• 記事: 30542
  • 質問に対する回答: 26381
  • コメント: 21192
  • 準備ができて答え: 21273

あなたといたいしわくちゃに何年たっても

奥華子 しわくちゃ 歌詞 - 歌ネット - UTA-NET 手の皮がやたらふやけて剥けます。 -最近ちょっと困っておりまして、キ- スキンケア・エイジングケア | 教えて!goo

あなたといたいしわくちゃに何年たっても

「あなたといたい しわくちゃに 何年たっ」勇気をもらったり、泣けたり、癒されたり、この歌詞をチェックしてみて!人の心を打つ「言葉」がぎっしり! 2015年10月リリース。13曲。2500円。 1.ウレシパモシリ 2.ハイボクノウタ 3.だいじょうぶマイフレンド 4.勇者の石 5.祝福の歌 6.The profession 7.Traveling man 8.雲のうえはいつも晴れだから 9.PUZZLE 10.ばあちゃんの手 11.Hello my mom !

奥華子 - しわくちゃ ~ Oo歌詞 GREATEST HITS AKIRA 2005-2015 | AKIRA ALBUM 販売ページ

あなたといたいしわくちゃに何年たっても

しわくちゃ 奥華子. 君と僕の道. 作曲︰奥華子 作詞︰奥華子. 歌詞. あなたといたい しわくちゃに 何年たっても あなたがいる世界は なんて素晴らしいんだろう. 出逢いは突然 あたしの胸の 高鳴る音が聞こえるくらい 12.家族 13.ありがとう 他のアルバムとの大人買いも可能です。 大人買い5冊以上ご希望の場合は、大人買いの項目よりご購入お願いいたします。 5枚で10000円の大人買いセット http://akiramania.thebase.in/items/1996596 6枚で12000円の大人買いセット http://akiramania.thebase.in/items/4968168 7枚で14000円の大人買いセット http://akiramania.thebase.in/items/4968245 8枚で16000円の大人買いセット http://akiramania.thebase.in/items/4968282 9枚で18000円の大人買いセット http://akiramania.thebase.in/items/4968293 「ウレシパモシリ」 1 わたしは大地 わたしは大空 わたしは月 わたしは太陽 わたしは花 わたしは鳥 そしてわたしはあなた ふたつの道を目の前にして 自分自身が迷ったときは 道ばたの石をめくってごらん そこにわたしがいるから 自分で積んだ不幸の壁に 閉じこめられておびえる夜は 星を見あげて話してごらん そこにわたしがいるから わたしとあなた へだててる線が消えてく わたしたち 同じ愛から生まれた わたしは涙 わたしは笑顔 わたしは孤独 わたしは怒りわたしは許しわたしは祈り そしてわたしはあなた 2 人が怖くて自分がいやで 動けぬくらいすくんだときは 年老いた木にさわってごらん そこにわたしがいるから やさしさゆえに人になじられ 愛するゆえに身を引いた夜は ひとり鏡をながめてごらん そこにわたしがいるから わたしとあなた それぞれのエゴを超えてく わたしたち 同じ愛から生まれた わたしは試練 わたしは学び わたしは光 わたしは命 わたしは愛 わたしは神 そしてわたしはあなた 3 親を亡くして友をなくして 愛する人を失ったとき 吹きくる風を感じてごらん そこにわたしがいるから 病の床で定めを呪い 死の足音におびえる夜は 自分の胸にさわってごらん そこにわたしがいるから わたしとあなた 抱き合えばひとつに溶ける わたしたち 同じ愛から生まれた わたしは大地 わたしは大空 わたしは月 わたしは太陽 わたしは花 わたしは鳥 そしてわたしはあなた わたしは涙 わたしは笑顔 わたしは孤独 わたしは怒りわたしは許しわたしは祈り そしてわたしはあなた わたしは試練 わたしは学び わたしは光 わたしは命 わたしは愛 わたしは神 そしてわたしはあなた 「ハイボクノウタ」 1 塾に通う子供たちが ホームレスのおじさんを笑う 「ああなったら終わりだね」 切符を買うおばあちゃんに 列のうしろで男が叫ぶ 「なにをとろとろやってんだ」 