• 記事: 19499
  • 質問に対する回答: 22992
  • コメント: 25619
  • 準備ができて答え: 15071

オーロンゲ 技構成

【ポケモン ソード&シールド】オーロンゲの育成論(種族値・努力値・技構成など)│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新... 【壁貼りオーロンゲキッス】を使ってみたら強すぎた【初心者向け】 - るまブログ

オーロンゲ 技構成

今回は、 ポケモン ソード&シールド(ポケモン剣盾)の「オーロンゲの育成論(種族値・努力値・技構成など)」 をまとめています。 それでは、ご覧くださいませ! 【ポケモン ソード&シールド】モスノウの育成論(種族値・努力値・技構成など) 努力値 HP232 防御252 特防12 素早さ12 特性 いたずらごころ もちもの ひかりのねんど メイン技 -リフレクター(必須) -ひかりのかべ(必須) -ちょうはつ(or電磁波) -イカサマ(ソウルクラッシュ) この型が鉄板かなぁって思います。とりあえず何が来ても仕事はできますね 僕は最初電磁波を採用してましたがなかなか使いどころがなく挑発を入れてます、挑発持ちのメリットは相手の初手に変なことをさせないというところです 相手によっては悪だくみを積む余裕がない場合もありますが、HPが高いため生半可な攻撃では落ちません ここからは僕個人が戦ってきて、オーロンゲキッスで突破できなかったポケモンを紹介します ・ドリュウズ オーロンゲキッスを使ってて相手が初手で出してくる確率がかなり高かったのがこいつ 大体こちらが壁を貼るんですが、その後キッスを出しても岩石封じなどでSを上げさせてもらえませんでした Aも高いのでかなり厄介なポケモンでしょう ・ヒートロトム ロンゲで起点を作ってキッスでいざ全抜き…ってところに出てきたのがこいつです キッスの技構成的にヒートロトムに打点がないのでほぼ殴り負けます ・バンギラス こちらもキッスに強いです。すなあらしでDを一段階上げた状態でのダイマックスバンギはこちらのダイフェアリーなど余裕で耐えてきます 返しのダイロックなどで大体撃ち負けます 以上がオーロンゲキッスの使い方と対策になります 使ってみた感想としてはかなり強いですね…相手がキッスのケアに無頓着だと余裕で三タテ出来ます 上記の対策ポケモンに対しては相性の良いラム自信過剰ギャラドスで対応しました キッスを狩りに来る対策ポケを狩るといったノリで運用してましたね…

【ポケモン剣盾】オーロンゲの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシ... 【剣盾シングルS2最終133位&シングル厨4位】オーロンゲカビゴン - 化石構築発掘所

