• 記事: 27650
  • 質問に対する回答: 27030
  • コメント: 17329
  • 準備ができて答え: 18460

ジェイド

ジェイド|Honda公式サイト 【銅】ジェイド (ミル・ジェディナク) 活躍度/使用 - WEBサカWIKI@Rohm

ジェイド

こちらはHonda ジェイドの公式情報ページです。ジェイドのさまざまな魅力をチェックいただけます。セルフ見積り、販売会社検索、試乗車検索、商談申し込みなど購入検討に便利なツールもご用意しております。 そもそもは都市型3列シートの低車高パッケージミニバンとして市場に参入したという本田技研工業「ジェイド」。全高は1540mmで立体駐車場もOK。3列目のシートもあるから、イザという時の乗員増加にも対応できる。こう聞けば、なかなか考えられている1台のようにも感じられるのだが、実は中途半端だったという反省がホンダにはあったようだ。 ホンダが示した市場概況によれば、リアにスライドドアではなくヒンジドアを備えるミニバンは、減少していく一方なのだとか。販売台数は2015年には年間5万台オーバーだったものが、2017年には3万台を割り込むまでに少なくなっている。ジェイドも2015年は約1万台の販売を記録したものの、2017年にはほとんど売れないという状況にまで陥ったのだ。SUVの売れ行きが伸びたなど、ほかのタイプにユーザーが流出したということも考えられるだろうが、いずれにせよジェイドには厳しい状況だったことが伺える。 ユーザーからの評価もなかなか厳しかった。内容の割には高価過ぎる。3列目シートが狭い。2列目がキャプテンシートで2名しか座れず、実質4人乗りになってしまうといった意見が出ていたらしい。その反省を踏まえ、今回のマイナーチェンジではミニバンとして売るのではなく、「NEW STYLE WAGON」をコンセプトにしたという。舵を一気に切り直したその仕上がりに注目してみたい。今回試乗したのは5月18日にマイナーチェンジした「ジェイド」で、直列4気筒DOHC 1.5リッター直噴ターボエンジンにCVT(7速モード付+パドルシフト)を組み合わせる「RS・Honda SENSING」(右)と、直列4気筒DOHC 1.5リッター直噴エンジン+スポーツハイブリッド i-DCDに7速DCTを組み合わせる「HYBRID RS・Honda SENSING」(左)。RSの乗車定員は5名(前席2名、後席3名)だが、引き続き6名乗車仕様(前席2名、2列目2名、3列目2名)もラインアップされるスポーツグレードのRSではフロントグリル、内側にブラック塗装を施したLEDヘッドライトなど専用デザインを採用。フロントバンパーの下側も左右に連続するスタイルとし、ワイド&ロースタンスを強調するデザインを採用。アルミホイールは18インチ(タイヤはダンロップ「SP SPORT MAXX 050」で、サイズは225/45 R18)を装備してスポーティさを強調。ホイールは路面の凹凸を通過したときにタイヤから発生する「気柱共鳴音」をレゾネーターの共鳴で打ち消す「ノイズリデューシングホイール」となっている ミニバンと謳わなくなった新生ジェイドは、まずガソリン車とハイブリッド車に2列シートの5人乗り仕様を追加した(従来通りの6人乗りもラインアップされている)。キャプテンシートではなく、一般的なベンチシートにしたおかげもあってか、そこに乗り込めばユッタリとしている。ホールド感はもちろんキャプテンシートの方があるわけだが、大型のアームレストを出して座れば、コーナリング時もなかなかの安定感があり、ベンチシートでも十分ではないかと思えてくる。さらにアームレストの下にある座面を反転させれば、ドリンクホルダーや小物入れ、そして小さなテーブルが出てくるなど、ユーティリティもバッチリ。後席用のエアコン吹き出し口も備えられているし、これはなかなか優雅だ。 そして乗り心地も良好だ。今回試乗した「ハイブリッド RS・Honda SENSING」は、17インチから18インチに拡大されるなど、スポーツ方向へ振られた1台のようだが、リアの動きはかなり滑らか。突き上げを感じることなく、それでいて収束は素早く、無駄に動かされる感覚が一切ないのだ。ワゴンとしての再出発ということもあって、この辺りの乗り心地は相当に煮詰めたのだろう。静粛性もあり、会話するのに声を張らずに済むところもいい。ホイール内にレゾネーターを備えたノイズリデューシングホイールを採用したことで、段差の乗り越え時にタイヤが発生する気柱共鳴音を打ち消してくれることも効いているのではないだろうか。いずれにせよ、グランドツアラーとしての要素もシッカリと盛り込まれている1台だということはリアシートにいるだけで体感できるものなのだ。 もちろん、ドライバーズシートに収まってみても納得の走りは体感できる。ガソリン車、ハイブリッド車ともに目指したことはスポーティで爽快な走りだったそうだが、たしかにスロットルレスポンスもブレーキの応答もリニアリティが増していたことを感じた。ガソリン車はRS専用のCVT制御を、ハイブリッド車はギヤレシオの変更やi-DCD制御のリファインを行なったらしい。日常域から全開加速まで思い通りに、そして爽快な吹け上がりを得られるその実力は、RSのエンブレムを掲げるに相応しい仕上がりではないかと思えてくる。 さらにはフットワークも軽快だ。後席に座っている限り、ここまで乗り心地を出していたら旋回性などはどうなんだろう? こんな疑問があったのだが、ボディ全体がしなやかに動き、クルマがジワリと旋回していく感覚が心地よく、何ら無理せずにコーナーを駆け抜けてくれるから満足。持ち前の全高の低さは、やっぱり背が高いミニバンとはひと味違うコーナリングを得られる。その素性のよさを活かしつつ、前後バランスに優れた足まわりを備えたのだから走りがよくて当然か!?

