• 記事: 28436
  • 質問に対する回答: 23598
  • コメント: 30778
  • 準備ができて答え: 23712

ビットコイン 半減期

ビットコイン(BTC)の「半減期」とは?|2020年に到来した後、ビットコ... ビットコインキャッシュの半減期は2020年4月7日の可能性が高い! | 仮想通貨トリビア

ビットコイン 半減期

ビットコイン(BTC)の「半減期」とは?|2020年に到来した後、ビットコインは上昇するのか? そもそもビットコインには総発行量が決まっており、2100万BTCです。金のような形で総発行量が決まっているため、ニュースなどでは金と比較して取り上げられることが多いです。ビットコインは10分で1 ... 2019年6月18日 2019年6月18日 10分27秒 仮想通貨の認知度が高まり始め、これまで仮想通貨取引を行っていなかった人も積極的に取引を行うようになり、中には多くの利益を出している人もいます。 また昔と比べると様々な仮想通貨が誕生しており、その数は現在も増え続けています。 そんな中で注目が集まっている仮想通貨の一つに、ビットコインキャッシュがあります。 ビットコインキャッシュは、価格や知名度など魅力的な仮想通貨の一つとしてポジションを獲得しています。 このビットコインキャッシュには半減期というものがありますが、この半減期がもたらす影響は、ビットコインキャッシュを保有している人や興味を持っている人には重要な問題です。 この記事では、ビットコインキャッシュの半減期によって、どのような変化が発生するのか解説していきます。 【2020年大注目!】 FILECOIN MINER第二期販売がスタート! 2017年にICOで200億円以上の資金調達に成功し話題を呼んだFILECOINですが、これまでのICOでは、 総資産額1億ドル(日本円で約109億円)以上の投資家 もしくは 年間で20万ドル(日本円で約2,185万円)以上の利益を出した投資家 というハードルをクリアした投資家のみ手に入れることができました。

ビットコインの半減期は2020年5月に到来!仕組みと価格予想を徹底解説... 仮想通貨のセキュリティ問題とビットコインの半減期について考える 〜留意すべきは信頼関係を裏切るソーシャルハッキング - 仮想通貨 Watch

