• 記事: 21999
  • 質問に対する回答: 29084
  • コメント: 25234
  • 準備ができて答え: 27684

ドコモ 光 工事 電話

工事の前にご確認いただくこと - NTTドコモ 【ドコモ光の設定】ルーター初期設定や接続設定をわかりやすく解説! | ドコモ光情報コラム

ドコモ 光 工事 電話

ドコモ光電話対応ルーター等)は事前に送付いたしますので、 お客さまご自身での取り付けをお願いします。 ※取り付けが完了しない場合、「ドコモ光」サービスがご利用になれませんので、 ご注意願います。 ・お客さま宅内で工事を実施します。 ドコモ光の申し込みを済ませたら、あとは開通工事を業者さんにしてもらい、最後にインターネットの初期設定をします。ただ、これは業者さんにしてもらえる場合と自分でしなければならない場合とあります。 パソコンの扱いが苦手な人は、自分で接続設定することに拒否反応が出てしまうもの。何から手をつけたらいいかわからなくて不安になりますよね。そんな方にも、NTT東日本やNTT西日本からは、しっかり接続設定ガイドが送られてくるのでご安心ください。 とは言え、専門用語が並んでいて難しい!という方ももちろんいらっしゃいますよね。そこで今回は、初心者の方にもわかりやすく接続設定の方法を解説していきます! ドコモ光の設定(初期設定)は難しい? インターネットに接続できるようにするためには初期設定が必要ですが、説明書を見ることさえイヤという人もいるかもしれません。でもパソコン1台分の接続方法は手順が少ないので、初心者でも正しく設定しやすくなっています。難しいイメージがある初期設定も、実際にやってみると思っているより簡単ですよ。 一方で複数のパソコンでインターネットを利用する場合、1台の設定よりも少し複雑になるので難しく感じてしまうかもしれません。ルーターなど機器の名前が出てきますが、悩むほど大変ではないので安心してください。今回紹介するポイントを押さえておけば、複数のパソコンでもスムーズに設定が行えます。 またドコモ光では接続サポートも用意されているので、どうしても行き詰まってしまった時にはそちらを利用してみるといいですね。 ドコモ光の設定(初期設定)はプロバイダによって違う? ドコモ光に申し込みをすると、契約したプロバイダから初期設定のための接続ガイドが送られてきます。プロバイダとは回線を通してインターネットに接続を行う接続事業者のことで、回線をネットに繋げるにはプロバイダとの契約が必要となります。2019年4月1日時点でドコモ光では25のプロバイダに対応しており、用途に合わせてお好きなプロバイダが選べるようになっています。 契約したプロバイダから送られてくる接続ガイドの中には、ユーザーIDやパスワードが書かれているので必ず確認してください。基本的にはパソコンとインターネットにつなぐための機器を接続したら、必要な情報を入力して初期設定は完了します。ただしインターネットを利用するパソコンの台数や、使っている機器によって設定が異なることもあります。契約したプロバイダごとに設定の案内に書かれた内容が違うので、送られてきた接続ガイドを確認しておきましょう。 プロバイダの設定(初期設定)をするときの注意点 プロバイダの初期設定を自分で行う場合、いくつかの注意ポイントがあります。まずはインターネットの環境を確認するために、機器の確認を行いましょう。開通工事をしたときに箱型の機器が設置されています。型番が書かれたシールが貼ってあるので、品名を確認してください。 ホームゲートウェイ 「認証機器名」や「品名」の横にPRやRV、RTから始まる名称が書かれたものは、ひかり電話のルーター(ホームゲートウェイ)です。オレンジやグリーンのランプがついている面に、インターネットにつながっている状態を表す「PPP」があります。 無線LANルーター 無線でインターネットを利用している場合、ひかり電話のルーターとつながっている小さなサイズの機器が無線LANルーターです。パソコンにケーブルをつなげずに使っているという人は、無線LANルーターを利用しています。 接続する台数による初期設定の違い インターネットに接続するパソコンは何台でしょうか? 台数によって初期設定の方法が違ってきます。 1台だけの場合 インターネット接続画面に進んで、プロバイダから届いたユーザー名とパスワードを入力すればOKです。ゆっくり確認しながら操作すれば簡単に初期設定が完了しますよ。 2台以上のパソコンを接続する場合 2台以上のパソコンでインターネットを使いたい時には、パソコンではなくルーターにプロバイダから届いた情報を入力しましょう。設定方法は機器によって異なるので、取扱説明書や設定マニュアルにしたがって必要な設定を行ってください。 2台以上で接続する場合、1台目のパソコンにプロバイダから届いた情報を入力してしまうと、1台目のパソコンでないとインターネットを利用できない状態になってしまうので注意してください。 ドコモ光の設定(初期設定)に必要なもの ドコモ光の初期設定を行う際に用意するものや手順を紹介します。 1台のパソコンで初期設定を行う場合 用意するもの 1:パソコン(1台) 2:ドコモ光のモデム 3:LANケーブル 4:プロバイダから送られてきた書類 5:NTTから送られてきた設定用のガイド 初期設定は、ドコモ光のモデムとパソコンを接続して作業を行います。LANケーブルはパソコンと機器をつなぐために使用します。プロバイダから送られてきた書類にはユーザーIDやパスワードが記載されているので、目を通しておきましょう。設定用ガイドを見ながら接続を行えば、簡単に作業が完了しますよ。

