• 記事: 30888
  • 質問に対する回答: 26873
  • コメント: 26476
  • 準備ができて答え: 22283

いわふか エピソード

いわふかエピまとめ その1 - 雪道 『朝焼けの花』で号泣する娘を見てSnowManの魅力を考えてみた | ひるねこの居眠り

いわふか エピソード

「いわふか」という岩本照さんと深澤辰哉さんのシンメコンビに出会いました。 割とシンメとかそういうのに弱いことにも気付けたのはSnow Manのおかげなのですが。 ちょっとここ最近自分の中でのいわふか好き度がめっっちゃ高いので 娘が号泣するのを見たのは、高校の部活の最後の試合以来です。急激にどっぷりとSnow Manに落ちた娘…帰ってくるたびにスノの宣伝はしていましたが、こんなにハマるなんてビックリ…。娘はもともとJUMP担。私がHey!

シンメについて考える(よく見るシンメ編) - 曇りのちくもり Snow Manエピソードまとめ - It’s a small world

いわふか エピソード

シンメ厨を名乗ってしまった以上、シンメについて語らなくてはいけないんだけど、語彙力が乏しいので雰囲気で語ろう〜〜!! とりあえずよく見るシンメとして、いわふか・だてなべ・あべさくについて語ろうと思います。いわふかから行くけどいわふかだけ長くなる未来が見えた いわふか ... Say!

いわふかというシンメの話 - ひらひら 今知りたい!「あべなべ」の世界 - 希望があれば無敵

いわふか エピソード

いわふかは沼です。 ちなみに岩本くんと深澤くんはジャニーズJr.のユニットSnowManのメンバーです。アクロバットと言えばこのSnowManの最大の強みですが、まぁ詳しい話は置いておいて。 こちらではいわふかの魅力について!伝えようと思います。 「マツコの知らない世界」みたいなテンションのタイトルを付けましたが、Snow Man 渡辺翔太さん・阿部亮平さんのコンビ、通称「あべなべ・なべあべ」に関しては私、超!ド新規です! 去年の7月7日のあべなべらじらーをきっかけにズブズブハマりだしたから、1年も経ってない…。ということで、ここ1年足らずの知識&考古学張りに過去の情報から探し求めたデータを元に、私が思う「あべなべ」の魅力を勝手に語る文章になります。 タイトルに「今知りたい!」と付けた理由は特に無いんですけど(無いのかよ)まあ1つこじつけで理由を挙げるとしたら「次週らじらーあべなべリベンジワンチャンあるから」です。Snow Manが週替わりレギュラー出演しているラジオ「らじらー!サタデー」、いわふか・だてこじ回をそれぞれ終え、年齢の関係で出演できないラウール*1 以外だとあと4人! その考えられる組み合わせの中に、あべなべがある…。ので、このタイミングでこう無理やりにでも理由をつけて、あべなべの魅力を知ってもらえたらと…。阿部担でも渡辺担でもない人間が何をこんなに必死になっているのか、自分でもわかりません。何でこんなにあべなべ好きなんだろう。 正直めちゃくちゃ期待してる。あべなべ以外の組み合わせでも、どれでも「やったー!」ってなる。なるけど、もしあべなべだったら知った瞬間に五体投地はするかなと、そんな感じです。でもあべなべじゃなかったらなかったで 見えないところの努力を褒められるほど嬉しいことなくないですか?わたしが渡辺翔太だったら号泣してる…泣かない渡辺くんは偉い…

Snow Manの仲良しコンビを大調査!いわふか、めめこじ、あべさく、ゆり組etcいくつ知ってる? ... Snow Manのカップル名を教えて下さい\(^o^)/ - 例えば目黒蓮×向井... - Yahoo!知恵袋

