• 記事: 30919
  • 質問に対する回答: 23491
  • コメント: 18905
  • 準備ができて答え: 21782

イシヘンジン 弱点

イシヘンジン|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略 【剣盾ダブルマスボ達成】ダイマックス弱保かるわざフォクスライ:ブロマガ - ブロマガ

イシヘンジン 弱点

【ポケモン剣盾】『イシヘンジン』の種族値や弱点、進化、隠れ特性など基本データから、剣盾でイシヘンジンが覚える技、タマゴ技(遺伝技)、鎧の孤島にも対応したイシヘンジンのレイドバトル・生息地(出現場所)・入手方法まで完全網羅。 マクワは、ポケットモンスター ソードに登場するキルクススタジアムのジムリーダー。ジムリーダーとしてはソードのみに登場。 目次 1 特徴 2 ゲームにおけるマクワ 2.1 手持ちポケモン 2.2 対策 3 アニメにおけるマクワ 3.1 薄明の翼 3.1.1 所持ポケモン 4 各言語版での名称と由来 5 関連項目 特徴 いわタイプの使い手。

【ポケモン剣盾】イシヘンジンの進化と覚える技&種族値【ポケモンソー... マクワ - ポケモンWiki

イシヘンジン 弱点

ポケモン剣盾(ソードシールド)のイシヘンジンの進化、種族値、出現場所(生息地)、実数値、弱点をまとめています。ポケモン剣盾でイシヘンジンが覚える技も掲載しているので、イシヘンジンの育成や厳選の参考にしてください。 母親はメロン。母親譲りの恰幅の良い体型をしている。 キザっぽい見た目に反して言葉遣いが丁寧でファンサービスも良く、礼儀正しい好青年である。いわタイプから連想される無骨さをなくし、スタイリッシュな戦いを得意とする。試合に負けるとコメントもなく控室に引きこもるため、レポーター泣かせという一面も持つが、ファンからはそこもまた人気のようである。ファンのサポートも厚く、写真集が3冊も出されており、リーグカードの写真もスタジオで撮影されたものであったりする。 本来はメロンからジムリーダーを継ぐ予定であったが専門のタイプを巡って対立し、以来顔も合わせないほど親子関係が険悪になった。ソードとシールドでマクワとメロンが片方しか登場しないのはそのため。一方シールドでのメロンのレアリーグカードでは、メロンが愛想を振りまきマクワが煙たがっているという様子が描かれている。 番号は188 (岩場(いわば)の語呂合わせと考えられる)。 ゲームにおけるマクワ 手持ちポケモン ジムリーダー マクワ 6720円 キルクススタジアム(ソードのみ登場) 個体値 ガメノデス かたいツメ Lv.40 ♂ いじっぱり からをやぶる がんせきふうじ シェルブレード - 15 ツボツボ あまのじゃく Lv.40 ♂ れいせい パワーシェア ストーンエッジ むしのていこう がんせきふうじ 15 イシヘンジン パワースポット Lv.41 ♂ ようき ステルスロック がんせきふうじ のしかかり ワンダールーム 15 セキタンザン(キョダイマックス) じょうききかん Lv.42 ♂ いじっぱり タールショット→ダイウォール ステルスロック→ダイウォール ヒートスタンプ→ダイバーン がんせきふうじ→キョダイフンセキ 20 ジムリーダー マクワ 9920円 シュートスタジアム(チャンピオンカップ、ソードのみ登場) 個体値 ガメノデス かたいツメ Lv.60 ♂ いじっぱり からをやぶる ストーンエッジ じしん アクアブレイク 15 ツボツボ あまのじゃく Lv.60 ♂ れいせい ねばねばネット ステルスロック いえき がんせきふうじ 15 イシヘンジン パワースポット Lv.61 ♂ ようき ステルスロック がんせきふうじ ボディプレス ワンダールーム 15 バンギラス すなおこし Lv.61 ♂ いじっぱり かみくだく ストーンエッジ ボディプレス れいとうパンチ 15 セキタンザン(キョダイマックス) じょうききかん Lv.62 ♂ いじっぱり タールショット→ダイウォール じしん→ダイアース フレアドライブ→ダイバーン ストーンエッジ→キョダイフンセキ 20 対策 いわタイプは弱点が多く、特にとくこうの高いくさ、みずタイプを連れていればかなり有利に戦える。

【ポケモン剣盾】イシヘンジンの進化と覚える技【ソードシールド】|... 【ポケカV】強化拡張パック「ソード」全カードリスト一覧と評価 | ポケカ速報・最新情報&攻略まとめブログ ポケカタクティクス!