弱いものに手をさしのべる それがほんとの強さなんだ 敗北の味知るものだけが 人を救えるから 負けろ 負けろ 負けろ 敗れる痛みを知りなさい 負けろ 負けろ 負けろ 失う勇気をもちなさい 傷つく数だけ強くなる やさしい獣よ さあ立ちなさい 2 混んだ電車に乗りこんできた ベビーカートを若者が蹴る あやまったのは母親のほう しょせんおまえは負け犬だって 不登校の息子を叱る 父親がリストラされた 踏みつけられる雑草にさえ きみと同じ命が宿る 敗北の闇知るものだけが 明日を照らせるから 負けろ 負けろ 負けろ 敗れる痛みを知りなさい 負けろ 負けろ 負けろ 失う勇気をもちなさい 傷つく数だけ強くなる やさしい獣よ さあ立ちなさい 「だいじょうぶマイフレンド」 だいじょうぶマイフレンド だいじょうぶマイフレンド ちっす耕平19歳もうコンビニバイト3年半 レジ打ち品出し掃除も完璧 だから立ち読みしたら元んとこ戻してね 列できてるときにおでんはやめてよ おいおっちゃんマイセンライトって横割りすんな 3万以上の公共料金って印紙貼んのめんどくせえんだよ ちがうちがうちがうこれじゃない 言いたい事ってこれじゃない オレもともと人間嫌いだし ちがうちがうちがうわからない やりたいことってわからない オレこんなことするため生まれたんじゃねえよ だいじょうぶマイフレンドだいじょうぶマイフレンド 堂々とまちがえろ だいじょうぶマイフレンドだいじょうぶマイフレンド 胸をはって傷つけ は~いエリ22歳 キャバクラこれで6軒目 指名 同伴 営業電話に しゃべってナンボの水商売 時給二千円送り代引かれてヘルプで口説いたら先輩にぶたれて 口臭こらえてラブラブ攻撃 おいっ、なに触ってんだよ ぶっ殺すぞおやじー ちがうちがうちがうこれじゃない 言いたい事ってこれじゃない 彼氏以外の男はぜんぶ死ねばいい ちがうちがうちがうわからない やりたいことってわからない アタシこんなことするため生まれてきたんじゃないよね だいじょうぶマイフレンドだいじょうぶマイフレンド 堂々とまちがえろ だいじょうぶマイフレンドだいじょうぶマイフレンド 胸をはって傷つけ どーも及川42歳 営業成績 昔はトップ 会社の景気も今はストップ 嘘なし愚痴なし自慢なし IT武装って相手も物騒 IQ営業って耐久レース 女房は私を燃えないゴミって 娘は私を産業廃棄物って ちがうちがうちがうこれじゃない 言いたい事ってこれじゃない 毎日集団自殺のサイト見てます ちがうちがうちがうわからない やりたいことってわからない わたしこんなことするため生まれてきたんじゃないですよね だいじょうぶマイフレンドだいじょうぶマイフレンド 堂々とまちがえろ だいじょうぶマイフレンドだいじょうぶマイフレンド 胸をはって傷つけ だいじょうぶマイフレンドだいじょうぶマイフレンド 思い通りにならないからこそ だいじょうぶマイフレンドだいじょうぶマイフレンド 生きてゆく価値がある シャララ 「勇者の石」 人はこの世に生まれるまえに 自分で背負う石を決める 生まれ変わるたび挫折を重ね きみの魂は強くなる 1 亀の子ほどの重さの石は 苦労を知らぬ子供の石 美と健康と富に恵まれ なにも恐れず遊びつづけろ アライグマほどの重さの石は 目ざめはじめた若者の石 挑み倒されまた立ちあがり 本当のきみを探しつづけろ だいじょうぶだよ きみならできるから 運ぶ命を運命と呼ぶ Let’s keep on carrying the rock of the brave 2 赤鹿ほどの重さの石は 悲しみを知る大人の石 津波のごとき困難に耐え 愛するものを守りつづけろ バッファローほどの重さの石は 神が讃えし勇者の石 重い病や障害を越え みなに勇気を与えつづけろ だいじょうぶだよ きみならできるから 運ぶ命を運命と呼ぶ Let’s keep on carrying the rock of the brave 「祝福の歌」 1 神様、あんたはとんでもない嘘つきだな 砂浜にはいつもオレとあんたの足跡が ふたつならんでいた だけどオレが悲しみのどん底にあるとき 足跡がひとつ消えていた つまりあんたはオレを見捨てたんだな 私の子供よ わたしはつねにあなたとともにある 私の子供よ 目を開いてよく見るがいい