ビットコイン 半減期

ビットコインの3回目の半減期は2020年って本当?半減期の仕組みや必要性のわかりやすい解説はもちろん、半減期の前後における価格変動を2016年の半減期やアルトコインの半減期との比較で徹底的に分析してみた! しかし、今回FILECOIN専用のマイニングマシンが先行発売され、 FILECOIN MINERになると、一般投資家でもFILECOINを手に入れることが可能に! 6月に一期発売があったものの即完売。 しかし、気になっていただけども手に入れることができなかった人の為に、 2期販売が開催! 期間限定での先行販売ですので、気になる人はFILECOIN MINER専用サイトをご覧下さい。 ビットコインキャッシュの半減期はいつ? ビットコインキャッシュには半減期が存在しており、約4年に1度行われることが予測されています。 約4年に1度になっているのか理由として、ビットコインと同じ発行量になっていることが関係しています。 ビットコインは発行量が2100万枚になっていて、約4年に1度の半減期があります。 ビットコインキャッシュはハードウォーク元がビットコインで発行量が同じなので、半減期もビットコインと同じように4年に1度と予測されています。 2017年8月1日にビットコインキャッシュが誕生しているので、その4年後は2021年8月になります。 以前は2021年8月にビットコインキャッシュの半減期が来ると予測されていましたが、半減期のカウントダウンを行っているサイトでは2020年4月7日にビットコインキャッシュの半減期が来ると予測されています。 どちらにしろ近々ビットコインキャッシュの半減期が訪れることは確実で、様々な変化を与える可能性を秘めています。 ビットコインキャッシュの半減期が起こるとどうなる? ビットコインキャッシュの半減期が発生することで、様々な変化が起こります。 ビットコインキャッシュをすでに保有している人だけではなく、取引を検討している人は半減期の変化を把握することが求められてきます。 ビットコインキャッシュのマイニング報酬が半額 仮想通貨の取引や承認作業をマイニングと呼ばれており、ビットコインキャッシュもマイニングが行われています。 半減期を迎えることによって、これまで獲得できていたマイニング報酬が半額になります。 そして新たに半減期を迎えた時は、更にマイニング報酬が半額になっていくので得られるマイニング報酬が基本的に少なくなりやすいです。 価格が上がる可能性を秘めている 基本的に半減期を迎える仮想通貨は、価格が上がりやすい傾向が強いです。 その理由として、発行上限に近付いている心理が働いており、希少価値が高まるという心理から多くの取引が行われやすくなります。 それによって仮想通貨の価格が半減期前よりも高くなりやすいのが特徴です。 ビットコインキャッシュもこのような可能性を秘めており、状況によっては価格が一気に高騰するチャンスがあります。 ビットコインキャッシュの半減期に対する注意点 ビットコインキャッシュの半減期を迎える時、注意しないといけないポイントが4つあります。 注意点を正しく理解しないことで大きなチャンスを逃してしまったり、状況によっては大きな損失を発生させる恐れがあるので、気を付けないといけません。 獲得できるマイニング報酬問題 半減期を迎えることで、半減期前よりもマイニング報酬が半額になります。 ビットコインキャッシュのマイニングを行っていた人は、同じ量を実施しても獲得できる報酬が半分なので要注意です。 マイニングは決して簡単ではなく、高性能なハードウェアの他にたくさんの電力を消費します。 ビットコインキャッシュのマイニングをすることでコストの方が高くなり、利益を得られない可能性が出てきます。 ただマイニング報酬が半額になるので、この機会にマイニングを止める人もいます。 競争が少なくなることで得られるマイニング報酬が増える場合もあるため、必ずしもデメリットが発生している訳ではありません。 一ヶ月ほどがピークなので利益を生み出せる可能性 ビットコインキャッシュは人気の仮想通貨なので、半減期を迎えることで一気に価格高騰する可能性を秘めています。 ビットコインキャッシュによって、多額の利益を生み出したい人は、価格がピークになっている時に売ることでたくさんのお金を獲得できます。 仮想通貨の事情や状況にもよりますが、約一ヶ月ほどがピークになりやすいです。 このタイミングを逃してしまうとビットコインキャッシュの価格が安定してしまうので、ピーク時よりも利益を出すのが難しいです。 