• 記事: 29377
  • 質問に対する回答: 18752
  • コメント: 31862
  • 準備ができて答え: 25834

ノンアルコール 消費税

ノンアルコールビールは8%?消費税の軽減税率で適用されるものは? [... 消費税「軽減税率8%」が適用される場面リスト集~2019年10月1日消費税10%

ノンアルコール 消費税

ノンアルコールビールや甘酒はどうなるの? 栄養ドリンクは? 2019年10月1日から消費税等が10%になりますが、飲食料品代や新聞代(定期購読契約で週2回以上発行されるもの)などは8%のままになる制度を軽減税率といいます。 いつからと申しますと、2019年10月1日より、新しく消費税が10%になります。 ただし、新聞と飲食料品に関しては、軽減税率として8%が適用されます。 先日、税務署から普段来ないような大きな封筒が郵便で届きまして、ビビッていましたら、2019年10月の時期に改定される「消費税10%」の詳しい説明書でした。 時間が少し取れましたので、ちょっと拝見しますと、説明書のタイトルは「軽減税率制度」とあり、飲食料品の8%に関する経理の説明となっていて、taxが10%に上がること自体にはあまり触れていません。 私の場合、経理は自動ですので、まだ良いですが、複雑すぎて、小規模な店舗さんでも、もはや手書き経理では不可能とも言える内容です。 しかも、小売店が新しいレジや発注システムにと改修する場合には、結構な額の「軽減税率対策補助金」が支給されるとあります。 その国庫負担だけでも、相当な金額になるかと存じますので、わざわざ10%に上げる意味すらあるのかとも疑問を感じてしまいます。 それだけでしたらまだ良いのですが、消費する側に取りましても、消費税8%が適用される「軽減税率」に関して、ある程度知って置かないと、多く税金を払いすぎてしまう恐れもあります。 皆様「節約」している時代に、税金が増えてしまっては、節約してもその意義は薄れてしまいます。 軽減税率、8%の適用は、原則として「食品衛生法」に規定される食品、すなわち、人の口に入る物が適用されます。 少しでも、損をしないよう、少しでも得するように、国税庁のサイトなどより、色々な場面(シチュエーション)に応じて、適用される消費税は8%なのか?、10%になるのか?、まとめてリストアップしてみました。 コンビニ コンビニでもパンを買って、持ち帰って自宅などで食べる場合には8%ですが、店内で食べる場合には10%です。 基本的に購入時にお客さんに、パン屋さんでも、わざわざ「どこで食べるか?」と聞かなくてはならないそうです。 ただし「店内で食べる場合にはお申し出ください」と言う掲示にするだけでも、良いと言う見解が出ていますので、みんなそうすると推測されます。 となると、この執筆時点では、レジにて購入する際に、何も言わなければ、飲料・食料品は8%が適用されると考えられます。 店内で食べる場合には、逆に購入時にレジにて、10%にしてくださいと言う申告が必要となるかもと考えますと、悲しいです。 マクドナルド マクドナルドでも、持ち帰りしたハンバーガーは8%ですが、店内で食べると外食扱いで10%と言う事らしいです。 私なんか、店内で少し飲食して、残りは持ち帰るようなことがあるのですが、その場合にはどっちになるのでしょう? 詳しく調べてみましたら、店内でひと口でも食べれば、10%だそうです。 もし、8%で買っても、そのまま店内で食べるのが、事実上、黙認されてしまうと、みんな、そうするかもしれません。 お店側も、そうした行為があったとしても、その違法行為をした側が悪いので、注意などはしないでしょう。 そうなると、法律は守らなくても、多少脱税しても、文句言われないだろうと言う「風潮」も、世の中に蔓延するようになってしまい、より治安が悪化するのではと、危惧致しております。 そんなことにならないよう、適切に法律が順守されることを望む次第です。 ※その後、マクドナルドは、8%持ち帰り品でも、消費税10%と同じ金額(税込表示)に調整しての販売となりました。 フードコート フードコートでの飲食は、テーブルなどがあるため外食にあたり、10%となります。 ただし、フードコートで買った食べ物を持ち帰る場合には、8%適用となります。 出前 出前のラーメン屋さんも、店内価格は10%ですが、出前の価格に対しては8%ですので、出前の支払額が低くないと、便乗値上げだと言われそうです。 かと言って、出前の方が安ければ、隣に住んでいても、出前を頼むわけでして、店内は空席が多くなると言う事も無きにしも非ずだと存じます。 いちご狩り いちご狩りは10%が適用されますが、単に、いちごを買って帰るのであれば8%です。 ジュース ジュースやミネラルウォーターなどの自動販売機はすべて8%です。 でも、スーパーでジュースを購入して、店内のイートインで飲む場合には、10%となります。 屋台のおでん 屋台の「おでん」も、その屋台にテーブルがあれば10%ですが、テーブルなど食べる場所がなければ8%です。 ところが、その屋台以外に、単に飲食以外でも、誰でも利用できる公園のベンチがある場合に関しては、8%だそうです。 途中ですが、念のために記載しますと、このような「線引き」は、最終的に税務署が判断するものとなります。 当方では、税務署の指針に基づいてご説明していますが、細かいケースにおいては、異なる見解になることも考えられます。 記載内容は一般的なことを明記しているまでであり、その結果を保証するものではありませんので、ご確認申し上げます。 車内販売 新幹線の車内販売も、事前に弁当など予約していると10%です。、 しかし、予約せずに当日購入する分には、同じ車内販売でも、8%適用らしいです。 映画館のポップコーン 映画館の場合、座席にメニューがなければ、売店で購入して映画上映中の座席で食べる分には8%です。 ※座席にメニューがあれば10%適用です。 ただし、売店近くのテーブルなどで食べる分を購入するとなると消費税は10%となります。 同じ店内なのに、食べる場所で軽減税率が適用されるのか、違います。 ルームサービス ホテルでのルームサービスは10%ですが、客室の冷蔵庫に入っているものは8%適用です。 これも少し理解に苦しみます。 バーベキュー場 バーベキュー場の敷地内で販売している食材は10%ですが、場外で販売している食材は8%適用です。 場内に持ち込むために、外部(スーパーなど)で購入した食材は8%適用です。 となると、大きなキャンプ場の場合には、敷地外で隣接したところに別途「食材販売店」が、設置されるような事態になるかも知れません。 学生食堂 ケータリングは10%ですが、おなじケータリングでも高齢者施設・学校給食の場合には、8%適用です。 ところが、利用が自由で全員が使わない学生食堂は、レストランと同じ外食扱いで、10%適用です。 また、同じ配達でも、単なるヒザの配達を受ける場合には、外食ではないため、8%です。 病院食はもともと非課税です。 新聞 今回の8%軽減税率では、飲食料品以外に「新聞」も軽減税率適用となっているのが特徴です。 よって、定期購読している新聞は8%です。 ところが、コンビニで購入する新聞は消費税10%となりますので、訳がわかりません。 インターネット配信の電子新聞も消費税は10%です。 そもそも、新聞は生活必需品ではありませんし、どこかの政党に配慮したような消費税改正です。 新聞購読が軽減税率適用されるのであれば、せめて、もっと生活に必要で公共性が高く、毎日使っている電気・ガス・水道も、8%にするべきだと思いませんか? 水道水の消費税は10%なのに、自動販売機で売られているミネラルウォーターは8%なんです。 ビール 酒税法の適用を受けているアルコール飲料は、最大40%程度の酒税が適用されており消費税は、もともと関係ありません。 ただし、ノンアルコール飲料は、酒税法が関係ないため、ノンアルの消費税は持ち帰り8%、店内で飲む場合には10%となります。 