• 記事: 29137
  • 質問に対する回答: 27051
  • コメント: 23965
  • 準備ができて答え: 29808

ビヨンドミート 将来性

米国株の中で「株価10倍」が期待できるのは「ピンタレスト」と「ビヨ... すでに到来した人工肉の世界。投資する企業はあるのか | インディビジュアルハッピー

ビヨンドミート 将来性

米国株の中で、次の「10倍株」が狙えるのは「ピンタレスト(pins)」と「ビヨンド・ミート(bynd)」!発売中のダイヤモンド・ザイ11月号には ... ABOUTこの記事をかいた人 元ダメリーマンそらすけ 30代でのセミリタイアを目標に頑張る30代(就職氷河期末期の世代)。 派遣社員から転職を5回して、年収1000万円を超えた(副業含め)のちに起業。 バカを行動力で補うタイプ。 最近は投資をようやく覚えて、そっちにハマりぎみ。 お金に悩まない生活を目指して勉強してます! 運用実績はこちらで公表しています。【累計利益1,367,444円】 追記:この前、週間SPA!に投資家として取材されました~! いつものごとく、日本ではまだなにも始まってないのに米国ではすでに普通になっているトレンド。 人工肉と聞くとSFの世界っぽい感じがしますが、実はすでに大豆やえんどう豆を主原料とした「植物性の肉」が一般販売されています。 人工肉の大御所は2つで、「ビヨンド・ミート社のビヨンド・バーガー」と「インポッシブル・フーズのインポッシブル・バーガー」です。 ビヨンド・ミートの人工肉は2013年の時点ですでに全米のホールフーズ・マーケットで販売されていて、ベジタリアンから人気が高いとか。 インポッシブル・バーガーは各レストランに卸されており、お店で食べることができます。(なんとバーガーキングでも食べれます) トレンドや技術は、米国で人気になった後に日本に上陸というパターンが多く、今回の人工肉もその流れになりそう。 問題は、ビヨンドミートもインポッシブルフーズも株式を上場していないため、個人が投資をすることができない点です。 近い未来、人口増加によって食物の奪い合いになるやもしれない中、こうした人工肉は急成長するジャンルなのは間違いなさそう。 ほかにも昆虫食(主にコオロギ)も人気ですが、一般ウケしやすいのはやっぱり植物性の肉ですよねw 人工肉の現状、そしてなにに投資をするべきかを考えてみました。 すでに到来した人工肉の世界。投資する企業はあるのか 米国のスーパーで買える人工肉、ビヨンドミートのビヨンドバーガー こちらのビヨンドバーガーは、なんと普通にスーパーで買える人工肉です。 米国のAmazonでも買えちゃいます。 普通のハンバーガーのパテと同じく生肉っぽい感じで売られており、調理はこれを焼くだけというまさに普通の肉と同じ感じ。 味はもちろんのこと、ニオイや肉汁も再現されており、「本物の肉感」に近いものとなっています。 ハンバーガーにするとこんな感じの見た目です。 見た目ではまったくわかりません。 断面図を見ても普通のハンバーガーって感じですよね…。 技術の進化はぼくらの知らないところで起こっていました。 ビヨンドミート社では、ハンバーガーパテのほかにも鶏ささみ、ミンチ肉、ミートボール、ソーセージなどのラインナップがあります。 近い内にIPO(株式上場)するという噂もありますが、早くしてほしいです…!w 日本の三井物産も実はビヨンドミート社に投資をしているので、人工肉関連の株を買うなら三井物産…というのはちょっと弱いかもw バーガーキングやレストランで食べれるインポッシブル・フーズのインポッシブルバーガー バーガーキングの定番である「ワッパー」で、インポッシブルバーガーが試験販売されています。 結構な数が毎日売れているそうで、お客さんのウケは上々。 さすがに本物の肉とまったく同じというわけではなく、噛みごたえや風味は違うものの、ちゃんと食べれるレベルにはなっています。 レストランでもインポッシブルバーガーを採用するところが増えており、通常のバーガーにプラス3ドルくらいで頼めます。 今はまだ高い植物性のパティだが、今後さらに安く売られる可能性もある 植物性のハンバーガーパテはまだまだ始まったばかりなので、普通のハンバーガーよりもコストは高めです。 しかし、近い将来には牛肉のパテよりも安くなる可能性があります。 世界的な不況と相まって、爆発的に植物性パテが普及するかも…。 ハンバーガーショップに行くと、安いバーガーとして植物性パテ、ちょっと贅沢したいときに牛100%パテを食べるなんて事が普通になってきそうです。 ステーキはさすがにまだ難しそう ステーキのように「ザ・肉!」っぽい食感や見た目を植物由来で再現するのはまだまだ難しそうです。 人工肉がステーキハウスのステーキに取って代わる未来は当分来なさそうですね。 しかし、ステーキハウスでもハンバーグは人工肉を使用することは大いに考えられます。 人工肉業界はどこに投資をしたらいいのか 残念なことにビヨンドミートもインポッシブルフーズも、個人の投資家が投資できる企業ではありません。 そのうち株式上場して株を手軽に買えるようになると思うので、その時を待ちましょう。 もしくは…大手ハンバーガーチェーンも自社開発すると思うんですよね…。 例えばマクドナルドとか。 マクドナルドはきっと自社開発の人工肉を出してくるはずです。 後発組になるので、完成度もきっと高いはず。 その点を考慮すると、マクドナルドの株はタイミングを見て買っても良いかも。 しばらくずっと株価は上がり続けてるので、いつ買うかは難しいです…。 まとめ:人工肉は今後、巨大な産業になっていきそう 植物性の人工肉は、ヘルシーなだけでなく普通の肉より安い&大量生産ができる&地球環境に優しいという点が期待されています。 うーん、世界的にこれはブームが来るんじゃないかな…。 世界中で急成長する産業になって、進化の速度も早そうです。 5Gやロボティクス、AI、ドローンなどに加えて、人工肉産業もまさに次世代の巨大産業として期待しつつ、投資の機会を探っていきたいと思います! そらすけの運用実績もまるっと公開しています! ぼくが始めて資産運用をしてからの月別実績も正直に公開しています。 sorasuke よかったらこちらも…

