• 記事: 26080
  • 質問に対する回答: 26232
  • コメント: 16173
  • 準備ができて答え: 27749

エクセル 割る 記号

数式で計算(足す・引く・掛ける・割る) - Excel・エクセルの使い方 【みんなの知識 ちょっと便利帳】記号/符号の種類・名称・読み方 =学術記号(数学・科学)=

エクセル 割る 記号

ここでは足し算を例に紹介しますが入力する計算記号以外、操作はすべて同じです。 Excel・エクセルの使い方 数式で計算(足す・引く・掛ける・割る) いきなりエクセルに計算式を打ち込むとしても、計算式がわからないと打ち込めないので、まずはそこから計算しておさらいしていきましょう。 みかんの仕入金額(原価)が100円だったとします。粗利(粗利益率)を30%とって売価を設定したい場合の計算式はどういうふうに計算するかというと… 粗利益率が30%ということは、原価率は『1-0.3=0.7』となるため、原価100円のみかんを0.7(原価率)で割って戻すと以下のような式になります。 『100(仕入原価)÷0.7=142円』(142.8円なので今回は切り捨て) 自分の答えに不安なら確かめてみるといいと思います。 粗利益を求めるには『原価÷売価』なので、これに当てはめてみると…

【Excel】割り算の仕方/やり方 数式 関数 割る記号 商... 【誰でも簡単】エクセルで引き算をする5つの基本操作-よく出るエラーの原因とは? | ワカルニ

エクセル 割る 記号

エクセルで割り算に使う記号(演算子)は、半角文字の「/」(スラッシュ記号)です。 間違えやすいですが「÷」記号では、割り算の計算は出来ませんので、ご注意ください。 「エクセルでVLOOKUP関数を使いこなせるようになりたい」 「VLOOKUP関数とIF関数を組み合わせてより便利にしたいんだけど…」VLOOKUP関数は、IF関数やSUM関数と並んで「よく使われる関数」上位にランキングされるものの一つです。 しかし使う際には条件や注意しなければならないこともあって、始めはちょっと難しいかもしれません。ここではそんなVLOOKUP関数の基本や応用テクニック、エラー時の原因と対応方法について解説します。 これであなたもVLOOKUP関数を使いこなせるようになりますよ!では始めに「VLOOKUP関数の基本的な使い方」や「列番号の自動取得の仕方」、「0ではなく空白で表示する方法」と「含む条件の指定の仕方」をみてみましょう。まずはVLOOKUP関数の概要・使い方についてです。VLOOKUP関数とは、「指定された1列目で特定の値を検索し、指定した列と同じ行にある値を返す」とても便利な関数です。 では具体的な例を見てみましょう。セルF2に氏名を入力した時、左の表をもとにその人の受講日をセルF5に表示させたい時、VLOOKUP関数は有効です。検索値とデータの範囲、欲しいデータの列番号などを指定すれば、検索値がある行の任意の列にある値を返してくれます。このように、元になる表から必要な情報だけを取り出せるのがVLOOKUP関数なのです。ではVLOOKUP関数ではどのようなことを指定すればいいのでしょうか? VLOOKUP関数の構文は次の通りです。では数式を作ってみましょう。(1)数式バーに「=VLOOKUP(」と入力しfxボタンを押す (2)関数の引数ウィンドウで検索値、範囲(元の表の範囲)、列番号(範囲の内での左からの列番号)、検索方法(完全一致はFALSE)を指定する ※範囲の1列目は検索する列とすること(3)完了 なお、VLOOKUP関数を使う時には、「範囲の1列目を検索列とする」ことに注意しましょう。 範囲の1列目が検索値を検索する列になっていないとエラーとなってしまいます。VLOOKUP関数は、「検索値」と一致した行のデータをまるっと抜き出すこともできます。つまり上の図のように、セルF2に入力した「5」を検索値として№5の氏名や出身県、受講日などのデータを全て、VLOOKUP関数を使って抜き出すことができるということです。VLOOKUP関数の引数において検索値はF5、範囲はA2: D7、検索方法はFALSEとし、列番号を「氏名の表示セル」では2、「出身県の表示セル」では3、「受講日の表示セル」では4とすればよいのです。でも全部のセルに手入力で数式を入れるのは大変ですよね。そこで使えるのが「COLUMNS関数」です。 COLUMNS関数は「配列または参照の列数を返す」関数で、簡単に言うとカッコ内で指定した範囲の列数を返してくれます。例えば「=COLUMNS(A1: B1)」は、カッコ内でA列からB列までの2列が指定されているので「2」と返ってきます。