• 記事: 22669
  • 質問に対する回答: 22588
  • コメント: 25767
  • 準備ができて答え: 24534

アメブロ seo 弱い

アメブロでも最低限やっておきたい、7つのSEO対策ポイントはコレ! ... Wixにアメブロを埋め込むのは最善策じゃない?もっと良い手段をプロ目線で解説してみた! | WordPressの引越し代行なら『サイト引越し屋さん』

アメブロ seo 弱い

「アメブロは検索に弱い」と言われていますが・・・ きちんと知識をつけて対策していれば、けっこう検索上位にあがってくるようになります。 SEO対策っていろいろありますが、「最低限これだけはやっておこう!」という6つのポイントを解説します。 「アメブロ アクセスアップ」ではランクインしていません。 見ていくと4ページめにありました。検索結果のほとんどが、一つの情報商材のリンクベイトで、タイトルまで同じページもありました。 ほかにも「アメブロ 集客」「アメブロ 集客 アクセスアップ」「アメブロ SEO 集客」もありますけど、これらのランキングには、ほとんど意味がありません。 前のエントリーでは「具体的にどうしたらいいの?」を書いてませんでしたので、今回は私が実務で見ている方法を一部ご紹介いたします。 左の列はGoogle検索で表示された順位で、右はクリックされたときの順位です。表示では47位や33位もありますけど、クリックは別のキーワードで10位以内がほとんどです。 左の列は、Googleが検索結果を表示してヒトが見てるWebサイトの内容で、右はクリックされた結果です。右の結果も重要ですけど、ランキングが低くても見られてるキーワードが大切です。 上のキャプチャーは、このブログですのでターゲットはありませんけど、ECサイトやサテライトでは、左の列にあるキーワードからランキングの低い組み合わせをキーワードツールで調べてください。 ターゲットにするキーワードは、完全一致でローカルの月間検索ボリュームが1万回以上がミドルキーワードといえます。 まとハズレなキーワードの組み合わせになったり、何もワカラナイときは、しばらくショップやブログを運営してみましょう。 ウェブマスターツールはキーワードのヒントになります。 ※ご注意下さい※ウェブマスターツールのキーワード公開や、信用できないアカウントと共有してはいけません。ライバルに見られたら、対策されてしまうからです。 Yahoo!