イシヘンジン 弱点

ポケモンソードシールド(ポケモン剣盾)における、イシヘンジンの進化と覚える技(わざ)について掲載しています。タイプや特性、入手方法(出現場所)や種族値、タマゴ情報もまとめてるので、イシヘンジンについて知りたい方は是非参考にしてください。 注意点としては、耐久の高いツボツボが特性あまのじゃくを持っており、耐久を下げる技は逆に上がってしまうので、使わずに一気に大技で勝負を決めたい。また、チャンピオンカップでは手持ちにバンギラスが加わっていて、特性すなおこしで砂あらし状態にしていわタイプのとくぼうを上げてくるため、2匹目で出されると苦戦するだろう。かくとうやじめんタイプも連れて行くと、有利に戦える。 キョダイマックスしたセキタンザンのキョダイフンセキは、ダメージに加え4ターンの間いわタイプ以外の相手に最大HPの1/6のスリップダメージを食らう。このダメージがとにかく脅威なので、長期戦は避けたい。またセキタンザンはみず技で削りそびれると「じょうききかん」ですばやさが6段階も上がってしまう点にも気をつけること。 ジムリーダー 地方 ジムリーダー カントー タケシ - カスミ - マチス - エリカ - キョウ - アンズ - ナツメ - カツラ - サカキ - グリーン ジョウト ハヤト - ツクシ - アカネ - マツバ - シジマ - ミカン - ヤナギ - イブキ ホウエン ツツジ - トウキ - テッセン - アスナ - センリ - ナギ - フウとラン - ミクリ - アダン シンオウ ヒョウタ - ナタネ - スモモ - マキシ - メリッサ - トウガン - スズナ - デンジ イッシュ(BW) デント - コーン - ポッド - アロエ - アーティ - カミツレ - ヤーコン - フウロ - ハチク - シャガ - アイリス イッシュ (B2W2) チェレン - ホミカ - アーティ - カミツレ - ヤーコン - フウロ - シャガ - シズイ カロス ビオラ - ザクロ - コルニ - フクジ - シトロン - マーシュ - ゴジカ - ウルップ ガラル ヤロー - ルリナ - カブ - サイトウ - オニオン - ポプラ - マクワ - メロン - ネズ - キバナ アニメにおけるマクワ 薄明の翼 第5話でメロンとバトルをしていた。

【イシヘンジン】が出ない。分布場所・生息地はどこ?出し方の条件|... セキタンザン - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

イシヘンジン 弱点

【イシヘンジン】が出ない。分布場所はどこ? 【イシヘンジン】:エンカウント方法 【イシヘンジン】:相性・弱点 【イシヘンジン】:種族値; 特性はダブル用?【パワースポット】の効果 【イシヘンジン】:図鑑説明 所持ポケモン セキタンザン 各言語版での名称と由来 言語 名前 由来 日本語 マクワ マクワウリ ドイツ語 Mac 日本語名より?

【ソードシールド】イシヘンジンの種族値、わざ、特性など能力と入手...

イシヘンジン 弱点

ポケモンソード・シールドに登場するポケモン「イシヘンジン」の入手方法と能力評価を紹介しています!イシヘンジンの種族値、おぼえるワザ、生息地、ゲット方法、タイプ相性まで詳細情報まで完全網羅! 英語 Gordie gourd(ウリ科の植物) スペイン語 Morris melón oriental(マクワウリ) フランス語 Chaz 참외(chamoe、韓国語:マクワウリ)?

イシヘンジン -...