つまりVLOOKUP関数の引数である列番号に上手くCOLUMNS関数を使えば、後は数式をコピーするだけで2、3、4と変わってくれるのです。例えばセルG2に入れる数式は「=VLOOKUP($F$2,$A$2:$D$7, COLUMNS($A$1: B$1), FALSE)」となります。 COLUMNS関数の結果は「2」となるので、№5の人の氏名が返ってくるのです。 ちなみに「$」マークは、付けると数式をコピーしても行や列を固定してくれるものになっています。次にこの数式をセルH2にコピーすると、「=VLOOKUP($F$2,$A$2:$D$7, COLUMNS($A$1: C$1), FALSE)」と、COLUMNS関数のカッコ内だけが変わります。 これによりCOLUMNS関数の結果は「3」となって、№5の人の出身県が返ってきます。このようにVLOOKUP関数とCOLUMNS関数を組み合わせれば、行のデータを抜き出すときにとても楽になるのです。次にVLOOKUP関数の結果を、0ではなく空白で表示させる方法についてです。VLOOKUP関数を使った時の困りごととして、上の例のように「返す値が空白の時には0になる」ことが挙げられます。 これはVLOOKUP関数の仕様なのである意味仕方ないのですが、これにも対処法はあります。それはVLOOKUP関数の数式の後に「&””」を付けることです。このようにすれば0ではなく空白が表示されるようになります。続いて特定の文字列を含む条件の指定の仕方です。例えば「あの人名前何だっけなぁ?」といった時、上の例のように思い浮かんだ名字や名前だけで検索できると楽ですよね。 このようにVLOOKUP関数は特定の文字列を含む条件で検索することもできます。数式のポイントは検索値の所で、「値の中に特定の文字列が含まれている」としたい時には上の例のように検索値の前後に&でつなげた「“*”」を付けます。*(アスタリスク)は「ワイルドカード」と呼ばれ、これを後ろに付ければ「文字列の頭に特定の文字がある」、前に付ければ「文字列の最後に特定の文字がある」、前後に付ければ「特定の文字列が含まれている」という条件にすることができます。是非試して見てくださいね。次にVLOOKUP関数のもっと複雑な使い方を紹介します。 複数条件の指定の仕方やIF関数の組み合わせ方を見てみましょう。まずは複数条件の指定の仕方からです。通常VLOOKUP関数では一つの条件しか指定できません。 しかし工夫すれば複数条件にすることもできるのです。例えば上のような表があったとします。 ここでは販売先と品名を検索条件として、該当する行の数量をセルH2に表示させてみます。(1)左端に列を挿入し、セルA2に「=B2&C2」と入力する (2)セルA3~A6までに数式をコピーする (3)セルH2に「=VLOOKUP(F2&F5, A2: D6,4, FALSE)」と入力すれば完了 このように、検索用に値を&でつなげたものを範囲の左端に用意し、VLOOKUP関数で指定する検索値も&でつなげたものにすることがポイントです。 このようにすれば複数条件での検索が可能で、条件を3つ、4つと増やすこともできます。次にVLOOKUP関数とIF関数の組み合わせ方です。例えば上のような表があり、セルD2で氏名を指定するとセルE2に合否の判定が表示されるようにしたい時には、セルE2に「=IF(VLOOKUP(D2, A2: B7,2, FALSE)最後にVLOOKUP関数がエラーになる原因と対処法について確認します。 エラー毎に見てみましょう。まずは「#REF!

エクセルで割り算をする方法(切り捨てやあまりなどの関数も)|Offic... 【Excel】引き算の仕方/やり方 数式 関数 引く記号~みんなのエクセル

エクセル 割る 記号

エクセルで割り算を行うための演算子記号をご説明します。 また、関数を利用して商やあまりを算出することが可能です。 さらには割り算の式の結果から、切り捨て/切り上げ/四捨五入を指定する関数についてもご説明します。 」エラーになる原因と対処法からです。この場合、まず「列番号が範囲を超えている」ことが考えられます。例えば上の表からセルF2に指定した人の受講日をセルF5に表示させようとしてVLOOKUP関数を使いましたが「#REF! 」エラーとなりました。エラーとなった原因はVLOOKUP関数で指定した「範囲」がB列~D列と3列なのに対し、「列番号」を4としており、範囲を超えているためです。つまりこの例では、「列番号」を「4」ではなく「3」とすれば正しく表示されます。#REF!

