• 記事: 19562
  • 質問に対する回答: 16989
  • コメント: 30869
  • 準備ができて答え: 18416

えびの市 廃墟ホテル

えびの市(大河平)心霊スポット廃ホテル(廃墟)どこ?グリーンヒル... 【○○島】無残な廃墟の島と化していた、三重県志摩市「渡鹿野島」の現状(2012年) - 新日本DEEP案内

えびの市 廃墟ホテル

えびの市(大河平)心霊スポット廃ホテル(廃墟)どこ? グリーンヒルズホテルで特定? 宮城県えびの市大河平にある心霊スポットの廃ホテル(廃墟)で、遺体が発見されたことがニュースになっていますね。 2012/12/19 2018/2/1 三重県2008年に初めて渡鹿野島に訪問してから4年、遊郭の島として江戸時代からの歴史を歩んできたこの島の「伝統産業」もすっかり影を潜め、島の盛り場の夜も寂しい限りの姿を見せていた。一晩明かしてから、明朝再び島内を探索することに。廃業したホテル大阪屋の脇から集落へ続く路地があるので再び入ってみる。夜来た時は真っ暗で何も見えなかったが…2012年、渡鹿野島はこうなっていました集落の路地に足を踏み入れると古くからの生活空間が残る離島独特の密集した住宅地の風景が見られる。廃業したっぽいスナックがちらほらある他はタバコ屋が一軒。集落の中にある八重垣神社は渡鹿野島を代表する神社。毎年7月末に行われる「天王祭」では奉納花火も打ち上げられ島外からも観光客が来て暫しの間だけ賑やかになる。集落を抜けて高台に上がってきた。島の街並みをここから一望する事が出来る。左右に2つあるホテルの建物はつたやと大阪屋。しかし足元に目をやると大量のガラクタが捨てられ放置されている。何故かトイレの水槽に取り付いている器具が何個も廃棄されていた。4年前に来た時もかなり廃墟化した家屋が目立っていたのだが、渡鹿野は高齢化が激しい過疎の島でもある。島の中心のホテルや盛り場ですら廃墟だらけなのだから島の奥に行けばどうなってしまっているのか…ホームページで島の伝統産業を大胆にアピールしている「旅館浮島」も健在。ちなみに渡鹿野の旅館で呼べるお姉さんというのは島に住んでる方々とは関係なく、島外からやってくる専門の方々らしい。渡鹿野島に存在していた保育所の廃墟集落の奥へ入るとよくわからない路地がいくつも伸びている。前回は何もないだろうと思って引き返したが、今回は遠慮なく深入りしてみる事にする。するとその先にあったものは…保育所の廃墟だった。過疎化の激しい島だがかつては子供も多かったのだろうか。島民の避難場所に指定されているらしいが見ての通りの廃墟だもんな。看板には合併前の磯部町の名前が記されている。磯部町立渡鹿野保育所。島民の子供が通っていたには違いないが、島で働いていたお姉ちゃんの子供もきっと少なくなかったのではないだろうか。ジャングルジムや鉄棒などの遊具はそのまま残されていた。何とも侘しい光景である。それは子供の姿が消えた過疎の島の末路。島の共同墓地と廃墟アパートの数々島の中心集落は元からの島民の一軒家が多いが奥に入るにつれてアパートが目立つようになってくる。しかも総じて荒れた佇まいで、廃墟と見間違える程不気味に思える。部屋を見れば分かるが殆どが空き家である。人の住む気配が全く感じられないがこれでも一部には人が住んでいる。人口300人足らずにも関わらず明らかに供給過剰に思える、この特殊な島にあるアパートの事、どんな人間が住んでいるかは説明するまでもないだろう。その暮らしぶりは想像するも孤独感ばかりが思い浮かぶ。空き家だらけのアパートが何棟も並ぶ中で唯一生活感を感じる風景、裏庭に洗濯物が干されていた。女性モノの衣類である。やはりこれも説明の必要はない。ハートマークな形の渡鹿野島の北西部へと至る車道に沿って歩いて行くと島民の共同墓地があった。今も花束が絶えない墓地に刻まれた字を見ると一般的な「○○家之墓」ではなく正面に戒名が大きく書かれている墓が多い事に気づく。この地方独特のしきたりがあるのかも知れない。墓地の隅に置かれた無縁墓らしき墓石の数々。きっとこの島で生涯を終えた遊女の墓もこの中にあるのだろう。そんな共同墓地の一角には一際大きな「殉国英霊之碑」がある。渡鹿野島は戦時中に海軍予科練の秘密の特攻基地を置いていた事もあり米軍の空爆の対象となって空襲にも見舞われている。その時の犠牲者を弔った石碑であろうか。さらに道なりに進んでいくと海側に下った斜面に何軒も不自然にアパートらしき建物が並んでいるのが遠目に眺められる。あれもかつて島で働いていたお姉さん達が住んでいたアパートなのだろうか。しかしアパートの建物自体もその周囲の道もこれでもかと枯れ草が伸び放題になっていてとても近づけそうにもない。当然アパートは廃墟化しているようだ。左側に二軒向き合って並ぶ二階建てのアパートも同じく廃墟。見た目にはそれなりに綺麗さを保っているが、このアパートの多さは昔住んでいたお姉さんの多さを物語っているのだろう。昭和50~60年代頃までが売春島としてのピークと聞いていたのだが、あのアパート群は築20~30年くらいの建物に見える。遊女の岩?昼頃までに島を一周出来るかと甘く見ていたが結局あれこれ寄り道してしまい無理だった。最後は島の東側に回ってみる。パールビーチから向こうは集落が途切れて海岸の防波堤沿いの道を行くしか無くなるが、その終端には曰く有りげな碑が磯の上に立っている。どこかで見た観光案内板にはこの突き当たりに「遊女の岩」があると書かれていたが、これは岩というよりは石碑だし…結局よく分からなかった。The following two tabs change content below.この記事を書いた人最新の記事新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。

