• 記事: 27081
  • 質問に対する回答: 27912
  • コメント: 19005
  • 準備ができて答え: 26554

テニス フットワーク

【テニスの基本】フットワークの仕方と動き出しのコツ テニスナビ テニスのグランドストロークで、横に動いて打った後のリカバリーフットワーク | こんなにテニス

テニス フットワーク

テニスは1球ごとに動いて打球をするスポーツですので、 フットワーク は非常に重要となります。 球出しでいくら良いボールを打てていてもラリーなどで動かされた際に球出しのように打つことができないという方はフットワークに原因があるかもしれません。 こんにちは、リョウジです! グランドストロークで横に動いて打った後、次のボールに備えるためのポジションに戻ること(リカバリー)が大切です。 リカバリーのフットワークは、戻る距離に応じて2種類あります。 【戻る距離が短い】サイドステップ 【戻る距離が長い】クロスオーバーステップ + サイドステップ 【戻る距離が短い】サイドステップ 打った後、次のポジションに移動する距離が短い場合、サイドステップを使って、素早く戻ります。 サイドステップを使えば、打ったボールの方向に身体を向けて、相手の状況やボールを確認しながら戻れます。 相手が打つ前には、すぐに止まってスプリットステップも行えます。 グランドストロークでは、よく使うリカバリーフットワークです。 サイドステップを使うときの注意点 サイドステップでは、スタンスを広くとり、両足が近づきすぎないように細かく動きます。 そうすると、重心を落とすことができます。 バランスを崩したり、足首をひねるのを防ぐ効果があります。 スクウェアスタンスやクローズドスタンスで打った場合 スクウェアスタンスやクローズドスタンスで打った場合、打った後スイングの勢いを利用しながら、後ろにある足を横に出します。 身体は正面向きになり、横に出した足を内側の足に寄せて、サイドステップを開始します。 横に出した足を内側の足に寄せるときは、足裏内側(インエッジ)に力を入れます。 よくある間違いの動きは、スイングと同時に後ろの足が横に出てしまうことです。 打ちながら戻ることを意識するとこの動きになるので、「打つ」と「戻る」を分けて行うようにします。 あくまでも打った後に、身体が回転した勢いを利用して、後ろ足を横に出します。 オープンスタンスやセミオープンスタンスで打った場合 オープンスタンスやセミオープンスタンスで打った場合は簡単です。 そのまま外側にある足を内側の足に寄せて、サイドステップを開始するだけです。 スクウェアスタンスやクローズドスタンスで打った場合と比べて、1動作少なくサイドステップを開始できます。 これがオープンスタンスやセミオープンスタンスの強みの1つです。 【戻る距離が長い】クロスオーバーステップ + サイドステップ 打った後、次のポジションに移動する距離が長い場合、クロスオーバーステップ + サイドステップを使って、素早くリカバリーします。 クロスオーバーステップとは、外側にある足を内側にある足の前をクロスさせるステップです。 過去のリョウジ 次のポジションに移動する距離が長い場合、サイドステップだけで戻ると、歩数が多くなり、時間もかかります。 クロスオーバーステップを最初に大きく入れることで、その後のサイドステップの歩数は減り、短い時間でリカバリーできます。 最終的にサイドステップを使うことで、相手が打つ前には止まって、スプリットステップも行えます。 横方向に長い距離を走らされて、長い距離をリカバリーする必要がある、シングルスの必須フットワークです。 クロスオーバーステップを使うときの注意点 クロスオーバーステップを使うときは、足をクロスさせるだけではなく、骨盤をリカバリーする方向に向けて歩幅を大きくとります。 クロスオーバーステップをイメージしにくい場合は、打った後単純にリカバリーしたい方向に走ってみてください。 大きな歩幅で走った後、サイドステップに切りかえて戻ります。 簡単な言葉で置きかえるとこんな感じです。 難しく考える必要はありません。 そうすると、自然と骨盤がリカバリーする方向に向き、外側の足を蹴って戻るはずです。 スクウェアスタンスやクローズドスタンスで打った場合 スクウェアスタンスやクローズドスタンスで打った場合、打った後スイングの勢いを利用しながら、後ろにある足を横に出します。 この時点では、まだ骨盤は正面を向いています。 内側の足の膝をリカバリーする方向に向くように踏みかえて、骨盤と外側の足の膝をリカバリーする方向に向けます。 外側の足の裏を外に向けて、クロスオーバーステップを行います。 ちょっと複雑かもしれません。 オープンスタンスやセミオープンスタンスで打った場合 オープンスタンスやセミオープンスタンスで打った場合、身体が十分に回転して骨盤がリカバリーする方向まで向いていれば簡単です。(フォアハンドストロークで打つときに多いです。) そのまま外側にある足をクロスオーバーするだけです。 軸足に重心が乗ったまま、骨盤がリカバリーする方向まで回らない場合は、1動作多くなります。(例えば、片手打ちバックハンドストロークを打つ場合。) 内側の足の膝をリカバリーする方向近く(完全にリカバリーする方向に向く必要はありません。)に踏み変えて、骨盤と外側の足の膝をリカバリーする方向近くに向けます。 外側の足の裏を外に向けて、クロスオーバーステップを行います。 最後に… リカバリーのフットワークは、球出しで練習することが多いです。 もし、フットワークがうまくできない場合は、ボールなしのシャドウスイングで練習するのがオススメです。 ゆっくりフットワークを確認しながら練習することができます。 テニスコートで行えば、実戦をイメージしやすくなります。 リカバリーフットワークのシャドウスイングは、スピードを上げて行えば、かなりハードなトレーニングとしても使えます。

