• 記事: 28856
  • 質問に対する回答: 27029
  • コメント: 29084
  • 準備ができて答え: 23552

チョッキ ゴリランダー

ゴリランダー育成論 :... ゴリランダー 育成論 | HALのポケモントレーナー生活

チョッキ ゴリランダー

【チョッキゴリランダー】草タイプの通りが悪いので耐久調整したいと思います いじっぱり / グラスメイカー / とつげきチョッキ hp:252 / 攻撃:60 / 防御:76 / 特防:92 / 素早:28 ドラムアタック / はたきおとす / とんぼがえり / ドレインパンチ 6日前 Max Male Enhancement Reviews Hey I know this is off topic but I was wondering if you knew of any widgets I could add to my blog that automatically tweet my newest twitter updates.

ゴリランダーの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモ... ゴリランダー 調整メモ - maikeruのポケモン育成日記

チョッキ ゴリランダー

【チョッキゴリランダー】草タイプの通りが悪いので耐久調整したいと思います. 性格 : いじっぱり / 特性 : グラスメイカー / 持ち物 : とつげきチョッキ; 努力値 : hp:252 / 攻撃:60 / 防御:76 / 特防:92 / 素早:28 I've been looking for a plug-in like this for quite some time and was hoping maybe you would have some experience with something like this.

ゴリランダー -... 【ポケモン剣盾】マスターボール級1位!ドラパルト入りポケソルパの使い方 | ポケモンソルジャー【ポケソル】

チョッキ ゴリランダー

ゴリランダーの採用理由に直結するため基本的にこちら。 草技の強化倍率は1.3倍としんりょくより低いが、HPに依存せずに強化出来るのが強み。 補正込みならグラススライダーは先制技としてはしんそくやであいがしらをも凌駕する威力になる。 Please let me know if you run into anything.

【ポケモン剣盾】ゴリランダーの育成論【ソードシールド】 - ワザップ... 令和の話題

チョッキ ゴリランダー

ゴリランダーは専用技のドラムアタックを持っています。 威力80/命中100で相手の素早さを1段階下げる 効果を持ちます。 ゴリランダーは素早さが高めですが、最速レベルではないため、相手の素早さを下げることで次ターンに先制を取りやすくなります。 I truly enjoy reading your blog and I look forward to your new updates.

【育成論】ゴリランダーの調整と対策方法(ポケモン剣盾)-俺のポケモ... 【ポケモン剣盾】HBヌメルゴンがエースバーン・ゴリランダー・トゲキッスに強そうなんだけどどう思う??