初期費用 ドコモ光電話 ドコモ光 NTTドコモ ドコモ光で工事が不要なパターン2つ!仕組みをわかりやすく解説! | ネットサバイブル

ドコモ 光 工事 電話

また、お客さま宅内での「ドコモ光」、「ドコモ光電話」、「ドコモ光テレビオプション(テレビ接続工事料・追加工事料を除く)」に関する工事料の合計が29,000円を超える場合、29,000円ごとに3,500円加算されます。 ドコモ光の初期設定の流れ 使っているパソコンによって設定が違いますが、ここではWindows10を例に手順を確認します。 1:まずはドコモ光のモデムとパソコンを、LANケーブルで接続します。 2:パソコンを立ち上げ「スタートボタン」「Windowsシステムツール」「コントロールパネル」を順番に開いてください。 3:「ネットワークとインターネット」「ネットワークと共有センター」を順番に選択します。 4:「新しい接続またはネットワークのセットアップ」「インターネットに接続します」を選んで「次へ」をクリックします。 5:プロバイダから送られてきた情報、ユーザー名、パスワードを入力してください。 6:「接続」をクリックしたら初期設定が完了します。 2台以上のパソコンで初期設定をする場合 インターネットに接続するパソコンが2台以上になる場合、初期設定に必要なものが異なります。1台の設定で使ったものにプラスして必要なのが、ルーターと説明書や付属CDです。2台以上のパソコンを接続するときは、ルーターがないと設定できません。 ただし、開通工事で設置された機器がホームゲートウェイの場合、ルーターの役割も果たすので新たにプラスしなくてもOKです。LANケーブルは、パソコンの台数分と合わせて、ドコモ光のモデムとルーターをつなぐために1本多く用意してください。 2台以上のパソコンで初期設定するときの流れ 用意するもの 1:パソコン(2台~) 2:ドコモ光のモデム 3:ルーター 4:ルーターの取扱説明書(または付属CD) 5:LANケーブル(パソコンの台数分+1本) 6:プロバイダから送られてきた書類 7:NTTから送られてきた設定用ガイド 1台のパソコンで接続をする時よりも、多くのものが必要になります。とくに2台以上を接続する際にはルーターが必要不可欠です。ただし開通工事で設置された機器がホームゲートウェイだった場合、ルーターの役割を果たしてくれるので新たに用意する必要はありません。また接続するパソコンが増えるほど、有線接続ならLANケーブルの数が必要になるので注意してください。