ビヨンドミート植物肉の将来性はあるか?|tousi.kousi|note ビヨンドミートの企業研究①バフェット部 セミリタイアした東大卒元商社マンの米国株情報サイト

ビヨンドミート 将来性

ビヨンドミートの将来性は?? 市場規模 ・今世界での懸念されている環境問題 ・健康志向ブーム などの観点から今後植物肉への期待は高まっていくと考えられます。(市場規模の拡大) ビヨンドミートの売上高率がすごい 今回は、植物性由来人口肉の生産販売を手掛けるBeyond Meatについて研究していきます。Beyond Meatについて調べようと思ったのは、サピエンス全史という本を読んでいる中で、現在の畜産業が動物たちにとっていかにひどいものかということを思い知らされたのがきっかけです。市場経済に巻き込まれた動物(主に牛や豚や鶏)たちは、人間の都合により、いかにコストを抑えて、おいしい肉を生産するかという点が過度に追求されてきました。メスの母胎を気にかけず次から次へと妊娠させる大量生産、遺伝子組み換えによる短期間での巨大化、スペースの節約のためほとんど身動きができないほどの空間での劣悪な飼育環境。家畜たちは、人間に食べられるためだけに生まれてきて、その短い一生を、糞尿まみれの身動きのほとんどできないところで、座ったり立ち上がったりじっと壁を見つめたりしながらただただ時間をつぶしていくのです。鶏に関しては、最近こんな記事も見つけました。https://gendai.ismedia.jp/articles/-/68975? page=7過度に工業化された畜産業は、まるで工場と一緒で、我々人間と同じく感情を持っている動物たちが、最終製品(肉)を作るためのただの機械や部品として扱われているのです。。人類と資本主義の犠牲になってしまった罪のない動物たちを助けるために、投資をする者としても力になりたいと思い、見つけたのがBeyond Meatでした(市場では既にかなり注目されている企業のようですが自分は知りませんでした)。かつて奴隷制度が普通だった時代に、そんなのはおかしいと立ち上がった人たちがいました。奴隷を利用した生産物というのは当然コストが安く需要者にとって都合がいいのですが、国や需要者の意識が変わって、コストは高くなるけども奴隷制度をなくすという方向に舵を切ってきたのです。現在の家畜たちもまさに奴隷です。一見、利益が全てに見える資本主義社会においても、かつての奴隷制度を駆逐したように、現代の奴隷も駆逐できると思っております。<Beyond MeatのMission>Beyond MeatのMissionは、”タンパク質の未来を創ること” であり、動物性食肉から植物由来の人口肉に代替することで以下4つの課題を解決するとしております。1. 人類の健康の改善牛肉などの肉は、タンパク質が豊富で、私たちが生きていく上で必要な必須アミノ酸を含みますが、肉の摂取が健康を害するという研究が多いことも事実です。一般的には動物性脂肪の過剰摂取によって血液がドロドロになり、心臓病や脳卒中、糖尿病などの原因になるとも言われております。また、世界保健機関(WHO)は、牛肉などの”赤肉”を、グループ2発がん性物質に指定し、ベーコンやソーセージなどの”加工肉”はグループ1発がん性物質にリストアップされています。(※グループ1が最も発がん性が高く、加工肉以外にタバコやアスベスト、プルトニウムなどもリストに含まれる)植物由来の人口肉に切り替えることで、こういった健康上の問題を解決することが期待できるのです。2. 地球温暖化への貢献家畜のげっぷや排泄物からは温室効果ガスに分類されるメタンや亜酸化窒素が放出されます。