• 記事: 24172
  • 質問に対する回答: 27384
  • コメント: 17686
  • 準備ができて答え: 22076

トランペット 練習方法

トランペットのマウスピースで音感を鍛える練習方法とは ビギナーズ 【初心者向け】初めてのトランペットを吹く前に!準備とお手入れを方法を解説。|AJIちゃんの趣味探し

トランペット 練習方法

トランペットのマウスピースだけを吹いて練習しましょう。効果的な練習方法をご紹介します。これまで気づかなかった、自分のクセを見つけることができるかもしれません。また、初心者の方のためにマウスピースの持ち方、効果的なタイミングなども解説します。 トランペット初心者向け記事の第2回です。 前回の記事で、トランペットの仕組みや、初心者がトランペットを買うときに気を付けることに関してお伝えしました。 「これからトランペットを始めてみよう!」という方は前回の記事を読んでみてください。 【趣味】30代から始めるトランペット。初心者にもわかりやすく解説。~超初級編~大人になってからトランペットを始めてみたいという方に向けて、トランペットはどういうものか、始めるにあたっての基礎知識などをまとめています。... トランペットに関する基礎知識はわかっていただけたと思うので、いよいよトランペットを吹く準備の段階に入りましょう。 むすめ AJIちゃん むすめ AJIちゃん トランペットを吹く前に、必ずやってほしいことがあるんだぜ。 トランペットを吹くにあたり、ケースから出していきなり楽器をかまえて吹き始めることはおすすめできません。 自分と楽器の状態をしっかりと整えてから練習に入るようにしましょう。 また、トランペットは精密にできています。定期的なメンテナンスとお手入れをすることにより、より良いコンディションを保つことができます。 そこで今日の記事は 練習を始める前にやってほしいこと 練習が終わった時のお手入れ方法 定期的にやってほしいお手入れ これらについて解説します。 トランペット歴20年以上の私が実際にやっている方法と、しないように気を付けていることをお伝えします。 初めての方にもわかりやすく解説しますので、ぜひ最後まで読んでみてください。 トランペットの練習を始める前に まずは大事な「ピストンバルブ」 先にも言った通り、トランペットは精密にできています。 機械ではありませんが、楽器が痛んだり汚れていたりすると、本来の音が出ないばかりでなく、故障の原因にもなりますので、楽器を吹く前にしてほしいメンテナンスを解説します。 合わせて、練習を始める前の基本的なセッティングについても解説します。 トランペットを吹く前に必ずやろう!ピストン注油。 YAMAHAの代表的なバルブオイル ケースからトランペットを出したら、まずはピストンバルブ(以下ピストン)にオイルを差しましょう。楽器メーカー各社から「バルブオイル」というものが発売されています。 一般的なトランペットは、3本あるピストンを上下させることにより管の長さを変え、音を変えます。そのピストンは、手で触れることができる外側を「バルブケース」と呼び、内側の部分を「バルブ」と呼びます。 これらは金属でできているため、擦れ合った摩擦で痛んでしまう恐れがあります。オイルが切れた状態だと、スムーズに動かないばかりか、ピストンを押しても戻ってこなくなってしまうこともあります。 ですので、ピストンへの注油メンテナンスはトランペットにとって非常に重要なため、内容と画像多めで詳しく解説します。 バルブオイルの差し方と注意点について まずは、バルブケース上部のネジ部分を緩めましょう。 その後、図のように「半分程度」バルブを引き出します。 このくらい出れば十分。 