• 記事: 23380
  • 質問に対する回答: 22359
  • コメント: 15782
  • 準備ができて答え: 26752

エクセル シート 選択 ショートカット

Excelショートカット|シートの移動・シート選択・ワークシートの挿入... ショートカットキーでワークシートの名前を変更する | ショートカットキー | できるネット

エクセル シート 選択 ショートカット

エクセルの操作で知っておくと便利なショートカットのうち「シートの移動」「シートの選択」「ワークシートの挿入」をご紹介します。 WindowsとMacでは少し操作が異なりますので、チェックしてみてください。 2015.03.24 Tue 16:00 記事カテゴリ ショートカットキー サービス/ソフト 記事タグ Excelショートカットキー [Alt]→[H]→[O]→[R]キーは、ワークシートの名前を編集するショートカットキーです。シート名をいっせいに整理したいときなどに活用しましょう。

Excelシートを楽々移動!ワークシートに関するショートカットキー O... 【Excel エクセル】シートの挿入、削除のショートカットキー | 齋藤泰行税理士事務所

エクセル シート 選択 ショートカット

覚えると便利なワークシートの[移動][追加][削除][名前の変更][コピー]に関する、ショートカットキーとアクセスキーをご紹介します。ショートカットキーを使えば、楽にワークシートを選択できるので作業時間の短縮につながります。 「これは使える」と大好評 会社のデスクに常備すれば、毎日時短できる! 書籍で読みたい方はこちら(Amazonにジャンプします) 詳しく見る ワークシート ワークシートの名前を変更する 対応バージョン:2013 2010 2007 よく使う度:★★ 短縮度:5倍速 ワークシートのタブをマウスでダブルクリックしたときと同様に、ワークシートの名前が編集できる状態になります。新しい名前を入力したら[Enter]キーで確定しましょう。

Excelでセルや範囲の選択が速くなるショートカットキー Office Hack 【Excel エクセル】セルを編集するときのショートカットキー | 齋藤泰行税理士事務所

エクセル シート 選択 ショートカット

オブジェクトが選択されている時にシートにある全てのオブジェクトを選択するショートカットキーは Ctrl + Shift + Space となります。 オブジェクトのうち1つは選択されている状態になっていないとワークシート全体が選択されます。 この記事が気に入ったらいいね!しよう できるネットから最新の記事をお届けします。

すべててのシートを選択したい:Excel(エクセル)の使い方 【エクセル時短】「行全体を選択」にクリックは不要! セルの選択・操作を爆速にするショートカットキー5選 | エクセル時短 | できるネット

エクセル シート 選択 ショートカット

シート選択の方法−見出しスクロールボタン上で右クリック (2003.10.08) 数式を入力せずに計算する−オートカルク (2003.10.03) Excel ショートカットキー一覧 (2003.10.01) 同じブックのシートを並べて表示 (2003.10.01) WRITER この記事を書いている人 - WRITER - エクセルのシートを挿入、削除する場合のショートカットキーです。 シートを挿入 ブランクのシートを挿入するショートカットキーです。 ショートカットキー(操作) SHIFT + F11 解説 エクセルにブランクのシートを挿入するときのショートカットキーです。 右クリックやシート右端の+マークをクリックでもシートを挿入できますが、ショートカットキーでやると速いと思います。 シートを削除 エクセルのシートを削除するショートカットキーです。 ショートカットキー(操作) ALT、E、L (順番にタイプします) 解説 エクセルのシートを削除するときのショートカットキーです。 右クリックしてもできますが、ショートカットキーでやると速いです。(やや覚えにくいかもしれませんが、、、) むすび エクセルのシートを挿入、削除するショートカットキーをみました。 ちょっとした作業をするためにシートを挿入することはよくあるので覚えておくと便利です。 ひとつひとつの効果は少ないかもしれませんが、塵も積もれば山となる、です。

シートの複数選択 - Excel・エクセルの使い方 「エクセルを非表示(最小化)」のショートカット / エクセル (Excel) | PC便利メモ(ショートカット 他)

エクセル シート 選択 ショートカット

Excel(エクセル)のワークシートの選択です。 複数のシートを同時に選択する方法を紹介します。 シートの選択 画面したシートの見出し(タブ)をクリックすることで切り替えができます。 ショートカットキー:次(右)のシートは、[Ctrl]+[PageDown ... WRITER この記事を書いている人 - WRITER - 横浜市青葉区の税理士斎藤です。 エクセルの作業中セルを編集する。よくあることです。そのよくある操作こそ、ショートカットキーを使って効率化をはかりましょう! セルを編集する セルを編集するときのショートカットキーです。 ショートカットキー(操作) F12 解説 セルを編集するときに、ショートカットキーを使わなければ、ダブルクリックをして編集します。 編集するセルの文字数が多く、修正する箇所がピンポイントな場合は、ダブルクリックがはやいかもしれません。ただ、通常はF2がはやくて便利です。 F2でセルを編集する場合、文字列の一番後ろがブリンクするので、矢印で適宜編集する箇所に移動します。 もし、セルの編集が不要だった場合は、ESCで編集をやめるのがおすすめです。 セルの中で改行する セルの中で文字の入力行を改行するショートカットキーです。 ショートカットキー(操作) ALT+ ENTER 解説 ワードなどの感覚で改行しようとしてENTERを押すと、隣のセルにいってしまいます。エクセルでENTERは、入力や編集が終了したということだからです。 このショートカットキーを使わないと、ひたすらSPACEで間を入れて、印刷画面で改行されているかを確認するという涙ぐましい努力が必要になります。修正しようものなら、またやり直しです。必ず覚えましょう! むすび エクセルで作業をすれば、セルの編集やセル内での改行はつきものです。 まずはこのような基本動作のシュートカットキーを地道に覚えましょう!塵も積もれば山となる、ですよ。