工事・故障情報 ドコモ光 NTTドコモ ドコモ光の工事内容ガイド!家の中もやる?かかる時間、工事日変更ができるかまで全解説! | ネットサバイブル

ドコモ 光 工事 電話

ドコモ光詳細情報. ドコモ光でできること; 料金プラン; ドコモ光 10ギガ 「ドコモ光 10ギガ」への料金プラン変更; お申込み; ドコモ光電話; 映像サービス; 充実のサポート; おトク情報; プロバイダ一覧; よくあるご質問; ご注意事項; 工事・故障情報 ルーターの役割とは? ルーターは、インターネット回線を複数の端末機器に接続するために欠かせない機器です。回線から受信したデータを複数の機器に分配する役割を持っており、パソコンとモデムの間に接続して使用します。2台以上のパソコンを同じ回線に接続するにはルーターが必要不可欠なので、忘れずに用意しておきましょう。 ドコモ光の契約時にルーターのレンタルを申し込んでおくと、工事日にスタッフがルーターを設置してくれます。ルーターの選び方が分からない、自分で設置する自信がないという人は、一緒に申し込んでおくといいですね。 またドコモ光電話を申し込むと、ドコモ光電話対応ルーターが貸し出されます。これは光回線終端装置とルーターが一体になった「ホームゲートウェイ」と呼ばれるもので、ルーターの役割を果たしてくれます。ホームゲートウェイを利用する場合には、別途でルーターを新たに用意する必要はありません。 初期設定の流れ パソコンが2台以上になる場合、初期設定に必要なものが異なります。 1:まずはドコモ光のモデムとルーターを、LANケーブルで接続します。LANケーブルは「WAN」と書かれているポートに差し込んでください。 2:ルーターとパソコンをLANケーブルで接続します。この際にルーター側では「LAN」ポートを使用してください。複数あれば、どこに差し込んでも問題ありません。 3-1:ルーターに設定用のCDが付属している場合、これをパソコンに読み込ませれば設定が完了します。 3-2:付属CDがない場合、パソコンを立ち上げてルーターの説明書に記載されている設定用URLにアクセスします。 4:設定用URLでドライバーをインストールしてください。 5:プロバイダから送られてきた情報、ユーザー名、パスワードを入力すると設定が完了します。 スマホなど無線LANで利用するときの接続方法を解説 自宅でスマホやタブレットを利用する時には、使用量を気にせずに使いたいですよね。パソコン以外の端末でドコモ光に接続する場合、無線LANを使ったWi-Fiを利用するといいでしょう。 2台以上のパソコンを設定している場合、Wi-Fiルーターへの接続はすでに設定が済んでいます。スマホなど使いたい端末の設定画面からWi-FiをONにして、ルーターの名前が表示されるのを待ちましょう。名前が出たらタップして、パスワードを入力するだけ接続が完了します。 ドコモ光を無線で使う場合に必要なもの パソコンの接続が1台のみで、ルーターを設定していない場合は、無線でドコモ光と接続できる状態にする必要があります。まずは以下のものを用意してください。 ・ドコモ光のモデム ・無線LANルーター ・ルーターの説明書または付属CD ・パソコン ・LANケーブル(1本) ・プロバイダから送られてきた情報、ユーザーID、パスワード ・NTTから送られてきた設定ガイド ドコモ光を無線で使うための設定の流れ パソコンやスマホなどの端末でWi-Fi接続を行うための流れを解説していきます。

【よくわかる】ドコモ光の工事ガイド!費用や工事内容を解説 - わたし... ドコモ光の勧誘がしつこい!電話や営業で契約すべきでない理由とは? | もし元店員の僕がネットについて相談されたら

ドコモ 光 工事 電話

ドコモ光電話の工事内容. ドコモ光で電話サービスを利用するときも、電話工事は必要です。 ドコモ光のインターネットサービスと同時に申し込む場合は、事務手数料が無料で、1,000~3,000円(税抜)の工事費が請求されます。 パソコンの場合 1:有線接続の時と同じく、ドコモ光のモデムと無線ルーターをLANケーブルで繋ぎましょう。 2:ルーターの説明書を確認しながらパソコンで設定を行います。 3:プロバイダ情報入力の画面が出るので、ユーザーIDやパスワードを入力してください。 4:ルーターのパスワードを設定する画面が出てくるので、設定したら完了します。 スマホ(i Phone)の場合 1:ホーム画面で「設定」アイコンをタップしてください。 2:メニュー一覧から「Wi-Fi」を選択し、Wi-Fiの設定画面を開きます。 3:Wi-Fiがオフになっていればオンにして、「ネットワークを選択」から自宅のルーターを選びましょう。 この際に表示されるSSIDとはルーターのIDのことで、多くの場合はルーター本体にシールで貼ってあります。 4:ルーターのパスワードを入力すれば設定が完了します。 以上の手順で設定が完了し、スマホでWi-Fi接続が可能になります。 困ったときに利用できるサポートを紹介 自分でドコモ光の初期設定にトライしたものの、途中でわからなくなってしまったらサポートサービスを利用するのがおすすめです。 ドコモ光はパソコン、周辺機器、ルーターなどに関するあらゆるお悩みをサポートしてくれる「ネットトータルサポート」というサービスがあります。電話でのサポートに加え、修理・訪問サポート、データ復旧、買い取り、オンラインパソコン教室などを利用することができます。購入店やメーカーなどの指定はないので、使っているほとんどの機器に関する相談が可能です。遠隔操作で設定をサポートも行っており、年中無休で9:00〜20:00まで対応しているので困った時に気軽に相談できますね。 ドコモ光お申し込みサイトでも、ネットトータルサポートに関して詳しく書いています。ぜひネットトータルサポートページもご覧ください。 ネットトータルサポートページへ まとめ ドコモ光に申し込みをしたら、インターネットを利用するための初期設定が必要です。難しいイメージがありますが、1台のパソコンだけを設定する場合は思っているよりも簡単にできます。また2台以上の設定や無線接続のためにルーターを用意するときは、付属CDがついているものを選ぶと便利ですね。 設定ガイドには、わかりやすく画面の見本を使って説明しているものもあるので、落ち着いて1つずつ確認しながら作業していきましょう。もしもわからなくなってしまったら、ドコモ光のサポートセンターに電話をかければ、遠隔操作で対応してもらえます。

