• 記事: 26536
  • 質問に対する回答: 26940
  • コメント: 19318
  • 準備ができて答え: 15540

グーグル 重大なセキュリティ通知

Googleから届いた「重大なセキュリティ通知」のメールは本物?【警告... Android 10で強化されたセキュリティ対策について、ユーザーが知っておくべきこと | WIRED.jp

グーグル 重大なセキュリティ通知

セキュリティソフト; Googleからのメール; Googleから届いた一通のメールは本物? 私の手元にGoogleを名乗るアドレスから「重大なセキュリティ通知」という題で1通のメールが届きました。このメールについて、本物かどうか見分ける方法や対処方法を紹介し ... グーグルは長年にわたり、ユーザーのデータを巡るプライヴァシーの問題に取り組むと同時に、組織の安定を脅かすような社内問題にも対処してきた。それだけでなく、Androidのセキュリティとプライヴァシーを継続的に向上させてきてもいる。同社が手がけるモバイルOS「Android」には25億ものユーザーがいるだけに、決して簡単なことではない。このため最新版OSとなる「Android 10」では、データ保護およびプライヴァシーの機能について、これまで以上に焦点が当てられている。データに関する大きな制御権をユーザーについに名称からスイーツの名が外れたAndroid 10では、プライヴァシーとセキュリティの新しいツールに外見上の華やかさはない。むしろ開発チームは、絶大な効果をもたらす技術的な変更とアップグレードに多大な労力を費やしてきた。また今回の改良点は、暗号化から設定項目の整理、アプリを隔離する方法にいたるまで、システム内の膨大な数のコンポーネントにわたっている。「セキュリティとプライヴァシーの強化は、Android 10に限った新機能ではありません」と、Androidのプロダクトマネージャーであるシャーメイン・ドゥシルヴァは説明する。「それでも今回のリリース計画を立てているとき、製品が成熟するにつれて、どうしてもこの分野にフォーカスすべきだと考えるようになったのです」真っ先に気づくことは、Android 10がデータに関する大きな制御権をユーザーに与えようとしていることだ。AndroidはオープンソースのモバイルOSであるため、ユーザーインターフェースや機能についての要件はほとんどなく、携帯電話メーカーが自由に実装できる。これに対してAndroid 10では、どのAndroid端末であっても、「設定」画面の「プライバシー」と「位置情報」が同じ場所になるように全メーカーに義務づけた。これでどのAndroid 10端末でも、見たこともないメニュー画面を探し回らなくても、同じ場所でこうした項目を必ず見つけることができる。Android 10では、例えばユーザーの位置情報にアクセスするような場合にアプリがアクセス許可をリクエストしたり、ユーザーの選択を何度も確認したりすることも要件として追加された。また、新たに導入されたジオフェンス機能(ある地域に設定した仮想の境界線やフェンス)では、位置情報の追跡機能のオン・オフを切り替えるだけでなく、画面上にアプリが表示されている場合のみジオフェンス機能をオンにするように選択できる。「デバイスID」を巡る課題さらにAndroid 10では、端末のシリアルナンバーやID番号のような変更不能な「デバイスID」にアプリがアクセスする機能にも制限を設けた。このためアプリの開発者は変更不能なIDではなく、ユーザーがリセットできるIDを使ってユーザーを“追跡”することになった。結果として、デジタルフィンガープリント[編註:データの整合性を確認する際に使用されるハッシュ値]に不正アクセスされたときや、ユーザーがデジタル上の自身の全記録を削除したいなどの場合に、必要な手段がユーザーに与えられることになる。これはターゲットを絞った広告を打つためにユーザーを追跡している実態が知られるようになったことから、特に重要といえる。