• 記事: 25479
  • 質問に対する回答: 23785
  • コメント: 21606
  • 準備ができて答え: 19801

アメブロ 検索 ブログ内

Ameba検索 アメブロ(ameba)記事内に飛ばす(リンクを張る)方法 | 副業でバレずに安全に在宅でブログだけで月30万円稼ぐ秘密

アメブロ 検索 ブログ内

Ameba(アメーバブログ )内に存在するブログや記事を検索できるページです。 ご訪問ありがとうございます。 元ノウハウコレクターひろしです。 前回⇒「メッセージボードの設置」 今回は、リンクの張り方をご説明します。 しかも通常の張り方だけでなく さらに一歩進めた方法をご紹介します。 この方法を取り入れれば、あなたのブログに 訪れた見込み客は、さらにあなたの気配りに 感激します。

ブログ内検索の新着記事|アメーバブログ(アメブロ) アメブロは、ブログではなくSNSだと考えたほうがいい理由 | ウェブまねきねこ

アメブロ 検索 ブログ内

アメブロ(連続)ブログ内検索の設定方法ブログ内検索に関するアクセスが多いので検索方法、手順を簡単にまとめました。 設定は、下のURL中のアメブロID部分を自分のIDに書換えてブラウザのお気に入り(ブックマーク)に登録するだけ。 。。 ちょっと言い過ぎました。 感激することはありませんが、 「面倒くさいブログ」では、なくなります。 ぶっちゃけると、見込み客はとにかく ブログを適当に見ているのです。 クリックするのすらかったるいのです。 ですから、クリックしてくださった 見込み客のためにさらにリンク先を ピンポイントで飛ばしてあげるのです。 要するに、クリックに対する感謝の 気持ちです。 というか、「記事内に飛ばす」という 意味がわからないでしょうか? 例えば、見込み客とはをクリックすると、 そのページの先頭ではなくページ内の「見込み客とは」の行に飛びます。 ちょっとイケてないですか? そんなイカした方法を今回はお教えします。 でも、ちょっと面倒ですが、がんばっていきましょう。 まず、飛び先(呼ばれる方)に細工が必要です。 ■飛び先(呼ばれる方) id=”m1“をタグ内に記載します。 ※タグ内に id=”m1″ とか書けば良いのです。 ■呼ぶ方 http://aaaaaa.bbbbbbbbbb.cccccccc#m1 ※m1は、あなたの好きな文字列です。 ??? ここまで読んで、まったくわからない方 大丈夫です。以下の動画を見てください。 ??? 動画を見ても、まったくわからない方 大丈夫です。 私に質問してください^^ ⇒質問はこちら では、今すぐあなたのブログにリンクを 張ってみてください。 今すぐです。 最後までご覧いただきありがとうございます。 つづきはこちら⇒「アメブロ 画像サイズの変更方法」 このブログは何位? メールセミナー始めました。 このブログをわかりやすくナビゲーションしていきます。 楽しみながらキャッシュマシンが完成しますので、ぜひご参加ください。

#ブログ内検索 人気記事(一般)|アメーバブログ(アメブロ) なぜアメブロ集客でのSEO対策は難しいのか?

