• 記事: 26827
  • 質問に対する回答: 31361
  • コメント: 15353
  • 準備ができて答え: 30817

パッヘルベルのカノン

パッヘルベル カノン - YouTube 【フルート用無料楽譜】パッヘルベルのカノン(Johann Pachelbel Canon)Flute sheet music | フルート無料楽譜のページ

パッヘルベルのカノン

50+ videos Play all Mix - パッヘルベル カノン YouTube パッヘルベル:カノン ニ長調 (作業用) - Duration: 58:57. ClassicalMusicE 2,565,043 views 子どもが「音楽の授業でパッヘルベルのカノンを合奏で練習しているのでCDを聞かせて」というので、まずは、『カノン100%』というコンピレーションCDを出してきたが、他のCDにもいろいろ収録されていたはずだと思って棚を探したところバロック音楽の愛好曲集には大体入っているためいつの間にか何種類も集まっており、聞き比べが楽しめた。並べてみると期せずしてちょうど西欧と米国の代表演奏のようになっていた。 ヨハン・パッヘルベル(1653-1706) 3つのヴァイオリンと通奏低音のためのカノンとジーグ 二長調 Johan Pachelbel Kanon(Canon) und Gigue für drrei Violinen und Basso Continuo D-dur 1.ホグウッド/アカデミー・オブ・ザ・エンシェント・ミュージック(Ao AM) (英国代表) カノン 3:44 ジーグ 1:25 (タイミングは実測) オーセンティック(ピリオド、古楽器)派の演奏なので、「原曲」を編曲せずに演奏しているのだろうか? 一般に聞き慣れたものよりカノンのテンポは倍近く速く、Ao AMの演奏の特徴でもある中ふくらみのデュナミークが付いた弦楽器奏法が少々耳に付くが、全体として乗りのよい意欲的な音楽になっている。通奏低音にはオルガンを使用? カノンに続いてジーグも演奏されるが、特にバロック団体の録音ならばこのジーグはもっと演奏されてもいいものだと思う。 2.

カノン (パッヘルベル) - Wikipedia パッヘルベルのカノンについて -パッヘルベルのカノンは、作曲者がパッ- クラシック | 教えて!goo

パッヘルベルのカノン

俗に「カノン進行」や「カノンコード」と呼ばれることがあるが、これは音楽形式としての「カノン」とは無関係に「パッヘルベルのカノンに用いられている和声進行」を意味している。 通奏低音上に3声部のカノンが展開する。 パイヤール/パイヤール室内管弦楽団 (フランス代表) 6:04 下記の『カノン100%』にも同じ団体の演奏が収録されている。冒頭から楽譜にない分散和音のピチカートと、チェンバロの通奏低音が聞かれ、テンポもゆるやか。この団体らしくヴァイオリンの旋律線を明確に際立たせないので、一番ヒーリング音楽的でソフトな演奏になっている。中間部(第27小節あたり)では、ヴァイオリンが引っ込み、チェンバロの分散和音が表に出るような工夫もしている。編曲の手が入っているのだろうが、特にクレジットはされていない。パイヤール自身の校訂、楽器法の指定だろうか? 3. イ・ムジチ(ディジタル録音) (イタリア代表) 4:42 通奏低音のチェンバロの演奏はパイヤールに比べてやや単調だが、ヴァイオリンの絡み合いの明快さはさすがにイ・ムジチという感を抱かせる。ヴァイオリンは、レガートを用いず、マルカート的に音価を短めにして歯切れよく演奏している。終盤にかけてクレッシェンドしてクライマックスを作っている。2との印象の違いは、アルプスの南と北の違いだろうか。 4. カラヤン/BPO(『アダージョ・カラヤン』所収) (ドイツ代表) 5:06 〔1984年録音〕 この聴き比べ中では唯一の現代フルオケによる演奏。カラヤンらしく余裕のある演奏。弦の数も他の室内オケよりも多いのだろう。主要のメロディーを浮き立たせたり背後に回らせたりは、さすがに指揮者に統率された現代オケの演奏だ。バスの拍節の強調は5のオルフェウスが似ている。編曲者としてマックス・ザイフェルト(Max Seiffert)という人の名前が記載されている。編曲者名がクレジットされているのは珍しい。5のオルフェウスでも聞かれる第39小節からの対旋律的な別のメロディーも中ほどでよく聞き取れる。 5.

