• 記事: 18990
  • 質問に対する回答: 18277
  • コメント: 16825
  • 準備ができて答え: 22191

チューブラー・ベル

チューブラーベル - Wikipedia 演出 – 効の音

チューブラー・ベル

チューブラーベル(Tubular Bells、英語ではテュービュラーベルズと複数形が必須)は、打楽器、体鳴楽器に分類される金属製打楽器 目次 1 形状・呼称など 吹奏楽、吹奏楽曲、合成樹脂、展覧会の絵、幻想曲、交響的変容、交響曲第11番 (ショスタコーヴィチ)、交響曲第3番 (マーラー)、広瀬大介、伊藤康英、微笑みの国、ナイジェル・ヘス、マルコム・アーノルド、マイク・オールドフィールド、マイケル・ドアティ、チューブラー・ベルズ、ハーバート・オーエン・リード、ハーリ・ヤーノシュ、バリ島、ポピュラー音楽、メキシコの祭り、モーリス・ラヴェル、モデスト・ムソルグスキー、ヤマハ、リンカンシャーの花束、ルロイ・アンダーソン、ローマの噴水、ローマの祭り、ロック (音楽)、ヴァーツラフ・ネリベル、パール楽器製造、パーシー・グレインジャー、ピョートル・チャイコフスキー、ピアノ、フランツ・レハール、ドミートリイ・ショスタコーヴィチ、ニコライ・リムスキー=コルサコフ、アルフレード・カゼッラ、アレクサンドル・ネフスキー (プロコフィエフ)、アール・エフ・ラジオ日本、イーハトーヴ交響曲、ウェストミンスターの鐘、エド・ハックビー、オーケストラ、オットリーノ・レスピーギ、オクターヴ、カルミナ・ブラーナ、カール・オルフ、キリスト教、クラシック音楽、クロード・トーマス・スミス、グスタフ・マーラー、コルシカ島の祈り、コダーイ・ゾルターン、ジョン・フィリップ・スーザ、ジェイムズ・バーンズ (作曲家)、ジェイムズ・ディロン、ジェイムズ・スウェアリンジェン、セルゲイ・プロコフィエフ、冨田勲、八村義夫、倍音、石井歓、禿山の一夜、管弦楽曲、炎と森のカーニバル (曲)、鍵盤 (楽器)、鐘、複数、近衛秀健、舞台、鈴木邦彦、鈴木英史、金田真一、英語、NHKのど自慢、SEKAI NO OWARI、STVラジオ、松村禎三、楽器、楽器分類学、槌、水野修孝、日経ラジオ社、日本、教会、打楽器、時報、1812年 (序曲)、1867年、2006年。 インデックスを展開 (41 もっと) » « コンパクトインデックス 吹奏楽(すいそうがく)は、もっとも広義には、管楽器を主体として演奏される音楽の総称。一般には、ヨーロッパの軍楽隊およびアメリカのスクールバンドの編成、すなわち西洋の木管楽器・金管楽器を主体とし、打楽器やその他を加えた十数人から100人程度の編成で演奏される音楽を指す。軍隊や国民の士気を鼓舞するためのものなどの実用音楽として発達したが、今では、音楽ホールにおける演奏会や、マーチングバンドなどの活動が中心となっている。.チューブラーベルと吹奏楽曲 · 続きを見る »合成樹脂(ごうせいじゅし、synthetic resin)とは、人為的に製造された、高分子化合物からなる物質を指す。合成でない天然樹脂には植物から採ったロジンや天然ゴム等があり、鉱物質ではアスファルトが代表例である。合成樹脂から紡糸された繊維は合成繊維と呼ばれ、合成樹脂は可塑性を持つものが多い。 「プラスチック」 (plastic) という表現は、元来「可塑性物質」 (plasticisers) という意味を持ち、主に金属結晶において開花したものを基盤としており、「合成樹脂」同様日本語ではいささか曖昧となっている。合成樹脂と同義である場合や、合成樹脂がプラスチックとエラストマーという2つに分類される場合、また、原料である合成樹脂が成形され硬化した完成品を「プラスチック」と呼ぶ場合あるいは印象的なイメージなど、多様な意味に用いられている。よって、英語の学術文献を書く場合、「plastic」は全く通用しない用語であることを認識すべきで、「resin」(樹脂、合成樹脂)などと明確に表現するのが一般的である。.