アメブロ 検索 ブログ内

ブログ内検索 とは 「ブログ内検索」に関するブログが並んでいるページです。Googleカスタムサーチを導入した話題をはじめ、アメブロでキーワードを入れるだけで特定の記事を探す方法が紹介されています。 SNSやブログは毎日投稿するべきか、という前回の投稿で、次のようなことを書きました。 いままで、ブログの話をしてきましたが、使っているブログが「アメーバブログ」つまりアメブロの人は、ちょっと注意が必要です。アメブロは、ブログのように見えても、SNSに近い存在なのです。ですから、出来れば毎日、せめて2日に1回は書いてほしいと思います。「え?アメブロって『アメーバブログ』でしょ?思いっきり『ブログ』っていう名前がついているじゃないの!」と思うかもしれません。 アメブロがSNSであるということの理由は、長くなるので次のブログに詳しく書きたいと思います。 アメブロをブログとしてではなく、インスタグラムやフェイスブック、ツイッターなどと同じSNSだと考えたほうがいいという理由について書きたいと思います。 SNSとブログのいいとこどり!アメブロの特徴 アメーバブログ、通称「アメブロ」。 初心者にも使いやすく、デザインテンプレートも多いアメブロは、FC2ブログに次いで日本で2番目に多く使われているブログサービスです。芸能人のユーザーも多く、 多くの女性起業家も集客のために使っています。 アメブロの特徴 投稿すればするほど情報が蓄積されていく 大量の情報の分類・整理ができる コミュニティ機能がある シェア機能がある おすすめブログ等で似た内容の別のブログを見ている所に表示される ブログという名前がついていますが、お友達機能やシェア機能、おすすめ表示機能もあるなど、 情報の蓄積や整理ができるブログのいいところと、知らない相手に情報を届けたり、コミュニケーションができるSNSのいいところを兼ね備えた、いいとこ取りのツールだと言えるでしょう。

【機能説明】Ameba検索リニューアルに伴う、ブログ内検索について A... アメブロ内のライバルをチェックしよう | アメブロアフィリエイト初心者講座

アメブロ 検索 ブログ内

1. 検索を実行. 2.ブログ記事の「もっと見る」をクリック. 3.「検索結果を絞り込む」をクリック . 4.「IDを指定」に検索したいIDを入力し、「この条件で絞り込む」をクリック . 5.「staff」のブログ内検索結果が表示されます じゃあ、なぜSNSだと考えたほうがいいのでしょうか? アメブロは、ひとつの大きなホームページ?! いいとこどりのツールなら、アメブロで問題ないんじゃないの?そう思うかもしれません。 ただ、ひとつ問題があります。 ブログのいいところに、「検索する人が知りたいこと(検索キーワードや検索意図)と投稿の内容が合っていれば、 ずっと前に書いた古い投稿でも検索結果に表示され、集客の入り口としての役割をしてくれる」という性質があります。 けれど、アメブロなどの無料ブログは、独自ドメインで構築したブログに比べて「検索結果に出ることが難しい」のです。 →アメブロなどの無料ブログは、検索順位が上の方になりにくいってこと?→アメブロは無料ブログだからGoogleやYahooの評価が低いの? いいえ、違います。 アメブロで書かれたブログが検索結果の1位に出てきていることもあります。評価が低いわけではないのです。 実は、アメブロで作ったブログの1つ1つは、すべて、 https://ameblo.jp/***** という1つの大きいホームページの中に含まれています。各ブログを作った人はバラバラだったとしても、 ぜんぶまとめてアメーバブログという1つのブログサイトなのです。 そのアメブロと言う大きなブログサイトの中から、1回の検索結果に出る数は限られています。 これは、Googleが検索順位を決めるときに、 「検索結果にはできるだけ色々なホームページの情報を表示したい。同じホームページの中から検索結果に出すのは●件までにしておこう」 みたいに考えているからだそうです。 ※「●件」の数は、2件だけだったり、4件程度は出ていたりするようで、決まっていないようです。この検索エンジンのルールが、すっとそうなのか、変わっていくのかはわかりません。以前は数の制限はありませんでした。けれど少なくともこれを書いている2019年11月にはこのような条件になっているということを知っておいてください。また、これはアメブロに限らず、FC2ブログやライブドアブログなどの無料ブログ全般においても同じような扱いになっていると考えてください。 話をもどすと、検索結果に出るためには、アメブロ内でブログを作っている同業他社(同じキーワードでのアクセスを狙っているブログ)の中で上位数件に入る必要がある!ということになります。 その戦いに勝てなければそもそも検索結果には表示されないのです。(辛すぎる…) この戦いは、あくまでGoogleがジャッジする戦いです。アメブロ内のアクセスランキングとは全く関係はありません。上位を決める基準は、Googleしか知りません。 けれど、 過去に長く運営してきて投稿がたくさんある、 お友達登録もたくさんしてもらえている というようなブログは、検索結果の表示に大きなイニシアチブがあります。これらは、Googleから高い評価を得るのに必要だと言われている条件だからです。 もし、すでにある程度の年数を経て蓄積された投稿がある場合は、アメブロでもブログとして検索されるメリットを受けられるかもしれません。 そうではない場合…あまり投稿できていない、とか、これから頑張ろうと思っているというような場合は、アメブロはSNSとして考えたほうがいいでしょう。アメブロをメインの集客の入り口にするならSNSだと思って毎日(せめて2日に1回)投稿する必要があると言えます。 ※ただ、せっかく蓄積できる文章を書くのであれば、ブログはアメブロではなく、独自ドメインを用意して、ちゃんとしたホームページ兼ブログを作ったほうが、後々には自分の財産になっていくのでおススメですよ。 まとめ アメブロは、SNSのいいところとブログのいいところを兼ね備えた、いいとこどりのツールです。 だけど、検索結果に自分のブログを出すという、集客にとってとても大事なところで、アメブロ内の強いライバルと戦わなくてはいけないことがあります。

