• 記事: 25553
  • 質問に対する回答: 24006
  • コメント: 24071
  • 準備ができて答え: 16339

ドイツ軍

ドイツ軍 - Wikipedia ノルマンディー地区に展開したドイツ軍3個装甲師団の戦力の高さ | BEST TiMESコラム

ドイツ軍

連合軍軍政下のドイツのソ連占領地域から1949年に独立したドイツ民主共和国(東ドイツ)のドイツ軍の総称。 再軍備自体は1949年頃から始まっており、 兵営人民警察 ( Kasernierte Volkspolizei )なる内務省所属の準軍事組織を経て、 1956年 に国家人民軍が編成された。 「Dデー」――ノルマンディー上陸作戦決行の日であった1944年6月6日、連合軍優勢の中、ロンメル元帥率いるドイツ軍戦車部隊(装甲師団)の反撃があった。Dデーにいたるまでのロンメル元帥を追う。 第21装甲師団第22戦車連隊所属の短砲身7.5cm砲搭載IV号戦車。地元住民との良好な交流を示したプロパガンダ写真か。再興された同師団にはすでに旧式化していた同車も少数配備されていた。 再興された「ロンメル親衛隊」 【前回はこちら:ノルマンディー上陸作戦前、のちの戦局に重大な影響を及ぼすこととなったヒトラーの“ある発言”】 のちに連合軍が上陸することになるノルマンディー地区には、第21装甲師団、SS第12装甲師団「ヒトラー・ユーゲント」、パンツァーレーア(教導装甲師団)の3個装甲師団が展開していた。そして第21装甲師団が「ノルマンディー地方からパリへの転車台」とも称されるカルヴァドス県の県都カーンの近傍、「ヒトラー・ユーゲント」はファーレーズの近傍、パンツァーレーアがアランリンの近傍にそれぞれ駐留。 このうち、「ヒトラー・ユーゲント」は歴戦のSS第1装甲師団「ライプシュタンダルテ・アドルフ・ヒトラー」から抽出された基幹要員に、師団の愛称のごとくヒトラー・ユーゲントのティーン・エイジャーを下士官兵として配した新設の装甲師団で、同師団の情報を入手した連合軍は少年が多い戦闘未経験の部隊であることから「ベビー師団」と蔑称していた。ところがのちにこの「ベビー師団」が、ノルマンディーを巡る戦いで鬼神もかくやの戦いぶりを示すことになる。 またパンツァーレーアは、「レーア(ドイツ語で「教導」の意味)」の名を有する戦車や自動車の教導部隊を集成して1943年12月末に創設された。その目的は、戦車及び装甲戦闘車両乗員と装甲擲弾兵の中核となる要員の実戦経験を兼ねた養成という、練成部隊と実戦部隊の一石二鳥を狙ったものだった。師団将兵の中核は、それぞれの分野における教官職の将校や下士官で、ドイツ陸軍でもエリート中のエリート部隊といっても過言ではない優秀な装甲師団である。 第21装甲師団は、やや複雑な「身の上」を持つ装甲師団だった。1941年初頭、ドイツ陸軍は急増する装甲師団へのニーズを受けて、既存の第3装甲師団から抽出した将兵を核に据えた第5軽師団を編成。同師団は北アフリカで苦戦中の盟邦イタリア軍を支援するべく同年2~3月にかけてリビアのトリポリに送り込まれ、ロンメルの隷下に入った。そして8月1日、第21装甲師団へと改称された。 以来、北アフリカに派遣された最初のドイツ軍装甲師団として常にロンメルの下で戦ったが、1943年5月12日、北アフリカの枢軸軍がチュニジアで降伏し、それにともない事実上壊滅。だが、地中海を渡らずイタリアに残っていた同師団の後方諸部隊と、同年1月にフランスのヴェルサイユで編成された第100戦車連隊などを集成し、同年7月5日、フランスのレンヌで再興された。 当初、師団の戦車戦力の核である第100戦車連隊は、鹵獲(ろかく)したフランス製戦車を主力とした二線級の戦車部隊であった。しかし1944年5月に第22戦車連隊と改称され、それにともなって主力戦車もIV号戦車へと更新された。 こうして第21装甲師団は再びロンメルの隷下となったが、北アフリカ戦で轟いた勇名ぶりもあって、同師団は連合軍将兵から「ロンメル親衛隊」の綽名で呼ばれた。 ◎次回は6月28日(水)に配信予定です。