チューブラーベルと展覧会の絵 · 続きを見る »幻想曲(げんそうきょく)は、ファンタジア(fantasia, Fantasie, Phantasie, fantaisie, fantasye, phantaisie, fancie, fancy, fansye, fantasy, fantazia, fantazie, fantazy, phansie, phantasy, phantazia)の訳語。作曲者の自由な想像力に基づいて創作される器楽作品の名称として用いられる。即興的なものから、厳格な対位法によるものまでその内容は多岐にわたっている。.チューブラーベルと交響曲第11番 (ショスタコーヴィチ) · 続きを見る »交響曲第3番ニ短調(こうきょうきょくだい3ばんニたんちょう)は、グスタフ・マーラーが1895年から1896年にかけて作曲した交響曲。全6楽章からなり、第4楽章にアルト独唱、第5楽章にアルト独唱と児童合唱、女声合唱を導入している。演奏時間は約100分。マーラーの交響曲としても、また通常の演奏会で採り上げられる交響曲としても、最長の曲として、かつては「世界最長の交響曲」としてギネスブックに掲載されていた。 作曲時にマーラーは全曲及び各楽章ごとにも標題を付していたが、出版時にこれらをすべて削除している。交響曲全体の標題は、初期には「幸福な生活-夏の夜の夢」、その後「楽しい学問-夏の朝の夢」、「夏の真昼の夢」などと変遷している。各楽章に付けられていた標題(後述)も含めて、これらは作曲と平行して考えられていたものであり、音楽の内容と深く結びついている。したがって、演奏や録音の際の解説では作品理解の助けとして各楽章の標題が紹介されることが多く、交響曲の副題として「夏の交響曲」あるいは「夏の朝の夢」などとするものも一部にある。 もともと7楽章構成で構想されたが、最後の楽章は分離されて交響曲第4番の第4楽章となった。このため、第3交響曲の第5楽章と第4交響曲の第4楽章には同じ旋律素材が見られるなど、ふたつの作品には音楽的に関連がある。また、交響曲第2番も含めて、声楽の歌詞に歌曲『少年の魔法の角笛』を用いていることから、これらを「角笛三部作」と括ることがある。.チューブラーベルと広瀬大介 · 続きを見る »伊藤 康英(いとう やすひで、1960年12月7日 - )は日本の作曲家、編曲家。吹奏楽、室内楽、管弦楽、合唱の分野で活動している。 静岡県浜松市出身。小学生のときからピアノを習い始める。静岡県立浜松北高等学校では打楽器と指揮を担当する。1979年東京芸術大学音楽学部作曲科に入学。作曲を野田暉行、ピアノを岩崎操に師事。大学1年のときに作曲した吹奏楽のための《プログレス》が笹川賞吹奏楽部門第3位を受賞。1983年、学内で安宅賞を受賞、同年東京芸術大学大学院作曲専攻入学。1986年大学院修了。1994年、洗足学園大学非常勤講師に就任。 現在、株式会社イトーミュージック代表取締役、洗足学園音楽大学教授、東京芸術大学、東京ミュージック&メディアアーツ尚美、各非常勤講師。.チューブラーベルとハーリ・ヤーノシュ · 続きを見る »バリ島のランドサット 主要地域の位置関係 バリ島(Pulau Bali)は、東南アジアのインドネシア共和国バリ州に属する島である。首都ジャカルタがあるジャワ島のすぐ東側に位置し、周辺の諸島と共に第一級地方自治体(Provinsi)であるバリ州を構成する。2014年の島内人口は約422万人である。バリ・ヒンドゥーが根ざした地域として知られるが、1990年代以降、イスラム教徒の移民流入が目立つようになっている。.チューブラーベルとモーリス・ラヴェル · 続きを見る »モデスト・ペトローヴィチ・ムソルグスキー( Моде́ст Петро́вич Му́соргский マデースト・ペトローヴィチ・ムーサルクスキイ,ラテン文字転写:Modest Petrovich Mussorgsky, 1839年3月21日 - 1881年3月28日)は、ロシアの作曲家で、「ロシア五人組」の一人。「五人組」の中では、そのプロパガンダと民謡の伝統に忠実な姿勢をとり、ロシアの史実や現実生活を題材とした歌劇や諷刺歌曲を書いた。国民楽派の作曲家に分類され、歌劇『ボリス・ゴドゥノフ』や管弦楽曲『禿山の一夜』、ピアノ組曲『展覧会の絵』などが代表作とされる。.