• 記事: 24657
  • 質問に対する回答: 31302
  • コメント: 25125
  • 準備ができて答え: 30427

アラジン 元ネタ

アラジンと魔法のランプ - Wikipedia アラジン羽賀研二版DVDの見分け方のポイント!レンタルや動画はある? | サプライズ!なまいにち

アラジン 元ネタ

しかし、「アラジンと魔法のランプ」にはアラビア語の写本や原典が存在しないことが問題となっていた。 ガランの1709年3月25日の日記によれば、1709年にガランは アレッポ 出身のマロン派キリスト教徒、ハンナ・ディアブ(Hanna Diab)から「アラジンと魔法 ... 昔、ディズニーアニメ映画で観て、大好きになった「アラジン」が、実写の映画になって日本で公開されています。ディズニーって、あんまり男性キャラクターが主人公になったアニメ映画を創らないですよね?「アラジン」は、貧しい生活を盗みをすることで、なんとか耐えている青年アラジンが、魔法のランプをひょんなことから手に入れてしまい、お姫様ジャスミンとお見合いするが…という話です。魔法使いジー二ーは、ウィル・スミスが演じて、ドハマリしています。声優の山寺さんの演技力も凄いです。このような映画を観て、ツマラナイと思う人はいるのかな?居るとしたら、魔法使いとか、空飛ぶ絨毯とか?子供が楽しいだけじゃないの?みたいな意見の人でしょうね。基本的にはファンタジーの世界なので、絵空事…………なんですね。でも、お姫様ジャスミンの悩みとか、国を自分のいいように支配して、他所の国を滅ぼしたいジャファーのような男性は、この現代社会にも居ると思うのです。ファンタジー話の中に人間観を織り交ぜて、いつでも古くならない宝石のような作品にしています。「アラジン」の元ネタになっているのは、「アラビアン・ナイト」という有名な中東の物語で、かなりたくさんあるストーリーの集大成なんだそうですね。その中のひとつ、お姫様と貧乏な青年の話をまとめたのが、「アラジン」というアニメ映画になったのですね。ヨーロッパに貧乏な娘と、王子様が結婚して夫婦になる話があるので、「アラジン」は逆パターンの玉の輿ですよね(笑)アニメーションでは、ジャスミン姫の友達は虎のラジャだけだったけど、ダリアという召し使いの女性がジャスミン姫の友達として登場してます。ダリアとジー二ーが、仲良くなって恋人になるところもコミカルで楽しい演出になっています。アメリカのコメディは女性が面白い。ダリア役の女優さんはテレビのお笑い芸人?をやっている人で、日本のお笑い芸人さんに例えると、友近さんみたいな感じでした。

(2ページ目)本当は怖い、映画「アラジン」の元ネタ! 中国が舞台で殺... ジョジョの奇妙な冒険の元ネタまとめ【映画・小説・漫画・ドラマ】 | やまぴーのちょっとだけ奇妙な冒険