いわふか エピソード

いわふか、めめこじ、あべさく、ゆり組、めめラウ、だてあべなど様々なコンビを10組厳選してご紹介します。 最近Snow Manが気になる!という初心者さんからSnow Manの仲良しコンビエピソードがいっぱいしりたい♡という方まで、ぜひご覧ください! 阿部くんが渡辺くんのことを褒めている発言はもっとたくさんあるんですけど、褒め方の表現が面白すぎるので後の項目の「渡辺担なの?な阿部くん」でまとめています。 渡辺くんも阿部くんも相手に対してフォロー上手!基本的にすごく優しい!それも無条件で甘やかしてるわけではなくて、そっと気遣ったり、お互いのちょっとした弱みや反省をポジティブに昇華したりとかなので、見ていてなごみます。 渡辺くんの優しさをJr.チャンネルで見たければまずはこれ!絶叫系が苦手な阿部くんへのフォローの一言がすごく好き〜 Snow Man【ナガシマスパーランド】目指せ!絶叫マシン完全制覇 - You Tube 聴きながら「!?」って顔になったの超覚えてる…100点!?っていう驚き…採点が甘いよ…。これをきっかけに「そもそもこの2人ってどんな関係性だっけ」って思っていろいろ調べたり、2人に注目したりするようになったなあ。いいあべなべでした、ありがとうございました…。 お互いに褒められると照れが入った感じになって、(なぜか敬語で)ちゃんとお礼を言う2人がかわいくて好き。載せきれなかったけど他にもあります! 下げたら上げる…フォローを忘れない渡辺さん…そしてしっかりお礼を言う阿部さん…わたしが大好きな優しさに溢れた世界がここにある…

