• 記事: 27193
  • 質問に対する回答: 22903
  • コメント: 30473
  • 準備ができて答え: 20147

エクセル タブ コピー ショートカット

エクセルのシートをコピーする2つのショートカットキー|Office Hack エクセルショートカットが機能しない時の対処

エクセル タブ コピー ショートカット

シートをコピーして追加したい場合のショートカットキーをお送りします。 アクセスキーで行う場合と、Ctrlキーで行う場合の2種類がありますので、気に入ったほうを覚えていただければと思います。 このコーナーでは、エクセルのいまさら聞けない基本的な機能や、達人が使っている超速ワザなど、オフィスワークに役立つ情報を紹介します。 数式を1つ作れば、それをコピーして表を完成させることができる、というのがエクセルの便利なところです。しかし、数値ではなく特定のセルを参照している数式の場合、コピーには少しコツが必要になります。今回はそんな数式のコピーにまつわるテクニックを基礎~応用まで一挙に紹介します。 数式のコピーとひとくちにいっても、実はいくつか方法があるということをご存知でしょうか? まずは数式のコピー方法を基礎から紹介します。 1. 「■」(フィルハンドル)をドラッグしてコピーするポインターを「■」に合わせ「+」に変わったところでドラッグすると、数式がコピーできます。 数式などで数値を打ち込んで計算するのではなく、「A1*B1」といったように数値が入力されたセルを指定する方法を「セル参照」と呼びます。このセル参照には大きく「相対参照」と「絶対参照」、そして「複合参照」という3通りの参照方法があることをご存知でしょうか? 1つの数式でセルを参照する際は、どれを使っても計算結果に変わりはありません。しかし、数式をコピーするときには使い分けに注意が必要です。 1.数式のコピーと相対参照「参照するセルをクリックする」という通常のセル参照の方法であれば、相対参照になります。基本編の例もすべて相対参照です。相対参照を使用した数式をコピーすると、参照するセルそのものではなく「左隣のセル」といった位置関係がコピーされます。 ここでは、商品の価格と個数を掛ける数式を例にみてきましょう。 3.

ワークシートの移動またはコピーのショートカット -エクセルの操作に... 【Excel】なぜかショートカットキーで行全体を選択できない!エクセルで[Shift]+[Space]キーが効かなくなった際の対処法 - いまさら聞けないExcelの使い方講座 - 窓の杜

エクセル タブ コピー ショートカット

エクセルの操作についてうかがいます。 ワークシートのタブを右クリックすると「移動またはコピー」というメニューが出ます。 これをクリックするとダイアログボックスが開きます。 これをショートカットキーで実現する方法はありますか? VBAのインデントについて|VBA技術解説(7月15日) 「VBA Match関数の限界」についての誤解|エクセル雑感(7月15日) 省略可能なVariant引数の参照不可をラップ関数で利用|VBA技術解説(7月12日) 100桁の正の整数値の足し算|エクセル雑感(7月9日) LSetとユーザー定義型のコピー(100桁の足し算)|VBA技術解説(7月9日) Variant仮引数のBy RefとBy Valの挙動違い|エクセル雑感(7月5日) Variant仮引数にRange.

「シートをコピーする」のショートカット / エクセル (Excel) PC便利メモ(ショートカット... エクセルの印刷(プレビュー)はショートカットキーを使うべき | エクセルTips

エクセル タブ コピー ショートカット

エクセル (Excel)で、シートをコピーするショートカットキーは、[Alt] → [E] → [M] で「シートの移動またはコピーのダイアログを表示」コピーを作成するをチェック([Tab] → [C])[Alt] →[H] → [O] → [M]で「シートの移動またはコピーのダイアログを表示」コピーを作成するをチェック([Tab] → [C ... Valueを配列で渡す方法|エクセル雑感(7月5日) Variantの数値型と文字列型の比較|エクセル雑感(7月1日) VBAのVariant型について|VBA技術解説(6月30日) VBAのString型の最大文字数について|エクセル雑感(6月20日) 1.最終行の取得(End, Rows. Count)|VBA入門2. RangeとCellsの使い方|VBA入門3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門5.セルのコピー&値の貼り付け(Paste Special)|VBA入門6.