トランペットをまっすぐ持つと、重力でバルブが戻ってしまうので、少し傾けるとやりやすいです。 バルブは必ず「バルブケースに対してまっすぐに」引き抜いてください。斜めに引っ張ると、バルブに傷がつきます。ここは慣れるまで慎重にやりましょう。 バルブオイルを差すのは、スプリングよりも下の部分です。この時のポイントは 「一番上から一周程度オイルを差す程度にすること」です。 バルブをすべて抜き出し、全面にオイルを差す人がいますが、あまり意味がありませんし、オイルがもったいないので「上から一周だけ」差しましょう。 この部分から一周。チョンチョン、くらいでOK。 オイルを差すときのポイントは次の通り。 バルブは「まっすぐ」引き抜く バルブはすべて出さずに上だけ出ればOK 上からチョンチョン、一周でOK 丸い穴の部分にはオイルは入らないように オイルを差し終わったバルブは、抜いた時と同じようにまっすぐ戻します。 戻したら、すぐにネジを締めず、ピストンの一番上を持って左右に少し回しましょう。そうすることで、元あった場所に「カチッ」とハマる場所があるはずです。しっかり元の場所に戻ってからネジを締めましょう。 戻す向きがわからなくなった場合、バルブに「1」「2」「3」と書かれていれば、そちら側が正面手前に来るのが一般的です。(下記画像参照) 数字が刻まれているほうが正面の手前に来る MAAちゃん AJIちゃん 下までうまい具合に垂れてくるし、差したあと何回か動かせば全体に馴染んでくれるからね。 【参考】バルブオイルの種類と注油回数について バルブオイルには様々な種類があります。 大きな違いは「粘度」。つまりサラサラ度の違いです。 トランペットのピストンはストロークが短く、「押す」「戻る」の動きが速いためサラサラ系のオイルが好まれる傾向にあります。また、買って間もない楽器にもサラサラのオイルが向いていると言われています。 粘度の低い(サラサラ)オイルを使用する場合は、オイルの効果時間が短いと言われていますので、こまめに差すようにしましょう。 AJIちゃん 毎回の注油は必要ないけど確認してほしい部分 MAAちゃん AJIちゃん 慣れれば1分かからんよ。ルーティンみたいなものだね。 ピストンへバルブオイルを差し終えたら、次は各種「抜差し管」のチェックをしましょう。 抜き差し管は全部で4つ 主管抜差し管(チューニングスライド) マウスピースを差す「マウスパイプ」から伸びた、「ウォーターキィ(つば抜き)」がついている部分を「主管抜差し管」と呼びます。 AJIちゃん ここは、トランペットの音を「チューニング(調律)」する際に使います。 トランペットは金属なので、温度の変化で音の高低が変わることがあります。また、演奏する人の状態によっても音程が変化する場合があるため、チューニングスライドを調整することによって音程を調整します。 演奏中に何度も動かす部分ではありませんが、スムーズに動かないとチューニングに手間取るため、しっかりと動くかを確認しましょう。 AJIちゃん チューニングスライドは少しの力で「ヌルッ」と動けばOK。スルスル動いちゃったら逆に大変よ。 よくやっている人を見かけますが、ベルに指をかけてチューニングスライドを動かすのはあまりおすすめしません。毎回ベルを抑えてスライドを動かしていると、ベルがゆがみます。スライドが固いと特に。(画像参照) スライドが固いと、ベルゆがんじゃう。 第1、第2、第3抜差し管 第1ピストンについているスライドが「第1抜差し管」、第2、第3も同様です。 ここでは便宜上「第1~第3スライド」と呼びます。 第2スライドについては、あまり触れる機会がないので、固着して外れなくならないように、ちゃんと抜けるかたまに確認しましょう。 