宮崎県えびの市大河平の廃墟ホテル場所どこ?心霊スポットで肝試し中... 熱海四連廃墟、牢獄マンション、峰崎医院

えびの市 廃墟ホテル

廃ホテルの場所はに関しては、えびの市にある陸上自衛隊駐屯地の入り口前にあります。 住所: 宮崎県えびの市大字大河平4455-1 住所をお伝えしましたが、建物の内部は酷く荒れ果て、ガラス破片などが散乱しているため危険です。 2018/1/9 熱海熱海にやってきた。 と言ってもターゲットは熱海ではなく、ここでレンタカーを借りて伊豆半島東岸を南下すること。運転は丸投げですが。 駅前の建物がいきなりシブい。下の階だけはリニューアルされているが、上の方は昭和の匂いがぷんぷんする。 まずは駅周辺を少しだけ見ておく。 熱海スターレーン(志ほみやボウル)。すぐ向かいにはレトロパチンコ店トキワホールの跡もある。ここから海岸に出ると、4件連続で廃が続く有名スポット。 ホテル・ニュー大和(ダイワ)。ちょっと畑になっているのが可愛い。 熱海グランドホテル。駐車場になっているが奥にはコンクリート遺構が見られる。 つるやホテル(aune ATAMI)。解体後にaune ATAMIが建設されるも経営元が破綻して再び放置状態に。 ホテル・サウスベイ。ここは綺麗な状態で残っている。少し直せばすぐ営業できそうだ。更にそこから少し東には、 暖海荘。建物は解体されているが、その後の計画がリーマンショックで頓挫、古代の神殿のような威容を晒している。 お宮の松。 熱海市渚町のビル。 サンクリノ美術館。ここはまったく綺麗なままで特に面白みはない。ここからいよいよ車で移動。 伊豆多賀に来ましたよ。 伊豆多賀の未成リゾート。これも正体が良くわからない。未成リゾートということになっているけれど、本当にそうなのか。料金所のような小屋以外ほぼ何も見当たらない。 パラグライダーをやっている人がいる。 そこから網代温泉まで移動し、カーサマリーナ南熱海(Cマンション、牢獄マンション)。未完成のまま放置されたマンションで、相当大規模である。伊豆未成マンション四天王の一つ。見応えがあった。 静岡県熱海市下多賀のhoney devil。これは廃のようでも現役のようでもあり微妙。場所はここ。仮に現役でもイイ味出している。 静洋閣。まぁ普通の廃ホテル。建物は綺麗な状態で、特に見応えなどはない。朝寝坊したせいでスタートが大幅に遅れ、早くも日没が迫ってくる。ここから細かいのは飛ばして大移動。網代隧道(国道135号線旧道)、ムクデン満鉄ホテル、うさみ茶屋(宇佐美茶屋)などを車窓に眺めながら、 峰崎医院(怪獣病院、龍の砦、龍の籠)。 ここはなかなかインパクトがあった。通りの向こうに見えた時のキターーー!! 感が凄い。医院としては営業していないが、住居としては使用されているらしい。猫もいた。 形は異様だけれどよく見ると作りにはペラいところもあり、どことなく映画のセットめいている。この後、これまた四天王の一つロワジール伊東赤坂(軍艦マンション)を訪れるも、既に夕方で予習不足のせいもあり一番山側の残っている建物を見損ねてしまった。 タワーホテル新松原。遠くから眺めるだけ。と、あっという間に終了。朝はちゃんと起きましょう。時間とお金を無駄にしてしまった。まぁ居眠り運転で事故されるより良かったと考えよう。この後は下田まで移動、ホテルウラガに宿泊。ビジネスホテルみたいなところで、フロントの人がめっちゃ慣れていないというか、近所の奥さんがバイトで来てます感が半端なく不安だったけれど、部屋は綺麗で問題なし。素泊まりだけれど下田は町が充実しているので問題なかった。 ホテルのすぐそばの 開国厨房なみなみにて夕食。地元の居酒屋、という感じだけれど、安くて美味しいしブランケットも貸してくれるし、大変満足した。黎明という地元の焼酎が絶品であった。 その後は、これまたすぐ近くにあるハーバーライトというバーに移動。ここが本当に素晴らしいバーだった!なんだか焼き芋シェイクみたいなオリジナルカクテルを頂いたけれど異様に美味しい!お酒とかなんとかより、野菜ジュース的な味わいで、健康になりそうだった。 めっちゃオシャレなお店なのに店内に犬がいるし、バーテンさんもフレンドリーだし、また来たくなるお店だった。 翌日エントリで外観写真を載せるけれど、建築も最高。下田に行ったら必ず寄るべきです。下田富士屋ホテル、下田御苑ホテル、下田城美術館、稲取観光ホテル、ホテル浜山につづく。

