• 記事: 24407
  • 質問に対する回答: 26846
  • コメント: 16544
  • 準備ができて答え: 21875

ノートpc 冷却

ノートパソコンの冷却方法いろいろあるが結局効果があるのは? 【特別企画】MSIのゲーミングノートPC「Gシリーズ」を支える冷却システムの秘密 - GAME Watch

ノートpc 冷却

このノートパソコンの冷却方法は効果がある? 今年の夏は、筆者の使う中古のノートパソコンも高熱で強制終了といった事態が連発するようになったので、身近なものでどうにかして冷却できないかと調べてみたところ、主に以下の4つの方法を見つけました。 日本でも支持者が多いMSIのゲーミングノートブランド「Gシリーズ」。ハイエンドのGT、薄型ハイスペックのGS、スペック重視のGE、コストパフォーマンス重視のGPと、様々なブランドが存在し、ゲーミングノートPCの分野ではグローバルでトップシェアを誇る。 「Gシリーズ」の特徴は、ゲーミングノートPCとして見た目が洗練されているだけでなく、同スペックの他社製品よりパフォーマンスが高いことだ。PCは、コモディティ化(中身の同質化)が究極まで突き詰められた結果、「中身は同じだからどれを買っても同じ」と揶揄されがちだが、MSIのゲーミングノートPCは、CPUやGPU、メモリーといった汎用のパーツ以外、その多くの自社で設計しており、そこで徹底して差別化を図っている。 もちろん、その分価格に反映されている側面もあるため、価格の面では他社に一歩譲るところもあるが、実は価格分以上のパーツやソフトウェアを導入しているため、決して高くはなく、「むしろ割安だ」とMSIは主張する。今回は、Taipei Game Show 2017に合わせてMSI本社を訪れ、Gシリーズの冷却システムについて取材することができたのでお届けしていきたい。珍しく晴れた台北の朝にMSI本社に向かったレゴ製の巨大ラッキーくんとMSIが受賞したトロフィーがお出迎え会議室に繋がる通路には、MSIの歴史やスポンサードしているプロチームが写真付きで紹介されている前モデル比で最大35%のパフォーマンスアップを実現したGシリーズ MSIは、既報のように2017年1月にGシリーズのラインナップを刷新し、全モデルが第7世代のCPU“Kaby Lake”とGe Force GTX 10シリーズ搭載モデルに置き換わった。これに合わせてKaby LakeとGe Force GTX 10シリーズ、そしてMSIが三位一体となって新たな高みに到達したことをイメージした新ブランドロゴも公開した。

ノートパソコン用冷却台のおすすめ13選。持ち運びにも便利なアイテム ゲーミングノートPCにファンは必要?夏場の熱問題を解消する方法とは? | ぱそげーまー

ノートpc 冷却

ノートパソコンで処理の重い動作を行うことが多い際に便利なのが、pc用の「冷却台」。重たいデータを処理することによる負荷によって発する熱を下げ、熱ごもりや内部温度の上昇を避けることが可能です。 肝心のパフォーマンスはというと、前モデル比で最大35%アップを実現している。これはMSIのGシリーズ史上最大級の向上幅ということで、2016年にリリースされたGe Force GTX 10シリーズがGPUとして優れていただけでなく、2017年1月にリリースされたKaby Lakeもパフォーマンスアップに大きく寄与しており、さらにMSI自慢の「ターボモード」によるオーバークロック動作で他社を引き離す結果となっている。Gシリーズのラインナップと、今年の新たなスローガン第7世代のCPU“Kaby Lake”は、VRのパフォーマンスにも大きく寄与するとしているKaby LakeとGe Force GTX 10シリーズとMSIの三位一体により、前モデル比で最大35%のパフォーマンスアップを実現している このターボモードを実現しているが、MSI独自の冷却システムだ。Gシリーズの冷却システムは、“Whirlwind Blade”と呼ばれる大型のファンと、銅製のヒートパイプで構成された空冷システムになっており、各モデルのサイズ、搭載パーツによって個別にデザインされており、Gシリーズのもっともこだわっているポイントとなる。

「ノートパソコン」冷却グッズおすすめ3選【2020年最新版】 - Fav-Log... ファンを付けたら冷えすぎて次元が変わったスティック型PC魔改造最終章 - 週刊アスキー

ノートpc 冷却

冷却効率を求めるのであれば、ノートパソコン本体の下に設置して利用する専用の冷却ファンが有効です。 関連製品としてこれらを思い浮かべる ... この冷却システムは効率性のみならずデザイン性も高いため、台湾や米国ではむき出しの状態をライトアップして店頭展示するなど、その存在をアピールしている。ただ、コンペティターにその構造が真似されることも多いため、新モデル向けの新たな冷却システムの設計を行なう開発室は外部の立ち入りを禁じている。かつては比較的自由に社内見学ができていたが、今年は撮影はおろか、視察することも叶わなかった。GT83VR TITAN SLIGT73VR TITAN SLIGT73VR TITANGT62VR Dominator GT72VR Dominator GE62MVR Apache Pro GE72VR Apache冷却システムのために作ったマーケティングキットと、実際の展示の様子 Gシリーズの冷却システムの基本デザインは、左右奥に1つずつファンが設置され、そこからCPUやGPU、ストレージまで複数本のヒートパイプが延びている。ヒートパイプの本数はモデルによって異なり、ハイエンドモデルGT83VR TITAN SLIで、実に15本ものヒートパイプが本体内を駆け巡っている。また、GT83VRでは、まるで東京の首都高のように立体的にヒートパイプが張り巡らせてあったり、薄型ハイスペックのGS73VRでは、ファンが3つもあったりなど、毎年、各モデル毎にデザインを変えているほどこだわりぬいているポイントであることがわかる。