ブログ内検索のやり方! 桃オフィシャルブログ Powered by Ameba ホームページがあるのにアメブロやってるの?Webサイトを持っているなら外部ブログより内部ブログをオススメする2つの理由 :: 7つ星ブログ

アメブロ 検索 ブログ内

最近質問が多かったブログ内検索まず、ブログのトップにある、この虫メガネをおします。1番下の方にある「芸能人 有名人ブログの記事に絞る」を選択する。 アメブロ集客でSEO対策を頑張っているのに、さっぱり結果が出ないという相談を頂きます。 単純にキーワードの選定の問題もあるかもしれませんが、実は、アメブロ集客でのSEO対策そのものがかなりハードルが高いのです。 これは、アメブロに限った話ではなく、 無料のブログサービスなども同様なのですが、無料のブログサービスでSEO対策をしても労力に見合った効果を得るのはなかなか難しいのです。 なぜアメブロのSEO対策は難しいのか。その理由は検索エンジンがドメインごとの表示件数をコントロールしているから。 アメブロやその他の無料ブログサービスでのSEO対策が難しいのには理由があります。 なぜ、そういったブログサービスでのSEO対策が難しいのかというと、 googleやYahoo! は1つのドメイン内のページの検索結果への表示件数をコントロールしているからです。 googleなどの主要な検索エンジンは広告をビジネスモデルとしています。検索する人が多ければ多いほど広告が表示される回数が上がるので、検索エンジンは広告媒体として価値をあげることができます。 だから、検索エンジンは利用頻度をあげるために、利用者の検索意図に見合った結果を返すことで「使える」検索エンジンである必要があります。 利用者の検索意図を汲みつつも、検索結果に多様性をもたせるために特定のサイトに偏ったり、同じような内容のページばかりを表示しないようにコントロールをしているのです。 googleやYahoo! のような検索エンジンは、こういった仕組みがなければ、強いドメインの配下にあるページで検索結果が埋め尽くされてしまい、検索ユーザーの目的にかなった多様性のある結果を提供できないと考えているのです。 例えば、 ある商品の使い方や評判などについて知りたいと思っても、検索結果画面が 楽天やYahoo! のショップの商品ページばかりで埋め尽くされてしまったとしたらどうでしょうか。商品の公式ページやレビューブログが表示されないなんてことが起きてしまいます。 なので、1つのドメインから表示する件数を制限することで、多様性を保とうと考えているわけです。 例えば、アメブロであれば、 http://ameblo.jp というドメインの中にあるブログの中から、検索キーワードとのマッチング度が 高い2〜3ページだけが表示されるということです。 つまり、アメブロのドメイン内での競争に勝ち抜いた数ページしか検索結果の1つの画面には表示されないということです。アメブロの競争を勝ち抜いたとしても、もちろん、今度は他のサイトとの競争が待っています。 一方、独自ドメインであれば、自分のドメイン内での競争なんてないので、他のブログとの競争に勝ちさえすれば良いということですね。 こういった仕組みが存在するので、アメブロをはじめとする特定のドメイン配下で展開するブログサービスは検索エンジン対策という点ではデメリットがあると考えることができます。 検索エンジンからの流入なら独自ドメインが有利。アメブロはSNSとして使う。 こうして考えると、アメブロ集客のSEO対策はハードルが高いと言わざるをえません。 