• 記事: 18570
  • 質問に対する回答: 28677
  • コメント: 15689
  • 準備ができて答え: 28192

してほしい 敬語

お願いの敬語は?して欲しいときの丁寧語や依頼のビジネスメール例文... 「教えてください」の敬語・「ご教授」と「ご教示」の使い方 | 大人のための正しい敬語の使い方

してほしい 敬語

お願いの敬語を使ったビジネスメール例文の3つ目は、してほしいを意味する尊敬語です。 例文では「ご依頼賜りました」が尊敬語にあたります。 「賜る」という表現は謙譲語でも使うことができますが、この場合は「ご依頼をもらった」という意味合いに ... 正しい敬語を身につけて 気持ちの良い仕事をしたいと思う方は多いはずです。 また、きちんとしたビジネスマナーを身につけていないと 仕事上うまくいかなかったり、 仕事が出来てもマナーのなっていない人という評価を得てしまい 損をしてしまうという事も考えられます。 スポンサードリンク 「教えてください」という気持ちを丁寧に伝えるには どのような敬語を使えばいいのでしょうか。 調べて行きたいかと思います。 教えて欲しい内容によって変わる「教えてください」 「教えてください」という敬語には 「ご教授」という敬語が一般的に考えられます。 「○○の件についてご教授いただけますでしょうか?」 と言うことが多いですよね。 しかし実は教えて欲しい内容によって 敬語を使い分けなくてはいけないことをご存じでしょうか。 単に情報を教えて欲しい 簡単な内容に関しては「ご教示」という言葉を使います。 その際に「ご教授」と使ってしまうことは 間違いになってしまいますので気をつけたいですね。 また、大半の場合はこの「ご教示」を使うことが 正しい敬語と考えられています。 「教えてください」という表現に 「ご教示」という言葉があることを知らない方が大半かと思います。 「教えてください」が「ご教授」になるケース では「ご教授」という言葉については どういうシーンで使うのが一般的なのでしょうか。 この場合、「ご教授」という言葉については 勉学や技術を教わったり 時間が長時間かかる内容を教えて欲しい時に使う敬語のようです。 スポンサードリンク 長い時間や、断続的に その内容を教えてくださいとお願いする際に 「ご教授ください」などという敬語になります。 よって、殆どのビジネスシーンで使う 「教えてください」という場合には 「ご教示」で通用するというのは 「ご教授」にそういう意味があるというところからも 言える話だということなのです。 「ご教示」が硬いと思う場合の敬語の使い方 今回「教えてください」という敬語はビジネスシーンでは 「ご教示」と表現することが正しいとわかったのですが 女性がこのような「ご教示」と表現するには 少し硬いなと感じる事もあるかもしれません。 女性らしい上品さのある表現にするには 「教えてください」を 「○○の件について教えて頂けますでしょうか?」という手段もあります。 一見これでいいのかと思われがちですが しっかりとした敬語であることは間違いはありません 安心してください。 しかし、目上の方や直近ではない方などに使ってしまうと 失礼に値してしまう場合もありますので 見極めが肝心ですね。 正しい「教えてください」の敬語を使い分けて しっかりとしたビジネスマナーを身につけたいものですね。

「してください」の正しい敬語の使い方と意味、「して下さい」との違... 「ご持参ください」は敬語として正しい?正しい使い方は? - ライフ - みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に