パソコン 冷却パッド Amazon アマゾン 吸引式 ノートパソコン 熱排出ファン 冷却 冷却ファン ノートクーラー ノートPCクーラー コンパクト 温度表示 ファン回転数調整 USB IETS GT202U :GT202U:ELUK SHOP - 通販 - Yahoo!ショッピング

ノートpc 冷却

【2020年最新版】吸引式ノートpc冷却ファン led搭載 吸引式クーラー 冷却ファン ノートパソコン 冷却パッド 冷却台 ノートpcクーラー クール pc冷却ファン 排気口に取付 ミニサイズ冷却パッド ファンスピード調整ができ 静音タイプ cpuクーラー 持ち運び便利 扇風機 こうした冷却システムを最大限に使用する、つまり「Cooler Boost」機能をオンにすることで、8度から9度ほどの冷却効果があり、安定的なクロックアップ動作が可能となっている。デメリットとしては大型ファンによる騒音の増大が挙げられるが、6d BAほど(47d BA→53d BA)に抑えている。 また、この冷却システムは、CPUやGPUを効率的に冷却するだけでなく、直接手に触れるキーボード部分の高熱化を防ぐ効果もある。手前のパームレスト部分は未起動時と変わらない23度、打鍵する中央部分で26度から37度、最も奥のファンクションキー部分で30度から41度、全体のアベレージで29.5度という結果となる。 これに対して同スペックの他社製品だと、パームレスト部分で30度から33度、中央部分で38度から42度、ファンクションキー部分で38度から43度となり、全体のアベレージは37度となる。このようにフルパワー駆動時のキーボードの温度の低さもGシリーズの大きな売りとなっている。「Cooler Boost 4」の基本デザイン「Cooler Boost」のCPUとGPUに対する冷却効果「Cooler Boost」のオンオフによるキーボードの温度の違い。左がオフで、右がオン そしてゲーマーにとってもっとも重要な指標となるパフォーマンスについては、同スペックのPCで他社製品と比較して14%から23%速いとしている。それだけでなく騒音レベルやキーボードの熱も低く、ゲーミングPCとして完全に上回っているとしている。【MSI GT62VR Dominator VS ASUS GL5X2】MSIのライバルASUSとの比較冷却システムの違いパフォーマンスの違いキーボード温度の違い【MSI GS73VR Stealth Pro VS ASUS GL7X2/5X2】こちらは日本で人気の薄型ノート対決冷却システムの違いパフォーマンスの違いキーボード温度の違い。これまで全勝してきたGシリーズだが、平均温度は36度対34.2度でGL7X2が上回る。MSIによれば、GS73VRはGL7X2/5X2と同じ薄型モデルだが、10ミリ薄いため、どうしても温度が高くなってしまうという もっとも、厳しいお財布事情でゲームを楽しんでいるPCゲーマーとしては、「でも高いんだよね?」とツッコミを入れたくなるところだが、この点についてもMSIは明快な回答を持っている。

ヨドバシ.com - パソコン ノートPC冷却グッズ 通販【全品無料配達】 【激冷&性能UP】ノートPCクーラーの効果を爆熱PCで検証しました。 | ぱそつく

ノートpc 冷却

パソコン ノートPC冷却グッズの通販ならヨドバシカメラの公式サイト「ヨドバシ.com」で!パソコン ノートPC冷却台やパソコン ノートPC冷却シートなど人気の商品を多数取り揃えています。ご購入でゴールドポイント取得!今なら日本全国へ全品配達料金無料、即日・翌日お届け実施中。 今回紹介した冷却システム「Cooler Boost」をはじめ、Gシリーズが搭載する固有の機能すべてに価格を明示し、他社より高い理由、実は“他社より圧倒的に安いこと”をアピールしているのだ。 最新モデルGT83VRを例にすると、3つの大型ファン、15本のヒートパイプを搭載した「Cooler Boost TITAN」は250ドル(約29,000円)、Cherry MXのキースイッチを採用したSteel Series製のキーボードが250ドル(約29,000円)、オーディオシステムDynaudioが120ドル(約14,000円)といった感じで、トータルで2,740ドル(約314,000円)の価値があるとしている。CPUやGPU、モニターなどのPCパーツの値段は一切含まれておらず、「これだけの付加価値が付いていて、他社より少し高い程度の値段設定はむしろお得じゃないですか?」というわけだ。 もちろん他社製品にも同等の機能が付いていることもあるし、そもそもの価格設定が高い印象もあるが、価格部分で迷いに迷っている人にとっては大きな後押しになってくれるかもしれない。用意されている全モデルのスライドを紹介するので購入を検討している方はぜひ検討してみてほしい。