• 記事: 15233
  • 質問に対する回答: 25214
  • コメント: 29368
  • 準備ができて答え: 24351

オロナイン 効果

オロナインH軟膏の効果・効能を知ろう-製品の特徴と正しい使い方 美... カミソリ負けにオロナイン軟膏って効果ある?ヒリヒリは何日で治すことができる?

オロナイン 効果

オロナインh軟膏ってどういった薬? オロナインh軟膏は、白色の親水性軟膏で、殺菌効果に優れたクロルヘキシジングルコン酸塩液が20%配合された第2類医薬品に分類される皮膚疾患・外傷治療薬です。 カミソリ負けしちゃった〜どうしよう〜… って時に色々と調べているとよく目にするのが「オロナイン」 昔は一家に一つあったと言われているオロナインですが、今はお家にオロナインがないという方も多いのではないでしょうか? そこで「オロナインって本当にカミソリ負け効果があるの?」「デメリットはないの?」といった気になることについてご紹介します! Sponsored Link オロナインってカミソリ負けに効果ある? 出典:otsuka.co.jp/ohn/ オロナインがカミソリ負けに効くって聞いたことがある方は多いと思います。

オロナイン公式サイト|大塚製薬 オロナインって保湿効果のある成分は入っていますか?

オロナイン 効果

オロナインh軟膏の使用について年齢制限はございません。 添付文書の記載(効能・効果、用法・用量、使用上の注意)に準じ適正にご使用いただけますようお願いいたします。 でも周りでカミソリ負けにオロナインを使ってる人って少ないから困っちゃう… たとえば口コミサイトとかQ&Aサイトなどを見ても「カミソリ負けにオロナインがいいらしい」ということはよく聞きますが、 実際にオロナインでカミソリ負けが改善したという口コミってびっくりするほど少ないと思いませんか? 「カミソリ負けしちゃったけどオロナインで一発で治った」みたいな体験談がたくさんあれば信頼できるのですが… たぶん当サイト「ミセスラボ」を訪れる前にオロナインのカミソリ負け効果について調べたと思いますが、たぶん実際に使用されている方の口コミは少なかったと思います。 ただ、オロナインの効能は殺菌や消毒、止血となっているのでカミソリ負けにも効果があると思われます。 あくまでも応急処置として有効で頻繁にカミソリ負けをしている場合には他の対処法を考える必要があるかもしれませんね。 ヒリヒリは何日で治る? カミソリ負けによってお肌がヒリヒリしているのは肌の表面を削ってしまっている状態です。 削られているお肌にオロナインを塗っていいのか?と不安になる方もいるかもしれませんが、オロナインは殺菌の効果も期待できるのでそのまま塗って大丈夫な場合が多いです。 ヒリヒリはその場で治る方もいますが、2〜3日続いて改善しないという場合は皮膚科を受診されることをおすすめします。 ひげ剃り負けにオロナインの効果は? オロナイン軟膏はひげ剃り負けへの効果も知られています。 切り傷やすり傷に塗ると消毒してくれて化膿するのを防いでくれるんですよね。 口コミでも… 床屋さんは何人ものひげを剃ってきているわけですから、言ってみれば百戦錬磨。 そのひげ剃り百戦錬磨の床屋さんが1番効果が高いと言っているのがオロナイン軟膏なんです。 ただ、「ひげ剃り負け⇒オロナイン」を繰り返しているとやっぱり肌には良くないですよね。 長い目で見たらヒゲ脱毛する方が賢いかもしれませんね。 カミソリ負けにオロナインを使うデメリット オロナインを塗ったらニキビができた オロナインがニキビに効くという人もいれば、オロナインでニキビができたっていう人もいるんです。 これは単純にお肌に合ってないからだと思うのですが、 カミソリ負け→オロナイン→ニキビ発生→ニキビクリーム…みたいなくり返しはマイナスのスパイラルに陥る可能性があります。 独断で対策するよりも皮膚科へ相談されることをおすすめします。 痒みがある場合はオロナインだけじゃ治らない オロナインは殺菌や消毒効果が期待できるのですが、かゆみを伴っている場合にはオロナインだけでは治らない可能性があります。 カミソリで手足の毛を処理してるのですが、この前肩周辺の毛を剃ったら、そこだけ赤いブツブツがたくさんできてとてもかゆいです。保湿したり、オロナイン塗っても治りません。 oshiete.goo.ne.jp 赤いブツブツなどは放っておけば治る可能性も少なくないのですが、かゆいのがたまらないんですよね(><) やっぱり、このような場合もお医者さんに見せた方が的確なアドバイスをもらえるかもしれませんね。 そもそもお肌にいいの? 昔はオロナイン皮膚症(オロナイン皮膚炎)という病気があったようです。 オロナイン軟膏を約1週間塗布したと ころ,頚部全体に淡褐色の枇糠疹様落屑を認め, さらに10日後にはちりめん雛様の落屑となり,乾 燥感緊張感を訴えるに至った 出典:東京女子医科大学 現在のオロナインH軟膏ではオロナイン皮膚症はないということなのですが、そもそもオロナインの効能がお肌のトラブルを改善するためのものであり、化粧品や美白クリームなどとは違うので常用していることによって肌に合わないという方は出てくるのかもしれません。 【結論】まずはオロナインで応急処置。でもずっと使うのはNG 実はカミソリ負けは放っておいても治る場合が少なくないです。 ただ、その間ずっとカミソリで自己処理できないわけですからムダ毛が伸び放題になってしまうわけですよね。 カミソリ負けをしたらオロナインで応急処置するのはいいのですが、 ずっと「カミソリ負け→オロナイン」というくり返しはNG。 肌トラブルを避けるためにも脱毛して自己処理から解放されることをおすすめします。 \ SNSでシェアしよう! / 脱毛メディア【ミセスラボ】の注目記事を受け取ろう − 脱毛メディア【ミセスラボ】 この記事が気に入ったらいいね!しよう 脱毛メディア【ミセスラボ】の人気記事をお届けします。