してほしい 敬語

「してください」は、他人に何かをしてほしいとお願いをする時に使用する言葉ですが、実は命令する意味合いが強く、失礼にあたる可能性がある言い回しであるということをご存知でしょうか?今回は、「してください」の正しい敬語の使い方と意味を解説します。「してください」の敬語の ... ビジネスで使う「ご持参ください」の正しい使い方や敬語 社会人になると、正しい敬語が使えるということは必須です。上司や取引先、書類等に至るまで、正しい敬語が使用できることは仕事を円滑にするコミュニケーションとしても重要となってくるでしょう。 今回は、「ご持参ください」という敬語の正しい使い方や意味、類義語や例文など項目毎に詳しくご説明していきますので、ぜひ参考にしてください。 <下に続く> 「 ご持参ください」の意味は? ビジネスシーンでもよく使われるこのフレーズ、使っている方は多いでしょうがあまり意識せずにニュアンスで使用している場合もよくあります。そもそも、このフレーズは文法的には正しいのでしょうか。詳しく見ていきましょう。 まず、「持参」とは「品物などを持って行く」ということを意味します。そして「参」とは「行く」の謙譲語で、謙譲語とは自分が目上の方に対してへり下る時に用いられる言葉です。ですので、本来ならば「(自分が)書類を持参いたしました」というように相手に向けて自分がへり下った言い方をする際に使用するのが正しいのです。 相手に「〇〇をご持参ください」というのは文法的には誤用であるということが分かりましたが、この言葉って非常によく耳にしますよね。公的な場や書面などに用いられていることも多いです。 しかし、上でご説明したように、相手に向けて謙譲語を使用するというのは文法的には誤用ですので、覚えておくと良いでしょう。 <下に続く> ビジネスで使う「ご持参ください」を正しく使えている? 上記でこの使い方は誤用あると述べた通り、文法的にみればこの使い方は間違っており誤用となります。しかし、このような使い方をする人や場面が非常に多いことなどから最近では文化庁や辞書などで「この使い方で使用しても問題はない」と表記されるようになりました。 ですので、最近はこのフレーズを使用しても問題はないということになりつつあるようです。文法的に正しい表現に置き換えてみると、「お持ちいただきますよう、お願い申し上げます」や「お持ちください」などとなります。 取引先の方に書類や必要なものをこちらに持ってきてもらいたい時にこのフレーズを使用しても失礼ではありません。しかし、問題ないとはいえ文法的には誤用ですから、できれば「〇〇をお持ちいただきますよう、お願い申し上げます」と伝えるのが良いでしょう。 あまりかしこまっていない場面で、用件だけを手短に話したい場合には使用しても問題はないでしょう。その場面毎で、臨機応変な使い方ができるのがベストですね。 ちなみに、自分が先方に何かを持って行く場合は、「〇〇を持参いたします」や「〇〇を持って参ります」といった使い方が良いでしょう。このように、このフレーズはあくまでは自分に対して使用する言葉であると頭に入れておいてください。 <下に続く> 正しい日本語・敬語は最低限のビジネスマナー! ビジネスシーンでは、仕事のスキルも大切ですが敬語や話し方などのマナーも重要となってきます。正しい電話応対の仕方や失礼のないメールの送り方など、目上の方と円滑な関係を築くためには欠かせないものです。 中でも、正しい敬語が使えるかどうかで、その人の人間性まで分かってしまうこともありますので、最低限の正しい敬語の知識は身に付けておいた方が良いでしょう。 例えば、謝罪する場合もとっさに「すいません」と出てしまいがちかもしれませんが、社会人としての正しい謝罪の言葉は「申し訳ございません」となります。同じ謝罪の言葉でも、きちんとした敬語を使用することで誠意がより伝わりやすくなります。 また、さまざまなシーンで使われることも多い「〇〇でよろしかったでしょうか」という表現も文法的には誤りですので注意してください。最近でこそよく耳にするようになったこの表現ですが、適切な日本語を重んじる方を不快にさせてしまう恐れもあるフレーズでもあります。 「よろしかったでしょうか」と過去形にせず、「よろしいでしょうか」と相手方に確認を取る意味で適切に表現するよう気をつけましょう。 日本語、特に敬語は奥が深く普段何気なく使っている表現が実は間違っていたというのはよくあることです。社会に出る前には一通り敬語の使い方やマナーを身に付け、相手を不快にさせたりすることのないよう、失礼のないように努めたいですね。 <下に続く> 「ご持参ください」は正しい?使い方や例文 上記でも述べた通り、このフレーズは文法的には誤用です。しかし、文化庁や辞書などでは使用しても問題はないとされています。ですので、このフレーズを使用してはいけないというわけではないし、使用したからといって必ずしも間違っているというわけでもありません。実際、ビジネスシーンや書面などでも非常によく耳にします。 使い方としては、先方に何かを持って来てもらいたい時にあらかじめ用意しておいて欲しい時などに「次回お越しの際は、〇〇をご持参ください」といった形で使用することが多いでしょう。 しかし、聞く人が聞けば「この言葉は謙譲語だから使い方がおかしいのではないか」と違和感を感じるかもしれません。もっと丁寧な表現をするならば「次回お越しの際は〇〇をお持ちいただきますよう、お願い申し上げます」とするのが良いでしょう。 <下に続く> 「お持ちください」は正しい?使い方や例文 この2種類のフレーズは大体同じ意味で使われますが、文法的には「お持ちください」の方が正しいといえます。「〇〇をお持ちください」は「〇〇を持ってきてください」という意味になります。 例えば、「〇月×日にこちらの書類をお持ちください、よろしくお願いいたします」といったような使い方が一般的です。先方により失礼のない言い方をするならば、こちらを使用した方が安心です。 また、このフレーズは「持って来てください」の他に「持っていってください」という意味で使われることもあります。例としては、「どうぞ、そちらのお菓子をお持ちください」や「パンフレットをぜひお持ちになってください」など先方が遠慮しないように一言声掛けをする際などに良く使われます。 <下に続く> 「ご用意ください」は正しい?使い方や例文 同様の意味として用いられる言葉として「ご用意ください」というものがあります。 「ご用意ください」とは、「〇〇を準備しておいてください」といった意味合いで使用されることが多いです。 このという言葉は文法的にも正しく、もっと丁寧に表現するならば「ご用意くださいますよう、お願い申し上げます」といったフレーズになります。 しかし、ここで注意するのが「ご用意してください」という言葉です。2種類とも似ていますが、こちらの「ご用意してください」は文法的には誤りです。「ご〜〜する」というのは謙譲表現で、上記でも述べた通り謙譲語表現は自分の行動に対して使用するものです。 例えば「すぐにご用意しますので、少々お待ちください」というように先方にへり下る場面で使用するのが正しい使い方です。ですので、相手に対して使用する場合は「〇〇をご用意ください」または「〇〇をご用意くださいますよう、お願い申し上げます」となるのです。 少しの違いですが、間違って使用しないように心掛けましょう。 <下に続く> ビジネス敬語に関するおすすめの本紹介 おすすめ①「そのまま使える」ハンドブック: できる人の「この言葉づかい」「この話し方」 敬語の基礎から学びたい方におすすめの1冊です。これ1冊あれば、今さら人には聞けない敬語の基本中の基本から分かりやすく学ぶことができます。 持ち運びに便利な文庫本サイズで、お値段も手頃なので手に取りやすくいつでも携帯しておくと安心です。正しい敬語と誤って使いやすい敬語の例が分かりやすく記載されているので、初めて敬語のマナー本を購入するという方にもおすすめです。 おすすめ②「大人なら知っておきたいモノの言い方サクッとノート」 こちらも、敬語を1から勉強したいという方におすすめの敬語マナー本です。 ビジネスシーンで良く使われる敬語はもちろん、相手を気遣う場面の敬語や相手に恥をかかせない表現などさまざまなシーンでの敬語が例文付きで分かりやすく書かれています。 初めて敬語を勉強する方にも、もう一度敬語を学び直したいという方にもおすすめのビジネス敬語本です。 おすすめ③「敬語の使い方が面白いほど身につく本」 敬語の基礎からもう1歩先へ進みたいという方におすすめの1冊。基礎の敬語マナーからの応用が学べる敬語本です。 これを読めば、ビジネスにおいて敬語は欠かすことのできないマナーであり、敬語により円滑なビジネスライフを送ることができるということが良く分かります。 基礎はもちろんより敬語に対する知識を深めたい、ビジネスシーンでもっとスマートに敬語を活用できるようになりたい方には、こちらの本をおすすめします。 <下に続く> 正しい敬語を身に付け、円滑なコミュニケーションを図ろう 以上、今回は「ご持参ください」という敬語についてのさまざまな使い方や例文、類似する言葉、おすすめのビジネス敬語本など詳しくご紹介していきましたが参考になりましたでしょうか。 敬語は、普段使い慣れているようでもなかなか難しく、普通に使っていた敬語が間違っていてびっくりしてしまうということもあるでしょう。使い慣れていない方は初めは難しく感じるでしょうし、使い慣れている方でも知らない内に誤った敬語表現になっていることもあります。 今一度敬語の基礎をしっかりと見直し、ビジネスにおいても円滑なコミュニケーションツールの一つとして上手に敬語が使えると良いですね。