一見、大した量には思えないかもしれませんが、全世界で莫大な数の家畜が存在する中、国連食糧農業機関(Food and Agriculture Organization、FAO)の調べによると、人為的に排出されている温室効果ガスの14.5%が畜産業から排出されているものとしております。https://www.afpbb.com/articles/-/3000579植物由来の人口肉生産過程でも当然温室効果ガスが排出されますが、畜産業と比較すれば圧倒的に少ないといわれており、温暖化に貢献できると期待できます。3. 食料資源の確保世界の食料問題は、人口の増加と資源利用上の制約、地球環境の変化によって深刻化することが予見されていて、食料の生産と消費がもたらす環境への負荷が増大する一方で、この増大しつづける地球環境への負荷が、回帰的に食料生産に影響を及ぼすことが考えられます。過度な食肉への偏重を防ぎ、代替肉という選択肢が増えることで食料資源の確保を促進することができます。4.

ビヨンド・ミート株に「売り」判断、代替肉市場の大きさ疑問視-DA - ... <話題の焦点>=開発進む人造肉は将来の有望テーマか | 特集 - 株探ニュース

ビヨンドミート 将来性

米ビヨンド・ミートが手掛ける代替肉製品の市場は、成長予想の比較基準として使用されることが多い牛乳代替品市場ほどには拡大しない可能性 ... 三井物 <日足> 「株探」多機能チャートより 途上国や新興国の経済成長を背景に、2050年に世界の総人口は現在の76億人から90億人を突破すると予測されている。当然、食糧の需要も増加しているが、特に増えているのがタンパク質の需要だ。 新興国では、豊かになった消費者が肉の摂取を増やし、子どもにより多くの乳製品を与えている。一方の先進国では消費者の健康志向の高まりで、パンやシリアルなどの炭水化物を減らし肉や卵といった動物性タンパク質を増やす傾向にある。タンパク質の世界需要は50年には現在から倍増するといわれており、これへの対策が急務となっている。 一方で、こうしたタンパク質の需要拡大に対して、従来の家畜型の食肉生産では対応できないという見方が増えている。飼料の製造・加工過程や家畜の排せつ物などから発生する温室効果ガスは温暖化の主な原因ともなっており、環境意識の高まりから従来型の畜産業を大きく拡大させるのは難しい。また、健康志向の高まりや動物愛護、宗教的要素などからくる逆風も年々厳しさを増している。 こうしたなか、活発化しているのが「人造肉」への取り組みだ。日本企業ではまだ少ないものの、世界的には植物性食品だけを材料とするハンバーガーや、幹細胞から動物組織を培養する研究室育ちの肉まで、米国を中心にさまざまなスタートアップ企業が存在する。 例えば、米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏傘下のベンチャー・キャピタル(VC)や香港の長江実業創設者の李嘉誠氏傘下のVCが出資する米インポッシブル・フーズは、大豆などに含まれる肉独特の味を再現する成分に着目し、味はもちろん肉独特の匂いや肉汁まで、大豆や小麦、ココナッツオイルなどの植物性食品で再現している。米国では既にこうした人工肉が大手スーパーやハンバーガーショップで販売され、一部ではヒット商品になっているという。 日本企業では、みそで有名なマルコメ(長野県長野市)などが大豆を使った人工肉を手掛けているが、本格的な取り組みはまだこれからといったところ。ただ、インポッシブル・フーズ同様に植物由来の人工肉を使った「ビヨンド・ミート」を手掛ける米サベージ・リバーには三井物産<8031>が出資しており、今後もこうした米ベンチャーへの出資や提携などのケースは増えそう。また、将来的に培養肉の研究が進めば、バイオベンチャーなどの活躍の場も広がろう。

