• 記事: 25332
  • 質問に対する回答: 29337
  • コメント: 20898
  • 準備ができて答え: 25602

アメブロ アドセンス

【最新】アメブロはGoogleアドセンスなどの広告収入を稼ぐのに使える... グーグルアドセンスおすすめブログは?適したテーマは? - アドセンスブログで稼ぐ

アメブロ アドセンス

3.アメブロはGoogleアドセンスの審査に出せない? 今はそもそも新しいブログに広告を設置する場合は再審査が必要になるので、新しくアメブロに広告を貼ろうとしても審査の段階で通りません。 むしろ審査にすら出せないという状況です。 グーグルアドセンスにおすすめブログ ネットで副収入を稼ぐためにGoogle Adsenseを始めよう!という方が増えてきました。 私もその考えには大いに賛成します^^あなたのヤル気次第で本業を上回る収入を稼ぐことだって可能です。 ですが、 「グーグルアドセンスにはどんなブログがおすすめ?」「アドセンスに適したテーマやテンプレートはどんな?」「アドセンス審査にはどこブログサービスを使うのがいいの?」 といった、これからスタートされる方には少し先の話になりますね。 まずは、あなたが現在疑問に感じているグーグルアドセンスのスタートアップ、準備編として無料ブログ、テンプレートの選び方、そして審査時の事について、少しお話をしていこうと思います。 先のご質問は、一見似たような質問なのですが、潜在ニーズとしては異なる疑問にも思えますので、個人的な解釈ではありますが、それぞれに対して説明していきますね。 アドセンス審査にはどのブログサービスを使えばいいの? アドセンス広告を運営サイト(ブログ)に掲載するには、ご存知の様に審査が必要となります。 審査用のブログは無料ブログでも問題ありません! 審査時に試されるのは、あなたが運営者(WEBマスター)として、Google Adsense規約を理解して有益なコンテンツを提供できる人なのか?という一点です。 以下のAdsenseヘルプをご参考にしてください。Ad Sense プログラム ポリシーコンテンツ ポリシー 従いまして、どんなブログサービス使い、どんなデザインでも、それ自体は審査に関係ありません。 しかし、無料ブログの場合は、提供するサービス側の規約でGoogleアドセンスを掲載できない場合も少くありませんので、その場合は、2次審査と言われる、実際に広告を掲載した状況下でGoogleサイドが広告の確認ができないため非承認となります。 なので、無料ブログで審査を受ける場合には、必然的に限定されてしまいます。 アドセンス広告が掲載可能な無料ブログサービスとしては、ソネットブログ、ブロガー、Seesaa、FC2ブログなどがありますが、ここは多くの方が推奨されるとおり、ソネットブログ一択だと思います。 理由の詳細は割愛しますが、カンタンに言いますと、サービス側の余計な広告が入らず、好きな場所に広告配置ができるということです。 ※現在Bloggerを除く無料ブログではアドセンス審査が不可となりました。 以下は、以前「ソネットブログ」としていた部分を「Blogger」に変更しています。 あなたが軽い気持ちで、とりあえず無料だしカンタンに始められるから…という程度であれば、無料ブログのBloggerでも試してみるのもアリですが、本気で在宅収入・ネット副業(又は本業)としてGoogle Adsenseを選択したのであれば、私は独自ドメインを取得してWord Pressで運営することを絶対推奨します。 これにも色々と理由がありますが、ひとつは、無料サービスは今後も無料提供される保証がないことや、規約の変更によりアドセンス広告が掲載できなくなるリスクがあるためです。 また中には、審査だけ無料ブログを利用して本チャンはWord Pressで…とお考えの方もいるかも知れませんが、この場合もAdsenseポリシー上、そしてWEBマスターとして良くはありません。 仮に審査を無料ブログで行い、運営に慣れた数カ月後に本番用のWord Pressをスタートする際でも、審査用の無料ブログを削除したり、広告を外した場合には、アドセンスの再審査(2次審査)を受けることになります。 広告を削除しないで放ったらかしにした場合でも、更新が滞っている事を告げる画像表示がアドセンス掲載規約に抵触したり、サービス側が新たに導入した広告がアドセンスの禁止コンテンツだったりして、警告→アカウント停止といった可能性が出てきます。 従いまして、数千円程度のお小遣い稼ぎとしてアドセンスを利用し、中長期に運営していくのであれば、Bloggerでも問題ないと考えます。しかし、本気でアドセンスブログを運営して大きく稼ぎたいとお考えなら、最初の審査だけBloggerを利用といった方向には反対です。 ※現在Bloggerを除く無料ブログではアドセンス審査が不可となりました。 アドセンスに適したテーマやテンプレートはどんな? アドセンスに適したデザイン(テーマ・テンプレート)は、昔も今も基本的にはシンプルなもの、メインコンテンツ(記事)が読みやすいものという点に変わりはありません。 しかし、昔(2007年以前)のアドセンス掲載は、どちらかと言うと、記事と広告が馴染んだ、悪く言えば区別の付かない掲載方法が推薦されていた事もあり、シンプルデザインの中には、この辺の名残もあります。 ですが現在は、シンプルというより、ユーザビリティーの高いデザインが好ましいです。 また、デザイン性に乏しいよりは、多少のデザイン性あるテンプレートの方が訪問者に好まれる傾向があります。(ここはネット回線の高速化も影響) 無料のワードプレステーマでしたら…Simplicity STINGER8マテリアル2Wp THK Theme FIT WEB 但し、テーマ性が高いブログや物販アフィリエイトでは、無料テーマをある程度カスタマイズするスキルが必要とされる場合もあります。