エクセルの割り算・掛け算のやり方 四捨五入・切り捨て・あまり関数の計算方法 ... 【Excel関数】ROUNDUPを使って原価と粗利からキリの良い売価を求める計算式|Simply+<シンプリープラス>

エクセル 割る 記号

エクセルでの割り算のやり方は「/(半角スラッシュ)」という記号(演算子)を用います。エクセルで単純な割り算をするだけなら関数は必要ないです。「÷」を入力しても何も起こらないので注意しましょう。 ※画像引用元:voyager.jpl.nasa.gov 1977年にNASAが打ち上げた「ボイジャー1号」は、最も地球から遠い195億kmまで到達した無人宇宙探査機として有名です(現在も稼働中)。 地球とボイジャー1号との距離を計算するのに、円周率を「14桁で計算した場合」と「15桁で計算した場合」で誤差はたったの11.7cmしかないそうです。 詳細はNASAが円周率を15桁目までしか使わない理由を参照してください。 要は一般的な円周率を使った計算であれば小数点以下は、エクセルのデフォルトの14桁あれば十分ということです。 ちなみに2019年の時点ではコンピュータにより小数点以下31.4兆桁まで計算されているそうです。 注意点ですが、PI関数には引数はありません。 カッコは必要ですが、カッコ内は何も指定する必要はありません。 もし、PI関数に引数を指定するとどうなるのでしょうか? この様に「関数に問題が見つかった」と注意が表示されて、PI関数の入力が確定できません。 PI関数を実際にセルに入力してみると以下の様に「3.141592654」と、小数点以下が9桁表示されます。 もっと小数点以下の桁を表示させたい場合は、以下の操作を行います。 セルの幅を広げたい列の番号(DとEの間)の右側にある区切り線の上にカーソルを移動し、マウスの左ボタンを押して、右にドラッグする。 後から調整できますので、幅を広めにしておきましょう(今回は幅16.00/133ピクセルに設定しました)。 表示桁数を増やしたいセルを選択し以下の操作をする。 ホームタブ>小数点以下の表示桁数を増やす>必要な分だけクリック(クリックした分だけ、桁数が増えていきます) これで小数点以下14桁まで表示することが出来ます。 まずは算数のおさらいです。円の面積を求める一般的な公式は以下です。 「 PI関数で求めた円の面積を四捨五入するには、求めた答えをROUND関数へ渡せば丸められます。 =ROUND(PI()*B3^2,3) この様に、ROUND関数の引数1に四捨五入の対象である円の面積を求める数式として”PI()*B3^2”を指定します。 ROUND関数の引数2には”3”を指定しましたので、小数点第3位が四捨五入され小数点第2位まで求められます。 まずは算数のおさらいです。円周の長さを求める一般的な公式は以下です。 「2×r(”ニ・パイ・アール”)」 セルB3に円の半径(の長さ)が入力されていてる場合 =2*PI()*B3 これで円周の長さが求められます。 PI関数で求めた円周の長さを四捨五入するには、求めた答えをROUND関数へ渡せば丸められます。 =ROUND(2*PI()*B3,3) この様に、ROUND関数の引数1に四捨五入の対象である円周の長さを求める数式として”ROUND(2*PI()*B3,3)”を指定します。 ROUND関数の引数2には”4”を指定しましたので、小数点第4位が四捨五入され小数点第3位まで求められます。 3.

エクセル計算の基本!掛け算・割り算・引き算・足し算 Excelで先頭にプラス+をつける、マイナスを三角△で表示する方法【ユーザー定義表示形式】 - わえなび ワード&エクセル問題集

