• 記事: 17911
  • 質問に対する回答: 30089
  • コメント: 24763
  • 準備ができて答え: 24670

ザ・ビートルズ

ビートルズ - Wikipedia ザ・ビートルズとコカ・コーラと伝説のクラブの知られざる歴史The Beatles,Coca-Cola and the Casbah Coffee Club: The Coca-Cola Company

ザ・ビートルズ

同日『ザ・ビートルズ』までのオリジナル・アルバムのモノ音源と2枚組の『モノ・マスターズ』 を収録したcd box『ザ・ビートルズ mono box』も発売された 。ステレオ・アルバム・ボックスをusbメモリに収録した『ザ・ビートルズ usb box』も発売された。 【DISC1】 01:バック・イン・ザ・U.

ザ・ビートルズ The Beatles - UNIVERSAL MUSIC JAPAN ビートルズPVランキング

ザ・ビートルズ

ザ・ビートルズ(The Beatles)のユニバーサル ミュージック ジャパン アーティストサイト。ザ・ビートルズの最新ニュースやリリース情報等ご覧いただけます。 S.

Amazon.co.jp: ザ・ビートルズ: 音楽 DMM.com [ザ・ビートルズ/ザ・ビートルズ(リマスタリング盤)(アルバム)] CDレンタル

ザ・ビートルズ

ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)(3cdデラックス・エディション)(限定盤)(3shm-cd) ザ・ビートルズ 5つ星のうち 4.3 84 1967年11月10日、ザ・ビートルズは最新シングル「Hello, Goodbye」を宣伝するプロモーション・フィルム3本を制作するため、ロンドン・ウェストエンドのサヴィル・シアターに赴いた。この曲は、10月2日から11月2日までのあいだにアビイ・ロードで5度のレコーディング・セッションを重ねて完成している。発売はイギリスでは11月24日、アメリカではその3日後に予定されていた。曲の完成から発売まで3週間足らず、こうした素早い展開もあって、あのころのポップ・ミュージックは実に生き生きとしていた。 ザ・ビートルズのマネージャー、ブライアン・エプスタインはNEMSという会社を運営していたが、そのNEMSは1965年にサヴィル・シアターと賃貸契約を結んだ。エプスタインの死から数カ月後の1967年11月になっても、その賃貸契約はまだ切れていなかった。 亡くなる前、エプスタインはこのサヴィル・シアターでたくさんのコンサートを日曜日に開催していた。たとえば1967年6月4日には、ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンスのコンサートがここで開かれている。そのときジミは「Sgt.

ザ・ビートルズ (アルバム) - Wikipedia ザ・ビートルズ『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』50周年記念特集 | Special | Billboard JAPAN

