• 記事: 19281
  • 質問に対する回答: 29681
  • コメント: 27773
  • 準備ができて答え: 19330

ガンダムg40

遂に解禁!機動戦士ガンダム40周年記念“G40プロジェクト”スペシャルム... GUNDAM 40th×LDH JAPAN 境界なきコラボレーション

ガンダムg40

HG 1/144 ガンダムG40(Industrial Design Ver.) 「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」の一環として、工業デザイナー奥山清行氏が率いるKEN OKUYAMA DESIGNが、アニメから本物へをテーマに工業デザイン視点で設計したガンダムを、ガンプラにて立体化されています。 さて、今回は年末の目玉キットである、「HG ガンダムG40 (Industrial Design Ver.)」を作製したいと思います。 ということで写真は「HG ガンダムG40」のパッケージです。 このキットですが、ガンプラ生誕40周年ということで、黒にシルバーで「G40」とかなり特徴的なパッケージとなっています。 写真はパッケージを斜め上から見たところです。 ここは、説明文や写真などが掲載されていますが... その他の面には「G40」がデカデカと印刷されています。 写真は箱を開けたところです。 箱からランナーを取り出すと、中には取説が入っています。 この取説を取り出すと... さらに、穴の空いた台紙があって、そこからまたもや「G40」の文字が見えています。 そして、この台紙をはずしてみると... 中には何やら冊子のようなものが同梱されています。 この冊子は、特製アートブックでフルカラーのかなり豪華な作りになっています。 ちなみにですが、取説の部品価格表には「特製アートブックは部品通販対象外です」とあり2度と手に入らないようなので、大事にしましょうね。 それはさておき、早速ランナーをチェックしてみましょう! ということで、写真は「HG ガンダムG40」の全てのランナーです。 と、パッケージは豪華でしたが意外と、ランナー数は普通です。 写真は多色成形のAランナーです。 このランナーは... 当然ですが「HG ガンダム G40」というタグが付いています。 写真はAランナーのアップです。 うーむ、こうして見ると細かな穴の空いたパーツがやけに多いですね。 写真は白いBランナーです。 このランナーも... 下の腰部のパーツなど、穴あきが多いです。 こちらはグレーのB2ランナーです。 このランナーはマニピュレータがセットされていますが、指がかなり細い印象です。 写真は白いCランナーです。このランナーは同じものが2枚付いています。 最後はサーベルとシールです。 シールはカメラアイが黄色とピンクの2種が付属していますが、やはりここはアニメカラーの黄色を選ぶ人が多いのでしょうね。 さて、この「HG ガンダムG40」ですが、実店舗で品切れ状態になっているところが多いらしく、入手までに紆余曲折がありました。 発売当日の夕方に、いつもの家電量販店に行くと「完売しました」と書かれており、さらに数件ハシゴしてもどこも売り切れ状態...。これはもう手に入らないのかと思いきや、日曜日に立ち寄った近所のスーパーのおもちゃ売り場で、ミニ四駆の横に置いてあるのを発見し、無事Getできた次第です。 この手の記念キットは、再出荷されるかも分からないため、バンダイさんには十分な量を供給してもらいたいものですね。 【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten 】 さて、今日から「HG ガンダムG40 (Industrial Design Ver.)」の作製開始です。 写真は「HG ガンダムG40」の足先のパーツです。 HGながら片足でパーツが15個も使われているのは、なかなかスゴいですね...。 ということで、これらのパーツを組み立てると... 写真の足先となります。 うーむ、アンクルアーマーなど、普通のガンダムとは形状が随分と違いますね。 足首は球体関節となっているので、写真のように自由に角度を変えることができます。 写真は足先を横から見たところです。 この状態から... 足の裏が写真のように3分割で可動します。 また、アンクルアーマーの先端も、写真のように可動します。 写真は「HG ガンダムG40」の足の裏側です。 足の裏側には3箇所にバーニアが内蔵されています。 写真は足の裏を可動させたところです。 今のところ「HG ガンダムG40」は、RGと遜色ないレベルになってますね。 【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten 】 今日は「HG ガンダムG40 (Industrial Design Ver.)」の脚部の組み立てを行いました。 