エクセル 割る 記号

掛け算で使用する記号は「=」と「*」。 キーボードだとこの位置にあります。 テンキーだと、「=」は入力できませんが、「*」を入力するときには、[Shift]キーを使わずに、押すだけで入力できます。 「エクセルの割り算ってどうやってやるの?」 「割り算が簡単にできる式の書き方や関数ってある?」上記の様な疑問をお持ちの方に、当ページではエクセルで割り算をする方法について解説しています。 基本的な割り算はもちろん、割り算で知っていると便利な関数やエラーが出た時の対処法もご紹介しているので、是非チェックしてください。この記事を読み終わる頃には、あなたのやりたい計算が問題なくできる様になっているでしょう!まずは数式を使って割り算をする方法を確認しましょう。まずは「セルに直接数式を入力する」方法で、次のように行います。 (1)結果を表示させたいセルを選択する(例:セルB2) (2)数式バー(例:赤枠内)に「=」入力後、計算したい数式を入力する (3)Enterを押す 割り算の時に使う記号は「÷」ではなく「/(スラッシュ)」です。スラッシュはテンキーにありますので、こちらから使いましょう。次はセルを選択して計算する方法で、数値が頻繁に変わる場合や表形式で作成する場合にはこちらの方が便利です。セルを選択して計算するには、次のように行います。 (1)結果を表示させたいセルを選択する(例:セルD2) (2)数式バー(例:赤枠内)にまず「=」を入力 (3)割り算をしたいセルをクリックし「/」でつなぐ (4)Enterを押す 一般的には最初に紹介した「セルへの直接入力」よりも、こちらの「セル同士の計算」の方がよく使われます。特にこの方法を覚えてください。次に、割り算を使う上で覚えておいたほうがいい関数やテクニックを紹介します。まずは「四捨五入」です。エクセルでは、関数を使えば簡単に四捨五入の計算をすることができます。例は単価を小数点第一位で四捨五入した値を求めており、このように「希望の桁数で四捨五入したい」場合には「ROUND関数」を使います。実際にやってみましょう。(1)結果を表示させたいセルを選択する(例:セルC2) (2)数式バーそばの「fx」ボタン(①)を押す(3)「関数の検索」欄(②)に「ROUND」と入力し、検索開始ボタン(③)クリック後、OKボタン(④)をクリック(4)「数値」には四捨五入したい数値が入っているセルを、「桁数」には四捨五入する桁数を入力する ※ 例えば、「123」のような整数にしたい場合桁数は「0」、「123.4」のような小数第一位までにしたい場合、桁数は「1」となる(5)OKボタンを押すこうすることで、小数点第一位を四捨五入することができました。 ※ 例では、セルC3~C5にも同様の計算式を入れています。なお、表示上小数点がいらない場合には、「セルの書式設定」の「表示形式」で設定してください。次に計算結果の切り上げですが、同様に関数で簡単に計算できます。先ほどと同じ数値を、今度は小数第一位で切り上げてみましょう。(1)先ほどの手順に沿って行い、「関数の検索」では「ROUNDUP」と入力する (2)ROUND関数と同じように、「数値」には切り上げたい数値が入っているセルを、「桁数」には切り上げる桁数を入力する(3)OKボタンを押すこうすることで、小数第一位を切り上げることができました。 ※ 例では、セルC3~C5にも同様の計算式を入れています。そして計算結果の切り捨ても、関数で簡単に計算ができます。先ほどと同じ数値を、今度は小数点第一位で切り捨ててみましょう。(1)先ほどの手順に沿って行い、「関数の検索」では「ROUNDDOWN」と入力する (2)ROUND関数やROUNDUP関数と同じように、「数値」には切り捨てたい数値が入っているセルを、「桁数」には切り捨てる桁数を入力する(3)OKボタンを押すこうすることで、小数第一位を切り捨てることができました。 ※ 例では、セルC3~C5にも同様の計算式を入れています。エクセルでは「セル同士の計算」をし、その計算式をコピー&ペーストした場合、参照先のセルも自動的に移動します。例えば、「=A2+B2」と入力されているセルC2をコピーしてセルC3~C5に貼り付けた場合には…。計算式の参照先も、同様に下にズレるのです。これを「相対参照」と言い、多くの場合便利ですが、ケースによっては困ることもあります。例えば複数の数値を同じ数値で割る、といった場合、セルA8に入っている計算式、「=A2/A5」は、セルB8にコピーすると「=B2/B5」となり、正しく計算されません。このような時に使えるのが、「絶対参照」です。使い方は簡単で、数式バーの固定したい方にF4キーを押して「$」マークを付けてあげるだけです。こうすることで、数式をどこにコピーしてもセルA5は動かなくなります。場面によって相対参照と絶対参照を使い分け、計算式の入力の手間を省きましょう。最後に、結果を%で表示させる方法を紹介します。例は、A~Dさん4人の利用回数の割合を求めており、「各利用回数÷利用回数合計」を計算するところまでできています。この後「セルの書式設定」の「表示形式」を設定すれば簡単に「%」表示になり、やり方は次の通りです。(1)「ホーム」タブ(①)をクリックし、「フォント」の右下↘(②)をクリックする(2)「表示形式」タブ(③)をクリックし、「パーセンテージ」(④)をクリック(3)OKボタンをクリックするこのようにすれば、簡単に%で表示できます。「ROUND関数は桁数を指定しなければならないから面倒」、「あまりだけ求めたい」といったこともあります。そんな時は別の関数を使ってみましょう。「整数が求められればいい」、「割り算をした時の商だけ欲しい」という時には、「QUOTIENT関数」を使うという手もあります。ここでは先ほど使った例を使って整数を求めてみましょう。(1)先ほどの手順に沿って行い、「関数の検索」では「QUOTIENT」と入力する (2)「分子」には整数にしたい数値が入っているセルを、「分母」には「1」を入力する(3)OKボタンを押すこのようにすれば、簡単に整数を求めることができます。「QUOTIENT関数」は商のみを求められる関数です。整数を求める場合以外、商のみを求める場合にも活用できるので使ってみてください。反対に、あまりだけ表示させたいこともあります。例では「10÷3」のあまりを求めていますが、この時に使うのが「MOD関数」で、使い方は次の通りです。(1)先ほどの手順に沿って行い、「関数の検索」では「MOD」と入力する (2)「数値」には分子が入っているセルを、「除数」には分母が入っているセルを指定する(3)OKボタンを押すこのようにすれば、簡単に割り算のあまりを求めることができます。最後に、「#DIV/0!