第1、第3スライドは、演奏中によく使います。 トランペットには「運指」と呼ばれるものがあり、ピストンの押す組み合わせによって音を変えるのは前回の記事でお伝えした通りです。 ただ、運指が合っているからといって、必ずしも「完璧な音程」の音が出るとは限らないのがトランペットの難しい所です。 そこで、演奏中、出す音に合わせてスライドを操作することにより。正確な音程に合わせることが可能になります。 AJIちゃん 曲のジャンルによってはあまり活用することはなかったりするのですが、オーケストラや吹奏楽の「コンクール」と呼ばれる大会では、「和音(ハーモニー)」が非常に重要視されるため 「この音はこう!」「ここの音はこの音程!」と突き詰めていったりします。 その際、スライドをフル活用し、微妙な音程調整をします。 MAAちゃん AJIちゃん スライドを動かす際には、注意点があります。 「動かすスライドに対応したピストンを押しながら動かす。」 これを徹底してください。例えば、第1スライドを、何もせずそのまま引き抜くと 「ポンッ!」と可愛らしい音が鳴ります。しかしこれはNGです。楽器に悪影響が出るので、必ず第1スライドなら「第1ピストンを押しながら」動かしてください。 参考画像を載せておきます。 スライドとピストンは必ずセットで動かす癖をつけよう。 第1、第3スライドの操作感は、好みによって分かれます。 私の場合はクラシックを吹く機会が多いため、スライドを多用します。自分の中でスライドありきの音程調整になっている部分もあります。 ですので、スライドは「楽器を傾けると動いちゃう」ほどにスルッスルに調整しています。 逆に、あまり動いてほしくない人は固めに、少し抵抗感があったほうがいい人は柔らかめに調整しています。 AJIちゃん 僕のようにスルッスルにすると、ストッパーかけてないとスライドが地面に落ちちゃうから気を付けて。 第1スライドと第3スライドには、抜け落ち防止のためのストッパーがついていることが多いですが、エントリーモデルの中にはストッパーがないものもあるため、あまりスムーズにしすぎると抜け落ちるので注意しましょう。 AJIちゃん スライドに関する設定法や小技に関しては「演奏編」で詳しく解説するね。 スライドに塗るオイルについては、軟膏のようなもの、リップスティック状のものなど様々あります。好みに応じて使い分けるといいと思います。スライドのお手入れは、毎日やる必要はありませんが、自分の好みの操作感をキープできるようにお手入れしましょう。 トランペットをケースにしまう前に こんな状態でしまってない? AJIちゃん これはダメな例です。楽器をケースにしまう前にの手入れを怠ると、楽器の寿命を縮めることにも繋がりますので、しっかりとお手入れしましょう。 楽器をしまう前に確認すること3つ 「楽器の中の水分をしっかり抜く」 トランペットを吹いた後は、中に水分が溜まっています。毎日吹いている人でも、しっかり水分を抜かないと、楽器の中の水分が「ヘドロ」と化します。しっかりと水分を抜かずに楽器を放置すると、高確率で楽器の中はヘドロだらけとなります。 水分を完全に抜くことは難しいですが、楽器をしまう前には ウォーターキィからしっかりと水分を飛ばす 第1~第3スライドを外し、中の水分を切る ウォーターキィに付着した水分をふき取る これらを行い、できるだけ水分を残さないようにしましょう。 特にウォーターキィはコルクでできているため、水分が残っていると腐食しやすいです。布をかませるなどして、水分をふき取りましょう。 「スライド類をすべて戻す」 チューニングスライドを抜いたまま楽器をしまうことはやめましょう。 