ジェイド|JADE Co.,Ltd. 【試乗インプレ】ワゴンとして生まれ変わったマイチェン版ホンダ「ジェイド」。その進化はいかに? / 5名乗車仕様「RS」の実力を試す - Car Watch

ジェイド

ジェイドは、独自性の高いavレーベルを多数輩出したことで、 同業界におけるポジションを確立した会社です。 レーベル【jade】は業界内でも知られた存在です。

ジェイド(ホンダ)の中古車 中古車なら【カーセンサーnet】 ジェイドのカスタム!エアロやマフラー・ホイール・パーツを紹介 | FOUREL 【フォーエル】

ジェイド

ジェイド(ホンダ)の中古車を271台掲載中。ジェイドの中古車検索や中古車販売などの中古車情報なら「カーセンサーnet」!リクルートが運営する中古車情報のサイトです。ジェイドの中古車が様々な条件で検索可能。あなたの車選びをサポートします。

価格.com - ホンダ ジェイド|価格・新型情報・グレード諸元 米軍の大規模演習「ジェイド・ヘルム15」、噴き上がる陰謀論 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

ジェイド

ホンダ ジェイドの新車・中古車情報をまとめてチェック。ジェイド新型モデルの最新ニュースや自動車ライターによる試乗記事を多数掲載。価格・性能・装備がわかるジェイドの諸元表で気になるグレードを詳しく比較。

ホンダ・ジェイド (自動車) - Wikipedia ホンダ ジェイドの後部座席(リアシート)の使い勝手はいかに

ジェイド

ジェイド (jade) は、本田技研工業のミニバン(またはステーションワゴンに分類)である。 2013年から中華人民共和国で東風本田汽車によって製造・販売が行われており(中国名:「杰德」)、2015年2月より日本での生産(日本国内向けと香港向けは埼玉製作所狭山完成車工場〈通称:狭山工場 ...

ジェイド(ホンダ)の口コミ・評価 みんカラ 中国でメガヒット『ジェイド・ダイナスティ 破壊王、降臨。』バトルシーン満載の予告 /2020年6月3日 1ページ目 - 映画 - ニュース - クランクイン!

ジェイド

ホンダ ジェイドに実際に乗っているオーナーのレビューや口コミが満載。実燃費やエクステリア・インテリアに関する情報や、メンテナンス・カスタム方法が充実。ホンダ ジェイドの様々な情報がここに!日本最大級のクルマ情報サイト「みんカラ」