• 記事: 15549
  • 質問に対する回答: 24293
  • コメント: 16063
  • 準備ができて答え: 15240

ストラスブール ホテル

2020年 ストラスブールで絶対泊まりたいホテル!10選... ストラスブールへの交通アクセス

ストラスブール ホテル

ストラスブールで人気の格安ホテルには、ロマンティク ボークー、Hotel Pere Benoit、ベスト ウエスタン ホテル モノポール メトロポールがあります。 リストをすべて表示: ストラスブールのお財布に優しいホテル このページへは、日本からの直行便、フランス国内、ヨーロッパ周辺国から、ストラスブールへのアクセスについて紹介いたします。 位置と長距離交通のアクセスなど ストラスブールはフランス東部の国境の街であり、フランスでは端にあってパリ以外からのアクセスは便利とは言えませんが、隣国ドイツを初め、スイスやベルギーからのアクセスは恵まれています。長距離交通は、空路はストラスブール空港があり、ヨーロッパ各地へ就航しています。鉄道は、2007年にTGVが開業し、パリの他、ドイツやスイスへの直通列車が増えて利便性は高くなっています。また、隣国ドイツのハブ空港、フランクフルト・マイン国際空港も近く、フランクフルト空港経由も便利です。 SNCF(フランス国鉄)ストラスブール駅 ターミナルとなるのが、国鉄のストラスブール駅です。都心に近い上に、LRTへの乗り継ぎも便利です。駅の地下にA系統・D系統の「中央駅」停留所があるほか、徒歩圏内にB・C系統の停留所があります(駅前広場のマクドナルド前を直進して橋を渡ったところに、アルト・ヴィンマリク停留所があります)。駅構内に店舗がそろっているほか、駅前広場や駅から延びる道は、ホテルやレストラン、ファーストフード(マクドナルド・ケバブ)があって列車の乗り継ぎの際にも便利です。 ストラスブール空港 ストラスブールの空の玄関口が、ストラスブール空港です。空港と市街は、フランス国鉄(SNCF)のTER(普通列車)がアクセス手段となります。列車はストラスブール駅と空港を9分で結んでおり、平日はほぼ15分間隔で列車が運転されています。(→時刻表はストラスブール空港のWEBサイトで確認できます) ストラスブールのもう一つの空の玄関口が、実はドイツのフランクフルト空港です。フランクフルト空港とストラスブール駅を結ぶ、ルフトハンザの高速バスがでています。このバスは航空便の一部をなしているようなので、スターアライアンス系の航空会社でストラスブールへ直接来る場合は重宝します。 日本からストラスブールへ直接来る 日本からの直通便はありませんので、ヨーロッパのハブ空港などからストラスブールへ乗り継ぐのが一般的です。日本からの乗り継ぎ便に使用できそうなハブ空港は、パリ、ロンドン、アムステルダム、フランクフルト(高速バス連絡)。基本となるのが、パリのドゴール空港まで直行便などできて、パリ-ストラスブール間の飛行機に乗り継ぐルートです。また、アムステルダム空港で乗り継ぐルートもあります。いずれも、ハブ空港とストラスブール空港の間はエールフランス⌒KLMの便になりますので、スカイチーム系の航空会社の利用の場合は便利です。また、フランクフルト国際空港からルフトハンザのバスがでています。そのため、フランクフルト経由も便利です。こちらは、スターアライアンス系の航空会社を使う方にお勧めできるルートです。ただし、ワンワールド系の航空会社はストラスブールに就航していませんので、ハブ空港-ストラスブール間の航空機は別会社となるか、鉄道・バスとなります。 マイルのことを考えれば、飛行機は以下のようなルートが考えられます。 スカイチーム系(エールフランス、KLM、大韓航空など):日本などからパリかアムステルダムまで乗って、エールフランスの接続便に乗るのが一般的です。全区間マイルがたまります。注意点は、CDG空港-ストラスブール間のTGVエアーサービスはないので、パリ-ストラスブール間でTGVに乗る場合は別払いになる点です。 スターアライアンス系(全日空、ルフトハンザ):フランクフルト空港まで行って、ルフトハンザのエアポートバス利用が便利(ただし、バスにマイルはつきません)。 ワン・ワールド系(JAL、ブリティッシュ・エアー):ワン・ワールド系の航空会社は就航していませんので、到着空港~ストラスブール空港間は別払いとなります。JALのマイルを貯めたい方は、パリ、ロンドン、アムステルダムへJAL(ロンドンはBAも可能)で飛んで、JALとマイルで提携しているエールフランス便に乗り継ぐのがお勧めです。費用を安くしたい場合は、JALでフランクフルトに飛んで、ルフトハンザバスを使うのがお勧めです。鉄道パスを使って周遊する予定の人で最初にストラスブールへ行くなら、パリへ飛んでTGVでストラスブール入りするのが良いでしょう。 ストラスブール~CDG空港TGV駅を直行するTGVもあり、乗り継ぎ便との連絡が良い場合は利用できるでしょう(ただし、TGVエアーの対象にはなっていませんので、乗車券は別払いになります)。 フランス国内からストラスブールへ 2007年にTGVが開業し、フランス国内からストラスブールまでのアクセスが大幅に改善しました。とはいえ、東の果ての街なので、移動にはそれ相応の時間がかかります。基本的に周辺地域またはパリから来る場合以外は、直通列車が無い限りは、飛行機で移動した方がよいかも知れません。ただし、地域によって直行便が無かったりしますので、4時間までの所要時間ならば列車の方がよいでしょう。