• 記事: 25780
  • 質問に対する回答: 27579
  • コメント: 25923
  • 準備ができて答え: 30431

そして生きる レビュー

そして、生きる ドラマの感想(有村架純) - ちゃんねるレビュー 僕は、そして僕たちはどう生きるか | 本読みな暮らし

そして生きる レビュー

そして、生きるの感想150件が公開中(評価2.78)。評価ランキングやキャスト、視聴率も。誰でもドラマの感想を書けるドラマレビューサイト。有村架純と坂口健太郎による純愛物語。1組の男女が悩みながらも自らの意志で道を選択し、人生... 著 者:梨木香歩出版社:理論社出版日:2011年4月 初版第1刷発行評 価:☆☆☆☆(説明) 「家守綺譚」「西の魔女が死んだ」など、私が大好きな作品の著者である梨木香歩さんの近著。 主人公は14歳の少年のコペル。両親とは離れて一人で暮らしている。コペルというのはもちろんあだ名で、叔父のノボちゃん(これももちろんあだ名)が命名した。ノボちゃんは染色家、草木染作家をしている。 物語は5月の連休の初日の1日を描く。その日コペルは市内を少しはずれたところにある雑木林に出かける。土壌採取して棲んでいる虫の種類を調査するためだ。そしてそこで、熱心にイタドリを刈り取るノボちゃんに会う。 ノボちゃんがイタドリを刈り取っているのは、染色の材料に使うためだ。ではコペルの「調査」は?中学生の休日の過ごし方としては変わっていると思う。まぁ理由は後で明かされるし、彼の周囲の人々が明らかになるにつれ、その中では「そんなに変わっていない」ことも分かる。 この後、コペルとノボちゃんは、コペルの友達のユージン(これもあだ名)の家に行く。ユージンの家は代々裕福な農家で、広い敷地はちょっとした森のようになっている。 梨木さんの作品は植物の描写が丁寧なものが多いけれど、本書もそのひとつ。ユージンの家の森の木々や草花がひとつひとつ丁寧に紹介される。それはそれは瑞々しく描かれる。 こんな感じで、中学生が自然の中で過ごす爽やかな休日、と思っていたら、思いのほかズッシリと重いものを受け取る。そこで読者は「僕は、そして僕たちはどう生きるか」というタイトルを思い出すことになる。 この国が「右傾化している」と言われる今、本書が投げかけるテーマは重大な意味があると思う。少し長くなるけれど、2カ所引用する。

劇場版 そして、生きるのレビュー・感想・評価 - 映画.com 有村架純×坂口健太郎、「ひよっこ」岡田惠和オリジナル脚本でタッグ! 「そして、生きる」 | cinemacafe.net