ノンアルコールも、20歳以上なのか?、年齢確認が必要なのに、税金はまた違う話となっています。 なお、医薬品はもともと非課税です。 贈答品 お中元・お歳暮といった贈答品は、企業が贈答したものでも、食べ物・飲料であれば、8%適用です。 ただし、カタログギフトで頼んで配達される飲食物は、同じく食べ食べものなのですが、なぜか10%です。 カタログに掲載されているのが食品だけであっても、消費税は10%です。 しかし、同じものをスーパーで買って持ち帰る・配達してもらうのは8%です。 もはや、理解不能の域となっています。 総合的に考えると、イートインやレストランで食べる行為は10%ですが、持ち帰って食べる分には8%となります。 牛丼などもテイクアウトすれば、消費税は安い訳です。 そうしますと、賢い方は、店内で食べずに持って返る訳でして、だんぜん、持ち帰りや配達は増えるでしょう。 となりますと、今でもテイクアウトがあるような外食産業は衰退し、ドライブスルー専門店(持ち帰り専門店)が、もっと現れてくるような気が・・。 今回、10%になる消費税も、今後、もっと比率は上がってくるでしょうから、持ち帰りが、より顕著になる可能性もあります。 過去の消費税の歴史としては下記のとおりです。 竹下登内閣の時に、1989年4月、消費税は3%として施行されました。 竹下さんの時には、国会審議でも散々もめまして、3%はという数字を、将来上げることはないと国会答弁していたと思うのですが・・・。 橋本龍太郎内閣は、1997年4月に5%。 安倍晋三内閣では、民主党、自民党、公明党の3党などの賛成多数で8%、10%と増税されることが可決しました。 そして、2014年4月に8%となりましたが、その後、景気が落ち込みます。 そのため、2015年11月に10%へと引き上げられる予定も、実に4年近く延期となっていました。 ただし、2019年10月に増税であれば、2020年東京オリンピック開催に伴う経済効果もそのあと期待でき、増税による景気の悪影響を相殺できるだろうと言う観測もあるようです。 野党であるはずの民主党も、消費税の増税には2014年の際に賛成しており、もはや、このような法律が国会にて通ってしまった以上は、どうしようもありません。 私は消費税そのものには反対ではありません。 消費税は、外国人旅行者も普通の店舗にて何か購入する際には支払っており、広く誰にでも課税され、脱税も難しいので公平です。 また、景気に左右されない、安定した税収入となりますので、円(通貨)や国家の信用も高まります。 軽減税率も、8%ではなく、0%が理想ですが、せめて5%になれば、より低所得者の救済処置にもなるかと存じます。 ただし、所得税が無いと言う条件にて消費税には賛成と言う事になります。 所得税が累進課税になっているのは不公平ですし、所得税もあるのに消費税もあるのには大反対です。 頑張って、一生懸命働いても、所得税と住民税でガッポリ、持っていかれてしまうと言う印象で、働く意欲を失います。 最後に繰り返しとなりますが、8%なのか10%なのかは、最終的に税務署や裁判所が判断するものです。 当方では、税務署発行の指針やよくある質問などに基づいて、総合的にご説明致しておりますが、一部分かりにくい部分もあり、異なる見解になることもあり得ます。 記載内容は一般的なことを明記しているまでであり、記載内容の結果を保証するものではありません。 今後、見解も変わってくる可能性もありますので、疑問点に関しては、税務署などにお問い合わせの上、適切な納税をお願いできますと幸いです。 私も、たくさん税金を納めるのは、不本意ではありますが、納税は国民の義務です。 義務は果たさなくてはなりません。 脱税は重大な違法行為ですので、やめましょう。 新しい消費税10%の適用は、2019年10月1日(平成31年10月)からです。 皆様からのご意見もあれば、下部のコメント欄に賜りますと幸いです。

