• 記事: 17295
  • 質問に対する回答: 27883
  • コメント: 20268
  • 準備ができて答え: 24595

クレジットカード マイル 還元率

マイル還元率が高いクレジットカードおすすめランキング【2020最新】 【2020年最新】おすすめビジネスカードまとめ!!還元率、年会費、特典などを徹底比較 |

クレジットカード マイル 還元率

普段のクレジットカードの利用で 還元率1% ! ポイント移行コースに入会すれば、anaマイルの 有効期限が実質無期限 に! 移行マイル数の上限もないので、クレジットカードを多く利用する方はより早くanaマイルを貯めることができます! 会社を経営されている方や自営業者の方向けの法人クレジットカードをご紹介します。 この記事で紹介するのは、中小企業や個人事業の方向けのビジネスカードです。私も一人社長従業員0人で会社を経営しており、会社設立を機に色々なビジネスカードを申し込みしてみました。 個人向けのおすすめのクレジットカードは別で紹介しています。 高還元率でメインカードにオススメな厳選クレジットカードまとめ。マイル系はお得! 法人クレジットカードは出張などの経費の精算処理が楽になったり、ポイントも貯まるので経費の削減ができるなどのメリットがたくさんあるクレジットカードです。 もちろん法人カードだと法人口座で引き落としもできますし、従業員カードも発行することもできます。 個人のクレジットカードとは違い、複数枚持つ必要性はあまりありません。どのカードの年会費が安いのか、還元率が良いのか、そもそもどんな法人クレジットカードがあるのか知らないという方は、オススメのカードを厳選して紹介していきますので、ご参考ください。 セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはセゾンカードのため永久不滅ポイントと貯めることができます。 ただし、永久不滅ポイントの場合、1,000円の利用毎に1.5ポイント(還元率0.75%)と還元率は高くありません。 もうひとつ、SAISON MILE CLUBという 4,400円の年会費を払い加入することで、JALのマイルを貯められます。 加入すると1,000マイルにつきJALマイル10マイルが付与され、更に2,000円につき永久不滅ポイント1ポイントが付与されます。 永久不滅ポイントは200ポイントで500マイルに交換できるので、これで還元率が1.125%となります。年200万円以上の決済であれば年会費は1万円となり、メインカードとして使っていれば決してハードルは高くありません。 JALの飛行機に乗る方にはおすすめのクレジットカードです。またプライオリティパスも付属しています。 楽天ビジネスカードは、単体としての発行は行っておらず、楽天プレミアムカードの子カードとしてセットで発行するカードです。 楽天ビジネスカード|楽天カード 楽天プレミアムカード(年会費11,000円)に合わせ、楽天ビジネスカード(年会費2,200円)で発行することができます。 既に楽天プレミアムカードを所有している方であれば年会費2,200円で発行できるということになります。 楽天プレミアムカードはプライオリティパスが無料で発行できるので、海外によく行く人は持っておきたいカードです。 楽天プレミアムカードがお得!無制限プライオリティパスが無料に! 楽天ビジネスカードを使って、楽天市場で買い物をすると楽天市場の商品がポイント最大5倍となります。ただし、そのうち3倍は楽天プレミアムカードの特典です。 ポイント還元は100円につき1ポイントで通常の楽天カードと変わらないため、年会費と還元率で優れているのは、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードです。 楽天市場を利用する人であればおすすめで、楽天ビジネスカードは券面が楽天プレミアムカードと同様に金色なので見た目はスタイリッシュです。 楽天ビジネスカード同様に、個人カードであるANAダイナースプレミアムカードの追加カードとして2,200円で申し込むことのできる法人クレジットカードです。 ANAダイナースプレミアムカードは誰もが申し込むことはできずインビテーション(招待)制となっており、すでに所有している人は2,200円で作成できます。 ANAダイナース プレミアムカードは100円決済で1.5マイル!!

