• 記事: 28317
  • 質問に対する回答: 21167
  • コメント: 20911
  • 準備ができて答え: 25983

アメブロ 検索 ブログ内

Ameba検索 アメブロ(ameba)記事内に飛ばす(リンクを張る)方法 | 副業でバレずに安全に在宅でブログだけで月30万円稼ぐ秘密

アメブロ 検索 ブログ内

Ameba(アメーバブログ )内に存在するブログや記事を検索できるページです。 ご訪問ありがとうございます。 元ノウハウコレクターひろしです。 前回⇒「メッセージボードの設置」 今回は、リンクの張り方をご説明します。 しかも通常の張り方だけでなく さらに一歩進めた方法をご紹介します。 この方法を取り入れれば、あなたのブログに 訪れた見込み客は、さらにあなたの気配りに 感激します。

ブログ内検索の新着記事|アメーバブログ(アメブロ) アメブロは、ブログではなくSNSだと考えたほうがいい理由 | ウェブまねきねこ

アメブロ 検索 ブログ内

アメブロ(連続)ブログ内検索の設定方法ブログ内検索に関するアクセスが多いので検索方法、手順を簡単にまとめました。 設定は、下のURL中のアメブロID部分を自分のIDに書換えてブラウザのお気に入り(ブックマーク)に登録するだけ。 。。 ちょっと言い過ぎました。 感激することはありませんが、 「面倒くさいブログ」では、なくなります。 ぶっちゃけると、見込み客はとにかく ブログを適当に見ているのです。 クリックするのすらかったるいのです。 ですから、クリックしてくださった 見込み客のためにさらにリンク先を ピンポイントで飛ばしてあげるのです。 要するに、クリックに対する感謝の 気持ちです。 というか、「記事内に飛ばす」という 意味がわからないでしょうか? 例えば、見込み客とはをクリックすると、 そのページの先頭ではなくページ内の「見込み客とは」の行に飛びます。 ちょっとイケてないですか? そんなイカした方法を今回はお教えします。 でも、ちょっと面倒ですが、がんばっていきましょう。 まず、飛び先(呼ばれる方)に細工が必要です。 ■飛び先(呼ばれる方) id=”m1“をタグ内に記載します。 ※タグ内に id=”m1″ とか書けば良いのです。 ■呼ぶ方 http://aaaaaa.bbbbbbbbbb.cccccccc#m1 ※m1は、あなたの好きな文字列です。 ??? ここまで読んで、まったくわからない方 大丈夫です。以下の動画を見てください。 ??? 動画を見ても、まったくわからない方 大丈夫です。 私に質問してください^^ ⇒質問はこちら では、今すぐあなたのブログにリンクを 張ってみてください。 今すぐです。 最後までご覧いただきありがとうございます。 つづきはこちら⇒「アメブロ 画像サイズの変更方法」 このブログは何位? メールセミナー始めました。 このブログをわかりやすくナビゲーションしていきます。 楽しみながらキャッシュマシンが完成しますので、ぜひご参加ください。

#ブログ内検索 人気記事(一般)|アメーバブログ(アメブロ) なぜアメブロ集客でのSEO対策は難しいのか?

アメブロ 検索 ブログ内

ブログ内検索 とは 「ブログ内検索」に関するブログが並んでいるページです。Googleカスタムサーチを導入した話題をはじめ、アメブロでキーワードを入れるだけで特定の記事を探す方法が紹介されています。 SNSやブログは毎日投稿するべきか、という前回の投稿で、次のようなことを書きました。 いままで、ブログの話をしてきましたが、使っているブログが「アメーバブログ」つまりアメブロの人は、ちょっと注意が必要です。アメブロは、ブログのように見えても、SNSに近い存在なのです。ですから、出来れば毎日、せめて2日に1回は書いてほしいと思います。「え?アメブロって『アメーバブログ』でしょ?思いっきり『ブログ』っていう名前がついているじゃないの!」と思うかもしれません。 アメブロがSNSであるということの理由は、長くなるので次のブログに詳しく書きたいと思います。 アメブロをブログとしてではなく、インスタグラムやフェイスブック、ツイッターなどと同じSNSだと考えたほうがいいという理由について書きたいと思います。 SNSとブログのいいとこどり!アメブロの特徴 アメーバブログ、通称「アメブロ」。 初心者にも使いやすく、デザインテンプレートも多いアメブロは、FC2ブログに次いで日本で2番目に多く使われているブログサービスです。芸能人のユーザーも多く、 多くの女性起業家も集客のために使っています。 アメブロの特徴 投稿すればするほど情報が蓄積されていく 大量の情報の分類・整理ができる コミュニティ機能がある シェア機能がある おすすめブログ等で似た内容の別のブログを見ている所に表示される ブログという名前がついていますが、お友達機能やシェア機能、おすすめ表示機能もあるなど、 情報の蓄積や整理ができるブログのいいところと、知らない相手に情報を届けたり、コミュニケーションができるSNSのいいところを兼ね備えた、いいとこ取りのツールだと言えるでしょう。