ひとつになった足跡が砂に重くめりこんでいるのを そのときわたしはあなたを背負って歩いていた たとえ誰がきみを否定しようとも オレは胸をはりきみを祝福するよ たとえきみがきみを信じなくても オレは腕ひろげきみを祝福するよ Gods bless the child だめなままでいい Gods bless the child 弱いままでいい オレはなにもあげられないから さあ受けとっておくれ 祝福の歌 2 正直に告白しよう オレは麻薬中毒で ホームレスで泥棒だった 正直に告白しよう オレは家族を友を恋人を裏切った ただ地獄の亡者たちが語りかけてくる声なき声がある オレが死ぬまえにどうしてもきみに伝えたいことがあるんだ たぶん神様は教会や神社にはいないだろう たぶん神様は空や大地や鳥や花やすべてに宿っている そしてきみの心のなかにもひとり神様はいる オレはそいつの名前をこう呼ぶ「愛」と たとえ誰がきみを馬鹿にしようとも オレは胸をはりきみを祝福するよ たとえきみがきみを見下そうとも オレは腕ひろげきみを祝福するよ Gods bless the child だめなままでいい Gods bless the child 弱いままでいい オレはなにもあげられないから さあ受けとっておくれ 祝福の歌 3 きみのきみだけの愛はずっときみとともにあった きみをきみだけをずっと見守ってきたんだ いまきみの愛はひからびて死にかけている きみがきみ自身に顔をそむけてきたから きみの眠れる愛を揺り起こすときがきた 愛せ愛せ愛せ きみが産み落とされた世界を 愛せ愛せ愛せ きみとつながるすべての仲間を 愛せ なによりもきみ自身を たとえ誰がきみをあざ笑っても オレは胸をはりきみを祝福するよ たとえきみがきみを誇れなくても オレは腕ひろげきみを祝福するよ Gods bless the childだめなままでいい Gods bless the child弱いままでいい オレはなにもあげられないから さあ受けとっておくれ 祝福の歌 「The profession」 1 ぼくは父の職業を恥ずかしく思った 小さな駐車場のしがない管理人 まるで電話ボックスみたいな せまい箱のなかで ぺこぺこ頭を下げつづけた30年間 母の介護のために父は仕事をやめる 最後の駐車場でぼくは目を疑った 壁には花輪がならび 机には花束の山 みんな父に群がり お礼をいってた 人の価値は職業じゃなくて あなたらしく働くこと ぼくは父の職業をほこる 人を喜ばせる仕事 The profession 2 私は母のようにはなりたくなかった 若いころ音大でピアニストをめざしてた ピアノを弾くはずの指でスーパーのレジを打つ 余裕の笑顔でひとりひとりに話しかける あれはクリスマスの晩 母のスーパーをのぞいた ひとつのレジのまえにだけ長い行列ができてた みんなほんのちょっとでも母と話したくって じっと辛抱強く並んでいたんだ 人の価値は職業じゃなくて あなたらしく働くこと 私は母の職業をほこる 人を楽しませる仕事 The profession 「Traveling man」 1 すべての大人を軽蔑し すべての人間を憎んでた 手当たりしだいに噛みついた 狂犬のような19歳 無謀なあやまちくりかえし 無力な自分に涙した ひとつだけわかっていることは ここにいちゃだめだっていうことだ I am a Traveling man なにがいったいしたいんだ I am a Traveling man わからないから探すんだ I am a Traveling man なんでそんなに急ぐんだ ここでくたばるか さもなくば 逃げるかだ 2 アメリカっていう怪物の 剥きだしの牙を見たかった 世界を牛耳る化け物に おろかにも挑む20歳 サンフランシスコからバスに乗り 巨大な亀の島を横切った NYブロードウエイの安宿で ゴキブリと祝うHappy birthday 3 ヨーロッパっていう変態に 目がくらむほどあこがれた 世界を惑わすメス犬に 発情していた21歳 ロンドンパリからローマまで あらゆる公園で野宿した アムスの娼婦にぼったくられ 立ちションかけたベルリンの壁 4 インドはオレを打ちのめしたすべての価値が崩れ落ちた バックパックを売り払い 裸足でさすらう22歳 焼かれる死体に反吐を吐き母なるガンガーに飛びこんだ 