とはいえ業界においては、ユーザーが変更できない端末IDを収集することの脅威について、10年近くも議論されてきた。Androidには変更可能な「広告ID」があり、アップルのi OSにも同様の「広告掲載ID(IDFA)」が用意されている。アップルは2013年、広告主にIDFAのみ使用するように義務づけ、グーグルは2014年に独自の「グーグル広告ID(AAID)」の使用を広告主に義務づけた。いまやこうした対策は、広告以外の分野にも広まっている。アプリ開発者はAndroid 10によって、比較的持続性のあるIDの選択肢がもてるようになった。例えばユーザーは、あるアプリで販促品をもらってからそのアプリを削除し、再びインストールして瞬時に同じ販促品をもらうことはできない。だが目標は、開発者にはユーザーを追跡できるようにし、ユーザーにはある程度のコントロールをもてるようにしてバランスをとることだ。「追跡されたくない場合、ユーザーがIDをリセットできるようにしたかったのです」と、Androidプロダクトマネージャーのドゥシルヴァは言う。バランスをとったAndroid Android 10における多くの変更は、できる限り柔軟性を備えたオープンなプラットフォームづくりと、一定のセキュリティとプライヴァシー要件を守る姿勢との緊張感を物語っている。ドゥシルヴァは変更可能なIDへの移行において、デヴァイスメーカーとソフト開発者との大がかりな協力関係を要したことを強調している。同様にAndroid 10は、バックグラウンドで実行中のアプリがユーザーへの通知のために前面に表示される機能についても、新たな制約を設けた。例えば目覚まし時計アプリの開発者は、ユーザーにアラームが鳴ったことを通知するオプションはそのまま使えるが、ユーザーが何か別のことをしている最中に画面全体を使うことはできなくなる。これは中断されること、特に予期せず驚かされることのないようにするのが目的だ。だが、こうした変更はソフトの開発者にしてみれば、オープンソースに根ざしたAndroidをむしばむものだと感じられる可能性もある。「これはわたしたちが達成しようと努力した結果のバランスです。ソフトウェア開発者にはイノヴェイションを導入する自由を与えながら、ユーザーを守りたいのです」と、ドゥシルヴァは言う。「このバランスを達成するために何度も何度も議論を重ねました。必ずしもこれが正解だとは言えませんが、決定を下す際にこのふたつを念頭に置くことは忘れませんでした」強化された暗号化処理一方で最も重大な変更として、画面には見えない奥深くで行われたものがある。その代表例は、ウェブページの暗号化の処理方法だ。Android 10では、サポートするすべての接続タイプにおいて、新しい通信暗号化規格「TLS 1.3」を標準で有効にした。ウェブサイトを見ていて気づくようなことではないものの、新規格に対応したことで旧式の暗号化アルゴリズムの脆弱性を排除し、送信データの暗号化プロセスをよりセキュアで高速、かつ効率の高いものにした。Android 10を搭載した新しいデヴァイスは、強力なプロセッサーを搭載しない低スペックなIo T端末でさえも、ストレージの暗号化が義務づけられた。どこまで実現可能なのかといえば、グーグルが2019年2月に発表したカスタム暗号化規格「Adiantum」のおかげで十分あるというのが答えだ。Adiantumは、市場にある各種のAndroidデヴァイスをもっと強力に保護できる技術だ。Adiantumは、すでに確立して精査された暗号化技術に基づいているが、より効率的な手法で実装するため、あらゆるデヴァイスで実行できる。現時点で、旧ヴァージョンのAndroidを搭載した製品には暗号化の実装が推奨されているものの、義務づけられてはいない。「Adiantumは当社にとって本当に大きな変化です。エコシステム全体を前進させる5年の進歩と言えるでしょう。それにロングテール効果もあります」と、Androidプラットフォームセキュリティを率いるルネ・マイアホーファーは言う。「Androidをリリースするたびに最初から構築することは不可能です。