【機能説明】Ameba検索リニューアルに伴う、ブログ内検索について A... アメブロ内のライバルをチェックしよう | アメブロアフィリエイト初心者講座

アメブロ 検索 ブログ内

1. 検索を実行. 2.ブログ記事の「もっと見る」をクリック. 3.「検索結果を絞り込む」をクリック . 4.「IDを指定」に検索したいIDを入力し、「この条件で絞り込む」をクリック . 5.「staff」のブログ内検索結果が表示されます じゃあ、なぜSNSだと考えたほうがいいのでしょうか? アメブロは、ひとつの大きなホームページ?! いいとこどりのツールなら、アメブロで問題ないんじゃないの?そう思うかもしれません。 ただ、ひとつ問題があります。 ブログのいいところに、「検索する人が知りたいこと(検索キーワードや検索意図)と投稿の内容が合っていれば、 ずっと前に書いた古い投稿でも検索結果に表示され、集客の入り口としての役割をしてくれる」という性質があります。 けれど、アメブロなどの無料ブログは、独自ドメインで構築したブログに比べて「検索結果に出ることが難しい」のです。 →アメブロなどの無料ブログは、検索順位が上の方になりにくいってこと?→アメブロは無料ブログだからGoogleやYahooの評価が低いの? いいえ、違います。 アメブロで書かれたブログが検索結果の1位に出てきていることもあります。評価が低いわけではないのです。 実は、アメブロで作ったブログの1つ1つは、すべて、 https://ameblo.jp/***** という1つの大きいホームページの中に含まれています。各ブログを作った人はバラバラだったとしても、 ぜんぶまとめてアメーバブログという1つのブログサイトなのです。 そのアメブロと言う大きなブログサイトの中から、1回の検索結果に出る数は限られています。 これは、Googleが検索順位を決めるときに、 「検索結果にはできるだけ色々なホームページの情報を表示したい。同じホームページの中から検索結果に出すのは●件までにしておこう」 みたいに考えているからだそうです。 ※「●件」の数は、2件だけだったり、4件程度は出ていたりするようで、決まっていないようです。この検索エンジンのルールが、すっとそうなのか、変わっていくのかはわかりません。以前は数の制限はありませんでした。けれど少なくともこれを書いている2019年11月にはこのような条件になっているということを知っておいてください。また、これはアメブロに限らず、FC2ブログやライブドアブログなどの無料ブログ全般においても同じような扱いになっていると考えてください。 話をもどすと、検索結果に出るためには、アメブロ内でブログを作っている同業他社(同じキーワードでのアクセスを狙っているブログ)の中で上位数件に入る必要がある!ということになります。 その戦いに勝てなければそもそも検索結果には表示されないのです。(辛すぎる…) この戦いは、あくまでGoogleがジャッジする戦いです。アメブロ内のアクセスランキングとは全く関係はありません。上位を決める基準は、Googleしか知りません。 けれど、 過去に長く運営してきて投稿がたくさんある、 お友達登録もたくさんしてもらえている というようなブログは、検索結果の表示に大きなイニシアチブがあります。これらは、Googleから高い評価を得るのに必要だと言われている条件だからです。 もし、すでにある程度の年数を経て蓄積された投稿がある場合は、アメブロでもブログとして検索されるメリットを受けられるかもしれません。 そうではない場合…あまり投稿できていない、とか、これから頑張ろうと思っているというような場合は、アメブロはSNSとして考えたほうがいいでしょう。アメブロをメインの集客の入り口にするならSNSだと思って毎日(せめて2日に1回)投稿する必要があると言えます。 ※ただ、せっかく蓄積できる文章を書くのであれば、ブログはアメブロではなく、独自ドメインを用意して、ちゃんとしたホームページ兼ブログを作ったほうが、後々には自分の財産になっていくのでおススメですよ。 まとめ アメブロは、SNSのいいところとブログのいいところを兼ね備えた、いいとこどりのツールです。 だけど、検索結果に自分のブログを出すという、集客にとってとても大事なところで、アメブロ内の強いライバルと戦わなくてはいけないことがあります。