病に倒れて死にかかり三途の川までさまよった 5 ゴミための都ニューヨークへ違法滞在で住みついた 思いきり絵を描き殴った 自由に目覚めた23歳 コカインを売りヘロインを買い地獄の底まで堕ちてった ホームレスから泥棒へどん底の極上を味わった 6 すべての自由な魂へオレはこの歌を捧げたい すべての夢追い人たちを旅立たせるためここへきた 世界は豊かで果てしなく笑えるくらいに愚かしい 世界はせつなく愛おしく泣きたいくらいに美しい 「雲のうえはいつも晴れだから」 冷たい雨がきみのほほを打つ 負け犬のようにきみはおびえてる 容赦ない風がきみの髪をなぶる 力尽き果てきみはひざを折る 雨も風も嵐のときも 雲のうえはいつも晴れだから 嘆き悲しみ涙落ちても 雲のうえからずっときみを見てる 洪水がきみを呑みこんでいく 岸は遠ざかりきみは空を見る 流されるままに身をゆだね 自分を信じるんだ 泳ぐな浮け 雨も風も嵐のときも 雲のうえはいつも晴れだから 嘆き悲しみ涙落ちても 雲のうえからずっときみを見てる 雲の隙間から光がさす なぎ倒された木が大地を育む 泥水の川に緑が芽生える そうだいじょうぶ きみは生きている きみの心の空高くには きみの知らないきみが住んでる 無限の宇宙を永久に旅する それがきみの本当の姿 雨も風も嵐のときも 雲のうえはいつも晴れだから 嘆き悲しみ涙落ちても 雲のうえからずっときみを見てる 「PUZZLE」 おまえはなにをしに この世にやってきた? 吹きくる風がぼくに問う 胸のすき間を埋める たったひとつのパズル 探しだすために旅している 焼けつく砂の国 凍てつく石の町 汚物まみれの路地裏 片腕の乞食 年老いた娼婦 きっとやつらも 自分のパズルを探している ぼくは待っていた 千年も待ちつづけていた おたがいの準備ができるまで 出会いは許されない 運命は決まっていないが 出会いは用意されてる 避けられぬ必然が たったひとつの パズルが欠けても 今のきみはいなかった たったひとつの 奇跡が欠けても ぼくはきみに会えなかった きみはもうじゅうぶんに 傷ついてきた 傷つけたよりも傷ついた 罪を許すんじゃなく 人そのものを許してあげて きみ自身を許してあげて 今の自分を愛せないことは すべての過去を否定すること きみのおばあちゃんの恋 お母さんの恋 無数の愛を きみは受け継いで 此処に在る きみの流した涙が まなざしを深くする きみを曇らせた雨が 笑顔を輝やかす むだなパズルなんかない まちがいは存在すらしない 不幸こそきみが試されるとき たったひとつの パズルが欠けても 今のきみはいなかった たったひとつの 奇跡が欠けても ぼくはきみに会えなかった ぼくらは世界の パズルのひとかけら 世界は宇宙のひとかけら そして宇宙はぼくらの 胸のなかにある 出会いの数だけ 銀河はある きみの孤独がそっと滲みだし 白いシーツに影を描く ぼくは生まれたての赤ん坊が 乳をのむように きみの子宮へとくちづける そうひとりひとりが 不完全だからこそ ぼくらは求めあい そして愛しあう きっとパズルは終わらない 永遠に完成などしない 愛に終わりがないように たったひとつの パズルが欠けても 今のきみはいなかった たったひとつの 奇跡が欠けても ぼくはきみに会えなかった Lalalala 「ばあちゃんの手」 ばあちゃんの手しわくちゃの手 なにも語らないけど ばあちゃんの手 ちっちゃな手 時をくるんだ蓮の花 生まれてまもなく 母を求めてのばした手 子供のころには花飾り編んだ手 少女のころには 恋文をつづっていた手 戦地へゆく兄に日の丸を振った手 ばあちゃんの手しわくちゃの手 なにも語らないけど ばあちゃんの手 ちっちゃな手 時をくるんだ蓮の花 結婚式の夜 浴衣の帯をほどいた手 愛する夫をぎゅっと抱きしめた手 貧しい暮らしに 味噌汁のネギ刻んだ手 夫の浮気に涙をぬぐった手 ばあちゃんの手しわくちゃの手 なにも語らないけど ばあちゃんの手 ちっちゃな手 時をくるんだ蓮の花 産まれた子供の おしめを洗って干した手 両親を亡くして線香をあげた手 初孫おぶって うれしそうにあやしてた手 この世を去るときはじめて笑った手 いろんなもの手にいれて いろんなものを手放した ばあちゃんの手 神様の手 時をくるんだ蓮の花 「Hello my mom !