なお、南仏からは二系統の夜行列車がありますので、地中海沿岸地域からは夜行列車も使えます。 パリ/イル・ド・フランス・サントル(オルレアン)方面より パリ・東駅よりTGVで2時間20分で行けます。オルリー、ドゴールの両空港からの飛行機もありますが、都心~空港間の移動時間を考えれば、TGVが早くて便利です。イル・ド・フランスやサントルなど周辺都市からの場合も、一度パリへ出てTGVに乗るのが一般的でしょう。 ノール・ド・パ・カレ(リール)方面より リールーストラスブール間の直行TGVが一日3本ほどあります(CDG空港経由)。それ以外の時間帯は、パリ北駅までTGVへでて、パリ・東駅よりTGVに乗り継ぐルートがお勧めです。リールからならば4時間くらいの所要時間です(北駅と東駅は徒歩ですぐ)。 ノルマンディー方面(ルーアン、カーン、ル・アーブル、シェルブール)より 飛行機は便利ではないので、列車でパリ・サン・ラザール駅へ出て、東駅よりのTGVに乗り継ぐルートが良いでしょう。ルーアンからストラスブールまでなら4時間強くらいです。 西部方面(ナント、レンヌ、トゥール、ル・マン方面)より 一部に、ストラスブール直通TGVがあります。それ以外はパリまでTGVででて、東駅からのTGVに乗るルートになります。時間に余裕がなければ飛行機に乗った方がよいかもしれません。 アキテーヌ・ミディー・ピレネー方面(ボルドー、トゥールズなど)より ボルドーからストラスブールまで直通TGVはありますが、7時間もかかります。ボルドーやトゥールズからストラスブールまでは飛行機で移動した方が現実的です。 ローヌアルプ方面(リヨン・グルノーブル・サンティティエンヌ)より リヨンからストラスブールまで直通列車があり、約5時間。飛行機で飛んだ方がよいかもしれません。 オーベルニュ・リムーザン方面(クレルモン=フェラン、リモージュなど) 鉄道だと無茶苦茶時間がかかるので、時間に余裕の無い方は飛行機の利用がお勧めです。鉄道の場合、一度パリへ出て、TGVに乗り換える必要があります。 南仏(マルセイユ、モンペリエ、ニーズなど) 鉄道だと丸一日かけての移動となりますので、昼間の列車を使うよりは、飛行機の方がよいでしょう(マルセイユ~ストラスブールをTGVで移動したら、6時間くらい)。また、この地区とストラスブールの間には夜行列車が運転されていますので(ニース、マルセイユ経由~ストラスブール、ポールブー、モンペリエ経由~ストラスブール)旨く使えば宿代と時間の節約になります。 アルザス・ロレーヌ・フランシュコンテ 隣接地域なので、列車を使えば2時間以内で到着します。 ヨーロッパ内よりストラスブールへ ドイツ ドイツ国内からは鉄道利用が便利です。ストラスブールへの直通列車がない都市でも、オッフェンブルクかバーデン・バーデン、カールスルーエまで来ればストラスブール方面への列車に接続するダイヤを組んでいます。なお、ストラスブール空港からはドイツへの路線はありません。遠くても、列車移動が一番早くなります。例えば、ベルリンからは6時間近くかかりますが、飛行機を乗り継がねばならず、列車でも飛行機でも同じです(ベルリン~パリ~ストラスブールと飛ぶ必要があるため)。 飛行機で言えば、フランクフルト空港からルフトハンザバスがあります。フランクフルト空港まで飛んで、ルフトハンザバスでストラスブール入りする方法もあります。 スイス スイスのバーゼルまで列車で1時間強であり、スイス各地から鉄道アクセスは便利です。バーゼル-ストラスブール間は最高速度200km/hの新快速列車が1時間ごとに走っています。チューリヒ~ストラスブール間のTGVもあります。 ベルギー ブリュッセルからルクセンブルク経由の在来線で5時間。一日2往復ほどユーロシティーがあります。直通列車の無い時間帯は、ケルン経由でICEを使って、カールスルーエ方面へでた方が早い場合があります(このルートは運賃が高いため、ユーレルパスなどの多国間有効のパス所持の場合でないと難しいでしょう)。 オランダ 鉄道の場合、ドイツ経由でICEを使うルートです。アムステルダム~ケルン間のICEでケルンへ出て、カールスルーエやバーデン・バーデンまで行けばストラスブール行きの列車に接続します。だいたい、5時間くらいです。 イギリス パリのターミナルが隣接することから、パリ経由でユーロスターとTGVを乗り継ぐことができます。5~6時間です。ユーロスターのチェックインで、30分前に改札締め切りますのでご注意ください。航空路線はロンドンだけです。 スペイン ストラスブールから南仏までの夜行列車は、スペイン国境のポールブーまで行きますので、この夜行列車を使えば、バルセロナ~ストラスブール間が列車で移動できます。マドリッドからですと、パリ行きのホテルトレインに乗って、TGVへ乗り継ぎというルートになります。飛行機が飛んでいないため、飛行機の場合はパリCDG空港で乗り継ぐか、フランクフルトまで飛んでルフトハンザバスを使うかになります。 オーストリア ウィーンとの夜行列車「ユーロナイト・オリエント急行号」は廃止されてしまいました。 上記以外の国 基本的に鉄道利用は時間がかかりますので、夜行列車を使わない限りは飛行機が一般的です。ただし、ストラスブール空港への就航路線が少ないため、多くの場合は乗り継ぎが必要となります。パリCDG空港で乗り継ぐルートか、フランクフルト空港まで飛んでルフトハンザバスへ乗り継ぐルートのどちらかを取る必要があります。