アメブロはSEOに強い?それとも弱い?アメブロのメリットとデメリッ... 【最新】アメブロで集客できない!効果的な集客方法と時短ツール

アメブロ seo 弱い

尚、seoの観点からは、アメブロが極端にseoに強いという印象はありません。 ただ、だからといってSEOに弱いという結果も得られていません。 一般的なブログサービスと、ほぼ同程度となりますので、「アメブロはSEOに強い」といった過度な期待をされない ... この記事では、アメブロのアクセスをGoogleアナリティクスで見ることができるための方法をご紹介します。また、Googleアナリティクスで何が見られるのかもお伝えします。 かつてアメブロのアクセス解析は、実際より盛った不正確な数値を表示していたことが分かっています。しかし2018年ごろにより現実的な数値を表示するようになりました。 それでもGoogleアナリティクスには勝てません(勝負していないと思いますが) 記事は書きっぱなしではなく、アクセスの解析を見ながら記事のブラッシュアップ(リライト)していくことが、ブログを成長させるのです。何より、記事を書く力が身につきます。 今日からさっそくGoogleアナリティクスを設置して、ブログ改善のヒントを見つけましょう。難しくありませんので10分あればできてしまいます。 過去記事:アメブロのアクセス数はウソ?!Googleアナリティクスと9倍差に! 検索エンジンのGoogleが提供する無料のウェブアクセス解析ツールです。かなり詳細なことまで見ることが可能で、ウェブサイトの集客のために必須のツールになっており、数多くの企業も導入をしています。 Gmail(ジーメール)はGoogleが提供する無料のメールサービスです。このGmailを中心に、Googleの各種無料ツールが使えるようになります。Googleアナリティクスもその1つで、Gmailアカウントを先に作ります。 Googleアナリティクスのページへアクセスします。 http://www.google.com/intl/ja/analytics/ すでにGmailのアカウントを持っている方は、「ログイン」してください。アカウントがない方は「アカウントを作成」をクリックしガイドに従って作ってください。難しくはありませんので大丈夫。 Gmailをお持ちの方は、Gmailアカウントのログインが要求されますのでパスワードを入力してログイン。 「お申し込み」をクリック。 アカウント名(必須) アカウント名は任意につけてください。 このアカウントの下に複数のウェブサイトが登録できます。 あなたの会社名や屋号、プロジェクト名でもいいでしょう。 次からはプロパティの設定です。 プロパティは登録するサイトごとに作成するものです。 ウェブサイト名(必須) 登録するブログサイトの名前を入力しましょう。 例)KAORI CREATIVE(私の場合) ウェブサイトのURL(必須) 登録するブログサイトのURLです。 アメブロの場合は http://ameblo.jp/◯◯◯◯◯/ となります。 私の場合は https://kaori-creative.com/ です。 業種 近いと思われるものを選択してください。 レポートのタイムゾーン 日本在住の場合は「日本」を選択。 次はデータ共有設定です。 Googleアナリティクスとデータ共有するかどうかを選択します。 (デフォルトではすべてチェックが入っています) このページはまだ使いますので閉じないでこのままにしてください。 アメブロにログインし、管理画面を開き、最下部のボタン「設定・管理」を開きます。 「設定・管理」画面の「外部サービス連携」をクリック。 (※今までは「フリープラグインのページで設定していましたが場所が変わりました) 「設定・管理」画面の「Seach Console(旧ウェブマスターツール)とGoogle Analyticsの設定」をクリック。 すると「Google Analyticsの設定の欄が見えますね。そこに、UA-から始まる、先ほど取得したトラッキングコードをペーストしてください。手で入力しないでコピペするようにしましょう。 時間を置いてGoogleアナリティクスを見てみよう これでアメブロのアクセスをGoogleアナリティクスで見る準備ができました。1週間ほど後にデーターが溜まってきたころにGoogleアナリティクスにログインして見てみてください。アメブロのアクセス解析より詳細に見ることができます。 Googleアナリティクス Googleアナリティクスをアメブロに設置した場合に出来る代表的なことをご紹介します。 制限があるためワードプレスより確認できる項目は一部減りますが、それでも自分のブログを見に来た人の行動や属性を知ることは、訪問者に合わせた記事を書くことに役立てられます。 今現在、ブログに訪問している人の数と見ている記事が分ります。 ワードプレスでグワーッとアクセスが集中すると、数十人、大きな「バズ」がおきている場合は100人などという数字が表示されます。 Googleの左メニューの「Realtime」または「リアルタイム」で分ります。 一週間の時間帯ごとにどれくらいの規模のユーザーが来ているのかが分ります。平日のオンタイムなのか、夜が多いのか。ブログの対象にしているユーザー層の生活パターンによって変わりますね。 ママさんを対象にしているお客様のブログは、見られ始める時間帯が早いです。私は日中、パソコンに向かってグーグル検索している人がくるパターンが多いようですので、平日の日中がメインです。 訪問者が何で見ていたか、スマホかパソコンか、タブレットか。スマホならi PhoneかAndroidかといったことから、見ている画面のサイズまで分ります。 スマホユーザーが多いのであれば、パソコンよりスマホでの見え方を一番優先して、よく見えるように記事を書くことが必要です。 訪問者(ユーザー)がブログに来てどのような行動を取ったかをアメブロよりはるかに詳細に見ることができます。 ユーザーがサイトに来て他のページを見たりクリックしたりして帰るまでの一連の行為を1セッションと数えます。ユーザーがブログに来て行動が30分間何もなければセッションは終わります。 ページビューは、ブログの記事が開かれた回数です。よくPV(ピーヴイ)と略されて言われることも多いです。ページビューが多いけれど滞在時間が5秒と短いと記事がよく読まれずにさっと帰ってしまったと考えらえます。 訪問した人一人を1と数えます。100人のユーザーがそれぞれ3ページずつ見ていたとしたら、ページビューは300、ユーザー100となります。 アメブロの「アクセス」が該当するのがユーザーかページビューかは不明です。 ユーザーが始めに表示したページ以外を見ずに帰っていった割合。「直帰率が低い」ということは、他のページも気になって見ている、ということが分り、対象ユーザーに合った記事を提供できていると分析することが可能です。 ユーザーが、ブログに来て留まっている時間。短いければ見てさっと帰るという行動が推測できます。長ければ気になって他の記事も見ている、あるいはページを開きっぱなしで離席しているなども考えられますね。 アメブロでは「リンク元」では検索エンジン・その他・Amebaというよく分かるようなわからないような分類ですね。 アナリティクスではグーグル検索か、Yahoo検索か、直接URLを入力して来たか、Facebookから来たかなど、もう少し詳細に分ります。(参照元/メディア) また、Googleの無料ツール「Googleサーチコンソール」と連携すれば、どんな検索キーワードを入力した人が訪問したかも分ります。 それによってどんな言葉と相性がいいのかが見えてきますね。 いかがでしたか。Googleアナリティクスをアメブロに設置方法をご紹介しました。 アナリティクスを見ることで、どうしたらもっと読んでもらえるか、必要な人に届くだろうかと、ブログ記事を改善するヒントをつかめてゆけるでしょう。こういう行動がブログ集客にはとても重要なんですね。 そのために書きっぱなしではなくGoogleアナリティクスを十分活用してブログ集客づくりに役立ててください。応援しております。 アメブロはSEO検索結果に強いの?弱いの? この質問に対して「ameblo.jp」のドメインは強いが、アメブロユーザーのブログはSEOに弱いと言えます。それはつぎの3つの理由があるからです。 Googleが実行する「ドメインの多様性」による制限 SEOに必要な各種設定や対応がアメブロでできないことが多い アメブロユーザーのブログの書き方がSEOに合わない この記事ではこれらのお話と、検索結果にameblo.jpがどれほど表示されるか、一部のキーワードで調べた結果もお伝えします。 アメブロでSEO対策をする ...

