• 記事: 16830
  • 質問に対する回答: 17152
  • コメント: 25565
  • 準備ができて答え: 29327

ガンダム0083 ニナ

ニナ・パープルトン (になぱーぷるとん)とは【ピクシブ百科事典】 星の屑満ちる時、ガンダム再び宇宙へ――。「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」 結末 - ラストシーンが知りたい

ガンダム0083 ニナ

ニナ・パープルトンがイラスト付きでわかる! ニナ・パープルトンとは、ova『機動戦士ガンダム0083』のヒロインである。ova製作途中の監督交代劇により、初期と後期で言動の不一致が見られる。 解説 一年戦争終結から3年後の宇宙世紀0083年を舞台にした、Zガンダムまでの設定上の空白期間を埋めるサイドストーリーである。「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」に続くOVA第二弾であり、富野由悠季の手を離れたガンダムアニメ作品としても2作目となる。派生作品では最もよく知られる作品であり、モビルスーツ・登場人物ともに人気が高い。また、総集編としてまとめられた「機動戦士ガンダム0083 ジオンの残光」が劇場公開された。 あらすじ ジオンと地球連邦の1年戦争が終結して3年。突如としてデラーズ・フリートと名乗る組織が地球連邦に宣戦布告してきた。目的はジオンの復興、そして連邦の滅亡だ。彼らは星の屑作戦を敢行するため、モビルスーツのテストパイロット、コウ・ウラキの目の前で、ガンダムの試作機を奪取する。 結末 一年戦争が終結して3年、地球連邦軍再建計画に基づきガンダム開発計画が提唱され、その試作機であるガンダム試作1号機、ガンダム試作2号機が性能テストのためにオーストラリアのトリントン基地に搬入される。しかし、エギーユ・デラーズ率いるジオン軍の残党「デラーズ・フリート」がこの情報をつかんでおり、極秘作戦「星の屑作戦」を実行に移すべく、核兵器を搭載したガンダム試作2号機を強奪せんと基地を襲撃する。 かつて「ソロモンの悪夢」と呼ばれたジオン軍エースパイロット、アナベル・ガトーは、基地の混乱に乗じて速やかにガンダム試作2号機を強奪。だが、脱出を図る2号機の前に、連邦軍新米テストパイロット、コウ・ウラキが乗り込んだガンダム試作1号機が立ちはだかる。 しかし、歴戦の戦士であるガトーにコウはあっさりとあしらわれ「まだ未熟」と屈辱的な言葉を投げかけられる。かくして2号機は朝靄の彼方に消え去り、コウを含むテストパイロット達は、ガンダムを搬入したペガサス級強襲揚陸艦「アルビオン」の乗組員に任命され、試作1号機のデータ収集、および2号機の追撃・奪還任務に就く。 補充隊員としてやってきた「不死身の第4小隊」のベルナルド・モンシアとの衝突、砂漠でジオン残党を率いるノイエン・ビッターとの戦い、月面で再起を期してヴァル・ヴァロを整備していたケリィ・レズナーとの出会いと決闘、そして上官のサウス・バニングの死など、様々な事件やライバルとの戦いを経て、コウは戦士として少しずつ成長していき、ガンダム開発計画のエンジニア、ニナ・パープルトンとも心を通わせる。 やがて、試作2号機の攻撃目標が、コンペイ島(旧ソロモン)宙域にて開催される、地球連邦軍艦隊による観艦式の式場であることが判明する。コウは試作1号機フルバーニアンで追撃するが時すでに遅く、彼の目の前で艦隊の大半が核攻撃で消滅した。怒りに燃えるコウとガトーの一騎打ちの末、1号機と2号機は相打ちとなり爆発。アルビオンはその任務を果たせぬまま紛争は集結し、事態は終息するかに思えた。 