アメブロにアドセンスは設置OK?禁止?ヘルプに聞いてみたら・・・ なぜ一般人はアメブロだと収入を稼げないのか…? | THUGZ

アメブロ アドセンス

アメブロにアドセンスは設置できるのでしょうか? アメーバピグ、ペタ機能などのユニークな機能や読者登録のしやすさで無料ブログのなかでも独自路線を行くのがAmebaブログ。 また、テーマ(テンプレート)選択において一つ注意が必要なことは、Word Pressの場合、定期的にバージョンアップが実施されるので、それに併せてテーマ(テンプレート)も更新が必要になることが多いです。 信頼できる場所からの提供であれば、テーマ更新もきっちりされますが、中には更新がされず、正常な表示ができないケースもあったりします^^; 無料サービスや無料テーマの場合、こうしたリスクはつきものです! ですが、その場合でも、Word Pressなら、他のテーマに乗り換えればいいだけ。HTMLサイト(静的サイト)の用に大事になることは先ずありません。しかも、Word Pressなら殆どクリックだけでカンタンできます。 関連記事→Googleアドセンスで使いたい有料のワードプレステーマ2019 グーグルアドセンスを無料ではじめる罠? 本気で稼ぎたいと考えるなら、Word Press一択であることは既にご理解いただけたましたよね。 静的サイトではできない、或いは、熟練スキルが必要なことであっても Word Pressならカンタンな作業で完了してしまいます。また、こんな機能があればいいのに…という要望は全て揃っていると言って過言ではないと思います。 何らかのネット収入を目指す人にとって、Word Pressは有益なビジネスツールであるとも言えます。 つまり、効率的な収益を図りたい方には、Word Pressです! しかし、Wordpressは完全無料で利用することはできません。基本、レンタルサーバーと独自ドメインの取得が必要になります。→関連記事:レンタルサーバーと独自ドメインについて ですが、「無料」で始めることに重点をおくメリットもありません。 何故なら、無料でデキルことに、人はそこまで本気になれませんし、無料にこだわることは、往々として不効率な場合が多いのです! 『稼げなかったけど無料だからいいや^^;』そんな逃げ道をお考えなら、やらない方が賢明です。 しかし、アナタが効率的な収益化に拘る方であれば、更に次のこともご検討ください。 有料テーマの魅力と投資価値 先述、Wordpressの無料テーマについてお話させていただきましたが、テーマには有料のデザインもあります。 そして、有料テーマは効率的な収益において、何れ検討すべき点です! アドセンス審査に通過したばかりで、日に数十レベルのアクセスですと、有料テーマでも収益差を確認することも難しくなりますが、数千・数万サイトとなると、顕著に差となるのは、テーマデザインです。 これはクリック率(広告がクリックされる確率)への影響はもちろんですが、訪問者の滞在状況(滞在時間や周回によるPVアップ)に差がつきます。 一般的に有料テーマは、SEO対策が施され、ページ表示速度が速い、といったメリットを明示する場合が多いです。確かに、表示速度はSEOのアルゴリズムに組み込まれているとされますが、筆者的には、それより「滞在状況」が生むメリットの方が勝ると考えます。(滞在状況「機能性」を改善することが優れたSEO) だから、有料テーマはSEOに強いのです。 無料テーマでも、ページの軽い、表示速度が速いものは多々ありますが、軽くシンプルというだけでは、滞在状況の改善には不十分だと言えます。 ポイントは、情報の魅せ方!読みやすいのは当然、視覚的にも印象を与えるコンテンツ! こうした部分で比較しますと、やはり無料と有料での差は大きいですね。 WEBサイトに強いエンジアさんであれば、無料テーマを有料レベルにカスタマイズすることも不可能ではありませんが、ブロガーの本分はそこではありません。 読みやすく、デザインも洗練され、機能性も上がるのであれば、有料テーマは、収益ブロガーが優先して投資すべきものだと言えます。 ですので、私は、アフィリエイト情報教材に略手を出しませんが、有料テーマは、かなりの数を所有しています。 これは、運営サイトが複数あることも関係しますが、より効率的に収益化できるテーマに乗り換えているからです。 オススメの有料テーマはこちら そんな私が、今もっとも稼げるテーマだと考えるのが、ザ・トール(THE THOR) 「ザ・トール」は、全ての有料テーマの良いとこどりがされたもので、初めて有料テーマを検討するのであれば、まずコチラです。 実は、筆者自身この有料テーマの存在を知ったのは今年になってからです。また最初は、インフォトップから…という事もありましたので、売れているのもアフィリエイターの後押しだけで、大したテーマではないだろう。