そして生きる レビュー

劇場版 そして、生きるの映画レビュー・感想・評価一覧。映画レビュー全17件。評価3.6。みんなの映画を見た感想・評価を ... 有村架純と坂口健太郎共演で贈る連続ドラマW「そして、生きる」の制作がこのたび決定、2019年夏にWOWOWプライムにて放送される。連続テレビ小説「ひよっこ」の岡田惠和が紡ぐオリジナルヒューマンラブストーリーだ。ストーリー3歳のときに交通事故で両親を亡くし、盛岡で理髪店を営む伯父に引き取られた生田瞳子は、地元のアイドルとして活躍することもあり、いつしか女優を志すようになっていた。19歳になり、東京で開催されるオーディションに覚悟をもって挑もうとするが、本番前日、東日本大震災が起きる。その年の秋。瞳子はカフェで一緒に働いている韓国人のハンと共に、気仙沼でのボランティア活動に参加。そこで、学生ボランティア団体の運営メンバーである東京の大学生・清水清隆と出会う。穏やかで整然と現場を取り仕切る清隆だったが、瞳子はなぜか彼のほほえみに違和感を覚えていた。清隆自身もまた、過酷な運命を背負っていることを、瞳子は知る由もなかった。そして気仙沼での日々をともに過ごした瞳子と清隆はいつしか互いに特別な感情を抱いていく――。岡田惠和、坂口健太郎を「ずっと書いてみたかった」本作は、東北と東京を舞台に、過酷な運命を生きた瞳子と清隆、そして彼らと巡り合わせた人々の人生を描いた珠玉の感動作。脚本を手掛けるのは、連続テレビ小説「ひよっこ」などを手掛けた岡田氏。そして『君の膵臓をたべたい』『君は月夜に光り輝く』の月川翔が連続ドラマWで初の演出を手掛ける。岡田氏は「ひょっとすると震災によって彼らは『生きる意味』を考えすぎてしまうのかもしれません。傷ついたり、逃げてしまったり、選択を間違えたりしながらも、必死で生きていく彼らのドラマは、今を生きるすべての人の心を動かせると信じております。すべての人に届けたいです」と思いを語り、「同志であると思ってる有村架純さんと、ずっと書いてみたかった坂口健太郎さんはじめ、最強のキャストに集まってもらいました。思い切り肩に力を入れて、全身全霊で書きあげた脚本です」と渾身の一作だと話している。「いつ恋」『ナラタージュ』の有村架純と坂口健太郎が共演主人公・瞳子を演じるのは、『映画 ビリギャル』「中学聖日記」、連続テレビ小説「ひよっこ」でヒロインを演じ国民的女優となった有村さん。そしてもうひとりの主人公・清隆を、「コウノドリ」や連続テレビ小説「とと姉ちゃん」、主演ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」がもうすぐ最終回を迎える坂口さんが演じる。2016年放送の月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」や映画『ナラタージュ』など、これまでにも共演経験のある2人。今作では、激動とも言える現代を生き、悩みながらも自らの意志で道を選択し、人生を切り開こうとする男女を演じる。運命に翻弄されながらも葛藤し、強く生きていく2人の交錯する未来に何が見えるのだろうか――。有村架純「つまらない人生などない」本作が5作目の岡田作品だという有村さんは、「毎回違う自分を引き出してくださる脚本、キャラクターに愛情をひしひしと感じ、今回の作品もワクワク度が高まる一方です」とコメント。共演の坂口さんについては「ドラマでの共演は、3年ぶりとなります。お互いにこの3年間で経験したことをぶつけ合い、楽しく、リラックスしながら良い作品となるように共に頑張りたいと思います」と意気込んでいる。また「最近とても思うのが、誰の人生にもドラマがあるということ。今日はご飯じゃなくてパンを食べた、今日は朝起きた時、体が右向きだった、そんな些細なことの積み重ねが“生きる”だとしたら、つまらない人生などないということ。『そして、生きる』の“そして”、には、どんなことがあっても生きる、いつかの何かを期待して生きる、何かのために生きる、いろんな意味があるのではと思っています。観てくださる方々の“そして、生きる”人生に 少しでも響くものがあるように、精一杯私も役を生きますので是非楽しみにしていてください」とメッセージを寄せている。坂口健太郎「とても悲しく、張り裂けそうになる瞬間も」「すごく繊細で、そこで生きている人の体温、匂いを感じる本だと思いました」と台本を読んだ印象を明かした坂口さんは、「とても丁寧に役作りをして、清隆として作品に向き合っていきたいと思っています」「とても悲しく、張り裂けそうになる瞬間もありますが、真摯に、清隆として生きる姿を見せたい」とコメント。そして有村さんについては「有村さんとは、何度かご一緒させてもらっていて、役を生きる女優さんだなと感じています。清隆として、瞳子の気持ちに寄り添ったお芝居をしたいと思います」と語っている。連続ドラマW「そして、生きる」は2019年夏、WOWOWプライムにて放送予定。

劇場版 そして、生きる - 映画情報・レビュー・評価・あらすじ ... 『ナイチンゲール』レビュー:“目を背けたい現実ほど、見なくてはならない”現代を生きるために観るべき作品 | シネマズ PLUS