Excelシートを楽々移動!ワークシートに関するショートカットキー O... ショートカットキー一覧 ―応用編― | パソコン活用BOOK | パソコン(個人向け)| Panasonic

エクセル タブ コピー ショートカット

覚えると便利なワークシートの[移動][追加][削除][名前の変更][コピー]に関する、ショートカットキーとアクセスキーをご紹介します。ショートカットキーを使えば、楽にワークシートを選択できるので作業時間の短縮につながります。 事前準備の3.

【Excel】シートを0.5秒でコピー(複製)する超速時短技 Tipstour Excelショートカットキーの一覧

エクセル タブ コピー ショートカット

知らなくても別に困らないけど、知っておくとちょっとだけ時間を短縮できそうなExcelテクニックです。 Excelのシートをコピー(複製)して、編集し直すことって結構ありますよね。 ショートカットキーの代表格といえば、[Ctrl] [C]キー(コピー)と[Ctrl] [V]キー(ペースト)ですよね。でも、この「コピペ」すら省略できるショートカットキーがあるとしたら...使ってみたくありませんか? 【エクセル時短】第20回では、データ入力時に効く厳選ショートカットキーを5つ紹介します。ショートカットキーに慣れている人も、そうでない人も、知っておくと得すること請け合いです! まずはセル移動のショートカットキーです。[Ctrl]+方向キー([↑]/[↓]/[→]/[←])で、表の上端(↑)、末尾(↓)、右端(→)、左端(←)にアクティブセルをすばやく移動できます。連続するデータの「端」までジャンプできるので、表以外でも利用する機会が多いと思います。 セルA1への移動は[Ctrl]+[Home]キーが便利。表の右下に移動したいなら、[Ctrl]+[End]キーです。 [Shift]キーと組み合わせればセル範囲の選択にも応用可能。アクティブセルから、上端、末尾、右端、左端、セルA1、表の右下までのセル範囲をまとめて選択できます。 なお、行選択の[Ctrl]+[Space]キーと、列選択の[Shift]+[Space]キーも覚えておくと便利です。 [Ctrl]+方向キーを押せば、アクティブセルを表の上端、末尾、右端、左端に移動できます。また、[Ctrl]+[Home]キーでセルA1へ、[Ctrl]+[End]キーで表の右下へ移動できます。 すぐ上のセルのデータをもう一度入力するなら[Ctrl]+[D]キーがおすすめ。コピペよりも確実に速く入力できます。 あらかじめ行を選択しておけば、上の行と同じデータをそのまま入力することも可能。同様のショートカット[Ctrl]+[R]キーなら、左側のセルと同じデータを入力できます。 [Ctrl]+[D]キーを押せば、すぐ上のデータをもう一度入力できます。ここでは1行選択してから[Ctrl]+[D]キーを押して、すぐ上の行の内容をコピーしています。 「この値はさっき入力したな」と思って上にスクロールし、コピーして下に戻ってペーストしていませんか? 目的の値を探して行ったり来たりしていると、意外と時間がかかってしまいます。 同じ列に含まれるデータであれば、[Alt]+[↓]キーを押してリスト表示が便利です。データを再利用できるだけでなく、データの入力間違えを防ぐメリットもあります。 [Alt]+[↓]キーを押すと、同じ列のデータがリスト表示されます。そのまま[↓]キーで選択し、[Enter]キーで入力を確定しましょう。 複数のセルに同じデータを入力するなら、[Ctrl]+[Enter]キーを覚えておきましょう。データを入力したいセル範囲を選択し、1つのセルで入力を確定するときに[Ctrl]+[Enter]キーを押すと、ほかのセルにも一気に入力できます。 セル範囲を選択してデータを入力しました。ここで[Enter]キーではなく、[Ctrl]+[Enter]キーを押すと......