• 記事: 23751
  • 質問に対する回答: 18510
  • コメント: 26069
  • 準備ができて答え: 24574

ダンまち 夢小説

ダンまち - ハーメルン #1 ボッチがダンジョンに出会いを求めるのは間違っている。(1) | ボッチがダンジョンに出会いを求める - pixiv

ダンまち 夢小説

あー、ダンまちに心底狂ったキャラ出したいなぁ。なになに?ナァーザのモデルはヌアザっていうのか。 ふーん。え?ヌアザの剣はダーインスレイフと酷似していて、文化的交流があったことを示す、両地方の説話に共通したモチーフの一つ? 迷宮都市オラリオ──『ダンジョン』と通称される壮大な地下迷宮を保有する巨大都市。 未知という名の興奮、輝かしい栄誉、そして可愛い女の子とのロマンス。 人の夢と欲望全てが息を潜めるこの場所で、少年は一人の小さな「神様」に出会った。 「よし、ベル君、付いてくるんだ! 【ファミリア】入団の儀式をやるぞ! 」「はいっ! 僕は強くなります!

「ダンまち」の検索結果(キーワード) - 小説・占い / 無料 好きなアニメがダンまちリゼロこのすばノゲノラなんだが、どんな人間だと思う? | 読み速

ダンまち 夢小説

ダンまち外伝(コミックス版)の二次創作。『【ダンまち外伝・ソード・オラトリア】の二次創作。6ダンジョンに団... ジャンル:ファンタジー キーワード:フィン・ディムナ, ベル・クラネル, ダンまち 作者:あすと ID: novel/rokrok6 シリーズ: 最初から読む 日常 男主人公 冒険 魔法 青春 女主人公 オリジナル戦記 現代 シリアス 異能力バトル ほのぼの ラブコメ チート ギャグ 学園 ハッピーエンド 西洋 異世界 集英社WEB小説大賞 ESN大賞2 恋愛 ファンタジー スクールラブ 人外 魔王 ハーレム 勇者 ダーク 近未来 身分差 中世 年の差 ダンジョン ヒーロー 私小説 伝奇 悲恋 超能力 ミステリー 悪役令嬢 主人公最強 乙女ゲーム 怪談 VRMMO 和風 職業もの ホームドラマ 未来 転生 ゲーム バトル ヒストリカル ざまぁ コメディ 群像劇 成り上がり 異類婚姻譚 人工知能 サスペンス アイリス大賞8 剣と魔法 サイコホラー キネノベ大賞1 天災 高校生 ネット小説大賞八感想 幼馴染 パラレルワールド ハードボイルド ロボット 美少女 百合 溺愛 ミリタリー IF戦記 会社員の菅原連太郎は、ある日タンクローリーの爆発事故に巻き込まれて死亡する。 だが彼の魂は消え去らず、異世界の「竜の魂の集合体」を名乗る存在から、力を貸してほしいと頼まれる。 行き先は異世界。どうやら連太郎には希少な竜騎士としての才能があるらしい。 どうせ死んだのだからと連太郎は承諾し、異世界の貴族の三男坊レン・オーバンス(17才)の体に転生する。 やがて成長したレンは大空を舞う竜騎士となる……はずだったのだが、彼がまたがったのは竜の背ではなく、大地を走る飛べない鳥、ガーガーの背中だった。 そしてレンはとあるダークエルフに助けられたことをきっかけに、汚れた種族と差別される彼らのために力を貸すことになる。飛べない鳥ガーガーにまたがって。 ※主人公の身体能力は人間としては高い方ですが、最強というほど強くはありません。 ※ガーガーが登場するのが5話。話の展開は遅めです。 ※ネタバレなしの簡単な人物紹介を追加しました。 ※61話まできてから、章分けしてみました。 外回り中に階段から落ちた売れない営業マンは、意識が戻った時、自分の尻に火がついていることに気がついた。ヤバい、消さないと! 目の前には木剣を振りかざし睨む少年と、ペンダントを握りしめ涙ぐむ少女。あれ、ひょっとして「あのゲーム」のやられ役に転生しちゃった?! 領主の父親は国の物資の横流しで牢屋行き。やむなく跡を継ぐ領地は大幅に減らされ、領民からは目の敵にされる始末。そういえばうちの村って、ゲーム序盤で魔物に滅ぼされるんじゃなかったっけ? チビ、デブ、ブサイクの十二歳に転生したおっさんが、舌先三寸で未来を切り開く。悪戦苦闘の日々が始まった! p.s.

暁 〜小説投稿サイト〜: 小説検索 【ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか】否出会いはダンジョンにでも求めに行くべき! | アニ猫ブログ