そして生きる レビュー

劇場版 そして、生きるの映画情報。181件のレビュー(口コミ・感想・評価)、内容・ネタバレ、あらすじ、予告編・予告動画、公開映画館情報、公開スケジュール、監督・出演者の関連映画情報。 ■橋本淳の「おこがまシネマ」 どうも、橋本淳です。 57回目の更新、今回もどうぞよろしくお願い致します。 緊急事態宣言も延長となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?身体的なこと、精神的なことに悩まされていませんか? わたしは自分自身の微力さに落胆する日々ですが、下を向くより、未来に向けて現在をどう生きるべきかを考えつつ前を見据える姿勢を保たねばと、心を奮い立たせています。 密集する場として、映画館ももちろん休館が続いていて、自宅で映画を観ている日々です。しかし、やはり映画は映画館で観るべきだよなと、心底思わされます。再オープンされた際には、これでもかというほどに、通い詰めたいと思います。そのためにも、映画館が閉館しない道を歩めるよう、微力ながら寄付や協力をさせていただいております。 そして、映画館が休館ということは、この時期にかかるはずであった新作映画も行き場を失っているということです。悲しい連鎖はどんどん続くもので、厳しい現実です。 そんな中、この時世に合わせて、オンラインでの先行配信上映を決めた作品がいくつかあります。劇場公開がまだ続くだったはずの作品や、公開前に上映出来なかった作品が、チケット分ほどの料金で家で鑑賞できるようになりました。 この判断をくだすには色々な障害があったと思いますが、英断をした関係者の皆様に敬意を表します。 映画館と配信映画の、ボーダーが本当に難しいのですが、今は有事の際。手に手を取り合って互いに共生できる環境になっていけばいいですね。 皆さまの今後の生活が少しでも、上向いていきますように祈っております。わたし自身も背伸びは決してせずに、分をわきまえて、しっかりとした生活していきたいと思います。 そんな配信公開を決断した映画の中から、今回はこちらの作品をご紹介。 『ナイチンゲール』 19世紀のオーストラリア・タスマニア地方。盗みの罪で流刑囚となったアイルランド人のクレア(アイスリング・フランシオン)は、美しい容姿と美しい歌声から、イギリス軍将校のホーキンス(サム・クラフリン)に囲われていた。 刑期はすでに終えたはずなのに、ずっと彼女を解放せずに拘束していることに異を唱えるクレアの夫・エイデン(マイケル・シェズビー)は、ホーキンスに交渉を試みる。しかし、ホーキンスはそれには応じず、逆に暴力で押さえつけようとする。その行為をホーキンスの上官であり視察官に見られてしまい、ホーキンスは昇進を見送られてしまう。 腹を立てたホーキンスは部下とともにクレアの家に押しかけ、クレアをレイプした挙句に、彼女の目の前で夫・エイデンと子供を殺害してしまう。すべてを奪われたクレアは、復讐を誓いホーキンスの元へ向かうが、そのホーキンスは自身の昇進の話を直訴するために、ローンセストンの街へ旅立った後だった。 険しい山道を行かねばならないために、クレアは先住民であるアボリジニのビリー(バイカリ・ガナンバル)に案内人を依頼する。渋るビリーであったが、謝礼金のために嫌々ながら同行することに。 白人に差別され迫害され続けているアボリジニのビリーと、愛する者を目の前で殺害されたアイルランド人のクレア、その道中少しずつ、お互いのことを打ち明ける。共通の敵を持つ2人の絆は深まっていき、、、 目を背けてはいけない歴史背景を描く、”胸糞悪くなる映画”です(表現がちょっとあれですが)。19世紀のタスマニアで実際に起こっていたブラック・ウォーが背景となっているために、少々ショッキングなシーンもいくつか。 前半パートでのクレア家族への仕打ちのシーンでは、各映画祭で途中退出者が続出したことも話題になりました。それほどイギリス軍たちのゲス行為が酷すぎる、特にホーキンス中尉に関しては映画中ずっとゲス野郎、言動・行動どれをとってもクズ人間なほど。(アボリジニに対しても、部下に対しても、流刑囚に対しても) 本作は、最悪な拘束生活な上に、家族を殺されたクレアと、白人たちにより家族はもとより暮らす場所までも奪われたタスマニアの先住民ビリーの復讐劇なので、フリとしてはよく効いているんですが、それにしても英国軍人たちの行為は、あまりにも酷い。 (映画としては本当に素晴らしい!精神もっていかれました。色んな方に是非、見ていただきたい!と思い、今回は『ナイチンゲール』をと思い立ったのですが、まぁなんとも書きづらい内容でして。非常に頭を悩ませながら書いてます) そして観る前に知っておくべき情報としては、やはり”ブラック・ウォー”のことではないでしょうか。 <ブラック・ウォーとは> 1800年代前半に起こった、イギリスの植民者とタスマニアン・アボリジニーの争いのことを指す。この争いは、公式な宣戦布告がなかったことから明確な時期は定まってはいないためにいくつかの見方があるが、1803年にタスマニア島に最初にヨーロッパ人が入植したときに始まったのではないかと言われている。その争いが激化した1820年代を、特にブラック・ウォーと呼ぶことが多い。 このブラック・ウォーのその後としては、タスマニアからフリンダーズに移住完了をして、この争いは終結とされている。 しかし、その後の劣悪な生活環境とヨーロッパ人がもたらした疫病により、タスマニアン・アボリジニーは激減し、また1876年にはタスマニアン・アボリジニー最後のひとりが死去し、絶滅してしまった。 とても簡単に説明すると上記のような争い。私自身も不勉強で、本作を観るまでは知ることもなかったこの事実。この事件に驚愕しつつ、知らなかった自分がとても恥ずかしいです。 そして、いわゆる典型的な復讐劇になっていない点も、本作の魅力の一つ。プラトニックな愛の物語という点です。 一部批評家たちからは、暴力シーンに対して激しく批判もされていましたが、監督曰く「ストーリーに必要であれば、暴力でもしっかり描くべきであると思っている。しかし、あれ以上に激しく描いてしまうと観客が実際に起こったその事実から目を背けてしまうので、学ばなくなってしまう。そのバランスは難しかった。」さらに「暴力シーンに関して、わたしの表現の仕方は悪いと思わない。ただ、過去にトラウマがある女性は本作は観るべきではないかもしれません」と、その激しさを監督自身も語っている。 タスマニアで起こった事実を背景にしつつ、女性蔑視などの差別の問題、さらに監督が語る”暴力の影響”というメッセージが、より強烈に押し出され、現代にも通ずる普遍的な映画になっています。これは過去の話ではなく、”現代の話”なのだと、痛感します。 すでに2020年を代表する作品と呼び声が高いです。 監督は、ジェニファー・ケント。 ラース・フォン・トリアー監督の『ドッグ・ヴィル』にて助監督を務める。長編映画『ババドッグ 暗闇の魔物』では、サンダンス映画祭で賞賛を受け、ニューヨーク批評家サークル賞などをはじめ、さまざまな映画祭で受賞した。本作で2018年のベネチア国際映画祭コンペティション部門唯一の女性監督として選出され、いま世界で注目を浴びている、映画監督の一人。 いま乗りに乗っている監督の一人ですね。すでに3作目の制作も発表されているので、今後の作品もとても楽しみです。ラース・フォン・トリアー監督の元にいたことを知り、強烈なメッセージの伝え方は師匠からの系譜なのだと納得。 映画館が閉まっている中、配信先行公開を踏み切った作品のうちの一本。こんなにも心に残る映画を、ぜひ皆様にも観ていただきたいです。チェックしてくださったら、幸いに思います。 それでは、今回もおこがましくも紹介させていただきました。