アメリカの著名人も投資 代替肉を扱う「ビヨンド・ミート社」の実力と未来を解説 |... ビヨンドミートはどこで買えるの?コストコ?アマゾン?味の口コミも - そーなんて!

ビヨンドミート 将来性

アメリカ発の代替肉ビヨンド・ミートが、世界的に大きな話題となっています。 ビヨンド・ミートとは、いわゆる菜食主義者と呼ばれる肉類を口にしない人々のために開発された100%植物由来のフェイクミート食品で、新しい食習慣を世界 今話題の植物性のお肉を開発し製造するアメリカの ビヨンド・ミート社。 大豆やエンドウ豆などを主原料として、 植物だけを使用して本物の肉と全く同じ味の 食品を作っています。 そのビヨンドミート、ステーキやひき肉、 なんとソーセージまでも見た目や味、 匂いも本物そっくりだそう。 さらに、牛肉などのお肉の主成分であるたんぱく質は、 私たち人間にとって欠かすことのできない栄養素ですが、 植物からも摂取することが可能なので、 「肉」にこだわらなくても健康上問題ないということです。 日本では、完全菜食主義といわれるビーガンも ベジタリアンなどの食生活も、 まだそこまで浸透していない印象ですね。 でも、健康志向の人は多く、外国の食生活を 取り入れがちな方も多くなってきているので 気になっている方もいるのではないでしょうか。 #ビヨンドミート の #ビヨンドバーガー 食べてみた。 pic.twitter.com/st IF8Asigk — キャシー@ (@sisco03) 2019年6月25日 さて、そんなビヨンドミートが どこで買えるのかご紹介しましょう。

【BYND】株価163%急騰!未来の肉を開発する米ビヨンド・ミート社が上... ビヨンドミートが9月以来の高値 中国のシノディズとの契約発表=米国株個別 - 2020年06月09日04:42|為替ニュース|みんかぶFX

ビヨンドミート 将来性

ビヨンドミートの将来性は? マーケットはビーガン以外にも ビーガン(完全菜食主義社)の数はアメリカでは6倍に増えており、一大マーケットを形成しています。 ビヨンドミートはコストコで売ってる? 日本での発売は残念ながらまだされておらず、 2019年中には発売される予定とのことでした。 着々と準備が進められてきているのではと思っていた矢先、 つい先日、三井物産は販売計画をとりやめた との発表がありました。 三井物産は、ビヨンドミート社に出資していることもあって、 提携しているセブン&アイグループで販売されるのでは? といった声もきかれましたが。 #ビヨンドミート Reuters2019年 8月 10日 4:45 AM JST「代替肉」のビヨンド・ミート、日本進出計画を取りやめ=三井物産https://t.co/Rmale9V4ID — steadfast二等兵 (@Wide58gene7) 2019年8月11日 ちなみに三井物産の広報担当者は、 将来的な日本進出はまだあり得ると語ってますね。

ビヨンドミートの株価大幅上昇、決算発表と将来性について OKUSTOCK...