ドコモ光電話の電話料金や電話回線、工事費、ルーターなどの基礎知識 ... JCOMからドコモ光の乗り換え手順・費用・工事内容は?固定電話の番号は? | らくらくネット選び【ドコモ光】

ドコモ 光 工事 電話

ドコモ光電話の工事費ですが、上記でご紹介した契約事務手数料と同じように、ドコモ光のインターネットをまだ契約していない 未契約の場合 と既にインターネットのみ 契約済みの場合 とでは 工事費に違い があります。 ドコモ光を契約するときは工事をしてもらわなければいけませんが、状況によっては工事が不要になる場合があります。パターンは限られますが、自宅の環境が工事の不要な環境なのか確認してみる価値はあります。ここではドコモ光を契約するときに工事が必要のないパターン2つを紹介します。工事が必要な理由も解説するので、ぜひご覧ください。ドコモ光で工事が必要な理由ドコモ光を契約するときに工事が必要な理由は、光ファイバーの導入にあります。ドコモ光と同じ回線を利用している場合でも、事業者ごとにシステムが理由で工事が必要になります。ドコモ光で工事が必要な理由は光ファイバーの利用ドコモ光を契約するには、電柱から自宅へ光ファイバーを引き込んで、宅内に光コンセントとホームゲートウェイ(ONUになる場合あり)を設置しないといけません。上記の図を見て勘付いた人もいるかと思いますが、光ファイバーの引き込みから設備や機器の設置は専門の業者じゃなければ行えません。ドコモ光対応マンションではすでに光ファイバーが導入されていますが、宅内での光コンセントなどの設置は業者じゃなければ不可能です。フレッツ光以外の回線から乗り換える場合も工事が必要フレッツ光以外の回線からドコモ光へ乗り換える場合も、先ほど紹介した内容の工事をしてもらわなければいけません。フレッツ以外の回線はドコモ光の光ファイバーとは全く別の種類だからです。フレッツ光から乗り換える場合だけは例外で、工事をせずにドコモ光を契約できます。ドコモ光はフレッツ光の回線でサービスを提供する光コラボレーション(以下、光コラボ)で、乗り換える際に回線を入れかえる必要がないからです。光コラボからドコモ光へ乗り換える場合も工事が必須他の光コラボからドコモ光へ乗り換える場合は、フレッツ光から乗り換える場合と違って工事をしてもらわなければいけません。光コラボは共通してフレッツ光の回線を利用するのに、工事が必要なんて疑問に思いますよね。他の光コラボからドコモ光へ乗り換えるときに工事が必要になる理由は、事業者ごとの顧客上表管理システムにあります。フレッツ光はあらゆる事業者に回線を貸し出しているので、工事をせずに光コラボへ移行できるシステムを構築しています。光コラボでは事業者ごとに顧客情報の管理システムが違います。ですので、他の光コラボからドコモ光へ乗り換える際には回線を撤去して環境をリセットさせる必要があります。再契約する場合でも工事が必要以前にドコモ光を利用したことがあっても、再び契約する場合は工事をしてもらわなければいけません。ドコモ光を解約するときは、回線や設備が撤去されるからです。解約するときに申告すれば回線や設備を残しておけます。ですが、先ほど説明した顧客情報管理システムがフレッツ光と異なるのが原因で残した回線環境は再利用できません。ドコモ光を契約する際に工事が不要になるパターン状況によっては、ドコモ光を契約するときに工事をする必要がない場合があります。①フレッツ光からドコモ光へ乗り換えるフレッツ光を利用している場合、工事をしなくてもドコモ光を契約できます。ドコモ光はフレッツ光の回線でサービスを提供しているからです。ポイントフレッツ光からドコモ光へ乗り換える際は回線を入れかえる必要がないので、工事が行われる簡単に契約手続きができるうえに、費用もかかりません。フレッツ光を利用している場合、ドコモ光の他にもソフトバンク光やビッグローブ光などの光コラボへも工事をせずに乗り換えられます。フレッツ光を利用している場合、光電話に加入していても工事をせずにドコモ光を契約できます。工事が必要ないどころか、利用している電話番号もドコモ光へ引き継げるので安心です。②自宅にフレッツ光の回線設備が残っている自宅にフレッツ光の光ファイバーと設備が残されている場合も、工事をせずにドコモ光を契約できる可能性があります。自宅に残しているフレッツ光の回線設備は、再利用できる場合があるからです。光ファイバーと設備の劣化具合によっては工事をしてもらう必要はあります。フレッツ光を使ったことがある人は自宅に回線設備が残っていないか確認してみるといいでしょう。集合住宅では光コンセントがあるかがポイントドコモ光対応マンションに住んでいる場合、既に光ファイバーが導入されています。よって、宅内に光コンセントが設置されているかで工事の有無が決まります。光コンセントが設置されていれば、高い確率で工事をせずにドコモ光を契約できます。光コンセントの劣化具合で工事が行われる場合もありますが、設置されていればドコモ光を申し込む際にその旨を伝えてみましょう。