イシヘンジン 弱点

対イシヘンジン 注意すべき点 優秀な物理耐久とダブルバトル専用ながら強力な特性。 体重が重い上に体重依存技も覚え、aも高いので火力面でも厄介。 ダブル向けのエスパータイプの補助技を多く覚える。sは70と見た目に反して意外に機敏。 対策方法 イタリア語 Milo Cucumis melo(学名:メロン) 韓国語 마쿠와 (Makuwa) 日本語名の音写 中国語 簡体字 玛瓜 (Máhgwā) 日本語名の音写、瓜 繁体字 瑪瓜 (Mǎguā) 関連項目 この項目「マクワ」は、調査内容の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけの項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。

ローズイシヘンジンパッチルドン デッキ解説|リリー|note

イシヘンジン 弱点

弱点でイージーウィン出来ます。ただしデスカウントgxに注意。序盤からかんしゃくヘッドでイシヘンジンにダメカンを貯めてきます。無理に2ターン目にローズを決めずに、ストーンギフトで回復しながら加速しても全然間に合います。 ポケモンカードソード・シールドシリーズ「ソード」目玉カードはザシアンVやラプラスVMAX、イシヘンジンVMAX。SRに強力カード「博士の研究」が収録。目玉再録グッズは「しんかのおこう」。シールドの収録カードリストはこちら【ポケカV】強化拡張パック「シールド」全カードリスト一覧と評価ポケモンカード「シールド」(強化拡張パック) ザマゼンタVが目玉そしてクイックボールが再録!メタル...ザシアンV「ソード・シールド」2種類の中でも最強クラスのポケモン。詳細は下記記事を参照。ザシアンVの評価!拡張パック「ソード・シールド」最強候補!?剣盾でも強いザシアンはポケカでも強い! ポケモンソード・シールドでも最強クラスのポケモンであるザシ...博士の研究 マグノリア博士カード評価 9.0/10.0点エクストラレギュレーションでさえ使用されている「プラターヌ博士」と全く同じ効果を持つ。いわずもがな強力なカード。どんな状況でも7枚ドローができるのは強力。シロナ以上にカードを引けるが、自分の手札をすべてトラッシュしないといけない点には注意。ビートラプラスV・ラプラスVMAXラプラスVラプラスVMAXカード評価 7.5/10.0点高いHPと水エネをつけていれば安定した打点を叩き出せる「キョダイポンプ」をもつ。イシヘンジンVやカビゴンVと同じく「VMAXが強い」ポケモンである(もっとも、モルペコVが例外なだけかもしれないが)ソード・シールドシリーズでも最も攻守のバランスがよく、VMAXの中ではかなり使いやすいポケモンである。唯一の欠点は超強力なタイプ「雷」が抜群なところ。げんきのハチマキをもったピカチュウ&ゼクロムGXにあっさり落とされかねない。しかし、ラプラスVは無エネも対応しているためウィークガードエネルギーをつけることで弱点を回避することができる。ソーナンスVカード評価 7.0/10.0点原作のソーナンスの「カウンター・ミラーコート」を再現したようなワザ「ふんばりがえし」を持つ。一見、ソーナンスVにダメカンが乗っていないといけないため相手に与えるダメージ量はかなり調整が必要とおもわれるが、ゲンガーを使うことでダメカンをのせかえて攻撃することができる。ベトベトンタッグチームでねばり、ポケモンをいれかえゲンガーでダメカンをのせかえ、ソーナンスで返すといった使い方ができる。イシヘンジンV・イシヘンジンVMAXイシヘンジンVカード評価 7.0/10.0点ワザ「ガードプレス」により受けるダメージを少なくすることができる。イシヘンジンVMAXの進化元としては十分すぎるHPを保有しており、ガードプレスも相まって安全にイシヘンジンVMAXに進化することができる。ワザ「メガトンキック」は中打点を出すことができる。イシヘンジンVMAXに進化せずともピカチュウ&ゼクロムGXをはじめとする闘弱点の高HPのポケモンを一撃で倒すことは可能。格闘道場やディアンシー◇を揃えた場合はそれなりのダメージを出すことができるが、イシヘンジンVMAXに進化ができるのであれば進化をしたほうがいいだろう。イシヘンジンVMAXカード評価 7.5/10.0点一見なにのへんてつもない単純なカードにみえるが、闘ポケモンなため格闘道場やディアンシー◇に対応しており、道場などと噛み合えばダイロックで260以上のダメージを出すことができる。ワザ「ストーンギフト」はHPを回復させエネルギーを加速させることができる。闘ポケモンはエネ加速手段がビート、エネ節制手段がくろおびなど限られており、意外と重宝する。しかし火力が高いザシアンVなどを相手にする場合は回復が間に合わないため基本的に攻撃ができる場合は攻撃をするほうが良い。