スムーズに動くことが大事なスライド類にとって、乾燥は大敵です。スライドはしっかりと根元まで戻し、乾燥を防ぎましょう。 「指紋、汚れをふき取る」 トランペットのメッキは、手についた汗や脂で劣化します。メッキがはがれると、真ちゅう部分が露出し、そのまま使い続けると穴が開いてしまいます。 自分が触れた部分や、水分が付いた部分を拭いてからケースにしまいましょう。 トランペットの大掃除。定期的なお手入れいろいろ AJIちゃん AJIちゃん AJIちゃん トランペットは、毎日お手入れしていても、どうしても楽器の中に汚れが溜まります。 毎日きちんと拭いてからしまっても、ピカピカのままではありません。 そんな時は、少し大掛かりな「トランペットの大掃除」をしましょう。 トランペットをピカピカに。クロスとポリッシュ。 毎日クリーニングクロスで拭いているのに、なんだか汚れが目立ってきた。 そんな時は、「ポリッシュ」を使ってみましょう。 ポリッシュを少量クロスに含ませて磨くと、研磨剤の効果により、黒ずみやくすみを取り除くことができます。 研磨剤入りなので、大量に使用したり、毎日使用することは控えたほうがいいと思います。頑固な汚れや、大掃除の時に使うくらいが丁度よいでしょう。 トランペットの中までスッキリ。フレキシブルブラシ トランペットを吹く際、中にたまった水分はいわば人間の「ツバ」にあたります。人間から出た水分は栄養価が高く、腐敗しやすいです。ですので、どうしてもトランペットの中には「ヘドロ状の汚れ」が堆積していきます。さらにその汚れを放置すると、だんだんと固まり、頑固な汚れとなって「音が詰まった感じがする」原因になったりします。 そうならないためにも、月に1回はトランペットの管を掃除しましょう。 ワイヤーを被覆した先にブラシが付いた「フレキシブルブラシ」という道具を使えば、細い管の中までブラッシングして汚れを落とすことができます。 汚れが固まってしまう前に、定期的に掃除しましょう。 マウスピースの中を掃除する「マウスピースブラシ」という商品もあります。マウスピースの中身も同様に掃除しましょう。 トランペット本気の大掃除、「丸洗い」。 トランペットの外せるパーツをすべて分解し、「ブラスソープ」という洗剤のようなものを使って丸洗いすることもできます。 内側、外側すべての汚れを落とせるため、大掛かりではありますが、まとめてきれいにすることができます。 丸洗いは近日私も実施予定ですので、その様子は別の記事でお伝えしようと思います。 楽器の「中身」を洗うと、「吹奏感」が大きく変わることがあります。それによって、音程が取りづらくなったり、音量が変わってしまうようなこともあり得ます。重要な本番の前やコンクール前の掃除は緊急時以外は避けたほうが無難です。本番が終わってから楽器をきれいにしてあげることをおススメします。 トランペットのお手入れ、準備のまとめ MAAちゃん お手入れにもいろいろあるのね。慣れるまで大変そう。 AJIちゃん 大事なことだからねー。楽器吹く前に伝えておきたかった。 それでは本記事をまとめます。 ケースから出していきなり吹くのはNG まず最初に「バルブオイル」を差そう 各種スライドの動きを確認しよう 楽器をしまう前には水分を出し切る ウォーターキィのコルクもしっかり拭く 指紋や水分をしっかりとふき取る 定期的に中のヘドロを掃除しよう 色がくすんできたらポリッシュを使おう 丸洗いもできるけど、本番前は控えよう AJIちゃん やることが多いように感じるけど、実際にやってみればすぐに終わるよ! MAAちゃん AJIちゃん せっかくのトランペット、大事に使って長持ちさせよう! MAAちゃん 調整やメンテナンスがしっかりしてれば、上達も早いわよ。