テニスのフットワークを強化するトレーニングメニュー5選【コーチ監修... 【テニス】ジュニアがフットワークを良くするトレーニングとは? | テニログ

テニス フットワーク

テニスで重要となるのがフットワークです。フットワークは苦手という方でも、プロのように足腰をハードに鍛えずとも、フットワークの技術を覚えることで1歩も2歩も早く動くことができます。ここではテニスのフットワークを強化するトレーニングメニューを5つご紹介しています。 2018.11.13 2016.11.29 乱暴な言い方ですが、フットワークなんてものは練習を積み重ねていくうちに身に付くものだと思っています。 スプリットステップ、クロスステップが自然に出来て、常に足を動かしてポジショニング出来るようになれば、だいたいのボールには対応できるようになるかと。 ただ、ジュニアの子はボールに注目しすぎてフットワークがおろそかになってしまうことも多々あるので、しっかり足の動かし方を教えてあげたいですよね? でも、口頭で教えるだけだとつまらないですから、どうにかして練習の中にフットワークの練習を取り入れたいものです。いったいどんな練習をすればフットワークが上達するでしょうか? ジュニア向けフットワーク練習はスクールに学ぼう! テニスにおいて、あんまりジュニア向けの本や教材を見ることはありません。だから、テニススクールに通わせる人も多いと思います。 テニススクールの中にはジュニアを強化するためのプログラムを用意していて、本当に良い練習をさせてくれるところもありますが、通い続けるには費用がかかります。 なので、DVDを見て勉強してみてはどうでしょう?ジュニア向けDVDに『テニス・ジュニア選手育成プログラム』がありますが、練習方法がジュニア向けで工夫されていて、自分に子供ができたらやらせたいものが多く収録されていました。 特に良いと思ったのが、ジュニアが後ろ向きに座った状態から球出しをして、素早い判断とフットワークでボールを打ち込ませる練習方法です。 ボールとの距離感や、判断力、フットワークがいかに大切かを練習を通して理解できるので、口頭でフットワークを教えるよりもためになると思いました。 公式サイトテニス・ジュニア選手育成プログラム【ミナミグリーンテニスクラブ監修】 フットワークを上達させるには、振り回し練習のように何度も連続でボールを打たせることが大事だと思いますが、一工夫で判断力まで養うことができるのだと知ることが出来ました。 一番はジュニア育成の実績があるテニススクールに通わせることが上達への近道になると思っていますが、それが出来ないようなら、DVDなどの媒体を通してジュニアに特化した練習方法を学ぶのもいいなと思います。

テニスのフットワーク:良いフットワークとはどうい事か? - Raccoon'... テニススクールの中級からフットワークの基本を練習する! | お役立ち情報研究所

