• 記事: 23832
  • 質問に対する回答: 27213
  • コメント: 22151
  • 準備ができて答え: 21657

エクセルプルダウンの作り方

エクセルのプルダウンリストの作り方~Excel入力規則 【エクセル】プルダウンリストを外す(解除する)方法 | 定時に帰る.com

エクセルプルダウンの作り方

プルダウンリストの作り方。エクセルでデータ入力を簡単にしたり、入力する値を制限したりするには、Excelの入力規則のプルダウンリストを作成すると便利です。 下記の様にプルダウンが設定されているセルから、プルダウンを解除します。 1. セルを選択したまま、「データの入力規則」をクリックします。 「データの入力規則」を選択します。 2.

エクセルのプルダウン(ドロップダウンリスト)を作成/編集する|Offi... 【エクセル】電子印鑑の作り方と1クリックで使える設定方法とは?|ガラクタブログ

エクセルプルダウンの作り方

エクセルで使う機会が多いプルダウンリスト(またはドロップダウンメニュー)の作り方を手順を追ってご紹介していきます。「データの入力規則」機能を使った方法や、別シートの情報をプルダウンリストで表示させる方法などもお伝えしていきます。 下表を使って説明していきます。 ①「輸入」シート ②「リスト」シート 1.使用するシート名: 輸入、リスト 2.1つ目のプルダウンリスト(輸入会社):「A社」「B社」「C社」が選択できます。 3.2つ目のプルダウンリスト(輸入先) : A社→アメリカ、カナダ、イタリア B社→メキシコ、アメリカ、インド C社→カナダ、フィリピン、アメリカ ここで紹介する 3段階のリストを連動させる方法は、1段階に連動させる2段階のリスト「輸入先」の項目に、重複がある場合です。 1.「リスト」シートに、3段階のプルダウンリストの基本となるリストを作成 2.データの入力規則で1段階のプルダウンリストを作成する 3.2つ目の絞込み選択リストの範囲に名前をつける 4.2つ目の絞込み選択リストを作成する 5.3つ目の絞込み選択リストの範囲に名前をつける 6.3つ目の絞込み選択リストを作成する 「データ」タブ→「データツール」グループ→「データの入力規則」 「リスト」シートに、次のようなリストを作成します。 リストを作成したら、次に1段階のプルダウンリストを作成しましょう。 1段階のプルダウンリストを作成します。 1.「A2」のセルを選択して、データの入力規則をクリックします。 データの入力規則に、次のように入力しましょう。 入力値の種類(A) :リスト 元の値(S) :A社, B社, C社 2.入力が終わったら「OK」ボタンをクリックします。 3.「A2」をプルダウンリストを作成したい行までコピーします。コピーした行までプルダウンリストが作成されます。リストを作成した範囲を選択してから、データの入力規則をクリックして、設定してもいいです。 2つ目の絞込み選択リストの範囲に、「名前の定義」で名前をつけていきましょう。 「数式」タブ→「定義された名前」グループ→「名前の定義」 1.2つ目のリストの範囲に「リスト」シートから名前をつけていきます。 2.「名前の定義」をクリックします。 「新しい名前」ダイアログボックスに次のように入力しましょう。 名前(N) : A社 参照範囲(R) : =リスト!

Excel プルダウンの使い方!作成・編集・連動・解除 [エクセル(Excel)の使い方] All... エクセルのプルダウンとデータの連動方法の質問なんですが、 - このサイト h... - Yahoo!知恵袋

エクセルプルダウンの作り方

Excelではプルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)を使うことによってあらかじめ入力規則を設定することで、入力ミスを防ぐ仕組み作りが可能です。今回はプルダウンメニューの作り方、編集方法(追加、検索、連動による自動反映など)、解除方法を解説します。 $B$2:$D$2 参照範囲(R)ボックスで「B2: D2」の範囲を選択すると自動で範囲が入力されます。 または、「B2: D2」の範囲を選択してから「名前の定義」をクリックすると、自動で範囲が入力されます。 同様に、他2つの項目にも名前をつけていきましょう。 名前(N):B社 参照範囲(R):=リスト!

エクセルのプルダウンの作り方|設定・追加・解除方法の手順 Window... Excel見積書|ドロップダウンリストとVLOOKUP関数を連動させる | TschoolBANK 作~るバンク

エクセルプルダウンの作り方

エクセルのプルダウンリストの作り方 プルダウンリストとは、決まった文字列をリスト化して表示させ、選ぶことで入力できる機能です。 半角・全角やスペースを入れる・入れないなどの文字を統一することができ、フィルターでの抽出時に正確なデータ ... $F$2:$H$2 名前(N):C社 参照範囲(R):=リスト!