奥華子 しわくちゃ 歌詞&動画視聴 - 歌ネット 【自己紹介】新たな人生の一歩、踏み出しませんか? | はまこーの「雇われず0から稼ぐ」ブログ

あなたといたいしわくちゃに何年たっても

あなたといたい しわくちゃに 何年たっても あなたがいる世界は なんて素晴らしいんだろう 出逢いは突然 あたしの胸の 高鳴る音が聞こえるくらい 「この人が運命の人だ」って 初めから思ってたんだよ 」 Hello my mom ! わたしおぼえてるの ママのおなかって とてもあったかかった キックして夢見て眠る ママの歌きこえていたよ Hello my mom !

歌詞 「しわくちゃ」奥華子 (無料) オリコンミュージックストア nj lyrics

あなたといたいしわくちゃに何年たっても

あなたといたい しわくちゃに 何年たっても あなたがいる世界は なんて素晴らしいんだろう 出逢いは突然 あたしの胸の ... ちょっと怖かったんだ くらいすべり台 つるんとでたとき まぶしすぎる光のなか ママの笑顔わすれないよ ママに会えてよかった ママの子供でよかった ママを守るため生まれてきたんだ ママに会えてよかった ママの子供でよかった Hello hello my mom !

しわくちゃ-奥華子-单曲-酷我音乐-好音质用酷我 気を付けたい秋のニット選び。春のニット選びとの決定的な違い| 人生を華麗に生き抜く外見戦略ーSTYLE HACK(スタイルハック)ー

あなたといたいしわくちゃに何年たっても

やっぱり 一人だけ あなただけ. あなたといたい しわくちゃに 何年たっても. あなたがいる世界は なんて素晴らしいんだろう. 2人でいたい しわくちゃに何年たっても. 2人で見る世界は なんて楽しいんだろう. 2人一緒に暮らし始めて 今まで見えなかった事も ... Hallo my mom ! わたしおぼえてるの おへそのヒモハサミで切られちゃった タオルはちくちく 体重計はひやひや ママはそっと抱いてくれたね Hello my mom !

しわくちゃ / 奥 華子 の歌詞 (1007202) - プチリリ あなたの嫌いな犬種は? -1 あなたはどの犬種が嫌いですか?2 その- 【※閲覧専用】アンケート | 教えて!goo

あなたといたいしわくちゃに何年たっても

しわくちゃ / 奥 華子 の歌詞ページです。アルバム:君と僕の道 作詞:Hanako Oku 作曲:Hanako Oku 歌いだし:あなたといたい しわくちゃに 何年たっても あなたがいる世界は なんて素晴らしいんだろう (1007202) すごく不自由なんだ しゃべれないし 体も動かない 泣いてるんじゃい 歌ってるんだ ママの歌うたってるんだ ママに会えてよかった ママの子供でよかった ママを守るため生まれてきたんだ ママに会えてよかった ママの子供でよかった Hello hello my mom !

しわくちゃ的假名歌词_百度知道 - zhidao.baidu.com 人気歌詞ランキング page.201

あなたといたいしわくちゃに何年たっても

あなたといたい しわくちゃに 何年(なんねん)たっても あなたがいる世界(せかい)は なんて素晴(すば)らしいんだろう 出逢(であ)いは突然(とつぜん) あたしの胸(むね)の 高鸣(たかな)る音(おと)が闻(き)こえるくらい Hello my mom ! わたしおぼえてるの ママに会うまえは 神様といたんだ 天国のテレビで見たよ ママとパパの結婚式を Hello my mom !

奥華子 しわくちゃ - YouTube 手の皮がやたらふやけて剥けます。 -最近ちょっと困っておりまして、キ- スキンケア・エイジングケア | 教えて!goo

あなたといたいしわくちゃに何年たっても

「시간을 달리는 소녀 OST/変わらないもの」 변하지않는것/kawaranai mono- Oku Hanaku│Cover by 김달림과하마발 - Duration: 4:37. 달마발 Darlim&Hamabal 1,986,878 views 自分で決めたんだ ママの子になろうって決めたんだ だって世界中で誰よりも ママのこと大好きだから ママに会えてよかった ママの子供でよかった ママを守るため生まれてきたんだ ママに会えてよかった ママの子供でよかった Hello hello my mom !

しわくちゃ/奥華子 - 歌詞検索サービス 歌詞GET あなたの嫌いな犬種は? -1 あなたはどの犬種が嫌いですか?2 その- 【※閲覧専用】アンケート | 教えて!goo

