• 記事: 27959
  • 質問に対する回答: 19465
  • コメント: 28949
  • 準備ができて答え: 21135

ドラパルト 技構成

【ポケモン ソード&シールド】ドラパルトの育成論(種族値・努力値・技構成など)まとめ!│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技... 【ポケモン剣盾】ドラパルトの育成論と対策【ポケモンソードシールド】|IshiLog.com

ドラパルト 技構成

今回は、 ポケモン ソード&シールド(ポケモン剣盾)の「ドラパルトの育成論(種族値・努力値・技構成など)」をまとめています。 ドラパルトは対戦で最も使われているポケモン で、最優先で育成すべきと言われています。 それでは、ご覧くださいませ! 皆さん、こんにちは!いし(@ishilog2)です。 今回はドラパルトの育成論・調整と対策についてご紹介しようと思います。 ドラパルトの基本データと解説 タイプ ドラゴン ゴースト 特性 クリアボディ すりぬけ 夢特性 のろわれボディ 種族値 H88-A120-B75-C100-D75-S142 ドラパルトのここが強い! ! 【特徴1】非常に高い素早さ ドラパルトの素早さ種族値は142となっており、テッカニン・アギルダーに次ぐ数値となっています。テッカニン・アギルダーは対戦ではマイナーな部類なので、スカーフや先制技を除くと全てのポケモンに対して先制して行動出来ます。 【特徴2】高い攻撃種族値 ドラパルトの攻撃種族値は120、特攻種族値は100となっており、物理アタッカー・特殊アタッカーのどちらでも活躍することが出来ます。 【特徴3】全ての特性が優秀 壁や身代わりを貫通できる”すりぬけ”、威嚇等の能力ダウンを防げる”クリアボディ”、30%の確率で相手の技を封じることが出来る”呪われボディ”とどれも優秀です。 【特徴4】圧倒的な技範囲 ◎物理技ドラゴンアロー、ゴーストダイブ、鋼の翼、蜻蛉帰り、空を飛ぶ、ふいうち ◎特殊技流星群、シャドーボール、10万ボルト、火炎放射、祟り目 ◎補助技両壁、電磁波、鬼火、龍舞、呪い、身代わり 上記例の通り、非常に広範囲で有能な技を習得します。 ドラパルトの育成論 物理アタッカー型 性格 ようき/いじっぱり 特性 すりぬけ 持ち物 きあいのタスキこだわりスカーフ 努力値 H4-A252-S252 技構成 ドラゴンアローゴーストダイブはがねのつばさとんぼがえり 技候補 そらをとぶふいうちおにび 攻撃120素早さ142という高い種族値を生かしたドラパルトの基本的な型となります。ドラパルトミラーが多いため陽気がオススメですが、スカーフを持たせる場合は意地っぱりもオススメとなります。■技構成についてメインウェポンには襷無効の「ドラゴンアロー」とダイマターンを枯らせる「ゴーストダイブ」サブウェポンには受けに来たフェアリータイプに刺さる「はがねのつばさ」とサイクル戦で優位になる「とんぼがえり」を採用しています。その他にもダイジェットの元になる「そらをとぶ」や先制技の「ふいうち」、サポートに有益な「おにび」もオススメの技となります! 特殊アタッカー型 性格 おくびょう or ひかえめ 特性 すりぬけ 持ち物 いのちのたまこだわり眼鏡 努力値 H4-C252-S252 技構成 りゅうせうぐんシャドーボールだいもんじ10万ボルト 技候補 かえんほうしゃとんぼがえり 広範囲な特殊技を生かしたアタッカーです。特攻種族値は100しかないため、火力UPアイテムを持たせないと火力不足となります。物理型と比べて技の範囲が広い、鬼火やイカサマにも強いといったメリットがあります。Aの個体値はイカサマによりダメージを少しでも減らすために0が理想で、可能な限り低めにしておきたいです。

【ポケモン剣盾】ドラパルトの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシ... 【剣盾S6使用構築】ドラパガエンカットム鬼火コントロール+対面ハイブリッド【最終12位/レート2173】 - 日本の伝統調味料