【宮崎】廃墟ホテルで肝試しをした2人が本物の腐乱遺体を発見してしま... 八幡市の住宅街にあるラブホ廃墟【ホテルリベロ】とは | 西の禁書目録

えびの市 廃墟ホテル

宮崎県・えびの市の廃墟となったホテル(グリーンヒルズホテル)で肝試しをしていた男性2人が、ホテルの6階の部屋で腐敗した遺体を発見してしまい話題になっています。男(2020年4月16日 12時10分24秒) 廃墟目録2018.06.07この日、橋本遊郭跡を訪れた後、ホテルリベロへと向かうことにした。京都府下には数多くの廃墟が存在するが、ここホテルリベロは私不覚にもノーマークであった。とある廃墟のまとめサイトのようなものを見て知ったのだが、八幡市橋本駅から歩いて数分のところにその廃墟があるらしい。この日橋本遊郭跡を訪れた後、ホテルリベロを目指すことにした。歩いていると神社の向こうに廃墟感のある建物が見えた。後で調べてみると、京阪電鉄の橋本変電所ということらしい。しばらく歩いていくと、三叉路が見えてきた。三叉路の向こう側には「リベロ」の文字がわずかに見える。三叉路を左へいくと、淀川(宇治川)の堤防上を通る京阪国道へと続く。京阪国道へ合流する手前で、右手に入り、住宅街へと続く道へと向かっていく。少し道を入ると、西日に照らされて元の色よりもややオレンジ色に見えるホテルリベロの建物が露わになった。廃墟と呼ぶには少し新しすぎる気もする。建物の前には塀があり、塀と塀の間は緑のネットで封鎖されている。どうやらここがホテルの駐車場にあたるようだ。よく見ると廃車もある。建物外には工事中の看板が建てられたりロープが張られていたりと、侵入者を防ぐため厳重に警戒されていた。そういえば、以前うちの地元でも、かなり荒れ果てたホテルの廃墟があって、中学生のとき窓ガラスを割ってしまった経験がある。一度荒らされてしまったものは、さらに荒らしても良いものかと思ってしまう、まさに割れ窓理論ということだろうか。ここも窓ガラスは割れてしまっており、代わりに板が設置されていた。やはり誰かが割ったのだろう。赤いコーンなどを見ると、これまで侵入者やいたずらした者が多く存在して近隣住民からの苦情があったものと想像できる。しかし、周りを見渡すと古くからの住宅もあり、よくこんなところにラブホテルなんか建設できたと思ってしまう。こんな住宅街の真ん中に景観を壊すようなラブホテルが建設されているというのは珍しいのではないか。あまり見たことが無い(私が無知なだけかも知れませんが)。京阪国道沿いということを考えれば確かに立地的には良いのでしょうが。建物のぱっと見は汚いという印象はなく、むしろ小綺麗な印象さえ受ける。しかし、中は安っぽいとのうわさが。確かによく見たらちゃっちい。いまホテルリベロの前には、かなり新しい住宅が建っている。ホテルリベロは2000年代後半から休業状態だったということで、おそらく廃墟となってから建てられた家だろう。もしかしたら、廃墟のせいで(おかげで)相場よりも少し安い値段で買えたのでは?なんてことも想像してしまう。「ホテルリベロ」と検索すると、検索候補に「ホテルリベロ 事件」と検索候補が出てくるのだが、他サイトを調べてみると、絞殺された女性遺体が見つかったとか出てくる。そしてここで亡くなった幽霊も出るんだとか。もちろん事実関係の裏付けをとれたわけではないので、噂ということで紹介させてもらう。こうして周囲の目を気にしながらも順調に写真撮影を進めていた時、突然ジリジリジリ・・・と近くからベルの音が鳴った。焦ってその場を後にしたが、やはりセンサーか何かが反応して警報機が鳴ったのだろうか。といっても敷地内には一切入っておらず、外から撮影していただけなのだが。。法的には何も問題ないはずだが、恐るべしホテルリベロ。思わぬ洗礼?を受けて一目散に廃墟を跡にした。ってわけであとの写真は少し遠めから遠慮がちに撮影してあります。流石にこれ以上近づく勇気はない。他サイトなどを見てると、建物内に入って取材を行った猛者もいるようだが、まあ昔は廃墟侵入もおおらかだったということ。現在、八幡市のような都市部では廃墟に侵入することは難しくなっている。そういえば、このサイトでも都市部で廃墟の内部へ入ったことは一度もない。中へ入ったのはどれも山間部の廃墟であった。少し寂しい気もするが、安全性や近隣の治安などを考えれば入れないように処置するのは当たり前のことなのかも知れない。※廃墟侵入には危険が伴うので、お勧めしません。法的にもマズいです。

