• 記事: 30743
  • 質問に対する回答: 28349
  • コメント: 21222
  • 準備ができて答え: 25049

ソイ プロテイン デメリット

ソイプロテインの効果とデメリット!飲むタイミングなども徹底解説 ザバスのソイプロテインとウェイトダウンの違いを飲んで比較してみた

ソイ プロテイン デメリット

ソイプロテインのメリット・デメリット . ソイプロテインは筋肉量の増加、維持、そして女性に嬉しい効果があるというお話をしてきました。 ではもう少し具体的に、他のプロテインとどこが違うのか解説していきましょう。 男がソイプロテイン、いや、そもそも大豆を食べたり飲んだりしても体に良いのか悪いのか、双方いろんな意見と論文が出てきちゃって、調べれば調べるほど訳が分かんないッス。医者科学者レベルでも意見が分かれていて、しかも上手に相手を攻撃や批判をしないように食い違ってるし、じゃあ、ソイプロテインじゃなくてライスプロテインやヘンププロテインならいいのかって話だとOKだって。えぇ? そんな感じでいいの? って思ってたらサプリメーカーの陰謀論的なトンデモ話まで出てきましたよ。 いやぁ~、全然わけ分かんねぇ、今回はほぼグチですわwww。 変な話、ホエイプロテインだって、反対派の学術論文を引っ掻き回せば毒ってことになるし、トンデモ理論も発掘できますよ。 そんなに大豆が体に悪いなら、豆腐や枝豆、厚揚げや豆乳を飲んだり食べたりして和食を中心に生活している日本人男性はバタバタ倒れてなきゃおかしいって話だよね? 日本人はほとんど獣肉・乳製品を取らず米と大豆ばっかり食べて2000年以上生きてきた民族なのに、世界でトップクラスの長寿国ってどういうこと?? もちろん和食に昆布を使うことでヨードの吸収調整がされていることは織り込み済みだとしても、ちょっと釈然としないっス。 ぶっちゃけ、私、10年ぐらいソイプロテインは使ってます。 ホエイプロテインの方がロイシンの割合が多いのでバルクアップには確かに向いてるんでしょう。なのでホエイとソイの併用の時期やソイオンリーの時期がごちゃ混ぜになってますが、ソイプロテインは地道に切らさず使ってます。 なのでここからは私の完全な私的な体験経験と偏見もろもろ含んだ私見で話を転がしていきますwww。 まず、筋肉の付きについてですが、ホエイも併用しているので正確なことは言えないですけど、そんなに反対派の人が言うほど付いてなかったり、太ったりということはないと思います。もちろんバッキバキのバルクアップタイプのボディービルダーのような体というよりは、着やせする細身の細マッチョぐらいだと思ってます。 身長170cmで体重75kg。体脂肪12%で胸囲は110cm、ウエスト80cm、ジーンズサイズ30inch前後ぐらいです。おじさんのサラリーマントレーニーとすれば、こんなもんでしょう? ガンガン体をぶっとくしてくつもりならホエイプロテインを勧めるけど、おじさんトレーニーとは方向性が違いますwww。 体感的な違いはやっぱり筋肉の張り方と疲れ方で、ホエイプロテインはパンッて感じで筋肉が張る感じだけど、はですねぇ、それなりに元気でラッキータイミングにはちゃんと活躍してくれますwww。おい、こんなこと書いてて大丈夫か? ただねぇ、私自身元々そんなにガツガツいくタイプではないというか、完全な草食系なんだよね、もうおじさんだし、自覚がしっかりありますwww。なのでメチャメチャ暴れるほど元気か? と言われると正直よく分かんない。このまま平和に何もなければそれはそれでHなことが無くても全然平気なもんで。 あれ? おかしいなぁ、最初の筋トレのきっかけはモテだった気がするんだけどwww。 体格がこんななんで一般的に誤解されがちですが、むしろトレーニーはこのタイプが多いと思いますよ。 私が知ってる限り、肉食系のガツガツいくあぼれん坊は、ポッチャリ系の脂ぎってる人ばかりです。認識間違ってんじゃないかな? もちろん血の気が多くて女性にガンガン行くタイプもいると思いますが、むしろそっちは格闘技系気質の人の方が多い気がします。筋トレだけにハマってる人って、はっきり肉食系と草食系と別れると思いますよ。 これが体をバルクアップさせるために大量に摂取して鼻血が出るまで毎日追い込んでるようなスーパーハードヘビーユーザーだったら全然違う結果が出るんだろうけど、私程度じゃあ、ホエイプロテインとソイプロテインの違いを感じる程度で、極端な弊害が出るまではとてもとても・・・といった具合です。 