アラジン 元ネタ

本当は怖い、映画「アラジン」の元ネタ! 中国が舞台で殺人・詐欺・性的描写が満載 映画にはない“続き”も! 紹介している元ネタの数は現在127です(随時更新中)。 ジョジョの奇妙な冒険には、映画、ドラマ、小説、漫画、絵画などを元ネタにしていると思われる描写や設定が数多く存在します。 そこで、連載当初からジョジョの愛読者である管理人のやまぴーが、ジョジョの元ネタになったと思われる作品を連載順にまとめました。元ネタ探しに興味がある人は、ぜひご活用ください。 元ネタ数が多いため、目次から各部をクリックするのがオススメです。 ※注意※ アーティスト名や曲名についての元ネタ情報は、すでに記事が乱立しているのでスルーしています。 あくまでもやまぴーの見解としての元ネタ紹介です。一部を除き公式情報ではありません。元ネタとして怪しい場合もありますがご了承ください。 元ネタの作品名をクリックするとAmazon商品ページへリンクします。 「パクリだ」「オマージュだ」は個人の自由です。言い争いはどこか別の場所でどうぞ。 ジョジョの奇妙な冒険第1部:ファントムブラッドの元ネタ ジョジョの奇妙な冒険第1部『ファントムブラッド』の元ネタになったと思われる映画や小説、漫画などを紹介します。(紹介元ネタ数:6) 石仮面の元ネタと思われるものは、映画『血ぬられた墓標』(1960年イタリア) ディオ・ブランドーのモデルとなったキャラの一人は、映画『ブレードランナー』(1982年アメリカ)のロイ・バッティ ジョースター卿とダリオの出会いのシーン、また盗まれた指輪をあげたとジョースター卿が嘘をつくシーンの元ネタと思われるものは、フランスの文学小説『レ・ミゼラブル』(ヴィクトル・ユーゴー著) 地中のディオがワンチェンの腕をつかむシーンの元ネタと思われるものは、映画『キャリー』(1976年アメリカ) 怪人ドゥービーのマスク姿の元ネタと思われるものは、映画『エレファントマン』(1980年イギリス・アメリカ) 片眼しか見えないマスクが元ネタとなっているだけで、顔からヘビは出てきません。映画のジャンルもホラーではなくヒューマンドラマです。

映画「アラジン」原作との違いは魔神が二人?元ネタや怖いと言われる... 【ベリー・ミニー・リミックス】ショー内容まとめ【ベリー・ベリー・ミニー!】【元ネタ】 | Display New World

アラジン 元ネタ

映画「アラジン」には原作があります。 実写版はアニメが原作ですが、そのアニメについても「アラジンと魔法のランプ」という「千夜一夜物語・アラビアンナイト」の一部分が元ネタになっています。 今回はアラジンの原作との違いについ... エリナが船内で背後から無数の手に襲われるシーンの元ネタと思われるものは、映画『死霊のえじき』(1985年アメリカ) ジョジョの奇妙な冒険第2部:戦闘潮流の元ネタ ジョジョの奇妙な冒険第2部『戦闘潮流』の元ネタになったと思われる映画や小説、漫画などを紹介します。(紹介元ネタ数:6) 機械化したシュトロハイムが切断されるシーンの元ネタと思われるものは、映画『エイリアン2』(1986年アメリカ) 映画で切断されるビショップも人間ではなくアンドロイドです。 ワムウの姿を消す風のモードの元ネタと思われるものは、映画『プレデター』(1987年アメリカ) スージーQがエシディシに取り憑かれて豹変する元ネタと思われるものは、映画『死霊のはらわた』(1981年アメリカ) ジョセフ対ワムウの騎馬戦の元ネタと思われるものは、映画『ベン・ハー』(1959年アメリカ) 飛行機に乗ったジョセフがピラニアに襲われるシーンの元ネタと思われるものは、映画『殺人魚フライングキラー』(1981年アメリカ・イタリア・オランダ) 映画の原題が”Piranha II: Flying Killers”なので、「殺人魚=ピラニア」です。ジェームズ・キャメロンが監督しててビックリします。

ディズニーアニメ映画『アラジン』の元ネタはアラジンと魔法のランプ... 実写版のアラジン役の俳優は誰?メナ・マスードの過去出演作についても | ハッピーライフ|好きなものや気になるものを紹介します

アラジン 元ネタ

この『 アラジン 』見て、 元ネタがあるのだろうか ?と. 気になる方がいるはずです。 このページでは、 ディズニーアニメ『 アラジン 』の. 元ネタともいうべき、 『 アラジンと魔法のランプ 』について、 詳しくお伝えいたします。 アラジンと魔法の ... カーズを宇宙に追放する元ネタと思われるものは、映画『エイリアン』(1979年アメリカ) ジョジョの奇妙な冒険第3部:スターダストクルセイダースの元ネタ ジョジョの奇妙な冒険第3部『スターダストクルセイダース』の元ネタになったと思われる映画や小説、漫画などを紹介します。(紹介元ネタ数:33) スタンドの名前の元ネタは、小説『スタンド・バイ・ミー』(スティーブン・キング著) スタンドのヴィジョンの元ネタは、漫画『うしろの百太郎』(つのだじろう著) 空条の姓の元ネタと思われるものは、小説『クージョ』(スティーブン・キング著) 内容は「狂犬病になったセントバーナードが飼い主を襲う」という承太郎とは全く関係ない話です。1983年に映画化もされています。