ドラパルト 技構成

ポケモン剣盾(ソードシールド)における、ドラパルトの育成論と対策を掲載しています。ドラパルトの強い点や評価も掲載していますので、ドラパルトを育成したい方は是非参考にしてください。 両刀アタッカー型 性格 むじゃき or やんちゃ 特性 すりぬけ 持ち物 こだわりスカーフきあいのタスキ 努力値 A252-C4-S252 技構成 ドラゴンアローゴーストダイブとんぼがえりだいもんじ 技候補 10万ボルトかえんほうしゃはがねのつばさおにび 特殊技を採用することでナットレイ等、物理技だけでは重たくなりがちな相手にも役割を持たせられる型となります。

【ポケモン剣盾】ドラパルトの育成論と対策 型が豊富な環境トップメタ!【ポケモンソードシールド】 -... 【ポケカ】ドラパルトVMAXデッキレシピと使い方を解説!ダメカンをばらまきまくれ | ポケカ速報・最新情報&攻略まとめブログ ポケカタクティクス!

ドラパルト 技構成

ドラパルトは技の選択肢が非常に多く、多種多様な技を使える。型や対策したいポケモンに合わせて自由に技を入れ替えよう。 その他のドラパルトにおすすめの技はこちら. 育成論と使い方 aとsに252がおすすめ ■技構成についてメイン技としてドラゴンアローとゴーストダイブ、選択技はナット・アイアント等に火炎放射(大文字)、ギャラ等に10万ボルトのどちらかを採用するのがおすすめです。残り1枠はとんぼ返りorおにびとなります。個人的には物理環境なのとダイマックス技のダイウォールが強力なため”おにび”の使い勝手がいいのかなと思ってます! 鬼火祟り目型 性格 おくびょう 特性 すりぬけ 持ち物 たべのこし 努力値 H236-B188-S84 技構成 おにびたたりめみがわりりゅうのはどう 技候補 りゅうせいぐんかなしばりでんじは 「おにび+たたりめ」を採用した型となります。相手の物理アタッカーに対して鬼火を撒き打ち合えるようにするため、HBに厚めに振っています。身代わりを採用することで相手の耐久ポケモンに対しても強く出すことが出来ます。

【ポケモン剣盾】ドラパルトの育成論と対策 ポケモン剣盾(ソードシールド)攻略Wiki ... 【剣盾s6ダブル使用構築】命,爆発!!カビドラパ!!【最終84位/1957】 - #莉音メモ

ドラパルト 技構成

ポケモン剣盾(ポケモンソードシールド)におけるドラパルトの育成論を掲載している。ドラパルトのおすすめ技構成と立ち回り、対策についても解説しているので、ランクバトルで勝ちたい人やドラパルトについて知りたい人はぜひ参考にどうぞ! ■技構成について技構成は”鬼火+祟り目+身代わり”の3ウェポンは必須技とし、残りには相手の再生技等の補助技を封じる金縛りか祟り目が通らないノーマルタイプにささやかながら打点を持てる龍の波動・流星群を採用するのがおすすめです! ■調整についてH:16n+1B:余りS:120族抜き 壁貼り型 性格 おくびょう 特性 のろわれボディ 持ち物 ひかりのねんど 努力値 H252-B4-S252 技構成 リフレクターひかりのかべのろいシャドーボール 圧倒的な素早さ種族値のため、安定して壁貼り+αの仕事が出来ます。(上を取れるのはいたずらごころとスカーフ持ちを除くとテッカニンとアギルダーのみ!)さらに、壁貼り役に欲しい優秀な自主退場技の”のろい”も覚え、ゴーストタイプのため壁対策としてメジャーな”かわらわり”も無効となっています。ドラパルトは型が非常に多く、ほとんどのパーティーに採用されているので壁貼りと読まれづらい点もポイントです! ドラパルトの素早さライン 実数値ポケモン 319最速スカーフドラパルト 308[砂]最速ドリュウズ 291準速スカーフドラパルト 276[雨]最速ガマゲロゲ 241最速スカーフヒヒダルマ 225準速スカーフサザンドラ 213最速ドラパルト 194準速ドラパルト 190S84振り最速ドラパルト 189最速120族 ドラパルトの対策 本記事で紹介した通り、ドラパルトは非常に型が豊富で強力なポケモンとなっています。ドラパルトの一番の対策は選出段階・戦闘中で相手のドラパルトの型が何なのかを予測することとなります。しかし、型ごとに対策の仕方も違い、読み間違えると相手に大きなアドバンテージを与えてしまいます。パーティー全体で対処出来るような構築を組むようにしましょう。

