• 記事: 19521
  • 質問に対する回答: 31800
  • コメント: 24044
  • 準備ができて答え: 18005

キムヨナ

金妍兒 - Wikipedia 【銀メダル】キムヨナさんエキシビションでの出来事【ソチ五輪】 by ポンチ スポーツ/動画 - ニコニコ動画

キムヨナ

キム・ヨナ(金妍兒、1990年 9月5日 - )は、 韓国の元フィギュアスケート選手(女子シングル)。2010年バンクーバーオリンピック金メダリスト。2014年ソチオリンピック銀メダリスト。2009年、2013年世界選手権優勝。 ご利用の環境では「動画視聴ページ HTML5版」をご利用いただけませんログインした後「Flash版」に切り替えてください。

【画像】キムヨナ、整形しすぎ!昔と現在を徹底比較調査!可愛くなりす... 初めて知ったキムヨナの凄さ。: 徒然なるままだし

キムヨナ

キムヨナが今後も顔をアップデートさせるか、少し気になるところではありますがw今後のキムヨナにも注目していきましょう。 芸能人 アスリート(スポーツ選手) , キムヨナ , フィギュアスケート , 整形(整形疑惑) , 比較 , 画像 僕はスポーツにはほとんど興味がない。野球やサッカーもだ。 ましてや、フィギュアスケートなんて、テレビで大きな大会の放映をしているとは知ってはいても時間を割いては見ない。 そんな僕でも、安藤美姫や浅田真央、キムヨナぐらいの著名選手になると、姿と名前ぐらいは一致する。 そんな程度の知識しかなかったけれど、キムヨナがいかに優れた身体能力をもっているかを最近思い知った。それがポップンポールさんのブログのこの記事。 キムヨナの動きについてはポップンポールさんの解説がとにかく秀逸。 キムヨナのスケーティングについて、いま日本で唯一、いや世界でも例を見ない深さの解説じゃないかな。 動画も付けてくれてるからポップンポールさんが指摘しているポイントを意識しながらぜひ見て欲しい。 1:20あたりのジャンプは凄いぞ。「音楽に動きを合わせる」というのはこういうことを言うんだと思う。 1:58あたりの音楽が緩やかになるあたり、右足を上げての柔らかなスケーティングは、音楽の場面展開というものに合わせているのだろうし。 ポップンポールさんも熱く語っておられるが、キムヨナの指パッチンは特によく見ていただきたい。2:56あたりだ。 僕もかつてバンド経験があるだけに、ポップンポールさんの言わんとするところがなんとなく理解できる気がする。ウラ打ちというかバックビートというかをちゃんと意識できていないと、動きのなかのあのタイミングで指パッチンはできないぞ。 僕としては、キムヨナの回転に注目して欲しい。 バックで流れる映画007のテーマ。2:28あたりの回転は、そのテンポに回転速度を可能な限り合わせてきているのがわかるはずだ。旋律の頭にほぼずれることなく、左足先が画面に向かって左側に必ずきているのにお気づきだろうか。 旋律の動きやリズムのブレイクなど、キメの部分でとにかくなにもかもが「合っている」のだ。 キメポーズがはまっているとでも言えばいいのかな。 ポーズのキメを作りやすいように旋律やブレイクを作ることは誰にだってできる。問題はずれずにそのキメにバシッとはめることができるかだ。 多少なりとも音楽やリズム、ビートにまつわる知識や経験がある人なら、キムヨナがスケーティングだけでなく、ノリも鍛え上げていることがわかるはずだ。 キメを見せることができる音楽を用意して見た目の印象を上げる作戦勝ちと言えば言えるだろうけど、それをきっちりキメてみせたのは、キムヨナがもつスキルの高さだ。 あの指パッチンは、浅田真央には真似できないんじゃないか。あの子、なんかリズム感悪そうだし。 いや、全くの僕の主観による印象なんだけどね。 ほんとにリズム感がダメダメだったら、フィギュアスケートなんてできないだろから悪くはないのだろうけど、キムヨナのレベルにいるとは思えないんだよなぁ。 というか、キムヨナのノリに対抗できるノリをもった選手は、世界でもそう多くはいないような気がする。