VMAXの欠点として「倒されたら3枚とられてしまう」が、その欠点を補ってあまりあるHP・攻撃力を誇る。ただし進化ポケモンかつ高いダメージを出すためには格闘道場やディアンシー◇などさまざまなカードが必要なことや、イシヘンジンVMAXが進化ポケモンであるなど、やや安定性に欠ける要素が残る。ウッウVカード評価 7.5/10.0点ワザ「スピットシュート」でベンチに大ダメージの狙撃ができる貴重なVポケモン。「ソード・シールド」環境において相手のベンチを入れ替えるカードは限られているため、詰めとして優秀。特にデデンネGXを一撃で倒すことができるのは非常に強力。無色タイプなため様々なデッキに採用できる。カラマネロを使ってもよいし、溶接工+手札からエネルギーをつけることでワザを使うことが可能。意外と器用なウッウVの評価と使い方を徹底解説!収録パック:強化拡張パック「ソード」 ウッウVの評価 カード評価 7.5/10.0点 ...「ソード」収録 草ポケモンダダリンVカード評価 6.5/10.0点1エネで120打点が出せるイカリのいかりは打点やエネルギーだけみると強いが、草ポケモンが気絶していないといけないという厳しい条件があるまた、下技のギガハンマーも草ポケモンでは珍しい200打点だがデメリットがあるなど総じて使いにくいポケモンこのポケモンを活かすには草ポケモンのみで構成されたデッキに入れるなど工夫が必要サルノリバチンキーゴリランダーカード評価 8.0/10.0点毎ターン山札から草エネルギーを二枚加速するという極めて強力なエネルギー加速の特性を持つ。モクロー&アローラナッシーGXはゴリランダーを育成でき、またゴリランダーの加速でGXワザの追加効果を目指せるという意味で相性がいい。また、シェイミPSやジュカインやレックウザGXなど場の草エネルギーの数だけ打点が上がるポケモンとも相性が良いだろう。SMレギュレーションにてレックウザGXデッキでよく採用されていたストロングチャージクワガノンの再来のような性能をしているといえる。ロゼリアロズレイドマラカッチ「ソード」収録 炎ポケモンヤトウモリエンニュートヤクデマルヤクデカード評価 6.5/10.0点上技のつらなるほのおは強力な山札破壊性能を持つワザ。やまやきファイヤーと違ってトラッシュしなくていいため連発ができる。バトルシャトレーヌやエンブオーやバクフーンなどのカードと組み合わせよう。ソードシールドレギュレーションはダラーサポートが強力で山を掘るスピードが速いのも追い風。「ソード」収録 水ポケモンラプラスVラプラスVMAXカード評価 7.5/10.0点高いHPと水エネをつけていれば安定した打点を叩き出せる「キョダイポンプ」をもつ。イシヘンジンVやカビゴンVと同じく「VMAXが強い」ポケモンである(もっとも、モルペコVが例外なだけかもしれないが)ソード・シールドシリーズでも最も攻守のバランスがよく、VMAXの中ではかなり使いやすいポケモンである。唯一の欠点は超強力なタイプ「雷」が抜群なところ。げんきのハチマキをもったピカチュウ&ゼクロムGXにあっさり落とされかねない。しかし、ラプラスVは無エネも対応しているためウィークガードエネルギーをつけることで弱点を回避することができる。原作においてキョダイマックスラプラスはオーロラベールのような効果を含んだ攻撃技を持っており、かなりキョダイマックスの中では強い部類に入る。HPが高く、カードの攻守ともに優れているのもおそらく原作を意識したものかとおもわれる。メッソンジメレオンカード評価 8.5/10.0点インテレオンを使うデッキならばぜひとも一枚入れておきたいカード。一枚のトレーナーズを山札から持ってこれるのは非常に便利である。状況に応じて欲しいサポートやグッズやスタジアムを持ってこよう。このポケモンの真価は「メタモン◆」からいきなり参加することができるところ。メタモンが安全にベンチに居続けることができるのであれば不意打ちをつくことができる。インテレオンカード評価 7.5/10.0点特性うらこうさくが強力なポケモン。好きなサポートを2枚持ってこれることからコントロールデッキにも入れやすい。またメガニウムを使い2進化ポケモンを大量に並べるデッキにおいても採用される。2エネで前120点、裏20点とアタッカー性能もそこそこ高い。クラブカード評価 7.0/10.0点一見へいぼんな進化前たねポケモンに見えるが、オーロラエネルギーを使用することでダメカンをばらまくカードへと変貌する。ヤミラミVデッキにおいてオーロラエネルギーと併用することも十分にありえる。今後水エネルギーを使うデッキでダメカンを乗せることが目的となるデッキが登場した場合でも使われることになるかもしれない。