テニス フットワーク

こんにちは、Raccoonです。 フットワークはテニスの上達には欠かせない要素。 スイングの良し悪し以前に、良い位置までキチンと動けなければ、ボールをしっかりと打つことは不可能です。 自分もジュニアの時は、ラダーやスパイダーランなどのフットワークドリルをたくさんやりました ... テニス 2019.12.25 2019.03.15 テニススクールで週に1回レッスンを受けている人も、何年も継続していると初心、初級、中級と順調にレベルアップするでしょう。しかし、中級のクラスで何年もレッスンを受けているのに、いつまで経っても上級になれないと悩んでいる人もいるでしょう。その原因はフットワークかもしれません。以下に紹介します。 スポンサードリンク 注目!! ▼その他のテニス上達のコツについてはこちら▼ テニスが上達するコツを伝授!上手くなりたい人は必見! テニススクールの中級からフットワークの基本ができていない? テニススクールでは、レベルごとに習得すべきスキルが設定されています。中級レベルになると、スピン、スライスなどのボールの回転をある程度かけて、打ち分けられるように練習します。これらをコーチの球出しの時にはそれなりに打てるようになっても、試合形式の練習になると上手く打てない人も多いでしょう。ネットしてしまったり、バックアウトしてしまったりして、ラリーもあまり続かないかもしれません。もしかしたら、ボレストの練習でも、あまりラリーが続かずにすぐに途切れてしまうかもしれません。 それに比べると上級レベルの人はショットが安定していて、ラリーも続きます。もちろんナイスショットが決まって、そこでラリーが終わることはありますが、アンフォーストエラーで終わることは少ないようです。 中級レベルの人と上級レベルの人を見比べるとすぐに分かるのですが、スプリットステップを含めたフットワークにかなりの差があります。上級レベルの人は必ずスプリットステップをし、素早くフットワークを使って動き、自分の打点で打ち、その後に元のポジションあるいは次のポジションに移動します。中級レベルの人はスプリットステップをしていませんし、慌ててボールを追ってドタバタ動きますし、早く軸足の位置を決めてしまって、必ずしも自分の打点で打てていません。打った後もその場で止まってしまい、元のポジションあるいは次のポジションに移動していません。これではラリーが続かなくても無理はないでしょう。 まずは自分の動き・フットワークを自分でチェックして、何ができていて、何ができていないのかを確認してみましょう。 テニススクールの中級からフットワークの基本を練習する! テニススクールの中級レベルの人は、まずスプリットステップを必ずするように徹底しましょう。相手の動きをよく見て、相手がボールを打つ瞬間に着地するようなタイミングでスプリットステップをします。ボールが自分のフォア側に来るのか、それともバック側に来るのか、さらには短いのか、ベースラインギリギリの深いボールなのかを判断し、着地と同時に動くべき方向へ動き始めます。スプリットステップをしっかりやるだけで、ボールを打ち返せる確率が上がるはずです。 次にサイドステップ、クロスステップ、バックステップ、スプリットステップなどの基本的なフットワークを意識して行いましょう。クレーコートなどではこれにスライドステップが加わります。ハードコートなどの滑り難いサーフェイスでは、危険ですのでスライドステップは止めましょう。 さらにフットワークを使ってボールに近づいて行き、後ろ足の位置を決めてスイングを開始します。中級と上級の差もこの瞬間に出やすいです。上級は球際で細かく足を動かして、ギリギリまでボールの軌道を観察し、理想的な打点でボールを捉えられるように後ろ足の位置を決めます。中級は、早く後ろ足の位置を決めてしまって、打点が理想的なポイントからずれてしまい、身体が前後に泳いでボールを打ってしまうことが多くなります。 通常は後ろ足を決めるステップでタイミングを取ることが多く、この動きが非常に大切です。 横方向の比較的遠いボールは、走って行って、かなりスピードが出た状態で打点に入り、ボールを打ってから元のホームポジションに戻らなければなりません。後ろ足を決めた時に止まれれば問題ないですが、スピードが出ていて止まれない場合には、パワーステップやモーグルなどのフットワークがありますので、練習すると良いでしょう。 前進して打つ時もフォア側のフロントフットホップやバック側のキャリオカステップなどがあります。このようなフットワークを知らないのと、その存在を知ってとりあえず練習してみるのとでは大きな差となります。これらの動きをインプットしておけば、使いやすい状況というものがあるからです。これらのフットワークの存在を知らなければ、永遠に意図的には使えません。 スポンサードリンク テニススクールの中級からプロのフットワークを見る テニスの基本的なフットワークを確認したら、次はトッププロのフットワークを動画で見てみましょう。私はバックハンドが片手ですので、フェデラーの動画をよく見ています。試合だけではなく、練習動画なども非常に参考になります。 トッププロがスプリットステップをしていないということはまず有り得ませんし、非常に重要な基本であることが改めてよく分かります。またボールに対してどのようなフットワークを使って打点に入っているのかを、フットワークのみに注目して見てみると良いでしょう。足の動かし方だけでなく、後ろ足を決めるステップとテイクバック、スイングのリズムも大変参考になります。 トッププロのスピードの速さを実感できると思います。それをじっくり見ただけでも、自分の身体の動きが速くなりそうですね。 まとめ 中級から上級に昇格するための大きな壁はフットワークです。逆に言えば、フットワークを練習することで、上級に近づくはずです。頑張って練習しましょう! テニスでは素早く動くだけではなく、ボールを打つ瞬間までの「球際」が重要です。こちらの記事「テニススクールの中級から球際に強くなる方法」で紹介しています。