オロナインはニキビに効果ある?使い方によっては悪化する!? オロナインで手荒れや手湿疹は治る? | 手荒れ・手湿疹とサヨナラしよう。

オロナイン 効果

オロナインのニキビへの効果は単なる噂や自己流のケアではなく、大塚製薬の公式サイトに表記している “効果・効能” にもしっかり書かれています。 オロナインには、効果に期待できる保湿成分は入っているのでしょうか?そんな素朴な疑問からオロナインの保湿成分などについて調べてみました。ひび・あかぎれ・しもやけ・きりきず・すりぎず・やけどなど、多目的に使えてとても便利な大塚製薬のオロナインH軟膏の保湿剤としての利用について考えてみたいと思います。オロナインって効果のある保湿成分は入ってる?オロナインに配合される全成分オロナインは保湿化粧品などと違って医薬品に分類される治療薬。そんなオロナインの全成分をまずは確認してみたいと思います。有効成分として配合される成分はクロルヘキシジングルコン酸塩液のみ。他の成分は保湿効果のある成分も含めて添加物の扱いとなっています。副作用が気になるステロイドは入ってないですね。有効成分:クロルヘキシジングルコン酸塩液(20%)添加物:ラウロマクロゴール/ポリソルベート80/硫酸Al/K/マクロゴール/グリセリン/オリブ油/ステアリルアルコール/サラシミツロウ/ワセリン/自己乳化型ステアリン酸グリセリル/香料/精製水オロナインに配合される保湿成分オロナインには、保湿効果に期待できる成分が入っています。そして、全成分中で保湿成分といえる成分がこの4つになります。ワセリン:原油から不純物を取り除いて高純度に生成されるワセリンは、薬局などでもよく見かける保湿剤として有名やね。主な目的は乾燥からの皮膚の保護。肌には浸透せず肌表面に留まることで、肌水分の蒸散を防ぐ効果をしてくれるねん。せやから、肌の内側から保湿する効果にはあまり期待できないといえます。極めて低刺激で扱いやすいワセリンやけど、つけたときのベタつきが気になる傾向が強いのが欠点のひとつ。原料は石油由来の成分やけど、天然原料で不純物を高純度に取り除いてあるので、肌に優しく副作用も少ない安心保湿成分です。ワセリンについては、こんな記事もあるのでよかったらどうぞ。ワセリンの保湿で乾燥肌を克服?人気の秘密は○○だから?ワセリンは無害で、肌が乾燥したときのお手軽保湿ケアでしっかり保湿できると人気があります。でもワセリンの保湿って、本当のところ乾燥肌の改善対策としてどうなんでしょうか。これから説明すオリブ油:オリーブの実から生成されるオリブ油は、食用のオリーブ油とは違ってカテゴリ的には医薬品に分類されるんです。オリーブ油より精製純度が非常に高く、不純物などを取り除いてあるものがオリブ油。で、ここで1つポイント。高純度に精製されてるということは、もともとオリーブ油に多く含まれることで知られるビタミンEなどのポリフェノール類も不純物と一緒に、かなりの確率で取り除かれてるっちゅう可能性が高いこと。また、生成純度の高いオリブ油ほどサラサラしているという特徴があります。オリブ油と聞くと、ビタミンEなどによる美容効果に期待ができそうやけど、精製の段階で除去されてる(可能性が高い)ので、美容効果より純粋に肌表面を覆う保湿成分としての位置づけ強い成分になります。ベタつきの原因になりやすいワセリンの役割を助けるのも役割のひとつ。ステアリルアルコール:保湿・皮膚の保護・柔軟効果に期待できるステアリルアルコールは、化粧品などにもよく使われる保湿成分やで。ただし、軟膏の肌触りを調整するのが主な目的と思われるので、保湿効果としての役割りがどれくらいの位置づけかは不明です。