「欲しい」はビジネス敬語で「頂戴したい」?メールと英語例文も TR... 就活にも使える「ご尽力」「お力添え」の正しい意味と使い方【例文あり】 | キャリアパーク[就活]

してほしい 敬語

敬語 2018.07.06 2019.08.31 lismile 「欲しい」はビジネス敬語で「頂戴したい」?メールと英語例文も. 何かを「欲しい」時や、何かを「してほしい」時、ビジネスシーンでどのように表現していますか? 2020年06月23日(火) 更新 ご尽力の意味とは? 「ご尽力」は「助ける」を敬語に変換する際に使われます。「ご尽力いただき」という表現を使いこなせている人は少ないでしょう。そこで、「ご尽力」という敬語の意味を知っておきましょう。 ご尽力=「何かのために尽くす」という意味 ご尽力とは「ある目標のために力を出し尽くす」「努力する」という意味です。相手を敬う言葉になるため、ビジネスシーンでは積極的に使用しましょう。「努力」という言葉を使うのなら、「尽力」と言ったほうが、適切な敬語が使える人として、相手に覚えてもらえるかもしれません。 「尽力を尽くす」は間違った日本語 尽力という言葉を聞くと「尽力を尽くします」という連想する方は多いかもしれません。しかし、このつい使ってしまいそうな「尽力を尽くす」は「朝の朝礼」のように重複表現になりますので、間違った日本語です。「尽力を尽くします!」なんて軽はずみで言ってしまうと恥をかいてしまいます。では、それを踏まえて、尽力の正しい使い方をみていきましょう。 人事は黙って切り捨てる!あなたのマナーは大丈夫? 就活では敬語の使い方以外にも、細かいマナーが沢山あります。マナー違反をすると、指摘されることもなく、黙って落とされてしまうでしょう。 そこで活用したいのが、「マナー力診断」です。 マナー力診断を使えば、24の質問に回答するだけで、「身だしなみ」「電話・メール」「履歴書の書き方・送り方」など、自分の弱点をグラフで見える化できます。 ぜひ活用して、就活の不安を無くしましょう。 ご尽力とはおわかりになりましたでしょうか。それでは、ご尽力の意味が把握したところで正しい使い方をみてきます。いくら言葉の意味がわかっていても正しい使い方がわからないと言葉として成立しませんよね。話し言葉でも文章でも尽力を使う機会は多々あります。きちんと使いこなせるようにしましょう。 相手には「ご尽力」自分には「尽力」を使う 「ご尽力」は、「ご尽力」「尽力」と使い方が2とおりありますが、意味はどちらも同じ。相手に対しては「ご尽力」。自分に対しては「尽力」を使います。そして具体的な使い方の例文は以下のとおりです。 相手に対して使うご尽力の使い方の例 【ご尽力の使い方】※相手に対して使う ・ご尽力いただきましてありがとうございます。 ・ご尽力を賜り、感謝申し上げます。 ・ご尽力ご尽力の賜物と、深く感謝いたします。 自分に対して使う尽力の使い方の例 【尽力の使い方】※自分に対して使う ・尽力させていただきます。 ・尽力いたします。 ・誠心誠意、尽力させていただきます。 「ご尽力」と「尽力」、シーンによって使い方は異なりますが、便利で使いやすい敬語です。 「お力添え」の意味とは? ご尽力の意味と尽力との使い分けはおわかりになりましたでしょうか。「助ける」の敬語表現として「お力添え」もよく使われます。「お力添え」の敬語の意味と正しい使い方もきちんと学びましょう。 「お力添え」=「手助け・協力」という意味 「力添え」に、「尽力」のような「努力」を示す意味はありません。「力添え」とは、もともと「力を添える」という意味合いを持ちます。ですので、「力添え」は「助力・協力」など助けるというイメージを持っておくと覚えやすいでしょう。 また、「力添え」は、目下の人に使用できる言葉です。目上の人に使用する場合は、「お」を付けて「お力添え」と言いましょう。「お」をつけることで、謙譲語として使用できます。 「お力添え」の正しい使い方 「お力添え」は、「尽力」とは微妙に違い、より「助ける」意味合いが大きいことがわかりました。「お」をつけるかつけないかで、使える人が異なることもご紹介しました。では、続いて「お力添え」の正しい使い方をみていきましょう。「ご尽力」同様にビジネスシーンで使う場面が多々あるので、きちんを使い方を覚えましょう。 「お力添え」はお願いやお礼の場面で使う 「お力添え」とは、目上の人に対して使用できる敬語であるとわかりました。 「お力添え」は、「尽力」よりも、より「助ける」という言葉に近いです。目上の人に何かをお願いするときや、その後のお礼を伝えるときの敬語表現として使用してみましょう。 お礼を述べる場合のお力添えの使い方の例 【お力添えの使い方】※お礼を述べる場合 ・日頃より大変なお力添えいただきまして、心から感謝いたします。 ・皆様のお力添えがなければ、ここまで前進することは不可能だったはずです。 ・これもひとえに、皆様のお力添えのおかげです。 お願いする場合のお力添えの使い方の例 【お力添えの使い方】※お願いする場合 ・みなさまのお力添えをいただきながら、一層の努力を重ねて参ります。 ・何卒お力添えいただきますよう、重ねてお願い申し上げます。 ・○○さまのお力添えをお願いしたく、ご連絡いたしました。 「お力添え」も一度覚えてしまえば使い方はむずかしい敬語ではありません。ぜひビジネスの場で活用しましょう。 ご尽力・お力添え以外の「助ける」の敬語表現 「ご尽力」「お力添え」の意味と使い方が理解できたところで、「助ける」という言葉の敬語表現のバリエーションをご紹介しましょう。知らずに間違った使い方をしていた、とならないよう、しっかり意味と使い方を確認してください。 「ご支援」「ご協力」などが使いやすい敬語表現 目上の人に助けてもらった際にお礼を述べるなら、「ご支援いただき」「ご協力いただき」などの表現も使用できます。必ず、「ご」を付けて話すようにしましょう。「支援いただき」「協力いただき」という言い方を目上の人にすると、失礼にあたります。 具体例は以下のとおりです。 助けてもらったときの敬語表現の例 【助けてもらったときの敬語表現】 「温かいご支援をいただきまして、誠にありがとうございました。」 「この度は、ご協力いただきありがとうございます」 助ける側の立場のときの敬語表現の例 【助ける側の立場のときの敬語表現】 ・なにか、私にご協力できることがございましたら、なんなりとお申し付けください。