廃墟ホテルはどんなホテル?宮崎県えびの市大河平の心霊スポット 心霊廃墟 | 滋賀・ホテル祇園 | 西の禁書目録

えびの市 廃墟ホテル

廃墟ホテルはどんなホテル? 宮崎県えびの市大河平の心霊スポット. について記事をまとめてみました。 宮崎県えびの市大河平(おこびら)の 廃墟ホテルで肝試しをしていた 20代の男性2人が遺体を発見した ニュースが話題です。 真夜中の肝試しが 心霊目録2018.05.062016.09.26本日はホテル祇園という廃墟を紹介する。場所は滋賀県大津市北部、ちょうど雄琴と坂本の間にある。国道161号線からは看板が見えるが、廃墟のある土地は入れないようにしっかりと封鎖されている。というわけで国道と並行して走る山側の道から入っていく。下の写真の道路右側に例の廃墟がある。道端には彼岸花が綺麗に咲いていた。気付けばもう9月も終わろうとしている。年々に月日が経過するのが早くなってる気がするが、やはり年齢のせいなのか。ちなみにここは琵琶湖と山がかなり接近していて、琵琶湖から山まで歩いて10分もかからない距離である。よくみるとこの道の右側の林に小道がある。どうやらここから下に降りられるようだ。草が生い茂っていて、注意しなければ気がつかないだろうが、ここを下へ降りていく。森の間の小道を抜けると、空き地が見えてきた。どうやら現在は工場中のようでトラックや重機が置いてあった。そして下の方をよく見ると小屋がある。パッと見たかんじでは牛小屋のようにも見えるが、これがホテル祇園である。HOTEL祇園と書かれた古びた看板もある。この建物の向こう側には国道161号線が通っており、車から看板がよく見えるようになっている。説明するまでもないかも知れないが、ホテル祇園とはラブホテルの廃墟である。自動車利用客をターゲットにしたものなので、モーテルと表現した方がいいかもしれない。それにしても安っぽい建物である。営業中のときはおそらく装飾がされてただろうが、廃墟となった今はごまかすことはできない。この写真を見たらこんなところで休憩したいと思う人はいないだろつ。営業が終了してからは、正確にはわからないが、おそらく20年くらいは経過しているものと思われる。車庫の部分はかなり傷んでいる。写真のようにそれぞれが個室になっていて、建物前方が車庫でその奥に部屋がある。現在は屋根が剥がれ落ちたりして中に入るのは危険な状態らしい。また、この場所は立ち入り禁止になっているので入ることは止めた方がよさそうである。さて、ここにまつわる曰くを紹介しておこう。あくまで噂なので真偽のほどは分からない点には注意してほしい。①この部屋の中に恐怖の扉があり、その部屋の中で心霊現象が多発する。②この周辺の店舗では経営困難に陥り、すぐに経営者が変わる。といった噂がある。②の噂に関してはこの近くにかつてあった木の岡レークサイドホテルの例にあてはまりそうだ。木の岡レークサイドホテルは90年代前半に爆破解体され話題となった。