キングラーマンタイン「ソード」収録 雷ポケモンワンパチパルスワン相手のポケモンがV・GXなら省エネで180点を出すことが出来る非常に強力なポケモン現在はダブル無色エネルギーが落ちているものの、サンダーマウンテンとカウンターゲインと手張りで動けるためユニットエネルギー1枚で即座に動き180点を出すことが出来るバチンウニ「ソード」収録 超ポケモンソーナンスVゴースゴーストゲンガーヤバチャポットデス「ソード」収録 闘ポケモンイシヘンジンVカード評価 7.0/10.0点ワザ「ガードプレス」により受けるダメージを少なくすることができる。イシヘンジンVMAXの進化元としては十分すぎるHPを保有しており、ガードプレスも相まって安全にイシヘンジンVMAXに進化することができる。ワザ「メガトンキック」は中打点を出すことができる。イシヘンジンVMAXに進化せずともピカチュウ&ゼクロムGXをはじめとする闘弱点の高HPのポケモンを一撃で倒すことは可能。格闘道場やディアンシー◇を揃えた場合はそれなりのダメージを出すことができるが、イシヘンジンVMAXに進化ができるのであれば進化をしたほうがいいだろう。イシヘンジンVMAXカード評価 7.5/10.0点一見なにのへんてつもない単純なカードにみえるが、闘ポケモンなため格闘道場やディアンシー◇に対応しており、道場などと噛み合えばダイロックで260以上のダメージを出すことができる。ワザ「ストーンギフト」はHPを回復させエネルギーを加速させることができる。闘ポケモンはエネ加速手段がビート、エネ節制手段がくろおびなど限られており、意外と重宝する。しかし火力が高いザシアンVなどを相手にする場合は回復が間に合わないため基本的に攻撃ができる場合は攻撃をするほうが良い。VMAXの欠点として「倒されたら3枚とられてしまう」が、その欠点を補ってあまりあるHP・攻撃力を誇る。ただし進化ポケモンかつ高いダメージを出すためには格闘道場やディアンシー◇などさまざまなカードが必要なことや、イシヘンジンVMAXが進化ポケモンであるなど、やや安定性に欠ける要素が残る。ウソッキーヤジロンネンドールタタッコオトスパス「ソード」収録 悪ポケモングレッグルグレッグルは毒ポケモンだが悪ポケモンとしてポケモンカードに登場。今後の毒ポケモンはあくタイプに分類されることが予想される。闘が抜群なのは原作での毒タイプは地面タイプが効果ばつぐんであることを再現しているとおもわれる。ドクロッグクスネフォックスライ「ソード」収録 鋼ポケモンザシアンVカード評価 8.5/10.0点今回収録パックのポケモンでは最強候補。なんとサポートカードが使えない先攻においてエネ加速+ドローを行える超強力ポケモン。多くのプレイヤーがサポートカードを使える後攻を選択する中で、先攻で強い動きをすることができるザシアンVは非常に強力。ザシアンVの評価!拡張パック「ソード・シールド」最強候補!?剣盾でも強いザシアンはポケカでも強い! ポケモンソード・シールドでも最強クラスのポケモンであるザシ...ガラルニャースガラルニャイキングカード評価 7.5/10.0点ザシアンVをはじめとする鋼タイプの打点を底上げする超強力カード。1進化なのと逃げるエネルギーが2とやや重めなことだけが欠点。ニャイキングの評価と使い方を解説 ベンチで仕事するサポーターガラルニャイキングの評価 カード評価 7.5/10.0点 ザシアンVをはじめとする鋼タイプの打点...テッシードナットレイガラルマッギョアーマーガア「ソード」収録 無ポケモンウッウVカード評価 7.5/10.0点ワザ「スピットシュート」でベンチに大ダメージの狙撃ができる貴重なVポケモン。「ソード・シールド」環境において相手のベンチを入れ替えるカードは限られているため、詰めとして優秀。特にデデンネGXを一撃で倒すことができるのは非常に強力。無色タイプなため様々なデッキに採用できる。カラマネロを使ってもよいし、溶接工+手札からエネルギーをつけることでワザを使うことが可能。意外と器用なウッウVの評価と使い方を徹底解説!収録パック:強化拡張パック「ソード」 ウッウVの評価 カード評価 7.5/10.0点 ...チラーミィチラチーノカード評価 8.5/10.0点旧レギュレーションのゾロアークGXと同じ効果の特性「やりくり」を持つ。エネアシストも強力。ココガラアオガラス「ソード」収録 グッズしんかのおこうロトムじてんしゃふつうのつりざお大きなおまもりラムのみすごいきずぐすりふうせん「ソード」収録 サポートカードビート博士の研究強化拡張パックソードを予約するポケモン(Pokemon) 発売日 2019年12月6日同時発売「シールド」収録カードリストと評価【ポケカV】強化拡張パック「シールド」全カードリスト一覧と評価ポケモンカード「シールド」(強化拡張パック) ザマゼンタVが目玉そしてクイックボールが再録!メタル...