ください」は命令に聞こえる?~してほしい時の敬語表現は?【例文つ... 電話対応の敬語はこれで完璧!シーンごとの例文つき | kuguru[クグル]

してほしい 敬語

~してほしい時の敬語表現は? 「~ください」は、使い方によっては、また相手の受け取り方によっては命令的になってしまうので注意が必要な言葉でしたね。 では、相手に何かしてほしいとき、「~ください」をどのように言いかえればよいのでしょうか。 ・ぜひ、お手伝いさせていただきたく存じます。 「ご尽力」「お力添え」よりは、フランクな表現になりますね。 就活のマナーを身につけておこう 就活では、きちんとしたマナーを身に付けていないとマイナスの印象を与えてしまいかねません。言葉遣いの他にも、身だしなみやメール・電話のマナーなど細かいところでも求められます。他の就活生がマナーを守る中、振る舞い方を知らないでいると慌てることになります。 そこでおすすめなのが「就活マナーマニュアル」です。こちらでは、就活で必須のマナーを詳しく紹介しています。 無料でダウンロードできるため、マナーに自信がない就活生は手に入れておきましょう。 ご尽力・お力添えなどの敬語表現を使う際の注意点 ここまで「ご尽力」、「お力添え」、「助ける」の敬語表現の意味や使い方や例文をみてきました。言葉を覚えたからと言って、その言葉を使いすぎると予想だにしていない事態に陥るかもしれません。どのような使い方がこ、好ましいのでしょうか。 敬語表現が丁寧すぎて嫌味に捉えられないように 慇懃無礼という言葉はご存知でしょうか。慇懃無礼とは言葉や態度が丁寧すぎて、かえって相手が嫌味に感じて、誠意を感じられなくなるさまをさします。 つまり、「ご尽力を賜り、感謝申し上げます。」や「これもひとえにみなさまのお力添えのお蔭でございます。」と丁寧に書いたつもりが、相手からすると「それってただの嫌味にしか聞こえない」と思われてしまうかもしれません。

「参加してほしい」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例 - 敬語... お力添え /文例・敬語の使い方・意味