【ポケモン剣盾】ドラパルトの技構成、悩ましすぎる問題 一口に物理型... 【S6使用構築】脱・初心者の対面構築【最終537位(レート1995)】 - 院卒から始めるポケモン生活

ドラパルト 技構成

ガラル地方の600族のドラゴンポケモンであるドラパルトですが覚える技の多さと優れた種族値から型の多様化が止まりません。この記事ではドラパルトの技構成についての話題をまとめていきます。 物理型のドラパルトの技構成で悩んでいる 【ポケモン剣盾】シングルバトル環境考察スレPart61 ... コンセプト ・構築内におけるサイクル+対面選出の両立 ・ガオガエン+カットムの対面操作+鬼火からドラパルト・アシレーヌ・ミミッキュを通す ・ドリュウズのステロ+ガオガエンの威嚇捨て台詞から 〃 構築経緯 1.今シーズン(前シーズン含め)は、S4に使用して手応えを感じた【龍舞ドラパルト+ガオガエン】を使い続けたいと考えていたため、この2体から再度構築を組み始めた。 2. S4で使用した【CSスカーフミトム】が環境に増加傾向にあった【スカーフ型破りドリュウズ】に後続の【ドラパガエン】を含めてかなり一貫を取られてしまうため、採用の継続が困難であると判断して解雇。他に似たような役割が担えるポケモンを模索したところ【CSスカーフカットム】に注目した。 同じ【FCロトム】でありながら【型破りドリュウズ】の「地面技」を等倍で受けることができ、また環境に大繁殖していた【ナットレイ】に対して「宿木の種」の一貫を切りながら「トリック」や「鬼火」を入れて機能停止にし、後続に繋げる点を高く評価して採用に至った。 S4の基本選出であった【ドラパルト+ガオガエン+ミトム】を【ミトム→カットム】にした【ドラパルト+ガオガエン+カットム】を構築の基本選出として、残りの3体を検討した。 また残りの枠は、前述した3体の並びで重いポケモン・並びをケアできるのに加えて「サイクル戦」が困難な構築に対してある程度「対面戦」を仕掛けられるポケモンを採用し、構築内における「サイクル+対面」の両立ができるようにそれぞれ検討していった。 3.そこでまず始めに【ドリュウズ】を【襷ステロ型】で採用した。 「対面選出」の一員として初手の「襷アタッカー」や後続に置いて「襷+岩石封じ」を駆使した「エースストッパー」としての役割を遂行ができ、また【ドラパガエン】で重い【トゲキッス 】【ミミッキュ】に対して圧力を掛けたり「電気技」の一貫を切れる点を評価した。その他「ステルスロック」+【ガオガエン】の「威嚇」+「捨て台詞」で相手の交換を強要しながらサイクルを回して「ステロ」ダメを稼ぎつつ、後続を通していく立ち回りが有用であると考えて採用に至った。 4.次に【ガエンカットム】や【ドリュガエン】のサイクルから展開していける【ドラパルト】以外の「積みエース」枠として【アシレーヌ】を【HB身代わり瞑想型】で採用した。 「鬼火」や「威嚇」+「捨て台詞」から展開して「瞑想」を積んだ際に環境上位のポケモン・並びに幅広く撃ち合える点に加えて「瞑想」+「身代わり」の詰ませ性能の高さや「サイクル」「対面」両方の選出に自然と組み込める「水/フェアリータイプ」耐性の優秀さと単体での対面性能の高さを評価した。 5.最後に「対面選出」の中核を担え「積みエース」から「DMへの切り返し」など万能な活躍が見込める【ミミッキュ】を【アッキHA剣舞型】で採用した。 で完成。以下個別解説と選出パターンに移る。 個別解説 ※採用順に掲載 ガオガエン 性 格:慎重 特 性:威嚇 実数値:201(244)-135-122(92)-*-145(172+)-79 ※S28-29個体値 持ち物:混乱実 技構成:フレアドライブ/DDラリアット/捨て台詞/鬼火 調整先 HB-A252珠アイアントのダイロック威嚇込み確定耐えA252珠ミミッキュの剣舞ダイフェアリー威嚇込み確定耐えHD-C252珠トゲキッスのエアスラッシュ→ダイジェット確定耐えC252+ラプラスのダイストリーム確定耐え S-無振り60族-1 構築の起点。サイクル要員その1。採用経緯や主な役割、HDベースでの採用理由については下記を参照。