グリセリン:安定性が高く保湿効果にも優れるグリセリン。ワセリンが油性であるのに対してグリセリンは水性の性質を持ちます。水を引き寄せる性質を持つため保湿効果に期待ができるねん。ワセリンと比較してサッパリした仕上がり感で保湿できて、湿度の高い夏場でも使いやすいのが特徴やで。ちなみに、グリセリンは水を吸い寄せる性質があるといいましたが、原液で使う時には注意も必要。というのは、肌水分を吸収してしまって、逆に肌を乾燥させてしまうこともあるからです。オロナインの場合は、配合成分の一つとして使われてるだけなので、もちろん問題はありません。ちなみにオロナインって、かなりしっかりめのボッテリとしたクリーム。そのため成分表示を確認すると、水が配合比率的にいちばん少ないのがわかります。オロナインの保湿成分以外の成分オロナインには、配合成分がよく混ざり合うようにするために、界面活性剤としてポリソルベート80や自己乳化型ステアリン酸グリセリルなど、肌刺激の可能性もある成分が配合されています。配合量はめっちゃ少ないと思うので肌刺激の原因になるようなことは少ないですが、超敏感肌の場合は、これらのことを頭の中に入れておくといいかも知れません。『オロナインで保湿』効果のまとめオロナインでの保湿は目的を意識しようオロナインにも保湿成分といえる成分は配合されてることをわかってもらえたと思います。ただし、オロナインを肌の保湿剤として使う場合は、次のことをしっかり認識して使用目的に合っているかを認識したうえで使うのであれば、肌の保湿剤として手軽で非常に便利といえるんとちゃうやろか。オロナインの保湿成分は、肌(角質層)には浸透しないため、肌の内側からの保湿ケア目的としては不向き。オロナインでの保湿は、肌の表面に膜を作り、肌水分の蒸発を防ぐだけと考えた方がいい。オロナインに配合されるワセリンはベタつきの原因になりやすいので塗りすぎに注意。副作用が非常に少なく、軽度なキズから肌の保護まで幅広い肌ケアができるので、まずは塗って様子を見てみるという使い方には向いている。やっぱり肌の奥からしっかり保湿ケアしたいならコスパ的にも魅力的なオロナインやけど、特に顔の保湿目的で使う場合は、ベタつきが気になる場合が多いように思います。肌への浸透性についても、もともとの肌力を取り戻すのが目的となるような場合は、オロナインでは頼りないかもしれません。そんなワケで私の場合は、ハンドクリームとして使ったり、乾燥の気になる腕や足に使ったりと使い分けるようにしています。オロナインでの保湿に物足りなさを感じたなら、肌の内側(角質層)から、しっかり保湿ができる保湿化粧品やサプリメントを検討してみるのはいかがでしょう。うるおい侍も実際に使って、特に良いいと実感した化粧水、オールインワン、美容液、そしてサプリメントについてまとめた記事はこちらからどうぞ。肌の保湿とアンチエイジングも兼ねるディセンシア アヤナス 超敏感肌に優しい高保湿化粧水5種のヒト型セラミドが効果を発揮するメディプラスゲル 内側から肌力を改善するオールインワンヒートショックプロテインが保湿不足に効く!オルイスユー ヒートショックプロテインで保湿とアンチエイジング高保湿成分プロテオグリカン効能度のフルアクレフ プロテオグリカン高濃度の保湿美容液肌の内側からセラミド補給できるサプリぷるきら生活 セラミドサプリでカラダの内側からの保湿対策 毎日の保湿ケアだけでは限界?・・・・乾燥による目元の小じわ・たるみが目立ってきた気がする。そんな悩みには、基礎化粧品だけに頼らない手段も検討してみるのも効果的とちゃうやろか。乾燥小じわ・たるみ改善に役立つ美顔器のレビュー記事を読むには、下のバナーをタップしてください。