ブログ内検索のやり方! 桃オフィシャルブログ Powered by Ameba ホームページがあるのにアメブロやってるの?Webサイトを持っているなら外部ブログより内部ブログをオススメする2つの理由 :: 7つ星ブログ

アメブロ 検索 ブログ内

最近質問が多かったブログ内検索まず、ブログのトップにある、この虫メガネをおします。1番下の方にある「芸能人 有名人ブログの記事に絞る」を選択する。 アメブロ集客でSEO対策を頑張っているのに、さっぱり結果が出ないという相談を頂きます。 単純にキーワードの選定の問題もあるかもしれませんが、実は、アメブロ集客でのSEO対策そのものがかなりハードルが高いのです。 これは、アメブロに限った話ではなく、 無料のブログサービスなども同様なのですが、無料のブログサービスでSEO対策をしても労力に見合った効果を得るのはなかなか難しいのです。 なぜアメブロのSEO対策は難しいのか。その理由は検索エンジンがドメインごとの表示件数をコントロールしているから。 アメブロやその他の無料ブログサービスでのSEO対策が難しいのには理由があります。 なぜ、そういったブログサービスでのSEO対策が難しいのかというと、 googleやYahoo! は1つのドメイン内のページの検索結果への表示件数をコントロールしているからです。 googleなどの主要な検索エンジンは広告をビジネスモデルとしています。検索する人が多ければ多いほど広告が表示される回数が上がるので、検索エンジンは広告媒体として価値をあげることができます。 だから、検索エンジンは利用頻度をあげるために、利用者の検索意図に見合った結果を返すことで「使える」検索エンジンである必要があります。 利用者の検索意図を汲みつつも、検索結果に多様性をもたせるために特定のサイトに偏ったり、同じような内容のページばかりを表示しないようにコントロールをしているのです。 googleやYahoo! のような検索エンジンは、こういった仕組みがなければ、強いドメインの配下にあるページで検索結果が埋め尽くされてしまい、検索ユーザーの目的にかなった多様性のある結果を提供できないと考えているのです。 例えば、 ある商品の使い方や評判などについて知りたいと思っても、検索結果画面が 楽天やYahoo! のショップの商品ページばかりで埋め尽くされてしまったとしたらどうでしょうか。商品の公式ページやレビューブログが表示されないなんてことが起きてしまいます。 なので、1つのドメインから表示する件数を制限することで、多様性を保とうと考えているわけです。 例えば、アメブロであれば、 http://ameblo.jp というドメインの中にあるブログの中から、検索キーワードとのマッチング度が 高い2〜3ページだけが表示されるということです。 つまり、アメブロのドメイン内での競争に勝ち抜いた数ページしか検索結果の1つの画面には表示されないということです。アメブロの競争を勝ち抜いたとしても、もちろん、今度は他のサイトとの競争が待っています。 一方、独自ドメインであれば、自分のドメイン内での競争なんてないので、他のブログとの競争に勝ちさえすれば良いということですね。 こういった仕組みが存在するので、アメブロをはじめとする特定のドメイン配下で展開するブログサービスは検索エンジン対策という点ではデメリットがあると考えることができます。 検索エンジンからの流入なら独自ドメインが有利。アメブロはSNSとして使う。 こうして考えると、アメブロ集客のSEO対策はハードルが高いと言わざるをえません。 念のため、誤解のないように言っておくと、アメブロだからとか無料ブログサービスだからではなく、 あくまでも同一ドメインに対する制限です。 どんなにキーワード対策をしても ある一つのドメインが検索結果画面を独占するのは不可能だということですね。 その点、独自ドメインであれば、結果画面の1ページ目に3件程度なら自分のサイトの情報を表示させることが できるということになります。 こうした仕様から、独自ドメインでのブログの方が、うまくキーワード対策をすれば検索エンジンからの流入を増やしやすいと考えることができます。 アメブロのようなサービスが検索エンジン対策では不利だと考えるのには、こうした理由があるのです。 ですから、アメブロに関しては検索エンジン対策を考えるよりも、読者登録やコメントなどのアメブロのコミュニティとしての機能やSNSとしての特性をうまく 使うことを考えた方がベターだと考えることができます。 つまり、アメブロを使うなら中途半端に考えずに、アメブロはアメブロの利用者に対してのアプローチするメディアと割り切って考えた方が有効な打ち手を取ることができるということです。 アメブロ以外の選択肢を考えてみる そもそもアメブロにこだわる理由はどこにあるのでしょうか。 アメブロの中に自分の見込み客がたくさんいるのであれば、アメブロを使うのは理にかなっていますが、検索エンジンからの流入を考えているということは、アメブロの外のマーケットにいる見込み客を狙っているということです。 アメブロでも検索エンジンからの流入は狙えなくはないのですが、目的や狙っているターゲットがはっきりしているのに、SEO対策に強いとは言えないアメブロをわざわざ使う理由はないですよね。 マーケティングは、正しいメディアを使って、正しいマーケットに、正しいメッセージを伝えて初めて機能します。 メディアの選択が違えば、結果もおのずと違うものになってくるということです。 もし、アメブロでのSEO対策に苦労しているのであれば、その労力をWord Pressなどを活用した独自ドメインのブログに向けた方が効率的です。 狙うマーケットでアメブロと独自ドメインのブログを使い分ける さきほど書いたように、マーケティングは、正しいメディアを使って、正しいマーケットに、正しいメッセージを伝えて初めて機能するものです。 だから、まずは自分の見込み客がどこにいるのかを明確にするところから見直してみることです。 アメブロと独自ドメインのブログを「ブログ」と一括りにして考えてしまうと、集客はうまくいきません。 ターゲットとなる見込み客が違えばアプローチの方法もまた違ってくるからです。 見込み客がアメブロの中にいるのであればアメブロを使った方が効果的ですし、アメブロの外にいるのであれば、検索エンジンに強い構造を持つ独自ドメインのブログを活用した方が効果的です。 ぼくもアメブロと独自ドメインのブログを活用していますが、狙っているマーケットが違うので、伝えるメッセージも使い分けています。 アメブロの感覚で独自ドメインのブログを書いてもうまくいかないし、逆もまた同じです。 あなたの見込み客はどこにいますか? メディアも方法も一つではありません。可能性に注目すると新たな展開が待っていますよ。 Word Pressブログ構築ワークショップ ワークショップ形式でWord Pressブログを構築 ブログをつくることではなく、活用できるようになることにフォーカスしたブログ構築サービスです。作ってお渡しするのではなく、ブログの活用に必要な「材料」 ...