トランペット初心者の吹き方のコツ!うまくなる練習方法はこれだ! 室内トランペットの練習 -トランペットってどれくらい響くのでしょう。- 楽器・演奏 | 教えて!goo

トランペット 練習方法

トランペットが吹けるとかっこいいですよね。今回はトランペット経験者の私が、トランペット初心者の吹き方のコツ。そしてうまくなる練習方法を紹介します。 質問日時:2007/01/06 10:09 回答数:5件 トランペットってどれくらい響くのでしょう。アパートでの練習は無理でしょうか。 皆さんが回答されてる通り、木造アパートなら無理でしょうね。 ミュート(ストレート)付けて、その上からタオルをグルグルまきにして、なおかつ布団の間に突っ込んで吹けば、かなり音は出ません (^^;) 運指の練習なら出来ますよ。 ラッパの抜け、および唇のトレーニングなら、河川敷、海岸等に行って、思いっきり吹きなさい。 ボクは大昔、家ではとてもじゃないが買ってくれなかった楽器をアルバイトして買い、内緒で練習、プロになりました。 ID見てください(^^;) 2 件 この回答へのお礼 >河川敷、海岸等に行って、思いっきり吹きなさい。 その手がありましたか!リアルに考えちゃいます。ID見ました、結局習われたのでしょうか独学だったのでしょうか…気になるところです。 お礼日時:2007/01/10 22:39 トランペットを始めてから約1年半経った経験者ですが 他の回答者さんが言ってる様に室内、特に防音していない普通のアパートでは無理です。 YAMAHAのサイレントブラスはこれからトランペットを始めようとしてる人には、やめた方が良いですよと言うしかありませんね。 もし使うなら普通に吹けるようになってから・・・ 例えて言えば16分音符でドレミの音階を下から上に上から下に一気に吹け切る事が出来るくらいになってからですかね(笑) 私も始めた頃、レンタルでトランペットと一緒にサイレントブラスも借りて使った事がありますが、、全然使えなかったです。 今使ってみれば、結構使えるかも知れませんけど、息が通らないです。 当たり前の話で、ベルの中に本体で蓋をして息を止めてしまっているのですから、じゃあ音はどうしてるのかと言えば、ベルまで達した唇の振動を本体内のマイクで拾って、装飾して増幅や減衰させて音を出しているのです。 後は部屋の中に防音ルームを作ってしまうことですが(笑) http://www.yamaha.co.jp/product/avitecs/index.html これも出費がかなり嵩みますし一般的ではありませんよね。 1 件 この回答へのお礼 >防音ルームを作ってしまう 将来的には・・・とか夢見てしまいました。回答ありがとうございました。 お礼日時:2007/01/10 22:32 住んでいる地域がどのあたりかわからないので参考になるかわかりませんが 楽器練習が出来るように『楽器演奏や練習をしていい』という条件のついたアパートなんかがあるので探してみるのもいいかもしれません 特に音大の近くなんかにはそのような条件の付いたアパートが結構あるので気兼ねなく練習に打ち込めていいと思います 持ち家などで防音設備に投資できる余裕があるならいいかもしれませんが金銭的に完全防音となればかなりかかるので 楽器練習してもよいアパートはお互いに音を出してもよいという約束の下で入居するので迷惑だといわれる心配も一切無いと思います 0 件 この回答へのお礼一軒家でもできるとは限らないんですね。回答ありがとうございました。

トランペット初心者向け練習方法!あのタブーをあえて紹介! 中野勇介のトランペット初級ドリルの記事一覧 | サックス&ブラス・マガジン

トランペット 練習方法

トランペット初心者さんで「練習方法がわからない!」と悩んでいる方は多いでしょう。理由は「教えてくれる人がいない」が一番ですかね。この記事ではトランペット初心者さん向けに、"超絶分かりやすい練習のしかた"(ただかなりヤバい)を用意しました。ご覧下さい。 お礼日時:2007/01/10 22:31 極端な言い方をすれば、自動車の警音器(クラクション)と同じくらいの音量が出ます。ただし、自動車の場合は前方7mの位置での音量、トランペットの場合は前方1mでの音量の比較ですが。 いずれにせよ、組み立て式の防音室を入れるか、家自体に防音室がなければ、集合住宅や都会の一戸建てでは不可能です。 なお、サイレンサー(音量を落とす装置)が、特に初心者の練習には使えないという点については、こちらのQ&Aを参照してください。 http://okwave.jp/qa2376127.html 0 件 この回答へのお礼自動車の警音機・・・よくわかりました。ありがとうございます。 お礼日時:2007/01/10 22:31 アパートでは100%無理だと思ってください。 普通の音量で練習してても、全戸に聞こえると 思います。 一戸建てでも、近隣住民から苦情がくる可能性が 高いです。 ヤマハのサイレントブラスシステムを使えば、 なんとかできるかなぁ・・・というくらいです。 参考URL:http://www.yamaha.co.jp/product/wind/sb/index.html 0 件 この回答へのお礼そうなんですか・・・分かりました、あきらめます。回答ありがとうございました。 お礼日時:2007/01/10 22:30 お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!