ダンまち 夢小説

警告: r-15 / 残酷描写 / オリ主 一般: ダンまち / 転生みたいな要素あり / 主人公は野郎二人 / オリキャラまみれ / 独自設定 / ベル君は添えるだけ / 誤字脱字に定評のある作者 / 趣味に傾倒しすぎた小説 / 何が起きても動じない読者 婚約者のあだ名は「子ブタ姫」です。一部読者の方々にカルト的な人気沸騰中。あ、一応「恋愛」タグつけてます。 ☆2018年11月30日、ファミ通文庫さまから書籍版発売しました! ☆「第20回えんため大賞・Gzブレインゲーム小説コンテスト」にて銀賞を頂きました! 巫女の信託によって、魔王を倒す役割を担う存在――勇者の一人として選ばれた僕は、同じく勇者に選ばれた四人とともに、魔王討伐のための旅をしていた。しかし、他の四人と違って、僕には何の才能もなかった。役立たずの無能――そんな扱いをされ、幼馴染やほかのパーティーメンバーにパワハラされる日々だったが……。ある日、とある町で魔王に出会ったことで、僕の人生が一変する。 一方、勇者パーティーは、僕が抜けたことで調子が上がると思いきや、逆に調子を崩し瓦解していくのだった――。 国一番の仕立て屋クラーラは腕だけではなくあることで有名。 王子との婚約破棄に憂鬱な伯爵令嬢フランシーヌの逆転劇。男を巡って思惑と困惑を繰り返す子爵令嬢姉妹の悲喜劇。お客は貴族だけじゃない。家庭教師に八百屋の娘。今日もクラーラの店には悩める乙女が訪れる。 「いらっしゃーい」 そんな少女の強い味方・クラーラとは、なんとオネェ!? 恋と国家と男と女。あなたの恋をオネェが応援しちゃいます! タイトルごとにヒロインが変わるオムニバス形式。それぞれの恋愛模様を絡めた国家の行く末とは…? 書籍一巻・二巻好評発売中です! 大好きだった少女漫画の世界に、よりによって悪役令嬢として生まれた『私』。 破滅を回避するべく知恵を尽くし、自分の悪い噂を流すことでついに婚約を解消することに成功する。 これで晴れて自由の身、のはずが『女は結婚して初めて1人前』という親のせいで無謀な婚活を続けさせられる羽目に。 相手が見つからず心身共に疲れ果たところで現れた救いの主は……。 「えっ、タヌキ?」 しかも妙にインテリなタヌキの助力もあってようやく結婚相手の候補を見つけ出せたと思ったら。 相手はずっと年下の男の子な上に、原作で2コマで死ぬモブキャラだった! 魔法なし、チートなし! あるのはタヌキだけ!『私』の明日は一体どっちだ! 第8回ネット小説大賞、一次通過( ´∀`) →なんと二次も通過しました(о´∀`о) 【第一部 聖女誕生編】eps0〜3 完 【第二部 王都動乱編】eps4〜5 完 【第三部 聖女学園編】eps6〜8 完 【第四部 帝国戦争編】eps9〜10 完 【第五部 冒険者編】eps11〜 14 完 【最終部 癒しの聖女編】 eps15〜 完結しました! 邪悪な死霊術師(ネクロマンサー)と忌み嫌われた男フランケル。だが彼は決して悪の存在ではなく、ただのアンデッド好きなモテないボッチでしかなかった。 しかし世間はネクロマンサーである彼をよく思わず、疎まれ、嫌われ──最終的には英雄カインとフローラによって討伐されてしまう。 死の間際、フランケルは〝死者の王″となる禁呪を発動。ところが術は失敗、そのまま死んでしまうかと思われたが……さまざまな偶然が重なり、気がつくと彼は、前世の記憶を保持したままカインとフローラの娘ユリィシアとして転生していた! アンデッド大好き! イケメンは諸悪の根源(怒) 女性は──陰湿ないじめっ子だろうと無関係にすべて女神! 見た目は可憐な美少女の中にあるのは、ぶっ飛んだ価値観。そんなユリィは、なんと何の皮肉か──聖母神の加護を受け、凄まじいまでの〝癒しの力″を含む前代未聞の5つものギフトを獲得していた! だがユリィはその力を、己の私利私欲のために使う。 目指すはネクロマンサーとしての復活! しかし彼女の夢を〝癒しの力″が邪魔をする。 繰り返されるさまざまな試行錯誤。はたから見るとただの奇行? ところが、そんなユリィが巻き起こす様々な騒動は、周りからことごとく好意的に受け止められ、本人の意思とは裏腹に、結果として多くの人々を助けることとなる。 数多くの偉業を成し遂げた彼女は、やがて〝癒しの聖女″と呼ばれる存在に──。 シスコンで勇者な弟、剣の達人であるイケメン獣人、呪われたハイスペック王子、大怪我した未来の英雄……。たくさんのイケメンたちに慕われようと本人はまるで無関心。 片っ端から治癒しまくり、辻ヒーラーなどと呼ばれようとおかまいなし。 欲しいのはレアなアンデッド!それと……? 見た目は清楚、中身は元ネクロマンサーのぼっち男。 そんな──価値観の狂った激ヤバ美少女が織りなす、癒しと救済のストーリー。 https://www.kadokawa.co.jp/product/322003000604/ ドラゴンノベルス様にて書籍化させて頂きました。 オリキャラちゃんも居るので、ご興味を持っていただけると幸いです。 主人公のセレスは母に技術を叩きこまれた錬金術師である。 錬金術師としては天才であり、採取の為の危険行動も苦と思わず、戦闘能力も高い。 だが彼女には致命的な欠点が有った。余りにもコミュ障だったのだ。 その結果才能を腐らせ引き篭もり、切れた母の手で見知らぬ地に放り出される。途方に暮れながら街に向かい、コミュ障を全力で拗らせつつも才能を発揮。只々人に会わない選択をしているだけだが上手くいき、それと共に勝手に街も発展していく。 これは引き籠ろうとするが引き籠れない日々を送る、優秀だが残念な錬金術師の物語。 目指すは完全なる引き籠りライフ。出来るかどうかは解らない。 カクヨムでもあげてます。 《姿無き英雄》と呼ばれる存在が居る。人の前に姿を現さず、だけれども確かに存在し、人の手助けをしてきたもの。強さこそ全てとも言えるようなこの世界で強者として存在する《姿無き英雄》の正体は一人の少女だった。 ―――この物語は、自身が前世でプレイしていたVRMMOの未来の世界にやってきた少女が二度と死にたくないという思いから、自分より強者におびえながらも貪欲に強さを求め、ひたむきにこそこそと生きている話である。 ※以前公開していたVRMMOの世界に転生した私の長編版 ※我が道を行く少女の物語なので、人によっては不快な思いをするものもいるかもしれませんので注意してください。 武田信繁って誰? な主人公でありますが、歴史好きの方にとっては比較的有名人である一方、そうでないとちょっと分からない人物でしょう。 信繁は武田信玄の弟に当たる人物で、武将としての才覚はもちろんのこと、当時の家中からも後世においても人気のある、人格者であったそうです。 そのため信玄は、有能な補佐役でもあり、家中に和をもたらしていた人物を欠いた上で、後の人生を渡っていく他ありませんでした。 もし信繁が生きていれば。 この物語では、信繁が川中島の戦いで九死に一生を得るところから始まります。 物語の内容、登場人物など、深く掘り下げている分、知識が無いと多少とっつきにくいところがあるかもしれませんが、あとがきにて補足説明がありますので、物語を読み進める手助けになるでしょう。 また逆に予備知識があると、作者様がどういう展開を目指しているのかを想像しつつ、読み手も楽しめますよ! あまりそういう感想を見ないので私のようなのは少数派なのかもしれませんが、一読者の意見としてお聞きください。 この作品では、登場人物全員において「熱」が感じられません。彼らが「生きている」と感じることが無いのです。 例えば、プロットを作者が作ったレールと表現しましょう。私の知る名作と呼べるような作品では、登場人物はレールの上を走り回り、時には飛び出し、昼寝もしながら物語を駆け抜けていきます。登場人物に「自由意志」が感じられるのです。作者すらも予期しない、登場人物それぞれのの意思が。しかしこの作品の登場人物はただ無感情にレールの上を歩いているだけのように感じました。そこに秩序は見られますが、登場人物の「自由意志」というものが全く見られないのです。 そこに対して、私は酷く違和感を抱きました。 ただストーリー自体の内容は素晴らしいです。違和感を感じなければ面白い作品だと感じました。 ラストまで一気に読ませていただきました。 がちがちのラノベは苦手ですので、日常生活を 描いた作品を探していました。 面白いです、とても。 思わずふふふと笑えますし、こういう作品は 肩がこらずに作品にすっと入り込めて、頭の中に 映像が浮かんできます。 こういう人きっといるのだろうなあと 思いながら読ませていただきました。 最後のシーンがじわじわ来ます。 この先どうなるのかなあという余韻が素敵。 きれいにまとめられましたね。 話の内容は薄い。登場キャラ(特に女性キャラ女体キャラ)は性の事しか考えてなさそうなほど頭が軽い。主人公は自分の価値観だけで生きていて転生後の常識を学ぼうとしない(試行錯誤の結果ではなく最初から学ぼうとすらしてない)。まだ現在の最新ページ(81ページ)の半分も読めてないが、特にこれ等の印象を受けた。 ハッキリ言うが、この作品を『小説』と読んで良いかと問われれば、答えは否だろう。 文法の問題やマークの記号(♡)が目立ち、個人的な意見ではあるが、正直読んでいて気持ちの良いものではない。 ただレビュータイトルの通り、『そういう作品』と思えば、マークの記号がやはり目立ち不快感を覚えるが、読めないことはない。『小説』というより『絵本から絵を取って文字を増やした作品』として思って読めば、この作品を楽しめると思う。 暇潰しには『最適』とまでは言わないが、良い暇潰しの作品にはなるかもしれない。 強いラノベの傾向は好みではないので 日常を描いた作品を探していました。 読ませていただいて、感情の動きや話の展開に 心が動きました。 さわやかな世界で、自分が忘れていた感情を 思い出してくれるような気持ちを思い出すことができました。 さあ、自分もかけるかなと思わせてくれる作品ですね、書こうとする勇気をくださいました。 ありがとうございます。 続編、大人になった二人の関係を知りたいなと期待いたします。 小説家になろうの夏のホラー企画2020の参加作品だそうです。 二千字くらいの短編で、なおかつ文章も読みやすいです。 ストーリーはゆっくりと進んでいきます。どこにでもある毎朝の駅のホームの風景。 淡々と進む日常の物語が一つのクライマックスを迎える。 それはあくまで通常の日常の中のクライマックスです。 だけど……そのクライマックスが主人公を導いたものは……