【消費税】お酒・アルコールは軽減税率の対象?ワイン・ノンアルコー... 消費税10%の軽減税率の品目は?食料品や生活必需品は何が変わる?

ノンアルコール 消費税

今回、注目したいのは、1989年の消費税導入以来、初めて導入される軽減税率です。軽減税率とは、食料品や教育費など「生活に最低限必要なもの」については、消費税を軽減する制度を言います。軽減税率(8%)と標準税率(10%)の適用について表にまとめると次のようになります。ここで気 ... 2019年10月に消費税が10%になることが決定しており、増税の影響が心配されていますよね。 その中でも”軽減税率”というものが話題になっています。 なんでも、品目によって消費税が8%なのか10%なのかが変わるとのこと。 食料品や生活必需品、外食などは何が変わるのでしょうか? そこで今回は、 ・消費税10%に伴う軽減税率とは何なのか ・軽減税率の対象品目 ・食料品や生活必需品、外食は何が変わるのか といった話題について見ていきます。 スポンサードリンク 消費税10%に伴う軽減税率とは 消費税が10%に増税されると発表され、軽減税率というものが話題になっています。 「なんとなく聞いたことはあるかも…」というあなたにとって、この軽減税率が何なのか、何が変わるのかは気になるところですよね。 まず、軽減税率についてわかりやすく見ていきましょう! 軽減税率をわかりやすく 軽減税率とは、一言でいうと「購入する品物によって消費税が違う」という制度のことです。 本来であれば、国はすべての商品に対して消費税を10%としたいところです。 ですが、そんなことをしたら国民から大ブーイングが起こることは目に見えていますよね? 消費税が8%になったときですら、国民の不満は溜まっていたのですから。 なので、すべての商品の消費税を10%とするのではなく、一部の商品だけを消費税10%とするのです! つまり、世の中には”消費税8%の商品”と”消費税10%の商品”という2種類ができるということです。 そう言われると、「なんでまたそんなめんどくさいことをするの?」と疑問に思うかもしれません。 この軽減税率ができた理由はなぜなのでしょうか? 軽減税率ができた理由はなぜ? 軽減税率が何のためにできたかというと、”消費税は増やしたいけど、国民に少しでも配慮するため”なのです。 そもそも消費税を増税するということは、それだけ国に税金としてお金が入るということです。 消費税10%なら、今の8%と比べて実に1.25倍のお金を集められますからね。 ただ、上でもお話したとおり消費税10%に反対する国民はほぼ全員でしょう。 なので、一部の商品は消費税8%にするから許してねということなのです。 さて、ここで気になるのは”一部の商品”が何なのかですよね。 どういった品目があるのか詳しく見ていきましょう! スポンサードリンク 軽減税率の対象品目は? 軽減税率の対象品目はというと、 酒類及び外食を除く飲食料品 と定義されています。 こう言われてもよくわかりませんよね(笑) 1つずつ見ていきます。 食料品と飲み物 人が食べる食料品 消費税8% ペットフード 消費税10% 基本的には全て消費税8%です。 ただ、ペットフードに関しては消費税10%が適用されます。 軽減税率というのは、あくまでも人、つまり国民のためにある制度だからです。 お酒 お酒・みりん・料理酒 消費税10% ノンアルコール飲料・みりん風調味料 消費税8% お酒は基本的に消費税10%です。 生活に必須かと言われると、そうではないですもんね。 お酒のような嗜好品は消費税10%が適用されます。 ですが、ノンアルコール飲料は消費税8%となります。 アルコールが入っていなければ、お酒とは呼べないですからね。 ちなみに、みりんや料理酒なども消費税10%となります。 調味料かどうかなんて関係ないのですね。 アルコールが入っていれば問答無用で消費税10%です。 みりん風調味料は消費税8%です! 外食や弁当 外食(買ったその場で食べる) 消費税10% 弁当(買って持ち帰る) 消費税8% これが一番ややこしい部分なのですが、 ・外食…消費税10% ・弁当…消費税8% という分け方になります。