写真は「HG ガンダムG40」の脚部のパーツです。 こちらも足先と同様に、片脚でパーツが15個使われています。 ということで、これらのパーツを組み立てると... 写真の脚部となります。 うーむ、脚部もオリジナルのガンダムとは結構変わってますね。 写真は脚部を横から見たところです。 さて、気になるヒザの可動はというと... 写真のようにほぼ180度曲がります。 と、ヒザの形状が円になっているのは、かなり斬新ですね。 (今までは、基本的に直線でした。) 写真は脚の内部構造です。 この状態から... ヒザを曲げると写真の状態となります。 さらに... スネのパーツが写真のように回転する機構も内蔵されています。 こんなところが、斜めに可動するキットは始めて見たような気がします。 そして、このキットにはもう一つ意外なところに可動箇所があります。 写真では分かりにくいですが、ここから... なんと、こんなところが写真の方向に曲がります。 さて、脚部を足先とドッキングすると... こんなカンジになりました! まだ脚部だけですが、ポーズを付けてみました。 細かな部分を見ると、通常のガンダムとかなり違いますが、全体的なフォルムはちゃんとガンダムのように見えるのは何とも不思議な気がしますね。 【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten 】 今日は「HG ガンダムG40 (Industrial Design Ver.)」の腰部の組み立てを行いました。 写真は「HG ガンダムG40」の腰部です。 腰部は丸みを帯びた形状になっていますが、見た目は割と普通にガンダムです。 (V字マークはシールで再現となっています。) 写真は腰部を横から見たところです。 これを見るとフロント、サイド、リアアーマーはしっかりと一体化しています。 写真は腰部を後ろから見たところです。 中央には、武器のマウント用のディテールが見えますが、ここはモールドで再現されています。 さて、写真は腰部の各アーマーを外したところです。 写真は各アーマーの裏側です。 これを見ると、各アーマーは固定ではめ込む仕様になっていて、全アーマーが固定式となっています。 さて、この腰部で目玉となるのが写真の股関節のパーツです。 ここは写真の状態から... 股関節の軸が写真のように、ミゾに沿って可動します。 ここまでは、MGやRGなどでよく見かける機構ですが... さらにもう1段階、写真のように可動する機構が追加されています。 うーむ、股関節で2段階に可動する仕組みは、初めてみたような気がします。 ということで、腰部に脚部をドッキングすると... こんなカンジになりました! 写真は腰部を横から見たところです。 先程の股関節の可動を使用すると... 何と脚の付け根部分を写真のように、下に引き出すことができます。 そして、大腿部の可動も駆使すると、写真のように脚を前に大きく踏み出すことができます。 さらに... 正座もできてしまったりします。 腰部のアーマーが固定式にもかかわらず、ここまで脚が動くのはなかなかスゴいですね! 【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten 】 今日は「HG ガンダムG40 (Industrial Design Ver.)」の胸部の組み立てを行いました。 写真は「HG ガンダムG40」の胸部です。 胸部のカラーリングは、ガンダム特有の赤、青、黄のトリコロールカラーですが、胸のエアインテーク部分が普通のガンダムとかなり異なっています。 写真は胸部を横から見たところです。 これを見ると、肩関節は白とかなり目立つカラーリングとなっています。 こちらは胸部の背中側です。 背中にはランドセル用のマウント穴が2つ空いています。 さて、肩関節の可動はというと... 写真のように肩関節部分が上方向に可動します。 写真は胸部を分解したところです。 これを見ると胴体部分が、何やら複雑な構造になっていますが... 中には写真のような、パーツが内蔵されています。 白いパーツは、ジョイントの塊となっていて写真のように各部が可動します。 (とはいえ、赤い外装が付くとあまり動かなくなってしまいますが...) さて、胸部を下半身にドッキングすると... こんなカンジになりました! 先程の腰の可動を使うと... 写真のように上体を反らしたり... 上体を左右に傾けたりすることができます。 この「HG ガンダムG40」は可動は優秀ですが、各部が微妙に異なっているのはやはり気になりますね。 【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten 】 今日は「HG ガンダムG40 (Industrial Design Ver.)」の頭部の組み立てを行いました。 写真は「HG ガンダムG40」の頭部です。 ツインアイはシールで再現ですが、目は黄色とピンクの2種類が付属しています。 