【実況】とくぼう4.5倍の最強イシヘンジンがなんかもうアレでヤバイ【...

イシヘンジン 弱点

【ポケモン剣盾】ドラパルトとミミッキュを同時粉砕!? 物理の申し子「イシヘンジン」!【ソード シールド】 - Duration: 15:04. セキタンザン No.839 タイプ:いわ/ほのお 通常特性:じょうききかん(みず又はほのおタイプの技を受けるとすばやさが6段階上がる。) ほのおのからだ(直接攻撃を受けるとその相手を30%の確率でやけど状態にする。) 隠れ特性:もらいび(受けた炎タイプの技を無効化し、自身の炎タイプの技の威力が1.5倍になる。) 体重:310.5kg(けたぐり・くさむすびの威力120) ※特性「もらいび」の場合、ほのお無効。

【ポケカ】イシヘンジンデッキを考えたい・・・【剣盾】 かの人の庭...

イシヘンジン 弱点

《イシヘンジンvmax》 v進化 hp330 闘タイプ 弱点:草 抵抗力:なし にげる:無無無. 『ストーンギフト』 闘 いわ/ほのおの複合タイプ。マグカルゴが不参加なので現環境では固有の複合となる。 物理耐久が高いだけでなく特殊耐久もなかなかの数値を持ち、耐性も7つと豊富。 アタッカーとしては火力が低いが、一致技は抜群範囲に優れた組み合わせであり、物理・特殊を選べてかつサブウエポンも最低限揃っている。 おにび・ステルスロックなど小技もいくつか持ち合わせる。 専用特性じょうききかんは、水か炎のダメージを受けると素早さが6段階上昇する。 発動が相手依存なため扱いには工夫が要るが、無補正のSに努力値を28だけ振っておけば特性の発動で最速ドラパルトさえ抜き去れる。 超鈍足のトリックルームアタッカー・特性を活かした高速アタッカーの両方に対応しうるのは他にない個性と言える。 弱点がメジャーであり、戦う相手は得手不得手がかなり出る。 いくら耐久力が高いとは言っても、4倍弱点を2つ抱えているために役割破壊は受けやすい。 再生技を持たない耐えて殴るタイプのアタッカーとしては火力の低さも問題であり、攻撃実数値は同条件ドサイドンの2/3程度しかなく、補強なしではかなり物足りない。 高耐久多弱点を活かしたじゃくてんほけんの活用などで、欠点を補って戦いたい。 高い耐久種族値とタイプ相性でトゲキッスやミミッキュなど、対策必須のフェアリーに圧倒的有利な点は特筆に値する。 リザードンやヒートロトムなどのほのおも基本的には余裕を持って受けられるため、独特の範囲だがメジャーなポケモンに対して役割を持ちやすい。 火力の乏しさや弱点のメジャーさ、各種特性の発動はいずれも相手に依存するなど難点が目立つものの、環境の要件に合致した部分や独自の攻撃性能も持ち合わせる。 総括してピーキーな性能の持ち主であるため、活躍させられるかどうかは使用者のプレイスキルに大きく依存すると言えるだろう。 鎧の孤島で念願のいわタイプ高威力特殊技であるメテオビームを習得し、特殊型が使いやすくなった。 特攻の上昇効果により控えめな火力も補えるが、溜め技なのでパワフルハーブを持たせるなどの工夫が必要。 