テニス フットワーク 鍛え方 テニス オムニ、クレーでのスライドフットワークのコツ | テニス上達Note

テニス フットワーク

テニス フットワーク 鍛え方関連ページ テニスのフットワーク:クロスステップ 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます! テニス オムニ、クレーでのスライドフットワークのコツ テニスコートも様々な種類がありますが、オムニコート、クレーコートで必須となるのがスライドフットワークです。 スライドフットワークは守備力が上がる重要な技術。単純に守備力が上がるだけでなく、細かいフットワークが減るため足の負担も減るという大きなメリットがあります。 今回はスライドフットワークのコツについて書きたいと思います。が、その前に 先に言っておきますが、ハードコートではやらないほうが無難です。 理由はハードコートははるかにスライドさせづらく捻挫等のリスクが伴うからです。 ジョコビッチはハードコードでもスライドフットワークをやりますが、足の関節が柔らかい故にできることなので真似しないで下さいね! スポンサーリンク スライドフットワークのコツ スライドフットワークの基本についてです。 まずスライドフットワークは遠いボールに対して追いつくための手段です。 従って、ボールを走りながら追いかけている状態からスライドフットワークに移行します。 また、クローズドスタンスですと突っかかって上手くスライドできないので基本はオープンスタンスです。 ポイントとなるのは最後の踏み込んだ足。(フォア側ならば右足) ずばり、コツは走った最後の足を大股に踏み込んで体重を乗せると上手くスライドしてくれるはずです。 そもそも走りながら追いつこうとしているのでないと思いますが、小股でステップしてしまうとエネルギーが小さく上手くスライドできません。 イメージとしては最後の足を強調して大股にするようにすると良いでしょう。 足は無理に踏ん張らなければ勝手に滑ってくれるはずです。 また、止まりたいときは母指球を意識すると上手くとまります。テニスシューズは母指球を中心に滑り止めがついています。 ボールはスライドしながら打ち、打った後に踏ん張って切り返しをする。最小限の労力でボールを拾いに行けることができます。 ちなみに慣れてくると、前方向にもスライドフットワークが使えるようになります。 その場合はかかとを前向きではなくカカトを横向きにしてやると横方向と同じイメージでスライドできると思います。 前方向のスライドフットワークのあり、なしではドロップショットの拾いやすさというのは全く違うので、是非覚えましょう。

【テニスのフットワーク】軸足セット位置の重要性【状況別】 テニスダブルス戦術・フットワーク編! | MIXダブルスで優勝した夫婦が教える!試合に勝つ秘訣

テニス フットワーク

テニスでフットワークが良いというと、「コートカバーリングの良さ」というイメージが強かったのですが、先日の練習で「打点への入り方」もフットワークの良さ、という超基本的な内容に気づきが・・ 特に、 がハマると、ミスる気がしないと言うか、何か入るような「安心感」を持って ... 2018年8月22日 1553PV こんにちは、ケンです。 さて今回は、テニスダブルス戦術・フットワーク編 ついて、解説します。 テニスのダブルスにおいて、スイングに必要な いろいろな要素の中で、最も大切なのがフット ワークです。 ボールの飛んでくる方向に身体を移動させ、 その位置で正しいスイングを行うためには、 結局足が必要になってきます。 これがフットワークです。 わたしたちは、フットワークについて考え、 研究し、試合に勝つ事ができました。 是非、下記を参考にして試合に挑んでください。 重心移動は打球方向 ①レールの役目 テニスはダブルス、シングルスに関わらず、 フットワークは重心移動の際には絶対に 必要で、ボールを打つまでのレールの 役目をします。 ケン フットワークはボールを打つまでのレールの役目!足数を常に多くする事を心がけよう。 そのレールが曲がっていたり、正しい 方向に向いていなければ、スイング する時、正しい重心の移動も出来なく なってしまいます。 重心の移動は、基本的に打球方向に 向かって行われます。 ラム 重心の移動は打球方向ですヨ!意識してボールを打ってネ ②足の運び フットワークとは、第1に正しい打点で ボールを打てるように体を運ぶ事であり、 第2に正しい重心の移動を行わせる事 が最大の目的です。