いわふかエピまとめその2 - 雪道 【453件】SnowMan|おすすめの画像【2020】 | スノーマン, 岩本照, ラウール

いわふか エピソード

2018年3月〜8月までのまとめ (自分が読み返す用としてまとめてるのであしからず) (自分が好きなのを入れているだけなので、これも!があったら教えてください) (基本、誌面のみの抜粋です。MCは発言が正確ではないので) (でもMCの方が色々めっちゃある) ・振付の話 岩本「ふっかは高校時代から ... ものすごく仲良しというわけでもなく、ネタにできるほどの不仲でもなく。幼馴染でもなく、プライベートでずっと一緒なわけでもなく、同期でもなく同い年でもなく。でもずっと一緒に活動してきた2人の距離感は、考えてみたけど近いのか遠いのか全然わからなくて、近くもあり遠くもあり、という感じなのかなと思います。 え〜〜〜〜何それ詳しく😭😭😭 いろいろ調べたんだけど、この阿部くんの発言以外にあべなべご飯について言及している媒体がまったく見つからず……。その代わりに、渡辺くん大学卒業のタイミングでなべあべさくでご飯に行って、阿部くんが卒業祝いで渡辺くんとさっくんにご飯を奢ったという話を発掘しました。何それかわいい。歳下の阿部くんが1つ上のなべさくにお祝いでご飯奢る世界、ハッピーすぎる。2人の時は何の話したのかな。教えてほしい気もするし、教えてくれなくてもそれはそれで楽しいので、どっちでも嬉しい。 かみ合わない(笑) このかみ合わなさ、あべなべの真骨頂だと個人的に思ってる。すれ違った後に2人で「え?」「あれ?」ってなってるところがすごくかわいくて好き。感性や強みのベクトルが交わらない2人だからこそ、しっかり言葉に出さないと伝わりきらないというか。こういうすれ違いっぷりがわたしが「ちょっと残念なのもあべなべっぽい」って思う理由です! 渡辺くんはグミ、阿部くんはラムネ、それぞれ明確に「好きなお菓子と言えばこれ」と決まっている2人の、お菓子を通した緩やかな交流が平和で大好きです。カワイイ。 阿部さんの頭脳に全幅の信頼を置いていることを渡辺くんが知らず知らずのうちにファン側に教えてくれてるようなニュアンスがあって、すごく好きな発言。阿部くんへの印象を「ジャニーズ界の教授」「教師」って答えてたり、阿部くんは知識が豊富だからいないと仕事にならない!って言っていたりとか。 この動画でも似たようなニュアンスの発言があって、あべなべ好きは超沸きました。 Snow Man 【滝沢歌舞伎ZERO裏側】京都南座の舞台裏お見せします! - You Tube 渡辺くんについて語る阿部くん、普段おっとりしてるけど自担について話す時は主張が強いオタクみたいでいいな…と思います。 ……どういうこと!? かわいいのピラミッドって何!?「かわいいのピラミッド」についてこのブログを書くにあたって考えてみたんだけど、要するに世界一かわいいよ!ってことなんですかね。カワイイの最上級、トップ・オブ・カワイイ、それが渡辺くんの犬の鳴き声…褒めちぎるな…。「『かわいい』のピラミッドのてっぺんにいるかわいさ」っていう比喩表現、阿部くんの語彙が爆発しててめちゃくちゃ面白くて大好き。掛け軸にして床の間に飾りたいフレーズ。 「付き合うなら」「彼氏/彼女にするなら」「結婚するなら」っていう定番の質問によく阿部くんを挙げる渡辺くんが好きすぎて、知ってる限りでまとめてみました。 「わがまま聞いてくれそう」の破壊力が強すぎる。これも掛け軸候補で。初めてこれを読んだとき、衝撃が強くてしばらく引きずってた。渡辺くんから見た阿部くん、わがまま聞いてくれそうなんだね…もうちょっと詳しく聞かせて…。あべなべって優しくてふわっとした世界に見せかけて、深くて難しい…。 ちなみに「メンバーの中で付き合うなら」系統の質問に対する阿部さんの回答、探してみました…。調べた限りだと「メンバーの中にはいない」「舘さん」「佐久間」「照」でした!ドンマイTV! あべなべ好きの聖典(?)、週刊TVガイド2019年2.8号からです。読むたびに言いようのない気持ちを噛みしめてしまう…。 あべなべで好きなエピソード、No.1です。想像するだけでちょっと泣きそうになる。阿部くんが数年前から渡辺くんへ「イケメン」「二枚目」っていう印象を持ち続けてるの、まあもちろん渡辺くんの顔が良いのもあるんだろうけど、こういうエピソードが影響してたりするのかなって勝手に予想してる。小さい頃の1歳上ってすごく大きく感じるじゃないですか。歳上で流行りをちゃんと押さえてて、小さい頃の阿部くんから見たら自分が知らない世界を知っているカッコイイお兄さんで。今もその印象が残ってたりするのかな。 「それを本人が言ってくれるの!?」って、この発言読んだ時にびっくりしたし震えた。脳内BGMが完全に嵐の『season』だった。「もしも僕らが、Snow Manじゃなかったら。」*4じゃん。 本人がこういう発言をするほどタイプが違う2人が、お互いの良さを尊重して、それをしっかり言葉に出して褒めたりフォローしたりしあえているからこその関係性なのかな、と思います。外から見るとよくわからなくて、どう言葉にすればいいのかもわからないけど、たまにこっちに見せてくれる世界はすごく優しくて、遠いようで近くて、でも遠い、みたいな。あべなべのそういうところが、わたしはとっても好きです! 他にもJr.チャンネルのFace App回とか、あべくんが気象予報士に合格したことについて話している渡辺くんのテキストとか、渡辺くんのことテンションの高低差がわかりやすいなあと思ってる阿部くんとか、いろいろあるんですけど、長くなってきたのでここで終わりです!最新のすのちゅーぶ(Snow Man【テレビ誌初連載】取材ウラに密着!!