チューブラーベルとモデスト・ムソルグスキー · 続きを見る »本社(2006年11月25日撮影) 別角度から ヤマハ株式会社()は、楽器・半導体・音響機器(オーディオ・ビジュアル)・スポーツ用品・自動車部品製造発売を手がける日本のメーカーであり、日経平均株価の構成銘柄の一つ。 1969年にピアノ生産台数で世界一となり、販売額ベースで現在でも世界首位のほか、ハーモニカやリコーダー、ピアニカといった学校教材用楽器からエレクトリックギターやドラム、ヴァイオリン、チェロ、トランペット、サクソフォーンなど100種類以上もの多岐に渡る楽器を生産するなど、世界最大の総合楽器メーカーであると同時に業界の盟主でもある。大手二輪メーカーであるヤマハ発動機は二輪製造部門が独立して設立されたものである。.チューブラーベルとリンカンシャーの花束 · 続きを見る »ルロイ(リロイ)・アンダーソン(Leroy Anderson、1908年6月29日 - 1975年5月18日)は、アメリカの作曲家。軽快で諧謔性に富んだ曲調の管弦楽曲で知られる。ほとんどの作品はアーサー・フィードラーの指揮するボストン・ポップス・オーケストラによって紹介された。作曲家ジョン・ウィリアムズは「アメリカ軽音楽の巨匠」と評している。.チューブラーベルとピョートル・チャイコフスキー · 続きを見る »ピアノは、弦をハンマーで叩くことで発音する鍵盤楽器の一種である。鍵を押すと、鍵に連動したハンマーが対応する弦を叩き、音が出る。また、内部機構の面からは打楽器と弦楽器の特徴も併せ持った打弦楽器に分類される。 一般に据え付けて用いる大型の楽器で、現代の標準的なピアノは88鍵を備え、音域が非常に広く、オーケストラの全音域よりも広いフランツ・リストの『ハンガリー狂詩曲』やビゼーの『子供の遊び』、モーリス・ラヴェルのほとんどの作品にみられるように、多くのオーケストラの作品はピアノ曲の編曲である。Samuel Adler, The Study of Orchestration (Third Edition, NORTON, 2002) p.666-667.チューブラーベルとフランツ・レハール · 続きを見る »ドミートリイ・ドミートリエヴィチ・ショスタコーヴィチ(ロシア語: ドミートリイ・ドミートリイェヴィチ・シャスタコーヴィチ; ラテン文字転写の例: Dmitrii Dmitrievich Shostakovich, 1906年9月25日(ロシア暦9月12日) - 1975年8月9日)は、ソビエト連邦時代の作曲家。交響曲や弦楽四重奏曲が有名である。 シベリウス、プロコフィエフと共に、マーラー以降の最大の交響曲作曲家としての評価がほぼ確立され、世界的にも特に交響曲の大家と認知されている。また、弦楽四重奏曲においても秀逸な曲を残し、芸術音楽における20世紀最大の作曲家の一人である。ショスタコーヴィチの音楽には暗く重い雰囲気のものが多いが、その一方でポピュラー音楽も愛し、ジャズ風の軽妙な作品も少なからず残している。 当初、体制に迎合したソ連のプロパガンダ作曲家というイメージで語られていたが、『ショスタコーヴィチの証言』音楽学者の千葉潤は、発表以来続いた『ショスタコーヴィチの証言』の真贋論争は現在では偽書でほぼ決着しているとの見解を示している。(千葉潤 『ショスタコーヴィチ』 音楽之友社、2005年。181 - 182頁。ISBN 4-276-22193-5。)が出版されて以後、ショスタコーヴィチは皮肉や反体制といったイメージによって塗り替えられ、「自らが求める音楽と体制が求める音楽との乖離に葛藤した、悲劇の作曲家」として西側諸国における演奏の機会も急激に増加した。.チューブラーベルとアルフレード・カゼッラ · 続きを見る »ンタータ『アレクサンドル・ネフスキー』(ロシア語:)作品78は、セルゲイ・プロコフィエフが作曲した管弦楽とメゾソプラノ独唱、混声合唱のための作品である。セルゲイ・エイゼンシュテイン監督によるソ連映画『アレクサンドル・ネフスキー』(1938年公開)のための音楽から演奏会用のカンタータとして改作された。 映画はロシアの英雄で聖人ともされるアレクサンドル・ネフスキーとドイツ騎士団との戦いを描いている。.