オーロンゲ 技構成

ポケモン剣盾(ソードシールド)における、オーロンゲの育成論と対策を掲載しています。オーロンゲの強い点や評価も掲載していますので、オーロンゲを育成したい方は是非参考にしてください。 をしていました。 だから、実際にちゃんと6匹フルで使えるようにして相手のポケモンごとに選出や順番を変えれば、今より遥かに勝率は上がるはずです。 あと、この3匹も単純に私が好きだからです。 なので、今から説明していく戦略の基本さえ理解してもらえば、このパーティを好きなように変更しても勝てるようになります。というか、もっと勝てるはずです(笑) 以下、3匹の運用方法と解説です。 性格:わんぱく 特性:てんねん 持ち物:たべのこし 努力値 HPに252 防御に252 特防に6 とくせい「てんねん」は相手の能力上昇を無視する効果があります。 なので弱点保険で攻撃力を上げられても、ミミッキュに「つるぎのまい」をされても、パルシェンに「からをやぶる」をされても、ヌオーにとっては実質ノーダメージになるという素晴らしい特性。 モンスターボール級、スーパーボール級などポケモンの知識が少ない層ほど、そもそもヌオーが「てんねん」を持っていると知らないので、無駄に何回も「つるぎのまい」でターン消費してくれるようなこともしばしば。 物理ストッパー。 今ランクバトル環境で大暴れしているドラパルト、ミミッキュ、ドリュウズ、バンギラスなどを止められます。 実際、ヌオーを使ってドラパルトと対面してみると分かりますが、めっちゃいいカモです。ドラゴンアローを撃たれても、体力1/3減るか減らないかですからね。 [aside type=”normal”] ヌオーの簡単な運用方法 相手が物理アタッカーなら「のろい」と「じこさいせい」で耐久力を上げながら居座る。 相手が特殊アタッカー&イヤなポケモンなら「あくび」で交代を促す。 「のろい」を詰み終わって要塞化したら、ひたすら「れいとうパンチ」で殴る。[/aside] ちなみに、攻撃手段の「れいとうパンチ」は再考の余地ありです。 もともとは「じしん」を採用していたのですが、せっかく「のろい」で要塞化してもひこうタイプを出されるとどうしようもなくなってしまう場面がありました。 それを相手に気づかせないように「あくび」で交代させ、「じしん」が効くポケモンは全滅させておく…という手順を取っていたのですが、やっぱり飛行やふゆう持ちに手が出ないのは面倒。 そこで、無効なし&「こおり」の可能性もあるれいとうパンチを採用しました。 ただ、技威力に難ありですし、攻撃技はもっと良い選択肢があるかもしれません。(できれば相手を妨害する系が良いですね。かといって「のろい」を連発する関係上、相手の素早さを下げる攻撃は無意味ですし…) 性格:ひかえめ 特性:マジックミラー 持ち物:きあいのタスキ 努力値 HPに252 特攻に252 防御に6 特性「マジックミラー」は夢特性なのでレイド攻略する必要があります。 面倒ですがそれをする価値があるほど強力な特性です。あと、努力値については正直特攻以外はテキトーに割り振った感があるので、今の物理環境ならHPの努力値を削って物理にまわしてもいい気がします。 努力値調整の知識がある人はどうぞ。 面倒なら、そのままパクればOK。 トリックルーム始動係&自分で殴る係。 特攻種族値135というかなりの攻撃力。 そして素早さ種族値29という、カビゴンよりもさらに鈍足。 それほど耐久力があるわけではないので、弱点をつかれると一発でやられてしまったり、そうでなくても2発食らえばだいたい落ちます。なので、トリックルームで素早さを逆転させてあげてください。 そして、トリックルームで素早さを上げたあとはシンプルに殴り続けるだけ。また、ブリムオンで削りきれなくても、後続で出すことが多いキテルグマもだいたいのポケモンより遅いので、そのまま上から殴れます。 [aside type=”normal”] とくせいは「マジックミラー」がかなり強力 「どくどく」「おにび」「ステルスロック」さらには「ちからをすいとる」など。 例えばヌオーとドヒドイデが対面すると、相手は9割型「どくどく」を撃ってくるのですが、マジックミラーのブリムオンを出せば毒は無効(相手もどくタイプなので無効) ドヒドイデは毒タイプの攻撃技を持っているパターンがそれほど多くなく、無償降臨ののち少しダメージを受けても「サイコキネシス」でそのまま殴り飛ばすことができます。 あと、ガラルサニーゴにめちゃくちゃ刺さります。 ステルスロックは反射される、おにびも反射される、ちからをすいとるも反射されて逆にこっちが回復する…と他2匹では倒すのが難しいガラルサニーゴも倒せるようになります。 そもそも、単純にブリムオンの「マジックミラー」の効果を知らない人が多いので、相手が変化技を打ってきそうだと思ったら、ブリムオンに交代することでノーリスクで降臨&跳ね返すことができます。[/aside] 性格:いじっぱり 特性:もふもふ 持ち物:いのちのたま 努力値 攻撃に252 防御に252 HPに6 今の物理アタッカーだらけの環境を意識して、防御重視の努力値です。 