劇場版 そして、生きる - 作品 - Yahoo!映画 過去、クラウドになれなかった今生きる僕たちへ。『FF7 REMAKE』レビュー。 - ホスピタル病院

そして生きる レビュー

劇場版 そして、生きる(2019)の映画情報。評価レビュー 90件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:有村架純 他。2019年8月に放送されたドラマに、未公開シーンを加え再編集した劇場版。東日本大震災後の気仙沼で出会った男女が惹(ひ)かれ合う。 『自殺考察』 松波 慶次 (著) ¥660 文芸社 (表4紹介文より) 高校生の高木侑里は幼い頃、母親に虐待され、顔に大きな火傷の痕があり、それが原因でいじめられていた。そんな侑里に、クラスで人気者の本田志帆が、侑里を救う方法として「自殺」することを提案する_。他2編は、一風変わった観光旅行の様子を描く『六道巡りツアー』、小さな島で起こった恐ろしい出来事が過去と現在を交錯させる『Ignorance is bliss.』。

『そして、生きる』|感想・レビュー - 読書メーター 劇場版 そして、生きる 邦画 DVD - Neowing

そして生きる レビュー

坂本雨季『そして、生きる』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約32件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。 <こんな人におすすめ> 自殺をしようと計画する女子高生の話に興味がある 「死」と「生」について考えさせられるような話を読みたい 松波 慶次のファン 自殺考察 読書人が集う『シミルボン』にて、インタビュー記事掲載! https://shimirubon.jp/columns/1691046 にほんブログ村本や記事に興味を持っていただけたらポチっとお願いします 人気ブログランキングへこちらも参加しています テキスト長めのブックレビューやってます(^ε^)♪ ぬこのイラストブックれびゅう ブックツリーに記事を書いています。

劇場版 そして、生きる 映画 WOWOWオンライン DMM.com [連続ドラマW そして、生きる DVD-BOX] DVD通販

そして生きる レビュー

有村架純が主演した「連続ドラマW そして、生きる」を劇場公開用映画として再編集。2011年、東日本大震災の被災地で出会った若い男女を描く、珠玉のラブストーリー。 ぜひ見に来てくださ~いd(´∀`*) 勉強ってどうしてやらなくちゃいけないの?( ̄Д ̄ こちらはショートショートがテーマですo(^▽^)o 『旅から始まる物語」ヽ(^o^)丿 『40代女性向けファッション」ヽ(^o^)丿 自分で人生を切り拓く女性たち(๑•̀д•́๑) 行動経済学で買い物上手(o´艸`) なんでこうなった!?

そして、生きる 岡田 惠和, 国井 桂 本 通販 Amazon Tvlog

そして生きる レビュー

Amazonで岡田 惠和, 国井 桂のそして、生きる。アマゾンならポイント還元本が多数。岡田 惠和, 国井 桂作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。 ある「きっかけ」で人生の歯車が 狂い始める物語(゚Д゚;) 誰かを待ち続けたことがありますか? 誰かを、何かを待つ人々の物語 (ノω・、) 自由に読書を楽しもう! ジャンルにとらわれない「乱読」のススメd(・c_・`。) 自分ではない何者かになりたい!と思った時に読むべき小説 やわらかくつながる。温かな絆を描いたストーリー(ノД`。) 夏は君をちょっとだけ大人にする。夏休みの成長物語。 !

Amazon 連続ドラマW そして、生きる DVD-BOX -TVドラマ 連続ドラマW そして、生きる DVD韓国ドラマ|中国ドラマ高品質で低価格!

そして生きる レビュー

そして、生きるとは―。 現代日本で美しく逞しく生き抜く彼らの姿を人間ドラマの名手・岡田惠和がオリジナルで描く。 脚本は、連続テレビ小説「ひよっこ」などを手掛けた岡田惠和。 どうやったら手に入るのか?「自由」について考えるための本 立場が変われば見方も変わる。世界が反転する物語ヽ(゚Д゚;)ノ!