念のため、誤解のないように言っておくと、アメブロだからとか無料ブログサービスだからではなく、 あくまでも同一ドメインに対する制限です。 どんなにキーワード対策をしても ある一つのドメインが検索結果画面を独占するのは不可能だということですね。 その点、独自ドメインであれば、結果画面の1ページ目に3件程度なら自分のサイトの情報を表示させることが できるということになります。 こうした仕様から、独自ドメインでのブログの方が、うまくキーワード対策をすれば検索エンジンからの流入を増やしやすいと考えることができます。 アメブロのようなサービスが検索エンジン対策では不利だと考えるのには、こうした理由があるのです。 ですから、アメブロに関しては検索エンジン対策を考えるよりも、読者登録やコメントなどのアメブロのコミュニティとしての機能やSNSとしての特性をうまく 使うことを考えた方がベターだと考えることができます。 つまり、アメブロを使うなら中途半端に考えずに、アメブロはアメブロの利用者に対してのアプローチするメディアと割り切って考えた方が有効な打ち手を取ることができるということです。 アメブロ以外の選択肢を考えてみる そもそもアメブロにこだわる理由はどこにあるのでしょうか。 アメブロの中に自分の見込み客がたくさんいるのであれば、アメブロを使うのは理にかなっていますが、検索エンジンからの流入を考えているということは、アメブロの外のマーケットにいる見込み客を狙っているということです。 アメブロでも検索エンジンからの流入は狙えなくはないのですが、目的や狙っているターゲットがはっきりしているのに、SEO対策に強いとは言えないアメブロをわざわざ使う理由はないですよね。 マーケティングは、正しいメディアを使って、正しいマーケットに、正しいメッセージを伝えて初めて機能します。 メディアの選択が違えば、結果もおのずと違うものになってくるということです。 もし、アメブロでのSEO対策に苦労しているのであれば、その労力をWord Pressなどを活用した独自ドメインのブログに向けた方が効率的です。 狙うマーケットでアメブロと独自ドメインのブログを使い分ける さきほど書いたように、マーケティングは、正しいメディアを使って、正しいマーケットに、正しいメッセージを伝えて初めて機能するものです。 だから、まずは自分の見込み客がどこにいるのかを明確にするところから見直してみることです。 アメブロと独自ドメインのブログを「ブログ」と一括りにして考えてしまうと、集客はうまくいきません。 ターゲットとなる見込み客が違えばアプローチの方法もまた違ってくるからです。 見込み客がアメブロの中にいるのであればアメブロを使った方が効果的ですし、アメブロの外にいるのであれば、検索エンジンに強い構造を持つ独自ドメインのブログを活用した方が効果的です。 ぼくもアメブロと独自ドメインのブログを活用していますが、狙っているマーケットが違うので、伝えるメッセージも使い分けています。 アメブロの感覚で独自ドメインのブログを書いてもうまくいかないし、逆もまた同じです。 あなたの見込み客はどこにいますか? メディアも方法も一つではありません。可能性に注目すると新たな展開が待っていますよ。 Word Pressブログ構築ワークショップ ワークショップ形式でWord Pressブログを構築 ブログをつくることではなく、活用できるようになることにフォーカスしたブログ構築サービスです。作ってお渡しするのではなく、ブログの活用に必要な「材料」 ...