ノンアルコールビール、甘酒の販売(消費税軽減税率) 「醤油」は8%でも「みりん」は10%!軽減税率は食品すべてが対象ではありません | 税理士 富下会計事務所

ノンアルコール 消費税

消費税の軽減税率制度に関する個別的・具体的な事例を取り上げて解説しています。 消費税の軽減税率に関する新着情報 問15 ノンアルコールビールや甘酒(アルコール分が一度未満のものに限ります。 他にもテイクアウトや食堂、イートイン、フードコートなどグレーな形態もありますが、 お金を払って ・その場で食べたら…消費税10% ・持ち帰ったら…消費税8% という認識で大丈夫です。 このように言うと、「じゃあ”持ち帰り”って頼んで、ベンチとかで食べればいいじゃん」と思うかもしれません。 ある意味、これは賢いやり方とも言えます。 どこで食べるかは個人の自由なので、一度”持ち帰り”と言ってしまえば消費税8%になります。 レジで会計する時点では、どちらかは判断できないので。 お店側としても、「ここで食べるならちょっと高くなります」なんて言えないですもんね。 ケータリングや出張料理、出前 ケータリング・出張料理(調理が必要) 消費税10% 出前(配達するだけ) 消費税8% ケータリングや出張料理では、ただ料理を運ぶだけでなく調理の必要性があります。 なので、この2種類は消費税10%となります。 それに対し、出前はテイクアウトと同じイメージになるので消費税8%です。 料理を運ぶということに関しては、例外もあります。 ・学校給食 ・幼稚園 ・老人ホーム これらは全て消費税8%となるのです。 子供や老人のためとなると特別扱いをされるというわけですね。 一体商品 初めて聞いたという人もいるかもしれません。 イメージとしては、おもちゃのおまけでお菓子がついている商品などですね。 (お菓子のおまけでおもちゃ…?) 要は、食品と非食品がセットになって販売されているもののことです。 一体商品の消費税はというと、細かいルールがあります。 ・税抜1万円以下 ・食品の金額が全体の3分の2以上 この2つを満たせば消費税8%、いずれかを満たさなければ消費税10%です。 ざっくり言うと、1万円以下で食品がメインのものですね。 非食品の定義はというと、 ・その商品を食べ終わった後も使えるもの となっています。 ケーキ自作セットなんかは、ケーキを作った後にキット自体を捨ててしまうので消費税8%でいいということですね。 医薬品や医薬部外品 医薬品・医薬部外品 消費税10% 清涼飲料水 消費税8% 全て消費税10%になります。 ただ、1つだけ注意してほしいのが”医薬部外品と清涼飲料水”の違いですね。 栄養ドリンクなんかはだいたい、医薬部外品か第2,3類医薬品になりますので消費税10%です。 一方、レッドブルなんかのエナジードリンクは清涼飲料水なので消費税8%です。 これらは食品成分表示に書いてあるので見落とさないようにしましょう! スポンサードリンク 食料品や生活必需品、外食は何が変わる? では、軽減税率が導入されることで食料品や生活必需品、外食は何が変わるのでしょうか? 大和総研の見立てでは以下のとおりとなっています。 1人あたりの年収を500万円とすると、 単身(年収500万円) 年間4.76万円増加 4人世帯(片働き・年収500万円) 年間9.08万円増加 4人世帯(共働き・年収1000万円) 年間4.43万円増加 年間にしてこれだけの消費が増えるわけです。