女主 ダンまち - ハーメルン とりあえずダンまち1期見終わったわけやが | 読み速

ダンまち 夢小説

ダンまちの方は豊饒の女主人から走り出していった後ぐらいで、問題児の方はジャックさんが消えてしまった後になっています。 (他の問題児キャラの登場予定はありませんが、もしかしたら他にもキャラを追加するかもしれません。 迷宮都市オラリオ――『ダンジョン』と通称される壮大な地下迷宮を保有する巨大都市。 未知という名の興奮、輝かしい栄誉、そして可愛い女の子とのロマンス。 人の夢と欲望が全て息を潜めるこの場所で、少年は一人の小さな「神様」に出逢った。 「よし、ベル君、付いてくるんだ! 【ファミリア】入団の儀式をやるぞ! 」 「はいっ! 僕は強くなります! 」 どの【ファミリア】にも門前払いだった冒険者志望の少年と、構成員ゼロの神様が果たした運命の出会い。これは、少年が歩み、女神が記す、 ――【眷属の物語】――引用元:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか正直言って「なろう系」「ハーレムもの」「俺TUEEE」な感じだと思っていました。というのも、やはり昨今のザ・ラノベっぽい長いタイトルゆえ。 しかし元々は「ファミリア・ミィス」※というタイトルの予定だったという噂もあります。※ファミリア・ミィスは、「眷族の物語」のルビふりです。眷属は、主人公が神様の眷族だからですね>参考:「ダンまち」の元のタイトルが「ファミリア・ミィス」だというのは間違っているだろうか 何が言いたいかというと、最近のラノベっぽいタイトルだけど、元々はラノベしすぎていないよ!ってこと。 ダンまちが他の「なろう系ラノベ」と違うのは「良い成長物語」だからです。非常に王道的な作りでして、見ていて面白いです。Google先生に怒られるので、詳しくは書けませんので、こちらのリンクをどうぞm(_ _)m>参考:「例のひも」はやっぱりけしからんひもだった! 人気アニメ「ダンまち」ヘスティア様をリアルで再現すると、こうなる!!

ダンまち SS/二次小説まとめ【ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか】 - NAVER... ダンまち(小説)最新刊15巻の発売日は?ネタバレ感想や無料で読む方法|ゆるり生活帖

ダンまち 夢小説

ダンまち世界に堕ちてきた天使のお話。 英雄に憧れる少年と、英雄としての生を持っていた少女。 生まれたからには楽しく可笑しく面白く。 お気楽堕天使が送るオラリオストーリー。 ネタ切れなので原作一巻終了あたりで仮完結しました。 DVDは高いので、動画配信サービスの無料体験で見るのがオススメ。dアニメストアって動画配信サービスが安くてオススメ。劇場版も見たいなら、U-NEXTというサービスの方が良いです。dアニメストア初月無料体験U-NEXTの無料体験で映画を見るがちょい微妙です。※残りは絵も良いし、戦闘も良いし、キャラもかわいいしで普通に楽しめます。 ってことで、ダンまちアニメの第1話の前提となる世界観を簡単に説明します。 まずダンまちの世界は、天界と下界(人間界)の2つがあります。天界にいる神様たちは暇を持て余し、下界に降り立ち生活しています。神は人間たちに「能力」を授け、人間がモンスターと戦うのを見て楽しみます。 ダンまちの舞台は「迷宮都市オラリオ」です。都市にはダンジョンがあり、ダンジョンにはモンスターがいます。※不思議のダンジョンみたいに、階層が分かれていて、無限にモンスターが湧き出る神から授かった能力を使い、人間はダンジョンにいるモンスターを倒します。 主人公のベル君も、神から能力を授かって、ダンジョンに冒険に行きます。神から能力を授かるためにはファミリアと呼ばれる組織に所属する必要があります(神の眷属になる)。ベルくんは、神ヘスティアの弱小ファミリアの唯一のメンバーで、これから冒険者を目指す…というところから物語が始まります。 …と、そんな感じ。ヴェルフの魔剣は原作ではもっと強く描かれていましたが、かなり弱い演出でした…。で、ベルくんが持っていた剣は、ソード・オラトリアで明かされる色々な話が絡んでいます(ヴェルフの魔剣ではありません) で、1番の問題は主人公ベルくんの「アルゴノゥト」が強すぎた描写ですね。体力も使うし、体が動けなくなるほどの危険性もあるこの技ですが、その説明がなく、使われていましたね。ドラクエのザキ、ワンパンマンのパンチのごとく、一撃必殺っぽい技に見えましたが、ちゃんと反動もあるんですよね。。。 その辺りのラノベ原作の描写がなかったので、正直言ってアニメ最終話は微妙な演出でした、って話。※2期が無事開始してよかった…