ドコモ光で工事が不要なパターンだったときの対処法工事が不要なパターンに相当する環境がある場合、従来とは異なる方法での申し込みが必要です。自宅にフレッツ光の回線設備がある場合は申告するだけです。しかし、フレッツ光からドコモ光へ乗り換える場合は事前準備が必要なので気をつけましょう。自宅にフレッツ光の回線設備がある場合自宅にフレッツ光の回線や光コンセントが残っている場合は、ドコモ光を申し込むときに回線設備が残っている旨を伝えてください。回線設備が残っている旨を伝えると、NTT側が工事の必要性を判断したうえで後日連絡をしてくれます。工事が必要ないかを確認するための宅内調査が行われる場合もあるので、業者の訪問がある可能性を踏まえた上でドコモ光の申し込みをして下さい。工事が必要なければ、NTTから送られてくるホームゲートウェイを光コンセントに接続するだけです。ドコモ光の開通日は工事有無の連絡がくるときに確認できます。フレッツ光を利用している場合フレッツ光を利用している場合は、以下の流れに沿って手続きをして下さい。転用承諾番号を発行するドコモ光を申し込むNTTでの局舎工事をしてもらうフレッツ光からドコモ光へ乗り換える場合は、必ず転用承諾番号を発行して下さい。転用承諾番号はフレッツ光からドコモ光への乗り換えを申し込むときに必要になります。転用承諾番号はフレッツ光の電話窓口か公式サイトで発行できます。ですが、東日本と西日本で利用する窓口が異なるので気をつけて下さい。転用承諾番号発行窓口エリア東日本西日本電話0120-140202 受付時間: 午前9時~午後5時0120-553-104 受付時間:午前9時~午後5時Webhttps://flets.com/app4/input/index/https://flets-w.com/collabo/発行された転用承諾番号はドコモ光を申し込むときに伝えなければいけないので、メモなどに控えておきましょう。転用承諾番号を発行してからドコモ光を申し込めば、あとはNTTでの局舎工事を待つだけです。フレッツ光からドコモ光へ乗り換える場合、1週間から2週間ほどでNTTでの局舎工事を行ってくれます。 注意尚フレッツ光からドコモ光へ乗り換える場合の工事は不要です。しかし、利用しているプロバイダが変わると設定をやり直さなければいけないので注意してください。ドコモ光以外で工事が不要な回線光回線を契約する場合は基本的に工事が必要ですが、フレッツ光を利用しているなら工事をせずに契約できる回線があります。ネット回線を利用する目的がネットサーフィンぐらいであれば、光回線以外も検討してみましょう。フレッツ光を利用しているなら光コラボフレッツ光を利用しているのであれば、光コラボへ乗り換えると工事をする手間を省けます。光コラボはフレッツ光の回線でサービスを提供しているので、フレッツ光からの乗り換えなら工事をせずに乗り換えられます。厳密にはNTTの局舎で工事が行われますが、自宅での工事は不要なので安心です。申し込みをしてから開通するまでの期間も1週間から2週間です。フレッツ光から他社への乗り換えを検討しているなら光コラボを検討してみるといいでしょう。ポイント光コラボにはさまざまな種類がありますが、ドコモ光やソフトバンク光、ビッグローブ光がおすすめです。ドコモ光ではドコモの、ソフトバンク光ではソフトバンク、ビッグローブ光ではauのスマホ代が安くなるセット割が受けられるのでおすすめです。フレッツ光を利用していないならWi MAXかSoft Bank Air Wi MAXのモバイルルーターやSoft Bank Airを契約するのも1つの方法です。モバイルルーターとSoft Bank Airは端末を受け取った日から回線が開通するので、工事を待つ手間がありません。ウェブサイトや動画を見るぐらいなら十分な速度が出るので使い心地も悪くありません。ですが、Ping値が安定しないのでオンラインゲームには不向きです。モバイルルーターは3日間で10GB消費すると速度制限がかかるデメリットがあり、1人暮らしの人でなければおすすめしにくいです。モバイルルーター&Soft Bank Air ⇒ネットサーフィンをメインにネット回線を使う人向けモバイルルーター ⇒1人暮らし向けと考えてください。マンションに完備されている回線まれに住んでいるマンションに特定のインターネット回線が完備されている場合があります。住んでいる物件に特定の回線が完備されていると、工事をせずにインターネットに接続できるので便利です。利用料金を管理費用で賄っている物件や、契約するときに手続きをする必要がない物件もあります。住んでいるマンションやアパートに特定の回線が完備されていれば使ってみるといいでしょう。ポイントただ、マンションに完備されている回線の通信速度は賛否が分かれています。引っ越す際にネット回線完備の物件を選ぶかは慎重に考えてください。マンションに完備されている回線の種類はフレッツ光であることが多いですが、UCOM光が導入されている場合もあります。