だが、ガトーらの真の狙いは、移送中のスペースコロニーの1基を奪って地球に落下させるコロニー落としにあった。アルビオン隊は、アナハイム・エレクトロニクス社がドック艦ラビアンローズでテストを行っていたガンダム試作3号機を強引に受領し、連邦軍上層部の命令に逆らって作戦阻止に動く。その影ではシーマ・ガラハウが暗躍し、デラーズの身柄を手土産に連邦への寝返りを画策していた。 さらにコウは、かつてニナがガトーの恋人であったという事実を知ってしまう。連邦軍の腐敗、ニナの過去、めまぐるしく変化する状況に翻弄させられたコウは、やり場のない怒りとともに、真っ直ぐにジオンの理想に殉じようとするガトーとの最終決戦に挑む。 コロニー落下を阻止するため、アルビオンのシナプス艦長はガンダム三号機の受領を決意。アナハイム・エレクトロニクスの浮きドック、ラビアンローズへと向かう。しかしニナは、コウがガンダム三号機に搭乗することに反対していた。 ラビアンローズにドッキングすると、ナカッハ・ナカト少佐の指揮する中隊の管理下におかれ、アルビオンはデラーズフリート追撃の任を解かれてしまう。ラビアンローズに上陸を許可されたのも、艦長とニナ、コウの3人に限られた。そんな中、ガンダム三号機開発者のルセット・オデビーは何とかコウを三号機に乗せようと、夜、コウの個室を訪れる。 月に落下すると思われていたコロニーは、推進剤に点火されて進路を変え、地球へと向かっていることが明らかになった。ガンダム三号機に搭乗したコウ・ウラキはコロニー落下阻止に向かう。コロニーの地上落着までは14時間、しかし阻止限界点までは9時間に迫っていた。デラーズフリートのザクやドムがコウに襲いかかってくるが、次々に迎撃。しかし敵モビルスーツが一斉に後退を始めると、コウの前にはノイエ・ジールに乗ったガトー少佐が現れる。再び死闘を繰り広げる二人。どちらの機体もIフィールドを装備しており、ビームを跳ね返してしまうため、決定機を作れずにいた。武器が底をついたコウに、アルビオンから補給を受けるよう通達が入り、コウはアルビオンへ帰投する。 その頃、デラーズの元にシーマ・ガラハウが現れた。そして「予想外のことは起こるもの」と、含みのある言葉を残してその場を立ち去る。 アルビオンのシナプス艦長のもとに、連邦軍のバスク・オムから、デラーズを裏切ったシーマ艦隊とともに、ソーラシステムを守れという命令が下る。落下するコロニーをソーラシステムで照射して破壊するというのだ。コロニーはコウらの奮闘も虚しく、阻止限界点を超えていた。ソーラシステムのミラーの前で激しい攻防戦がくり広げられるなか、ガトー少佐はコントロール艦を発見してこれを破壊。ソーラシステムの照射は途中で途切れ、コロニーは破壊されないままミラーを突き抜けて落下を続けてしまう。ノイエ・ジールを駆ったガトーはコロニーへ向かい、ジャブローに向けて最終の軌道修正を行おうとした。ニナもまた、コアファイターでアルビオンから飛び出し、コロニーへと向かっていた。 目論見を外され激昂するシーマを撃墜し、コロニー内部に進入するコウ。そこでコウはガトーを撃ち、ニナはガトーを庇った。コウの制止を振り切り、ガトーとともに消えるニナ。コウはひとり残され立ち尽くす。しかし、ガトーはニナを拒み、決着をつけるためにコウを待った。ふたりの戦いはソーラ・システムⅡによって阻まれ、ガトーはコウの前から姿を消す。連邦追撃艦隊に最後の突撃をかけるガトー。彼の命が消えゆくのを、ニナは見届けることしかできなかった――。 戦いの後、コウはオークリー基地に立っていた。そこには、愛する者との再会を心から喜ぶニナの姿があった。