エコシステムは旧型のチップセット、旧型のコアで構築されていて、暗号化をサポートするために新型のプロセッサーを組み込んで改良することなどできません」ファイルベースの暗号化の実装さらなる暗号化の要件としてAndroid 10では、旧式の「ディスク全体の暗号化」ではなく「ファイルベースの暗号化」の実装を掲げている。もともと「Android 7 Nougat(ヌガー)」に導入されていたファイルベースの暗号化は、初期パスワードを入れなくても端末を起動して直にロック画面へと移行できる。つまり、電源を入れるとすぐに、アクセシビリティ機能やアラームを使えることを意味する。ファイルベースの暗号化は、複数の人が共有するデヴァイスや、作業用プロファイルを使って仕事用のアプリやデータを個人用と切り分ける際に、セキュリティが向上する。これは端末が起動してロック画面になる際に、復号する必要がないからだ。その代わり、起動時にサインインしたユーザーに関するデータのみ復号することになる。現時点では移行期間中なので、端末に完全に採用されるには時間がかかるだろう。ユーザーの端末からウェブに至るまでの一連のデータ暗号化に関する新機能に基づいて、Androidのチームは開発者向けに新たなセキュリティライブラリーをリリースした。このライブラリーは、グーグルの開発ツール「Android Jetpack」を通じてアプリに統合できるようになっている。最終的な目的は、セキュリティに関する幅広い専門知識がない開発者であっても、適切なセキュリティをアプリに実装できるようにすることにある。「サンドボックス」による保護機能もこうしたツールは、Android 10におけるほかの改良点と組み合わせると、アプリを隔離してサイロ化する「サンドボックス」による保護機能も強化できる。これはアプリからのデータの流出を防いだり、アプリが許可なくシステムへのアクセス権を獲得したりするのを防ぐものだ。Android 10では、さらに“小型サンドボックス”も使えるように設計されている。相互運用性に問題があったり、バグのあるレガシーコードを実行している可能性があったりすると、システムプロセスやアプリのコンポーネントをひとつずつ完全隔離するのだ。「バグ報奨金のプログラムを通して毎年のように報告される不具合を見てみると、その大半がメモリーの安全性に関連するものか、Bluetoothやカーネル、つまり、OSの中核となる重要な部分に関連するものです」と、Androidのセキュリティ機能担当のリードプロダクトマネージャーを務めるシャオウェン・シンは言う。「そこでわたしたちは、毎年のように追加する機能を強化しています。OS全体を強固にすることはできないので、こうしたプロセスを繰り返していくことになるのです」全面刷新に合わせたセキュリティ強化の意味Androidのセキュリティとプライヴァシーに関する10年以上にわたる進化は、このOSのセキュリティ態勢を無数の優れた手法によって抜本的に修正してきた。一方で、Androidのように高機能かつ多様性に富むプラットフォームだけに、対処すべき弱点や“外敵”に晒されるリスクといった問題が常につきまとう。「グーグルがAndroidを強固にするための優れたセキュリティ対策を採っていることは確かです」と、モバイルセキュリティとマルウェアの研究者であるニコラオス・クリセイドスは言う。「それでもAndroidには、疑わしい広告開発ツールの使いすぎをチェックして制限をかける機能が欠けていると思います。それにGoogle Playストアには、疑わしいアプリをチェックする機能など多くの改善が求められています」Android 10に施されたセキュリティとプライヴァシー対策の強化は、新機能「ジェスチャー ナビゲーション」のようなドラマティックなものではなく、あくまで従来機能の改良である。それでも今回のOSの刷新においてはは、特筆すべき重要な改善点だと言っていい。なにしろ、きちんと機能することを25億人ものユーザーが期待しているタイミングなのだから。