チューブラーベルとオーケストラ · 続きを見る »ットリーノ・レスピーギ(Ottorino Respighi, 1879年7月9日 – 1936年4月18日)はイタリアの作曲家・音楽学者・指揮者。ボローニャ出身だが、1913年からはローマに出て教育者としても活動した。1908年までは演奏家、とりわけヴァイオリン奏者やヴィオラ奏者として活動したが、その後は作曲に転向した。近代イタリア音楽における器楽曲の指導的な開拓者の一人としてつとに名高く、「ローマ三部作」と呼ばれる一連の交響詩(すなわち《ローマの噴水(Fontane di Roma)》、《ローマの松(Pini di Roma)》、《ローマの祭り(Feste Romane)》)がとりわけ有名である。16世紀から18世紀の音楽に対する関心から、古楽に基づく作品も遺した。.チューブラーベルとカルミナ・ブラーナ · 続きを見る »ール・オルフ(Carl Orff、1895年7月10日 - 1982年3月29日)は、ドイツの作曲家。ミュンヘンに生まれ、同地で没した。 カール・オルフは作曲家としてジャンルを特定させない特異性を持っていた。彼の作風は独自のジャンルを作り出しているからである。オルフ自身は、自分の音楽劇を、しばしば『世界劇』(„Welttheater“又は „Theatrum Mundi“) と呼んでいた。.チューブラーベルとカール・オルフ · 続きを見る »リスト教で最も頻繁に用いられるラテン十字 アギア・ソフィア大聖堂にある『全能者ハリストス』と呼ばれるタイプのモザイクイコン。 キリスト教(キリストきょう、基督教、Χριστιανισμός、Religio Christiana、Christianity)は、ナザレのイエスをキリスト(救い主)として信じる宗教「キリスト教」『宗教学辞典』東京大学出版会、1973年、146頁。「キリスト教」『大辞泉』増補・新装版、小学館、1998年11月20日、第一版、714頁。 小学館、コトバンク。。イエス・キリストが、神の国の福音を説き、罪ある人間を救済するために自ら十字架にかけられ、復活したものと信じる。その多く(正教会正教会からの出典:・東方諸教会東方諸教会からの出典:・カトリック教会カトリック教会からの出典:・聖公会聖公会からの出典:・プロテスタントルーテル教会からの出典:改革派教会からの出典:バプテストからの出典:メソジストからの参照:フスト・ゴンサレス 著、鈴木浩 訳『キリスト教神学基本用語集』p103 - p105, 教文館 (2010/11)、ISBN 9784764240353など)は「父なる神」「御父」(おんちち、『ヨハネによる福音書』3:35〈『新共同訳聖書』〉)。と「その子キリスト」「御子」(みこ、『ヨハネによる福音書』3:35〈『新共同訳聖書』〉)・「子なる神」。と「聖霊」を唯一の神(三位一体・至聖三者)として信仰する。 世界における信者数は20億人を超えており、すべての宗教の中で最も多い。.チューブラーベルとコダーイ・ゾルターン · 続きを見る »ョン・フィリップ・スーザ( 、1854年11月6日 - 1932年3月6日)は、アメリカの作曲家、指揮者。 『ワシントン・ポスト』、『星条旗よ永遠なれ』など100曲を超えるマーチを作曲し、「マーチ王」と呼ばれる。ほかオペレッタや組曲などを作曲した。 マーチングバンドなどでよく用いられるマーチング用チューバのスーザフォーンを考案するなど、19世紀のバンド音楽発展に貢献した。.チューブラーベルとジェイムズ・スウェアリンジェン · 続きを見る »連の15コペイカ切手(1991年発行)に描かれたプロコフィエフの肖像 セルゲイ・セルゲーエヴィチ・プロコフィエフ(Сергей Сергеевич Прокофьев シェルギェーイ・シェルギェーイェヴィチュ・プラコーフィイェフ;ラテン文字転写の例:Sergei Sergeevich Prokofiev、1891年4月23日 - 1953年3月5日)は、ロシアの作曲家、ピアニスト、指揮者。.チューブラーベルと八村義夫 · 続きを見る »倍音 正弦波 倍音(ばいおん、、、、、)とは、楽音の音高とされる周波数に対し、2以上の整数倍の周波数を持つ音の成分。1倍の音、すなわち楽音の音高とされる成分を基音と呼ぶ。 