ニナ・パープルトン - Wikipedia 機動戦士ガンダム0083スターダストメモリーの感想と評価まとめ! | Okamoto Topics

ガンダム0083 ニナ

ニナ・パープルトン (Nina Purpleton) は、OVA『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場する架空の人物。 本作品のヒロイン(声:佐久間レイ こんにちは!岡本です。「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」は、ガンダムシリーズの中でも人気の作品ですが、見たことがない人もいるのではないでしょうか?この作品はホントにおもしろい!「全ガンダム大投票40th」で人気作品ランキング10位に入った名作です。初見の人にもコアなガンダムファンにも評価の高い作品です。そこで今回は、「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」の評価と登場モビルスーツを解説します!あらすじジオン軍残党「デラーズ・フリート」に所属するアナベル・ガトーがオーストラリアのトリントン基地に輸送された、核兵器を搭載したガンダム試作2号機を奪取。地球連邦軍士官のコウ・ウラキはガンダム試作1号機で2号機の前に立ちふさがるも歴戦の戦士であるアナベル・ガトーに歯が立たず取り逃がしてしまう。コウ・ウラキら地球連邦軍士官は強襲揚陸艦アルビオンの乗組員となって、「デラーズ・フリート」の起こした騒乱の鎮圧、2号機の奪還任務にあたっていく。登場モビルスーツと登場人物ガンダム試作1号機(GP01) GP01はベーシックなモビルスーツとしての性能を追求しているが、ストーリーの流れで、重力下仕様から宇宙戦仕様(※GP01-Fb)に変更されて性能が「化ける」。特にブースターポッドによる高機動性能はファン多し。※GP01-Fb(フルバーニアン) アナハイム主導で開発されたガンダム試作1号機の宇宙仕様。本来はコアファイターの換装で宇宙戦に対応する筈だったがコウ・ウラキが独断でGP01を大破させたので全体的な改装が成され完全な宇宙戦用機になっている。コウ・ウラキ 地球連邦軍の新兵。オールドタイプ。ガトーと戦う中で成長していく。パイロットとして潜在能力の高さを認められ、実績と実力的にもコウよりも上のベテランパイロットを抑えてガンダム試作1号機、GP01のパイロットに選ばれ、さらには最新鋭のGP03のパイロットにも選出される。名セリフは「ニンジンいらないよ」。ガンダム試作2号機(GP02) GP02は高機動で大型ロケット弾を撃ち込む一撃離脱機。核攻撃用の機体でそれ以外はバルカンと武器しかない潔さと武骨さが人気のモビルスーツ。アナベル・ガトー(声:大塚明夫)機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORYは男性からの人気が圧倒的に高かったのと、主人公、コウ・ウラキのライバル、アナベル・ガトーの人気が高いのが特徴です。NHKのガンダム大投票キャラクター部門11位!一年戦争を生き延び、地球連邦軍から「ソロモンの悪夢」と恐れられたエースパイロット。「この機体と核弾頭は頂いていく!」「再びジオンの理想を掲げるために 星の屑成就のためにソロモンよ!!私は帰ってきたーーー!」こんなに復讐に燃えている魅力的なキャラはなかなかいないと思う!!漢(おとこ)の中の漢!!(10代男性)滅びの美学を完遂した姿に清々しさすら感じさせてくれた真田信繁に通じる日本人好みのキャラクターだと思う(40代男性)一番全ガンダムの中で「武将み」があるのがガトー(30代男性)義に生きた姿が上杉謙信をモデルにしたという話も(30代女性)ちょんまげがイタリアのサッカー選手のロベルトバッジオみたい(30代男性)ものすごくインテリで難しい4文字熟語を使う。それが全部思想として貫かれている(30代女性)ガンダム試作3号機(GP03) RX78-GP03ガンダム試作3号機はNHKのガンダム大投票でモビルスーツ部門13位。

ニナ・パープルトンとは (ニナパープルトンとは) [単語記事] -... エラー | ABEMA

ガンダム0083 ニナ

ニナ・パープルトンとは、ova アニメ「機動戦士ガンダム0083 stardust memory」の登場人物である。 同作品のヒロインであるが、後述の行動から悪女、ビッチなどの批判を受けることが多い。 Sorry... お使いのブラウザは推奨環境外のため、正しく表示されない可能性があります。 快適にご利用いただくためには、最新版のGoogle Chromeをご利用ください。