ドイツ連邦軍 - Wikipedia WW.II ドイツ軍 38(t) 戦車 G型 w/インテリア (プラモデル) - ホビーサーチ ミリタリープラモ

ドイツ軍

ドイツ軍. ヴァイマル共和国軍( Reichswehr ) - ヴァイマル共和政時代(1919年~1935年)のドイツ軍。 ドイツ国防軍( Wehrmacht ) - ドイツ第三帝国時代(1935年~1945年)のドイツ軍。 国家人民軍( Nationale Volksarmee ) - ドイツ民主共和国(東ドイツ)の軍隊 ... 現代史家であり、陸上自衛隊幹部学校の講師も務めた大木毅氏が上梓した一冊の書籍が注目を集めている。それが『「砂漠の狐」ロンメル ヒトラーの将軍の栄光と悲惨』である。 ドイツ国防軍で最も有名な将軍として数々の戦績を残してきたロンメルだが、第二次世界大戦で欧州西方の指揮を任された彼は、連合軍のノルマンディー上陸を許してしまう。 なぜ、ロンメル率いるドイツ軍はノルマンディーへの上陸を防げなかったのか。ドイツが犯した「失敗の本質」を語る。 本稿は『Voice』6月号(5月10日発売)の「著者に聞く」『「砂漠の狐」ロンメル ヒトラーの将軍の栄光と悲惨』(角川新書)より一部抜粋・編集したものです。 聞き手:編集部(中西史也) アウトサイダーの軍人として ――北アフリカ戦線での活躍から「砂漠の狐」と呼ばれたドイツ国防軍の将軍エルヴィン・ロンメル。本書は彼の生涯を辿ることで、軍人としての資質や、ドイツ国内ひいては国際社会における評価の変遷に迫っています。 大木さんは長年、ロンメルについて研究していますが、まず、軍人としての評価からお聞きしたいと思います。 【大木】 ロンメルは一般的に「名将」と称えられますが、まず、何をもって名将といえるのかを考える必要があります。軍人を評価する際は、「統率」と「指揮」の2つの観点から見るべきです。 「統率」とは、すなわち部下をいかに掌握し、管理するか。ロンメルは兵士には人気があった一方、直属の師団長のなかには敬遠する者もいた。統率力を1つの指標から評価するのは難しい面があります。 もう1つの「指揮」は、いかに味方の損害や物資の消費を抑えて勝つかが問われます。これは高次元の概念から順に、「戦略」「作戦」「戦術」の3つに分けられます。 ロンメルはそもそも、戦争に勝つためのリソース(資源)をどう配分するかという「戦略」を立案する立場には置かれませんでした。たとえば第2次世界大戦時のアメリカでいえば、日本とドイツのどちらを先に叩くか、という次元です。 ロンメルは連邦国家だったドイツ帝国の主流だったプロイセンではなく、ヴュルテンベルク王国に生まれ、しかも陸軍幼年・士官学校や陸軍大学校の出身ではなかった。 いわばアウトサイダー(部外者)だったのです。専門的な教育を受けていなかったこともあり、「作戦」では一定の優秀さにとどまったといえます。 最後の「戦術」は、作戦のなかで戦闘をいかに指揮していくかということですが、ロンメルは率先垂範に努め、卓越した能力を発揮します。危険をものともせず、勇猛果敢に陣頭に立ち続けました。 ――ロンメルは「指揮」において、最前線に近づくほど、有能だったわけですね。 【大木】 ロンメルが戦術面に傾倒した理由は先述のように、彼が当時のドイツにおいて傍流であり、司令官としての教育を受けていなかったことが挙げられます。 加えて、強い功名心をもった彼自身の性格も影響しているでしょう。 自らの手柄を執拗にアピールしたい欲求と、功績を示さなければドイツ陸軍のなかで出世できないという環境の相互作用によって、戦術面に傑出した「ロンメル将軍」が生み出されたのです。