初心者のためのトランペット基礎練習法|音が出るコツ ビギナーズ 【トランペット】GarageBandを使って練習してみる | 岩田恵子 Official Web Site

トランペット 練習方法

トランペット初心者の方が、いきなり全ての音を出すのは難しいです。少しずつ出せる音を増やす練習方法を解説します。まずは、トランペットの運指を覚えましょう。おすすめの運指の覚え方をお教えします。次に、練習のコツと定番の教則本をご紹介します。 最終回 シェイクを使ったハイトーンの練習 一年間お届けしたこの連載も今回が最終回となりました。 最後もハイトーンの練習方法を紹介いたします。 前回はリズムに合わせてアルペジオを吹くフレーズでしたが、今回はシェイク(リップ・トリル)を使った練習になります。 中野勇介 08/27 第51回 リズムに合わせたハイトーンの練習 今回もハイトーンの練習方法で効果的だったものを紹介していきます。 前回は小さな音での練習でしたが、やはりハイトーンを出すためには勢いも必要になります。 中野勇介 08/20 第50回 小さい音でのハイトーンの練習 トランペットは最初に音が出せるようになるのが大変ですが、ハイトーンを出すことはさらに大変で曲でうまく音を当てるようになるにはかなり時間がかかると思います。 今回からは僕が今までやってきたハイトーンの練習方法で効果的だったものを紹介していきたいと思います。 中野勇介 08/13 第49回 アンサンブルの中で演奏するときの注意点 今回はアンサンブルの中で演奏するときの注意点と、シンプルなハーモニーの練習フレーズを紹介します。 ビッグ・バンドやポップスのホーン・セクション、吹奏楽など管楽器が二人以上の編成のときには、演奏時に気をつけなくてはいけないことがたくさんあります。 中野勇介 08/06 第48回 替え指を使ったトレーニング 今回は替え指を使った練習フレーズを紹介いたします。 トランペットには通常の指使いとは違うピストンの押さえ方で出せる音(替え指)がたくさんあります。 そういった「替え指」の使い方もしっかり覚えると、難しい音列の時にもかなり役に立ちますよ。 中野勇介 07/30 第47回 ベンディングの練習 今回はベンディングの練習フレーズを紹介いたします。 ベンド(bend)とは折り曲げるという意味もあり、演奏方法も同じで出した音を下げてまた本来の音に戻す方法です。 中野勇介 07/23 第46回 同じ音列をオクターブを変えて吹く 今回は同じ音列をオクターブを変えて吹く練習フレーズを紹介いたします。 オクターブを変えても吹いても、できるだけ音色や音楽のテンションが変わらないように注意しながら練習しましょう。 中野勇介 07/16 第45回 同じフレーズをフォルテとピアノで練習する 第43回、第44回ではポップスやビッグ・バンドを演奏するときの基本的な音の切り方や、ビブラートを使ったフレーズを紹介しました。 今回は少し複雑なリズムの譜面を使って、同じフレーズを音量を変えて吹く練習方法を紹介いたします。 中野勇介 07/09 第44回 ビブラートを使った練習 今回はビブラートを使った練習フレーズを紹介いたします。 前回はまっすぐ吹いた音を思ったタイミングでスパッと切る練習でしたが、今回は音を伸ばしている間に少しビブラートをかけて切る練習になります。 中野勇介 07/02 第43回 音の切り方の練習 今回は音の切り方の練習フレーズを紹介いたします。 音の出だしにいろんな種類があるように、切り方にもジャンルや曲によって違いがあります。 今回の練習は、伸びている音を舌でスパッと切る方法で、主にポップスやビッグバンドなどのアンサンブルの演奏で活かすことができきます。

トランペットの基礎練習のやり方・メニュー プラクティスミュートでの練習方法とおすすめミュート【2020年】 | 岩田恵子 Official Web Site

トランペット 練習方法

トランペットの基礎練習のやり方・メニュー. suipedian. このサイトの企画、制作、保守全般を担当。 音楽略歴:トランペット10年、ピアノ2年 音楽やってる人を応援したい。 トランペット吹きのみなさん、調子はいかがでしょうか。 トランペット 2020.07.03 こんにちは♬トランペット奏者・作編曲家のいわたけいこです。 i Phoneに最初から入っているアプリのGarage Band。 i OSのためのGarage Bandi OSのためのGarage Bandには、あなたのi Pad、i Phone、i Pod touchで驚くような音楽を演奏、録音、共有するために必要なものがすべてそろっています。新たにサウンドライブラリも活用できるようになりました。