ザ・ビートルズ

『ザ・ビートルズ』(英語: The Beatles)は、イギリスにおいて1968年11月22日に発売されたビートルズの10作目 のオリジナル・アルバムである。 アメリカレコード協会 に2019年現在、アメリカでの売り上げ枚数は2400万枚で、歴代4位として認定されている [注釈 2] [6] 。 1969年9月、アビーロード発売当時の僕は中学3年生。すでに前作、前々作でのTHE BEATLESの進化に全く付いて行けてなかった中坊の僕は、やや興味も薄れていたこともありあまりキチンとは聞けていなかった。でも全体的に音がスッキリしてるなぁ、と言う印象だけはあった。数年後、改めて何度も何度も聞き直した僕は、小学生の頃から憧れたバンドの事実上のラストアルバム、魂の作品だとやっと実感することが出来たのだ。 まだ20代だった4人が作り上げた最後の輝きは、50年経った今でも色褪せることはない。 THE ALFEE 坂崎幸之助 1969年、アート・ロックと云われていたサイケデリックなロックがもてはやされていた。ビートルズはその火付け役のバンドのひとつであったけれど、それに抗うかのようにして原点回帰ともいうべき『レット イット ビー』のゲットバック・セッションを経、『アビーロード』でバンドの幕を閉じた。 ラジオからはこれでもかというほど“Come Together”“Something”などのヒット曲が流れ続けていた。 中学生の僕はこのレコードを繰り返し聴き続け、“I Want You”の突然のカットアウトにロックの激しさと無常観を突きつけられ“Here Comes The Sun”に救われもした。 この道の向こうに何があるのか、いまだに分からない。 佐野史郎 「どのアルバムが一番好きか」。 その時々で答えに迷うのがビートルズ・ファンの常ですが、私の場合、結局は『アビイ・ロード』になってしまいます。50周年記念盤を一足先に聴いてしまった今、その答えに迷いはありません。目を閉じると、50年前のアビイ・ロード・スタジオに招待された自分がいました。 臨場感。 ひとつひとつ聴き進めるたびに感じる楽曲の素晴らしさ。メンバーそれぞれの息遣い、演奏の生々しさ。30年前、このアルバムを初めて聴いたときの高揚感を今再び感じられたことが、なにより嬉しい私です。そして、これからの人生でこれ以上の作品に出会えるのだろうかと、少し寂しい私です。 追記。 数多の感動が訪れる至福の47分。一番の再発見は、リンゴ・スターのドラミングでした。 最敬礼。 安田顕 「アビイ・ロード」を聴くたびに、胸が締め付けられるような思いでいっぱいになります。 それは、終わりに向かう人類史上最高のバンドの姿を思い浮かべてしまうから、だけじゃなくきっと、4人それぞれが最後にぎゅぅっと振り絞った滴の結晶たちのように研ぎ澄まされた一曲一曲を前に立ち止まり、そのつど胸の一番深くてやわらかいところを撫でられ、打たれるから。 あぁ。50年前を生きてみたかったな。ビートルズのいた時代を感じてみたかった。 それが叶わないなら、せめてその空気だけでも手繰り寄せながら、いまいちど記念盤に聴き入りたいです。 小川彩佳 アビイ・ロードが発売50周年を迎えて、スペシャル・エディションが発売されることを大変嬉しく思います。僕はなんてたってジョージ・ハリスンの大ファンです。SOMETHING , HERE COMES THE SUNも。 あとOH!