ミリタリーショップWAIPER -... 「私はどうかしていた」 将軍ロンメル率いるドイツ軍がノルマンディー上陸を許した理由 | Web Voice

ドイツ軍

ドイツ軍のページです。ミリタリーショップ wipです!ミリタリーファッションを提案し、ジャケットやブーツを販売いたし ... お支払い金額 落札価格(税込み)+送料の合計をお支払下さい。 発送エリア 同梱不可指定商品 北海道 ¥2,570 北東北 ¥2,240 南東北 ¥2,130 関東・東海・関西 ¥2,030 信越・北陸 ¥2,030 中国 ¥2,130 四国・九州 ¥2,240 沖縄 ¥3,640 エリアの詳細はコチラを参照ください。

ドイツ軍に予算を与えても無駄にするだけ?... ヤフオク! - 1円~ 同梱不可 トランペッター 1/16 ドイツ軍 S...

ドイツ軍

ドイツのバーテルス防衛委員会議長は28日、軍の状況に関する年次報告書を発表したが、その内容は軍の改革を進めるクランプカレンバウアー国防相にとって歓迎できる内容ではなかった。 ※送料に関してのお問い合わせはお受けできません。

ドイツ軍の“伝説”は歪曲して語り継がれているーー軍事史研究者・大木... ドイツ国防軍 スプリンター迷彩 スモック (サムズミリタリ屋製・複製品)│ナナシノミコト

ドイツ軍

ドイツ国防軍で最も有名な将軍と呼ばれたエルヴィン・ロンメル。その英雄像から生まれた数々の俗説を打破し、読者に新鮮な驚きを与えた ... ドイツ国防軍の「スプリンター迷彩スモック」です。 サムズミリタリ屋製の複製品です。 迷彩スモックは武装親衛隊では基本装備として採用されましたが、ドイツ国防軍ではその使用は限定的で、今回紹介する迷彩スモック(迷彩ヤッケとも呼称)は主に“グロースドイッチュラント師団”で使用されたそうです。 スモックの袖は、武装親衛隊ではゴムの入った作りですが、国防軍では布ベルトとボタン止めになっています。 前あわせはレーヨン紐で閉じる仕様です。 実物ではこの紐の耐久性が低く、すぐに切れてしまい、代替品を使ったものが多いそうです。 襟から中の軍服の襟を出して着用すると独特の格好良さです。 ウエストにもレーヨン紐が入っており、絞る事が出来ます。 ただ、この複製品ではすべりが悪く、うまく絞れませんでした。 両脇にポケット蓋がありますが、これは単なるスリットで、中の軍服のポケットに手を通せるように設けられた物です。 ポケット蓋にはボタン等の閉じる機能はありません。 硬い生地で縫製されているようで通気性に乏しく、暑い時期の着用は避けたほうが賢明です。 裏地にも色味の違う迷彩柄がありますが、リバーシブル仕様ではありませんでした。 着装状態・正面。 「M31ツェルトバーン(携帯天幕)」の生地を使用して縫製されているようで、迷彩パターンも同様です。 他には、迷彩色を茶系に寄せて境界をぼかした迷彩柄で、フェイスベール付きのスナイパー用スモックもあります。 背面正面。 軍服の上から羽織るプルオーバータイプのスモックなので、全体にゆったりした作りになっています。 なので、ウエストをベルトで締めないとだぶだぶに見えてしまいます。 手首のボタン止めは着装時はこんな状態です。 ポケットは単なるスリットで、この中に手を突っ込んで軍服のポケットを使用します。