Canon in D (Pachelbel) - パッヘルベルのカノン - - YouTube パッヘルベルのカノン 聴き比べ: 日々雑録 または 魔法の竪琴

パッヘルベルのカノン

パッヘルベル:カノン ニ長調 (作業用) - Duration: 58:57. ClassicalMusicE 2,559,350 views. 58:57. Pachelbel's Canon in D Best version 3 Hours by Relax Night and Day ... オルフェウス合奏団 (アメリカ代表) 4:11 〔1989年、1990年録音〕 ホグウッド盤に次いで速い、現代的な華やかな演奏。二拍子系(4分の4拍子)の拍節感を強調するように通奏低音のバスは大きめのバランスで奏でられる。チェンバロは比較的目立ち、自由に演奏。ヴァイオリンもややデュナーミクの変化をつけており、表情が豊か。ピアニシモでフェルマータしないであっさり終わる。 6.「カノン100%(パイヤール、カナディアン・ブラス、富田勲。編曲ものも含めて全8曲収録)」 冒頭に挙げたコンピレーションもの。「原曲」の演奏が2種。いくつかの編曲ものほか、現代の作曲家による編曲、インスパイアされた作品などが収録されている。 (1)パイヤール/パイヤール室内管弦楽団 6:03 〔1989年録音〕 上記2の録音よりもチェンバロが独特な動きをするので別の録音だろう。個人的にはこのテンポと表情付けが最もしっくりする。(2)ゴールウェイ/スプリーン編 パッヘルベルのカノン ゴールウェイ(fl) スプリーン/オーケストラ 3:19 ムード音楽風の編曲でフルートソロは、原曲の対旋律的な変奏。微妙。フレーズの途中で息継ぎをするような息の短さはいかがなものか?音は細いが美しい。(3)ミルズ編 パッヘルベルのカノン カナディアン・ブラス 4:30 (Trp*2, Hrn, Trb, Tubの編成) 各楽器の音域の関係で完全な再現はできないはずがよくできた編曲で、演奏も楽しい。(4)ロックバーグ曲 バリエーションズ(弦楽四重奏曲第6番より) コンコード弦楽四重奏団 8:14 作曲家については知らないが、カノンの旋律を素材として用いた面白い音楽になっている。(5)レーン/ダンクワース編 『ハウ、ホエア、ホエン? (How, where, when?

パッヘルベル『カノン』の意味。人気が高い理由も考察 色んなレビ... カノンコードな進行、曲。パッヘルベル。山下達郎クリスマスイブ。響かせるのは、ギターでもピアノでもなく。お風呂が沸きました【YouTube動画】

パッヘルベルのカノン

パッヘルベル『カノン』の意味。人気が高い理由も考察 パッヘルベルのカノンとして有名なこの曲は、 「3つのヴァイオリンと通奏低音のためのカノンとジークニ長調」の第1曲です。 ドイツの作曲家、 ヨハン・パッヘルベル が1680年ごろに作曲しました。 )』 レーン(vo),ゴールウェイ(fl),ダンクワース 3:44 レーンという歌手による歌詞のついた歌。こちらにもゴールウェイが参加。(6)ウィリアムス/ノルドリ編 アース・エンジェル ハンプトン弦楽四重奏団 4:18 弦楽四重奏用の編曲だが、原曲にはあまり忠実ではない。作曲者、編曲者についても、このCDの情報があいまいでよく分からない。(7)カノン・オブ・ザ・スリー・スターズ 富田勲&プラズマ・シンフォニー・オーケストラ 5:47 比較的忠実な編曲の富田勲のシンセサイザー。ただし、ベースはポピュラー音楽風に四分音符を付点8分と16分音符の引きずるようなリズムに変えているし、パイヤールのピツィカート風に分散和音を入れている。長野県の野辺山電波天文台で観測された星からの電波を可聴域まで変換したものを音源にしていると聞いたことがある。"Canon of the three stars" 「三星のカノン」という洒落た題名になっている。(8)エットーレ・ストラッタ/バロック室内管弦楽団 4:47 まったく知らない指揮者、団体で比較的古い録音だが、奇をてらわずに演奏されている。ただ、第27小節から第34小節の8小節が省略されているのが珍しい(楽譜をみて初めて気がついた。) P. S.