もしくは私とは全く逆の体質で、問題が起こるということはあるかもしれないですね。 半年使ってみて何か変なことが起こったり腫れてきた、湿疹が出たって人はそもそも体質的に大豆が体に合わないかアレルギーがある可能性があります。 ナチュラル ヘンププロテイン この二つが有名かな。 ソイプロテインと比べるとちょい割高感はあるんですが、2個セットとか3個セットとかの売り方をしているところだと、かなり値引きされているので調べてみてください。 実は私も一時期ライスプロテインに切り替えてみようかなって思ったことがあったんでこの辺は試したことがあります。まあ、ちょっと癖はありますが、ソイプロテインもクセがあるって言えばあるんで、ソイが飲めるんだったら全く問題ないですよ。 → ビーガンプロテイン 一覧 ソイを飲み始める最初の理由って、動物性の物ばっかりで、健康のためにも植物性のものを取っておきたいなぁ、できればついでに筋肉にも効けばもっといいのに、っていうグータラな理由がきっかけだったりしません? 私はぶっちゃけそうだったよwww。 そういう意味では最初のステップは完全クリアなので、試してみる価値ありです。 一応植物性プロテインの選択肢って、大手メーカーだとソイプロテイン一択のように見えて、探せば大豆とは違うものをベースに作られた信頼性の高いものが結構あるので色々試してみるのも一興ですよ。 ざっとこんな感じ。 後半に関してはソイだけじゃなく、プロテイン関連ほとんどに関係しているといわれている話ですが、まあ、中に入れておきます。 個々の解説はもういいですよね。ググってここまでたどり着いてる人であれば、下手すると私より詳しいかもしんないしwww。 さて、これをどう感じてどう考えるかですよね。 目くじら立ててまったくもうもうもう! と、ソイプロテインや大豆を目の敵にするかどうか・・・ 健康や効果を考えた場合、じゃあホエイプロテインはどうなのか? 問題が一切ないのかどうか? そもそも日頃食べてる食事に添加物は一切入ってないような食事を本当にしてるの? 吸収効果が高い食事をしてるの? 完全有機栽培の野菜を食べてるの? 農薬は一切使ってないの? 吸収効率が高い天然生成がされてるの? 空中汚染濃度は? 地中酸化PMP値は? 完全衛生プラント育成値は? 天然無農薬の牧草しか食べてない牛や豚の肉をちゃんと食べてるの? 水は? 塩は? 砂糖は? スパイスは???? 気にしだしたらきりがないです。 全体を見ないでたった一つだけを取り上げてギャーギャーいう事の方がナンセンス。どうもこのごちゃごちゃした論争の根本的な問題は色々調べていった結果、この辺にありそうな感じがしますwww。 私自身はソイプロテインを長いこと飲み続けてますが、健康診断で何か言われたこともないし問題があったこともないです。特に上でピックアップしたような症状や傾向を感じられたこともない。極端に女々しくなったとかも女っぽくなって「イヤ~ン」なんておネエ言葉使ったこともないしねwww。 私個人としては普通に適量摂取してればホエイもソイもそんなに極端な違いはないんじゃないかなぁって思ってます。 過剰摂取でガバガバ飲んでれば、それぞれのサプリ特有の問題点も出てくるってもんですwww。 後はやっぱりプロテインは体質に合う合わないが結構あるのでその辺は気をつけたいですね。敏感な人だと、同じ種類のプロテインでもメーカーで合う合わないがあったり、同じメーカーの中でもフレーバーの香料で合う合わないがあったりするので難しいとこです。 そういう意味では飲まず嫌いはやめて、一度試しにライスプロテインやヘンププロテインも飲んでみるのをお勧めしますよ。ヘンププロテインなんて、まるで青汁みたいでちょっと面白いしね。 筋トレすればすぐ効果が出るんだろうか? どのぐらいで筋肉がつくんだろう? 腹筋はどのくらい浮き出でくるんだ? 筋トレを始めてしばらくは、こう筋肉をつけたいとかああなりたいとか、鍛えるのそっちのけで皮算用にいそしんでました。 でも実際はそうはいきません。特に30過ぎたおじさんの筋トレは、一般的な理論立てた理屈なんて通用しません。体が頑固で個性的になっていくんですwww。 あっ!今、俺には関係ぇねえやって読み飛ばそうとしたあなた、若さなんて期間限定! いつか必ずあなたも通る道だと、心しておいてください。 とま ...