ビヨンドミート 将来性

ビヨンドミート(Beyond Meat)とは?本社はアメリカのロサンゼルス、イーサンブラウン(Ethan Brown)によって2009年に設立され、2012年より「植物肉」を製造、販売している会社です。 どうなるビヨンドミート。 アメリカのコストコで販売されていることもあり、 日本でもコストコで取り扱う可能性が高いのではと、 あちらこちらでささやかれています。 たしかに、イメージ的にはコストコに置かずに どこに置くといった感じですね。 ただでさえ輸入コストがかかって 安価ではなさそうな気がしますね。 コストコ年会費もかかるし…。 富裕層の食べ物になりそうな予感。 いまだどこで買えるのか、 もはや日本に入ってくるのかも見えない現状ですが これからも動向を注目していきたいです。 ビヨンドミートは通販なら買えるの? 残念ながらいまのところ通販でも購入できません。 なかなか手に届かないビヨンドミート! 海外ではアメリカのホールフーズマーケットで購入できるそうで、 ホールフーズマーケットは Amazonとも連携しているのですが、 日本の通販で購入することはできません。 アマゾンサイトで 「ビヨンドミート」検索してみました。 お肉は出てきませんでした―。残念! とはいっても、せっかくなので、 その味も口コミをみてみましょう。 ビヨンドミートの味はお肉!? ビヨンドバーガーのパティとして売られているお肉は なんと本物の肉と同様に “生肉”の状態で売られています。 BEYOND MEAT (#ビヨンドミート) 植物由来の代替肉を開発・製造。 ハリウッド・スターのレオナルド・ディカプリオ氏やマイクロソフトの共同創業者ビル・ゲイツ氏が資本参加している。 1ヶ月で株価は7倍に成長している、今注目の食品テクノロジー企業。 pic.twitter.com/7mkp Mp Md Ae — TAIGAゆる起業家6年目 (@TAIGA_HP) 2019年6月22日 それを熱した鉄板に乗せると、 ジューッと音がして 肉に似た香りまで漂ってくるとか。

ビヨンド・ミート【BYND】:株式/株価 - Yahoo!ファイナンス

ビヨンドミート 将来性

ビヨンド・ミートは米国の食品会社。菜食主義者向けに植物由来の人口肉の生産・販売を手掛ける。動物性肉の特性やたんぱく質などの栄養素を含む植物性のミートパティ、ソーセージ、粗びき肉などを開発。 さらに本物の肉とおなじように 肉汁のような液体が出てきて、 まさにパティのような茶色に色づきます。 以前から植物性のバーガー肉は存在していたものの、 それはどれも火を通した後の肉に似せて作られていて、 肉汁も出ないし、本物とはまるでちがう状態で 売られていました。 そんな本物に極めて近いビヨンドミート、 お味はどこまで本物か。 ビヨンドバーガーを食べてみた人の感想では、 本物の肉と全く同じかと聞かれたら違うものの、 植物性と言われなければ偽物と気付かないレベルだそうです。 また、チキンやミートボール、 ソーセージなどの開発にも成功していて、 チキンは肉の繊維はリアルなものの、 食感はちょっと硬い印象とのことでした。 ビーガンの方がたべてみたところ、 これは肉ではないのか! とビックリされたそうです。 開発改良を続けるビヨンドミート、 未来は本物の肉を超えた植物性肉が 食卓に並んでいるかもしれませんね。

ウーバー、リフト、ビヨンドミートなど、最近IPOした注目株の決算を総...

ビヨンドミート 将来性

つまり、 ビヨンドミート、シルクロード・メディカル、ウーバーの3 ... 決算は今ひとつだが、製品には将来性があるので次回以降に期待! ... 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bit Flyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。

【BYND】ビヨンドミートの今後の株価推移を予想!株価急落を乗り越え...

ビヨンドミート 将来性

ビヨンドミート(Beyond Meat)はヴィーガンの方や、宗教上の理由で肉を食べることができないものの、肉の味を楽しみたい人々、健康志向の人々向けに完全植物性の肉やソーセージを製造している食品加工会社です。 同社の出資者の中にはマイクロソフトの共同創業者であるビル・ゲイツ氏や ... 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 みんかぶFXについて 運営会社 利用規約 プライバシーポリシー プライバシー・ステートメント 特定商取引表示 ご利用上の注意(関連法規) 広告掲載・取扱商品 お問い合わせ (C) MINKABU THE INFONOID, Inc.