エクセルで掛け算は*ですが、割り算はどの記号になりますか? - 演算... 計算式の入力(演算子・四則演算)|エクセル(Excel)の基本操作

エクセル 割る 記号

エクセルで掛け算は*ですが、割り算はどの記号になりますか? 演算の種類 演算子 足し算 + (プラス) =5+3 引き算 - (マイナス、ハイフン) =5-3かけ算 * (アスタリスク) =5*3 割り算 / (スラッシュ) =5/3 べき乗 ^ (キャ... 」エラーが表示される原因と対策について解説します。エラーの原因は、「0」や「空白セル」で割り算をしているからです。分母が「0」や「空白セル」であれば、例のように「#DIV/0! 」エラーとなります。ちなみに試して見れば分かりますが、分母が数値であれば分子が「0」や「空白セル」であっても「#DIV/0! 」エラーにはなりません。では、「#DIV/0! 」エラーを避けるためにはどうしたらよいでしょうか?それは、「IF関数」と「ISERROR関数」を使うことです。先ほどの例を使って説明すると、セルC3に入れる計算式は「=IF(ISERROR(A3/B3),””, A3/B3)」となります。この計算式の動きを解説すると、次のようになります。(1)ISERROR関数でエラー判定する ISERROR関数は、カッコ内の計算式がエラーかどうかを判定する関数です。エラーの時には「true」、エラー出ない時には「false」を返します。(2)IF関数で真偽に応じた値を返す IF関数は、論理式(例の場合は「ISERROR(A3/B3)」)が「真(true)」の場合と「偽(false)」の場合で返す値を変えることができる関数です。例では真(A3/B3がエラー)の場合は「””(空白)」を、偽(A3/B3が数値)の場合はA3/B3の計算結果を返します。このようにすることで、「#DIV/0!

【Excel】掛け算の仕方/やり方 数式 関数... 【エクセル】割り算のやり方 | Excel使い方ガイドブック

エクセル 割る 記号

1.【基礎編】エクセルの掛け算の記号 エクセルの掛け算で使う記号(”演算式”と言います)は、半角文字の「 * 」(アスタリスク記号)です。 「*」の前後に、数値を直接指定したり、数値や数式が入力されたセル番地を指定することで、掛け算が出来ます。

【Excel】累乗/べき乗... Excelで使う演算子の種類 | Excel関数 | できるネット

エクセル 割る 記号

1.【基礎編】エクセルの累乗/べき乗の記号. エクセルでべき乗(n乗根)の計算に使う記号は、「^(キャレット記号)」(半角文字)です。 2.【基礎編】累乗/べき乗の記号を入力する方法. この「^」(キャレット記号)記号は、キーボードから以下を入力します。

エクセル上級者直伝の割り算方法!知っていると役立つ関数と式の書き... エクセルで割合(%)を求める関数を画像つきで分かりやすく解説! | BOATマガジン 〜家電からWebサイトまで 今の商品を「知る」メディア〜

エクセル 割る 記号

割り算の時に使う記号は「÷」ではなく「/(スラッシュ)」です。 スラッシュはテンキーにありますので、こちらから使いましょう。 1-2.計算したいセルを選択する