ソイプロテインの効果とデメリット!飲み方や飲むタイミングも徹底紹... ソイプロテインを男の人が飲むとデメリットがあると言われていますが、寝る前に... - Yahoo!知恵袋

ソイ プロテイン デメリット

ソイプロテインのデメリットの2つ目は、ほかのプロテイン(ホエイプロテインやカゼインプロテイン)に比べて、筋肉がつきにくいことです。 もちろん、ソイプロテインも筋肥大に効果はあります。これは間違いありません。 筋トレで、特に自宅トレーニング派で筋トレしてもなかなか筋肉がつかない。 筋トレの成果が出ないという初心者の人は多いと思います。 初心者の場合、もっと根本的な部分で、基礎ができてないとか、運動に体が慣れていないとか、脂肪が厚すぎるとか、食事に対しての意識が低すぎるなどの問題がある場合、もうちょっと時間がかかります。 私の経験上、この段階にいる人は、パーソナルトレーナーがついていない限り、スタートしてから半年ぐらいは全く筋肉や体の変化はないと思った方がいいです。テレビのダイエット企画みたいに翌日からガンガン体 ... こんなタイトルつけといてなんですが、このサイトを見ている人であれば知ってると思うけど、私、結構なソイプロテイン愛用者ですwww。 元々はホエイプロテインが体に合わないことが多かったのでソイプロテインに行き着いたんですが、ソイプロテインを使い始めてから体調もいいし、筋肉の付きもそんなに以前と変わってないと思います。すこぶる快調www。 でも、ソイプロテインを使ってるっていうと、「ソイプロテインは危険!」「今すぐやめろ!」って、結構言われるんだよね。 なんのこっちゃ?、と思ってたんですが、結構ベテランにも言わ ... アメリカ製プロテインを忘れてるわけじゃないですよ! 最近イギリス製のマイプロテインばかり褒めてますが、アメリカ製を忘れてるわけじゃありませんwww。 アマゾンでアメリカから直送でもいいんですが、アメリカ製を選ぶんだったらi Herbもおすすめ。 アマゾンだけで扱ってたりキャンペーンをやってたりするのと同じで、i Herbだけで扱ってる商品やキャンペーンもあったりしますからね、特徴とタイミングが分かってくれば、かなり使えるサイトの一つです。 i Herbは自然系サプリメントやミネラルコスメなど自然派志向の商品やダ ...

ソイプロテインは痩せたい時や筋肥大したい時に使える!筋肉に対する... ホエイプロテインのメリット・デメリット - ソイプロテインのメリット・デメリッ... - Yahoo!知恵袋

ソイ プロテイン デメリット

ソイプロテインのデメリットについてご紹介します。 ゴールデンタイムを逃してしまうかもしれない. ソイプロテインのゆっくりな吸収スピードは満腹感が持続するという点からはプラスの効果と言えますが、筋肉の効率的な成長という点から見ると、必ず ... トレーニングや運動をするとき、水分補給でミネラルウォーターなどを用意する場合が多いと思います。水はこだわる人はこだわるからねぇwww。実際何を飲んだらいいのか、ちょっと考えてみましょう。 水は大きく「硬水」「軟水」に分けられます。 さて、トレーニング時に適しているのはどちらでしょう? また、プロテインやBCAAを飲むのに向いてるのはどちら? あんまり気にしないで浄水器を通した水道水でもいいのか? ん~、あらためて考えるとよくわかんないですよねwww。 日本の水道水はミネラルウォーターとして売れるぐらいのレ ...