あなたといたいしわくちゃに何年たっても

あなたといたい しわくちゃに 何年たっても あなたがいる世界は なんて素晴らしいんだろう 出逢いは突然 あたしの胸の 高鳴る音が聞こえるくらい 「この人が運命 ちゃんとこっち見てよ…っていってるでしょ? わたしより大事なことってどんなこと? ふたり描いた虹色のスケッチブック開いて 懐かしい目をしてるよ 今はMIRAIの過去 手をつなごうなんて今だけ 泣き顔なんて今だけよ 少しわがまま聞いてよ わたしの笑顔のため うわのそらは傷つくよ どうでもいいことなんてないの いつだって100%で本気なんだから 聞きたいことがたくさん両手にあるの だってわからないことばかりだから 地団駄のダンスを一緒におどりましょ? いたいいたいの飛んでかない! だから抱きしめてよ 一緒に寝ようなんて今だけ おんぶなんて今だけよ イヤイヤも今だけだから あっちむいてホイ! たどたどしいことばたち ちゃんと言えるようになるよ 寂しくなったって 大きくなるよ ああすればよかったとか こうすればよかったとか そこの芝生は何色? 今がMIRAIの過去 もっとバカになっていいよ もっと褒めたっていいんだよ 少し、あと少しだけ 甘えさせて movin’on movin’on きみだから movin’on movin’on できるはず Everything’s going to be all right baby きみは 蕾の中で怯えてる 知らない世界が眩しすぎて目を隠す 手を伸ばして 掴めるもの両手でhold on tight この花をそろそろ咲かせてみよっか? movin’on movin’on きみだから もうひとつだけもう少しだけ movin’on movin’on できるはず Everything’s going to be all right baby きみは 陽のあたらない場所だって 自分らしくいれば何もこわくない 底の底で躓いても 下から見上げれば 果てしなく続く空が手まねきしてる carry on carry on ぼくだから この枝も上に伸ばせるはず carry on carry on できるはず I can do anything I want いちにちいっぽ みっかでいっぽ ごころびむおき ななころびやおき いっしんにたい にせきいっちょう それでもmovin’on おいしい料理は めんどうくさがらずに 褒めてください 無言じゃぁもう作りません 忙しくても 放置は禁止です 自動的に 冷却スイッチが入りますから あなたはまっすぐなことばで 彼女に伝えてください あぁ見えて鈍感だから 気づいてくれないんです えくぼが落ちた曇り顔に 目を見て話さなくなったら おわりのはじまりの合図 そのサイン見逃さないで ぼくみたいに 八方美人でも 束縛はしないで あなたがずっと 見てれば離れたりしないから オトコみたいに ガンコで気が強くて 空を見上げて 涙を我慢する時があるんです 大丈夫、という時はいつも 大丈夫じゃない時なんです 別にいいよ、は別によくないんです しょうもない仕様なんです あたまをなでられるのがすき 記念日は花なんていらない ときどき爆発もします きっとそれも仕様なんです お願い これだけは守って 彼女を泣かせないで 何度もゲームのような リセットはできないから ぼくみたいに (4th album「1 second」収録曲) 虹が毎日 そらを渡ってたなら ぼくらは見上げることなく アーチをくぐる さくらがもしも 春夏秋冬咲いてたら 誰もが足を止めずに さらりと流れ行くのだろう 空の機嫌に心躍り 花が散れば切なくなる 一瞬だからじゃなくて もっと気づければいいのに あなたのことも わたしのことも あたりまえのようで あたりまえじゃない 毎秒が二度と行けない場所に変わっていく 大事なものは近くにある あんなに側にいつもいてくれたのに 遠くへ離れゆくほど愛しいなんて ねぇどうして? 雨、雪、嵐が続けば 太陽の温度に気づく 失なわなきゃわからない 気持ちなんていらない あなたのストーリー わたしのストーリー ペンを今執れば 変わるかもしれない 毎秒が二度と開けないページに刻まれる いくつもの道が目の前にある ここにいること 風を感じること 朝が来ることも あたりまえじゃない 毎秒が二度と行けない場所に変わっていく 大事なものは近くにある (4th album「1 second」収録曲) 変わらないものを変えるには 何かしなきゃ始まらない わかってる どこかで気持ち押さえすぎて 動けないでいる 繰り返してる試行錯誤 答えがでないのは自業自得 「悪者」がいやならば やめればいい ただそれだけでしょ? もう限界 傷ついて傷つけて これ以上隠せない 愛情と友情と その間にある無情 争いはきらい したくない でも譲れないんだ ごめんね ひとつのもの手に入れるには 失うものもある 縺れてきてる思考回路 かけてる 保証もない自己暗示 そっちもその気ならば しょうがない ブレーキは踏まない もう全開 傷ついて傷つけて もうこれ以上隠せない 愛情と友情と その間にある無情 (4th album「1 second」収録曲) 泣いて泣いて涙の失恋池に沈んでたら アメンボが泳いできて 私に何かを手渡した クレープに包まれた甘い香りの招待状 王様から突然のインヴィテーション 「この国はほっぺたの落とし物だらけでこまります。 