と高を括っていただけに、ちょっと驚きました。 「これだけのものが、わずか14,800円で手に入るなんて…。」 以前から愛用していたTCDが、内容以上に高くなってしまった感がありましたので、余計にそう思えたのかも知れませんが、現状この価格帯のテーマって、自分には当たりはずれのないものが多く、「使いたい!」と思うものはなかったのですが、「ザ・トール」は違いました。 詳しくは、→こちらで記事にしています。 グーグルアドセンスに最適なブログの条件 ここまで、アドセンスにあったブログについて話してきた訳なんですが、最終的な結論、というか忘れてはいけないこと! ザ・トールにより、あなたは最高の環境をWordpressに構築できます。十分なアドバンテージを手にしたと言っても良いでしょう。 しかし、どんなに素晴らしいテーマであっても、肝心のコンテンツ(記事)がお粗末では本末転倒。テーマはあくまで引き立て役、逆に言えば、SEO・収益化に優れた「THE THOR」を生かすも殺すも、あなたが執筆される記事次第です。 でも、勘違いしないでください!物語作家のような表現力豊かな魅力的な文章を綴る…そんな事ではありません。 重要になのは、興味(ニーズ)を見抜く力と、その伝え方。読者に分かりやすく、読みやすく伝えること、そうすれば自ずと結果はついてきます。 最高の舞台(テーマ)+コンテンツの質 = 収益最大化を実現 今のあなたには信じられないかも知れませんが、私が運営するトレンドブログでは、1記事あたり数十万のアクセスを集めることも珍しくありません。 また、嫌らし話になりますが、50万円以上のアドセンス報酬を生む記事もあります。たった一記事がですよ。 しかし逆に、3時間4時間かけて書き上げた記事がたったの1円も稼げない事も…。 この違いはなにか! それは、ライティングスキルといった文章テクニックではなく、先程お話しました「興味(ニーズ)を見抜く力と、その伝え方」なんです。どんなに力作した記事でも読まれなければ無意味、その存在すら誰も知らない。 また、執筆に不慣れな方は「どんな題材でどんな記事を書けば良いのだろう…。」と不安があるかと思います。でも、これは多くの先人も通ってきた道で、基本的には「ケーススタディ」です。執筆&検証を繰り返すことで、身につくもの。 ですが、ここでも効率化を図ることは可能です! 独学・読解して覚えたことは、自分の資産になるスキルであり、揺るぎない自信にもなります。しかし、初心者がそこまで辿りつくには、回り道も多く、容易ではありません。 やや余談になりますが… 私は仕事の関係から、Adobeのフォトショプやイラレを活用しています。これらのソフトは非常に高機能ですが、使いこなすには覚えることも膨大にあります。もし、独学、手探りで覚えようとするなら、数年はかかるでしょう。 なので、リファレンス(参考書)は必須です。 何からやっていけば良いのか、自分がしたいことや、上手くできなかった場合など、ピンポイントで解説されているので、効率良くスキルを身につけることができます。 これは、Googleアドセンスやアフィリエイトなど、ネットの収益化でも同じことが言えます。 私は、アドセンスをはじめ、3ヶ月目で40万円の報酬を手にしましたが、これだけ短時間で大きな結果が出せたのも、Googleアドセンスのリファレンスのお陰。 最大報酬月の証明動画↓ 但し、私がお世話になったのは、書店に並ぶリファレンスではなく、一般的には「情報教材」と呼ばれる電子書籍(PDF)でした。 このブログの他の記事をご覧になられた方はご存知かと思いますが、PRIDE(プライド)という情報教材になります。→プライドレビュー記事 PRIDEに関しは特集記事にしていますので、ここでは内容に触れませんが、私はこの教材なくして、現在まで稼ぎ続けることは叶わなかった!と断言できます。 ですので、「Googleアドセンスに最適なブログ」として、コンテンツも含めて考えるのであれば、リファレンスもまた、収益効率化には欠かせないものだと言えます。 グーグルアドセンスにおすすめブログまとめ この記事のポイントをまとめますと、要点は3つです。 ①ブログにはWord Pressを利用する②可能なら有料テーマも活用する③正しい手法と有益なコンテツで収益化する 10年以上前であれば、アフィリエイト(アドセンス含む)は、無料で始められるから「リスクなし」みたいな話も多かったですが、今はそんな事を話す人は殆どいなくなりました。 寧ろ、現在は無料というキーワードは「落とし穴」として利用される事の方が多いでしょう。「タダより高いものは無い」ことわざ通りにならない様、注意しましょう。 そして、時間こそ有限です。常に効率化は意識して欲しいところです。