暁 〜小説投稿サイト〜: 日間ランキング ダンまち(ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか)の最新刊(16巻)の発売日はいつ? | CyberArchive-サイバーアーカイヴ-

ダンまち 夢小説

これは夢、それとも現実? この小説は「らいとすたっふルール2004」にしたがって作成されています この小説はにじファンで連載していたものですがサイト閉鎖に伴いこちらのサイトに移行しました。 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか15巻の感想です。14巻のあとがきに書かれていた通りの日常編。どっちかというと回想が多かったのでしょうか?激闘の14巻と比較すれば物足りなさが残る話だった。 ですが15巻としてではなく14.5巻として読めば大満足の内容でした。BD特典短編小説に加筆調整を加えた話だったのでBDを購入していない僕からすれば嬉しいお話だった。ただ評価が分かれそうな巻になりそうです。りゅうおうのおしごと!8巻と似た感じでした。14巻のあとがきに次巻は日常編になる予定です。とありました。現時点ではあらすじは公開されていないので日常編かどうか分かりません。が、多分日常編のはず。 12巻の遠征から始まり、強化個体のモスヒュージ、ジャガーノート戦(1回目)、ラムトン、深層突入、ジャガーノート(2回目)と過酷すぎる死線をさまよってきたベル、そしてリュー。ベル以外のヘスティアファミリアメンバーも階層主のモンスターレックスを倒した。ベルのレベル5へのランクアップも期待したいところだが、さすがにまだ早すぎるというのが正直な感想。チートっぷりなステータスアップはありそう。そこは期待!もう少しステップを踏んでレベル5にランクアップするのではと。 その他のメンバーはランクアップしそう。このままだとベルの強さにおんぶにだっこになるので、ランクアップあるいはスキル・魔法の成長・習得はあるのではと。 そして気になるのが女の子たち。日常編なので甘い話が多くなるにちがいない。ここ3巻ずっとハラハラする展開ばかり息苦しかった。ここらでほっと一息つける話になってくきそう。14巻の最後でどこにでもいる恋する女の子の一面をみせたリューの恋の行方も気になる。そしてエイナさん、フレイヤがどうとか噂されているシル、非戦闘員メンバーの方中心になりそう。そしてそして僕の出番はまだかね?と拗ねていそうなヘスティアがやっと登場。ダンジョンに潜っているとヘスティアとベル君の掛け合いが見れないのが残念だった。ヘスティアファミリア創設時からの2人の関係も少し進歩してくれるのか? やっと一息つけそうな(ベル君にとっては別の意味で苦戦しそうな)話になりそうな15巻。待ち遠しいです。GA文庫さんでは6月15日発売になっていますがkindleほか電子書籍サイトでは14日から読むことができます。深層の決死行を乗り越え、地上の帰還を果たしたベル達。それぞれが果たした冒険の成果は『成長』の証。確かな前進に喜ぶ傍ら、ふと彼等彼女等はこれまで歩んできた道のりを振り返る。少年は始まりの日に還り。女神は追憶を映す炉の光に目を細め。小さき少女は灰の過去を乗り越え。鍛冶師は遠き日を重ねた空を仰ぎ。受付嬢は昔日の傷を。妖精は正義の誓いを。黒烏は金狐との今昔の物語を想う。今と過去が織りなす日常編。『英雄』が生まれる地に束の間安らぎを。これは、少年が歩み、女神が記す、―“眷属の物語”―ベル、ヘスティア、リリ、エイナ、ヴェルフ、リュー、春姫それぞれの過去が描かれていました。過去と今との対比、彼らがどれだけ成長したのか改めて実感しました。1章と2章はダンジョンに出会いを求めたベルがオラリオにやってきたころの話、そしてヘスティアが下界に降りベルをファミリアに勧誘するまでの話。 相変わらず宿屋にちょろまかされていたのはベル君らしかった。今となればヘスティアファミリアの団長でレベル4のベル君。ヘスティア曰くレベル5も近いとのこと。 ファミリアも中堅にまで成長。2人っきりのド貧乏生活から脱却し賑やかすぎる仲間たちに囲まれています。ほんと随分と成長しましたね。ベルの夢でもある女の子との出会いも叶いつつありますが、当の本人が鈍感すぎるのがいたたまれない笑を獲得したリリの活躍に期待できそうです。戦闘時に意思疎通がしやすくなるような伝搬機能拡張という能力です。レベルアップして喜ぶリリも可愛かったが春姫にマウントをとるようにレベル2になったのを自慢していたのも面白かった。そして久しぶりのエイナさん回。これまでの遠征含め深層の冒険をエイナさんに報告しにいったベル君。ベル君のあまりにもぶっ飛んだ話を聞いたエイナさんは満身創痍。無理ありません笑そんな無謀のような冒険から帰ってきてくれたベル君に感謝を伝え、抱きしめた。ベル君の体を抱きしめた(大事なことなので)。ベル君にぽんぽんと背中を優しく叩かれさらに抱き寄せたエイナさん。頬を染めたエイナさんの顔が近づく。ふんわりと甘い香りが鼻腔をくすぐる。2人の顔が段々近づき、唇を重ねる…とは、ならなかった…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか - Wikipedia 好きなアニメがダンまちリゼロこのすばノゲノラなんだが、どんな人間だと思う? | 読み速