【これは便利!】アメブロの便利な検索方法 一般人絞り込み検索など アメブロのブログ内検索が機能しません - BIGLOBEなんでも相談室

アメブロ 検索 ブログ内

アメブロの検索機能には、特定ブログのidを入力する方法があります。 しかし、特定のブログ内を検索したい場合は、そのブログにアクセスして、検索をした方が早いです。 上図のように このブログを検索する から、ブログ内検索ができます。 【アメブロ内のライバルをチェックしよう】 前回のライバルチェックは、Yahooやグーグル等の 検索エンジン対策のための物でした ⇒ライバルサイトの調べ方~ライバルチェックツール紹介 しかし、あくまでも主戦場はアメブロです。 そこで今回はアメブロ内のライバルチェックの方法を紹介します。 どこで調べるのか? それはアメーバ人気ブログランキングです。 マイページのプロフィール画像の下にある【ランキング】をクリックして 右に並んでいる、適当なジャンルをクリックしたら 上部メニューの【ジャンル別】をクリックすると見れます。 以前も紹介しましたが、様々なジャンルに分かれていますので あなたのブログテーマと同じカテゴリが見つかると思います。 上位50ほどのブログを見て、前回同様にチェックしてみましょう。 ただしアメブロのランキングは、PV数(見られたページ数)で決まりますので 順位が上だから良いブログとは限りません。 PV数を稼ぐ裏技的なものがあるので それを使えば、どんなブログでも上位にランクインできちゃいます。 実際に上位ブログを見ていただければ分かると思います。 「何でこんなブログが上位に!?」 と思ってしまうブログが多いです。 50個見ると相当時間が掛かりますので 変なブログは、悪い点をメモったらサラっと流してしまいましょう。 見なくて良いブログの代表格は ・記事数が10以下 ・明らかに別サイトに誘導するのが目的のブログ ・タイトルと内容が合ってない ・数ヵ月更新されていない ・コピペだけのブログ ・完全に日記 これらを省いて、後は自分の目でライバルの数と強さを確かめてみてください。