【ガンダム】0083の最後さ、なんでニナは微笑んでんの? ガンダムま... 機動戦士ガンダム0083 ジオンの残光 : 作品情報 - 映画.com

ガンダム0083 ニナ

【ガンダム】0083の最後さ、なんでニナは微笑んでんの? 1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします []:2014/01/08(水) 01:20:50.58 ID:EsGA+AeG0 ニナ最後なに笑てんねん お前どんな心持ちでコウの前に現れとんねん ホーム > 作品情報 > 映画「機動戦士ガンダム0083 ジオンの残光」 劇場公開日 1992年8月29日 作品トップ 特集 インタビュー ニュース 評論 フォトギャラリー レビュー 動画配信検索 DVD・ブルーレイ Check-inユーザー 解説 1991~92年にかけて発売された全13話のOVA「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」の総集編に新規カットを加えて製作された劇場版。一年戦争終結から3年後の宇宙世紀0083年、ジオン残党軍の一派デラーズ・フリートが連邦軍の開発した核弾頭搭載の新型ガンダム2号機を強奪。偶然その場に居合わせた連邦軍の新米士官コウ・ウラキ少尉は、残されたもう一機の新型ガンダム1号機に乗り、奪われた2号機を追う。しかし、2号機を奪ったアナベル・ガトー少佐は、一年戦争時に「ソロモンの悪夢」と恐れられた歴戦のパイロットで、コウは2号機を取り逃してしまう。ガンダム1号機と母艦の新造戦艦アルビオンはそのまま2号機奪還の任に就くが、デラーズ・フリートは連邦軍に宣戦を布告。「星の屑」作戦を発動し、ガンダム2号機に搭載された核を使って連邦の宇宙艦隊に大打撃を与える。

漫画ガンダム0083のニナ・パープルトンさん、アニメ以上にイカれたキ... 機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY 第2話| バンダイチャンネル|初回おためし無料のアニメ配信サービス

ガンダム0083 ニナ

ニナこれはちょっともうダメなのでは? 野球見てる人とかに良くいる急に興奮する患者面白すぎる「アクシズと連邦軍は中立の~」って言い方微妙に違和感あるこのままのキャラ付けだったらまだメカキチガイおばさ 1992年製作/120分/日本配給:松竹 オフィシャルサイト スタッフ・キャスト 全てのスタッフ・キャストを見る Amazonプライムビデオで関連作を見る 30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題 機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 I 青い瞳のキャスバル 機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 II 哀しみのアルテイシア 機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 IV 運命の前夜 機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 III 暁の蜂起 Powered by Amazon 関連ニュース 「逆シャア」「0080」など「宇宙世紀ガンダム」シリーズ劇場6作&OVA4作を廉価版ブルーレイで発売 2019年5月29日 ガンダム30周年記念DVDラインナップに「0083」「W」「08小隊」が加わる 2009年10月7日 関連ニュースをもっと読む フォトギャラリー (C)創通・サンライズ 映画レビュー 2.0見る価値なし 採点=40/100ロボットが戦うアニメ。ストーリーは ありがちな上に、説明不足で中途半端。最後もまとめきれていない。機械類の描写がリアルだと感じたが、それ以外には特に目立つ美点も見当たらない。見る価値なし。