Googleからの重大なセキュリティ通知は詐欺?メールが届いた時の対処... Googleアカウントが乗っ取られそうになったけど、2段階認証に助けられた話。 - starnote*

グーグル 重大なセキュリティ通知

Googleから送信される重大なセキュリティ通知についての紹介や、フィッシングメールなどの見分け方を紹介します。Googleを装った偽のセキュリティ通知は後を立ちません。Googleのセキュリティ通知メールの知識を身につけて自己防衛していきましょう。 最後の砦がうまく機能してくれました。「2段階認証」ってご存じですか? IDとパスワードでの認証に加えて、本人しか知りえない番号でもう1回確認するというものです。その番号は認証する度に変わるので、より一層セキュリティを高めてくれます。今日の話なのですが、僕のGoogleアカウントのパスワードが破られてしまいました。普通ならこの時点で乗っ取られるところですが、僕は2段階認証を設定していたので乗っ取られずに済みました、というお話。※ セキュリティ超大事!2段階認証は絶対設定しておこう!ということを啓蒙できればと思って書いています。このブログに大きな影響力があるとは思いませんが、この記事を読んでくれた方の意識が少しでも変わればそれで良いのです。Googleアカウントが乗っ取られそうになった!そもそもの事の発端は、今日の昼前に知らない番号からSMSが届いたことでした。 第三者によるパスワードを使った(僕のGoogleアカウント)への不正なログインをブロックしました。はい、なんだかただならぬ気配が漂っています。こんなSMSが届いたのは初めてなので、迷惑メール的なものかなーとも思ったのですが、Gmailにも通知が来てました。 2段階認証プロセスにより、お使いの Google アカウントへの不審なログインがブロックされました。このログインに心当たりがない場合は、第三者があなたのパスワードを不正に使用している可能性があります。2段階認証が働いてくれて、不正なログインをブロックしてくれたとのこと。・ ・ ・ ここで一瞬思考停止してしまったのですが、結構な緊急事態な気がするよ? しかもWindowsマシンでアメリカからのログインでした。どちらも心当たりがないぞ…!その後Googleのセキュリティのページにアクセスしてみると、ログが残っていました。サンフランシスコでログインに試みたようですが、僕が今いるのは日本。明らかに第三者によるものです。よくよく考えてみると、2段階認証が効いたということはパスワードは突破されてるということですよね。つまり、2段階認証を設定していなかったらアカウントが乗っ取られていた可能性が高いわけです。僕はいくつかGoogleアカウントを持っていますが、今日乗っ取られそうになったのはメインで使っているアカウントです。普段の連絡に使うGmailはもちろん、GoogleドライブやGoogleフォト、アナリティクスやアドセンスもこのアカウントで使っています。もし乗っ取られたらと考えるだけで気が遠くなりますね。。。2段階認証を設定していた点はGOOD今回の事例の中で自分を褒めてやりたいのは、あらかじめ2段階認証を設定していたというところです。メインで使っているアカウントなので、できるだけセキュリティは高めておこうと思って設定していました。おかげで助かりました。僕は「Google Authenticator」というアプリを使ってコードを取得するようにしているのですが、毎回コードを入力するのが面倒に感じていたのも事実。それでも設定を解除しなかったのは褒めてやりたいです。長い間パスワードを変更していなかったのはBADでも褒められることばかりではありません。今日乗っ取られそうになったアカウントのパスワードは、なんと2010年から8年間も変更していませんでした。しかも、その文字列(8文字)は2001年に当時契約していたプロバイダから発行されたパスワードでした。つまり17年間も同じ文字列をパスワードとして使い続けてきたわけです。(この文章を書いてて自分でも若干引いてます)定期的に変更した方がいいと言われているパスワードを、同じアカウントで8年間も使い続けていたら、いつかは乗っ取られるよね。という当たり前の結論になってしまいますが、パスワードはきちんと変更しておくべきでした。反省します。もちろん、その後速攻でパスワードを変更しました。今はいろんな端末で再ログイン作業に追われているところです。2段階認証が使えるアカウントは必ず設定を!せっかく記事にしているので、2段階認証が使えるサービスを記しておきますね。手遅れになる前に絶対に設定しておきましょう。記事執筆時点では僕が設定しているアカウントに関するものですが、もし他にもあるよ!というのがありましたら、コメント欄でお知らせいただけると助かります。そもそも「2段階認証って何?」っていう人は、まずはこちらへ。→ Google 2段階認証プロセスGoogle繰り返しになりますが、Googleアカウントは2段階認証が設定できます。コードの取得は、指定した電話番号へのSMS送信でもいけると思いますが(未確認)、一番簡単なのは前述の「Google Authenticator」というアプリを使う方法でしょう。i PhoneやAndroidスマホにこのアプリをインストールして、QRコードを読み取るだけで簡単に設定できます。手順はこちらの記事が詳しいです。→ 「Google Authenticator」アプリとi Phone/i Padで2段階認証を実現する:Tech TIPS – @IT注意点としては、例えばi Phone → i Phoneに機種変更した場合はバックアップから復元することが多いと思いますが、それでは2段階認証の設定は引き継げません。新しい機種で一から設定が必要です。といってもQRコードを読み取るだけですが。Evernote僕はEvernoteが無いと生きていけない体になってしまっているので、このアカウントが乗っ取られたらしばらく立ち直れそうにないと思います。だからできる限りのセキュリティ対策はしておきたいと考えています。で、そんなEvernoteも2段階認証に対応しています。こちらも「Google Authenticator」でQRコードを読み取るだけで設定できるので大変お手軽です。Dropbox大切なデータを保存そることが多いDropbox。このアカウントも乗っ取られたら大変ですね。なんとこちらも、2段階認証に「Google Authenticator」が使えるのです。万能アプリですね。3つのサービスを登録した状態がこんな感じ。6ケタの認証コードは、それぞれ30秒ごとに更新されます。不正ログインしようとしている側からすると、30秒で6ケタのコードを解析するのは、なかなか難しいのではないでしょうか。もちろん100%安全になるとは言い切れませんが、少なくともセキュリティレベルは上がるでしょう。現に今日の僕はこの2段階認証に救われたので。Microsoft Microsoftアカウントも2段階認証が設定可能です。こちらは「Microsoft Authenticator」というアプリを使います。