半減期は重要な取引タイミングでもあるので、見逃さないように注意することが必要です。 ネットの偽り情報に騙されないこと 半減期が近づくことで、これまで以上に注目度が高くなり、インターネット上で様々な情報が流れてきます。 特にビットコインキャッシュは国内だけではなく、海外でも注目度が高い仮想通貨なので、たくさんの人が期待している状況です。 たくさんの人が注目しているビットコインキャッシュの半減期なので、様々な情報が出てきても振り回されないように注意しなくてはいけません。 半減期は価格変動が発生しやすいので、怪しい情報に騙されることで一気に損失が大きくなる恐れもあります。 特にネットの情報は偽りやデマが多いので、ビットコインキャッシュの半減期が近づいてきた時は変な情報に騙されないように要注意です。 半減期前のビットコインキャッシュ価格上昇に注意 半減期を迎えることで価格上昇しやすいことは前述しましたが、実は半減期を迎える約半年くらい前から少しずつ価格上昇しやすいです。 この時期にビットコインキャッシュを購入してしまうと、本来よりも高い金額で購入しなくてはいけない恐れが出てきます。 ビットコインキャッシュで利益を生み出したい人は、半減期を迎える一年ほど前にはある程度保有することで購入時に必要なお金を少しでも抑えられます。 ビットコインキャッシュの半減期に対する期待 世界中の人が期待しているビットコインキャッシュの半減期では、多くの人が価格高騰に期待している状況です。 元々高い価値が発生しているビットコインキャッシュですが、これまで以上に高騰する確率が非常に高いです。 その他にも半減期を迎えることで、ビットコインキャッシュの価値下落を極力避けて、流通量をコントロールすることができます。 これまで以上に魅力的な仮想通貨に変貌する可能性があるので、たくさんの人が期待しています。 ビットコインキャッシュの半減期が起こる際価格はどうなる? ビットコインキャッシュが半減期を迎えた時は、他の仮想通貨が迎える半減期よりも多くの大きな変化が起こりやすいです。 どのような変化が起こりやすいのか正しく理解しておけば、利益を生み出せたり、損失を最小限に抑えることが可能です。 注目度が高いのでこれまで以上の高騰を期待できる ビットコインキャッシュは非常に注目度が高い仮想通貨で、国内だけではなく海外でも積極的な取引が行われています。 ビットコインのスケーラビリティ問題を改善するために誕生した仮想通貨なので、取引承認やスピードを除いてビットコインに似ている仮想通貨です。 ビットコインに似ている仮想通貨で尚且つ初めての半減期ということもあり、たくさんの人が期待しています。 多くの仮想通貨がこれまでに半減期を迎えて価格上昇していますが、これまで以上に高騰を実現する可能性を秘めています。 びっくりするほど価格が上昇していき、一気に稼げる可能性があるので注目すべき仮想通貨の一つなのです。 価格上昇後の下落にはくれぐれも注意 半減期によって急激に価格が上昇した後は、そのまま価格をキープするのではなく、下落する可能性が高いです。 上昇幅が大きい分、下落幅も大きくなりやすいので取引タイミングを誤らないように注意しましょう。 もし取引タイミングを見誤った場合は、相当の損失を生み出す恐れがあるので注意です。 ずっと保有する人はそこまで影響を及ぼしませんが、ビットコインキャッシュ取引によって、利益を出したい人は価格上昇後の下落に敏感反応しなくてはいけません。 ビットコインキャッシュの半減期のまとめ ビットコインキャッシュの半減期は、以前は2021年8月と予測されていましたが、予想よりも早まり2020年4月7日に予定されています。 半減期によって、マイニング報酬が半額になり、多額のマイニング報酬を獲得するのが難しくなる可能性があります。 またビットコインキャッシュの価格変動が発生しやすくなるので、慎重に取引を行うことが求められてきます。 しかし、ビットコインキャッシュは非常に注目度の高い仮想通貨なので、世界中の人が初めての半減期に期待している状況です。 ビットコインキャッシュで利益を生み出したい人は、半減期を迎える一年ほど前からビットコインキャッシュの購入を検討し、半減期を迎えて価格高騰したタイミングで売るのがポイントです。 半減期を迎えて一ヶ月ほど経過すると価格が下落する可能性が高いので、売るタイミングを間違わないように気をつけましょう。 ビットコインキャッシュの半減期によって、適切な取引を行うことができれば、びっくりするほど多くのお金を得られるチャンスが発生しています。