【ポケモン剣盾】ドラパルトの進化と覚える技&種族値【ポケモンソード... 【剣盾シーズン5シングル最終8位】ロンゲ厨パ - 瓦礫の園

ドラパルト 技構成

ポケモン剣盾(ソードシールド)のドラパルトの進化、種族値、出現場所(生息地)、実数値、弱点をまとめています。ポケモン剣盾ドラパルトが覚える技も掲載しているので、育成や厳選の参考にしてください。 【剣盾S4使用構築】ドラパミトムガエン鬼火コントロール【最終2位】 - 日本の伝統調味料 ※以下本構築におけるガオガエンの役割や立ち回りについて触れつつ、技構成や調整への私見を述べまくってるため、やたら長めで訳の分からないことになってます ・HBor HD HBベースの個体も運用したが、【ドラパガエン】で重い【トゲキッス 】やS6に入って急激に個体数が増加した【リザードン】のケアが構築単位で不十分なため、最終的にそれらを誤魔化せるHDベースに落ち着いた。【ドリュウズ】の他に【カビゴン】などを併せて採用できている場合は、HBでの採用が安定だと思う。

【剣盾s7】ガラルパワー系対面【最終139位】 -... 鬼火祟り目ドラパルトにドラゴンアローを入れたい【第八世代】 - 挑戦する気持ちを大切に。

ドラパルト 技構成

こんにちは、もけもけと申します。この度は構築記事を開いていただきありがとうございます。シーズン7ランクバトルお疲れ様でした。最終2桁にはギリギリ届きませんでしたが、自身最高の結果を残せたので記事に残したいと思います。【コンセプト】・ステロor状態異常を絡めてこちらの ... ・炎技の物理or特殊 本構築では主に【トゲキッス 】【ミミッキュ】【ニンフィア】【ラプラス】へのダメージ量を意識したり、状況に応じてDMを切った際のアタッカー性能を引き上げるために「フレアドライブ」を採用した。【ナットレイ】に無反動でダメージを与えられたり【アーマーガア】の起点回避を図れる「火炎放射」も候補に挙がるが、【ナットレイ】はともかく【アーマーガア】に関しては若干増加傾向にあった「タラプの実」持ちには結局起点にされ、「弱点保険」持ちには起動役となって返り討ちにされるため、一概に「火炎放射」の採用が安定とは言えないと思う。 ・対面操作技の捨て台詞or蜻蛉返り 本構築では主に【ドリュウズ】の「ステロ」から「威嚇」+「捨て台詞」で相手の交換を強要しながらサイクルを回して「ステロ」ダメを稼ぎつつ、後続を通していく立ち回りを想定しているため「蜻蛉返り」の採用は見送った。 「捨て台詞」は対面操作技をしながら能動的に起点作成を行える技として優秀である反面、ダメージレースにおいて負担をかけられないのが難点であったが「ステロ」と併用して運用することでその課題を克服できるようになった。「蜻蛉返り」はダメージレースをより意識する・能力下降による起点作成をそこまで必要としない・【ミミッキュ】の「化けの皮」へのケアに重点を置く場合などに採用されると思う。 ・Sライン 本構築では【ピクシー】【ニンフィア】などの60族に対して確実に下から行動できつつ、ミラーでのS関係を明確にするために「S個体値28-29」の個体を採用した。 その他のSラインとしては「下降補正個体値31」「下降補正個体値0」などが挙げられるが、前者はカバルドン意識でSに多めに個体値を割いた【ローブシン】【ドサイドン】に上を取られる可能性がある(個体数や調整含めてかなりレアケースではある)こと、後者は先程の理由に加えて最遅ミラーでの同族ゲーが発生するのがネックだと感じたため、S調整を施した40〜45族付近をほぼ確実に抜けつつ、ミラーでのS関係を明確にできる(抜かれる→「〜無補正無振り」抜く→「S26-27〜」)上記の個体での採用に至った。 ドラパルト 性 格:意地っ張り 特 性:すり抜け(orクリアボディ) 実数値:189(204)-189(252+)-95-108-95-169(52) 持ち物:ラムの実(or命の珠) 技構成:ドラゴンアロー/ゴーストダイブ/鋼の翼(or大文字)/竜の舞 調整先 A-特化 S-最速100族+2 本構築のエースその1。【ガエンカットム】や【ドリュガエン】のサイクルで一貫を作ってから「龍の舞」を積んで全抜きを狙っていく。