ザ・ビートルズ - 『ザ・ビートルズ1』Blu-ray DVD トレーラー -... ザ・ビートルズと「Hello, Goodbye」のプロモ・フィルム

ザ・ビートルズ

50+ videos Play all Mix - ザ・ビートルズ - 『ザ・ビートルズ1』Blu-ray DVD トレーラー YouTube The Fab Four - Beatles Tribute Full Concert - Duration: 1:50:59. Michael Woodall ... The Beatles(ザ・ビートルズ)とは、1962年に英国でデビューした20世紀を代表する4人組ロック・バンド。その影響力は音楽のみならず、ファッション、言動、思想にまで及び、社会現象を巻き起こした。彼等の音楽を語るうえで特筆すべき点の一つは、彼等自身の音楽的成長がそのまま音楽界全体の、そして聴き手である我々ファンの音楽的成長を促したことだろう。1970年の解散後も彼等の影響力は引き継がれ、21世紀の現在でもそれは変わらない。 The Beatles(ザ・ビートルズ)は、1962年10月5日「ラヴ・ミー・ドゥ」で本国イギリスでデビュー。1963年1月11日のセカンド・シングル「プリーズ・プリーズ・ミー」がイギリスで大ヒットに。ここからザ・ビートルズの快進撃が始まる。以降、「フロム・ミー・トゥ・ユー」「シー・ラヴズ・ユー」「抱きしめたい」とイギリスでNO.1 ヒットを連発。デビュー・アルバム「プリーズ・プリーズ・ミー」は1963年5月11日にヒット・チャートの1位に輝くと、以降30週間1位をキープ、12月7日には2位に落ちるが、その時の1位は同じくザ・ビートルズのセカンド・アルバム「ウィズ・ザ・ビートルズ」であり、こちらも以降21週間1位をキープ。この2枚だけで51週間、ほぼ丸1年間1位を独占したことになる。イギリスを完全に制覇したザ・ビートルズは次にアメリカに進出する。1964年1月、「抱きしめたい」がアメリカのヒット・チャートで1位を獲得。同年2月、ザ・ビートルズはアメリカに上陸、テレビ番組「エド・サリバン・ショー」に出演。アメリカの人口の60%にあたる約7300万人が視聴したといわれている。同年4月4日付のビルボード誌では1位から5位までをザ・ビートルズが独占するという前代未聞の偉業を成し遂げる。ザ・ビートルズの人気はアメリカ上陸後、全世界に拡大。NO. 1 ヒット・シングルやアルバムの連発、主演映画「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」「ヘルプ!4人はアイドル」の大ヒット、世界各地でのコンサートと熱狂するファンたち、という音楽界に留まらず、社会全体を巻き込んだ一大旋風にまで拡大する。そんな中、過酷なコンサート・ツアーのスケジュールに不満が爆発、1966年8月29日のサンフランシスコ・キャンドルスティック・パークでのコンサートを以て、一切のコンサートを終了する。それにより、多くの時間をスタジオでの音楽作成に費やすことが出来るようになったザ・ビートルズは、「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」を始めとする、革新的な作品をリリースしていく。1967年8月27日、マネージャーであったブライアン・エプスタインが急死する。コンサート・ツアーをやらなくなったことや、各メンバーそれぞれの個人活動が目立つようになり、マネージャーとしての仕事が激減。そのことに悩んだ末の自殺ではないか、とまで言われているが、公式の検死は偶然による事故死とされている。