ストラスブール(フランス)の人気ホテル10軒|¥5,960~ 2つの文化の交差点!ストラスブールの基本情報とおすすめ観光名所まとめ | Compathy Magazine(コンパシーマガジン)

ストラスブール ホテル

フランス、ストラスブールのホテルをオンライン予約で大幅割引。お得な宿泊料金のお部屋を豊富にご用意。実際の宿泊客の評価を参考に一番お得なホテルをお選びいただけます。 ストラスブールは、かつてフランスとドイツが領有権を争った、アルザス地方の中心都市。現在は両国の影響を受けた独自の文化を見ることができます。そんなストラスブールには、世界遺産に登録された旧市街をはじめ、多くの見どころスポットがあります。今回は、ストラスブールの基本情報とおすすめ観光名所について紹介します。 AfterコロナのNewスタンダード? \ Compathy GOバーチャル旅行、はじまりました! / こんにちは。Compathy MagazineのMAKIです。

ストラスブールでおすすめのホテル-キャンセル料無料のホテルも選択可... アルザス地方は事前にTGVチケットを購入した方がお得!パリからストラスブール&コルマールへの行き方 | 旅とカメラと日々の雑記帳。

ストラスブール ホテル

ストラスブールのホテルの宿泊体験者による口コミ & 部屋の写真をチェックして料金比較。エクスペディアなら、ストラスブールのお得な宿泊施設が満載。予約でポイントも貯まります。ストラスブールの格安ホテルを簡単にオンラインで予約可能。 ストラスブールは、フランス北東部に位置する都市。現在はフランスに属していますが、長い歴史の中でドイツとフランスが領土を争った、アルザス地方の中心都市として知られています。 フランスとドイツの国境付近にあるストラスブールは、両国の影響を受けた独特の文化が根付く街。今回は、そんなストラスブールの基本情報やおすすめの観光・グルメスポットについて紹介します! ストラスブールってどんなところ? ストラスブールの基本情報 ストラスブールは、フランス北東部のドイツとの国境近く、ライン川左岸に位置する都市です。長きに渡ってフランスとドイツが統治権を巡って争っていたアルザス地方の中心として栄えた都市としても知られています。 ストラスブールにはそのユニークな歴史ゆえ、ドイツとフランス両国の影響を受けた独自の文化が形成された街並みが広がっています。またストラスブール大聖堂、アルザスの伝統家屋が密集したプティット・フランス地区を含む旧市街(グランド・ィル)は、その歴史的価値を認められユネスコの世界遺産に登録されています。 都市名:ストラスブール(Strasbourg) 日本との時差:8時間(サマータイム期間は7時間) ストラスブールの治安について ストラスブールはフランス内で特に治安の良い地域ではありませんが、通常に観光する際は大きな犯罪に巻き込まれる可能性は低いと言われています。ただし夜の時間帯になると街が暗くなり、安心して歩くことはできない環境となります。 ストラスブール滞在中の夜の街歩きは可能な限り避け、どうしても外出する必要がある際は公共交通期間を利用したり、複数人で行動したりするなど対策を行うようにしましょう。 万が一犯罪に巻き込まれた際は、以下の基本情報を参考に、ストラスブールにある日本領事館に連絡してみてください。 在ストラスブール日本国領事館 住所:Tour Europe 20 place des halles, 67000, Strasbourg 電話番号:0388528500 窓口営業時間:9:00〜12:00、14:00〜17:00(土・日曜定休日) 公式サイト:在ストラスブール領事館 ストラスブールの天気・気候・気温 The location could not be found.