SEO対策ならワードプレス? アメブロはSEOに弱いって本当? ... アメブロSEOの効果とYahoo!SEOの経過を公開します - SEO薬箱

アメブロ seo 弱い

なぜアメブロはseoに弱いのか? 「アメブロがSEOに弱い」と言う表現はあまり適切ではないと思っています。 なぜなら、アメブロは、上位表示に影響を与えるドメインパワーがあるということが知られているからです。 2018年12月25日、アメブロがついに公式に商用利用が可能になりました。「水増し」と評判が悪かったアクセス解析も2018年4月25日に改善されたようです。 しかし消されずに存続しているビジネスブログはこれまでもたくさんあるはずです。商用化になったからアメブロを見直すべきだなんてことにはなりません。 ブログが流行りだした2004年にスタートしたアメブロ。今は下降線 この図は「Googleトレンド」で見た2004年から2018年の検索回数の傾向です。 アメブロが誕生した2004年以降はブログブ ... アメブロは無料で使える変わりに広告が表示されています。1000円を支払うことで消すことはできますが、多くの方は表示された無料版を利用しています。 その広告は「興味関心連動型広告」と呼ばれるタイプの広告です。それが場合によっては厄介なのです。 この記事では、無料ブログが知らない間にライバルを宣伝してしまいかねないことについて説明します。 アメブロの広告は「興味関心連動型広告」。それって何? 「興味関心連動型広告」とは、ユーザーがよく訪問するサイトなどの情報を追跡し、その傾向に近い広告を表示させる広告技術です ... 2018年12月追記 2018年4月25日にアメブロのアクセス解析がリニューアルされ「水増し」でなく現実的なアクセス数値を表示するようになったようです。 あちらこちらのブログでも指摘されていたことなので、積極的にブログを更新してくれるビジネスブログユーザーを減らさないための対策の一つだったのかもしれません。 (アメブロ以外の)ブロガーさんの間ではおそらく知られていることなのですが、アメブロに備え付けのアクセス解析は、正しい数字ではありません。 検索で「アメブロ アクセス 水増し」と入れると いろいろ記事が ...

「アメブロはSEO対策に弱い?」を1年かけて検証してみた結果 【2019年】アメブロにGoogleアナリティクスを設置する方法

アメブロ seo 弱い

アメブロの集客効果に疑問を感じ、ワードプレスへ移行を検討している方におすすめの記事です。アメブロはSEO対策に弱いと言われています。その事実を確かめるべく、自分の記事を使って1年間かけて検証してみました。ワードプレスで上位表示されていた記事をアメブロに移植したら ...

アメブロなどの無料ブログが「SEOに弱い」と言われる理由 Rules Of ... 【最新】アメブロで稼ぐたった1つの方法|ブログで稼ぐならこれ一択 | shoiblog

アメブロ seo 弱い

アメブロをはじめとする無料ブログサービスを使っている人の中で、Wordpressに乗り換える人や、無料ブログとWordpressブログを併用する人が最近は多くなってきた気がします。その理由のひとつとして、無料ブログはSEOに弱いWordpressはSEOに強いという話を聞いたことありませんか?わたし自身も ...

アメブロのSEO対策|知れば誰でも簡単にできる上位表示するやり方

アメブロ seo 弱い

この記事では、検索に弱いと言われるアメブロで最大限のSEO効果を出せる対策について書いていきますね。SEOに強いか弱いかはツールの問題ではありません。ワードプレスがSEOに強いツールだから、その人のブログやサイトがSEOに強いかと言うと、それも別問題なのです。

アメブロがSEOに弱い3つの理由 ...

アメブロ seo 弱い

アメブロはseoに弱いです。その理由を3つのポイントに分けてお伝えします。最後に改善策も書いてます。1アメブロのドメインが強くなるだけアメブロはサイバーエージェント社が提供している無料ブログです。

アメブロSEO対策で集客は変わる?試すべき8つのリスト|マイアイラン...

アメブロ seo 弱い

アメブロ集客でのseo対策は必要?不要? インターネットで「アメブロ seo」と検索すると、「アメブロでのseoは弱い」「アメブロでのseoは不要」といった意見も散見されます。これはなぜなのでしょう?アメブロでのseo対策は本当に必要ないのでしょうか?