ダンまち 夢小説

ダンまち製作委員会 放送局 tokyo mxほか 放送期間 第1期:2015年4月 - 6月 第2期:2019年7月 - 9月 第3期:2020年10月 - 話数 第1期:全13話+ova 第2期:全12話+ova アニメ:ソード・オラトリア ダンジョンに出会いを 求めるのは間違っているだろうか外伝 原作 大森藤ノ 監督 CV:水瀬 いのり 『ヘスティア・ファミリア』の主神。身長140cm。炉の女神であるが、その見た目から他の神からは「ロリ巨乳」と呼ばれている。 眷属であるベルのことを溺愛しており、ベルに近づく女性がいればなりふり構わず飛んで行く。 ベルのために特注の武器・ヘスティアナイフをプレゼントしたことで、2億バリスもの借金を抱えている。そして、その借金返済するためにじゃが丸くんのお店でバイトしている。 ミアハやタケミカヅチ、ヘファイストスとは親しくしており、親交がある。基本的には明るく誰にでも平等に優しい性格だが、フレイヤは苦手なようで、ロキにいたっては犬猿の仲。 ダンジョンで窮地に陥ることが多い、ベルをはじめとしたファミリアのメンバーを手助けするため、地上で奔走することが多く、意外と頼りになる。 胸元の紐は彼女のチャームポイントで、身長よりも長く、150cmもあるといわれている。 CV:松岡 禎丞 本作品の主人会。『ヘスティア・ファミリア』の団長。種族はヒューマン。年齢14歳。紅い眼と白い髪が特徴。 祖父の教えから、「ダンジョンで素敵なヒロインと出会う」ことを夢見て、迷宮都市オラリオに来た駆け出しの冒険者。 当初、所属するファミリアを探すも、あらゆるファミリアから門前払いを受け、途方に暮れていた時に、ヘスティアと出会う。 その後、一人でダンジョンに潜り続けていたが、運悪く下層から現れたミノタウロスに襲われ、窮地に陥っていたところをアイズに助けられ、彼女に一目惚れする。 そして、憧れのアイズに追い付きたいという想いから、アビリティの成長速度を促進するスキル・憧憬一途(リアリス・フレーゼ)に目覚め、冒険者デビューしてから史上最速の早さでLv.4までランクアップした。 他に、チャージにより攻撃や魔法の威力を増幅させ、英雄の一撃を放つスキル・英雄願望(アルゴノゥト)を持っている。 赤い目と白い髪、そして可愛い顔つきからウサギに関するあだ名を付けられることが多く、Lv.2時点での二つ名は【未完の少年(リトル・ルーキー)】、Lv.4時点では【白兎の脚(ラビットフット)】。 CV:内田 真礼 『ヘスティア・ファミリア』のメンバー。冒険では参謀とサポーターを担っている。種族はバルウム(小人族)。年齢15歳。ステイタスはLv.2。小柄だがけっこう力持ち。 元々はソーマ・ファミリアの所属であったが、一部の冒険者から侮蔑されているサポーターという立場から、他の団員たちに稼いだお金を奪われるなど、虐められていた。 偶然、ダンジョンに一人で潜っていたベルと出会い、彼の人の良さに目をつけ、騙してお金を盗む目的で近づき、サポーターを務めるようになる。 その後、ダンジョンでの戦闘中にベルを見捨てるが、窮地に陥ったところをベルに助けられる。そして、騙した自分を許してくれたベルに好意を抱くようになり、正式なサポーターとなった。 自分と同じくらいの体格の人やモンスターに変身できるレア魔法【シンダー・エラ】が使える。 CV:細谷 佳正 『ヘスティア・ファミリア』のメンバー。鍛冶師。冒険では前衛を担っている。種族はヒューマン。年齢17歳。ステイタスはLv.2。赤髪とスカーフ、着流しが特徴。 元々はヘファイストス・ファミリアに所属していたが、魔剣ではなくヴェルフ自身の作品を気に入り、装備していたベルと出会い、自らをダンジョンに連れて行くことを条件に専属契約を結ぶ。 その後、冒険を経てLv.2に昇格し、『鍛冶師』のアビリティを手に入れる。戦争遊戯(ウォーゲーム)の際、ヘスティア・ファミリアに改宗する。 かつて、ラキア王国で魔剣の製造によって貴族の地位を得ていたクロッゾ家の末裔であり、強力な魔剣を造ることができるスキルを持つ。 しかし、本人は「武器は使い手と共に成長すべき」という信念を持っているため、使い手だけを残して壊れる魔剣を嫌っており、自ら造ることは少ない。 元主神であるヘファイストスに惚れており、いつか彼女に認められる武具を作ることができた時、自分と付き合って欲しいと告白している。 ベルの装備《兎鎧(ビョンキチ)Mk-Ⅱ》の製作者である。二つ名は【不冷()】。 CV:赤﨑 千夏 『ヘスティア・ファミリア』のメンバー。冒険では索敵・迎撃を担っている。極東出身。種族はヒューマン。年齢16歳。ステイタスはLv.2。二つ名は【絶影】。 黒髪ロングの美人。真面目で義理堅い性格をしており、誰に対しても礼儀正しい。元々はタケミカヅチ・ファミリアの所属。 タケミカヅチ・ファミリアのメンバーで冒険中、運悪く怪物進呈(パス・パレード)に遭遇し、千草が負傷してしまい、そこから退却するために偶然居合わせたベル達をモンスターの囮にする。 そのことに強い負い目を感じていたため、ベル達の救援に自ら志願し、彼らを無事に発見した際には土下座して謝罪する。 それをベルに許されたことから彼に恩義を感じ、何かと協力するようになり、戦争遊戯(ウォーゲーム)の際、ヘスティア・ファミリアに改宗した。 CV:千菅 春香 『ヘスティア・ファミリア』のメンバー。妖術師。冒険では後衛を担っている。極東出身。種族は狐人(ルナール)。年齢16歳。ステイタスはLv.1。 元々はイシュタル・ファミリアの所属で、娼婦となるべく囲われていたが、男の裸を見ただけで気絶してしまうため、本人も知らないが未だに生娘である。 イシュタルは彼女を生け贄にして、狐人の妖術を第三者に与えるための禁忌の魔道具・殺生石を作ろうと企み、彼女もそれを受け入れていたが、偶然出会ったベルに助けられ、彼に好意を抱くようになる。 その後、フレイヤ・ファミリアの攻撃によってイシュタル・ファミリアが崩壊したことで、ヘスティア・ファミリアに改宗することになった。 タケミカツチ・ファミリアの面々とは同郷にあたり、幼少期は一緒によく遊んでいた。 