ビットコイン半減期とは?仮想通貨価格への影響と警戒ポイントを解説 ビットコイン半減期まであと5ヶ月。思い立って年始と年末の価格を10年分調べた結果・・。 | akilog

ビットコイン 半減期

ビットコインの市場規模は、4年前とは比較にならないほど拡大した。半減期に対する市場の関心度も飛躍的に増しており、株式市場など国際金融市場の影響を受けやすくなるなど、当時とは環境が大きく異なる点には留意したい。 FLOCブロックチェーン大学校校長のジョナサン・アンダーウッド氏 去る12月5日、FLOCが運営するブロックチェーン総合スクール「FLOCブロックチェーン大学校」の講師3名が2020年のブロックチェーンと仮想通貨業界の展望についてのプレゼンテーションを行った。 この記事はそのプレゼンテーションの要約を3回に分けて紹介する。第1回は2019年に仮想通貨のセキュリティ問題の振り返りと、2020年に予定されているBitcoin(BTC)の半減期についてFLOCブロックチェーン大学校の校長であるジョナサン・アンダーウッド氏が語った。 2019年の仮想通貨セキュリティ問題の振り返り 2019年を振り返ると、仮想通貨交換所の管理体制に対して、金融庁からの業務改善命令が相次いだり、ビットポイントジャパンが運営する仮想通貨交換所BITPointへのハッキング事件が起きたりと、社会的にも大きく注目される出来事が多かった。 いうまでもなく、インターネットが一般的なインフラになるとともに、それを利用する企業にとって重要性が増すのは情報漏えいを防ぐためのセキュリティ対策である。これまで、犯罪者のターゲットとされる企業の特徴は、その企業が扱っている情報、例えば経営情報や顧客の個人データなどの機密情報に十分な価値があるところだ。それは主に大手企業であり、一方で、価値のある情報の蓄積が少ないと見られる中小企業やスタートアップ企業はあまりターゲットとされてこなかった。 しかし、仮想通貨業界にはまだまだスタートアップ企業しかいない。かつて、Mt. GOXからのBitcoin流出事件があったが、当時、社長は会社を経営するとともに、1人で交換所のコードを書いていたほどだ。つまり、緩いセキュリティしかないにもかかわらず、そこに価値のある情報、すなわちBitcoinが大量に存在していたことが狙われた理由である。もし、より早期にセキュリティの専門家を入れておけば、こうした漏えい事件は未然に防ぐこともできたのかもしれない。現在もセキュリティに関する専門的な知識に乏しい人が立ち上げた仮想通貨交換所に攻撃を仕掛けて、そこを乗っ取って、数億円、数十億円、数百億円という規模の価値が奪われている。 セキュリティ対策としては従来のレベルでの対策ができればいいかというとそういうわけでもない。仮想通貨交換所が気にしなければならないセキュリティはより幅広い領域である。例えば、ウォレットという概念や技術、その管理方法などの知識はITセキュリティの専門家と名乗っている人さえあまり知識がない。つまり、これまでの経験だけでは対応することは困難なのだ。 一方、最近の仮想通貨にまつわるハッキング事件での被害状況を見ると、これまでと比較して被害金額が徐々に減少している。去年や一昨年の段階では、仮想通貨交換所のハッキング事件によって数百億円の被害があったが、それが数十億円規模にまで下がってきている。その理由としては、だんだんと仮想通貨交換所のセキュリティのレベルが上がってきたからではないかと推測している。ハッキングのターゲットとされ、実際に被害を受ければ、企業としては巨額の損失を被ることになるので、各事業者が重点的に投資すべきは専門的なセキュリティの知識を持つ人材であるという認識が広まりつつある。 今後、とりわけ留意すべきハッキングの手法はソーシャルハッキングである。これは仮想通貨業界に限る話ではないが、その手法は年を追うとともに巧妙化している。一般に、ソーシャルハッキングとは、ターゲットとなる企業の人間と知り合うことをきっかけとして、時間をかけて親しくなっていき、その信頼関係を使ってハッキング行為をするという手法である。例えば、メールにPDFファイルが添付されていた場合、いつもは開かないようなファイルであって、親しい人からのファイルであれば開けてしまうという心理を巧みに利用してくる。そして、一度でもファイルを開けば、そこからターゲットとなる企業の内部にコンピュータウィルスを流し込むことができる。