【フランス】ストラスブールの宿泊でおすすめ高級ホテル10選 - おすす...

ストラスブール ホテル

ストラスブールのホテル事情 ストラスブール観光の注意点 ストラスブールの宿泊でおすすめ高級ホテル10選を紹介! ヴィラ ノヴァリナ ホテル(Villa Novarina) シャトー ドゥ リル アンド スパ(Chateau de L'ile) ストラスブールの地図マップ ストラスブールの交通事情 ストラスブール空港と日本からの行き方 「ストラスブール国際空港」は、市街地より南西に約10km離れたエンツハイムに位置しています。空港から市街地までは、フランス国鉄(SNCF)の普通列車で9分ほどとアクセスも抜群で、ストラスブールの空の玄関口として多くの人が利用しています。 日本からストラスブール国際空港へのは直行便が無いため、パリ・フランクフルト・アムステルダム・ロンドンなどのヨーロッパ都市を経由する乗継便ルートが一般的です。またフランクフルト空港からはストラスブール駅行きのルフトハンザの高速バスが運行しているので、旅の予定に合わせてこちらの利用も検討してみましょう。 ストラスブール中央駅:パリからの移動は鉄道が便利 「ストラスブール中央駅」は、ストラスブールの中心地から西に1kmほどの場所に位置する地域の主要駅。高速鉄道(TGV)が乗り入れしており、パリをはじめとするフランス国内の主要都市へ向かう列車が運行しています。 パリ東駅からストラスブールまでの所要時間は約2時間20分、料金は約50~100ユーロ(日程・座席のグレードにより変動)です。パリも一緒に観光したいという方は、こちらの鉄道を利用するのも良いですね。 トラム(路面電車):市内観光に便利な移動手段 ストラスブールの街中では、路面電車のトラムも運行しています。リーズナブルな値段で乗車できるので、街中の観光地を回る際に利用するのがおすすめです。乗車券は停留所近くの券売機でクレジットカード支払いにも対応しているので、ぜひ活用してみてください。 ストラスブールのおすすめ観光スポット9選+番外編 1.ストラスブール大聖堂 「ストラスブール大聖堂」は、街の中心に位置するカトリック教会の大聖堂。全長143メートルの高さを誇る建物は世界で6番目の高い教会として有名で、ストラスブールのシンボルとして親しまれています。 外壁には使われているバラ色の砂岩が特徴で、332段の階段を登った先にある塔頂上からはストラスブールの街並みを一望することもできます。大聖堂を含むストラスブール旧市街は世界遺産となりました。ほかにも12:30に作動する天文時計や光が差し込む美しいステンドグラスなどの見どころもあるので、ぜひ実際に足を運んでみてください。 ストラスブール大聖堂(Cathedrale Notre-Dame Strasbourg) 住所:Place de la Cathedrale, 67082 Strasbourg 電話番号:0388214334 営業時間:7:00〜11:20、12:40〜19:00(天文時計のからくり作動時間は12:30) 塔に登れる時間:【4月~9月】 9:00~19:15(7月は〜21:45、8/1~15は〜20:45、8/16~31は〜19:45まで延長)、【10月~3月】10:00~17:15 ※1/1・5/1・12/25は塔の見学不可 アクセス:トラムA・D線「Langstross Grand'rue」駅から徒歩3分 公式サイト:ストラスブール大聖堂 2.ストラスブール大学 Photo credit:Jonathan Martz (Own work) [GFDL (http://www.gnu.org/copyleft/fdl.html) or CC BY-SA 3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], via Wikimedia Commons 「ストラスブール大学」は、ストラスブールにあるフランスの公立大学。3つの大学に分かれていましたが、2009年1月1日に再統合され、フランス最大の大学となりました。ノーベル平和賞を受賞したアルベール・シュヴァイツァー博士やルイ・パスツールなどの著名人が通った大学としても知られています。