いわふかシンメ厨が松松シンメにはまったはなし - 曇りのちくもり 備忘録

いわふか エピソード

)いわふかシンメが増えてきたあたりから追いかけてて。 他の4人に比べてあまりくせのないダンスとか、きれいに揃った動き、なぜかシンクロする目を伏せるタイミング、本人たちのはなしとか。 相変わらずネタバレ、個人的感想だらけなのでその点はご了承下さい。 二回目の夜公演を観たことにより、前半と後半で対照的なセリフや構図が多いことに気付いた。また色んなアイテムが象徴する意味についても考えてみたり。 ・りんちゃんとたーちゃんが生まれ育った家庭環境が対照的。不倫の末に出来た子供で離婚により金銭的に苦しい母親と2人暮らしのりんちゃん。エリート官僚の父を持ち沢山の習い事をさせられていたたーちゃん。ダンスを通じて対照的な2人は心を通わせる。 ・高3の時に将来について5人で話し合う時に、夜9時待ち合わせで一番最初にりんちゃんが公園に到着、一番最後に現れたたーちゃん。RINDAを続ける条件として父親に大学合格を課せられたたーちゃんが「絶対に俺はRINDAは解散させない」と誓う。 ・皮肉にもたーちゃんがプロ契約を結ぶというラインを送ったのがきっかけで、りんちゃんがRINDA解散を発してしまう。最後に5人で踊るために夜9時に待ち合わせをした時はりんちゃんが一番最後に現れた。 ・5人全員でスーツを着ていき、事務所とプロ契約をしに行こうとする=夢みる子供から大人へのステップアップ。バイトで貯めた母さんへのプレゼント代をスーツ代にあてたりんちゃん。夢を叶えて大人への一歩を踏み出すためにスーツを着たが、ワールドトリガー(大人)には選ばれず、仲間ともすれ違い激怒したりんちゃんはスーツのジャケットをゴミ箱に投げ捨ててしまう=ダンサーの夢を捨てる。 ・中学時代、シミーがRINDAに入りたい一心で「お願いします!入れて下さい!」とりんちゃんとたーちゃんに頼み込む。 ・ワールドトリガーとプロ契約を結ぶのを引き止めるりんちゃんに向かって「お願いします!辞めさせて下さい!」と土下座するシミー ・たーちゃんがRINDAとしてプロ契約することになり大学を辞める時には、俺がたーちゃんの両親に土下座して頼み込むよと冗談を言うりんちゃん ・たーちゃんが事故死したことを自分のせいだと思い、霊安室でたーちゃんの両親に土下座して謝るりんちゃん ・小学生時代、りんちゃんがダンススクールで他の生徒から嫉妬によりいじめられて、お母さんに買って貰ったナイキの白いダンスシューズを川に投げ捨てられた事件。たーちゃんはりんちゃんがこの事をきっかけにダンスを嫌いになって欲しくないと願い、りんちゃん以上に必死に靴を探した。そしてたーちゃんは無事に川に捨てられた靴を見つける。 ・最初にたーちゃんが事故で死ぬ瞬間、りんちゃんはある夢を見た。あの日、川の木に引っかかっているナイキの靴を取りに行くたーちゃんの背中をりんちゃんが押した。すると、たーちゃんは川で溺れながら笑顔でバイバイと言ってくる。これはりんちゃんがダンスを続けるきっかけとなった"ナイキの白い靴"=最後に5人で踊ろうと提案したたーちゃんの気持ちをりんちゃんが拒絶。すると、溺れるたーちゃんがバイバイと永遠の別れを言ってくる。(=死) 結末を分かってからもう一度見ると切ない部分が多く、この後の展開をつい思ってしまい少し泣きそうになってしまった。 また、りんちゃんとたーちゃんがメインの物語ではあるが、他3人もRINDAには欠かせないメンバーである。3人について少し考えてみた。 ・シミー(清水) 瀬口黎弥 ダンスを習っていたが中学にダンス部が無いためサッカー部に所属。RINDA2人の大会でのダンスを見て、RINDA加入を嘆願。ダイナミックな動きのダンスが特徴で、性格も明るいムードメーカー。実際は他のメンバーより自分はダンスのテクニックがないことをコンプレックスに感じ、劣等感を持っていた。たーちゃんと共に、ワールドトリガーにプロ契約を持ちかけられたことで、劣等感に苛まれていた自分にとっては最良のチャンスだと考える。 