そのようなうその信頼関係を構築するまで、たとえ年単位の期間がかかったとしても、最終的には何十億円、何百億円の価値を略奪することができるのであれば、犯罪者にとっては決して無駄な時間ではない。さらにいうなら、結婚を前提とするような付き合いをしていても、ウィルスの感染にさえ成功できれば、すぐさま逃げ出すというようなことすらありえる。 そうはいっても、われわれが人間不信に陥る必要はない。対策としては、そもそも自分が所属している企業の敵になってしまうかもしれないという前提でのセキュリティ対策を講じるということだ。例えば、自分の使っているパソコンが何らかの手法で乗っ取られて踏み台にされるようなことだけでなく、自分の家族が人質にされるようなこともあるかもしれない。そのとき、自分は家族を救うために、いや応なく犯罪者の代理人として自分の所属する企業に対するハッキング行為に手を染めるかもしれない。こうしたことを前提とするセキュリティ対策を考えなければならない。その一例がマルチシグである。つまり、1人だけの判断では、口座のお金を動かすことができないようにするという手法は有効な解決策の1つである。 Bitcoinの半減期に伴い予想される動き 2020年、確実に起きるとされているのは「Bitcoinの半減期」である。Bitcoinの半減期とは、一定数のブロックが生成されたのち、1ブロックあたりのマイニング報酬が半分になるという仕様のことである。現時点では、1ブロックについて12.5BTCという報酬が支払われている。Bitcoinが開発された当初の21万ブロックの報酬は50BTCだったが、つぎの21万ブロックでは25BTC、そして現在、12.5BTCになったという経緯をたどっている。 半減期が到来したとき、何が起きるのかということについては、専門家の間でも意見が分かれている。1つはいままで起きたことがもう一度、起きるだろうという考え方、もう1つは単純な経済学的な理論をもとにした考え方である。ひょっとすると、その両方でもないかもしれない。 よくいわれているのは、マイニング報酬が半減するのであれば、ハッシュレート、つまりマイニングにかける計算量が半減するはずだという考え方だ。図1では横軸が経年を表し、縦軸がハッシュレートを示している。前回の半減期は2016年7月に発生しているが、グラフ上では何も変わっていない。当時、報酬が半減したら、ハッシュレートも下がるだろうと予測をしていた人も多かったが、そのようなことは起きなかった。2012年11月に起きた半減期でも同じような傾向だ。こうした過去のデータから、今回もハッシュレートには影響はないだろうと考えられる。ハッシュレートに影響を及ぼさなかった理由としては、サプライズではなかったからだろう。現実世界においても、例えば中央銀行が急に何らかの発表をするとすぐに市場が反応して荒れるようなものである。それは市場関係者が予想していないサプライズだからだ。Bitcoinの半減期については、ソースコードにも書かれているように最初からわかっていることなので、市場でのサプライズにはあたらない。マイニングをしている人たちにとっては、それは当然織り込み済みだというわけだ。 もう1つの見方はBitcoinの供給が減るということである。この前提はマイニングをして報酬を得た人が、すぐにそのすべてを交換所で売った場合を想定している。つまり、市場へのBitcoinの供給量が半分になるので、結果として価格が上昇するのではないかという考え方である。2012年11月28日の初回の半減期と、2016年7月28日の2回目の半減期を見ると、2か月から3か月後に価格が上がっている。なぜ、そうなるかという根拠について、説得力のある説明をしている人はいない。いままで2回起きたので3回目も起きるかもしれないとする人はいるが、それだけが根拠でそうなると断言することはできない。 図1:過去のBitcoinのハッシュレートの推移半減期を使った詐欺行為に留意 これから懸念すべき点は、半減期についてあまりよくわかっていない人に対し「半減期なので、Bitcoinをこのまま放置しておくと価値が下がるので、自分たちに預けると倍になる」というような不安を煽るトークをして、Bitcoinの略奪を狙う詐欺行為である。これに類することは過去にもあった。いま確実にいえるのは、半減期とはマイニング報酬が半分になるということと、それが2020年に起きるということである。サイバー犯罪をゼロにしたいのは業界の全員が目指すところだが、こうした事象に乗じた犯罪が起きるかもしれないということにはさらに留意すべきだ。