チョッキ ゴリランダー

ドラムアタック は突撃チョッキ型ゴリランダーと同様の理由で採用。 DDラリアット は、突撃チョッキ型では倒せないであろう アーマーガア 等の防御力を上げていく ポケモン に対しての有効打となるため採用しました。 こんにちはデコポンポケです。今期は最終138位に終わり、前期に続き2桁を達成することができませんでしたが、構築の完成度は高くできたと考えているので紹介したいと思います。 《使用構築》 前期の構築に夢御三家の解禁と弱かった点の改良を加えたいと思い構築をスタートさせた。 https://dekoponpokemon.hatenablog.com/entry/2020/04/01/215445 前期の構築では新しく解禁されたエースバーンやゴリランダーに対抗できる駒がないと思い食べ残し起点作り型ドラパを採用。増えていたアシレナットやスピンロトムに勝てるようにチョッキエースバーンを採用した。 《使用個体》 シザリガー@気合の襷 アクアジェット クラブハンマー 剣の舞 叩き落とす 意地っ張りh4 a252 b108 s144 珠ドラパの意地アロー最高乱数切り耐え いつもの相棒。今期はエースバーンが多かったためアクアジェットで確一が取れる珠も使ってみたが、結局は襷に落ち着いた。とても使いやすいポケモンだし環境的にも動かしやすいと思った。s8からは孤島のポケモンが解禁されるがポリゴン2やウルガモスなどに強く出られるのでまだまだ戦えそうだと感じた。 ドラパルト@食べ残し 祟り目 鬼火 電磁波 身代わり 臆病h236 b188 s84 h食べ残し最大効率s最速エースバーン抜き抜き 対ゴリランダー、エースバーン要員。エスバゴリラが見えたら選出していた。身代わりという技がとても強く相手のダイマターンを枯らしたり麻痺バグ待ち、様子見など様々なことができた。一体で詰めることができた試合も多かったので本当に強力だと思う。終盤キッスやヒトムにビビってあまり選出できなかったのでもう少し出してやれば良かったと思う。 ミミッキュ@広角レンズ じゃれつく 電磁波 呪い 身代わり h4 a252 s252 ドラパが出せない時の起点作り。電磁波呪いでギャラに繋ぐ動きがシンプルながら強かった。 初手ダイマに対しても電磁波からの身代わり連打でダイマを枯らすことができるので強かった。前期は電磁波を外すことがままあったが今期はガチで一回も外さなかったのでとても偉かった。ただ初手エースバーンに対しアイヘで怯まされて無償突破されることが多かった。 ギャラドス@命の珠 飛び跳ねる 滝登り 竜の舞 パワーウィップ 意地っ張りh4 a252 s252 絶対的エース。今期はエースバーンの影響でパッチラゴンや威嚇ギャラが増え動かしにくくなったが能力を上げて物理で殴るのはとても強かった。相手のエースバーンが襷カウンターのことが多く、ナットでギャラを見てくる人もおおかったのでダイバーン採用もかんがえたがダイウォールを打てるメリットを考え竜の舞を採用した。 ピクシー@アッキの実 ムーンフォース 火炎放射 瞑想 月の光 h252 b252 s4 物理方面に対して圧倒的な詰め性能をもつ。エースバーンもアイヘかダストがなければ起点にすることができ、こちらのギャラをみて出てくる相手の威嚇ギャラやパッチラゴンに対して強く出られる点が良かった。トリックをしてくるミミやキッス、ロトムが前よりも多かった印象なのでそこを意識して立ち回ることにしていた。ピクシーの突破手段がラプラスの零度しかないのは心臓に悪いからやめてくれ…

【ポケモン剣盾】草タイプ御三家「ゴリランダー」が強すぎてダイソウ... 【ポケモン ソード&シールド】ゴリランダーの育成論(種族値・努力値・技構成など)│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