オロナイン|大塚製薬 オロナイン軟膏の成分 | オロナイン軟膏の効果は知れば知るほどすばらしい

オロナイン 効果

オロナインh軟膏. 家族の皮膚トラブルに. 殺菌効果に優れたクロルヘキシジングルコン酸塩配合の皮膚疾患・外傷治療薬です。 第2類医薬品; ステロイドは入っていません; 製品特長 オロナインというと手のカサつきやひび割れ、軽度の傷にも使用され各家庭で常備薬として置いてあるのではないでしょうか?酷い手荒れや手湿疹で乾燥や赤みが出ていると、オロナインでも治るんじゃないのかな? と思って塗ってみた人もいると思います。オロナインは水や化粧水を混ぜて「オロナイン水」としても流行った時期もあり、乾燥にも期待ができると言われています。 今回はオロナインは手荒れや手湿疹にも効果があるのかを見てみましょう。 スポンサーリンク オロナインにはどんな効果がある? オロナインは少し硬めのクリームで薬っぽさは感じません。香りについては好き嫌いがあると思いますが、強い香りではないと思います。 塗ることで効果があるとされている症状には吹出物・ニキビ・軽度の火傷・しもやけ・ひび・あかぎれ・すり傷・水虫など。 オロナインが吹出物やニキビに効くのはその有効成分にクロルヘキシジングルコン酸塩液が配合されているからで、この成分は殺菌消毒薬です。病院の器具の消毒薬としても使われています。 ニキビの原因はアクネ菌やマラセチア菌なので、殺菌して菌の増殖を抑え症状を落ち着かせる効果があります。 ただ、ニキビを治す薬ではなくて殺菌消毒薬なのでオロナインを塗ってニキビが絶対治る!というものではありません。 あとは、止血作用の成分とオリブ油、ステアリルアルコール、グリセリン、サラシミツロウ、ワセリン、この辺りは油剤と保湿作用です。 オロナインを塗るとベタベタまではいきませんがモッタリとしているのは油剤がたっぷり入っているからですね。乾燥には充分すぎるほどの油剤が入っています。 手荒れや手湿疹にオロナインを塗って治るのか? この記事を見ている人はおそらくこの部分が知りたいのだと思いますけど、手荒れは乾燥による手荒れであればちょっと期待できる、酷い炎症が出ている手荒れと手湿疹は期待できない、というのが自分の経験。 少し言葉を濁してますけど、薬や保湿剤は治る・治らないというのはハッキリ言えない、(色々あるので…) 乾燥による手荒れにはちょっと期待ができると言ったのは、オリブ油、ステアリルアルコール、グリセリン、サラシミツロウ、ワセリンが入っているから。 この中で保湿作用があるものはグリセリンのみ。保湿力はあまり高くなくて化粧品などにもよく含まれています。 保湿力だけで見ればグリセリンはヒアルロン酸やコラーゲンよりも保湿力は低いです。残りは油剤です。油分なので肌にはほぼ浸透しませんが、皮膚からの水分蒸発を防いでくれます。 冬になると手がカサカサするよね~という人にはオロナインでもカサつきを抑えることはできますが、乾燥で皮膚がガチガチに硬くなってパックリ割れている人が保湿を求めてオロナインを塗ってもあれ?ってなるかもしれません。 酷い炎症が出ている手荒れと手湿疹には期待できないと言ったのは、オロナインの注意書きにも「湿疹、ただれ、かぶれ、虫刺されには使用してはいけない」と記載されているから。 酷い手荒れや手湿疹になるとただれやかぶれのように炎症が強く出て、このような症状にはおすすめされていません。 オロナインには止血作用があるけど、これはひび・あかぎれなんかに有効です。ですが、炎症を抑えるという作用ではないんですね。 症状がほんのり赤いとかだったら塗っても大丈夫なんですが、皮膚が腫れるほど炎症が強く出てたりジュクジュクしてたりするものには、ただれやかぶれに入ってしまうので注意が必要ということです。 こちらの記事にも書いていますが、手が荒れたからオロナインを塗った、だけど後悔した。 [雑記] 炎症を起こしている手に塗ると痒みが出る事があります。 炎症が出ている時の皮膚って過敏性が高まっています。