『千夜一夜物語』がくだらなくて豪華!アラジン、アリババなどネタバ...

アラジン 元ネタ

アラジンやアリババに元ネタがあったというのは、意外と知らなかった方も多かったのではないでしょうか。 今回の記事で興味を持った方は、ぜひ本作を手に取ってみてください。 空条承太郎の指差しポーズ(ガンフィンガー)の元ネタは、映画『ダーティハリー』(1971年アメリカ) 空条承太郎の学生服姿の元ネタは、漫画『バビル2世』(横山光輝著) 「学ランで砂漠」の原点がバビル2世であると、荒木先生が「企画展 生誕80周年記念 横山光輝展」でコメントされてました。 タワー・オブ・グレー戦で舌に虫型が現れる元ネタと思われるものは、漫画『神の左手悪魔の右手』(楳図かずお著)の「女王蜘蛛の舌」 ストレングス(力)の幽霊船の元ネタと思われるのは、映画『ゴースト/血のシャワー』(1980年カナダ・イギリス) エボニー・デビル(悪魔)の「人形に悪霊が取り憑く」元ネタと思われるのは、映画『チャイルドプレイ』(1988年アメリカ) エボニー・デビル(悪魔)の首回転の元ネタと思われるのは、映画『エクソシスト』(1973年アメリカ) 花京院のレロレロチェリーの元ネタと思われるのは、映画『ビッグ』(1982年アメリカ) レロレロした主演のトム・ハンクスは、ゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞しました。 イエロー・テンパランス(節制)の元ネタと思われるのは、映画『ブロブ/宇宙からの不明物体』(1988年アメリカ) 鏡の中にだけ現れるハングドマン(吊られた男)の元ネタと思われるのは、海外ドラマ『世にも不思議なアメージング・ストーリー』エピソード1に収録されている「鏡よ鏡…」 ホルホース(皇帝)の元ネタと思われるのは、映画『さすらいのガンマン』(1966年イタリア) ジャンプ連載時のタイトルは「さすらいの皇帝」でした。 人面瘡のエンプレス(女帝)の元ネタと思われるのは、漫画『どろろ』(手塚治虫著)の「人面瘡」 エンプレスを医者が切開する元ネタと思われるのは、映画『バスケットケース』(1982年アメリカ) ホウィール・オブ・フォーチュン(運命の車輪)の元ネタと思われるのは、映画『激突! 』(1971年アメリカ)、または小説『クリスティーン』(スティーブン・キング著) 霧のジャスティス(正義)の元ネタと思われるのは、映画『ザ・フォッグ』(1980年アメリカ) ラバーズ(恋人)戦でミクロ化して脳を目指す元ネタと思われるのは、映画『ミクロの決死圏』(1966年アメリカ) 最後のコマに登場する「To Be Continued」の元ネタと思われるのは、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985年アメリカ)のラストシーン。 タイムマシン「デロリアン」で過去と未来を行き来する大人気SF映画。監督ロバート・ゼメキス、製作スティーヴン・スピルバーグ、マイケル・J・フォックスとクリストファー・ロイドのキャストでパート3まで製作されています。 もともと映画では「To Be Continued」がなく、家庭用ビデオ化のときに冗談で「To Be Continued」と入れたところ、「次回作はいつ?」と問い合わせが殺到したため続編が作られたそうです。 