ソイプロテインの効果【メリット・デメリットとホエイとの使い分け】 ... ソイプロテインかホエイプロテインか。併用はやめておいた方がいい!

ソイ プロテイン デメリット

ソイプロテインの効果【メリット・デメリットとホエイとの使い分け】 sakino0805 2018年9月25日 / 2018年10月10日 「ソイプロテインってどんな栄養があって、どんな効果が期待できるの? カラダづくりを目指す人にとって必要不可欠なのが、筋トレをはじめとする運動です。運動を行うことで筋肉を増やし、体脂肪を減少させることを目的としているのですが、運動だけでなく栄養にも気をつけることで運動の効果を高めることができ、効率よくカラダづくりを行うことができます。 そこで活用したいのがプロテインです。プロテインは筋肉をつけるだけでなく、ダイエットにも効果が高いサプリメントです。 今回は女性にもオススメできる、プロテインの種類の一つ「ソイプロテイン」にターゲットを絞り、ソイプロテインの特徴とオススメの商品をランキング形式で紹介します。 です。最近では飲むタイプのものだけでなく、CMなどでも宣伝されているような大豆を使ったプロテインバーも、ダイエットのための健康食品として多く発売されていますね。プロテインを発売している各メーカーが、ウエイトダウンという商品名でソイプロテインを発売していることからも、ソイプロテインがダイエットに効果的であることがわかります。 ソイプロテインがダイエットに効果的なのは、植物性たんぱく質であるということが関係しているのですが、この植物性たんぱく質と動物性たんぱく質にはどのような違いがあるのでしょうか。 動物性たんぱく質と植物性たんぱく質は、構成されているアミノ酸に違いがあります。たんぱく質はアミノ酸が集まってできたものです。たんぱく質が分解されるとアミノ酸になるのです。 動物性たんぱく質は人体で合成できない必須アミノ酸のすべてがバランスよく含まれていますが、植物性たんぱく質はいくつかの必須アミノ酸が含まれていなかったり含まれている量が少なかったりします。必須アミノ酸は一つでも不足している場合、一番低い部分に合わせて働きが制限されるという特徴があります。一つの必須アミノ酸量が少なければ、他の必須アミノ酸がどんなに多く摂取できていても使うことができないのです。この考え方を「アミノ酸の桶の理論」といいます。 動物性たんぱく質は必須アミノ酸バランスが良いことで効率よくカラダづくりに使われるため、完全たんぱく質とも呼ばれています。 動物性たんぱく質は体内の吸収率も高く、カラダづくりに使われやすいという特徴があります。ただし、脂質を含むものも多く、摂りすぎは体脂肪の蓄積や生活習慣病につながる可能性があります。 植物性たんぱく質は、単一の食品からではアミノ酸のバランスが悪く効率よくカラダづくりに作られません。複数の食品を摂ることによって、お互いのアミノ酸を補う必要があるのです。そんな プロテインの役割は、たんぱく質の摂取量を増やすことです。これはソイプロテインだけでなく、ホエイプロテインやカゼインプロテインの役割も同じです。 筋肉づくりを行う場合、普段の食事だけで摂る分よりも、さらに多くのたんぱく質量を摂取する必要があります。たんぱく質を多く摂取することで、カラダの組織を構成するために消費される分だけでなく、筋肉を成長させるために必要なたんぱく質も確保することができるからです。 ダイエット目的の場合は、筋肉量の低下を防ぐために、たんぱく質を多く摂取しなければなりません。体重が落ちたはいいものの、その多くが筋肉だったということは少なくありません。それでは太りやすいカラダになってしまい、ダイエット前以上に太ってしまう“リバウンド”に繋がります。 筋肉量を維持したり増やすためにはたんぱく質が必要で、効率よくたんぱく質を摂取するためにプロテインが活用されるのです。 たんぱく質含有率とは、摂取量のうちどのくらいたんぱく質が含まれているかを表す数値です。ソイプロテインを選ぶ際も、たんぱく質含有率は重要です。たんぱく質が多く入っている方が筋肉を効率よく成長させることができるからです。 ホエイプロテインに比べ、ソイプロテインは筋肉を肥大させる効果が低いため、筋肉を肥大させる目的で摂取する方は、たんぱく質含有率ができるだけ多いソイプロテインを選ぶ必要があります。 