Googleからの「重大なセキュリティ通知」メールの対処方法について ... Gmailの通知が来ない時にやるべき3つの対処方法【FAQ】

グーグル 重大なセキュリティ通知

Googleの「セキュリティ通知」機能で、メールが届くことがあります。 例えば、 ・重大なセキュリティ通知 ・新しい端末でのログイン ・不正なログインのブロック. などです。 googleのアカウントに関連した情報が入り次第、以下のようなメールが届きます。 Microsoft Authenticator無料 30秒間だけ数字のコードが表示されるという機能はGoogleのものと同じなのですが、こちらはコードが8ケタなんです。Googleよりもセキュアだと言うことができるでしょう(僕は素人なので6ケタと8ケタで顕著な差があるかは分かりません)。ドコモ(dアカウント)僕はメイン回線をドコモで契約しています。そのdアカウントも2段階認証に対応していて、SMSでコードが送られてくるタイプです。オンにするにはアカウントの設定メニューから。→ 2段階認証とは | dアカウントこちらのメニューから入ってログインすると設定できます。i Cloudi Cloudの2段階認証は、同じアカウントにログインしている別の端末から許可する方式をとっています。たとえば、Macのブラウザからicloud.comにログインしようとすると、同じアカウントにログインしている端末にこんな通知が飛びます。(ここではi Phoneの画面を掲載しています)僕がいるのは九州ですが、mineo回線に繋いでいたので大阪になってます。まとめこれまでは「なんだか安全っぽいしとりあえず設定しとくか〜」という感覚だったのですが、こうやって助けられて初めて、2段階認証の重要性を認識しました。これは絶対に設定しておくべきです。アカウントが乗っ取られて大事なデータが消されたり、勝手にメールを送られたり、見られたくない写真を見られたりするよりは、毎回のログインが少し面倒臭くなる方がマシだと思います。2段階認証を使ったことないよ!って方、今すぐ設定することを強くオススメして、今日の記事を締めようと思います。では。

【Googleアカウント】重大なセキュリティ通知は本物?対処法は? ス... ウイルス対策ソフト スマートフォンセキュリティ(Android厳選アプリ)|ソースネクスト

グーグル 重大なセキュリティ通知

では、Googleアカウント管理画面で重大なセキュリティ通知が見つかった場合の手順について解説していきます。 もし、重大なセキュリティ通知がなかった場合でも、アカウントが不正にログインされた時に備え手順を覚えておいて損はないと思います。 なぜか今日は1通もメールの通知が来ない…そんな時は 今回は、Gmailに新着メールが来なくなった場合の対処法を解説します。対処方法は大きく分けて3つあります。 突然Gmailが来なくなった!という方は1つずつ確認してみてくださいね。 1.まずは基本中の基本!端末を再起動しよう 最初の対処方法は、基本中の基本ですが端末を再起動しましょう。Gmail自体に原因がなくてもアプリやOSが一時的に不具合を起こしている可能性があります。 まずは電源を切ってスマホを再起動 ですので調子が悪いと思ったら、闇雲に設定を変更せず、まずはスマホを再起動してみましょう。意外とこれで正常になることが多いので「困ったら再起動」と覚えてくださいね。 2.スマホの同期設定を確認する 続いてはスマホの同期設定の確認です。設定→「アカウント」→「Google」から「Gmail」がONになっているか確認しましょう。 このようにGmailだけOFFになっていないか確認 自分で変更したつもりがなくても、節電アプリを利用している場合、アプリによっては「同期」を自動でOFFにしてしまう場合があります。節電アプリを利用しているかたは、アプリ自体の設定もあわせて見なおしておきましょう。

どう対処しよう!?Googleから重大なセキュリティ通知がきた話 ハジ... この重大な警告を無視しないでください。女性のアナウンス | パソコンサポート事例|パソコン119

グーグル 重大なセキュリティ通知

どう対処しよう!?Googleから重大なセキュリティ通知がきた話. calendar 2018年11月12日. reload 2019年08月18日. folder Google IT 3. Gmailの通知設定を確認する 最後はGmail自体の通知設定を確認します。左上のメニューアイコン→「設定」→「メールアドレス」の「通知」と「Gmailの同期」にチェックが入っているか確認してください。 「設定」にある「通知」と「Gmailの同期」にチェックが入っているか確認 ここがONになっていれば大丈夫!ではなく、もう一段階設定があります。下部にある「ラベルの管理」から「受信トレイ」、「すべてのメール」の設定や自分で設定した「ラベル」の項目が「同期」になっていることを確認しましょう。 通知がONになっていてもラベル設定が「未同期」だと通知はこないので注意 対処方法は以上です。通知が来なくなったら上記の設定を確認してみてくださいね。