていて、カメラの見えないところで記者がタイミングなどについて指示を出して撮影していたことが発覚した。この「やらせ」報道に火をつけたのも週刊文春だった。 中立な立場で事実を伝えているとされる「クローズアップ現代」のような報道番組では、放送する内容に虚偽や捏造が含まれていることは「あってはならない」のは誰しも当然に思うだろう。では報道番組でなくバラエティー番組であれば虚偽や捏造が許されるのだろうか。 放送法4条の第3号には「報道は真実を曲げないですること」という規定があるからだ。 これは番組の編集準則とされ、「報道」というのは報道番組に限らずバラエティーも含む番組全般が対象となる。 バラエティー番組に関しては、2007年、関西テレビの制作でフジテレビ系で全国放送されていた「発掘!あるある大事典2」で納豆ダイエット特集で様々なデータなどの捏造が発覚し、番組は打ち切られて結果的に関西テレビは当時の社長が辞任。会社としても日本民間放送連盟(民放連)から除名される処分を受けている(のちに復帰)。 記憶に新しいところでは2013年に放送されたフジテレビの「ほこ×たて 2時間スペシャル」の“ラジコンカー対決”で、なかった対決が編集であったことにされるなど、内容に偽造が行われたことが発覚した件で、2014年にBPOの放送倫理検証委員会が「重大な放送倫理違反」があったと断じた例がある。この捏造で人気があった「ほこ×たて」という番組はレギュラー枠でも打ち切りになった。 だが、その前に日本テレビの社内で検証が行われるはずだ。BPOが審査する場合には、その前提としてまずその放送局自身が問題ありと断定しなければならない。BPOはNHKと民放連が作った自律的な放送倫理遵守機関なので、行政のように強い権限があるわけではない。あくまでそれぞれの局の自主性が重視されるのだ。 日本テレビはどちらかと言えば脇が硬い会社だといえる。2008年の「真相報道バンキシャ!

『イッテQ!』打ち切り危機! みやぞん骨折と2度目のヤラセ疑惑で、視聴者から批判続出(2019/06/06 11:49... 世界の果てまでイッテQ 番組内で流れるBGM・テーマ曲は? | 好きこそ物の上手なれnet

イッテキュー 打ち切り

視聴率不振が取り沙汰されている『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)について、6月6日発売の「女性セブン」(小学館)が“打ち切り危機”を報じている。これまで『イッテQ!』は日曜夜8時台の視聴率トップを独走していたが、今年2月... 「今回は日本のテレビが自分達で作ったのではないですか」。ラオスの観光イベントを管轄する情報文化観光省観光部の副部長は語った。現地取材でわかった日テレ看板番組のお祭りでっち上げ疑惑。《完全版》は11月8日(木)朝5時に「週刊文春デジタル」で公開。https://t.co/xoy Ph5m7d9 pic.twitter.com/6Bf AKk La MD — 文春くん公式 (@bunshunho2386) 2018年11月7日 【イッテQ】捏造疑惑のある「ラオスの橋祭り」、TVのセット感がすごい…

『イッテQ』ヤラセ疑惑、国際問題に発展BPOが報告要請、打ち切り&日... 【イッテQ】河北麻友子の過激写真流出でも出川ガールを降板しない | MKN通信

イッテキュー 打ち切り

8日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、バラエティ番組『世界の果てまでイッテq!』(日本テレビ系)の“ヤラセ”疑惑を報じた件について ... ラオス国内の観光イベントを管轄する、情報文化観光省観光部のブンラップ副部長は、「週刊文春」の取材に次のように語った。 「こうした自転車競技はラオスには存在しない。https://t.co/1wy BVs VOke pic.twitter.com/l ULde Ivph8 — なんJ迷言bot (@jbot26830444) 2018年11月7日 ラオス現地の駐在員も ラオスで「橋祭り」なんて聞いたことはないっていってるのだそう。 「ラオスで『橋祭り』なんて聞いたことはないし、周囲のラオス人に聞いても誰も知らない。 そもそもこの地域で自転車といえば、外国人観光客がレンタサイクルに乗るぐらい。 この『橋祭り』は不自然な点が多すぎる」 とのこと。 実は私も家族が企業の海外駐在員だったんですけど 駐在員って現地の住民の方との交流がかなりあるし 現地のことを知り尽くしてるケースが多いと思うので この発言は確かなものなんだろうなあ〜と。 要するに、言い逃れできないやらせなの?! 日本テレビの人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日曜午後7時58分) 私も大好きな番組なんですが・・ やらせ疑惑で放送打ち切りなんてことあるのでしょうか? 打ち切りとまでいかなくても もし本当にやらせだったとしたら・・ 何らかの謝罪や放送が休止になることはあるかも。 テレビ番組ってBPOの存在もあるし・・ 問題がBPOに持ち込まれた場合、打ち切りになった例もあるらしいので・・ どうなっちゃうのかなあ。。 #イッテQ #やらせ #うちきり #宮川大輔 打ち切りなんかする必要なし‼️BPOなんて糞組織こそ打ち切りになれw視聴者の意見は視聴率にでるだろ見なきゃいいんだよ‼️祭りは見るよ👀ワッショイ宮川大輔頑張れ👍 イッテQやらせ?

イッテQ打ち切り?やらせ企画の責任者は演出(プロデューサー・ディレ... イッテQの宮川大輔の祭り企画がでっち上げ?やらせの真相は? | BLOG100%

イッテキュー 打ち切り

イッテqは打ち切り!?内村光良さんや出演者はやらせを知っていたのか? まだまだ詳細はわかっていませんし、 現在はイッテqのお祭り企画が「やらせ疑惑」に かかっているという事だけが現実です。 しかし番組にかかるダメージはかなりキツイ! 番組映像に疑問 #BLOGOS https://t.co/Erg UV3zzk Y — 束縛プレイ安田です😀別名はブラックバス安田。シリアで改名しました。嫁喰われまくりおときたくんです (@Bradford Erroll) 2018年11月7日 日本テレビ系の人気バラエティー番組『世界の果てまでイッテQ!』(毎週日曜 後7:58)内の企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」で、 実在しない祭りがラオスの「橋祭り」として放送されたとして、 7日配信の「文春オンライン」及び8日発売の『週刊文春』が報じた。 これを受けて日本テレビは8日、番組サイドで祭りを“ねつ造”したとする報道を文書で否定した。 出典;https://www.oricon.co.jp/news/2123018/full/?