エクセルショートカットキー一覧 エクセル ショートカット キーの一覧

エクセル シート 選択 ショートカット

エクセルの操作が苦手な方も初心者の方も是非ショートカットを覚えて 仕事を効率化させてください! リンク先では実例でショートカットの使い方を詳しく図解説明しています。 「複数のセルを選択」「行全体を選択」などの操作を、当たり前のようにマウスで行っていませんか? 今回は時間も疲れも省略できるショートカットキーを5つ紹介します。 Excelを業務で使っていて、セルの選択や挿入・削除などの操作をしない日はありませんよね。これを全部、マウス操作で行っていませんか? 複数のセルの編集や、行列の追加・削除など、何度も繰り返す作業は少しでもラクしたいですよね。時間をかけてマウスで操作していると、目や手も疲れてしまいます。そんなときは、時短に効くショートカットキーです。 【エクセル時短】第75回では、セルの選択・操作に関するショートカットを5つ紹介します。 [Ctrl]+[Shift]+[→] / [←] / [↑] / [↓]連続するセル範囲を選択する 連続するセル範囲を選択するには、[Ctrl]+[Shift]+矢印キーです。まだ使ったことのない人にはすぐに覚えてほしい、定番のショートカットキーです。

【ちょっぱやショートカット】エクセルのシート移動を徹底解説! 公...

エクセル シート 選択 ショートカット

エクセルのシート移動のショートカットはこれだ! ショートカットキー. Ctrl + PageDown. Ctrl + PageUP. ちなみにノートPCの場合は直接 PageDown や PageUp キーが無いと思いますが、 Fn キーを組み合わせれば使えます。 アクティブセルを基準にし、データが入力されている上下左右にセルの選択範囲を広げることができます。このとき、入力したデータを[Ctrl]+[Enter]キーで確定すると、選択中のセル範囲に同じデータを一気に入力できます。 例えば、この表の左上端にあるA1セルで[Ctrl]+[Shift]+[→]キーを押すと、右上端にあるセルE1まで選択します。 [Shift]+[Space] / [Ctrl]+[Space]行全体を選択する / 列全体を選択する 行や列を選択したいとき、行番号や列番号をクリックしなくてもいいんです! アクティブセルを基準にし、[Shift]+[Space]キーで行全体、[Ctrl]+[Space]キーで列全体を選択できます。ただし、日本語入力はオフにしておくことを忘れずに。

【Excel時短】ブックやシートの切り替えをスマートにこなす!大量に開...

エクセル シート 選択 ショートカット

普段の業務でExcelをよく使うという人でも、Excelだけをパソコンで開いて作業しているという人は少ないですよね。多くの人は、Excel以外にも ... アクティブセルがある行全体や列全体を一気に選択できます。 [Ctrl]+[Shift]+[O]コメントがあるセルを選択する 広いシートからコメントが挿入されたセルを探すのは大変ですよね。挿入済みのコメントが非表示になっていることもあります。 そんなときは[Ctrl]+[Shift]+[O]キーを押せば、コメントの挿入されているセルをすぐに選択できます。なお、コメントを挿入したいときは[Shift]+[F2]キーです。 コメントがあるセルをすぐに見つけられます。 [Ctrl]+[Shift]+[;] / [Ctrl]+[-]セルを追加する / セルを削除する セルの追加や削除は、右クリックメニューからの操作だけでなく、ショートカットキーでも可能です。複数のセルを選択しているときなど、クリックし損ねることもありません。 行全体や列全体を選択するショートカットキーと組み合わせれば、マウスを使わずに行や列を挿入・削除できて便利です! [Ctrl]+[Shift]+[;]キーを押すと、[セルの挿入]ダイアログボックスが表示されます。なお、行全体や列全体を選択した状態で操作した場合は、ダイアログボックスが表示されずに追加・削除できます。 [Ctrl]+[Shift]+[L]フィルターを設定する 表内のデータを絞り込んだり並べ替えたりする「フィルター」のボタンも、キーボードだけで表示できます。 この操作をマウスでやろうとすると、[データ]タブを表示→[フィルター]ボタンをクリックとなりますが、ショートカットキーなら一瞬です。また、フィルターのボタンがあるセルで[Alt]+[↓]キーを押すと、フィルターのメニューを表示できます。 表内にアクティブセルがある状態で[Ctrl]+[Shift]+[L]キーを押すと、すべての列見出しにフィルターが設定されます。 いかがでしたか? セルの選択、特に「連続したセル」「行全体」の選択は使っている人も多いはず。普段、意識せずに行っているマウス操作をショートカットキーに置き換えれば、確実に時短できますよ。 【エクセル時短】は「少しでも早く仕事を終わらせたい!」というビジネスパーソンのみなさんに、Excelの作業効率をアップするワザをお届けする連載です。毎週木曜日更新。