• 記事: 31540
  • 質問に対する回答: 25355
  • コメント: 19662
  • 準備ができて答え: 15023

アメリカ 経済

【2020年版】アメリカ経済の最新状況 新型コロナが史上最長の好景気に及ぼした影響 アメリカ 海外進出ノウハウ... 冷戦が経済にもたらした影響とは | アメリカの歴史ナビ|アメリカ独立戦争から現在まで

アメリカ 経済

2020年の新型コロナ感染拡大以降のアメリカ経済の現状と今後の景気動向について考察します。 本文内にて言及しますが、2020年5月現在、アメリカの50州全土で経済活動が部分的に再開さ... 第二次世界大戦の後に起こった冷戦は世界に様々な影響をもたらしました。 冷戦というのはもともと資本主義と社会主義の対立ですが、政治面のみならず経済にも大きな影響を及ぼしたのです。 それならば冷戦は世界の経済にどのような影響をもたらしたのでしょうか。 ここでは冷戦による影響について解説します。 日本の独立回復 冷戦が経済に与えた影響というと、真っ先に日本の独立回復を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。 冷戦が激化したことにより、アメリカは日本を経済的に独立させようと考えました。 ベトナムや朝鮮半島によって社会主義の空気が高まっていくにつれ、アメリカはアジアの社会主義拡大に対抗する勢力を必要としたのです。 そのためアメリカは日本を独立させようと考えたのです。 1951年、日本とアメリカはサンフランシスコ平和条約を結び、日本は正式に独立国として自立したのです。 経済的な格差 冷戦の影響を受け、資本主義国家は経済成長を遂げていきましたが社会主義国家はソ連の影響を受け、徐々に社会主義の色を濃くしていくことになります。 例えば東西に分かれてしまったドイツは、西側はアメリカに支配され、東側はソ連によって支配されていました。 西側はアメリカの影響を受けて徐々に経済的な発達を遂げますが、東側はソ連の影響を受け、経済的に破綻していくようになります。 だからこそ東ドイツから西ドイツに移ろうとする人が後をたちませんでした。 東ドイツは危機感を覚え、ベルリンの壁を建設したのです。 しかしそれでもベルリンの壁を越えようとする人が後を立たず、何人もの人が命を落としたのです。 軍事費の負担 冷戦の間、アメリカとソ連は軍拡競争を進めていました。 核兵器を開発し、そしてその核兵器は世界的な脅威となったのです。 第三次世界大戦が始まるのではないかという懸念が生まれ、もしも第三次世界大戦が始まったならばそれは核戦争となり、地球が滅びるとさえ言われていました。 そしてその軍事費は世界的な負担となっていきます。 特にソ連は経済が停滞しており、資本主義諸国との経済的な格差は拡大するばかりでした。 食料品なども不足しており、その状態はそれに限らず様々な社会主義国家で同様でした。 そこからソ連のゴルバチョフはペレストロイカを打ち出し、経済改革を行っていくのです。 ソ連とアメリカの関係もこれによって改善していき、冷戦が終結しました。 まとめ いかがでしょうか。 冷戦は政治や軍事面のみならず、経済面にも大きな影響を与えました。 特に東側は経済的に停滞してしまい、今でも東ヨーロッパ等はその影響を受けていると言えるでしょう。

経済ニュース/世界-アメリカ-日本-マーケット- WSJ日本版-jp.wsj.com -... 経済ニュース - Yahoo!ニュース

アメリカ 経済

Wsj日本版の世界経済、日本経済に関する最新記事や速報、注目トレンド、金融、株式、為替、市場のニュース。マーケットの速報や最新の投資 ... アクセスランキング(経済)1マイナンバー「通知カード」は使えなくなる?マイナンバーカードを持ってない場合に生じる不都合なことMONEY PLUS7/15(水)7:012F-15EX、コックピットは大画面採用 空自にも能力向上提案Aviation Wire7/19(日)21:593大学生が実験! インスタ1000フォロワー超えの作り方毎日新聞7/19(日)9:304住宅ローンは「信用金庫・組合」がおすすめ 地方銀行員がこっそり教える「メガ・地銀・信金」の本音と特徴マネーの達人7/19(日)21:015「581万世帯が未受給」10万円給付の申請期限迫る産経新聞7/19(日)18:13コメントランキング(経済)1「581万世帯が未受給」10万円給付の申請期限迫る産経新聞7/19(日)18:132走破性より見た目重視!?

アメリカで感染者また急増、フロリダ州とテキサス州で再び経済活動制...

アメリカ 経済

アメリカで新型コロナウイルスの感染者が250万人を超え、フロリダ州とテキサス州は再び経済活動制限へと踏み切った。

アメリカ合衆国の経済 - Wikipedia

アメリカ 経済

アメリカ経済は、名目gdp換算で世界最大、購買力平価gdp換算で世界第2位の国民経済で、その動向は国際経済に大きな影響を及ぼしている。 現在のアメリカ経済は、活発な 資本 投下、低い インフレ率 と堅調な 金融市場 を背景に 経済成長 を続けている。

アメリカ経済のニュース情報 - goo ニュース

アメリカ 経済

アメリカ経済のニュース情報です。gooニュースは、1日約2500本もの幅広いジャンルの速報をまとめ、関連情報と合わせて分かりやすくお伝えするNTTレゾナントのニュースサー...

アメリカがコロナでボロボロでも沈まないワケ 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場 東洋経済オンライン 経済...

アメリカ 経済

アメリカ経済は個人消費が約8割を占める。 だから雇用のデータが重視されることになっている。 さらにアメリカは、日本と違って人口が増加し ...

アメリカの株価が落ちそうで落ちないワケ 市場観測 東洋経済オンライン ...

アメリカ 経済

このように、目下のアメリカ株は「政策サポート」と「経済活動再開の期待」という2つのエンジンによって上昇し、それに追随する形で日経平均 ...