ビットコイン半減期が4年ぶりに到来、価格上昇の要因と今後の展望【ブ...

ビットコイン 半減期

1.ビットコインに半減期が到来 約4年ぶりとなるビットコインの半減期が12日に到来した、 4月8日に初の半減期を迎えたビットコインキャッシュや ... 2019年はFRBが3度行った予防的利下げの恩恵をうけて米国株が大きく価格を上げた年でした。それに釣られる形で日本株も上げています。このような中で迎えた2020年はどのようなチャートが描かれるのか楽しみで仕方ありません。4年に1度のお祭り。米国大統領選挙も控えていますしね!トラリピで大きなお金を動かしている私としては荒れる展開を期待したいところですが(笑)さて、そんな2020年の始まりですが、とても重要なことを忘れていませんか???4年に1度のオリンピック!!ではなく、半減期!!です。ビットコインの半減期まであと5ヶ月ビットコインは4年に1度の周期で半減期を迎えるように設計されています。予定では2020/5/11になりそうです。半減期を迎えるとマイニングによってもらえるBTCの数量が半分になるので需要と供給のバランスから価格が上がる傾向があります。果たして結果はどうなるのでしょうか?最近、コインテレグラフは以下の記事を出しています 仮想通貨ビットコイン、半減期前にガチホ傾向が鮮明に?【ニュース】https://t.co/Ih GPDG5jla— コインテレグラフ日本版(Cointelegraph Japan) (@Jp Cointelegraph) December 30, 2019記事中の一部を掲載します。ブロックチェーン分析家のウィリー・ウー氏は、ビットコインは弱気相場ではなく「強気相場の蓄積フェーズの再来」と分析。2018年は6000ドルの水準を守る動きが組織的に行われていなかったが、今回は違うという見方を示した。Are we in a $BTC bear market?

ビットコイン、3度目の半減期を迎える CoinDesk Japan ...

ビットコイン 半減期

ビットコインが3度目の半減期を迎えた。4年に一度、2020年の暗号資産(仮想通貨)業界で最も期待されていたイベントがついに実現した。 日本時間5月12日午前4時23分 ビットコインは協定世界時(UTC)5月11日19時23分(日本時間12日午前4時23分)に63万ブロックに達し、プログラムされていた半減 ... No, we are in the re-accumulation phase of a bull market.

【保存版】ビットコインの半減期とは?2016年、2020年の半減期前後の...

ビットコイン 半減期

日本時間5月12日4時23分にビットコインは630,000個目のブロック生成をし、半減期を迎えました \ビットコインが3度目の半減期を記録/ 2020/5/12 4:23(日本時間)にブロック高が630,000に到達!約4年ぶりに新規発行されるbtcが12.5btc→6.25btcに半減! pic.twitter.com/Oc Myx A4EIY— Willy Woo (@woonomic) December 28, 2019投資家のアリスター・ミルン氏も、ガチホを示すデータを指摘した。同氏によると、過去6ヶ月以上の間で70%近くのビットコインが動かなかった。前回こうした状況が起きたのは、2016年の半減期近くだったという。一方でブルームバーグはこのような皮肉な記事を書いています。なんともブルームバーグらしいです(笑)ビットコイン信奉者、桁外れの上昇信じて来年の半減期に願いかける https://t.co/pjm8GKz KP6 pic.twitter.com/55XWQLIHr6— ブルームバーグニュース日本語版 (@Bloomberg Japan) December 31, 2019当然ながら2回のサンプルでは統計として不十分であり、当時は半減期だけでなく、メディアの絶え間ない報道もビットコイン熱狂の一因となった。単純に供給だけ見て相場の予測は不可能であり、需要は近年かなり落ちているようだ。いやー。4年前と今ではビットコインの認知度や取引している人の数が桁違いに変わってきているのでどうでしょうかね。ビットコインの年始と年末の価格を10年分調べた結果・・。数字しか信用しない私は気になったのでビットコインの歴史をお正月に紐解いてみました。こちらのサイトがわかりやすかったので引用させてもらいました。チャートだけでなく、ビットコインの歴史も時系列で細かく書かれているので面白いです。未来を見通すには過去を知ることが大切です。で、このチャートを利用して2010年〜2019年までの年始1月と年末12月の価格を比較してみました 10回のうち8回は年始より上がっています。過去10年間の平均倍率ですが、二桁の爆上げを除いた控えめなデータだと2.7倍年始より年末が上がっているという結果になりました。単純に2020年の年始のビットコインの価格77万円に2.7倍をかけると208万円という結果になります(笑)つまりお正月に100万円買って気絶して年末を迎えれば270万円になっている計算ですね。うーん。ただ数字を当てはめただけなんですけど嘘みたいな話ですね!でも事実です。2019年の主要な資産クラスで最も上げたのは米国株ではなく、ビットコインだったということも事実です。多くの人はそのイメージを持っていないと思いますが 2019年12月24日【比較】2019年増えた資産はどれ?100万円を米国株や不動産、米ドル、米国債に投じた場合。