ドコモ光のサービスセンターは工事に関する窓口!繋がりづらいときの... 急増中!光回線へ切り換える電話工事【お役立ち情報】 | OFFICE110

ドコモ 光 工事 電話

ドコモ光には「ドコモ光 サービスセンター」という窓口があります。 サービスセンターの役割は、申し込み後の工事日調整などのやり取りがメインとなります。 電話番号と受付時間は、以下の通りです。 ドコモ光 サービスセンター ドコモ光を契約したいと思っても、工事の内容や費用が気になりますよね。ドコモ光の工事内容はシンプルなので、流れを知っていれば簡単です。タイミングが良ければキャンペーンを受けて費用も安くできます。ここではドコモ光の工事内容や費用を詳しく解説していきます。ドコモ光を契約しようと考えている人は、ぜひご覧ください。ドコモ光の工事の必要性ドコモ光を契約するときに工事が行われるのかは、今いる状況で決まります。工事が必要かはフレッツ光を使っているかで決まるドコモ光を契約するときに工事が行われるかは、フレッツ光を使っているかで変わります。ポイントフレッツ光を利用している場合、高い確率で工事をせずにドコモ光を契約できます。ドコモ光はフレッツ光の回線でサービスを提供しているからです。厳密には無派遣工事という形でNTT局舎のみで作業が行われますが、自宅で工事をしてもらう必要はありません。フレッツ光以外の回線を使っているか、新規でドコモ光を契約する場合は自宅に業者を派遣してもらって工事をしてもらう必要があります。フレッツ光を利用していなくても工事不要な場合がある可能性は低いですが、フレッツ光を使っていなくても工事をせずにドコモ光を契約できる場合があります。以前にフレッツ光を使ったことがあり自宅に回線環境が残っていれば、自宅での工事をせずにドコモ光を契約できる可能性があります。賃貸の住居に住んでいる場合、フレッツを使った履歴がなくても、以前に住んでいた人が利用していた回線が残っている場合もあります。回線や設備の劣化度合いで工事が入る場合もありますが、自宅にフレッツ光の回線が残っていないか確認してみるといいでしょう。ただ、ドコモ光では回線設備が導入済みだったとしても、NTTの局舎で行われる工事費が発生するので気をつけましょう。フレッツ光を使っていない場合や、新規でドコモ光を契約する場合は必ず工事が行われます。工事が必要な理由は、電柱に光ファイバーがある点です。電柱から自宅に光ファイバーを引き込むには、業者の力を借りる必要があります。ドコモ光対応マンションではあらかじめ光ファイバーが引き込まれていますが、宅内に設備を設置する作業は専門の業者じゃなければ行えません。再契約する場合は工事必須過去にドコモ光を使っていた履歴があっても、今フレッツ光を利用していない限りは契約するときに必ず工事が行われます。ドコモ光を解約するときは、回線が撤去されるからです。ドコモ光を解約するときは回線を残すこともできますが、過去に利用した回線は顧客管理システムの仕組みなどが理由で再利用できません。ドコモ光の工事の流れドコモ光を申し込んで工事が行われるまでの流れは簡単なので、工程を知っていればスムーズに行えます。①申し込む際に希望の工事日を申請するドコモ光を契約する場合、申し込むときに希望の工事日を伝えます。希望の工事日は3つまで挙げられます。基本的に工事日は申し込んだ当日に決まりますが、住んでいる場所や家の構造によっては1週間から2週間ほど時間がかかって決まる場合もあります。ポイント指定できる工事日は基本的に申し込み日から2週間後以降ですが、予約状況によっては1ヶ月ほど先になる場合もあります。引越しシーズンと呼ばれる1月から5月は特に申し込みが増加するので、工事日が1ヶ月以上も先になる可能性があります。工事をしてもらうときは契約者か家族の立ち会いが必須なので、家にいられる日を希望の工事日として申告しましょう。②当日に工事をしてもらう工事日が決まれば、あとは工事が終わるのを待つだけです。工事が行われるときは契約者か家族の立ち会いが必要ですが、業者がすべての作業を行ってくれます。工事にかかる時間は戸建てで40分から90分、マンションで30分ほどです。工事の回数も1回だけなので、想像したほど面倒ではありません。工事が完了すれば、当日からドコモ光を利用できます。ドコモ光の工事内容ドコモ光を契約するときに行われる工事の内容は、戸建てとマンションのどちらに住んでいるかで決まります。戸建てでの工事内容戸建てに住んでいる場合、最初に電柱から自宅へ向けて光ファイバーの引き込みが行われます。光ファイバーが引き込まれたあとに、宅内に光コンセントとホームゲートウェイ(ONUの場合もある)が設置されればドコモ光の工事は終了です。