テニスのトレーニングメニュー10選!フットワークを鍛えて基礎力UP! ストロークのフットワーク徹底解説! | ソフトテニス上達まとめ

テニス フットワーク

テニスを上達させたいあなたへのおすすめ、それは筋力アップ。フットワークを鍛えるメニューから、体幹トレーニングにも使われる基礎の筋トレまで、これを読めばあなたの放つボールは、もっと力強くなるはず。 フットワークは、ただ早く走ってボールに 到達するだけでなく、最終時点で正しい 重心の移動を行わせるだけの余裕を考え てできるかという事です。 ケン ただ早く走るだけではダメ。重心移動を行わせる余裕がなければ! とはいえ、実際はなかなか上手くでき ません。 要はフットワークの最後の調節をいか に上手くできるかです。 初級者のテニスは、ボールに突っ込み 過ぎたり、ボールを遠くで取り過ぎたり しますが、これはフットワークの調節が 上手くできないからです。 ラム ③単純なフットワークの調節 単純なフットワークの調節は、いかに 大股で走ったとしても、最後の段階 では、できるだけ小さい歩幅で走る 事です。 ケン そして、横の動きには必ずサイド ステップをするようにします。 フォアハンドストロークの場合、 横の動きに普通のフットワークを したのではボールを打つ時点で 完全なクローズドスタンスになって しまいます。 クローズドスタンスは、初中級者が 最も犯しやすいミスです。 一見華麗なフォームに見えますが、 重心の移動が不可能に近いので、 良くないフォームです。 ラム 華麗なフォームに見えるクローズドスタンスは良くないのダ! バックハンドの場合は、重心の移動に より軸足一本を中心とした回転いよる 打球になるため、クローズドスタンスが 多いです。 フォアハンドに関しては、クローズド スタンスより、オープンスタンスの ほうが、一歩打球方向に踏み込める 余裕があるので望ましいです。 ④軸足の調節 軸足は重心移動の原点となるもので、 これを決めるのは十分注意が必要 です。 軸足には全体重がかかります。 フォアハンドは、右利きの人は右足 一本で、左利きの人は、左足一本で それぞれテークバックを終え、この フォームから狙う方向にもう片方の 足を踏み出せば重心の移動は完全 といえます。 要するに軸足の位置が決まれば、 あとは自然に完璧なスイングが 生まれるという事になります。 ケン 軸足の位置が決まれば、自然に完璧なスイングが生まれるヨ! 一般に「カカトは地面に付けてはダメ」と よく言われていますが、これは誤りです。 構えとダッシュの時は、当然ツマ先で 立って走らなければなりません。 但し、ボールを打つ時点で軸足を決める 時、そしてもう一方の足を踏み込む時は、 必ずカカトからです。 ラム ボールを打つ時は必ず、カカトからの踏み込みを意識してネ! カカトから徐々にツマ先を地面に付けて いけば、必ず重心の移動はスムーズに 行われるはずです。 これがフットワークのコツです。 バランスはもう一方の手の動きが大切 正しいスイングを身に付けるためには バランスが大切です。 ラケットを持った手が完璧なスイングを 形づくったとしても、実戦では身体の バランスが崩れやすいものです。 ケン もう一方の手が遊ばないよう、バランスの とれたフォームを身に付けるようにします。 ラム バランスのとれたフォームを身に付けるようにしてネ! ①左右の手の動き 右利きプレーヤーの場合、フォアハンド ストロークやバックハンドストロークなど、 横のスイングの時は、左右に対称的に 動き、サーブやスマッシュなど、縦の スイングの時は、上下に左右両手が 対称の位置にあるはずです。