夢の中で襲ってくるデス13(死神)の元ネタと思われるのは、映画『エルム街の悪夢』(1984年アメリカ) ジャッジメント(審判)の登場シーンの元ネタと思われるのは、昔話『アラジンと魔法のランプ』 ジャッジメント(審判)の能力で「生き返った死人に襲われる」元ネタと思われるのは、小説『ペットセマタリー』(スティーブン・キング著) さらに「ペットセマタリー」の元ネタは小説『猿の手』(W・W・ジェイコブズ著)です。 音を感知して襲い掛かるゲブ神の元ネタと思われるのは、映画『トレマーズ』(1990年アメリカ) 地中から音に反応して人間を襲う目のない怪物「グラボイズ」との闘いを描いたモンスター・パニック映画の傑作。みんな大好きケヴィン・ベーコンも主演しています。 爆弾仕掛けのオレンジの元ネタと思われるのは、映画『時計じかけのオレンジ』(1971年イギリス・アメリカ) スタンリー・キューブリック監督の第44回アカデミー賞ノミネート作品。題名だけでストーリーは別物です。ズッケェロの眼球釣り針みたいなシーンがあります。 刀を抜いた者を殺人鬼に変えるアヌビス神の元ネタと思われるのは、漫画『どろろ』(手塚治虫著)の「妖刀似蛭」 身体が磁石になるバステト女神の元ネタと思われるのは、海外ドラマ『世にも不思議なアメージング・ストーリー』エピソード1に収録されている「愛と哀しみの磁石男」 アレッシーが叩き割ったドアの裂け目から顔を出すシーンの元ネタと思われるのは、映画『シャイニング』(1980年アメリカ) スタンリー・キューブリック監督の大ヒットホラー。しかし、原作者のスティーヴン・キングが酷評していることでも有名です。映画『レディ・プレイヤー1』ではそのネタが登場します。 ダービー兄の名前をジョセフがワザと間違える元ネタと思われるのは、映画『スティング』(1973年アメリカ) ペット・ショップが自分の血を舐めるシーンの元ネタと思われるのは、映画『燃えよドラゴン』(1973年香港・アメリカ) ダービー弟と対戦したゲーム「F-MEGA」の元ネタと思われるのは、任天堂のゲーム『F-ZERO』 任天堂から発売されたスーパーファミコン時代のレースゲーム。クラッシュで飛ばされて先のコースに行くようなプレイはできません。 ヴァニラ・アイスが「プッツン」する元ネタと思われるのは、小説『ミザリー』(スティーブン・キング著) ストーカー看護師アニーが激高するときに「裂け目」(クレバス)という表現が使われてます。 「てめーはおれを怒らせた」の元ネタと思われるのは、映画『バンド・ワゴン』(1953年アメリカ) 映画のセリフは「奴らうまくやった。だがひとつ間違いを犯した。俺を怒らせたことだ」です。 ジョジョの奇妙な冒険第4部:ダイヤモンドは砕けないの元ネタ ジョジョの奇妙な冒険第4部『ダイヤモンドは砕けない』の元ネタになったと思われる映画や小説、漫画などを紹介します。(紹介元ネタ数:22) 牛乳配達員に化けたアンジェロの元ネタと思われるのは、小説『スケルトン・クルー』(スティーブン・キング著)に収録されている「ミルクマン」 オモチャの軍隊バッドカンパニーの元ネタと思われるのは、小説『深夜勤務』(スティーブン・キング著)に収録されている「戦場」 怪物と化した億泰のオヤジの元ネタと思われるのは、小説『深夜勤務』(スティーブン・キング著)に収録されている「灰色の固まり」 他人そっくりに変化するサーフィスの元ネタと思われるのは、漫画『パーマン』(藤子・F・不二雄著)の「コピーロボット」 山岸由花子が広瀬康一を監禁する元ネタと思われるのは、映画『ミザリー』(スティーブン・キング著) 主演のキャシー・ベイツはアカデミー主演女優賞を受賞しました。