商品によっては高品質のホエイプロテイン商品と同じくらいのたんぱく質含有率の高いソイプロテインも販売されています。ホエイプロテインのたんぱく質含有率と見比べながら選んでも良いと思います。 ソイプロテインはダイエット用の商品や女性向けの商品として多く発売されています。 注目したいのが、たんぱく質の他に配合されている栄養素です。ダイエット中に不足しやすいビタミンやミネラル、鉄分などをはじめ、女性の美容に効果の高いコラーゲンなどの栄養素を配合している商品が多いようです。 純粋にたんぱく質だけを必要とする場合、ダイエット用に使用する場合、女性が使用する場合など、目的に合わせて配合されている栄養素に注目してみましょう。 長期的にプロテイン摂取を続けていくためには、値段も重要なポイントです。プロテインの値段は、たんぱく質含有率や配合されている栄養素、商品の内容量などによって様々です。 高ければ良いプロテインとは限りません。目的によっては、必要のない栄養素が配合されていることで割高になっている場合もあります。安くても良いソイプロテインはたくさんあるのです。一回の摂取量やたんぱく質含有率を確認し、コストパフォーマンスが高い商品を選ぶようにするとよいでしょう。 ブランド名:Kentai(ケンタイ)商品名:100%SOY パワープロテイン スポーツサプリメントのメーカーとしてパイオニア的存在の [健康体力研究所] が販売するプロテインです。このプロテインは、たんぱく質含有率が91%と他のソイプロテインと比べても最高レベルのプロテインです。ビタミン11種、カルシウム、鉄が配合されており、筋肉を増やす目的だけでなくダイエット用としても活用できます。 人工甘味料や香料を使用せず、糖質もゼロという、本格的にカラダづくりを行う人にオススメのソイプロテインといえます。 ブランド名:ZAVAS(ザバス)商品名:ウエイトダウン 牛乳製品で有名なメーカーである [meiji] が展開するプロテイン商品です。たんぱく質含有率は84.5%と多く、カラダづくりに欠かせない11種類のビタミン、カルシウム、鉄、マグネシウムを配合しています。 このプロテインの特徴の一つは、脂肪を効率よくエネルギーに変える効果があるとされるガルシニアエキスが配合されていることです。その点でも減量を目的とした人にオススメできるプロテインです。 ブランド名:ZAVAS(ザバス)商品名:ウエイトダウン 牛乳製品で有名なメーカーである [meiji] が展開するプロテイン商品です。たんぱく質含有率は84.5%と多く、カラダづくりに欠かせない11種類のビタミン、カルシウム、鉄、マグネシウムを配合しています。 このプロテインの特徴の一つは、脂肪を効率よくエネルギーに変える効果があるとされるガルシニアエキスが配合されていることです。その点でも減量を目的とした人にオススメできるプロテインです。 ブランド名:ZAVAS(ザバス)商品名:シェイプ&ビューティ 牛乳製品で有名なメーカーである [meiji] が展開するプロテイン商品です。名前の通り、女性向けのプロテインとして発売されている商品です。 たんぱく質含有率は54.5%と低めですが、コラーゲンを配合しており美容にも効果を発揮します。鉄、カルシウム、マグネシウム、11種のビタミンを配合し、ダイエット中の体調管理としても十分活用することができます。プロテインを初めて使うという女性の方にオススメできるプロテインです。 ブランド名:ZAVAS(ザバス)商品名:ソイプロテイン100 牛乳製品で有名なメーカーである [meiji] が展開するプロテイン商品です。たんぱく質含有率は75%でソイプロテイン商品の中では高いレベルにあります。7種類のビタミンB群とビタミンCを配合しており、1日に2回摂取することで1日に必要なビタミンBとビタミンCの不足分を補うことができます。 体調管理のサポートとしても使える、高品質でバランスの良いプロテインです。 ブランド名:Kentai(ケンタイ)商品名:プロテインスーパータブ プロフェッショナルタイプ スポーツサプリメントのメーカーとしてパイオニア的存在の [健康体力研究所] が展開するプロテインです。 