とくせい「もふもふ」で接触技の威力が1/2になるので、持ち前の体力の多さも合わさって、大半の物理攻撃にはかなり固くなります。一方で、特殊攻撃されると弱点じゃなくてもアッサリ落ちてしまうことも(笑) 完全フルアタ、シンプルに殴るだけの役割。 特にドラパルトは一方的にボコれる他、相手がダイマックス中であれば「ダイホロウ」を交代で無効化して1ターン無駄にさせることも可能です。 まず、勝ち筋1はわかりやすいと思います。 今のポケモン剣盾環境は、物理アタッカーがかなり幅を利かせており、特殊アタッカーはサザンドラやロトムくらいしか見かけません。 相手のパーティ全部が物理アタッカー(ミミッキュやドラパルト)なことも多く、「のろい」で攻撃力と防御力を上げつつ「じこさいせい」を繰り返していけば、もはや相手は何をやってもヌオーを突破できなくなります。 スーパーボール級、ハイパーボール級とランクが上がっていくごとにヌオーだけで全抜きするのは難しくなってきましたが、モンスターボール級だとヌオーだけで相手を壊滅させるパターンも多数でした。 ブリムオンでトリックルーム&キテルグマと一緒に殴る。 シンプルですが、ハマれば強力です。 特に、ブリムオンってかなりの鈍足で、ナットレイくらいしか遅い相手がいません。 なので ただ、「かげうち」には注意が必要です。 トリックルーム状態だろうと「かげうち」など先制技の優先度はそのままなので、残り体力1のブリムオンはミミッキュの「かげうち」であっさり吹き飛ぶことになります。 それを避けるために、ヌオーが重要になります。 ヌオーが「あくび」を使うと、交代せずにそのまま突っ張ってくる相手が出てきます。(それでヌオーが倒されてしまうことも多数) でも、代わりにブリムオンに数ターンの猶予ができます。 いつもはトリックルーム発動する頃には虫の息になっているブリムオンも、相手が睡眠状態であればノーリスクでトリックルームを発動し、何ならそのままダイマックスして一気にボコれます。 [aside type=”normal”] ヌオーによる1ターンの猶予がポイント 「あくび」で眠らせる代わりにヌオーがやられてしまう。 でも、これによって1ターン猶予ができるので、そのスキにノーリスクでトリックルームを打てるのがポイントです。 これは 3匹とも、ドラパルトには1対1で勝てます。 キテルグマはDDラリアットで、ブリムオンはタスキで耐えてトリックルーム始動ののちマジカルシャインで、そしてヌオーに至っては「のろい」積み放題でむしろボーナスステージ。 ドラパルト同様、ナットレイにも3匹とも強く出られます。 ブリムオンはマジカルフレイム2発で、キテルグマもアームハンマーで。 唯一、ヌオーだけはパワーウィップで倒されてしまうリスクがありますが、一発くらいは持ちこたえます。 なので先手で「あくび」を打つ。恐らくナットレイはパワーウィップを打ってきますが、1発くらいなら耐えます。その次にこちらは「じこさいせい」すればOKです。 ナットレイが交代してきたらヌオーで積み直し。交代せず突っ張ってきたらヌオーが倒されてしまう可能性はありますが、眠り状態のナットレイにブリムオンを出せるのでその間やりたい放題できます。 初手でヌオーと対面することが多いポケモン。 状況によるかもしれませんが、相手がダイマックス攻撃してきても「じこさいせい」でヌオーで耐えきってしまうことも多数。 キテルグマならアームハンマーで4倍。 ブリムオンならトリックルームからのマジカルシャインで。 ※ただし、すなあらし状態だとタスキで耐えてもブリムオンがすなあらしで倒れてしまう上に、すなあらし中は岩タイプの特防が1.5倍になっているので、ブリムオンだけは使いどころに注意。 このパーティの天敵。 弱点をつけるのがキテルグマしか居ない上に、「かみなりパンチ」だと威力も弱い。 かといって、ダイマックスからの「ダイサンダー」でも割と耐えられたりする(特に電気半減の実を持ってるギャラドスが多い)ので、一発で倒すのがかなり難しい相手です。 おまけに、ギャラドスはひこう技を覚えていることが多く、キテルグマが「ダイジェット」で返り討ちに…なんてことも多数。他2体で多少はギャラドスを削れないと、かなり厳しい戦いになります。 あと、今のランクバトルの環境だとギャラドスが結構な確率で「パワーウィップ」を持ってます。 ヌオーも割と耐えてくれることもありますが、ダイマックスからのダイソウゲンを撃たれると何もできずに即死します。この3匹を使うパーティなら、ギャラドス対策は確実に入れた方が良いです。 ヌオーは特殊攻撃に弱いので、先頭のヌオーがそのまま押し切られることも。 効果抜群を取れるのがキテルグマしかおらず、キテルグマも特殊耐久はかなりペラペラなので、ハイドロポンプが一発当たっただけで割と致命傷になります。 ちなみに、ヒートロトムもそれほど得意ではないですね。 シャドーボールなんて覚えていたりすると、それだけでヌオーが耐えきれなくなるし、キテルグマはとくせい「もふもふ」により実質的に火が弱点なので、オーバーヒートで一瞬で燃えるし…