アメブロに正規でアドセンスを貼る簡単な裏ワザ! アメブロでAmazonアフィリエイトを3スッテプで始める方法

アメブロ アドセンス

アメブロにアドセンスを貼るなんてできない! なんてことはありませんよ? アメブロにアドセンス広告を貼っていると規約違反で削除されてしまうから、基本的に無理というのは本当です。 この記事を書いている人アメブロの場合、芸能人や有名人が使っていますよね。そして、彼ら有名人はブログからも収入を得ている、と言う話は、あなたも聞いたことがあるかもしれません。 ただ、ここにはカラクリがあって、私たちのような著名でも有名でもない一般人がアメブロで収入を得ようとしても、実は「ほぼ不可能」なんです。 稼ぎたくてブログを始めるとしたら、稼げないもので努力するのはバカバカしいですよね。 その「稼げない理由」と、私たちのような「どこにでもいる普通の人」が、ブログで月50万円、100万円と稼いでいくにはどうすればいいのか?(1ミリも盛ってません。) などについて、この記事で詳しく解説していきます。

アメブロはGoogleアドセンスの広告収入では稼げない? カナメ公式ブ...

アメブロ アドセンス

アメブロでGoogleアドセンスは使えない. アメブロでGoogleアドセンスの広告収入は使えません。なぜなら、アメブロ側がすでにGoogleアドセンスを使用しているからです。 Amebaカスタマーサービスに問い合わせを行い、回答も頂きました。 1. 有名人がアメブロで収入を得ているカラクリ まず最初に、有名人たちがアメブロを使って、どうやって稼いでいるのか、について簡単に触れておきたいと思います。 それは、「企業とのタイアップ」です。 一時期、とある女性モデルが、自分が使ってもいない商品を「これいいよ!」と紹介したことで、ネットで叩かれて、テレビからも干されたというケースがありました。 これは、簡単に言えば「アフィリエイト」と呼ばれるもので、例えば私があなたにA社のA’という商品を紹介し、それをあなたが購入した場合、私にA社からマージン(紹介料)がもらえます。 このようなアフィリエイトを、有名人たちは裏で企業と提携を組み、読者に“さりげなく”紹介していくわけです。 一種のステマ(ステルスマーケティング)と言えるでしょう(例えば、ドラマの中で主人公が着ているTシャツや飲んでいるビールの銘柄なんかも、視聴者にさりげなく刷り込んでいます。これをステマと言います)。

アメブロ商用可でグーグルアドセンスは貼れる? オイカワイズ

アメブロ アドセンス

「アメブロにグーグルアドセンス貼ってもよいの?」 についてです。 アメブロ商用可でグーグルアドセンスは貼れる? 答えからいいますと、 「無理です!だめです!」 グーグルアドセンスはサイトごとの審査・承認になった! 2. 一般人がアメブロでは収入を稼げない1つの理由 「じゃあ、私たちもアメブロで記事を書いて、アフィリエイトすればいいんだ!」と思ってしまいますが、、 そもそもアメブロは『商用利用を禁止』しているんですね。要するに、「アメブロはお金儲けに使ってはいけませんよ」という意味です。 アメブロ側はあくまで、その中のコミュニティでコミュニケーションを取り合って欲しいわけですよね。 足跡やいいね、コメントなどを通して、アメブロ内のユーザー同士で交流して欲しいのが本音です。 考えてみて欲しいのですが、あなたが主催するコミュニティの中に、他のコミュニティに引き抜き行為している人がいたらどうしますか? つまり、私たちのような一般人が、アメブロでアフィリエイトしていると、すぐにアカウント削除を喰らってしまうということです(2〜3年前には、私もなんとかやっていましたが、結局すぐに削除されました…)。 2 – 2. アメブロにおいて芸能人と一般人の違い ではなぜ、芸能人はアメブロでアフィリエイトしても大丈夫なのか、というと、次の2つがあります。 それは「リンク」と「影響力」。 基本的に、私たちがアフィリエイトをする場合、その商品の販売ページへと誘導するための「アフィリエイトリンク」というものを取得し、使う必要があります。 そして、読者があなたのアフィリエイトリンクを“踏んで”商品を購入すると、システム内で「この人はこのリンクから購入した」と認識され、あなたにアフィリエイト報酬が入ってきます。 ですが、アメブロの記事内でこのアフィリエイトリンクを貼ると、サイバーエージェントさんにすぐにバレて、今まで書いてきた記事もしかり、丸々アカウントごと削除されてしまいます。 でも芸能人の場合は、この「アフィリエイトリンク」を使いません。裏で直接企業と繋がって紹介しているので、通常のリンクで紹介しても、その芸能人からの紹介で売れた、ということが分かるようになっているのです。 また、もう1つの理由が「影響力」です。 これは分かりやすいのですが、有名人や人気のある人がアメブロで記事を書いてくれていたら、それだけで利用ユーザーを確保することができますよね。まるで視聴率を取れるタレントのように。 なので、もし削除して彼らのファンがアメブロを訪れなくなったら、アメブロからしたら大ダメージです。だからこそ、圧倒的なファンを持つ著名人に対しては、規制を緩くせざるを得ません。 でも、アメブロからしたら、私たち一般人のアカウントを削除したところで、特にダメージを受けることはありません。むしろ、アメブロ内でお金稼ぎをされてしまうほうが、アメブロにとってはマイナスでしかないですよね..。 だからこそ、私たちのような一般人がブログで収入を稼ぐためには、アメブロは相性が悪いのです。