チョッキ ゴリランダー

ゴリランダー型考察. 高い「こうげき」「ぼうぎょ」、「すばやさ」も85と絶妙な数値で、最速調整すればミミッキュも上から叩くことが可能。 とつげきチョッキ型 初めまして。ひろきんぐ(@hirokingvgc)と申します。 ダブルシーズン2で最終21位、27位を取ることができたので、その構築を紹介したいと思います。 剣盾ダブルの構築を考える上で、ダイマックス前提のポケモン6匹採用すると、構築バランスが崩壊するので、非ダイマックスでも強いポケモンを開拓する必要がある。今回非ダイマックスポケモンに求めた要素として、下記のものが挙げられる。 ①全体技の所持 ダイマックスポケモンは単体しか攻撃できないので、非ダイマックスポケモンも単体攻撃メインで構築をしてしまうと、相手のサイドチェンジ、このゆびとまれ、守る(ダイウォール)などに対して常に択が付きまとう。また、ダイマックスポケモンで倒し損なったポケモンの押し込みなどもできるので、是非とも一般枠は強力な全体技を使えるポケモンを採用したい。 ②こだわりアイテム(特にメガネ、ハチマキ)との相性 一般に、ダイマックスポケモンのこだわりアイテムはアイテムの補正が乗らないので相性は良くないとされている(こだわり解除して盤面に居座りたい場合除く)。 ダイマックスする機会が多いポケモンにダイマックス状態でも強く使えるいのちのたまやじゃくてんほけんを持たせたい以上、非ダイマックス前提ポケモンがパワーを出すためにはこだわりアイテムを持つ必要がある。ヒヒダルマやウオノラゴンなどがこだわりアイテムで猛威を奮ってることからも、非ダイマックスポケモンはこだわりアイテムとの相性がいいことは採用の一つの条件であると考えられる。 ③特殊打点 現環境は物理打点に寄っていて、特殊打点は非常に貴重である。特殊で高打点を叩き出せる駒を用意したいところだが、現環境だと限られてくる。 (④トゲキッスと愉快な仲間たちへの打点 こだわり持ち+全体技を使うなら、このゆびとまれ+メジャーなアタッカーの並びに圧力かけられるのが理想。ここまで条件を厳しくすると、該当するポケモンがいなくなってしまうのでそこまで重要視はしていない。愉快な仲間たちの想定として、ドリュウズ、ドラパルト辺りに触れたらとりあえずいいんじゃないかと) 上記を踏まえて、特殊アタッカーとして着目したのは以下のポケモン。 ①リザードン トゲキッス+ドリュウズ、ジュラルドン辺りに対して上からねっぷうで大きな削りを入れることができる。火力、技範囲だけ見れば申し分ないが、耐久がないことによる不安定感がつきまとう。特に、ドリュウズ、ジュラルドンはリザードンで役割を遂行したい相手であるが、ドリュウズ、ジュラルドン側からリザードンに打点があるので(いわなだれ、10まんボルト)、技を外す、耐えられると返しの反撃でゲームが終わってしまう。ドリュウズのきあいのタスキ、ジュラルドンのとつげきチョッキが一定数いる以上、にほんばれ+こだわりメガネ+サンパワーねっぷうでも耐えられて返り討ちにされる危険性が非常に高い。故に安定感がないと判断して、今回はボツに。 ②ミロカロス トゲキッス+ドリュウズ、トゲキッス+ドラパルト(素ふぶき())に打点を持ててなおかつ耐久があるポケモン。リザードンとの大きな違いは、役割対象のドリュウズから弱点をつかれて一撃で倒されないので、(ダイホロウをサマヨールに押してトリックルームを防ぐ代わりにミロカロスのかちきが発動し、Ç+2こだわりメガネふぶきで一掃orミロカロスにダイホロウでミロカロスが倒れる代わりに無償でトリックルームを展開し、じゃくてんほけんバンギラスを立てて勝ち)。 環境の水の通りの良さ、トゲキッス+ドリュウズ、ドラパルトへの打点、読まれにくさ(すでに一部で攻撃的なミロカロスの採用がされている気がするが)を踏まえて、今回はこだわりメガネミロカロスを構築に組み込むことを考えた。 ミロカロスの採用を考えた次に、構築の素早さ操作方法を考える。 ミロカロスの役割対象として、ドリュウズ(+バンギラス)を意識している以上、と考えた。 とは言いつつも、現環境のトリックルーマーのほとんどは耐久が貧弱なのでトリックルームのサポーターが必須である上に、トリックルームをした後に役割がほとんどなくなる(火力がなく腐る)こと、その上サポーターも脆い上にパワーがなくて実質4vs2で勝負している点が気になって使うことを敬遠していた。 そんなとき、カ・エールさん(@hirosipoke)がバンギラスドリュウズ+サマヨールのトリックルーム構築を使っていて、とても強そうに見えたので、このギミックを取り入れてみることに。彼の使用していた6匹が以下の通り。 