弦楽器や管楽器などの音を正弦波(サインウェーブ)成分の集合に分解すると、元の音と同じ高さの波の他に、その倍音が多数(理論的には無限個)現れる。 ただし、現実の音源の倍音は必ずしも厳密な整数倍ではなく、倍音ごとに高めであったり低めであったりするのが普通で、揺らいでいることも多い。逆に、簡易な電子楽器の音のように完全に整数倍の成分だけの音は人工的な響きに感じられる。.チューブラーベルと倍音 · 続きを見る »石井 歓(いしい かん、1921年3月30日 - 2009年11月24日)は日本の作曲家。東京市下谷区(現・東京都台東区)出身。 同じく作曲家である石井眞木と石井五郎は弟と叔父に当たる。父は舞踊家の石井漠。 成城学園小学部から成城高等学校 (旧制)尋常科に進むが、成城事件で父の友人の小原國芳が排斥されたため、玉川学園中等部に転じる。同校在学中、ピアノをエンリコ・ロッシに師事、また作曲を呉泰次郎について約3年間学んだ。武蔵野音楽大学本科ピアノ科を卒業後、池内友次郎に師事。太平洋戦争中は海軍予備学生として海軍入隊後、約2年間勤務。1947年から尾高尚忠に指揮法を師事。1952年、西ドイツに留学し、ミュンヘン国立音楽大学作曲科・指揮科を修了。その際、カール・オルフに師事して強い影響を受ける。 1954年に帰国後、創設されたばかりの桐朋学園大学で作曲科主任教授他を務め、その後、愛知県立芸術大学音楽学部教授・学部長など各地の学校で要職を務め、指揮者としても活躍した。 合唱界にも長く関わり、全日本合唱連盟東京支部理事長、および同連盟理事長(第5代)を歴任。同連盟主催のおかあさんコーラスの産みの親でもある。 1981年、中日文化賞受賞。1984年、紫綬褒章受章。 2009年11月24日、肺炎のため死去。88歳没。.チューブラーベルと鐘 · 続きを見る »複数(ふくすう)とは、1より多くの数に対する数および個数の名称である。これに対し、1の場合は単数ということもある。 言語学では、複数とは「2個以上」の数量を表現する、量(文法的な数)の概念として使用される。典型的には名詞に適用されるものであり、複数形となった単語、もしくは形態素によって、名詞の標準状態での数量(通常1個)とは異なる数量であることが示される。複数という概念は多くの言語で普遍的に見られ、その表現は言語によって様々である。具体的には、独立した語、接辞、アクセントや暗黙的な標識/文脈といった形態論的表現、が挙げられる。日本語などのように、通常は複数でも変化しない言語も存在する。 英語では、単数/複数はありふれた文法的な数の概念に過ぎず、一部例外として双数が存在する。(例: "both"、"twice"、"either" など。).チューブラーベルと近衛秀健 · 続きを見る »舞台(ぶたい、stage)とは、演劇やダンス、伝統芸能や演芸など、舞台芸術の表現者が作品を演じるための、一定の空間。転じて、舞台芸術に属する作品のジャンルを指し「舞台」と呼ぶこともある。また、演壇などの、舞台に類似する機能をもった一定の空間や機構を指し、舞台と呼ぶことがある。 ここから派生して、特定の人物や集団が盛んに活動を展開する場を指し、抽象的な意味において、舞台と呼ぶこともある。 機構としての舞台や、舞台の様々な様式については、劇場を参照。.チューブラーベルと英語 · 続きを見る »『NHKのど自慢』(エヌエイチケイのどじまん)は、日本放送協会(NHK総合・NHKラジオ第1)の公開視聴者参加の生放送生オケ番組、音楽番組である。1946年の放送開始以来、長きに渡って放送されている長寿番組である。 姉妹番組として、1999年4月から2004年3月までNHK衛星第2テレビで放送された『BSジュニアのど自慢』、および『アニソンのど自慢』についても本項で後述する。.チューブラーベルとNHKのど自慢 · 続きを見る »SEKAI NO OWARI(せかいのおわり)は、日本の男女4人組バンドである。旧称は世界の終わり、海外で活動する際はEnd of the World(エンド・オブ・ザ・ワールド)という別名義を使用する。2006年結成。所属芸能事務所はTOKYO FANTASY。所属レコード会社およびレーベルはトイズファクトリー。公式ファンクラブは「S. N.