今回は、黄色をチョイスしましたが取説の表紙を見ると、どうやら標準はピンクになるようです。 写真は顔のアップです。 顔の横が黒になっているのがオリジナルと異なりますが、バルカン砲などは成型色で色分けされています。 写真は頭部を横から見たところです。 この角度から見ると、普通のガンダムのように見えますが... 後ろから見ると、頭の中央にピンクのラインが走っています。 このピンクのラインはシールで再現となっていますが、かなり斬新なデザインですね。 写真は首関節のアップです。 首関節はこの状態から... 写真のように2軸で可動します。 この「HG ガンダムG40」は、可動については色々と工夫されてますね。 さて、頭部を胴体にドッキングすると... こんなカンジになりました! 写真は頭部付近のアップです。 この状態から... 首関節を曲げると、写真のようにかなり上を向くことができます。 これなら、ラストシューティングのポーズも大丈夫そうですね。 【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten 】 今日は「HG ガンダムG40 (Industrial Design Ver.)」の腕部の組み立てを行いました。 写真は「HG ガンダムG40」の腕部です。 腕部はガンダム特有の箱型で、肩アーマーもかなり小型となっています。 写真は腕部を横から見たところです。 さて、気になるヒジの可動はというと... 写真の位置まで曲がります。 腕には脚部同様、前腕部に斜めに回転する機構が搭載されています。 写真は腕の内部構造です。 この状態から... ヒジを曲げると写真の状態となります。 これを見ると、ヒジは普通に1軸で稼働していることが分かります。 また、前腕の回転は脚部と同じような、作りになっています。 ということで、この腕部をガンダム本体にドッキングすると... こんなカンジになりました! 写真は上半身のアップです。 うーむ、腕部は構造は特殊ですが、見た目は意外と普通に見えますね。 写真は腕を上げたところです。 肩関節が可動するため、腕はほぼ真上に上げることができます。 さらに... 手首関節も写真のようにほぼ90度曲げることができます。 とはいえ、この曲がり方はかなり不自然に見えますね。 【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten 】 今日は「HG ガンダムG40 (Industrial Design Ver.)」のランドセルの組み立てを行いました。 写真は「HG ガンダムG40」のランドセルです。 うーむ、ビームサーベルが上ではなく下に付いている...。 ガンダムといえば、肩の上から2本のサーベルが伸びているのが普通ですが、G40では逆方向に付いているのですね。 と言いつつ... 実はサーベル部分は写真のように、回転することができるようになっています。 まあ、これなら選択式というところですかね? 写真はランドセルを下から見たところです。 バーニアノズルは写真の状態から... 写真のように2軸で可動します。 やはりこのキットは、可動についてはなかなか凝ってますね。 さて、写真のガンダムG40の背中にこのランドセルを取り付けると... こんなカンジになりました! 写真はランドセルのアップです。 ランドセルはガンダムらしく、小型でコンパクトなサイズとなっています。 これで、ガンダムG40本体の組み立ては完了です! さて、この状態だと何となく物足りないので... サーベルの方向を上にすると、写真の状態になります。 やはりサーベルが上に出ていると、何となく安心感があります。 このガンダムG40は、腕の可動が広いので写真のようにサーベルを抜くポーズも再現できます。 写真はビームサーベルを構えたところです。 やはり、ガンダムにビームサーベルはよく似合いますね。 【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten 】 今日は「HG ガンダムG40 (Industrial Design Ver.)」の武器類の組み立てを行いました。 写真は「HG ガンダムG40」に付属のビームライフルです。 G40のビームライフルは、グリップから後ろの部分がかなりコンパクトな作りとなっています。 ビームライフルは、スコープとフォアグリップが写真のように可動します。 また、スコープはちゃんと黄色い別パーツで色分けされています。 そして写真は、守りの要であるシールドです。 うーむ、シールドの十字が黄色ではなく白になっている...。 また上部の、のぞき窓は線のように細いですね。 写真はシールドの裏側です。 シールドはヒジと持ち手でマウントする、オーソドックスな作りとなっています。 写真は、キットに付属している全てのマニピュレータです。 マニピュレータは左から、握り手、平手、ライフル用右手の3種が付いています。 