きっと一番最初にシミーがプロ契約を結びたいからRINDAをやめたいと正直に言い出さなかったら、おがぴーもごっちんもRINDAをやめるという気持ちを言えなかっただろう。シミーだって本当は5人でプロになりたかったはず。ワールドトリガーに呼び出された時に気合入れて5人でスーツ着ていこうと提案したのはシミーだった。最後、公園に辿り着いたりんちゃんにお前は自信持ってワールドトリガーで成功しろと言われたことにより、シミーの劣等感への呪縛は解かれてホッとした。 ・オガピー(小川) 堀夏喜 シミーと同じ流れでRINDAへ加入。しなやかなダンスが特徴。実家が洋品店を営んでおり、RINDA特製デザインのTシャツやタオルを作成。ダンスの練習場所がない時にちょうど良い公園を提案。父親が脳梗塞となり、ダンスか家業を継ぐか悩んでいたが、ワールドトリガーに契約を持ちかけられなかったため家業を継ぐことを決意。 オガピーは主張し過ぎず、シミーとはまた対照的なキャラクターだったがRINDAを大事にしている気持ちは強かった。中学時代、実家で作ったRINDAのTシャツや、ワールドトリガーのオーディション大会で実家の店の従業員が作ってくれたRINDAのタオルは、その度にRINDA5人の結束と絆を強くした。でも、夢は大事だけど家族や実家の店もそれと同じくらい大事だ。その上で、ワールドトリガーに選ばれず完全に心が折れたオガピーはりんちゃんの様にRINDAを続けることは出来なかった。最後にりんちゃんの自宅に中学時代と同じデザインで、大人になったサイズのRINDAのTシャツを送ってくれたオガピーの気持ちはRINDAへの愛の現れだった。 ・ゴッチん(後藤) 木村慧人 1人だけ中学で違うクラスだったが、RINDA2人のダンスを大会で見てRINDA加入を希望。ブレイクダンスを得意とし、4人とはまた違ったダンススタイル。ワールドトリガーに選ばれなかった為、自分のしたいダンスを突き詰めるとRINDA脱退を決意。常に冷静だが、「少なく見積もっても〜」が口癖で結構な自信家。でも誰よりも現実を見ており、はっきり物事を言う。プロ契約の場でも5人中2人とは誰のことか怖くて聞けないりんちゃんに対してゴッチんはすぐに聞いたり、ワールドトリガーに選ばれず焦るりんちゃんに向かって「負けを認めろ」と現実を突きつける。プロ契約を結ぶか悩むたーちゃんにも、「りんちゃんの為を思ってRINDAを続けるならその優しさは罪だからな」と言い、この言葉の影響もあり、たーちゃんはプロ契約することを決意。 ゴッチんが私の中で一番掴めないキャラクターだと思っていた。RINDAに加入する時も自分が入ったほうがダンスの総合戦力が上がると発言したり、RINDAを抜ける時も自分のやりたいダンスでプロ目指すと決めたり、自分が得意とするブレイクダンスへの自信とこだわりは強い。でも、中学時代にりんちゃんとたーちゃん2人のダンスを見て、仲間と一緒に踊りたいと強く惹かれたゴッチんはRINDAの皆に自分から声をかけた。ゴッチんはきっと5人でプロになれるならRINDAでいようと思っていただろう。でも選ばれなかった現実を受け止め、今のままRINDAを続けるより2人のプロ契約の背中を押して、自分のしたい方を素直に選び、RINDAはこれで終わりにしようと言った。ゴッチんの現実を見据えた厳しい言葉はりんちゃんを追い詰めたが、こうやってはっきり言う人がいなかったらRINDAはこうして終われなかったとも思う。 ここからは個人の演技感想です。あくまで個人的意見 黎弥くんのシミー、福岡出身を活かし博多弁を盛り込んでいたのがとても印象的だった。シミー以外にも、ワールドトリガーの部長、オネエ口調なダンスの先生、お母さんやおばあちゃん、駄々をこねる子供と5役くらいコミカルにこなしていたが、演技力この中で一番あるんじゃないかって正直驚いた。黎弥くんのコミカルな演技でこの物語に笑う部分が加わり、ユーモアな場面が出来てバランスが良かった。あと、台詞を言う時に台本にのめり込まずに自然に前を見ながら話すのも凄いなと思った。同時に表情でも演技していたし話す時の間の取り方ももちょうど良い。これからもっと演技の仕事して欲しい………