戸建てでは電柱から光ファイバーの引き込みを行いますが、家にくる作業員は2~3人だけです。電柱から自宅へ光ファイバーを通す方法には以下の3種類があり、家の構造で方法が決まります。電話線の配管を使って通すエアコンダクトを使って通す壁に穴を開けて通す電柱の近くに電話線の配管やエアコンダクトがあると、壁に穴を開けられる可能性は低いです。ポイント電柱の近くに電話線の配管やエアコンダクトがなければ壁に穴を開けてもらわなければいけません。ですが、気になるような隙間はできず、解約する場合は撤去工事で穴をふさいでくれます。工事が行われる際は業者が宅内に入りますが、光コンセントとホームゲートウェイを設置する場所でしか作業は行われません。光コンセントとホームゲートウェイの設置場所は、家の構造ごとに異なります。アパート・マンションでの工事内容ドコモ光の対応マンションに住んでいるのであれば、あらかじめ光ファイバーが導入されています。よって、宅内で壁のなかから通信ケーブルを引き込んでから光コンセントとホームゲートウェイの設置だけが行われます。マンションでは電柱から光ファイバーを引き込む必要がないので、壁に穴をあく心配はありません。工事を行う作業員も1~2人と少数です。宅内での作業は行われますが、光コンセントとホームゲートウェイを設置する場所以外には立ち入られないので安心して下さい。マンションでの光コンセントとホームゲートウェイの設置場所は、リビングやダイニングなどが一般的です。ドコモ光の工事費ドコモ光の工事費は安くありませんが、タイミングが良ければキャンペーンが適用されて負担が少なくなります。工事費は戸建てとマンションで異なるドコモ光の工事費は、戸建てとマンションのどちらに住んでいるかで決まります。基本的な工事費は戸建てで18,000円、マンションで15,000円です。可能性は高くありませんが、すでに宅内設備があれば戸建てとマンションのどちらでも費用は7,600円になります。宅内設備と光ファイバーが導入済みであれば、派遣工事が行われないので費用は2,000円だけで済みます。ドコモ光 環境別の工事費状況戸建てマンション設備なし18,000円15,000円屋内配線あり7,600円7,600円屋外と屋内配線あり2,000円2,000円工事費は一括か分割で支払えるドコモ光では工事費の支払い方法を以下の2つから選べます。(回線の引き込みと宅内での工事が行われない場合は初月の利用料金支払い時の一括清算のみになります。)初回の利用料金の支払い時に一括清算12~60月での分割支払い分割支払いを選択すれば、ドコモ光を契約する際に高額な出費をする心配がなくなります。キャンペーンで無料になる場合もドコモ光の工事費は高額ですが、タイミングが良ければキャンペーンを受けて無料になります。キャンペーンが実施されていなくてもdポイントによる還元が受けられます。その上、代理店やプロバイダで申し込んでキャッシュバックをもらえば工事費による負担を軽減できます。光電話も利用する場合は別途費用がかかるドコモ光で光電話も利用する場合、先ほど紹介した工事費とは別で費用がかかります。発生する費用は、利用している電話番号を引き継ぐかで決まります。アナログ電話で使っている番号を光電話へ引き継ぐ場合、合計で4,000円の費用がかかります。4,000円の内訳は以下の通りです。アナログ電話の番号を光電話へ移行する費用項目費用交換機等工事1,000円同番号移行工事費2,000円加入電話の利用休止工事費1,000円4合計4,000円光電話へ加入する際に番号を発行する場合にかかる費用は1,000円です。フレッツ光で光電話を利用している状態でドコモ光に乗り換える場合は費用がかかりません。フレッツ光からドコモ光へ乗り換える際に光電話に加入して番号を発行する場合は1,000円かかります。申し込む際の契約事務手数料には要注意ドコモ光を契約するときは、工事費の他にも契約事務手数料にも気をつけて下さい。ドコモ光を契約するときは、工事の有無に関係なく契約事務手数料として3,000円が発生します。契約事務手数料は初回の利用料金を支払うときに合算して請求されます。ドコモ光の工事日程を決めるときのポイントドコモ光の工事日を決めるときは、あらかじめいくつかのポイントを押さえておきましょう。ポイントを把握しておけば、問題が起きるリスクを減らせます。工事の際は立ち会いが必須ドコモ光の工事が入る際は宅内で作業が行われるので、契約者が立ち会わなければいけません。立ち会いが必要と聞くと面倒に感じます。ですが、戸建てでは40分から90分、マンションでは30分以内で終わるのでストレスは感じません。