ネタ考察やマイナー考察はこちらにあります。 キョダイマックス キョダイマックス技 考察及びダイマックスとの比較 継続ダメージ効果はかなり強力。一度でも発動すれば、セキタンザンとは関係ない独立した効果として相手フィールドに残り続ける。 そのため、セキタンザンが倒されてしまっても相手がいわタイプを出さない限り確実に相手の体力を削り取れる。 キョダイフンセキのダメージで敵の最大HP2/3分だけ削れれば(回復を考慮しなければ)次のターンにダイウォールで削り倒すことも可能であり、火力不足が深刻なセキタンザンとは噛み合いが良好。 通常時の追加効果(砂嵐によるスリップダメージと特防1.5倍)が利用できなくなるが、 もともとメジャーなみずとじめんが4倍のポケモンなので特殊耐久上昇が利用できなくなるのはほぼ痛くない。 スリップダメージの観点からみても、はがねとじめんに通りダメージ量の大きいこちらの方が優秀だろう。 さらに、砂嵐はダイバーンの追加効果のにほんばれ状態をかき消してしまう。 砂嵐自体には特防の上昇効果も存在するため、耐久力自体を活かす場合やすなかきのパーティメンバーが存在するなどの理由がない場合はこちらを活かしたいところ。一長一短と言ったところか。 ダイマックスの詳細 特性考察 じょうききかん 専用特性。水タイプか炎タイプの攻撃技を受けると、自分の素早さランクが6段階上がる。おにびやみずびたしなどの補助技では発動しない。 水技を受ける場合、じゃくてんほけんとの相乗効果が狙えるが、いくら高耐久とはいえ4倍弱点なので受けるには工夫が必要。 イトケのみや、壁サポート、こらえるやダイマックスで無理やり受ける、ダブルで味方の微弱なみず技を受けるなど、手段は豊富なので上手く利用したい。 トレースされると自身の攻撃技で相手を超強化してしまいかねないため、サーナイトの受け出しには要注意。 セキタンザンの採用に直結する特性であり、ほのおのからだはダイマックス技だと非接触になり、もらいびは炎無効の恩恵がうすいので基本的にこれ一択 ほのおのからだ 物理、特にミミッキュを受ける際にあると発動もそこそこ狙えて便利。 ただし、自身が最も強く誘う4倍弱点のじしんは非接触。 トリルパで運用する場合やトレース対策、じょうききかんが邪魔となる場合に。 もらいび 隠れ特性。元々炎は4分の1なので炎無効の恩恵は乏しい。 アタッカー運用の場合も発動時のアドバンテージはじょうききかんに劣り、 トレースで自身の炎技が無効になるデメリットもある。 ダイバーンによる晴れ展開をどうしても防ぎたいなら採用。 技考察 ダイマックス技考察 型考察 サイクルアタッカー型 特性:ほのおのからだ/もらいび 性格:ゆうかん 努力値:HA252 or AD252 持ち物:こだわりハチマキ/とつげきチョッキ/ふうせん 確定技:フレアドライブ/ストーンエッジ 優先技:じしん/ステルスロック(チョッキ除) 選択技:オーバーヒートorもえつきる/ジャイロボールorアイアンヘッドorヘビーボンバー/ボディプレス/ねっとう/ソーラービーム セキタンザンは耐久が高く、耐性も無炎氷毒飛虫妖と多い。