劇場版 そして、生きる : 作品情報 - 映画.com 有村架純&坂口健太郎『劇場版 そして、生きる』公開決定!コメントも到着 | cinemacafe.net

そして生きる レビュー

劇場版 そして、生きるの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。有村架純&坂口健太郎主演のwowowオリジナルドラマ「そして ... 星の悲鳴が聞こえねェか?(挨拶) PS、そしてゲームそのものの方向性を決めた、と言ってもいいほどの名作ファイナルファンタジー7。しかしその傑作性に反してCMでは君はもう、クラウドになったかい・・・?という激寒クソキャッチコピーが使われていたことを知っているだろうか。 自分は過去、オリジナルFF7を神羅ビルで辞めた人間である。理由は後述するがクラウドになろうとしてなれなかった人間が20年以上の時を経てようやくクラウドになった『FINAL FANTASY7 REMAKE(以下、FF7R)』をレビューしよう。 なお、本稿は致命的なネタバレは避けているが、シナリオには言及しており新鮮な体験がそがれる可能性があるため、まだクラウドになっていないプレイヤーが読む場合、覚悟を決めるか魔晄をキメるか今すぐ買いに行く準備をしてほしい。 ではよしなに。 □概要 ↑金髪の男がクラウド。黒人がバレット。発展した化学は星の命を基にして作られていた。 神羅カンパニーが支配する、科学文明の栄えた街「ミッドガル」。星の生命エネルギーでもある魔晄を搾取して動力エネルギーとする神羅カンパニーの政策に反抗する組織「アバランチ」。両者の対立は激化の一途をたどっていた。 その対立の中で分派アバランチを率いるリーダー、バレットは壱番魔晄炉爆破作戦を決行するが、その作戦を成功させるため傭兵として雇ったのは過去神羅カンパニー直属部隊「ソルジャー」であったクラウドという男だった。 爆破作戦成功後の撤退中に彼は銀髪の男の幻影を見る。それはクラウドにとって、そして星にとって最も重要な男の姿であった。 星の生命をかけた世界一有名な日本のRPG、そのリメイクの第一章。 と、いうわけで言わず知れた名作RPG「FF7」のリメイクである。 まず、プレイ後の印象を率直に言うと「最新技術で過去のJRPGを余すところなく作り上げる」というのが至上命題だったのだろうな、というのを感じた。ただし、その「」の後に「そして、」という言葉が入る。 本作は最後までプレイした場合、(REMAKEと謡いつつも)リメイクというよりリブート、という印象が非常に強い。最大の理由は後述するが、まず戦闘がアクションとなっている、というところからだ。(コマンド式も選べはする) □シンプルながら奥深い戦闘 ↑ボタン一発で攻撃!技もL1を押しながらボタンを押すことで簡単に出せるぞ。 たたかうがワンボタン式となっていて敵に攻撃を充てることでATBゲージが溜まり、それを消費した強力なわざやまほうを撃つことが出来る。 見た目がアクションに見えるだけで実際にはコマンドじゃ?と思う人もいるかもしれないがそうではなくて、例えば回避であったりガードであったり、あるいは壁に隠れて敵の攻撃をやり過ごすといった非常に分かりやすいアクション的な、敵の行動を回避する行動が重要になってくる。 本作、敵の攻撃がかなり苛烈かつ地味。矛盾しているように聞こえるだろうが、いつの間にかダメージを受けていつの間にか瀕死になっていることが多々あるので特に多数相手には回避を意識しないとどんどん厳しい状況に陥るぞ。 ↑バーストゲージをためて一気に削る!気持ちよく敵を倒せる良いアクションだ! 本作の戦闘の特徴としてバーストゲージの存在がある。今回、多くの敵に弱点が設定されており、それは例えば特定の部位であったり、弱点属性だったりする。その弱点を叩くことによりバーストゲージが溜まり、溜まり切った時にはバースト状態に移行する。バースト状態は敵が行動できなくなり、かつダメージ量が上昇するというボーナスタイムとなる。 つまり、一連の戦闘の流れは以下1~3のようになる。 たたかう・回避などでATBゲージを上げる。 ATBゲージを消費してまほうなどで敵の弱点を突き、バーストゲージをあげる。 バースト状態にしてボコ殴りにする 戦闘中のキャラクターは各々得意な点が違い、バレットは空中の敵をガンガン撃ち落とせたり、ティファはバースト状態の敵のダメージ倍率をガンガン上げられたり、クラウドは多彩な剣術で範囲攻撃も可能でとにかくガンガン敵を倒せる。エアリスは…(弱くはないし強いけど)笑顔を見てたらガンガンいこうぜって気になるってことで。 戦闘中にこれらのメンバーを頻繁に切り替えて各メンバーの長所を生かして活躍させる、操作自体はかなり忙しいが、面白い戦闘になっている。 