【ポケモン剣盾】オーロンゲの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲ... 【シングル雑記】脱出ボタン両壁オーロンゲ - 穏やかDぶっぱ

オーロンゲ 技構成

ポケモンソードシールド(ポケモン剣盾)における、オーロンゲの進化と覚える技(わざ)について掲載しています。タイプや特性、入手方法(出現場所)や種族値、タマゴ情報もまとめてるので、オーロンゲについて知りたい方は是非参考にしてください。 かといってブリムオンも弱点技を持っていないし…とロトムに対して有効打がないので、可能ならパーティの他の3匹にロトム対策できるポケモンを入れるのを推奨します。 対策はしてあるとはいえ、やっぱり一筋縄ではいかない相手。 ヌオーであれば、割と強く出れます。 とくせい「てんねん」を知らない人は、無駄に「つるぎのまい」でターン消費してくれたりするし。 「ダイフェアリー」のミストフィールドで状態異常を無効化できることを知らず、「あくび」を撃ったら素直に交代してくれたり。ただ、モンスターボール級、スーパーボール級…とランクが上がるほど相手の対処レベルも上がっていきます。 ヌオーがミミッキュに突破されるとしたら、初手ダイマックスからのダイホロウ(防御下げ技)を連発されることですね。 逆に言うと、相手がすでにダイマックスを使えないならミミッキュはヌオーが要塞化するためのカモになります。 あと、キテルグマも相手がダイマックスでなければ勝機はあります。 「じゃれつく」を食らってもとにかく物理耐久が高いので、「アイアンヘッド」などでそのまま殴り飛ばせることもしばしば。結局、ミミッキュに関しては「ダイマックスしてきたらキツイ」という結論です。 有効打がキテルグマの「かみなりパンチ」しかありません。 威力が低いので、リザードンを一発で落とし切ることは難しいです。対して、キテルグマはとくせい「もふもふ」により一瞬で焼かれてしまう。 ヌオーはタイプ的には有利ですが、リザードンが草技を覚えていることも多く「ダイソウゲン」などで一撃でやられてしまいます。 ブリムオンは弱点をつかれることは少ないですが、こっちも有効打があるわけではなく2発くらい殴る必要があるので、単純にスピードの差で殴り負けます。 ミミッキュ、ドラパルト、バンギラス、ドリュウズ…

【ポケモン剣盾】オーロンゲの育成論と対策 アタッカーもこなせる補助役!【ポケモンソードシールド】 -... 【ポケモン剣盾】ランクバトルのマスターボール級到達パーティ【勝てない時に】 – サクッと!雑記読み

オーロンゲ 技構成

ポケモンソードシールド(剣盾)のオーロンゲのおすすめの育成論を紹介しています。育成論や対策、努力値振り、おすすめのわざ、持ち物などを紹介しているので、オーロンゲを育成する際の参考にしてください。

オーロンゲ育成論 :... 【単体考察】襷アタッカーオーロンゲ - 止まない雨はない

オーロンゲ 技構成

【ポケモン剣盾】『オーロンゲ』の育成論・調整。特性『いたずらごころ』、技『ddラリアット』『ドレインパンチ』『パワースワップ』『リフレクター』を採用。オーロンゲのおすすめの技構成や、努力値調整などを詳しく考察しています。

【ポケモン剣盾】オーロンゲの育成論と対策、入手方法まとめ!性格や... オーロンゲ+弱保トゲキッス対策「チョッキドリュウズ」育成論 - A級機関

オーロンゲ 技構成

【ポケモン剣盾】オーロンゲの育成論と対策、入手方法まとめ!性格や技構成を元プロゲーマーが徹底解説!

オーロンゲ - 役割論理専用wiki - アットウィキ 【育成論】食べ残しオーロンゲ【ポケモン剣盾】 - ポケモンブリーダースクール

オーロンゲ 技構成

持ち物は拘り鉢巻、技構成は一致技+馬鹿力+炎パンツですなwww 特性はおみとおし以外ありえませんぞwww ヤーロンゲは役割範囲が極小でやれることが少なく試合中に腐りやすいのでいたずらごころでないことがバレるのを防ぐよりも相手の持ち物を覗いた方が ...

【ポケモン剣盾】オーロンゲの育成論と対策【ソードシールド】 - ソー... ポケモン剣盾のオーロンゲの技構成など何がおすすめですか? - じゃれつくor... - Yahoo!知恵袋

オーロンゲ 技構成

ポケモンソードシールド(ポケモン剣盾)に登場するオーロンゲの育成論です。タイプや種族値などの基本データから、個体値・努力値・技構成などの育成方法、役割関係の考察をまとめています。