CV:久保 ユリカ フレイヤ・ファミリアと双頭を成す、オラリオの最大派閥『ロキ・ファミリア』の主神。 ヘスティアとは天界時代から犬猿の仲で、顔を合わせる度に喧嘩しているが、彼女の神望や神交の広さには一目おいている。 天界にいた頃は、神々の殺し合いを扇動するなど、凶暴で破天荒かつ、破滅的な神で「天界きってのトリックスター」と呼称されていた。 下界に降り、ファミリアを得たことで丸くなった模様。 団長のフィンをはじめとした首脳陣への信頼は篤く、ファミリアの運営はほとんど任せっきりで、お酒を飲んでいることも多い。 眷族の中でもアイズがお気に入りらしく、ちょくちょくセクハラしている。 CV:大西 沙織 『ロキ・ファミリア』のメンバー。種族はヒューマン。年齢16歳。ステイタスはLv.6。感情表現が少なく、その精緻な顔立ちからエルフや女神にも劣らない美貌を誇る。 ファミリアの中でも中核を担う第一級冒険者。その美しさと剣士としての高い技量から、二つ名は【剣姫】。 本気で戦う際には、自身と武器に風を纏わせる付与魔法・エアリエルを使い、攻撃力と防御力を向上させる。 ベルとは、彼がダンジョンの上層でミノタウロスに襲われそうな間一髪のところを助けたのが、出会いのきっかけ。 ベルの急激な成長に注目しており、自身の成長の壁を越えられるきっかけが得られるのではと思い、彼に戦い方を教えたことがある。 その血筋は未だに明かされていないが、リヴェリア曰く、アイズには精霊の血が流れている模様。 外伝『ソード・オラトリア』の主人公。 CV:村川 梨衣 『ロキ・ファミリア』のメンバー。ティオネの双子の妹。種族はアマゾネス。ステイタスはLv.6。明るく天真爛漫な性格で、スレンダーな体型が特徴。 ファミリアの中でも中核を担う第一級冒険者。大双刃(ウルガ)を使った豪快な戦い方をし、二つ名は【大切断(アマゾン)】。 ダメージの度合いによって攻撃力が向上するスキル・狂化招乱(バーサーク)、瀕死の状態の時に全てのアビリティに高補正がかかるスキル・大熱闘(インテンスヒート)を持つ。 ベルのことを気に入っており、お互いに英雄潭が好きで、様々な物語を知っており、話が合う模様。 CV:高橋 未奈美 『ロキ・ファミリア』のメンバー。ティオナの双子の姉。種族はアマゾネス。ステイタスはLv.6。団長のフィンに好かれるため、冷静に振る舞っているが、本当は粗暴な性格。黒髪ロングと豊満な体型が特徴。 ファミリアの中でも中核を担う第一級冒険者。狂戦士のような戦い方から、二つ名は【怒蛇(ヨルムガンド)】。 怒りの度合いによって攻撃力が向上するスキル・憤化招乱(バーサーク)、瀕死の状態の時に力のアビリティに超高補正がかかるスキル・大反攻(バックドラフト)を持つ。 団長のフィンに惚れており、彼に近付く女性がいると、病みモードに入る。 CV:岡本 信彦 『ロキ・ファミリア』のメンバー。種族は狼人(ウェアウルフ)。ステイタスはLv.6。口が悪く、攻撃的な性格で、180cmを超える長身と左頬のタトゥーが特徴。 ファミリアの中でも中核を担う第一級冒険者。ファミリア随一の俊敏さで敵に接近し、強力な打撃を与える戦い方をし、二つ名は【凶狼(ヴァナルガンド)】。 月の光を浴びることで獣化する能力を持つ。また、普段は使用を禁止しているが、両手両足に紅蓮の炎を纏う付与魔法・ハティが使える。 弱者が嫌いで、暴言を吐いて傷付けることがあるため、周囲から避けられがち。しかし、本当は戦場で弱者が犠牲になるのが許せなく、弱者を鼓舞するために罵詈雑言を吐いている。 CV:田村 睦心 『ロキ・ファミリア』の団長。種族はバルウム(小人族)。ステイタスはLv.6。年齢は40代。常に冷静沈着かつ穏やかな性格で、金髪と少年のような見た目が特徴。 ファミリアの中でも最古参のメンバーで、首脳陣の一人でもある第一級冒険者。小人族にも関わらず、ダンジョンの最前線で勇敢に戦い続けている姿から、二つ名は【勇者()】。 非常に頭が切れる一方で、直感も優れているため、指揮官としての能力は超優秀。さらに小柄な体格を生かした槍術の使い手で、戦闘能力も高い。 逆境時における魔法及びスキル効力を高増幅させるスキル・小人真諦(バルゥム・スピリット)、一定以上の叫喚時における伝播機能を拡張するスキル・指揮戦声(コマンド・ハウル)など、5つのスキルを持っている。 小人族で信仰されている架空の女神フィアナを崇拝しており、自身が新たな小人族の象徴となることで、なにかと他の種族に見下されやすい小人族の再興を目標に掲げている。 CV:種田 梨沙、川澄 綾子(外伝) 『ロキ・ファミリア』の副団長。自他共に認めるオラリオ最強の魔術師。エルフの王族出身で、種族はハイエルフ。ステータスはLV.6。 ファミリアの中でも最古参のメンバーで、ガレスと共にフィンを支える首脳陣の一人でもある第一級冒険者。 攻撃、防御、回復の3種類の魔法をそれぞれ3段階の階位で使え、詠唱連結によって9種類の魔法を使いこなすことから、二つ名は【九魔姫(ナイン・ヘル)】。 自分の魔法円の中にいるエルフと自身の魔法効果を増大させ、さらに周囲の魔素を回収して精神力を回復させることができるスキル・妖精王印(アールヴ・レギナ)を持つ。 アイズのことを気にかけており、母親のように見守っている。また、レフィーヤやアリシアはもちろん、他のファミリアのエルフからも敬意を集めている。 趣味は狩りで、エルフの里にいた頃はユニコーンを飼っていた。 CV:乃村 健次 『ロキ・ファミリア』のメンバー。種族はドワーフ。ステータスはLV.6。年齢は56歳。面倒見がよく豪快な性格で、恰幅のいい身体と蓄えた髭が特徴。 ファミリアの中でも最古参のメンバーで、リヴェリアと共にフィンを支える首脳陣の一人でもある第一級冒険者。 冒険者も中でもトップクラスの怪力と耐久力の持ち主で、その力は素手でオリハルコンに穴を空けるほど。二つ名は【重傑(エルガルム)】。 力の高補正を得るスキル・力精豪拳(ドヴェルグ・エンハンス)、耐久の高補正を得るスキル・地剛兜(アルディーガレア)を持っている。 