マネージャーを失ったことにより、4人のメンバーをきちんとまとめる人間がいなくなってしまった。ポール・マッカートニーがなんとかザ・ビートルズをまとめあげようとしたが、かえって他のメンバーの反感を買うことになり、ますます4人の絆は稀薄になっていった。ジョン・レノンの新しい恋人、のちに夫人となる小野洋子の存在もそれに拍車をかけることになる。1969年1月、レコーディングとドキュメンタリー映画の撮影を兼ねた「ゲット・バック・セッション」が始まる。ところがこれが4人のメンバーの不和を増長させてしまうことになり、もはやザ・ビートルズの修復は不可能になっていく。1969年4月、ザ・ビートルズはアルバム「アビー・ロード」のレコーディングに入る。事実上この「アビー・ロード」がザ・ビートルズの最後の作品となってしまった。1970年4月10日、ポール・マッカートニーはイギリス大衆紙「デイリー・ミラー」にザ・ビートルズからの脱退を発表。同年12月30日にザ・ビートルズの解散と、彼等の会社「アップル社」における共同経営関係の解消を求める訴訟を起こす。翌1971年3月12日、裁判所はポールの訴えを認め、ザ・ビートルズの解散が法的に決定されることになる。活動期間は約8年間と決して長くはない。ところがその間に彼等が成し遂げてきた成果は、音楽だけにとどまらず、ロック・バンドのあり方から、映像、ファッション、思想、文化、と様々なジャンルに影響を与えており、解散から40年以上経過した現在においても、ザ・ビートルズの影は至る所で確認することが出来る。まさに20世紀を代表するロック・バンドであるとともに、とてつもなく大きな出来事であった。 生年月日:1940年10月9日没年月日:1980年12月8日出生名:John Winston Lennon出身地:イングランド・マージーサイド州 リヴァプールザ・ビートルズのリーダーであり、ポール・マッカートニーと組んだ「レノン=マッカートニー」名義のソングライティングチームで多くのヒット曲、傑作を生みだした。元々彼が1957年に結成した「クオリーメン」が母体となりのちのザ・ビートルズが誕生する。1962年にシンシア・パウエルと結婚。1963年4月8日には長男・ジュリアン・レノンが生まれている。1966年にはのちの2番目の妻となる日本人アーティスト・小野洋子(以降『ヨーコ』と記す)に出会う。シンシアとは1968年11月に離婚が成立、ヨーコとは1969年3月に再婚している。このヨーコの存在がザ・ビートルズの解散の一因として取りざたされることが多い。1970年、ザ・ビートルズの実質的な解散(法的な解散は1971年3月12日)以降は、ヨーコとともに平和運動への参加やパフォーマンス、前衛的な作品や政治的な作品のリリースを行ってきた。1973年からジョンは一時ヨーコと別居、いわゆる「失われた週末」を迎えるが、1975年1月には「僕たちの離婚は失敗した」の言葉とともに、再びヨーコと生活を共にするようになる。そして1975年10月9日、ジョンと同じ誕生日に長男「ショーン・レノン」が誕生。音楽活動など全ての公的活動を辞め、「主夫」に専念することになる。1980年、ジョンは再びスタジオに戻り、ヨーコと共にレコーディングを再開する。そして同年11月にはジョンとヨーコの二人の名義による実に5年振りのアルバム「ダブル・ファンタジー」がリリースされ、多くのファンを狂喜させる。1980年12月8日22時50分、スタジオ作業からタクシーでアパート前に戻ったジョンとヨーコを待ち伏せしていた男がいた。その男、マーク・チャップマンは暗闇から「レノン?」と呼びかけると、ジョンに向かって拳銃を5発発射。うち4発がジョンの胸、背中、腕に命中。ジョンは「I'm shot!