チューブラー・ベルズ - Wikipedia 【吹奏楽】曲名を教えてください -チューブラーベル(チャイム)と金管- 芸術学 | 教えて!goo

チューブラー・ベル

『チューブラー・ベルズ』(Tubular Bells)は、マイク・オールドフィールドが1973年に発表したソロ・アルバム。 オールドフィールドの個人名義としては初の作品で、当時新興レーベルであった ヴァージン・レコード の第1回新譜として発売され、カタログ ... O.

オーケストラチャイムの販売~YAMAHA,DEAGAN,ADAMS【ガッキコム】 シベリウス 交響曲第4番イ短調作品63 | Sonar Members Club No.1

チューブラー・ベル

オーケストレーションに華麗な彩りをそえる、チャイム(チューブラーベル)を販売。ヤマハ(yamaha)、deagan、アダムス(adams)のチャイムと音管単品も販売しています。 W. S」と「R.

Amazon.co.jp: チューブラー・ベルズ: 音楽 チューブラーベル / チャイム | 株式会社長内企画

チューブラー・ベル

肝心のチューブラーベルズの響きが妙にドライになっているのはちょっと残念です。 でも、映画エクソシストをきっかけにこの曲やマイク・オールド・フィールドやプログレにハマっていった世代ならば懐かしく聴けます。 A.

チューブラーベル - チューブラーベルの概要 - Weblio辞書 チューブラーベル - ユニオンペディア

チューブラー・ベル

チューブラーベル チューブラーベルの概要 ナビゲーションに移動検索に移動この項目では、楽器について説明しています。音楽アルバムについては「チューブラー・ベルズ」をご覧ください。 I.

誤解された音楽? 悲劇の『チューブラー・ベルズ / Tubular Bells』 ~ Mike Oldfield... チューブラーベル

チューブラー・ベル

みなさんはマイク・オールドフィールドの『チューブラー・ベルズ』を聞いたことがあるだろうか?そもそも、この分野(プログレシブ・ロック)を聴くことが無い人には馴染みのないものかも知れない。しかし、『エクソシストのテーマ』を聴いたことがあるかと言われれば「あ~、あれね!」と ... N. S」。愛称は「セカオワ」。.チューブラーベルと楽器 · 続きを見る »楽器分類学(がっきぶんるいがく)は、楽器を体系的に分類するための学問である。比較音楽学の一部である比較楽器学を基礎とする。現在は、ザックス=ホルンボステル分類をもとに、体鳴楽器・膜鳴楽器・弦鳴楽器・気鳴楽器・電鳴楽器の5つに分類するのが一般的である。同じような意味で「楽器分類法」ということばが用いられることもあるが、こちらは学問的考察によらず、歴史的な経緯で用いられている分類を意味する場合が多い。.チューブラーベルと時報 · 続きを見る »序曲『1812年』(じょきょく1812ねん、)変ホ長調 作品49は、ピョートル・チャイコフスキーが1880年に作曲した演奏会用序曲。タイトルの「1812年」はナポレオンのロシア遠征が行われた年である。大序曲『1812年』(だいじょきょく-)、荘厳序曲『1812年』(そうごんじょきょく-)、または祝典序曲『1812年』(しゅくてんじょきょく-)などと呼ばれることもある。チャイコフスキー自身は決して精魂を込めて書き上げた作品とは受け止めてはいなかったものの、歴史的事件を通俗的に描くという内容のわかりやすさによって、人々に大いに喜ばれる作品となった。.