ヨハン・パッヘルベル - Wikipedia 「パッヘルベルのカノン」の楽譜一覧 - ぷりんと楽譜

パッヘルベルのカノン

ヨハン・パッヘルベル(独: Johann Pachelbel 、1653年9月1日(受洗) - 1706年3月9日(埋葬) )は、バロック期のドイツの作曲家であり、南ドイツ・オルガン楽派の最盛期を支えたオルガン奏者で、教師でもある。 山下達郎さんのファンとしては真っ先に思い出す曲。 カノンコードというと、パッヘルベルのカノンであり、山下達郎『クリスマスイブ』であり……。 カノンコードというコード進行があり、それは、ヨハンパッヘルベルのカノンが関係していて、山下達郎さんの『クリスマスイブ』には特徴的に使われている……のは知っていました。 師走も終わりなクリスマスのあたりに耳にして、妙にほっこりするパッヘルベルのカノンの部分(曲の内容はさておき)。 スポンサーリンク You Tubeで、カノンコードの動画を検索します。 結果には、カノンコート、カノン進行を解説したものから、ギター、ピアノを弾いたものまで多数あり、たまに見たりする動画もあります。ギターやピアノが弾ける人が羨ましい。 音楽好きなもので、耳にカノンコードな音楽は馴染んでいたのですが、気付かないときは気付かないもの。ギターだったり、ピアノだったりそっちの演奏に耳が行ってしまってて。 風呂場で「お風呂が沸きました」と知らせる音声にパッヘルベルのカノンが使われていたのです……。 つまりカノンコードであり、山下達郎『クリスマスイブ』の間奏で使われている部分なのでした。 何百回も達郎さんのクリスマスイブ聞いてきたのに……、気付かなかった。自分の家にもカノン進行が進行していたのか。どうりで、きっと君は……(以下、涙で霞んで見えない)。 スポンサーリンク 以前、住んでいたアパートのお風呂はけっこう古いもので、シャワーもついてないし、どこまでもお湯わかしたるわータイプ(どんなお風呂だよ)。 古いものなので、具合良く止まってくれる機能がついていなく、そういうのは自分でやってちょうだいと。 こちらが風呂を気にしてないと、沸いたことを荒っぽく教えてくれます。ゴボコボと風呂釜が揺れる。「おい、こら、沸かしてるぞー」。揺れは大きくなります。台所に漂いはじめる湯気、湯気、湯気。 家中本だらけなので、湿気には気を使わないといけないのですが……。 風呂は「君、まずいことしてますよ感」を存分に教えてくれるのです(さすがに、ある程度ゴボゴボしたらガスが止まりますが……)。 クリスマスイブの日もそんなことしてたかもしれません。パッヘルベルのカノン言ってる場合じゃないです。ギターやピアノではなくって、自然現象(違うだろ)。 スポンサーリンク 奇跡だ。風呂沸かしの奇跡。 近所の人は「あいつ、またやってるよー」って思ってたことでしょうけど。 軽快な音声で「お風呂が沸いたこと」を知らせてなんてくれませんでした。自分の勘が大事も大事。 なにはさておき、このアパートからは引っ越しました。 実家のお風呂の話です。 今、ウチのお風呂はお湯が溜まると、5分前から知らせてくれて、メロディーがなって「入れまっせー」とにるタイプのものです。 アパート住んでるとき、こういう機能欲しかった……。 この、お風呂にお湯が溜まったお知らせメロディー。「お風呂が沸きました」の前にメロディを奏でます。 住んで、半年くらい経ってからでしょうか、何のメロディーなのかに気づきました。 スポンサーリンク だったんです。カノンコードで有名な、パッヘルベルのカノンだったんです。 いやだな、もう、ほぼ毎日耳にしてたのに、半年くらい気づかなかった! もー、パッヘル困っちゃう(こまんねーよ! 音楽の知識がねぇから気付かないだけだよっ。ギターも挫折したし)。 さて、パッヘルベルのカノンといえば、カノン進行です。カノンコード。 調べますと、使っている曲は結構あります。リストにするとビックリするもので。こんなにあるのかーとなります。 名曲、ヒット曲によく使われているコード進行です。カノンコードが使われてると気付かない人のほうが多いかもしれませんが……。 日本人、カノンコード大好き。言われて見ると、あの曲もこの曲もカノンコード、カノンコード。パッヘルベルがあの世でほくそ笑んでるとかどうだとか。 赤い鳥『翼をください』、KAN『愛は勝つ』、大事MANブラザーズバンド『それが大事』、サザンオールスターズ『真夏の果実』、ZARD『負けないで』、Mr.