【H.I.S.】ストラスブールのホテル一覧|海外ホテル予約

ストラスブール ホテル

ストラスブールでホテルを見つけたいなら海外ホテルの予約はH.I.S.!格安ホテルが簡単にオンライン予約・決済できます。H.I.S.独自の口コミと割引特典満載。安心の海外支店サポート。人気エリアへのホテルの宿泊予約が楽々! ストラスブール大学では留学生の受け入れを積極的に行っており、現在も国境を越えて多くの学生が訪れます。大学内には遊歩道や広場もあるので、フランス屈指の学び舎を見学してみるのも良いでしょう。 ストラスブール大学(Strasbourg University) 住所:4 Rue Blaise Pascal, 67081 Strasbourg 電話番号:0368850000 アクセス:トラムC・E線「Esplanade」駅から徒歩1分 公式サイト:ストラスブール大学 3.クリシュトキンデルスマリック・ブログリ広場(クリスマスマーケット) ストラスブールにはフランス最大のクリスマスマーケットが展開し、”マルシェ・ド・ノエル”と呼ばれ親しまれています。クリスマスの時期は街全体をイルミネーションが囲み、その美しい輝きが多くの人を魅了しています。

ソフィテル ストラスブール (Sofitel Strasbourg Grande Ile) -ストラスブール-【 2020...

ストラスブール ホテル

ソフィテル ストラスブールに関する旅行者からの口コミ、写真、地図をトリップアドバイザーでチェック!旅行会社の価格を一括比較してお得に予約をすることができます。ソフィテル ストラスブールは、ストラスブールで31番目に人気の宿泊施設です。 「クリシュトキンデルスマリック・ブログリ広場」で開催されるクリスマスマーケットは、フランス最古の歴史を誇る人気イベント。クリスマスの時期になると、マーケットには陶器のお土産やツリー用の装飾品などを扱うお店がずらりと並びます。 クリスマスにストラスブールを訪れる方は、ぜひこちらのマーケットに立ち寄ってみてください。 クリシュトキンデルスマリック・ブログリ広場(Christkindelsmarik・Place Broglie) 住所:20 Place Broglie 67000 Strasbourg 営業時間:【11月下旬〜12/31】10:00〜20:00(開催期間や時間は年によって異なります) アクセス:トラムB・C・F線「Broglie」駅下車すぐ バス6号線「République」バス停から徒歩3分 4.グランド・ィル:世界遺産の旧市街 「グランド・ィル」は、ストラスブール市内を流れるイル川に囲まれた島状のエリア。旧市街とも呼ばれ、ストラスブール大聖堂、プティット・フランス、アルザス博物館など数々の観光名所が並んでいます。

ホテル ボークー(ストラスブール)– 2020年 最新料金

ストラスブール ホテル

ホテルのわずか60m先にトラムのポルト・ドゥ・ロピタル停留所があり、そこからストラスブール駅と欧州議会へ簡単にアクセスできます。 クチコミで好評なストラスブールの人気エリアです。 1988年にはその歴史的な価値が認められ、ユネスコの世界遺産に登録されました。ストラスブールを訪れる際は、ぜひ足を運んでその歴史的な街並みを体感してみてください。 グランド・ィル(Grande ile) アクセス:国鉄「ストラスブール」駅から徒歩約6分 公式サイト:グランド・ィルhttp://www.otstrasbourg.fr/en/? lang=en 5.ラ・プティット・フランス 「ラ・プティット・フランス」は、運河沿いに木組みの建物が建ち並ぶエリア。15世紀に建てられた建物は第2次世界大戦によって焼失してしまいましたが、現在は再建されオリジナルの姿を忠実に再現した街並み見ることができます。 イル川の本流が4つに分かれている運河地区に位置しており、川を船で回るアクティビティもあります。またエリア一帯にはカフェやレストラン等も多くあり、川辺で一息付きながら美しい街並みを眺めてみるのも良いですね。 ラ・プティット・フランス(la Petite France) 住所:Petite France Strasbourg アクセス:トラムA、・D線「Langstross Grand'rue」駅から徒歩7分 6.アルザス地方博物館 「アルザス地方博物館」は、ストラスブール大聖堂からイル川にかかる橋を渡った所にある博物館。アルザス地方の伝統的な生活を紹介する博物館で、かつて使われていた家具や道具、衣類などの生活用品や、内装や仕事場が再現された展示などが行われています。