ANAカードのマイル還元率比較│最強のANAカードは - SkyMilers ショッピングマイル・プレミアムとは?年会費・還元率・損益分岐点は? | クレジットカードランキング – クレラン

クレジットカード マイル 還元率

今回は、ANAカードのマイル還元率を徹底比較していきます。 年会費も考慮しながら、最強クレジットカードを選定! ANAカード申込時には、最大5,500マイルもらえる「マイ友プログラム」をお忘れなく! 当サイトからのご紹介 ... 年会費は17.5万円(税込) ANAダイナースプレミアムカードと同様に、100円につきANAマイルを1.5マイルを貯めることのできる法人クレジットカードです。 ただしメインカードは17.5万円と激高なので、毎月100万円以上など決済しなければ元は取れないです。逆にそれ以上の利用だと大量のANAマイルを貯めることもできます。 ラグジュアリーカードの法人カードは個人カードと同様にチタンカードを所有することができます。 ラグジュアリーカードの場合、個人カードと還元率や年会費、特典はほぼ同じです。 年会費5万円のラグジュアリーカード(Titanium Card)の特典は?自分が持った理由 アメックスでもビジネスカードは用意しており、ノーマルカードからプラチナカードまであります。個人カードを持っていたからといってダイナースのように追加カードとして発行をすることはできずに、別に年会費が必要となります。 アメックス・プラチナのビジネスカードを持つメリットは?!

マイルが貯まるクレジットカードランキング!還元率1%以上が条件! ライフカードは最高還元率2%超えの超高還元率クレジットカード | 高還元率クレジットカードで得する.com

クレジットカード マイル 還元率

「マイル還元率1%以上のクレジットカードはどれがあるの!」 マイルが貯まるクレジットカードは沢山ありますが、本当にお得に貯められるクレジットカードを見極めるにはそれなりの知識が必要なのでかなり大変です! 使い倒せば超お得!!

【2020年】高還元率でメインカードにオススメな厳選クレジットカード... JALカードの実質的還元率を調べてみた。クレジットカードを使い分ける基準・線引きは? | クレカマイラー・ピコの「ちょっとハワイまで」