契約者のスケジュールが空けられなくても、家族が代理人となっての立ち会いが可能です。工事は土日祝でもしてもらえるドコモ光を契約する際は土日や祝日に工事をしてもらうことも可能ですが、費用が3,000円アップするので注意が必要です。初期費用を少しでも安くしたいのであれば、平日に工事をしてもらいましょう。年末年始の12月29日から1月3日は業者の休暇期間で工事はしてもらえないので注意してください。工事の時間指定は午前と午後の2つ希望の工事日を申告するときは、時間帯も以下のどちらかから選択できます。細かな時間帯の指定はできないので、午前と午後のどちらかはいつでも予定が開けられる日にちを工事日にしましょう。道路環境による影響で日中の作業が難しくない限り、17時以降の時間帯は指定できません。工事が入るまでの期間は申し込んでから2週間から1ヶ月ドコモ光の契約を申し込んでから工事が行われるまでの期間は、運が良ければ最短で2週間、申し込みが混み合っているときは1ヶ月ほどと考えるのが基本です。1月~5月は引越しシーズンに当たり申し込みが増加するので、運が悪いと工事が行われるまで1ヶ月以上も待たされる場合があります。混雑状況で工事が入るまでの期間が変わることを考えると、1日でも早くドコモ光を使いたいのなら早めに申し込みを済ませておくべきです。工事日の前日までならキャンセルや日程変更が可能ドコモ光では、契約を申し込んでも工事日の前日までであればキャンセルか工事の日程変更が可能です。工事前であればドコモ光の契約開始扱いにはならないので、キャンセルや工事日変更を申し込んでも違約金は発生しません。ですが、工事日の当日にはキャンセルや日程変更ができないので注意してください。申し込みのキャンセルや工事日を変更したい場合は、下記のインフォメーションセンターに連絡しましょう。ドコモインフォーメーションセンタードコモの携帯電話から:151 ドコモ以外の携帯・固定電話から: 0120-800-000 受付時間:午前9時~午後8時台風や積雪で工事が延期する場合がある雨が降ってもドコモ光の工事は行われますが、台風などの暴風や酷い積雪が発生すると業者が現場に向かえなくなり延期になる可能性があります。地域の気候によりますが、夏や冬は悪天候で工事が延期する可能性があることを認識して、家にいられる日を余分に作っておくのが無難です。ドコモ光の工事についてよくある疑問ドコモ光を申し込む前は、工事の内容について疑問を抱くものです。申し込む前の悩みを解決するために、ドコモ光の工事にまつわる疑問への答えをまとめました。①アパートやマンションで工事をする際に管理者からの許可は必要なのかすでにドコモ光の回線が導入済みの物件に住んでいれば、工事をする際に大家さんや管理会社からの許可は不要です。ドコモ光の回線が導入されていない物件に住んでいる場合、戸建てと同じようにエアコンダクトを使うか壁に穴をあけて光ファイバーを通す必要があります。よって、申し込む前に大家さんや管理会社から許可をもらう必要があります。②工事は二階でもできるのか、二階と一階の両方にもできるのか当日に訪問してくる業者に申告すれば、二階で工事をしてもらうことも可能です。二階と一階の両方で工事をしてもらうには、ドコモ光の回線を2つ契約しなければいけません。回線を2つ契約すると工事費と利用料金が二重でかかってしまいます。二階と一階の両方に光ファイバーを引きたいと考えている人は、どちらかにだけ回線を引いて無線ルーターやLANケーブルを使って立ち回りましょう。Wi-Fiの発進範囲が広い無線ルーターや長めのLANケーブルを活用すれば、二階と一階の両方に光ファイバーを引かなくても広い範囲でインターネットが使える環境を作れます。③部屋の片付けはどの部屋をどの程度までやるべきなのかドコモ光の工事では宅内であまりスペースを使わないので、部屋の片付けをする必要はさほどありません。強いて場所を挙げるとすればリビングぐらいです。宅内で作業が行われる場所がリビングになる可能性は高いです。④日程を決めたのに、当日に工事が来ない場合はどんな原因が考えられるのか日程が決まっているのに当日に工事がこない原因は、以下のどちらかだと考えられます。台風や積雪で業者が現場に向かえない申し込んだ代理店かドコモ光、工事業者側に手違いが起きているどちらが原因だとしても工事がこないときは、下記のインフォメーションセンターに連絡して状況を確認してみましょう。ドコモインフォーメーションセンタードコモの携帯電話から:151 ドコモ以外の携帯・固定電話から: 0120-800-000 受付時間:午前9時~午後8時どちらが原因だとしても、当日の工事は中止になり日程が変更になる可能性が高いです。