チューブラーベル->かわいい チューバ イラスト 簡単 ~... マイク・O/チューブラー・ベルズ

チューブラー・ベル

Icnufa Guoiqum チューブラーベル チューブラー ベル Tubular Bells の奏者 コンサート チャイム チューブラーベル Wikipedia ... 【吹奏楽】チューブラー・ベルの叩き方のコツ わたしは吹奏楽部員の高校1年生で、パーカッションを担当しています。 「ロングフォードの伝説」という曲の第三楽章でチューブラー・ベルを担当することになったのですが、うまく叩けません。 先輩からは「鋭い音」を求められるのですが、どんな風に叩けば、響きのある鋭い音が出るでしょうか・・・? 「下から上に向かって叩く」とか「力を抜く」とか、些細なことでかまいません; 誰か教えてください! 打楽器レッスンの先生に教わった方法ですが…

チューブラー・ベルズ (ちゅーぶらーべるず)とは【ピクシブ百科事典】 Wikizero - チューブラーベル

チューブラー・ベル

チューブラー・ベルズがイラスト付きでわかる! チューブラー・ベルズとは、「ジョジョの奇妙な冒険」第7部「スティール・ボール・ラン」の登場スタンド。 チャイム(チューブラベル)には2つの奏法があります。 1つは他の回答者さんがおっしゃった基本の上から叩く奏法。手首を使ってマレットを下ろす方法ですね。 もう1つは水平に打つ奏法です。これは肘と指を使います。まず肘を使ってマレットを動かします。この時にマレットを水平に動かして下さいね。当たる瞬間にマレットの柄をクッと指で握るようにします。するとちょっとした瞬発力みたいなのが働くようで、鋭く響きのある音が鳴ります。 先の上から奏法は、あまり強く叩かなくても降り下ろしているので鋭い音が鳴りますが、綺麗な響きのある音はあまり鳴りません。まぁ練習を重ねれば鳴るのかもしれませんが…。 2つめの奏法も打部の形によって合う合わないがあるので工夫が必要です。 どちらにしろ、楽器や奏者に合った奏法があるはずなので研究してみて下さいね。 下から、というのはあり得ないでしょ。 「叩く」という手の動きからして不自然ですよね。 自分で「叩く」動作をしてみれば分かるはずです。 奏法についてネットや本に出てこないというのは、わざわざ書かなくたって見れば分かるでしょ、あるいは、ほかの打楽器のやり方と大差ない、という程度でしかない証拠の一つでは。 「水平」と言うのも疑問。 構えるときは水平でも、基本的に手首を支点にして叩く以上は、チャイムに対して斜め上からの動きになるはず。 肘を支点にすれば、水平な動きに近くなるかもしれないけど、それでちゃんと演奏に使える音が出るんでしょうかね。 先輩から求められたというからには、まず先輩に見本を見せてもらいましょう。 鋭い音とはどんな音なのか、自分でイメージがつかめないと出来ませんよね。 鋭さにもいろいろあるでしょうから、その曲の中で一番ふさわしい音を求めて行けばいいと思います。 ハンマーの選び方も大事です。 堅さによっても音色が違うので、そろえられればそろえてみましょう。 100均やホームセンターでも良いですが、できれば楽器専用の物を選んだ方が良いと思います。(そのために専門に研究されて開発されたはずですから) まず基本的な叩き方ですが、チャイムの角に向かって斜め上から叩きます。 それ以外ありません。 「下から上に叩く」と本来叩く場所ではなく音棒(正式名はこれです)を叩いてしまう恐れがあるうえ、力も入りません。 よくバラエティ番組などでお笑い芸人がチャイムの音棒本体を叩いている場面がありますが、とんでもないことです。 「鋭い音」の叩き方ですが、ハンマーで叩いた瞬間、その場所でハンマーを止める感じで叩きます。 スネアなどで練習してみるとよく分かります。 (叩いた瞬間そこで止める場合、叩いた後跳ね返りを大きくする場合、叩き比べてみてください) もう一つの方法、これは逆に叩く前はその音棒の前で待っていて、叩いた瞬間すばやく跳ね返りを大きくとる方法です。 これも同じくスネアなどで感覚をつかんでみてください。 自分で叩きやすい方を選んでください。 いずれの場合も、「こんな音で叩きたい」とイメージを持ってやることが大切です。 