してほしい 敬語

相手に「参加してほしい」とそのまま伝えては関係性も疑われる事にもなってしまう事も少なくありません。お友達同士ならまだしもビジネスでも使えるように正しい敬語で使えるように考えていきます。 「参加してほしい」の敬語での使い方 みなさんは、電話の対応に自信はありますか?電話は声だけのやり取りで、対面のとき以上に敬語が重視されます。悪気はなかったとしても、たった一言の誤りが、悪印象のレッテルを貼ることもあります。今回は誤って軽率な対応をとらないために、正しい敬語での電話対応をお伝えしようと思います。 正しく使いこなしたい電話での敬語 正しい電話対応をするために欠かせないのが、適切な「敬語」です。普段のやり取りで十分に敬語は使い慣れているとしても、対面のときには無い、取り次ぎやかけ直しと言った、電話特有の対応があります。また、電話でのキャッチボールは迅速さも求められます。電話には対面とは異なる流れや特徴があるので、まず抑えておくべき「対面」と「電話」の違いを紹介します。 顔が見えない分、敬語の間違いが気になりやすい 相手方と直接会って対面することによる「会話」は、お互いに顔がみえていて、話し方以外にも姿勢や態度を重視されます。そのため、評価する際は、姿勢や態度を含めた総合的にみての評価となります。 それに対して、電話は対面をしないで声だけのやり取りとりとなるため、姿勢や態度といった、声以外の評価基準はありません。声のみが、相手を知る情報となります。そこで重視されるのが「敬語」です。電話は話し方次第で、感情的なトラブルを招くこともあります。 1つの要因として挙げられるのが「敬語」の使い方で、敬語を誤ったばかりに、不快を与えてしまってトラブルを起こすというケースは多いです。電話は対面のとき以上に敬語の影響が大きいので、間違えないようにしましょう。 会社の代表として恥ずかしくない言葉遣いが必要 電話対応は1対1で、対面時の様に仲介者や責任者はいません。相手からすると電話に出た人が、唯一対応をしてくれている会社の人間となります。電話による評価は自分ではなく、会社への評価になりやすい傾向があり、自分が言葉遣いを誤ることで「無礼な会社」と評価されてしまう可能性があります。 しかし逆に正しく話せれば、相手からの印象は好印象となって、会社の評価も高くなる場合があります。対応を任されている会社の一代表として恥じないために、相手を思った適切な対応を心がけましょう。 電話を受けるときの敬語例文 電話対応は大きく分けて、受ける側とかける側の2つがあります。会社の代表として対応をする以上は、両方ともできる必要があります。まずは、受けるときの敬語と抑えるべきポイントをご紹介します。 3コール以内に取る 敬語以前に、電話が掛かってきたら、3コール以内に取るというマナーがあります。相手側を待たせないためにも、鳴り出したら迅速に取る様に心がけましょう。 「もしもし」は使わない ビジネスシーンでは電話を受け取ったら、「はい、〇〇会社の△△でございます」と、まず自分の会社と名前を名乗ります。電話特有の「もしもし」ですが、これは学生言葉で元々の意味は「聞こえますか?」です。 受け取ってまず「聞こえますか」では失礼に当たりますから、普段は使っているとしても、ビジネスでは使わないようにしましょう。例外として使えるのは、電波が悪くて聞こえているかどうかを確認するときとなります。 相手が名乗ったら復唱 自分が名乗ったら相手側も名乗ってきます。その際に、1回聞いて聞き取ったつもりでも、復唱をすることでしっかりと覚える様にします。名前を2度聞くのは失礼ですので、再三の注意を払っての確認となります。 名前を復唱のときは「~様でいらっしゃいますね」 復唱をして相手の名前を確認するときの敬語で間違えやすいのが「〇〇様でございますね」。「ございます」は自分が名乗るときに使う丁寧語なので、正しくは「〇〇様でいらっしゃいますね」と尊敬語で聞きます。 接頭語の「ご」・「お」の使い方 使い方で迷いやすいのが接頭語です。「ご確認いたします」や「おかけなおし願います」と言った具合に使用されますが、接頭語の使用は誰が実行者なのかで区分をされます。自分が確認をしたりかけ直しといった行為をする場合は、使いません。 それに対して、自分がお願いをして、相手が行為をする場合は、接頭語を使います。自分が確認をするときは「確認いたします」。相手に確認をしてもらうときは「ご確認願います」といったかたちで使い分けましょう。 「~する」ときは「いたします」 電話対応では、話しが進んだところで、書類の発送や手続きをこちらが行うことを伝えるために「~書類を送りいたします」と言いますが、間違えやすいのが「~書類を送りさせていただきます」です。「する」の謙譲語ですが、具体的には「やらせてもらう」という意味です。目上の者に重要な依頼や任命をされたときに感謝を込めてつかう言葉です。顧客や取引先への、手続きや取り次ぎといった対応では「~いたします」が正しい使い方となります。 取り次ぐ時は待ち時間を伝える 電話の相手が名指しをしてきたら、その担当者を呼び出して代わるまでの間に、数分の待ち時間が発生します。このときの対応で、取り次ぐまでの待ち時間を相手に伝えますが、誤りやすいのが「少々」といった曖昧さです。どれくらい待つことになるのかがハッキリしていれば、相手側も安心ができます。