ビットコイン「半減期」コロナ禍が価格に影響も ロイター 東洋経済...

ビットコイン 半減期

ビットコインが最初の半減期を迎えたのは2012年11月で、報酬額は50コインから25コインに減少。 2回目は2016年7月で12.5コインに減少した。 見落としてはいけない世界の動きここからは私が最近注目しているビットコイン絡みの世界のニュースを紹介していきたいと思います。ドイツすげぇなドイツの全銀行が来年1月1日から仮想通貨の売買と保管サービス開始へ | Coin Choice https://t.co/JFEpx SIXe6— 新年の拓🚤 (@kawasenot) December 31, 2019ドイツの大連立政権は2020年以降、世界を先駆けてすべての銀行で暗号資産(仮想通貨)と法定通貨の交換(売買)と保管サービスを開始する道を開く法律を制定しました。新法によって「暗号資産の価値」が初めて明確に定義されます。米国最大手の取引所coinbaseがビットコインをメールアドレスで送金できる特許を取得したことも利便性を考えると注目度が高いです。【メアドでビットコイン送金】 これは面白いですね。これくらい単純でないと使われないですし、ほとんどの人が27桁以上の送金アドレス見て嫌悪感抱くと思うから😆 Googleアカウントに仮想通貨送金とか来そうですね😎https://t.co/am V647E4v6— ツインズナオキ (@twins_naoki) December 20, 2019仮想通貨ウォレットのアドレスに紐づいたメールアドレスにビットコインを送金することができる技術だ。ユーザーに手数料は課さず、送金に必要な手数料はコインベースが負担するという。また、国家としてブロックチェーン技術の推進に舵を切ることを表明した中国でも2020年1月1日より暗号法が施行されました。中国、暗号法を正式に施行 ブロックチェーンやデジタル人民元で法的基盤https://t.co/Vd9I5d Vyi L2019年仮想通貨やブロックチェーンで再び揺れた中国で、暗号法(密码法)が正式に施行された。ブロックチェーン技術の促進やデジタル人民元にも法的基盤を提供するものとなる。— Coin Post -仮想通貨情報サイト- (@coin_post) January 2, 2020また日本でも今年の4月1日に改正資金決済法が施行されることも見逃してはいけません。「暗号資産」の改正資金決済法が成立、来年4月施行へ|仮想通貨から呼称変更https://t.co/XW63tql Wt Rビットコインなど仮想通貨に関する規制強化策を盛り込んだ改正資金決済法と金融商品取引法が参院本会議で可決、法案が成立した。株式市場同様、相場操縦行為や風説の流布が明確に規制される。— Coin Post -仮想通貨情報サイト- (@coin_post) May 31, 2019顧客の仮想通貨をコールドウォレットなどで管理し、ハッキングのリスクがあるオンライン上で管理する顧客の仮想通貨について、「弁済原資の確保」を義務付けることが盛り込まれています。これによって私たち個人投資家が過去にコインチェックで起こったXEM流出事件などのハッキング被害を心配する必要がなくなり、安心して投資できる環境が整います。雑感。革新的な技術革新を人々は理解できない。人間は自身の経験に基づいて物事を判断します。やったことがないもの、利用したことがないものには懐疑的です。でも一人が使い出すと連鎖的に使います。例えばインターネットがそうでした。誰がテレビや雑誌以外で情報収集する時代を予見できたでしょうか??24年前。