あなたもご注意を! おなかと背中くっつけておこしください。」 わたあめの雲に乗って ティラミスのソファーに座って クリームソーダ色の空 浮かんで進んでゆく ドーナツ眼鏡をかけて 覗きこんだら見えてくる こどものころに夢見たあのカラフルな景色 エントランスに着陸!庭には二羽のにわとりが 新鮮たまごミックス バニラビーンズでカスタード 遠くに見えるモンブラン パウダーシュガー降り積もる ショートケーキ山脈 ホイップクリームデコレーション 「こぼれた涙はすぐキャンディーに生まれ変わります。 それではお入りください!」 チョコレートビスケットの扉をあけた おはようございマカロン おかしな国へようこそ もしよろしけれバウムクーヘン ご案内しまスフレ たくさん食べてくだサブレ 恋にダイエットは大敵 フロランタンタルトタタン この国の合言葉 「おめでとうございマドレーヌ!」 「あなたはだいじょうブラマンジェ!」 扉のむこうから聞こえる 失恋卒業式 「どうもありガトーショコラ!笑顔でいまシュークリーム 誰かをアイスクリーム 泣きませんその日まで」 胸がすこしホットケーキ 明日もがんばロールケーキ しあわせ気分アップルパイ 私ももう泣かずに 恋を重ねてミルフィーユ ステップアップリンア・ラ・モード フロランタンタルトタタン 失恋はこわくない スキなタイプと目が合うたびに すぐにとけちゃう良くない傾向 目を離せばすぐ冷えてかたまって 本気で好きになれないのよ アタシはこんな恋でもいいの …なんて強がって言ってるけど 彼氏自慢するあの娘みたいに 送ってみたいわ エブリデイ いつも 1、2、3歩 歩けばすぐに 4、5、6、で、一目惚れ 7、8、9、でトロトロとけて 10で、目が覚める チョコレートガール ここに溶けやすいチョコレートがある チョコレートガール ここにほろ苦いチョコレートがある 色とりどりな気持ちとりどり あちこち転がるココロ マーブルなチョコレート カチカチハート放り込んで 溶けたままでいて欲しいチョコレートファウンテン 誰かとの恋 シミュレート 恋したい気持ちは満タン すぐエスカレート かわいいあの娘 エミュレート ストレートで少しオトナのトリュフチョコレート チョコレートガール ここに溶けやすいチョコレートがある チョコレートガール ここにほろ苦いチョコレートがある クールな彼はチョコミント 鼓動の奥 very very ストロベリーチョコレート ちょっと待ってよ !ちょ、ちょ、チョコレート ここでまた冷えちゃう?そんなバナナナチョコレート こうしていつも一番最後に残るのはきみとぼく 同じ方向に帰る同士 偶然の重なり 太陽を着こなして 夕焼けに包まれて 月に見守られながら握るハンドル アクセルを踏み込んでこのトンネル抜けたら どんな景色が見えるだろう かえり道 ブレーキランプ 目の前でちらついてる 12時間前のぼくに 今はきっとUターンはしない 横顔しかしらなかった きみのことなんて ずっと一緒にいたのになんで気づかなかったんだろう ランプの波に乗って 何度も通ってる道 違う景色に見える 今夜はなぜか ただの友達だけど ただの友達なのに なにかの糸が切れたみたいだ かえり道 赤信号 止まるたびうれしくなる 交差点 右を見て左を見て きみを見てしまう ココロのナビゲーション導くまま走って どこまで近道できるのかな かえり道 帰れない 抜け道はないみたい あたらしい行き先に向かってる 今日の向こう側に 夕暮れ間近のお気に入りの場所 窓の外を見るきみを見つめながら 冷めたcafé au laitを飲み干せずにいる 待ちわびた今日が終わりそうな気がして 一秒先のその指に ふれることもできないなんて 同じ温度にあたためることが これほど難しいなんて きみはこんなに近くにいるのに ぼくはあと一歩進めない弱虫 このくもりガラスを壊せない弱虫 傷つくことなど慣れているのに 会えば会うほど一緒にいるほど かたまって動けない情けない弱虫 選びすぎてる ことばのパズル ずっと無口になる 時計の針をいったりきたり ぼくのリモコンで動かせればいいのに 変わりたい、変わりたくない ゆらりゆれて優柔不断 きづかないふりしてるきみ ぼくの願いを 知ってるから ぼくがこんなに近くにいるのに 正直じゃないきみも弱虫 強がってばかりの優しい弱虫 傷つくこと 変わってゆくこと 自分のことをせめてばかりで こわがって動けないかわいい弱虫 友達以上恋人以上の ずっと先を見るぼくを見つめないで 冷めたcafé au laitを飲み干せずにいる 待ちわびた今日が終わりそうな気がして 髪を切っても気づかない 新しい服も気づかない 眼鏡変えたら?