Excelでプルダウンする選択肢を簡単に増やせるドロップダウンリスト Excel・エクセル 連動したプルダウンを動画で簡単に習得! | mMm Program

エクセルプルダウンの作り方

Excel(エクセル)の、プルダウンで選択肢を表示してくれるドロップダウンリストは、基本の作り方だと、選択肢を増やしたくなった場合に設定の変更をしなければならず、やや面倒。そこでこのページでは、選択肢を簡単に増やせるドロップダウンリストの作り方をご紹介します! 「データの入力規則」の中に「プルダウンリスト」▼を押すと入力候補が一覧表示されて、選択するだけでセルに文字が入るという、ありがたい機能があります。 入力の手間を省いたり、入力ミスを防ぐためのプルダウンリストなのですが、入力候補が整理されていないために上下スクロールして探し回らなければならない、とか入力候補数が多すぎるために「これだったら手入力のほうが早い」などと思わせてしまったら本末転倒ですね。 プルダウンリストは2個作って「階層構造」にできます。たとえば、まず都道府県を選択すれば、つぎの候補はその都市にある市町村だけに絞られる、という「親子関係」です。利用者もぐんと使いやすく感じるはずです。 「セル範囲に名前をつける」のと「INDIRECT関数」(つけた名前でセル範囲を呼び出す)というちょっと変わった技を使いますが、実に見事に2段階プルダウンリストを実現させてくれます。 別シートに「分類表」を作って、プルダウンリストで使うことにしましょう。 ①「家具」という分類に所属するアイテム、セルA2: A7を選択します。 ②数式バー左側の「名前ボックス」へ「家具」と入力しEnterを押して名前を付けます。 ③同様に「インテリア」まで命名が完了、「名前ボックス」の▼を押すと、作業中エクセルブックの名前リストが表示されます。 ④1段目プルダウンリストのセルを選択しておいて ⑤リボンの「データ」タブ「データの入力規則」「設定」タブの「リスト」を選択して「OK」します。 ⑥「元の値(S)」の窓へ分類表の親分類を指定します。ここでは分類表をシート2へおいているので「=Sheet2!

Excel(エクセル)でプルダウンリスト(ドロップダウンリスト)を作... エクセル ドロップダウンリストと連動してセルの色を変更する

エクセルプルダウンの作り方

Excel(エクセル)でプルダウンリスト(ドロップダウンリスト)を作成する2つの基本的な手順と、プルダウンリストの視認性を上げて使用しやすくするための応用手順2つをご紹介します。慣れてしまえば難しい操作ではありませんので、この機会に操作方法を覚えておきましょう。また、本 ... プルダウンリストとは、決まった文字列をリスト化して表示させ、選ぶことで入力できる機能です。半角・全角やスペースを入れる・入れないなどの文字を統一することができ、フィルターでの抽出時に正確なデータを表示することができます。決められた文字を入力するときに便利な機能です。 単語や数値などの文字列を設定しておくことで入力ミスもなくなり、選ぶだけでセルに入力することができますので入力時間の短縮や表作成を速くすることができます。 このプルダウンリストは、ドロップダウンリストとかプルダウンメニューとかドロップダウンメニューという言い方もあります。 データの入力規則画面の元の値に直接入力してプルダウンリストを表示させる手順についてお伝えします。 プルダウンリストを作りたいセル(①)をクリックしたら、「データ」タブ(②)をクリックして、「データの入力規則」ボタン(③)をクリックするとメニューが表示されますので「データの入力規則」(④)をクリックします。 データの入力規則画面が表示されますので「設定」タブを選び、「入力値の種類」の下に表示されている「すべての値」をクリックするとメニューが表示されますので、「リスト」を選びます。 リストを選んだら「ドロップダウンリストから選択する」にチェックを入れます。(①) 元の値の欄が空欄になっていますので、そこにプルダウンとして表示させたい文字や英数字などのキーワードを入力します。入力するときの注意点は、キーワードとキーワードの間に半角のカンマ「,」を入力することです。 今回は、「バナナ,オレンジ,ぶどう」と入力したら「OK」ボタン(③)をクリックします。 選択したセルを見てみるとセルの右側に「▼」が表示されます。 「▼」をクリックするとプルダウンリストで入力したデータがリストとして表示されます。 今回は「バナナ」をクリックしました。すると、セルにバナナが入力されました。 別のシートやセルに入力したデータを参照してプルダウンリストを表示させる手順についてお伝えします。 プルダウンリストに表示させたいデータを別のセルやシートにデータを準備します。今回はシート名「リスト」を追加して、A列にバナナ・オレンジ・ぶどうと入力します。 プルダウンリストを作りたいセル(①)をクリックしたら、「データ」タブ(②)をクリックして、「データの入力規則」ボタン(③)をクリックするとメニューが表示されますので「データの入力規則」(④)をクリックします。 データの入力規則画面が表示されますので「設定」タブを選び、「入力値の種類」の下に表示されている「すべての値」をクリックするとメニューが表示されますので、「リスト」を選びます。 データの入力規則画面の元の値の右側のボタンをクリックします。 プルダウンリストに表示するデータを指定します。まずは、シート名を選び(①)、データの範囲を指定し(②)ます。 すると、データの入力規則に「=リスト!