アクションも効果音やエフェクトの派手さが気分を高揚させて非常に楽しい。 ↑カテゴリで大まかに統一されているためゲーム後半には弱点は感覚でわかるようになる。 今回特に気に入ってる点として、例えば人型の敵なら火、機械なら雷、空を飛ぶ敵なら風、とカテゴリで統一された弱点属性が設定されている。 先述の通り、弱点を突くとダメージ量も大幅に上がり、バーストゲージも大きく加算される。結構敵が硬いためこういったシンプルな設計は大歓迎。 狩りゲーだとえっこいつ氷属性弱点かよ!!?とかよくあるじゃないですか。そういうのと比べるとぐっと楽で直感的。 ほーいいじゃないか、こういうのでいいんだよこういうので。 ↑ムービーで登場!ムービーで形態変化!リアルタイムでムービーは流れてゲームの進行は止まらない! んで、本作の戦闘を語るうえで避けては通れないのがボス戦だろう。 すべてのボスがHP減少と共にムービーシーンを挿入して第1形態⇒第2形態⇒…というような動きのパターンの変化が起こる。 このムービーシーン、ぶっちゃけ演出過多でゲップが出るレベルではあるが「なんかすげぇ」感をバリバリに出してくる。 この「なんかすげぇ」感はかなり重要。いうてFF7買うような人って普段そこまでゲームしない人もいると思うんすよ。そういう人満足させるにゃ「なんかすげぇ」は重要。 説明できないがとにかくクオリティが高いのは分かる。こういった視覚的な凄さってのは誰にでも利いて即効性が高くてGOODやと思います。 ↑難易度ノーマルではちょこちょこ見てしまうこの画面。EASYもあるので下手な人は安心してね。 ただ、戦闘面の問題を上げるとすると大きく2つ。戦闘バランスが悪いことと事前の準備が必須ということ。 雑魚戦闘はごり押しできるところは確かにできるのだが、基本的に弱点属性を突くこと前提の作りとなっている。そうしないと全滅することも割とよくあるのだ。マジで。 でも本作、パーティのメンバーの入れ替わりが非常に多い。例えばバレットは最初の魔晄炉爆破作戦以降は長いこと離れる。次にエアリスは神羅ビルに囚われる間は使用できない。なので例えばバレットにかみなりマテリアをつけていた場合、取り外してクラウドに渡しておかないと機械の敵相手ではピンチになる、というわけだ。 ある程度キャラごとに属性を分担していたのだが(特に前半はマテリアの装着数が限られるため、)やっていくにつれて常に操作できるクラウドに全属性を集約するのがベストになる。俺は気持ちよくバスターソードをぶんぶんしたいのに何故魔法使いプレイをするのだ…という疑問が湧いて来た。 と思ったら クラウドも操作できない戦闘が起こった。ふぁっきん。 本作、優しいことに各戦闘の開始前にセーブされており直前に戻すこと、つまりマテリアの付け替えが可能となっているのだが、このロードが長い。 オープンワールドでもないのにここまで長いのは正直なところ不思議にすら思うほど。 次回作では戦闘中にマテリアの付け替えはつけてほしいな、と思います。 とはいえおおよそ基本的には褒め。よく作ったと思う。 □グラフィックの進化、しかし保守的なゲーム内容。 ↑毛穴やちょっとシミのようなものも見える。でも美しく魅える。技術の進歩ってすごいわね。 そしてまーここを語らないわけにはいかないだろうグラフィックの進化について。 まずキャラモデリング。一言、めっちゃ綺麗。一部のムービーでは毛穴までレンダリングされてることがわかるんだけど、全く違和感なく不気味の谷を越えた冒険者たちがそこにいた。 ↑はい!エ・ロ・ス!!エ・ロ・ス!!直接がなくったって間接的なエロもいいもんだよね。 流石にリアルすぎるためか全体的に直接的なエロは控えられており、例えばスカートの中は闇よりも深い黒(DARKER THAN BLACK)となっている。俺の頑張って覗こうとした30分を返してほしい、俺の塞がれた瞼から流れ出した涙。 おかしい、FF零式でパンツに拘ってたあの頃のスクエニはどこに行ったんだ。ただ、それでもエロイのは流石のティファ。 コルネオの館に向かう際のコスチュームの破壊力はメテオ級。ちなみにコルネオの館に向かう際のコスチュームはクラウドに対してとある質問をし、その結果で変わる。へへっ男の好みに合わせようなんていじらしいじゃねぇか。 残念ながらほかのシーンではいつものコスチュームとなるため、コスチュームを変更するシステムが無いのが本当に悲しいし口惜しい。 ↑バリバリ喋りまくる仲間たち。戦闘もしっかりしゃべるようになっているぞ。 ただ、グラフィックだけではなくキャラクターの個性付けもかなりしっかりしていてモデリング以上に人間らしさを感じるようになっている。 