「少々」ではなくて「1、2分」を使って「〇〇ならおります。すぐ呼んでまいりますので、1、2分お待ちいただけますか」と正確な待ち時間を伝えるようにしましょう。 お断りをする際は「いたしかねます」 相手からの願いに応えられないときは「営業時間外は受け付けいたしかねます」といった具合に「いたしかねます」でお断りをすることになります。このときに間違えやすいのが「できかねます」という遠回しな言い方で、敬語ではありません。「かねる」は「できない・難しい」という意味なので、謙譲語の「いたす」と組み合わせた「いたしかねます」が断るときの正しい敬語です。 電話をかけるときの敬語例文 次に、電話をかけるときの正しい対応と敬語を紹介します。 相手が出たらまずは挨拶 電話対応が始まっての一言目は挨拶です。「お世話になっております。○○会社の△△と申します」と、「お世話になっております」と言ってその後に会社名と自分の名前を名乗るようにしましょう。 指名をするときは様を付けて「いらっしゃいますか? 」 担当者の方に代わってもらうために、指名をするときに間違えやすいのが「○○さんはおられますか」や「○○さんをお願いします」です。いずれも「さん」を使っていますが正しくは「様」を使います。「おられますか」の「られる」は無理矢理といったニュアンスがありますので、適切ではありません。 「お願いします」では、相手が居ることが前提となってしまいます。正しくは、様を付けて尊敬語を使った「○○様はいらっしゃいますか?」と、居るかどうかを聞いて指名をします。 不在で伝言をお願いするときは「お願いしたいのですが」 指名をしても担当者が不在の場合は、伝言をしてもらうことがあります。間違えやすいのが「伝えてくれますか? 」や「伝えてもらえますか? 」です。「もらう」・「くれる」は謙譲語ではありません。正しくは「いただく」を使った「お伝えいただけますか」または「ご伝言をお願いしたいのですが」という言い回しな形になります。 かけ直しはこちらからする 担当者が不在だったり取り込み中で対応をしてもらえないときは、かけ直しをすることになります。基本的にかけ直しはお願いをしないで、自分の方からするのがマナーです。「1時間程したら、そちらからおかけ直しいただけますか? 」と敬語を用いたとしても、失礼と取られてトラブルになるケースがあります。正しくは「1時間程したら、こちらからかけ直し致します」とこちらからかけ直すことを伝えます。もし、どうしても折り返しの電話を相手にお願いしたり、相手の方からかけ直すと申し出た場合は「恐れ入りますがよろしくお願いいたします」と一言添えましょう。 相手の目の前で自社に電話をするとき うっかりと気を抜いてしまうのが、顧客や取引先の目の前で、報告や連絡の電話を自社にするときです。相手に見られているので、身内が相手だからといって敬語を怠ってはいけません。「○○課の△△です。今、□□様にお邪魔しております。 確認をしていただきたいことがあるのですが、部長を呼んでいただけますか?」と姿勢を正した上で、名乗りから所在先と用件まで、敬語を用いてハッキリと言いましょう。また、長電話は相手を長時間待たせることとなって失礼なので、基本的には単刀直入で手短に済ませます。 長くなる場合は相手方と別れてから電話をします。本来は声だけでも、この場合はみられているということを忘れないようにしましょう。 声のトーンや話し方にも要注意 敬語を適切に使った上で注意したいのが、言い方です。不快なトーンやマニュアルに従った棒読みな話し方では、敬語を正しく使っていても、不快感は否めません。適切な敬語をどんな風に言えば良いのか?適切な言い方を紹介します。 マニュアル通りの応対は冷たい印象を与える 職務である以上は、マニュアルに従うのは当然なのですが、そのマニュアルが不快感の要因となることもあります。相手側が「マニュアル通りな電話だな」と、マニュアルを連想してしまうことで、そこから機械的な対応を感じるのです。 問題として挙げられるのは、一方的で相手の主張を妨げたり、相手の要望に対して、ひと呼吸を置かないで、受け答えをしてしまうという点です。人とのやり取りで質問や要望がきたら、受け手はそれにどう応えるのか? 考えようとして、間が空くのが自然な流れです。 しかしマニュアルに従うと、予め回答や対応が決まっているため、考える間を空けないで、すんなりと応えてしまいます。そこから、マニュアルや機械的という連想が生じて、慇懃無礼な冷たい印象や不快を感じるのです。 とは言え、マニュアルに反することはできないので、相手のためにこちらも考えているという、間を空けたひと呼吸な対応が、求められることになります。 明るいトーンで正しい敬語を使おう 敬語を使っていても電話で不快を感じたとき「トーン」が原因となるケースは多いです。トーンが早かったり低かったり暗かったりと、不適切で偏った特徴を感じることから、トーンによる不快感は気になりやすいポイントになります。安心して聞き取れる、明るくてゆっくりな口調での、良い雰囲気の電話対応をするようにしましょう。 まとめ いかがでしたか? 声だけのやり取りとなる電話は、適切な敬語を丁寧に言うことが大切です。「敬語」・「トーン」・「マニュアル」この3つに注意をして、一代表として恥じることのない、誠意のある電話対応を心がけましょう。