さて、これらをガンダムG40に装備すると... こんなカンジになりました! 色々とアレンジされていますが、トータルでみるとちゃんとガンダムになってますね。 写真はビームライフルを構えたところです。 そして... ビームライフルは写真のように両手持ちも可能です。 この状態では、シールドを背中に背負う形になりますが、やはりこれが再現できるようになっているのは、キットとして必須ですね。 【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten 】 さて、今日でスミ入れも終わり、ついに「HG ガンダムG40 (Industrial Design Ver.)」が完成しました。ではその雄姿をご覧下さい! まずは「HG ガンダムG40」基本の立ちポーズ正面です。 全体的なフォルムは、ガンダムそのものですが、胸のエアインテークなど各部はかなりアレンジされています。 写真は「HG ガンダムG40」のサイドビューです。 シールドの十字が白で繋がっていないのは、かなり斬新です。 写真はガンダムG40のリアビューです。 こちらは上半身のアップです。 頭部はツインアイ付近はオリジナルと同じですが、頭頂部やサイド部分のデザインに変化が見られます。 写真は背中側のアップです。 背中から見ると、ビームサーベルが下向きに付いているのが、最も目立つところです。 写真は脚部のアップです。 脚部はヒザのデザインと、脹脛に可動部があるのが特徴となっています。 写真はビームライフルを構えたところです。 そしてこちらは、ビームサーベルを構えたところです。 写真は定番のシールドを背負った状態での、ビームライフル両手持ちです。 写真はビームサーベルを持った状態での立ちヒザのポーズです。 腰のフロントアーマーが、固定式にもかかわらずこれだけ脚が上げられるのは、なかなかスゴイですね。 最後は上を向いてのシューティングポーズです。 色々とアレンジされていて賛否両論あるガンダムG40ですが、やはり可動はスゴイことになっていますね。 【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten 】 「RX-78-2 ガンダム」といえば、あの伝説のアニメ「機動戦士ガンダム」の主役機である。パイロットはもちろん、アムロ・レイ。ガンダムの歴史はこの機体から始まったのでもう説明の必要は無いであろう。(もちろんガンプラとして最初に発売されたのもガンダムなので、ガンプラの原点であるとも言える) 本キットは、ガンプラ生誕40周年を記念したキットで、世界的工業デザイナー奥山清行氏×演出家・映画監督松尾衡氏が開発に関わっており、キット名も「HG ガンダムG40 (Industrial Design Ver.)」と40周年記念バージョンを表す表記が付いている。 さて、この「HG ガンダムG40」はキットとしては ・四肢の可動範囲や関節構造などは現実的な工業デザインを踏まえつつ構成。 ・可動については、斬新な機構を取り入れることで、かなり優秀。 ・全体的にはガンダムを再現しつつ、各部は大胆にアレンジ。 ・色分けは、成型色でほぼ完璧なデキ。 と、G40にふさわしい、特徴的なキットとなっている。 おそらく、再販は望めないと思われるこの「HG ガンダムG40」、もし手に入れることができるなら、ぜひ作ってみることをオススメする。 ・塗装必要個所 本体や武器なども含め、部分塗装が必要と思われる場所は見当たらない。 ・最新のキットなので、合わせ目は殆どない。ただし、前腕中央に目立つ合わせがあるのがちょっと残念。 ・武器、付属品 ビームライフル シールド(腕と背中にマウント可) ビームサーベル(ランドセルに取り付け。刀身はクリアピンク成形) 握り手左右、平手左右、ライフル用右手 ・可動 全体的に可動は優秀で、各部に新しい可動機構が存在する。 ・足先が3ブロックに分かれており、それぞれが可動する。 ・股関節は2段で引き出す機構があり、大腿部の可動と合わせて脚が大きく動く。 ・腰部のアーマーは固定式ながら、脚部の可動は良好。 ・肩関節は肩アーマーを反転させなくても腕をほぼ真上に上げることができる ・前腕とスネに斜めの可動軸がある。 となっている。 ■おまけ ○ガンダムとG40 ノーマルの「HGUC ガンダム」とG40を並べてみました。 見た目はどちらもガンダムですが、やはり各部にかなりの違いがあります。 こちらは上半身のアップです。 こうしてみると、襟部分や胸部など形状がかなり変わっている印象です。 写真は腰から下のアップです。 脚部は「HGUC ガンダム」のほうが、全体的にどっしりしている感じがします。 写真は背中のアップです。 やはりランドセルは、サーベルが上に伸びているほうが、しっくりきますね。 さて、今日は大晦日で今年もあと残すところ数時間となりました。 ということで、令和元年最後の...