【画像あり】キム・ヨナの現在がヤバイ!整形のし過ぎで誰かわからな... ドーピング疑惑 | フィギュアスケートを死なせたくない……(ブログ版) - 楽天ブログ

キムヨナ

キム・ヨナ嫌いだけどそのまんまじゃない?ブスのままだよ。どこか変わった? 前もこんなお顔だったよね? すぐキム・ヨナって分かったけど。 韓国の人は似たような顔になってくよね. これでも整形してるなんてびっくりだわ全然可愛くない >◆キムヨナは、4年前からシニアの大会に出てて、今まで一度もドーピング検査にあたらないのは確率的におかしい。(真央と美姫は毎回必ずあたる) フィギュアのドーピング検査は抽選だそうです。 全員は無理だとしても、メダリストは必ずやるものかと思っていましたが…… 今回のオリンピックについてどのように検査が行われたのか調べましたが良く分かりませんでした。(他の大会について、抽選でやるというお知らせはありましたが……) ただ、トリノの世界選手権後の記者会見に浅田選手が遅れて入ってきた(キムヨナ選手が浅田選手の席に荷物を置いていて話題になった)のは、浅田選手がこのドーピング検査に当たったためだということです。 ◆モロゾフが「キムヨナにもドーピング検査 受けさせろ!」って言ったら、 オーサーがキムヨナに「髪の毛一本にも気をつけろ」「モロゾフの呪い」とか言いだす!髪の毛でも ドーピング検査できるよね? 確かに度重なる検査に安藤選手が参ってしまっていたこともあり、モロゾフコーチが抗議したら、オーサーコーチが慌てた……などという書き込みを目にします。 ニュース記事は見つけられませんでした。 しかし、突然わいて出た「モロゾフの呪い」……モロゾフコーチがリンクサイドに現れ、呪文を唱えたなどという話がありましたが…… 【サーチナ】韓国メディア「ヨナは日本のコーチから呪いをかけられていた!」 なぜ、「持ち物や髪の毛に気をつけろ」とまで呪術など信じていなさそうなオーサーコーチが言うのかと思いましたが、モロゾフコーチがキムヨナのドーピングを疑っていて、オーサーコーチがそれを警戒していたと考えると、妙に納得できます。 ◆「ドーピングの薬は異常にノドがかわく」という。 試合前後、彼女は目にあまるほど水をガブガブ飲んでいた。 中継でも目にあまるほどだった為、中継を見てこれを指摘したネットユーザー がたくさんいた。演技終了後のキスクラ中継でも、ペットボトルの口全体をガブリと丸ごとくわ えて、ガブガブ。水飲みもさることながら、しょっちゅう唇なめてたり口パクパクさせてておか しかった。 ◆彼女は普段、必ず演技後半で息切れし、何らかのミスをしますが、五輪では、あのプレッシャーの中、息切れすることなどなくピンピンした状態 でタフに滑りきった。キムヨナは、もともとスタミナがあまりなく腰痛持ちだ。 演技終了直後の様子も、全力で滑った後とはとても思えない余裕を見せてい た。 これは確かに疑問に思っていたところです。 キムヨナ選手はスタミナがなく、演技後半では必ず疲れを見せます。 今季、一度もノーミスで滑った事がなかったのです。 全ての試合でジャンプをすっ飛ばしたり、転倒したりミスを連発していました。 日本では日本選手のミスばかり強調され、キムヨナ選手のミスはスルーで絶賛…… 「完成度が高い」「安定感がある」などといわれますが、私は完成度が高く、安定したキムヨナ選手など見た事がありません。 OPでも必ずミスをすると思っていたら、SP・FS最後まできちんと滑りきったので、大変驚きました。 「フィギュアはドーピングの効果が出にくい」 「ドーピングしても芸術性が上がるわけではない」 という人もいますが、それならば野村夫人と一緒……フィギュアを「お遊戯」程度にしか考えていないのでしょう。 フィギュアは見た目の優雅さとは違い、恐ろしくハードなスポーツです。 あの氷の上で、笑顔で美しいスパイラルを一秒、保とうとするだけでも、どれほどの筋力を要するか……最後まで舞いきるのに体力の限界まで尽くさねばならないものです。 確かな体力が基礎にあってこその技術、芸術です。 また「ジャンプの感覚が狂うので意味がない」 という人もいますが、それなら、どんな競技でも一緒ではないでしょうか? ハンマーを投げるにしても、全ての感覚も狂ってくるのでは? それにドーピングは筋力増強させるものだけではありません。 北京OPの射撃の選手が「体の震えを抑える働きがある禁止薬物」の使用により、メダル剥奪されています。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl? a=20080815-00000066-mai-spo ペプシコアラさんが指摘されているように「落ち着くためのもの、薬学的に冷静さを保ち続けるもの」の可能性もあります。 浅田選手のSP得点発表後、笑いを押し殺すようなキムヨナ選手の様子を見て、 「金メダルが約束されているからだ」と思っていましたが、それだけでは説明のできない落ち着きっぷりでした。 いくら裏取引があっても、「ミスなく滑ること」が絶対条件になってくるでしょうから、全く緊張しなかったり、自分にはできない大技を決め、完璧に滑リ切ったライバルの得点を鼻で笑える余裕はないと思うのです。 精神関係の薬が使用されていた可能性はあると思います。 それがドーピングに引っかかるものかどうかはわかりませんが。 ◆アイスショーの写真見ると異様にデブッてるけど、あれだけ短期間に太るのってドーピングの副作用かも! ステロイド剤を長期連用すると、顔が満月様になったり肥満になったりする。 動画サイトなどで確認しましたが、全て静止画で、加工可能なもので、信憑性がどうか……。 ただ、キムヨナ選手は世界選手権後のインタビューで 「これからは食べたいものを思いきり食べたい。太っても何も言わないでください」「太らなければアイスショーをする」など、やたらと太ることを気にしていました。 確実に太ると予想して、予防線を張っていたと考えられなくもありません。 【中央日報】コーチをしたらどうか...やりたいことが多いキム・ヨナ(1) 結論……この件については、状況証拠から「大いにありうる」とは思いますが、確たる証拠はありません。 でも、「モロゾフコーチの呪い」騒動などを考えると、何だか妙に符合するというか……

キムヨナ、海外からの評価が最悪だった!選手間でも嫌われてぼっち【...

キムヨナ

キムヨナの海外における評価がとても低いことをご存知でしたか?バンクーバー五輪で金メダル、ソチ五輪で銀メダル、世界選手権、グランプリファイナル優勝を経験した選手とはとても思えないほどの低評価です。

【94件】キムヨナ|おすすめの画像 キムヨナ, フィギュアスケート,...

キムヨナ

2019/03/14 - Pinterest で hanamaturi333 さんのボード「キムヨナ」を見てみましょう。。「キムヨナ, フィギュアスケート, ヨナ」のアイデアをもっと見てみましょう。