ハンマーですが、基本的に買ったときに付いてきたはずのハンマーで対応できるはずです。 叩く面が二つありますが、片方は木のまま、もう片方は皮などが張ってあるはずです。 鋭い音を求められるのならば、まずは堅い面で叩いてみましょう。 一発だけ叩くならこれらの方法で良いですが、連続して叩く場合はコンパクトな動きで叩いた瞬間に止める方法の方がうまくいくと思います。 チャイムで鋭い音かぁ。 どうしましょう? マレットを工夫してみますか。 100均やホームセンターで、頭が金属ではない槌を物色しましょう。 柔らかい木、堅い木、硬質ゴム、プラスティック、アクリル、軽いもの、重いもの、、、 幅広の強力両面テープ、ゴムシートも少々買いましょう。 手芸店や革細工店にいって、マレットに貼る皮を物色します。 厚さや硬さもいろいろあるので、お財布と相談して買いましょう。 お店の人に相談したら端材を安く分けてくれるかも。 買った槌の片面に皮を貼ります。 あとは打って試すだけ。結果によってはゴムシートに。 今回ハズレでも、いつか出番が来ると思います。 チャイムは「斜め下から斜め上に、チューブの角を擦り上げるように打つ」のが基本でしょう(っていうか、それ以外の打ち方ってあるのかしら?)。 ですから、奏者はある程度身長がある方が有利です。ときどき小さな踏み台を用意する場合があります。ペダル操作との関係もあるので、楽譜と相談ですが。 曲にあった音色をつくり出すのは、打楽器奏者の楽しみでしょうね。 popo7332さん > まず基本的な叩き方ですが、チャイムの角に向かって斜め上から叩きます。それ以外ありません。 う〜ん、見解が分かれましたねぇ。 ちょっと勉強してみます。 打つときの動きを「エア・チャイム(笑)」でやってみたら、上の表現はちょっと誤解を生みやすいと思いました。 ・ほぼ水平位置(ちょっとだけ下方)からチャイム先端角に向かって進み ・打った瞬間上方に打ち抜ける(逃げる) と書いた方が適切かと思います。 チャイムはかなり重い筒を細いワイアで吊っています。 ですから、なるべく下向きの力を加えたくない。真上から叩くのは(そんなことありませんが)その意味で一番良くない。せめて横方向の成分を多くしておきたい。 上方から下方に向けて打たないのは、ひとつはこのためだと思っています。 例外があるだろう、というのも気づきました。 かなり速い動きの場合上のような奏法では無理が生じるでしょう。この場合は斜め上方から打つしかないでしょう。 もうちょっと勉強します。 本を漁ってみましたが、奏法について触れられているものは手元にありませんでした。 速い動きでも上に打ち抜くように演奏している人もいるようです。犬かきの逆の動き(^^)の感じかな? 打点を揃える必要があるため、マリンバやグロッケン、ザイロフォンと違って振動の節で支えることができません。 あまり関係ないかもしれませんが、吊り穴をワイアーで押さえつけるような力ができるだけ働かない方がいいように思うのです。 引き続き勉強します。 とりあえずの結論です。 打楽器専門家からの意見も参考にしました。 ・基本的・理想的なのは「真横から打つ」。現実的ではない場合もあるので、ワイアになるべく負担のかからない方法で打つ。 ・弱い音を出したいときには、斜め上方から打つこともある。チューブとマレットの接触面積を少なくする意図がある。 ・マレットはハード・メディアム・ソフト、3種類は用意してある(のが普通らしい)。パーカッションの解説書から。 勉強になりました。 (字数確保のため上の記述から意味の変わらない範囲で部分的に文字を削りました) 情報元について追加しておきます。 ・打ち方について、弱い音の時については専門家からの意見を参考にしました。 ・マレットの種類について、上の情報元は勘違いでした。こちらから。 http://vsl.co.at/en/70/3196/3216/3217/5826.vsl ・マレットの種類で音色を変化させることについてはここを読んで意を強くしました。 http://vsl.co.at/en/70/3196/3216/3217/5828.vsl 特にこの部分(和訳は英語の先生に頼んでくださいね) ” The hardness of the hammer influences the timbre ..略..