クレジットカード マイル 還元率

【2020年】高還元率でメインカードにオススメな厳選クレジットカードまとめ。マイル系はお得! 公開日: 2020年 01月 26日 更新日: 2020年 02月 03日 このカードの還元率は、以上5つの条件のうちどれを満たすかによって変わります。ここからは、これら5つのライフカードのポイント付与条件について説明します。 このカードのポイント還元率は、基本的に0.5%です。 このカードは、基本的には1,000円の利用につきLIFEサンクスプレゼントのポイントが1ポイント貯まります。LIFEサンクスプレゼントポイントは、電子マネーやギフト券、家電やグルメなど、豊富な商品と交換することができたり、ほかのポイントに移行できたりします。 具体的には以下の表のとおり、Vプリカやビットコインクーポン、Amazonギフト券、Gポイント、楽天スーパーポイント、ANAマイル、AOYAMAギフトカードセットと交換することができます。 LIFEサンクスプレゼントのポイント交換先 、三光マーケティングフーズお食事券なら1.4倍に跳ね上がることです。 AOYAMAギフトカードセットは、AOMAYAギフトカードと商品無料引換券とが同じ金額分セットになっています。たとえば、AOYAMAギフトカードセット6,000円分ならAOYAMAギフトカード3,000円分と商品無料引換券3,000円分のセットです。そしてAOYAMAギフトカードセット10,000円分は、AOYAMAギフトカード5,000円分と商品無料引換券5,000円分のセットになっています。 AOYAMAギフトカードは有効期限が無期限であるのに対して、商品無料引換券は有効期限が1年間です。また、どちらも釣り銭を受け取ることができないことに注意が必要です。 しかし、AOYAMAギフトカードセットはライフカードを超高還元率クレジットカードに変身させることができるポイント交換先です。なので、AOYAMAで最低年1回は買い物をするなら、ぜひとも活用したい交換先です。 もしAOYAMAを利用しなかったとしても、三光マーケティングフーズお食事券やVプリカへの交換を考えましょう。これらはAOYAMAギフトカードセットに次いで還元率をアップさせる交換先です。 Vプリカは、インターネットだけでクレジットカードのように利用できるプリペイドカードです。カード発行タイプと、カード番号だけが発行される発行コード型の2種類があり、LIFEサンクスプレゼントポイントをVプリカの発行コードと交換すると、還元率がアップします。 Vプリカなら、インターネットでの買い物で広く利用できるため、多くの方にとって活用できると言えます。 Gポイントへの交換は避けるべき ライフカードは、ポイントをGポイントに交換できる数少ないクレジットカードです。Gポイントとは120種類以上の電子マネーやギフト券、ほかのポイントなどに交換できる共通ポイントの1つです。 Gポイントを貯めている方なら、ぜひGポイントに交換してポイントを集めたいところですが、LIFEサンクスプレゼントポイントをGポイントに交換することはおすすめできません。 LIFEサンクスプレゼントポイントは、Gポイントに交換すると還元率が0.5%よりも低くなってしまうというデメリットがあります。 なので、LIFEサンクスプレゼントポイントはGポイント以外のポイントに移行・交換するようにしましょう。 このように、ライフカードのポイント還元率は、基本的には0.5%です。ただ、貯めたポイントをAOYAMAギフトカードセットと交換すれば還元率1%、三光マーケティングフーズお食事券と交換すれば0.7%と、大きく還元率を引き上げることができます。 ポイント有効期限は5年と長い ライフカードは、ポイント有効期限が最高で5年あります。多くのクレジットカードのポイント有効期限は2年であることを考えると、5年という期間はとても長いと言えます。そのため、ポイントを交換できずに失効してしまい、結局交換できなかった…。という危険性は限りなく低くなります。 ちなみに、このカードのポイントを電子マネーやギフト券と交換したりほかのポイントに移行するためには、年間1万2千円以上のカード利用が必要です。つまり、5年間で6万円のカード利用があればよいわけです。これならカード利用金額が少ない方でも、無理せずポイント交換ができますね。 ただし、このカードのポイント有効期限を5年にするためには、インターネット上の会員サイトで「繰越手続き」を行う必要があります。もし繰越手続きをしないと、ほかのクレジットカードと同じ2年でポイントが失効してしまいます。