後進を育てるため、戦闘では敵の攻撃から味方を守る壁役を務めることが多い。 ファミリアの結成当初、エルフとドワーフという種族間の対立から、リヴェリアとは犬猿の仲であったが、現在ではお互いに信頼し合った仲間となっている。 CV:木村 珠莉 『ロキ・ファミリア』のメンバー。種族はエルフ。ステータスはLV.4。年齢は15歳。基本的には善良で心優しい性格だが、ベルに対しては嫉妬と対抗心から冷たい態度をとる。 エルフの魔法に限り、詠唱と効果を完全に把握していれば、様々な魔法を行使できる召還魔法エルフ・リングを有することから、二つ名は【千の妖精(サウザンド・エルフ)】。 Lv.4へのランクアップにより、最初に詠唱した魔法を保留しながら、別の魔法を詠唱でき、さらに保留中の魔法を任意に発動できるスキル・二重追奏(ダブル・カノン)を習得した。 リヴェリアの後釜として首脳陣から大きな期待を寄せられているが、周りがアイズやティオナなどの第一級冒険者たちであるせいか、あまり自分に自信を持てないでいる。 アイズのことを慕っており、アイズが気にかけているベルをライバル視している。 CV:石谷 春貴 『ロキ・ファミリア』のメンバー。種族はヒューマン。ステータスはLV.4。年齢は21歳。中肉中背の凡庸とした見た目で、真面目すぎる性格ゆえ、貧乏くじを引きがちな苦労人。 フィンたち首脳陣からの信頼は篤く、主力の第一級冒険者達を支える第二級冒険者達の中核メンバーで、リーダー的な役割を担っている。 使える魔法はなく、スキルも持っていない。二つ名は【超凡夫(ハイ・ノービス)】。 CV:小原 好美 『ロキ・ファミリア』のメンバー。種族は猫人(キャットピープル)。ステータスはLV.4。身内からは「アキ」と呼ばれている。 主力の第一級冒険者達を支える第二級冒険者達の中核メンバーで、ラウルを支える頼もしい存在。 冷静沈着で肝が据わっており、第一級冒険者が不在となるベースキャンプの総指揮を任されるなど、首脳陣からの信頼も篤い。 美しい黒い毛並み耳と尾を持ち、セミロングの黒髪と非常整った容姿が特徴。二つ名は【貴猫(アルシャー)】。 『ロキ・ファミリア』のメンバー。種族はエルフ。ステータスはLV.4。心優しく温厚な性格で、団員達の姉代わりでもある年長者。見た目は金髪の美女。 主力の第一級冒険者達を支える第二級冒険者達の中核メンバー。 同族意識が強く、誇り高いエルフであるため、かつてエルフの森が焼かれる原因となった魔剣を作ったクロッゾ家のー族を嫌っている。 CV:日岡 なつみ 『ロキ・ファミリア』のメンバー。種族はヒューマン。ステータスはLV.2。物静かで控え目な性格で、黒髪おさげと眼鏡が特徴。 サポーター兼、治療師として献身的に団員を支えている。二つ名は【道化の侍者(ロコライト)】。 不器用な優しさを持つベートに想いを寄せていた。 しかし、人造迷宮クノッソスでヴァレッタによって呪道具(カースウェポン)の短剣で致命傷を与えられ、ベートや仲間に看取られて亡くなってしまう。 CV:間島 淳司 『タケミカヅチ・ファミリア』の主神。あらゆる武術をおさめた武神である。 普段はファミリアの資金の足しにするため、街でバイトしている。ヘスティアとは神友であり、土下座を教えたりしている。 天然で朴念仁なところがあり、命から好意を寄せられているが、気付いていない。 CV:興津 和幸 『タケミカヅチ・ファミリア』の団長。極東出身。種族はヒューマン。ステイタスはLV.2。 ヴェルフが造った戦斧・皇剛を武器としている。二つ名は『武神男児(マスラタケオ)』。 CV:井口 裕香 『タケミカヅチ・ファミリア』のメンバー。極東出身。種族はヒューマン。ステイタスはLV.2。 桜花とは幼馴染で、彼に好意をもっている。 気弱で人見知りな性格だが、命とだけは白然に話せる。 弓が得意であり、2つ名は【比翼少女】。 CV:寺崎 裕香 オラリオでも随一の鍛冶技術を持つ『ヘファイストス・ファミリア』の主神。ヘスティアとは天界時代からの腐れ縁。 ヴェルフの想い人で、本人も満更ではない様子。 ベルの武器・ヘスティアナイフの製作者。 CV:生天目 仁美 『ヘファイストス・ファミリア』の団長。種族はハーフドワーフ。ステイタスはLv.5。オラリオでも最上級の腕前を持つ鍛冶師。隻眼と大きな胸に巻いたさらしが特徴。 鍛治師でありながら第一級冒険者であり、武器は長刀で戦闘能力も高い。二つ名は【単眼の巨師(キュクロプス)】。 CV:斉藤 壮馬 『ヘルメス・ファミリア』の主神。 普段、情報収集のために旅をしていることが多く、オラリオの外に出る権限を特別に与えられている。 おどけた言動が多いが大半は演技で、様々な神の中でもかなりの曲者。 フレイヤ同様にベルに目をつけており、ベルが英雄になりうる器であると考えており、彼の冒険の裏側で暗躍している。 CV:茅野 愛衣 『ヘルメス・ファミリア』の団長。種族はヒューマン。ステイタスはLv.4。年齢は22歳。へルメスの指示に従い、様々な任務にこき使われている苦労人。 飛行能力を得ることができるアイテム・飛翔靴(タラリア)や、透明状態になることができるアイテム・漆黒兜(ハデス・ヘッド)など、多くのマジックアイテムを開発している稀代のアイテムメーカー。 二つ名は【万能者(ペルセウス)】。 CV:渡辺 明乃 『ヘルメス・ファミリア』のメンバー。種族はアマゾネス。ステイタスはLv.4。年齢は21歳。姉御肌で面倒見がいい性格で、片眼を隠すような黒髪ロングの妖艶な美人。 元々はイシュタル・ファミリアの幹部であったが、ファミリアの崩壊後、ヘルメス・ファミリアに改宗した。 妹分である春姫のことを特別気にかけており、彼女がヘスティア・ファミリアに改宗してからも、ピンチの際には助っ人として駆けつけている。 アマゾネスらしく自らの欲望に忠実で、急成長しているベルに雄として魅力を感じており、彼の貞操を狙っている。 武器は大朴刀ザーガで、二つ名は『麗傑(アンティアネイラ)』。 CV:赤尾 ひかる 『ヘルメス・ファミリア』のメンバー。種族は犬人。ステイタスはLv.3。盗賊(シーフ)であるが、運び屋としても認知されている。二つ名は【泥犬(マドル)】。 