(Ameba)アメブロにアドセンスを設置する方法 無料ブログの達人

アメブロ アドセンス

それでもアメブロでアドセンスを利用する意味があるのか? 最終的には、ここに戻って来てしまいますね。アメブロの集客力と、得られる報酬から支払われる手数料、全てを考慮してもアメブロを利用する価値があるのかを正しく判断してみましょう。 3. アメブロではないブログで収入を生み出す方法 ということで、ここからは私たち一般人がブログ収入を得るための方法をご紹介していきます。 3 – 1. ブログはどこで開設すればいい? 「そもそも、アメブロが商用利用できないなら、どこでブログを開設すればいいですか?」 「シーサーブログやライブドアブログなど、色んな無料ブログがありますが・・・」 と初心者の方は分からないと思います。これは率直に言ってしまえば、『ワードプレス』です。 ※お金が全く掛からない無料ブログでも稼ぐことはできますが、リスクがあることを理解して対策を練っておく必要があります。無料リスクと対策についてはこちらの記事に譲ります。 ↓ ・無料ブログでアフィリエイトするリスクと対処法ワードプレス(Word Press)というのは、直訳すると「言葉を押し付ける」という意味ですが、例えばレコードなどで言えば「原盤を“複製する”」という意味で使われたりします。 以下のワードプレスの日本語サイトには、このように書かれています。 Word Press(ワードプレス) は、オープンソースのブログ/CMS プラットフォームです。セマンティック Web、コードやデザインの美しさ、Web 標準、ユーザビリティなどを意識して開発されており、無料でダウンロードして使うことができます。 ちょっと素人めには、この人なに言ってんだか“ちんぷんかんぷん”ですが、、要するに、「自分のブログを全て好きに作れるよ」ということです。 例えば、アメブロやシーサーブログというのは、マンションの一部屋を借りる、というイメージです。もうすでにそこにマンションがあって、そこに無料で部屋を借りさせてもらうような感じです。 ですが、ワードプレスの場合は、ゼロから自分で土地を借りて、そこに「家を建てる」と考えてください。ワードプレスは自分で家を建てるので、その家で何をするかは自分の自由なのです。つまり、オーナーや管理人にビクビクすることなく、自分の好きなことができるのです。 3 – 2. Google検索のSEO第一人者マット・カッツの言葉 さらに、Google検索のSEO第一人者であるマット・カッツ(Matt Cutts:wiki)は、「ワードキャンプ・サンフランシスコ2009」の講演の中で、このように言っています。 ワードプレスを選ぶことは、非常に良い選択です。 なぜなら、ワードプレスは、SEOに関する多くの問題を自動的に解決してくれて、 SEO(サーチエンジン最適化)の手法の80〜90%に対応するように作られているからです。 要するに、「ワードプレスは検索上位表示において、非常に良い選択だ」と言っています。 そして、実際に多くの起業家や企業が、このワードプレスを利用しています(例外なく、私もその1人です)。 そのワードプレス(家)を建てるためには、土地と住所が必要になります。土地がなければ家を建てる場所はありませんし、住所がないと誰もそこに訪れてはくれません。 3 – 3. 土地と住所を借りる そこで必要なのが、レンタルサーバー(土地)とドメイン(住所)です。ドメインは要するに「**.com」というやつですね。 レンタルサーバーやドメインに関しても、色々と種類があり、一概にどれが良くてどれが悪い、というのはありません。 が、もし私や私の周りの起業家も使っているのであれば、レンタルサーバーは「Xサーバー」、ドメイン取得は「ムームードメイン」です。 サーバーとドメインは課金制で、Xサーバーは1年で7千円〜1万円、ドメインは安いのだと1年間で300円前後となります。 ワードプレスには「テンプレート」と「プラグイン」というものがあります。 テンプレートは、自分の好きなレイアウトやデザインを自由に選ぶことができます(無料です)。ただし、お金を出して有料のテンプレートを購入することもできます(私のこのテンプレートは有料です)。 また、プラグインは、スマホで言えばアプリのようなもので、元々の機能にプラスして、色々な機能を付け加えていけます。例えばソーシャルメディアボタンを付けたい場合は、そのプラグインをダウンロードすればOKです(無料です)。