なので、忘れずに繰越手続きをするようにしましょう。 ライフカードの最大の特徴と言っても過言ではない点が、誕生月はポイントが3倍になることです。誕生月の1か月間はポイント付与率が通常の3倍、つまり還元率1.5%になります。 具体的には、このカードを誕生月の1日から末日の間に利用した金額に対して、3倍のポイントが付与されます。 ただし、ガソリンスタンドやインターネットショップだと、お店側の都合でカード会社への請求が遅れる場合があります。そのようなときは、誕生月の月末にカードを利用してもポイントが3倍にならないので注意しましょう。 なお、ライフカードの誕生月のポイントボーナスは、2017年までは何と5倍でした。しかし、現在では3倍に改悪されてしまっています。それでも、誕生月だけは貯まるポイントがアップするのは、とてもお得です。 家族カードも本会員の誕生月にポイント3倍になる このカードは、家族カードには申し込まないことをオススメします。家族カードを作った場合、誕生月でポイント3倍となるのは家族の方の誕生月ではなく、本会員の誕生月だからです。 家族の方も本会員としてライフカードを持てば、家族で見れば年に2回ポイントが3倍となります。このカードは年会費が永年無料なので、まったく損することはありません。 なので、ライフカードを家族で持つなら、それぞれに申し込むことをオススメします。 以上のとおり、ライフカードは誕生月の1日から末日までの1か月間、通常の3倍のポイントが獲得できます。 このカードは、入会初年度の1年間は無条件でポイント還元率が0.75%となります。このカードに入会してから1年が経過するまでは、カード利用で付与されるポイントが1.5倍となるためです。 ほかのクレジットカードでは、入会後3ヶ月や6か月という期間はカード利用で獲得できるポイントがアップするものはチラホラあります。しかし、このカードのように1年という長い期間ポイントがアップするものはほかにないことから、ライフカードは貴重だといえます。 このカードは、年間50万円以上の利用でLIFEサンクスプレゼントポイントがボーナスとして300ポイント付与されます。 LIFEサンクスプレゼントポイント300ポイントをカード利用で貯めようと思うと、30万円の利用が必要です。 このボーナスポイントにより、ライフカードの実質還元率を大きく引き上げることができます。ですから、このカードは年間50万円以上の利用があるかどうかが大きなカギになります。 入会2年目以降にこのカードを利用して付与されるポイントは、年間利用額によって1.5〜2倍にアップします。 具体的には、年間のカード利用金額ごとにレギュラー、スペシャル、ロイヤル、プレミアムの4つのステージに分けられています。そして、ステージごとに次年度のポイント付与率が異なる仕組みなのです。つまり、このカードは年間利用金額が多ければ多いほど還元率が高くなります。 ステージごとのポイント付与率は、以下の図のとおりレギュラーステージは1倍、スペシャルステージだと1.5倍、ロイヤルステージなら1.8倍、プレミアムステージなら何と2倍になります。 (引用:ライフカード公式サイト・LIFEサンクスプレゼント) このように、このカードは年間利用金額が多ければ多いほど、翌年のポイント付与率がアップします。 ここまで、ライフカードのポイントプログラムについて説明しました。このカードは誕生月や入会初年度、入会2年目以降のステージ制など、ポイントプログラムが複雑で還元率がわかりにくいのが悩みの種です。 そこで、ここまで説明したポイントプログラムをすべて考慮して、ライフカードの実質還元率をグラフにしました。 以下では、入会初年度と2年目以降それぞれに、実質還元率についてくわしく説明します。 上記が、ライフカードの入会初年度の還元率グラフです。なお、還元率は以下の条件で計算しています。 このカードの入会初年度の還元率が大きく変化するのは、年間利用額50万円です。 以下で、年間利用額50万円までと50万円以上のそれぞれの還元率について説明します。 このカードは、年間利用額が50万以下だと実質還元率は0.813%になります。つまり、1万円のカード利用につき81円がポイントとして還元されるわけです。 このカードは初年度はポイント付与率が1.5倍となるため、基本的には還元率0.75%となります。ただ、1年のうち1か月は誕生月でポイント3倍、つまり還元率1.5%なので、これらを平均すると0.813%になります。 この0.813%という還元率は、楽天カードやYahoo!