CV:古川 慎 ポーションなどを販売する薬屋を営む『ミアハ・ファミリア』の主神。ヘスティアの神友の1人。 善良な性格で、男女を問わず優しく接するため、様々な女性から好意を寄せられているが、気付いていない。 かつて、重傷を負ったナァーザの義手を造るために、莫大な借金を抱え、それが原因でファミリアの規模は縮小してしまったが、本人は気にしていない模様。 CV:葉山 いくみ 『ミアハ・ファミリア』の団長。種族は犬人。ステイタスはLv.2。眠たげな目と垂れた耳、右腕の義手が特徴。 かつては冒険者だったが、冒険中に瀕死の重傷を負い、現在は引退して薬師に専念している。 ミアハに好意を寄せており、彼に近づく女性がいれば焼きもちを妬いている。 二つ名は【医神の忠犬(ミーヤル・ハウンド)】。 CV:小若 和郁那 『ミアハ・ファミリア』のメンバー。種族はヒューマン。ステイタスはLv.3。年齢は18歳。赤髪ショートとつり目が特徴。 元々はアポロン・ファミリアの所属であったが、自分から入団したわけではなく、アポロンに見初められて、半ば強引に入団させられた経緯を持つ。 ヘスティア・ファミリアとの戦争遊戯(ウォーゲーム)で敗北後、ミアハ・ファミリアに改宗した。 カサンドラとは仲が良く、一緒に行動していることが多いが、彼女の予知夢はまったく信じていない。 二つ名は【月桂の逼走者(ラウルス・フーガ)】。 CV:真野 あゆみ 『ミアハ・ファミリア』のメンバー。治療師。種族はヒューマン。ステイタスはLv.3。年齢は18歳。 元々はアポロン・ファミリアの所属であったが、ヘスティア・ファミリアとの戦争遊戯(ウォーゲーム)で敗北後、ミアハ・ファミリアに改宗した。 予知夢を見ることができるスキル・謳え悲劇世界の王女(ファイブ・ディメンション・トロイア)を持つが、誰にも信用されないという呪縛がある。 誰も信じてくれない予知夢を信じてくれたベルに感激し、以降の交流を通して、彼に想いを寄せるようになった。 二つ名は【悲観者(ミラビリス)】 CV:日笠 陽子 ロキ・ファミリアと双頭を成す、オラリオの最大派閥『フレイヤ・ファミリア』の主神。神々の中でも随一の美貌を持つ【美の女神】。 その美しさに魅了された団員は数多く、団員たちは他のファミリアとは比べ物にならない忠誠心を持つ。 ロキから「色ボケ」と呼ばれるほど、多情なところがある。 ベルのことを気に入っており、彼を英雄へと成長させるため、試練を与えたり、彼の冒険の裏側で暗躍している。 その執着心は尋常ではなく、ベルに手を出そうとしたイシュタル・ファミリアを壊滅させるほど。 さらに、ベルがLv.4に上がった際の神会(デナトゥス)においては、彼の二つ名を【美神の伴侶(ヴァナディース・オーズ)】にしようと意見し、ヘスティアに却下されている。 CV:小柳 良寛 『フレイヤ・ファミリア』の団長。種族は猪人(ボアズ)。年齢は32歳。オラリオで唯一のLv.7であり、最強と謳われる冒険者。2mを超える身長に加え、筋骨隆々とした大男。 フレイヤに心酔しており、彼女の側で仕えていることが多い。 冷静沈着であまり多くを語らず、喜怒哀楽を出すことも少ないが、フレイヤのことを侮辱する者には激昂した姿を見せる。 ロキ・ファミリアの第一級冒険者たちが苦戦した精霊の分身(デミ・スピリット)をほぼ一人で倒すなど、その実力は計り知れない。 二つ名は【猛者(おうじゃ)】。 CV:八代 拓 『フレイヤ・ファミリア』の副団長。種族は猫人(キャットピープル)。ステータスはLv.6。 2mを超す銀の長槍を武器とし、オラリオでも屈指の俊足を誇ることから、二つ名は【女神の戦車(ヴァナ・フレイア)】。 フレイヤを敬愛しており、強い忠誠心を抱いている。彼女に強い興味を抱かれているベルに嫉妬し、あまり好ましく思っていない。 『豊穣の女主人』で女給として働くアーニャの兄。 『フレイヤ・ファミリア』に所属する四つ子の小人族(パルウム)。ステータスはLv.5。 Lv.5でありながら、四つ子ならではの以心伝心による連携は、Lv.6以上の戦闘能力を発揮する。 二つ名は【炎金の四戦士(ブリンガル)】。 CV:松風 雅也 『ディオニュソス・ファミリア』の主神。 上品さと優雅さ併せ持つ貴公子で、女性から人気がある。 一方で、天界にいた頃は、他の神々に殺し合いをけしかけるなど、平穏を嫌い、混沌を好んでいた。 CV:金元 寿子 『ディオニュソス・ファミリア』の団長。種族はエルフ。ステイタスはLv.3。戦いながら平行詠唱ができる魔法剣士。 過去に自分を除いてパーティーが全滅したことから「死妖精(バンシー)」と呼ばれ、周囲から敬遠されている。 二つ名は【白巫女(マイナデス)】。 『ディオニュソス・ファミリア』の副団長。種族はエルフ。ステイタスはLv.2。 フィルヴィスのことを嫌っており、彼女がディオニュンスの側にいることが気に入らない様子。 二つ名は【葡萄の杯(クラーテル)】。 ポーションの販売と専門的な治療術を提供する『ディアンケヒト・ファミリア』の主神。 守銭奴なところがあるため、同じ医療系ファミリアの主神であるミアハとは犬猿の仲。 CV:加隈 亜衣 『ディアンケヒト・ファミリア』のメンバー。種族はヒューマン。ステイタスはLv.2。 精緻な人形を彷彿とさせる美しい銀髪の美少女。聡明で心優しい性格だが、怒るとめちゃくちゃ怖い。 オラリオで最も優れた治療師(ヒーラー)。二つ名は【戦場の聖女(デア・セイント)】。 CV:土田 大 オラリオの治安維持を任されている『ガネーシャ・ファミリア』の主神。常に象の仮面を被っているのが特徴。 他の神々と比べても人類への愛が強く、【群衆の主】を自称している。 都市最多の団員数を誇り、第一級冒険者を筆頭に、所属している団員の平均能力も高く、規模と組織力はオラリオでもトップクラス。 オラリオの市壁門を守る門衛をはじめ、ギルドと結託することで都市の治安維持を担っており、一般市民からは絶大な信頼を寄せられている。 怪物祭(モンスターフィリア)で調教した個体を含め、迷宮で生まれたモンスターの飼育を唯一許可されている。 大体、会話の一言目は「俺がガネーシャだ!