「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」公式サイト 【ガンプラ】HG「ガンダムG40 (Industrial Design Ver.)」品薄のためプレバンでも販売決定 | fig速-フィギュア・プラモ 新作ホビー情報まとめ

ガンダムg40

ガンダム映像新体験TOUR『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』7月より全国33館で4DX上映決定! 詳細はこちら 2020.06.24

HG 1/144 ガンダムG40 (Industrial Design Ver.)|バンダイ... HG ガンダムG40 - ガンプラ BLOG (ブログ)

ガンダムg40

》商品アンケートに回答する ※ご購入いただいた方を対象としたアンケートです。 HG 1/144 ガンダムG40 (Industrial Design Ver.)特設ページはこちら>>

Amazon HG ガンダムG40 (Industrial Design Ver.) 1/144スケール 色分け済み... HG 1/144 ガンダムG40 (Industrial Design Ver.) プラモデル-amiami.jp-あみあみオンライン本店-

ガンダムg40

HG ガンダムG40 (Industrial Design Ver.) 1/144スケール 色分け済みプラモデルほかロボットのプラモデルが勢ぞろい。ランキング、レビューも充実。

HG ガンダムG40 (Industrial Design Ver.) レビュー 【レビュー】「HG 1/144 RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]」レビュー 40年を超えるガンプラの歴史の集大成がここに結実! なめるなよ……[BEYOND GLOBAL]版がただのガンプラじゃないところを見せてやる! - HOBBY Watch

ガンダムg40

HG ガンダムG40 (Industrial Design Ver.) レビュー 2019年のガンダム40周年および2020年のガンプラ40周年の記念アイテムとしてキット化された ガンダムG40 (Industrial Design Ver.) 価格は3300円でパッケージはG40というロゴが箔押しされた高級感のあるものです。

「HG 1/144 ガンダムG40 (Industrial Design Ver.)」レビュー - GAME... 【HG ガンダム G40 (インダストリアル デザイン Ver.)】レビューその② 完成レビュー│サクッと!ガンプラ製作活動ブログ

ガンダムg40

このガンダムg40のデザインを手がけた奥山清行氏は、gmやポルシェなどのカーデザイナーの経歴を経て、現在は2007年に設立したken okuyama designのceo ...

ガンダム40周年記念のHGガンプラ「G40」を、歴代の「RX-78-2」と徹底...

ガンダムg40

ガンダムg40の最大の売りは、ズバリ「驚異的な可動域」! ここからはガンダムG40の特徴をアップで見ていきます。 デザインもさることながら、「現実的な工業デザイン」を踏まえつつ構成された「四肢の可動範囲」や「関節構造」には圧巻のひと言です!