このプロテインは、パウダータイプではなくタブレットで摂取するタイプのソイプロテインです。たんぱく質含有率は80%と高く、運動によって失われやすいビタミンやミネラルも配合されています。 一度に多くのたんぱく質を摂取するのであれば、パウダータイプの方が効率は良いですが、タブレットはバータイプ同様、持ち運びや摂取するのが簡単です。こまめに摂取したい人や、出張などが多く家以外で過ごすことが多い人にオススメなプロテインです。 ブランド名:Now Foods商品名:Soy Protein Isolate 海外のメーカー[Now Foods] が販売するソイプロテインです。たんぱく質含有率は83%と高く、味のないタイプは糖質がほとんど入っていないため、筋肉を増やし体脂肪を落としたいボディメイクをしている人にとってオススメできるソイプロテインです。 味なしタイプは、ソイプロテイン特有のにおいや味があるようですが、チョコレート味のタイプは美味しく飲めると評価が高い商品です。ただしチョコレート味には糖質が含まれており、このプロテインの特徴である糖質なしを求める人は味なしタイプを選ぶ必要があります。 ブランド名:Weider(ウィダー)商品名:ウイダー in バー プロテイン ウィダー inゼリーで有名なメーカー [森永製菓] が展開しているプロテインです。この商品は、食べるタイプのソイプロテインです。1本あたり、たんぱく質を10g摂取することができます。1回あたりのたんぱく質摂取量は少ないですが、なんといっても持ち運びが楽で、摂取するのが簡単なことが大きなメリットです。 コンビニなどでも販売されていて手軽に入手することができますので、お腹が少し空いたときなど間食としてもオススメです。パウダータイプのソイプロテインと使い分けながら活用するとよいでしょう。 ブランド名:Body Wing(ボディウイング)商品名:大豆プロテイン プロテイン商品を販売しているメーカー[Body Wing]が販売しているソイプロテインです。この商品は値段が安いにもかかわらず、たんぱく質含有率が約84%と高い優れたソイプロテインです。 ただし、味については無味で大豆特有のクセがある商品という評価が多いようです。味などは気にしないから、高品質のソイプロテインを摂取したい!という人にとってオススメできるプロテインです。 ブランド名:DNS(ディーエヌエス)商品名:DNSWoman ソイフィットプロテインバー プロテインなどの栄養面だけでなく、独自にアスリート専用のトレーニングジムも運営しているなど、様々な有名なプロスポーツ選手をサポートしている [DOME] が展開するプロテインです。 1本あたり、たんぱく質を10.5g摂取することができます。ビタミン類やマグネシウム、カルシウムを配合しています。名前の通り女性をターゲットとした食べるタイプのソイプロテインです。ダイエット中の間食として活用するとよいでしょう。 ブランド名:alpron(アルプロン)商品名:WEIGHTDOWN サプリメントを数多く発売しているメーカー [alpron] が発売しているソイプロテインです。 たんぱく質含有率は約50%とそれほど多くありませんが、空腹感を感じにくくなる食物繊維や各種ビタミン、ミネラルだけでなく、脂肪燃焼のサポートをしてくれるL-カルニチンや代謝を促すパントテン酸、疲労回復効果のあるクエン酸などダイエットをするうえで欠かせない栄養素を多く配合しています。ダイエット目的の人にオススメできるプロテインです。 ブランド名:Natural Healthy Standard.(ナチュラルヘルシースタンダード)商品名:ビューティープロテインパウダー ソイ 健康食品を販売している[ Natural Healthy Standard.

<初心者必見>ソイプロテインは女性におすすめ?デメリットと失敗し... ソイプロテインのおすすめ10選。効果的な筋肥大を促す人気アイテム特集 | Smartlog

ソイ プロテイン デメリット

ソイプロテインがデメリットになるパターン . 良くも悪くもソイプロテインは女性向けに作られているものが多く、インスタ映えもしそうなかわいいパッケージものも多いですから、女性が手を伸ばしやすいですよね。