軽減税率の対象ノンアルコール飲料 ビール・梅酒・焼酎・日本酒・ワインなど多彩な種類と価格 |... Chevron

ノンアルコール 消費税

ノンアルコール飲料は、増税の救世主になるか? 10月から消費税10%の品物が世の中にたくさん出回るようになります。 中でも、酒類(アルコール分1度以上の飲料)は軽減税率の対象外となっていますので、20歳以上の方にとっては しかも、計算を簡単にするために切りの良い年収500万円を採用していますが、 国民全体の平均年収は420万円です。 一部の富裕層が平均を押し上げているため、実際はもう少し所得は少ないでしょう。 となると、生活を脅かすレベルではなくともじわじわとお財布に負担をかけてくるのです。 まるでボディブローのようにダメージが段々と溜まっていくわけですね。 また、食料品や生活必需品に関しては消費税8%となるのですが、”どこまでが生活必需品か”という点でもめそうですよね。 そう考えると、まず小売店、特にスーパーやドラッグストア、コンビニなどで働く人は苦労が増えるはずです。 いくら国が決めたからといって、レジで会計するお客さんが納得するとは思えません。 また、値札の表記も変わるため、店の全商品で付け替える必要があります。 どの商品が消費税10%なのか、8%なのか、聞かれる機会も増えるはずですね。 一方、外食に関してはテイクアウトかそうでないかでもめそうです。 例えばマックでは、店内で食べるのにテイクアウトで注文するお客さんが増えるはずです。 その方が消費税が安くなりますからね。 ただ、店側にとってはなんとも注意しがたいですよね。 テイクアウトの商品を持って席に座った瞬間に 「店内でのお召し上がりでしたら、あと2%分の消費税を払って頂けますか?」 なんて言えるはずもないです(笑) ここらへんを国でどう対策していくのかはまだまだこれからですね。 まとめ 2019年10月に控えている消費税10%への増税。 今回は、軽減税率とは何なのか、軽減税率ができた理由に加え、対象品目、食料品や生活必需品や外食で何が変わるのかといった話題について見てきました。 消費税が5%から8%になったときも国民は大荒れでしたからね。 消費税10%が実現する際も一筋縄ではいかないかもしれないです。 細かいルールがどうなるかも気になるところですよね。

「ノンアルコールビール」「甘酒」の販売は、軽減税率の適用対象か? ... 居酒屋と消費税の軽減税率 | 北区 創業融資センター@赤羽駅前

ノンアルコール 消費税

2019年10月1日から始まる消費税増税・軽減税率制度に際して、事前に必要な知識を頭に入れておく必要があります。「飲食料品」と「酒類」の区別、その中で混同されがちなノンアルコールビールや甘酒に関しては軽減税率の対象になるのかをお伝えします。 消費税率の引き上げおよび、軽減税率制度の導入の日がいよいよ目の前に迫ってきました。 食品が8%のままで、それ以外が10%になるんだっけ?と、なんとなく把握されている方も多いと思います。 今回は、飲食料品の中でも気をつけておきたい調味料についてです。 消費税率8%と10%の違いについて 2019年10月1日から消費税率が「軽減税率」によって8%のまま据え置きになるものと、10%に引き上げられるものがあるのはご承知のとおりです。 基本的に消費税率が8%に据え置きされるのは、生活必需品である飲食料品と新聞ですが、飲食料品すべてが8%のままというわけではありません。 どれが8%でどれが10%? 慣れるまで迷ってしまうことがあるかもしれませんが、簡単に言えば、飲食料品のなかでも「お酒」と「外食」は消費税率が10%に引き上げられて、それ以外の飲食料品は8%据え置きだと覚えておくと良いでしょう。 醤油は8%、みりんは10% お料理に欠かせない調味料ですが、その中でも「醤油」は8%、「みりん」は10%の消費税率となります。 御存知の通り、みりんにはお酒が含まれているため、酒類に分類されます。 スーパーでもお酒の陳列棚、もしくはお酒売り場近くで販売されていることが多いと思います。 同じような調味料でも、「みりん風味」は消費税8%のままです。みりん風味調味料は、お醤油やお酢などの並びで販売されているのでわかりやすいかと思います。 そろそろ「みりん」が切れそうだなーというご家庭は、消費税8%である9月中に買っておくと良さそうです。 ただし賞味期限がある食品なので、買いだめをしても無駄にしてしまう可能性があります。必要な分だけ買うようにしましょう。

【消費税増税】みりんやノンアルコールビールに軽減税率は適用される... ゲンキー全259店、消費税高く販売 精肉など8%商品を10%に | 経済,社会 | 福井のニュース | 福井新聞ONLINE

ノンアルコール 消費税

【消費税増税】住宅ローン減税3年延長へ!いつから適用?消費税増税前後の損 税金 2017.9.6 独身税が導入される?制度を徹底検証 マネー 2018.7.17 インデックス投資と節税戦略 税金 2017.10.7 ノーベル賞の賞金に税金はかかる? 新着情報 2019.08.18 居酒屋と消費税の軽減税率 令和元年10月1日から 消費税及び地方消費税の税率が 8%から10%に引き上げられると同時に 消費税の軽減税率制度もスタートします。