この場合はオロナインだけじゃなくても化粧水とか石鹸とか食品とか携帯とか何触っても痒みが出ます。 もう手を掻きむしりたくて何やっても手の痒みのことしか考えられない時ってありますよね。こんな時に炎症を抑える効果のないオロナインを塗っても痒みが強くなるだけです。 オロナイン水で乾燥が治る? オロナイン水も一時期流行りましたね。オロナイン水というのはオロナインを化粧水や精製水で溶かしたものです。 オロナインを直接肌に塗るより、水分を加えた方が伸びが良く塗りやすいということから広まりました。 吹出物やニキビ、乾燥にも効果があるとされ、洗顔後のスキンケアとしても多くの人に取り入れられています。 オロナイン水は保湿効果があり乾燥肌も治ると言われていますが、オロナインにはオリブ油、ステアリルアルコール、グリセリン、サラシミツロウ、ワセリンが入っているから。 ただし、上でも書いているようにグリセリンは水分を引き寄せる性質があるけど保湿としての力はそんなに強くありません。 オリブ油などの油剤が肌からの水分蒸発を逃がさないよう働くので、塗った後はしっとりもっちりした肌になると思います。 これで乾燥が改善する人というのはもともと軽度で皮膚に修復する力があった人です。 オロナイン水を使うくらいならヒアルロン酸やセラミドが配合されたものの方が効果はあります。 しっとりもっちりするのは油分のおかげ、それは皮膚の表面だけで肌が保湿されている訳ではありません。 オロナイン水が流行ったことで、オロナインは保湿剤がわりになると現在でも使用している人は多くいます。 10代から30代にオロナイン皮膚症と言われる皮膚疾患が急増し、酷い乾燥や炎症が症状として出ています。 オロナイン皮膚症はオロナインの成分によるものという結論づけがされ、保湿剤がわり使うべきではないと言われています。 オロナイン以外に肌の乾燥を治すものはある? オロナインで手荒れや手湿疹が治ってくれれば良かったのですがそう簡単にはいきません。 手荒れや手湿疹による乾燥や炎症を治すには皮膚科に行くっていうのが一番の方法ですが、皆が皆病院に行ける訳ではありません。忙しい人もいれば面倒だと思う人もいます。 手荒れや手湿疹は刺激を避けることと、保湿を行うことが治療の近道なんですが、この保湿というのにはセラミドを使った方が良いです。 セラミドはCMなんかでもよく目にしたりしますね。病院で処方されるヒルドイドや尿素などの保湿剤よりももっと保湿力のある成分です。 病院でもセラミドを処方してくれればいいのですが高価な物なので保険適用ではないそうです。セラミドはもともと皮膚の中にも存在していますが、手荒れや手湿疹の人ってセラミドが体質的に少ない傾向にあるのが分かっています。 セラミドが少ないと何がいけないのかというと、皮膚の中で水分を蓄えられないんです。皮膚の中に水分が少なければ肌の乾燥は勿論、ハウスダスト・雑菌・洗剤などの刺激物質ありとあらゆるものがカサついてすき間のできた皮膚から侵入してきます。 手荒れや手湿疹の人の手がすぐ痒くなったり赤みが出たりカサつくのはこういう理由があるからです。 少なくなったセラミドは外部から補うことである程度は回復するので、オロナインで手荒れ・手湿疹治そうとするよりはセラミドの保湿剤を使った方がよっぽど現実的かなと思います。 セラミドなんか使ったことないし、どれがいいか分からないという人はロベクチンがおすすめ。 ロベクチンは抗がん剤や放射線治療を行っている人の副作用である酷い肌荒れの保湿・ケアをするために作られたクリームなんだ。 刺激となる成分を徹底的に排除しているから、赤みや痒みのある手にも使える。 ロベクチンは保湿クリームとしては正直少し高いなと思う。だけど、アトピー肌にも使えるくらい成分にこだわって作られているから、手荒れや手湿疹のケアにはおすすめできるクリームです。 ⇒ ロベクチンを詳しく見てみる。 まとめ オロナインは傷や軽度の乾燥に使用するには良いものだと思います。酷い手荒れや手湿疹になると痒みや炎症で症状が悪化することがあるので無理に塗らないようにしましょう。