アメブロ(Ameba)の検索機能・検索方法について 無料ブログの達人 アメブロはSNS!ブログじゃないという衝撃の事実!その理由をお話します。 | 吉田あみ公式ブログ

アメブロ 検索 ブログ内

アメブロで友人(一般人)のブログを検索して探す方法 Amebaに登録された友人を探す際に便利なのが「Ameba条件を指定して検索」という機能です。性別、出身地、年齢、血液型、職業などから検索することが可能です。検索のテキストボックスに友人のニックネームやプロフィール、登録名など ... 見方は単純で良いです。 自分なら読みたいか読みたくないか。 読みたいと思ったら良いとこ探し 読みたくないと思ったら悪いとこ探しです。 以前ご紹介したフェレットプラスを使い ライバルのURLからデータを調べるのも良いですね。 強敵ばかりの土俵で勝負することはありません。 「男には負けると解っていても勝負しなければならない時がある(キリッ!)」 とか言ってたらダメですよ(笑) 勝ってなんぼのアフィリエイトです! 【まとめ】 アメーバ人気ランキングでライバルチェック ランキングはランキングでも、これだけじゃありません。 ⇒こっちのランキングでもライバルをチェックしましょう 参考になるブログもたくさん見つかりますよ。

アメーバブログのブログ内検索についてアメーバブログで特定のブログ... アメブロ スマホのブログ内検索窓がどこかに消えたので、検索方法探しました | Mederu me

アメブロ 検索 ブログ内

アメブロのアクセス解析で、my.ameba.jpは ブログ内検索ですか? 更新日時:2019/10/19 回答数:1 閲覧数:5; アメブロのブログ内でのワード検索機能ってなくなったんですか? 会社のホームページをつくってブログはアメブロで! いわゆる「外部ブログ」での運営ですね。 少し前まではこのような運営をしている人が多かったし、そう推奨している人も多かったのですが・・・ 内部ブログと外部ブログ ホームページをお持ちでしたら、 http://◯◯◯◯◯◯.com といったお店や会社、あるいは個人の専用のドメイン(URL)があると思います。 そのドメインを利用して運営するブログを「内部ブログ」と呼びます。 例えばわたしの場合だと、ホームページのURLが http://esquared.jp で、ブログのURLは http://esquared.jp/blog です。 【esqured.jp】というドメイン内での運営なので、「内部ブログ」となるわけです。 一方、わたしが以前更新していたブログのURLは http://ameblo.jp/7natsu5 です。 アメブロ内で「7つ星ブログ」として運営しており、ドメインは【ameblo.jp】となります。 こういったホームページとは違うドメインでブログを運営することを「外部ブログ」というわけです。 ホームページを持っているなら内部ブログをオススメする訳 ドメインパワーを強くすることができる 内部ブログの場合ドメインが同じなので、ブログを更新することでホームページ自体が更新されたことになり、どんどんドメインが評価され、パワーを強くすることができます。 Googleは、情報量や情報発信の頻度、内容、継続年数などでドメインの評価をしています。 ホームページって固定の情報を掲載するものなので、一度作ってしまえば、頻繁に更新することがないですよね?そうするとGoogleのロボットもサイトに巡回にこなくなってしまいます。 内部ブログだと、ブログを書くことでGoogleに「わたしのサイト、更新しましたよ〜」ってお知らせができるのですね。そうするとロボットが巡回に来てくれます。 巡回に来てくれて初めて評価が受けられるので、更新頻度は多いに越したことがないのです。 アメブロ等の外部ブログで日々更新するということは【ameblo.jp】というドメインを強化していることになるわけです。当然自分のサイトのドメインが評価されることはありません。 SEO対策となる SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、SEO対策とは「検索エンジン最適化」と呼ばれ、検索結果で自社サイトを多く露出をするために行う対策のことです。 上記でも書きましたが、Googleは情報量や情報発信の頻度、内容、継続年数などでドメインを評価しています。 特に最近は、タイトルに対して読者が求める内容、読者が満足のいく内容が書かれているかということを厳しく評価しています。 評価の高いものから順に、検索したときに上位に表示されていく訳です。 内部ブログで読者が求める情報を定期的に更新することで、ドメインが評価されるということはSEO対策にもなり、検索したときに上位に表示されやすくなるのです。 今は一昔前のように小手先のSEO対策が効かなくなってきています。 お金を払った人が検索上位に表示される時代は終わったのです。 検索で上位に表示させたければ、しっかりとブログ記事を作成し、定期的に発信する必要があります。 が・・・ せっかくの情報をホームページとは別のドメインでせっせと作成するって・・・ もったいないと思いませんか?ホームページのSEOにならないんですから。 ホームページがあっても内部ブログをオススメしないこともある 内部ブログには ドメインのパワーを強くする ホームページのSEO対策となる というメリットがあるというお話をしました。 ブログで仕事に関連する内容を更新することでホームページの評価が上がり上位表示されるわけです。 でも、ブログの内容が仕事の内容と関連しない内容ばかりなら・・・ 例えば、芸能人ブログによくある「◯◯に行ってきました〜」「今日のスタイル」といった感じの写真と数行の文章のみの記事。 これは実はSEO的には逆効果となってしまうのです。 「社長ブログ」等で業務に関係のない日常のことをブログに書きたいならば、内部ブログではなくアメブロ等の外部ブログで書かれることをオススメします。 それでもアメブロが使いたい!という方へ 業種によっては、まだまだアメブロでも十分集客できる可能性はあると思います。 でも、アメブロでブログを運営するのであれば、アメブロを使うメリットを利用しないと意味がないわけです。 アメブロを使うメリットというのは、横のつながりです。 アメブロには読者登録という機能があって、お互いのブログをリンクさせ合う機能です。 そして、読者になったブログが更新されると自分の管理画面に表示されるので、見てもらえやすいわけです。 要はつながりの中からブログを読んでもらったり購買につなげたりといったことができるのがアメブロの最大のメリットなんです。SNSのような感覚ですね。 だから、アメブロでブログを運営するならば、記事の更新はもちろん読者をどんどん増やし交流することが大事なのですよね。 更新を頻繁にしても自分のホームページの評価には繋がらず検索で上位表示されることが難しいので、ブログを読んでもらうためには読者を増やし、コミュニケーションの中から信頼関係をつくり、そこから集客につなげるしか方法がないのです。 まとめ ちょっと前までは、ホームページをつくってブログはアメブロで! なんて使い方をしている人が多かったし、そのように推奨している人も多かったです。 エステやサロン系、お稽古ごとなど、アメブロの読者層が好むお仕事の発信をしているならば今でもその方法でもまだ良いのかもしれません。 何よりアメブロの一番のメリットは「手軽」「すぐに始められる」ということがありますしね。 ただし、アメブロは商用利用禁止ですので、そのあたりのリスクも考えた上での運営が必要です。 そんなこと諸々考えると、ホームページを持っているなら同じドメインでブログを運営するほうが良いのではないかな〜って思います。 ホームページをお持ちでブログを同じドメインで運営したい! という方は当社でも設置サービス行っております。 お気軽にご相談くださいませ。 The following two tabs change content below.この記事を書いた人最新の記事 ブログ集客プロデューサー/ライター/コラムニスト。