この構築は、サマヨールのじならし+じゃくてんほけんバンギラスを通すルートや、ドリュウズ+トゲキッス、ドラパルト+トゲキッス、バンギラス+ドリュウズなど攻撃のパターンが豊富である。また、トリックルームのサポーターとして、数値・耐性が貧弱なイエッサンではなくトゲキッスが採用されていて、上で挙げていたトリックルームサポーターの数値の低さという懸念点も解消されている。 ドラパルトをあまり出さないと本人から聞いていたのと、ゴースト2枚が耐性的に気に食わなかったので、一旦ドラパルトをミロカロスに据え置いて細部を調整することとした。 ドラパルトをミロカロスに置き換えて構築を回してみた結果、パーティの素早さが全体的に低く(すなかきドリュウズ以外は素早さ120以下)、ことに気が付いた(個人的に弱点が偏る選出を好まないので、バンギラスを出すとドリュウズを出す気が失せてしまうのが大きかったと思う。他の人はその限りではないかもしれない)ため、ドリュウズの枠の見直しを検討した。それに伴い、すなあらし要因も必須ではなくなったので、トリックルームエースを再考することとした。バンギラス自体は数値が高くてとても強いのだが、下記の点で微妙さを感じていた。 ・タイプ一致ダイマックス技が噛み合っていないこと(ダイロックの砂展開は天候取り返す場合は有効だが、大抵すなあらしの状態で攻撃するので、追加効果がないのと変わらない、ダイアークのとくぼうダウンはバンギラス自身には旨味がない) ・トリックルームドサイドンに上から制圧されてしまうこと 上記考察より、バンギラス+ドリュウズをドサイドン(バンギラスからほしい岩要素とドリュウズからほしい地面要素を抽出)に圧縮してしまうのが良いのではと考えた。しかし、ドサイドンにした結果勝率は大幅に落ち、という結論に達した。ドサイドンよりバンギラスが強いと感じた根拠としては以下の通り。 ①四倍弱点の違い ドサイドンはくさ・みずタイプが四倍弱点なのに対して、バンギラスはかくとうタイプが四倍弱点。運用前はくさ・みずもかくとうも大差ないと考えていたが、実際に運用してみると、くさ・みず弱点が致命的に感じた。相手のスタンダードなパーティに入ることのあるトリトドン、ナットレイにトリル下から4倍弱点を付かれるのがかなり致命的であった。 バンギラス自体もローブシン、ナゲツケサルに致命的に弱くはあるが、トゲキッスを横においておけば一定の行動保証があるので立ち回りで挽回可能である(格闘勢は冷凍パンチやいわなだれなどタイプ不一致技でしかトゲキッスを攻撃できず、トゲキッスが2回行動の猶予がある)。また、と感じた。 ②すなおこしの有用性(≒素の特殊耐久の差) ドサイドンもダイロックを使うことで砂を起こすことができるが、特性で自発的に砂を起こせる恩恵は想像以上に大きいと感じた。バンギラスは高い種族値に加えてすなあらしでとくぼうを1.5倍にできるので特殊相手でも安定して後投げできるが、ドサイドンはダイロックを自分で押さない限り、特殊耐久が不安定である(さらに、くさ・みずの4倍弱点の範囲を考慮するとこの差は致命的である)。 また、すなおこしは役割対象の対リザードンをかなり有利に運ぶことができる(エルフーンを倒しさえすれば、交代で天候を取り返すだけでソーラービームをカットできる)ので、すなおこしは必要である。そんなこんなでドサイドンも試したが、バンギラスのほうが安定するという結論に至った。 構築のスタートであるミロカロス、トリックルームエースのバンギラス・サマヨールに加えて自動的にトゲキッスも入ってきて、残りの2枠を検討する段階となった。 構築を回していて残りの2枠に下記の要件を満たすポケモンが必要と考えた。 ①非トリル下ですばやく動けるポケモン ②ジュラルドンへの強力な打点 ③このゆびとまれ以外のトリックルームサポート要素 ④トリトドンへの打点 ジュラルドンへ安定して役割遂行できるポケモンの中で、一番安定感のありそうなポケモンはやはりドリュウズであった。ドリュウズであれば、非トリル下で素早く動けるポケモンという要件を満たせるので、やっぱり5枠目はドリュウズが適切のようである。 最後の枠について、もともとカ・エールさんの構築にはカットロトムがいたので、原案でのカットロトムの役割対象をカ・エールさんに確認したところ、バンバドロやトリトドンとのお言葉をいただいた。そのうち、バンバドロはミロカロスで対処可能なので、トリトドンを捌けて(かつ数値が高ければ)誰でも良いということになる。 流石にトリトドンメタだけだと役割が少なすぎるので、トリトドンメタ以外になにか役割をもたせることを考えた結果、サマヨールのトリックルームをサポートする役割(特にエルフーンのちょうはつをカットできるポケモン)も遂行できる駒を探すことになった。 というのも、トリックルーム展開をしたいとき、 選出率: 25%くらい ダイマックス率: 30%くらい?