ムービーシーンは当然のことながら歩いている最中にガンガン会話し、戦闘中も回復時に感謝したり、倒れた時に心配するなど全体のテンポを損なわずにバンバン喋る。 キャラクターの個性付けに一役買っているし、退屈な道中を紛らわしてくれる。 ただやってて思ったのが「すっげーテイルズっぽい」って印象でしたね。それを感じたのがまずヒロインたちのジャパニーズな性格付けについて。 ティファもかなり思わせぶりで湿っぽい感じのキャラだが特にエアリスについては後々死ぬのが分かっていないと正直かなりキツイくらい結構うっとおしい性格をしている。クールぶってるクラウドとの相性は確かに良さそうなのだが俺は跡部様ではないので「へっおもしれー女」とは思えない。*1実際にいたら「うへぇめんどくせぇ女」って思う。 若干好き嫌いは別れると思うがとにかく性格付けについてはかなりがっつりとされている、と認識してくれればと思う。 ↑アパートから見えるドキッとしたパイプの柱。フェチにはたまらんよな。 背景やムービーも大幅なパワーアップを遂げている。特に語りたいのはこのパイプが集まった壁(柱)の造形ですよ奥さん。 スチームパンクって僕大好きなんですよ。でもこのジャンルは名前こそ有名だけどその総数自体は結構少ないじゃないですか。すくなくとも漫画やアニメで描かれることはマジで少ない。作画カロリーがめっちゃ高いっていうのが実情なんだろうけどね。もう大好物を嘗め回すように見たよね。 ただ、残念なのは中途半端さなんですよね。背景は確かに進化した。もう本当にすごい。 ただ、単純なグラフィックの綺麗さをFF7Rこそが”てっぺん”だとは言えない。それだけなら洋ゲーの存在が阻むんですよ。 これぐらいなら〇〇(適当なAAA級洋ゲー)でもいいっしょ。ってね。 ↑貴重なティファのアクションシーン。ただパルクール的なアクションは限定的でほとんどない。 実際のところ、確かに綺麗なのだが行けるところはかなり限られており、決して触れられない部分が綺麗なだけ、といえる。 先ほど褒めたパイプもアンチャーテッドやトゥームレイダーなら「やべやべやべ」と言いながら歯を食いしばって昇ったりして結果途中で折れて更なるピンチに…ということが目に浮かぶが本作の移動は殆ど徒歩。一部ジャンプやパルクールめいた部分はあるがほぼ徒歩。ちょっと瓦礫があったら「あっこりゃ通れねぇわ迂回しよ」という現代っ子魂を見せるクラウド達には少々がっかりした。 昨今主流のオープンワールドはちょっとの障害を無理やり突破することも可能だが本作はあくまでRPG。しかも一番上に書いた通り、やればやるほど最新技術で「PS1のFF7」を余すところなく作り上げることが主眼であることを感じる作品。 戦闘以外はアクション面の進化もなくストレートに言ってしまうとグラフィックが綺麗になった「初代PSのゲーム」でしかない。 ゲームとしては面白い、しかしFF7と言えば当時の時代の最先端、流れを作った斬新なゲームであった。なのにそのリメイクが余りに保守的すぎないか。ってね。 ただ、その考えは本作のラストに否定される形となる。 □最大の評価点はシナリオ。保守的に見えたか?そう見せたんだよ! ↑プレート崩落という危機、本作最大の山場。アバランチメンバーは個性付けが旧作と比べると雲泥の差。 はっきり言うが本作の最大の魅力はシナリオだ。グラフィックだ?戦闘システムだ?モデリングだぁ?それは上っ面だけだ。そのモデルのパンツを見ようと四苦八苦した人間が言うことではないかもしれんが。 本作はミッドガル脱出まで、と事前に、かつパッケージの裏面にも記載がある。オリジナルFF7では5時間程度で行けるそうだが本作はちょっと寄り道して30時間弱かかるようになっている。 自分はオリジナルの方は神羅ビル(ミッドガル)脱出の直前までプレイしていたがプレートが落ちてきて7番街が無くなる、という一連の流れをガチで忘れていた。 それぐらい印象が無かったこのイベントを本作の一つの山場とするためにリメイクではアバランチメンバー・スラム街の住人たちのイベントをしっかり描き、感情移入させるようにしてきた。 作品によっては開始1時間で瞬殺されてしまういつもの名前、ジェシー・ビッグス・ウェッジは本作がっつり描写され、それぞれのバックボーンも窺い知れる。 ↑初登場のクラウド・ティファのアパートの大家。街はクエストをこなすことで反応が変わるぞ。 また、感情移入のための施策の一つとして何でも屋クラウドとして町中の困りごとを解決するミニクエストを用意している。クエストのクリア数によって町中で住人の声(反応)が変わるところも非常に良い。プレートが落ちた際には感情が揺さぶられたことを覚えている。今度はガッチリと記憶に刻み込まれた。 