ニナ・パープルトン - スーパーロボット大戦Wiki ニナ・パープルトン | 機動戦士ガンダム0083 | キャラクター | マニュアル | ガンダムチャンネル

ガンダム0083 ニナ

『sdガンダム外伝』では、第三部『聖機兵物語』に女王ニナとして登場。主人公・騎士ガンダムgp01の仕える「ダバード王国」の君主。『0083』のニナと異なり、凛々しく勇敢な女王として活躍するためファンからは「綺麗なニナ様」と呼ばれる。 動画が再生できない場合はこちら 終わりなき追撃 コウは咄嗟に1号機に乗り込み、ガトーが奪った2号機に立ち向かうが、百戦錬磨のガトーには歯が立たず逃げられてしまう。コウの上官であるバニング大尉の部隊は、2号機を奪還するべく追撃を開始する。 エピソード一覧'(全'+titles_count+'話)' (C)創通・サンライズ 選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。 ©創通・サンライズ・テレビ東京 bobby.grigra 2020/04/19 04:07 10代で見て、おっさんになって見直してみて、改めて色々分かる事もある。まず、ガトーでさえ25のまぁ、ジャリとして見て、多分上っ面の事を言ってるのではないか、と。その一方で女をオトす能力半端なく、ニナの心をがっちりキャッチ、戦争含めてアガったりサガったりして完全メロメロにされてる。特にホレてる最中にいきなり消えるのは掴みのテクとして最強。コウ君を責めるのは酷だが、ホレさせが足りてない。どうせ本読むなら加藤鷹著の本が欲しいところwニナの終盤の狂態には理解不能な点が多いが、劇場型で異常に思い切りが良く、メチャクチャ上等なのは序盤から。さらに、ニナが飛び出して裏切ったのはコロニー落ちでアウトと決まってから。あの場でガトーを庇おうが銃殺しようが大勢は変わらない。つまり、焦点は「主人公を終盤で裏切って元彼になびいた事」の是非だけだったので、悪女云々はどうかなーと、おっさんになって気づいた。 ネタバレあり 流石にガンダムのOVAだけあって、全体的にハイクオリティだと思います。もしガンダムを極めんと欲するならば、必ずや観るべきでしょう。そんな0083の中でも、私が注目したいのは、今作が単純な善悪二元論・勧善懲悪ではない物語だということです。敵の中にも味方の中にも派閥争いや政治的な駆け引きがあり、更に、多彩で重厚な人間関係や、政治や歴史に対するそれぞれの考え方があるということです。ですので、視聴する度に、どの勢力の誰に一番感情移入出来るか、変わって来ることも多いでしょう。ただ、惜しむらくは、監督の途中変更による脚本変更があったらしく、それが、終盤でのとあるキャラクターの行動に大きく関わって来てしまい、1話から改めて見直した際には、結果的には整合性が無いように思えてしまうことです。とにかく、この作品は昔から賛否両論があると思いますが、俺は好きですし、おススメ出来ます。 第7話(ケリィとの闘いでコウが立ち直る話)でニナにどっぷりハマってしまった。評判は悪いですけど・・・。ラストシーンのニナの笑顔は「逡巡の末の笑顔」と解釈されることが多いみたいだが、私としては「ガトーの面影を振り切ってコウに行く」という瞬間ではなくて、「あんなことをした自分を受け入れてくれるか、罵倒されても当然だが、不安だがそれでもコウに行く」だと解釈している。本作ではニナは、コウがガトーに銃を向けたからガトーに付いたが、逆だったならコウに付いただろうという理解です。。。まぁコウにどっぷり感情移入してたから一人残されたときツラかったなー(:_;)wよくGP03のエンジンかけられたよ。俺ならコクピットで呆然とするwOPは前期後期ともにかっこいい。よく聴いてます。松原みきさんがガンダムってなんか意外だけどかっこいい。 ネタバレあり ガンダムのパイロットの出身が他のテレビ放映シリーズとは違うし、人間関係の切り口が全く異なるのも面白いところだ。古い作品だとは思うが大人な雰囲気の作品だ。 takutaku 2015/03/31 08:28 と某作家さんに言われるぐらいの畜生ヒロインが出てくるガンダムです。歳をとって見なおしてみれば彼女の立場もわかるかなと思いながら見直しましたが…無理みたいでした。いや、気持ちは理解できるんですが共感できないという感じです。昔の男と今の男が争ってるの見たくなくて銃を向けるまではまぁいい。ラストの葛藤の末の笑みに引きます。