マイルの還元率1%以上!貯まると噂のクレジットカードを紹介-まねーぶ クレジットカードを利用したマイルの貯め方にはコツがある - クレジットカードを知る

クレジットカード マイル 還元率

年会費が低めでマイルの還元率が良いクレジットカードの紹介と還元率を上げるためには、いつマイルを特典航空券に交換するとお得なのかという情報を解説しています! JAPANカードなど、年間利用金額に関わらず1%のカードがいくつかある中では、あまり魅力的ではないのが実際のところです。 クレジットカードを年間50万円利用しない方にはライフカードはおすすめできません。 このカードを年間50万円利用すると、ボーナスポイント300ポイントが付与されます。このボーナスポイントにより、実質還元率は1.113%まで跳ね上がります。 なお、年間50万円の利用で実質還元率が最高の1.113%となった後は、カード利用金額が増えるにつれて実質還元率が下がっていきます。 これは、このカードの入会初年度の実質還元率が、基本的には上記で説明した0.813%だからです。そのため、カード利用金額が50万円を超えれば超えるほど実質還元率は0.813%に近づいていきます。 なので、クレジットカードの還元率にとことんこだわる方なら、ライフカードの利用は年間100万円程度で止めておき、それから後は還元率1%以上のほかのクレジットカードを利用するという方法が考えられます。 以上のとおり、ライフカードの入会初年度の実質還元率は、年間50万円までの利用だと0.813%となり、年間50万円の利用で最高となる1.113%にまで跳ね上がります。そして、年間利用額が50万円よりも増えるにつれて0.813%に近づいていきます。 続いて、入会2年目以降の実質還元率のグラフは以下のとおりです。 上記のグラフの還元率は、以下の条件で計算しています。 このカードは、入会2年目以降はステージプログラムにより、前年の年間利用金額が50万円と100万円、そして200万円を区切りに実質還元率が大きく変動します。 以下では、これら3つの年間利用額ごとに実質還元率について説明します。 このカードは、入会2年目以降は前年のカード利用金額が50万円以下だと、実質還元率は0.583%となります。 年間利用金額が50万円以下のとき、ステージプログラムでのポイント付与は1倍、つまり還元率0.5%です。そのため、誕生月ポイント3倍を考慮しても入会初年度よりも低い実質還元率となってしまいます。 このような年間利用金額が少ない場合、ライフカードのメリットを活かすことはまったくできません。 このカードの年間50万円利用したときのボーナスポイント300ポイントは、入会初年度でも2年目以降でも同じです。そのため、入会2年目以降でも前年のカード利用金額が50万円以上なら実質還元率は1.113%となります。 そして、年間50万円以上の利用で実質還元率が下がっていく点も、入会初年度と同じです。 ただ、入会2年目以降は、ステージプログラムにより前年のカード利用金額が100万円と200万円でポイント付与率がアップします。 このカードの前年のカード利用金額が100万円以上だと、実質還元率は1.11%になります。 上記で説明したとおり、このカードの実質還元率は年間50万円以上すると下がっていきます。そして、年間利用金額が100万円になると再び還元率が回復するイメージです。 そして、年間利用金額が100万円より多くなっても、やはり実質還元率は下がっていきます。しかし、年間利用金額100万円以上だと、実質還元率が1%を下回ることは絶対にありません。 このカードは、前年の利用金額が200万円以上だと、プレミアムステージとして通常の2倍のポイントが付与されます。そのため、実質還元率はこのカードで最高の1.117%となります。 しかし、実質還元率が最高と言っても、年間利用金額50万円や100万円のときとほぼ変わらない還元率です。ですから、無理に年間200万円という高額な利用金額を目指す必要はないでしょう。 以上のとおり、ライフカードの実質還元率を入会初年度と2年目以降に分けてグラフで説明しました。このカードは年間50万円以上の利用がある方にとって活用できるクレジットカードだと言えます。 そして、上記の還元率グラフは、LIFEサンクスポイントをAmazonギフト券や楽天スーパーポイントなど、幅広く活用できるものと交換した場合のものです。 そのため、ポイントを先ほど説明したようにAOYAMAギフトカードセットと交換すれば単純に2倍、三光マーケティングフーズお食事券なら1.4倍となります。 つまり、AOYAMAギフトカードセットと交換するなら、このカードを年間50万円利用したときの実質還元率は2.226%という、となります。ちなみにこのとき、1万1,130円分がAOYAMAギフトカードセットとして還元される計算になります。 ここまで、ライフカードの還元率について、グラフとともにくわしく説明しました。このカードは貯めたポイントをAOYAMAギフトカードセットや三光マーケティングフーズお食事券と交換すれば、超高還元率なクレジットカードとして利用することができるのが大きな特徴です。 しかし、AOYAMAや参考マーケティングフーズをほとんど利用しない方にとってはまったく魅力のない話です。そこでここからは、ライフカードの還元率を上記で説明したグラフの数字以上に引き上げる2つの方法を紹介します。 このカードの還元率を上げる2つの方法とは、することです。この2つの方法なら、多くの方にとってメリットがあります。以下でくわしく説明するので、ぜひぜひライフカードの還元率をアップするために知っておいてください。 ライフカードの還元率を引き上げる1つ目の方法は、L-Mallの活用です。 L-Mall(エルモール)とは、ライフカードを持ってる人だけが利用できるインターネット上のショッピングモールです。 このL-Mallを経由してインターネットショッピングをすれば、ものポイントが獲得できます。通常ならライフカードは1,000円の買い物につき1ポイントが獲得できてポイント還元率0.5%なので、25倍なら1,000円につき25ポイントが獲得でき、ポイント還元率は12.5%となるわけです。 最低でも還元率が2倍以上になるので、ライフカードでインターネットショッピングをするなら、L-mallを利用することを強くオススメします。 L-Mallでは、楽天市場やYahoo!

JALマイラーおすすめクレジットカードは年会費とマイル還元率で選ぶ!...

クレジットカード マイル 還元率

年会費無料でjalマイルを貯められるカードもあれば、jalカードよりもマイル還元率が高いカードもあります。年会費とマイル還元率に注目してあなたにぴったりなjalマイルが貯まるクレジットカードを選ぼう!

おすすめ高還元率クレジットカード10選!専門家から学ぶ失敗しない選...

クレジットカード マイル 還元率

【2019年11月更新】おすすめの高還元率クレジットカード10枚をランキング形式でご紹介します。カード選定から比較方法まで雑誌掲載歴も豊富なクレジットカード専門家(池田星太さん)に監修していただきました。

クレジットカードの還元率を解説!ポイントを貯めるコツとは?|クレ...

クレジットカード マイル 還元率

クレジットカードの還元率とは、利用金額に対してポイントが還元される割合を意味します。クレジットカードでポイントを貯めるコツや、高還元率カードのメリット・注意点について解説します。

JALマイル還元率が高いクレジットカードを比較。効率良くJALマイルを...

クレジットカード マイル 還元率

クレジットカード決済時に、マイル還元率が高いクレジットカード。 jal航空券を購入した時に、マイル還元率が高いクレジットカード。 jalの飛行機に乗った時に、追加でマイルが貰えるクレジットカード。 この3つを抑えておけば、良いわけ。