Amazon.co.jp: ザ・ビートルズ オール・ザ・ベスト CD全9枚組 (BOX付)セット:... ザ・ビートルズ - ジッポーパーク Zippopark

ザ・ビートルズ

2. ザ・ビートルズ/ ロッキン・ミュージック hx-002 ビートルズ流骨太ロックサウンドが炸裂する珠玉のベストコレクション 3. ザ・ビートルズ/ ラブソングス hx-003 聴くたびに新しい発見に満ちた厳選ラブソング集 4. ザ・ビートルズ/ 全英ナンバーワン・ヒッツ ... ザ・ビートルズがイギリスで瞬く間にスターの座に登りつめると、彼らと契約を交わしたパーロフォン・レーベルは、この新しい宝物を最大限活用しようと躍起になった。そして、パーロフォンと同様EMIレコードの傘下にあったアメリカの姉妹レーベル、キャピトルに接触を試みる。しかしながらキャピトルは、当初ザ・ビートルズのレコードにあまり関心がなく、発売を見送ってしまった。一方カナダでは、かなり違う展開になった。カナダ・キャピトルはこのグループの潜在的な価値に気づき、「Love Me Do」(リンゴ・スターがドラムズを叩いている方のヴァージョン)をシングルとして発売している。ただし、これはヒットしなかった。 その後、パーロフォンは、ヴィー・ジェイというアメリカの弱小レーベルに目を向けた。ここはインディアナ州ゲイリーに住む夫婦が始めたレーベルで、黒人ミュージシャンのR&Bを専門としていた。皮肉な成り行きだったが、ブラック・ミュージックを愛好するザ・ビートルズの面々はこれを別に皮肉とは受け止めなかっただろう。その少し前にヴィー・ジェイは初めて黒人以外のグループ、つまりフォー・シーズンズと契約していた。噂によれば、ヴィー・ジェイはザ・ビートルズよりも、むしろ別のEMI所属歌手、フランク・アイフィールドのほうを獲得したがっていたという。 1963年2月25日、ヴィー・ジェイは「Please Please Me」の米国盤シングル(カタログ番号はVJ 498)を発売。これはシカゴの大手ラジオ局WLSで採り上げられ、この局が独自集計したチャートにも2週間ランク入りした。しかし、Billboard誌の全国チャートにはまったく登場していない。ちなみにヴィー・ジェイは、このシングルでバンド名のつづりを「Beattles」と間違えていた。そういう不手際も足を引っ張ったに違いない。 イギリスでは3枚目のシングル「From Me To You」が4月下旬に発表され、イギリスのシングル・チャートで7週連続1位を記録。もはやザ・ビートルズの勢いは誰にも止められなかった。しかしアメリカでは、そうすんなりとは事が運ばなかった。ザ・ビートルズがイギリスでチャートの首位に立ったことを受け、ヴィー・ジェイはシングル「From Me To You b/w Thank You Girl」(VJ 522)を1963年5月27日に発売。これはキャッシュボックス誌の‘今週注目の一枚’に選ばれ、チャート入りはほぼ確実と思われた。 一方カナダ・キャピトルは、イギリスでヒットしたシングルを次々と発表していった。4月上旬には「Please, Please Me」、6月には「From Me To You」、さらに10月には「She Loves You」がそれぞれカナダ盤シングルとして出ている。このうち「Please, Please Me」は、いくつかのローカル・ラジオ・チャートに入った。たとえばCFGP(キャッチフレーズは‘インランド・エンパイアのサウンド’)のチャートでは、27位を記録している。ただし当時カナダには、アメリカでBillboard誌やキャッシュボックス誌が発表しているような全国チャートがなかった。とにかくカナダという国はイギリスとの関係が深かったので、どうやら隣国よりも素早くザ・ビートルズを受け入れることができたようだ。 ザ・ビートルズを担当していたカナダ・キャピトルの重役、ポール・ホワイトによると、こうしたカナダ盤シングルは初めのうち悲惨な売れ行きだったという。「いろいろ頑張ったのに、‘Love Me Do’の売り上げ枚数は170枚。次に‘Please, Please Me’で挑戦してみたものの、こちらも売れた枚数は280枚くらい。3枚目の‘From Me To You’の売り上げも300枚といったところだった。しかしながら、その次にリリースした‘She Loves You’が爆発的に売れた。売り上げ枚数は最終的に10万枚近くまで行ったよ」。 ここで登場するのがデル・シャノンである。彼はロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでザ・ビートルズと同じコンサートに出演し、そこで新譜「From Me To You」が演奏されるのを聴いた。そして帰国するとすぐにカヴァー・ヴァージョンを吹き込んだ。このカヴァー・シングルはそれほど大きなヒットにはならなかったが、ジョン・レノンとポール・マッカートニーの共作曲を初めてアメリカのシングル・チャートに送り込むという輝かしい結果を残した。このデル・シャノンの「From Me To You」はBillboard誌の全米シングル・チャートでは最高77位に留まったが、それでも4人組の新進グループにとっては迷惑な話だった。ザ・ビートルズのオリジナル・ヴァージョンは100位圏内に入り損ね、最高116位にしか達することができなかったのである(この順位まで来れたのは、ロサンゼルス・エリアで売れ行き好調だったことが大きかった)。 