「欲しい」を会社で使う際の正しい敬語 – ビズパーク 「ご利用してください」は実は誤り!? やりがちな間違い敬語5つ

してほしい 敬語

「欲しい」という言葉をビジネスシーンで使う際には、正しい敬語としてどのようなものがあるのでしょう。何かをもらったり、対象のものを欲しい等のやり取りをする際に、敬語として正しい使い方とはどのようなものが... お力添え ビジネス文書お助けツール /文例集一覧 支援してほしい・援助してほしい・力を借りる先日は、○○の件でお力添えをいただき、ありがとうございました。どうか一層のご指導とお力添えを賜りますよう、お願い申し上げます。これもひとえに、皆様のお力添えのおかげと、深く感謝しております○○様のお力添えなしには、〜を進めることはできなかったかと存じます。○○様のお力添えを願えませんか。加藤様のお力をお貸しいただければ幸甚にございます。先日は大変お世話になりありがとうございました。よろしくお力添えのほどお願い申し上げます。○○様のなみなみならぬご努力と、ご家族様の温かいお力添えがあってのことと存じます。私も微力ながらお力添えをいたしたく、○○に参加する所存でございますので、なにとぞご指導とご協力を賜りますようお願い申し上げます。 ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリです。 敬語とビジネス文例集リスト 努力します 報告/連絡 見てもらう/ご高覧 運びとなりました 思う/存ずる/存じ上げる 賜る 開催する/開く/催す 注文/ご用命/キャンセル 万障お繰り合わせのうえ 忘年会の案内 ご協力を お手隙(お手すき)の折に 期待に添う 招待 かねてから/以前から つきましては ご賞味/食べる ご指導 ご支援 連絡ください/返事を下さい ご参加/ご出席 紹介する/会ってもらう 幸いです ご愛顧/引き立ててもらう お力添え 届ける/訪ねる 末文 ご足労・お運び 頂戴する お立ち寄り/来てもらう エクセル使い方まとめ Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.