テニスに絶対必要なフットワークを向上させる!たった3つの練習方法 テニス ストロークのフットワークはリズムで打つ | てんぴすのブログ

テニス フットワーク

テニスに必要なフットワークの 練習方法になります。 フットワークが良いと言われる選手は、 足の回転が速く、歩数が多いように思います。 ボールに対して、 良い位置に移動することの大切さを 理解しているからこその 動きの良さですよね。 ただし、フォアハンドストロークのテーク バックの最初の部分とフォロースルーの時、 バックハンドのテークバックの時、あるいは サーブのトスの時などは、ラケットを支える ためと肩を十分に回すため、左右対称に ならない場合もあります。 早くリズム感をつかむ ①リズムとタイミング 初心者がボールを打ってみて初めて 感じるのは、タイミングが合わない事 です。 それはボールが飛んできてバウンドし、 それを打つまでのリズムと、自分の テークバックからフォロースルーまで のリズムが一致しないからです。 ボールのくるリズムと自分のスイングの リズムを覚えれば、気持ちよくラリーが できるようになります。 ケン 上級者のラリーを見ると必ず一定のリズム があり、それが不思議と狂いません。 ラム ②リズムの作り方 ボールの持つリズムとは、相手の打球音と バウンドの音、そして自分の打球音が作り ます。 自分のスイングにおいてリズムを作るのは 軸足を決めた時、テークバックの最後、 そしてインパクトの時です。 自分のリズムを頭の中で描く時は、 必ず「イチ・ニ・サン」と口ずさみながら ボールを打つようにすれば、タイミング の取り方を早くマスターできるように なります。 相手のボールをにらむ ダブルステニスやシングルステニスが どんなに上手くなっても、よくボール を見て打っているかどうかを必ず チェックする必要があります。 ケン これは、おろそかにする傾向があり、 打った先が気になって、ついボールの 行方を見てしまいます。 はやる気持ちを抑えて、落ち着いて 飛んでくるボールのネームやスジなど を見るくらいのつもりでボールをにらみ つける事が望ましいです。 ラム ①相手が左利きの場合 ほとんどのプレーヤーが右利きなので、 右利きのプレーヤーの回転に慣れ、 これが普通のボールの回転と思い 込んでいる場合が多いです。 ドライブやスライスの上下の回転に それほど驚かなくても、左右の回転、 とくに左利きのプレーヤーの慣れない 回転ほどやりにくいものはありません。 ケン 左利きプレーヤーのボールの回転に慣れるしかないよ! サウスポー対策について、関連記事 でも書いていますように、左利きと 対戦してまず気づく事は、サービスの レシーブをした時に思っていたところ よりもボールが移動する事です。

テニスのフットワークトレーニング方法〜フットワークの重要性につい... テニスが上手くなるには5つのコツがある!初心者が知りたい上達方法とは? - Activeる!

テニス フットワーク

テニスのフットワークトレーニング方法〜フットワークの重要性について考えてみた 2019-06-15 ryomei トッププロの試合動画を見るとボールのスピードや華麗なスイングに目を奪われて、振り方の研究や練習がメインになってしまいがちです。 左利きのプレーヤーと対戦する時の レシーブは、バックハンドでレシーブ する事を意識し、サーブが右から左 (自分から見て)に入ってくる事を予測 しておく事が必要です。 ラム 左利きプレーヤーのサービスは、サーブが右から左に入ってくる予測と、バックハンドでレシーブする事を意識してネ! ②ドライブボールをボレーする時 普通のグランドストロークの場合、 バウンドと同時にボールの回転は 半減するので、そんなに問題は ありませんが、ボレーの場合は 相手のボール回転がそのまま生 きています。

ストロークを打つ前のフットワーク(基本編) LifeWorkを見つける フットワークが向上するとテニスが強くなる。 | テニスナビ

テニス フットワーク

ストロークの基礎となるフットワーク。 ほとんどのテニススクールでこの動きを反復練習しないが、非常に大事な基本だ。 これができるだけでパワーもコントロールも格段によくなる。 打つ前に必ずボールの後ろに足を入れることが大切だ。 ケン そこで打とうとする瞬間にボールは ドロップして打点は前になり、身体が 泳いでしまします。 その上、ラケットに当てたとしても ボールの回転がラケットの面上で 反応し、ボールが浮いてしまいます。 こういう時は、一歩前に踏み込み 十分にボールをひきつけてボレー するしかありません。