それでもヴィー・ジェイはくじけなかった。経営難に陥りながらも、ザ・ビートルズのアルバムを出す決断を下したのである。そのアルバムは『Introducing The Beatles』(VJLP 1062)というタイトルになった。しかし当時ヴィー・ジェイはビジネス的にあまりにも多くの問題を抱えていたため、土壇場で発売を中止してしまう。とにかく、この時点でのザ・ビートルズはあまり売れていなかったのだ。 ヴィー・ジェイがこうした状況にあったため、本国イギリスのEMIは次のザ・ビートルズのシングル「She Loves You」(1963年9月にイギリスのシングル・チャートで4週連続1位を記録)を出す権利をフィラデルフィアの小レーベル、スワンに与えた(このときも米キャピトルは発売を見送っている)。スワンはこのシングルを9月末に発売したが、やはり世間一般からはほとんど見向きもされなかった。というのも、この曲を放送するラジオ局がほとんどなかったため、レコードの存在すら知られていなかったのである。「She Loves You」という曲がアメリカで注目を集めたのは、ようやく翌’64年の1月になってからのことだった。NBCのテレビ・ショー、『The Jack Paar Program』でザ・ビートルズのパフォーマンスの映像が放送されたあとのことだった。そのころには、ザ・ビートルズの人気はうなぎ登りになっていた。 1963年10月、ザ・ビートルズはスウェーデン・ツアーでストックホルムに赴いた。これは人気者になってから初めての海外ツアーだった。ストックホルムの空港での歓迎ぶりは凄まじいものだったが、1週間後に帰国したときの大混乱に比べれば大したことはなかった。それと時を同じくして、テレビ司会者で若者の流行の仕掛け人でもあったエド・サリヴァンがロンドンから帰路に就こうとしていた。この熱狂的なブームを目の当たりにしたエド・サリヴァンは度肝を抜かれ、アメリカで放送している自らの番組にザ・ビートルズを出演させることに決めた。 同年11月1日、ザ・ビートルズはヘッドライナーとしての初ツアーを開始。最初のライヴ会場はチェルテナムのオデオン・シネマだった。チェルテナムはイングランド西部の静かな町だったが、その町がかつてない熱狂の渦に巻き込まれた。その凄まじさを言い表すために、とある新聞記者が歴史に残るフレーズを思いついた。すなわち”ビートルマニア(ザ・ビートルズ旋風)”である。 11月中旬になると、アメリカもイギリスで大ブームが起きていることに気づき、テレビの三大ネットワークすべてがザ・ビートルズをインタビューするために特派員を派遣した。この三大ネットワークによるインタビューは、ボーンマスのウィンター・ガーデンズの舞台裏で行われた。またクリスマス商戦に合わせて、パーロフォンはザ・ビートルズのセカンド・アルバム『With The Beatles』を急遽発売。続いてニュー・シングル「I Want To Hold Your Hand(邦題:抱きしめたい)b/w This Boy」も発売される。このシングルは予約枚数だけで100万枚を突破していた。 ついに米キャピトルもザ・ビートルズに将来性があるということに気づき、1963年のクリスマスの翌日、シングル「I Want To Hold Your Hand」を発売する。3週間後、この曲はBillboard誌のチャートに入り、1964年2月1日には首位をマーク。以降、実に7週に亘ってそのポジションを維持し続けた。この「I Want To Hold Your Hand」から首位の座を奪ったのは、スワンからリリースされたシングル「She Loves You」で、こちらは2週間に渡って1位を保っている。当時の弱小インディ・レーベルというと短命に終わるものが多かったが、スワンは「She Loves You」がヒットしたおかげで競合他社よりも長続きしたと言われている。 クリスマス前の時期に、キャピトルは既にプロモ-ション・キャンペーンを始めていた。ニューヨーク・エリアだけで5万ドルという過去に例のない額の予算を投じ、「ザ・ビートルズがやって来る」と告知したのである。その宣伝文句通りに、ザ・ビートルズは姿を現した。まずテレビ番組『The Jack Paar Program』に出演。その後、『エド・サリヴァン・ショー』で生演奏を披露している。 やや出遅れたキャピトルは、その遅れを取り戻すため、1964年1月20日に慌ててザ・ビートルズのアメリカ編集によるアルバムをリリースすることにした。そのアルバム『Meet the Beatles!

ザ・ビートルズの新映画『Get Back』、公開が2021年夏に延期 BARKS ザ・ビートルズ - ジッポーパーク Zippopark

ザ・ビートルズ

ザ・ビートルズ、70年代に前座“人間とサメの闘い”が嫌で再結成のオファーを断る ブライアン・エプスタインの映画、ジョナス・アカーランド ... 』は、ジャケットで「ザ・ビートルズのアメリカにおける最初のアルバム」とうたわれていた。確かに、“キャピトルからリリースされた最初のザ・ビートルズのアルバム”だったことは事実である。これは1964年2月15日のBillboard誌のアルバム・チャートの1位に到達。それから11週間もその位置に留まったあと、『The Beatles’ Second Album』に首位の座を明け渡している。アメリカのアルバム・チャートのトップを、同一アーティストが続けざまに獲得するのは、前代未聞のことだった。 前述のとおり『Meet the Beatles!