ただそれでも、そこまでシナリオには良い印象はなかった。例えるならば長期連載漫画をアニメにするにあたって1クールのラストにひとまずの決着をつけるため盛り上がりどころを作る。これってよくあるよねー!っていう捻くれた感覚だ。そのための下準備程度ってのはよくわかったし、よく出来ているけれど”保守的”な印象が強かった。 ↑クリア前の最後のスクショ。ここからが本番。REMAKEはこれからだ。 「そろそろ終わり?まぁまぁの出来だったな。ブログでそこそこって書いたろ!」そう思いながら神羅ビルを脱出しバイクを走らせていた頃、唐突にSHARE制限が起こる。これまでスクショも動画も取り放題だったのに急にだ。ははぁ最終章だけSHARE制限なのかな、と思っていた。 それは当たっていた。しかし、これを制限する理由は全く違っていた。 FF7のリメイクはここからが本番である、というアナウンスである。 流石にSHARE制限もされているような章の内容について事細かに喋る無粋な行為はしない。しかし、2つだけ言わせてくれ。一つは改めて言うが本作はリメイクではなくリブートである事。そしてもう一つは大幅なシナリオ改変があるということ。 最終章開始直後から本作でバラまかれていた伏線を一気に回収しそしてその答えに驚愕した。 ↑炎の中のセフィロス。何を燃やしているのかは皆さんご存じでしょう? スタッフの「元のFF7なんて皆やっていようがいまいがシナリオ知ってるでしょ?」という傲慢にも似た自信が伺えるメッセージをぶつけられた気分だ。 はい、自分もクリアしてないけどエアリスは死ぬし、ユフィはマテリアを盗むし、クラウドは野外でティファとチョメチョメし、バレットとデートをすることを知っている。 あまりにも有名な作品の場合、やっていなくても物語を知っている、ということは往々にしてある。少なくともゲーマーという人種においてエアリスが死ぬことを知らない奴はいないだろう?これをやっていいのは国内ではドラクエとFFだけだろう。 FF15の発売前、「ファイナルファンタジー(の本質)とは何か」という問いに対して松田社長は「変化」と答えていた。 坂口博信氏退社後、ドラゴンクエストの堀井氏のような柱となるスタッフはおらず*2一貫した骨組みも正直あんまりないからこその答えだろう、と思っていたが本作ラストはまさに「変化」に相応しい。評価を一変するすげぇラストだ。 □総評 単体としてはそこそこに近い良作。ただ、次に物凄い期待のできる作品。という感じ。 ミッドガルまでは一つの一本道に出来るのはわかっていた。しかし脱出後のワールドマップがどういう扱いになるのかということを考えると結構根幹から変えていくんじゃないか?という希望すら湧いてくる。ぶっちゃけオープンワールドにしてある程度シナリオもフリーになる可能性あるよねって夢が膨らんでいく。実に次が楽しみになった。 さて、若干唐突ながら冒頭に言った自分が何故途中でFF7を辞めたのか、という話をしよう。自分がFF7をプレイしたのはそれこそFF9が登場した後だったんだ。 有名だからそろそろやるか、と思っていたがまー・・・流石にね。当時の時点でグラフィックはもう古臭い何かになっていた。そしてシナリオ。これももう大体頭に入っていた。そんな状態で古臭いRPGをやりますか?やりませんよね? この大SNS時代においてネタバレを苦にしない人が「ネタバレの何が悪いの?私は楽しめるよ?」と主張することをよく見かけるようになったが僕はネタバレを聞いてから見る楽しさよりも、ネタバレしないまま初めて見る衝撃のほうが価値が上だと思う。 ネタバレについてはガチで注意して可能な限り曖昧に、察せられないようにするのがSNS含めて自分のポリシーにしているが発売1週間しないうちに既にネタバレをかましたIGNJapanを筆頭に割とネタバレが飛び交っているこの現状。こりゃーあんまよくねーな。 だからさ、皆。興味あるんだったらさ、 いやマジでコレ。黙ってやっときなさい。わかる、分作だから「あとでまとめてPS5で完全版出るだろうしそれでやるわ!」みたいな考えもわかる。でもね、この作品は今、やるべきだよ。 本作をラストまでやれば次が気になることは間違いないし、その考察をしたくなる。結果が外れたって良いんだ。そのやきもきする時間と思いは財産だよ。 個人的な予想だが、分作の次に当たる作品は(シナリオの内容によるけど)もっとお祭り騒ぎになると思う。そう思うからこそ、その盛り上がりに乗るなら今だ。 ”過去の名作”がいくらでも楽しめるこの時代。だからと言って今出ているゲームを楽しむうえで最適な時間は今なんだ。 なもんでこの記事の〆にはあえてこの言葉を使おう。 君はもう、クラウドになったかい…? ↑さぁ、クラウドになりに来なよ。