このホテルは一時期心霊スポットの廃墟として名を馳せた「幽霊ビル」のことである。これは個人的な感想なのだが、雄琴から坂本にかけては何か霊的なというか、なにか他とは違う空気が漂っている気がする。例えばかつて湖岸にあった幽霊ビルや、足洗川という曰く付きの川ある。さらに心霊とは関係ないが雄琴の風俗街もある。さらに地形的にも山と琵琶湖が狭窄しており、独特の雰囲気を醸し出している。ここら辺はそのような妙なエネルギーを持った地なのかも知れない。ホテル祇園はかつてマニアたちが部屋の中に入って肝試しや写真・動画撮影をしていたが、老朽化と建物付近で工事が行われているため、現在は入るのは止めておいた方がよいだろう。実は私も去年部屋に入ったのだが、屋根が落ちてきそうな箇所があったのと、汚らしかったということで今回は止めておいた。部屋の中についてはyoutubeを参考にさせていただく。※廃墟見物には危険が伴います。特に建物内部に入ることはお勧めしません。

心霊スポットグリーンヒルズホテルに死体!宮崎県えびの市で肝試し中...

えびの市 廃墟ホテル

場所は宮崎県えびの市のグリーンヒルズホテル. 15日午後0時50分ごろ、宮崎県えびの市大河平(おこびら)のホテル跡を県外から肝試しに訪れた20代の男性2人が「死体があった」と110番した。ホテル跡はインターネット上で心霊スポットとして知られる。

宮崎県えびの市大河平の廃ホテル跡はどこ?グリーンヒルズの写真や場...

えびの市 廃墟ホテル

どうも!yasmaeです。 とても恐ろしいニュースが入ってきました。 宮崎県えびの市大河平で県外から肝試しに来た20代の男性2人が「遺体があった」と110番したそうです。 ホテル跡はインターネット上で心霊スポットとして知られてます。 わざわざ県外から来て"本物"をみるとは。 今回は、宮崎 ...

宮崎県えびの市、肝試しで遺体発見の廃ホテルはどこ?心霊スポットの...

えびの市 廃墟ホテル

宮崎県えびの市大河平にあるホテル跡で遺体が発見されたとしてネット上で大きな話題になっています。 遺体が見つかった場所は、地元では心霊スポットとして有名であったホテルとされており、発見時の状況などから様々な憶測が出ています。

全国各地に“廃墟ホテル”800軒以上とも!?...

えびの市 廃墟ホテル

石川県小松市にある観光客に人気の北陸最古の名湯「粟津温泉」。その温泉街の中心にある去年閉館した旅館は、一見、営業していそうに見えるが、玄関に「平成30年6月30日、破産手続き」の文字が現在売却先を探しているそうだが、まだ具体的には決まっていないという。実はこちらの温泉 ...

宮崎県の廃墟 - 廃墟検索地図

えびの市 廃墟ホテル

都井岬グランドホテルは、宮崎県串間市の都井岬にある廃ホテル。 ... えびの市) ... 廃墟種類. 宮崎県の廃ホテル・宿泊 ...