「お渡しください」の使い方と例文・敬語の種類・別の敬語表現 - 敬語... 「~してもらってもいいですか?」という敬語表現は間違い? [手紙の書き方・文例] All About

してほしい 敬語

「お渡しください」の敬語表現を使うことができるようになれば、優しく敬意の込められた言い回しで、相手に対してお願いをすることが可能になります。大人として正しい敬語表現を使うためにも、この記事で「お渡しください」の敬語表現について詳しく学びましょう。 「敬語がおかしいと注意をされた」「尊敬語・謙譲語・丁寧語などの違いがよく分からない」という人はいませんか? 実は、敬語を間違うポイントはだいたい決まっています。尊敬語と謙譲語の混同、敬語の重ね過ぎなど、よくある誤りの例をクイズ形式で学びましょう。 以下に挙げる例文はそれぞれ、誤りがあります。どこが間違っていて、どう直したらいいか、指摘してみてください。 (1)どうぞご自由にいただいてください 正解:どうぞご自由に召し上がってください 相手や目上の人など、敬うべき人物の動作には「尊敬語」を使います。 「食べる」であれば、尊敬語は「召し上がる」「お食べになる」のはずです。それを謙譲語「いただく」にしているところが誤りです。 自分がご飯を食べるときに「いただきます」と挨拶しますよね? 謙譲語は、自分や自分の家族など、身内側の動作に使うものなので、頭に入れておきましょう。 (2)順番に拝見していただけますか 正解:順番にご覧いただけますか(ご覧になっていただけますか) 「拝見する」も「見る」の謙譲語であり、自分が何かを見るときに使う言葉です。 目上の相手を主語にする場合は尊敬語の「ご覧になる」を使いましょう。 なお、「拝見されてください」のように言う人もいますが、たとえ尊敬語の助動詞「~れる」を付けたとしても、相手の動作に「拝見する」を使うのは誤りです。 (3)ご利用してください 正解:ご利用になってください 「いただく」「拝見する」のような特別な敬語動詞がない場合、「お(ご)〜する(いたす)」という形で謙譲語に直します。「お渡しする」を「お渡しいたします」のように直すわけです。 今回の「ご利用してください」は「ご利用する」という謙譲語の形になっています。 この例文は尊敬語を使うべき文脈ですので、「ご利用になってください」「ご利用ください」のように改めなくてはなりません。 (4)弊社の山田部長がそうおっしゃっております 正解:弊社の山田がそう申しております 組織外の人と話すときには、社長であろうが何であろうが、自社の人間を敬ってはいけません。「おっしゃる」のような尊敬語を用いずに、自分の動作同様、謙譲語を用いて表現します。 呼び方にも注意しましょう。「山田部長」「山田さん」の「部長」「さん」は敬称です。それらは付けずに、「山田」と呼び捨てすべきです。もし役職を説明する必要があるときには、「部長の山田がそう申しております」という順序にすればOKです。 (5)お話になられましたか? 正解:お話しになりましたか?(話されましたか?) 尊敬語を重ねることを二重敬語といいます。身分社会ではない現代では、原則として二重敬語は用いません。 上の例文の「お話しになられる」では、「お~になる」「~れる」と、尊敬語の表現が二つ重なっていますので、過剰な敬語です。「お話しになる」「話される」のどちらか一つにしぼる必要があります。 会話では丁重に話そうとするあまり、つい二重敬語になってしまう場面もあるかと思います。しかし、書き言葉や前もって原稿を用意できる場面では、二重敬語の間違いをおかさないようにしたいものです。 誤った使い方の「どこが」「なぜ」おかしいのか、「どう」直すべきか、を自分で説明できるようになれば、もう間違わないはず。敬語を正確に身に付けて、信頼される社会人を目指しましょう。 文/吉田裕子 国語講師。塾やカルチャースクールなどで講師を務める他、『テストの花道 ニューベンゼミ』(NHK Eテレ)に国語の専門家として出演するなど、メディアでも活躍中。東京大学教養学部卒。