お話は「ぼくの考えた最高のジオン」を信仰するゲリラ組織と上が腐ってて苦労しまくる現場兵士達との戦闘もの。ある意味ではリアルかもしれませんが、お前ら格好いいおっさん好きだろ?でもそればっかりだと不自然だから畜生もいっぱい入れとくな!という具合で格好いいナイスミドルとゲスが両極端で多すぎました。登場人物の生き方や退場の仕方を視聴者の嗜好に合わせて過ぎている気がして少しだけ物語に入り込めませんでした。もっと自信持って作っても良かったと思います。 ネタバレあり ファーストガンダムとZとの間をうまくつないだ作品だと思う。しかし、この作品はジオンにいろいろやられたりしていてあまりリアルさを追求しているのか、あまりスッキリしない作品だと思う。ガンダムでニュータイプという概念がでない作品だから、こういう感じになっているのかもしれない。この作品のヒロインのニナは、ガンダムで相当評価が低いヒロインになっているらしいが最後のほうのコロニー落としのときにガトーに味方をしてコロニーを止められなかったというのが一番の原因になっているのだろうなと思う。 ネタバレあり 一言…アナベル・ガトー最高!まさに忠臣&侍。今西監督には是非ORIGINでも頑張って欲しいです。 作画は今でも、普通に見れます。むしろ今のアニメより上かも。ロストテクノロジーの域になっちゃうんですかねー。タイトルの分かるは、ヒロインのニナの心情です。Gジェネから入ったので、主人公を裏切って、最後に戻ってくるってなんやねん?だったんですが、昔愛した人が別れを告げずにいなくなって、今好きになった人が出来て、昔の人が突然目の前に・・・、それも敵として。自分の気持ちに決着つけて別れたわけじゃなかったから、戸惑って、でも周囲はそんなのお構いなしに進展して、自分はどうすれば・・・って感じですかね。迷い無くコウを選んでも、不自然ですし、ニナのあの態度は、リアルに描いた人間模様だったのだと思いました。 ネタバレあり なーんか削除されちゃったので簡潔に。顔芸とデンドロビウムの格好良さを楽しむ作品。敵側の身勝手な理論と行動、味方側の汚さ、主人公の未熟さ、ライバルの思想信念にも全然共感できないのでね、物語は普通。作画陣は凄かったので色々と惜しいね。 時系列でいえば、1stとZの中間です。のちのZにもでてくるキャラがいるのでデラーズフリート紛争時の彼らの立ち位置というのがわかる作品です。Z、ZZ、逆シャア、UCなど後の世代でもジオンの残党が戦っていますが(名前をかりているだけかもしれませんが)、このデラーズ紛争があったからこそ地球連邦に抵抗し続けることができたのかなと思いました。それほどジオンというのはスペースノイドにとっての希望であったのでしょう。ジオンに忠誠を誓い、亡くなった兵士の分を背負って戦うガトー。その男気からか慕う部下も多く、大塚明夫さんの声がマッチして更に魅力アップ。戦闘技術と信念が凄い分、主人公であるコウの未熟さそして成長がよくわかります。この2人の戦いは見応えのある戦いとなっている分、二ナがひどい。評価が下がるのはこの人のせいです。 「私は3年待ったのだ!!」なんてw 何年振りか覚えてないけど、二回目の視聴。宇宙世紀の作品で最も熱い戦いだと思うんですよねウラキvsガトーは。そして作画も一番、濃いというか渋いというか。特にウラキとガトーの表情はすごくリアルに描きこまれてます。一番目立ちますよね、主役だし。だからこそ二人の戦いは迫力がヒシヒシと伝わりました。そしてニナの評価ですけど、正直気持ちはわかりますよね。ガトーはだって何も言わずに居なくなったわけですし、別れの言葉も言わずに。コウが好きだけどガトーともまだ終わってなかったんですよね。だからずっと苦しんでたんでしょう。最後はコウと再会してやっぱり複雑な表情を浮かべるけど、コウが無事なことと再会できたことが嬉しかったんでしょう。清々しい笑顔でした。良い終わり方だと思います。。。そしてさりげなく僕たちのハマーン様も出てます!!(ここ大事)ぜひ見るべきでしょう!!!!w ネタバレあり MILKCAKE 2015/03/03 12:46 初代とZをうまく繋いではいるんだけれども(´-ω-`) 確かに面白く、最後まで視聴できる意欲が維持できます。新型の各ガンダムやMAがかっこいいし、ザクやドムなどもうまくリメイクされています。ストーリーも初代からZに至る間のミッシングリンクが描かれており、後から宇宙世紀に追加された作品でありながら破綻していないのがすごいです。