アメブロ内のライバルをチェックしよう ...

アメブロ 検索 ブログ内

検索エンジン対策のための物でした ⇒ライバルサイトの調べ方~ライバルチェックツール紹介 しかし、あくまでも主戦場はアメブロです。 そこで今回は アメブロ内のライバルチェック の方法を紹介します。 どこで調べるのか? 読者(消費者)との関係をつくり、集客や販売につなげる発信で5年10年後もお客様に愛される会社・お店づくりのためのメディアづくりをサポートしている。 これまで発信してきたもの、持っているコンテンツをわかりやすく見やすい形に編集してコーディネイトすることを得意とする。またコミュニケーションの中で、その人の中にある光るもの・強みを引き出すことも得意。 講座や個別サポートでは、その人ならではの魅力を引き出し、わかりやすく伝わりやすい言葉にして発信するお手伝いをしている。 e SQUARED(株)のWebマーケティング インターネットでの情報発信はこれからの時代なくてはならないものだと考えています。情報化社会において個人事業主様・小規模事業者様が取り組むべきものが「コンテンツマーケティング」。ブログを中心としたWeb戦略です。スマホやタブレットの普及により、人はいつでも情報の検索ができる時代です。そのような時代に情報を発信していないということは、存在しないのと同じです。時流に乗った情報発信は必要不可欠です。お客様に選んでもらえる情報の発信、初めてみませんか?弊社では、ブログ・ホームページ・SNSを活用したマーケティングのお手伝いのため、ワードプレスブログの構築から、少人数ブログ講座、Webマーケティングの個別サポート、ブログ記事の代行&リライトを提供しております。