【オロナインH軟膏】って?効果効能・副作用を紹介! 薬剤師が執筆...

オロナイン 効果

オロナインHは皮膚の比較的軽めの外傷や感染症に、効果を発揮する薬です。 おそらく多くの方が勘違いしていると思うのですが、オロナインは虫刺されには使用してはいけません。 オロナイン軟膏の成分を見てみましょう オロナイン軟膏は、11gチューブの入り、30g、100g、250g、500g瓶入が現在発売されています。 1g中に有効成分として クロルヘキシジングルコン酸塩液(20%) 10mg。 添加物として ラウロマクロゴール ポリソルベート80 硫酸Al/Kマクロゴール グリセリン オリブ油 ステアリルアルコール サラシミツロウ ワセリン 自己乳化型ステアリン酸グリセリル 香料 精製水 が含まれています。

オロナインH軟膏が水虫に効くって本当?効能・効果・使用法を調査 - ...

オロナイン 効果

オロナインh軟膏の公式サイトで効能・効果、使用法を調査. オロナインh軟膏で水虫は治るのか、まずはオロナインh軟膏の公式サイトを確認してみました。 すると、しっかり「こんなときに」という項目に「水虫に」という記載がありました。 また、配合成分に関して良く勘違いされていますが、オロナイン軟膏にはステロイドは含まれていませんので、安心して患部に使用することができます。 クロルヘキシジングルコン酸塩液 オロナイン軟膏の名称にもなっているクロルヘキシジングルコン酸塩液のについてご紹介します。クロルヘキシジングルコン酸塩液は、オロナイン軟膏の主成分となっています。主に抗菌作用が強く傷ついた患部を清潔にしてくれる作用があります。また、傷ついた皮膚を守るために皮膚への刺激が少なく安心して使用することができます。さらに、匂いも少ないことから殺菌消毒剤の独特の匂いもありません。このように、オロナイン軟膏は、クロルヘキシジングルコン酸塩液を中心として、どんな人でも抵抗なく使用できるように工夫されて各成分が配合されている軟膏なのです。オロナイン軟膏から現在まで試行錯誤を続けてきた結果がオロナイン軟膏として発売されています。 親水性軟膏 オロナイン軟膏の性状は、白色の親水性軟膏となっています。水溶性の軟膏なので皮膚への刺激が少なく、どのような方でも使用することが可能です。オロナイン軟膏の効果・効能としてにきび、吹出物、はたけ、やけど(かるいもの)、ひび、しもやけ、あかぎれ、きず、水虫(じゅくじゅくしていないもの)、たむし、いんきん、しらくもなど多くの皮膚疾患に対応している万能薬です。基本的に対象の患部の状況によって、薬を塗布したガーゼを巻くか、患部に直接清潔な手指で塗り込んで使用します。オロナイン軟膏が長い間愛されてきた理由として、幅広い効果・効能があります。基本的な皮膚疾患に関しては、オロナイン軟膏がひとつあれば対処できるほど軟膏として優れています。 ただし、ステロイドなどは配合されていないため、アトピー性皮膚炎などの強い炎症の場合は効果が今ひとつに感じるかもしれません。あくまで、軽めの傷や皮膚疾患に関して効果を発揮します。