• 記事: 17202
  • 質問に対する回答: 28646
  • コメント: 17055
  • 準備ができて答え: 16259

くるぶし 青あざ

左足のくるぶしの内側に青紫のあざができました。昨日ふと気づ... - Y... 血管が浮き出る原因は何故?4つの部位別の主な症状と対処法 | mukimi

くるぶし 青あざ

左足のくるぶしの内側に青紫のあざができました。昨日ふと気づいて痛くも無いしなにもありません。でもこんなあざできたことないので心配になりました。靴がきついわけでもないので心当たりはありません!わかる人教えて下さい!

足首のあざ -2~3ヵ月程前からでしょうか?気が付いたら、足首の外くる- 血液・筋骨格の病気 ...

くるぶし 青あざ

3 足首のくるぶし辺りに骨?が 4 青あざの治し方教えてください。 よく、足をぶつけて痣ができます。 早く治す方法を教えてください。 5 仕事で手首を強打して青あざができました。 青あざには何回かなったことあるけど、ここまで大きい青あざは 11"> 血管が浮き出る原因は何故?4つの部位別の主な症状と対処法 | mukimi

くるぶしの真横に青あざが知らない内にできていて、血管も赤くなって....

くるぶし 青あざ

くるぶしの真横に青あざが知らない内にできていて、血管も赤くなっています!大丈夫なんでしょうか?押すと痛みます。いい結果を期待しています・・・。 くるぶしの嘲は押して痛みを感じるのなら冷感湿布で患部を冷やし... 特に首や手の甲、ふくらはぎなど、体の一部の血管がボコボコと浮き出て見えるのが気になる方もいらっしゃるでしょう。 最近では、「血管年齢」など、血管の健康についての" />

足首やくるぶしの痛みや腫れの原因と対処法!内側と外側の違い! 豆...

くるぶし 青あざ

内側と外側の足首やくるぶしの痛みや腫れの治し方!足首に痛みがあると、体を支えることができなくなり、日常生活に大きな支障を与えてしまいます。しかし、特に何をしたわけでもないのに、足首やくるぶしが痛むのはなぜでしょうか。「怪我?・・それとも病気 特に首や手の甲、ふくらはぎなど、体の一部の血管がボコボコと浮き出て見えるのが気になる方もいらっしゃるでしょう。 最近では、「血管年齢」など、血管の健康についての話題がメディアで取り上げられることも多くなってきました。この記事では血管が浮き出る原因に関して解説をしていきます。 1, 何故、血管が浮き出るのか?9つの原因 体中の表面を覆い巡っている「血管」。 (一番本数が多い毛細血管は、長さ10万㎞(地球二周半)、本数にして1500億本に及ぶそうです。) 実は、血管が浮き出る原因は1つではないということを皆さん知っていましたか? 中には、実は病気の危険信号であることも。 病気でない場合は、美容面等の理由で気にしなければ、特に問題は無いのですが、病気の症状の表れだとしたら、放置しておくと大変なことに。 ここでは体の部位と原因別に血管が浮き出る問題点と対処法について解説していきます。 1-1.加齢・血管の老化   特に手の甲や足の甲など、皮膚が乾燥しやすい箇所に多いのが、肌の加齢と血管の老化による血管の浮き出しです。まず、加齢によるものですが、 肌のヒアルロン酸の量は生まれたての時が最も多く、年とともに減少し、20歳を過ぎると生まれた時の約半分になっているといわれています。同様に、20代後半から肌の内側にあるエラスチン(主成分はコラーゲン)も減少していきます。 女性の場合は女性ホルモンの影響も重なり、20-30代をピークにコラーゲンの分泌量が低下することも影響しています。その結果、ハリが失われ、皮膚自体が薄くなって、血管が浮き出てくるようになります。肌の表面がこのような状態だと更なる乾燥を招き、肌の老化が加速していくので要注意ですね。 また、血管の老化も原因の一つです。 加齢と共に血管の壁が硬く、太くなり、柔軟性が失われてくると、血流が弱くなります。 その結果、血液が滞留して血管が浮き出る原因になります。 1-2.紫外線 紫外線を長年、浴び続けるメラニンが生成され、肌自体の新陳代謝を遅らせてしまうことに。 肌のターンオーバーが遅くなると、皮膚が衰え、その結果表皮が薄くなっていきます。" />

もしも足首を捻ったら?!外くるぶしが腫れてる&内出血もあって歩く...

くるぶし 青あざ

Home / スポーツの怪我 / バスケットボール / もしも足首を捻ったら? 外くるぶしが腫れてる&内出血もあって歩くと痛い!湿布は何を選ぶ? 特に首や手の甲、ふくらはぎなど、体の一部の血管がボコボコと浮き出て見えるのが気になる方もいらっしゃるでしょう。 最近では、「血管年齢」など、血管の健康についての話題がメディアで取り上げられることも多くなってきました。この記事では血管が浮き出る原因に関して解説をしていきます。 1, 何故、血管が浮き出るのか?9つの原因 体中の表面を覆い巡っている「血管」。 (一番本数が多い毛細血管は、長さ10万㎞(地球二周半)、本数にして1500億本に及ぶそうです。) 実は、血管が浮き出る原因は1つではないということを皆さん知っていましたか? 中には、実は病気の危険信号であることも。 病気でない場合は、美容面等の理由で気にしなければ、特に問題は無いのですが、病気の症状の表れだとしたら、放置しておくと大変なことに。 ここでは体の部位と原因別に血管が浮き出る問題点と対処法について解説していきます。 1-1.加齢・血管の老化   特に手の甲や足の甲など、皮膚が乾燥しやすい箇所に多いのが、肌の加齢と血管の老化による血管の浮き出しです。まず、加齢によるものですが、 肌のヒアルロン酸の量は生まれたての時が最も多く、年とともに減少し、20歳を過ぎると生まれた時の約半分になっているといわれています。同様に、20代後半から肌の内側にあるエラスチン(主成分はコラーゲン)も減少していきます。 女性の場合は女性ホルモンの影響も重なり、20-30代をピークにコラーゲンの分泌量が低下することも影響しています。その結果、ハリが失われ、皮膚自体が薄くなって、血管が浮き出てくるようになります。肌の表面がこのような状態だと更なる乾燥を招き、肌の老化が加速していくので要注意ですね。 また、血管の老化も原因の一つです。 加齢と共に血管の壁が硬く、太くなり、柔軟性が失われてくると、血流が弱くなります。 その結果、血液が滞留して血管が浮き出る原因になります。 1-2.紫外線 紫外線を長年、浴び続けるメラニンが生成され、肌自体の新陳代謝を遅らせてしまうことに。 肌のターンオーバーが遅くなると、皮膚が衰え、その結果表皮が薄くなっていきます。" />