ってirony それにも気付かないわ 二人似てきたって言われるの 同じカギで扉あけて 同じ釜のメシ食べれば 笑いじわが似るのよ わたしと一緒の毎日は きみにとってしあわせですか? こうして普通に過ごせる時間が ワタシ、トテモ、シアワセヨ 100年の恋がいつかさめるころは 1000年の愛に変わっているかもね 晴れのち雨が降ったり、槍が降ったり 喜怒哀楽生活はいそがしい 考えてることがわかる 以心伝心なんかじゃないわ きみの観察日記つけて 学んだだけなのよ 鼻毛には注意してよね わたしのイケメンがダイナシよ? 言いたいけど言いにくいから 毎朝チェックしてね たまには今日1日の できごとをこっちみて話して 8時20分のまゆげも見ない ソンナ キミガ スキナノヨ 100年の恋がいつかさめるころは 1000年の愛に変わっているかもね エヴリデイ いろとりどりよりどりみどり 愛のカタチはかわってゆくものよ 100年の恋がいつかさめるころは 1000年の愛に変わっているかもね 1000年の愛にピリオド打つころは 100年の恋がどこかで動き出す きみの目にうつる季節 キラキラまぶしいね やわらかなたいように くるまれた昼下がり 過ぎて行く一瞬が今 新たな一秒に変わる 愛しい日々を 愛しいきみと 一緒に 一緒に むかえにいこう 手をつなごう 手をつなごう いつまでも 白い髪増えたって しわくちゃの手のパズル 合わせて かさねていよう 手をつなごう 手をつなごう なかよくね 集めてきたクレヨンで 毎日をなないろに 染めよう 誓うよ 「その健やかなるときも 病めるときにも これを愛し 心尽くす 命ある限り」 二人三脚で刻む 大きな3つのあしあと 音をたてて 残していこう ずっと ここから 永遠に 歩いていこう 歩いていこう どこまでも ゆっくりなスピードで ふたりの物語を はじめよう 1ページから 歩いていこう 歩いていこう いつの日か 僕たちの大切な いのちをつないでゆく あしあとも増やそう ゴールなんてさ、きっとないんだ その場所がいつもスタートで いつか出した「ハテナ」の 答えあわせをしていくだけさ 手をつなごう 手をつなごう いつまでも 白い髪増えたって しわくちゃの手のパズル 合わせて かさねていよう 手をつなごう 手をつなごう なかよくね 集めてきたクレヨンで 毎日をなないろに 染めよう 描こう I love you forever いつもどおりの街の真ん中で 人混みの隙間通り抜けて そよぐ風に乗ってきたかおり 不意討ちすぎて動揺しちゃう いつまでも消えないかおりの記憶 どこからかただようきみと同じかおり たどってしまう 探してしまう ここにいるはずもないのに 最後の痛み通り過ぎて かおりとタイムマシーンに乗って 閉じてた扉開ければ すべて美しく見えてくる魔法にかかる 忘れたはずの褪せた日々と 封じ込めてたふたりの言葉に 次々に花が咲いて カラフルに色が塗られて 一瞬また恋に落ちそう 最後の痛み通り過ぎて かおりとタイムマシーンに乗って 閉じてた扉開けば 泣いてた日さえも笑顔にかわるのはなぜ? 思いがけない心の旅と 彩られた過去にまたサヨナラ どこかでまた出会えば 一瞬で思い出すでしょう もう忘れたつもりでも 出会いがdestinyなら 別れもdestinyでしょ 時の流れに身を任せて なにも考えずにただ きみのなかでねむらせて ここでどんなに走ってもどこにもたどり着けはしない だから抱きしめて 今を生きたいの 重ねる両手に重ねる言葉に うそなんてひとつだってどこにもないのに 重ねる時間とこわれそうなsecret love 眼を閉じたまま赤い傷跡 残してく この先のことなど今はどうでもいい この世界にあるものすべて どれだけ信じてる? なにが正解なのかわかる? いつかすべて消えてしまうと 知っているから 今 愛して 意味のない愛などきっとないから 重ねる両手に重ねる言葉に うそなんてひとつだって どこにもないけど 時計の針が胸をつらぬいて 走る鼓動と呼吸の速度 落としてく 重なる両手に重なる言葉に うそなんてひとつだって どこにもないけど 時計の針がふたつすすむころ 街の灯りとともに溶けて消えてゆく さくらさくらんどせる 含羞んでうつむいてたきみは 数え切れぬ笑顔の輪に 囲まれ少しずつ背をのばす 手をつなぐ暗い道 おなじ時間は二度とない 雨に打たれ風に吹かれ この花びらはもうこれきり 次の春も逢えますように 願えばひとひら、はらはらり あたりまえのことなど ないから 今見つめているものを 大事にしなさい サクラサク 手紙来て 小鳥は此処から飛んでいった きみはもうしらない道を ひとりで飛びまわれるんだね 思い出のあの山は 面影もなく変わり果て 違う色で呼吸をして 人の記憶に刻まれゆく めぐる季節の万華鏡 想い出の上に桜咲く 便りのないのはきっとよい便り 思い出の下にはまた奇跡が積もる いつでもここに帰っておいで 何も言わなくてもいいから ひとりきりにならないで ここに帰っておいでよ きみに会ってももう大丈夫! 泣いたりなんてしないし、 こまらせたりなんてしないし、 わがままだっていわないし。 膨らみすぎた風船は 別のやさしい視線で 少しずつ空気が抜けて ぺっしゃんこになってたんだ きみなしじゃ生きていけないなんて あのときは大げさだったなぁ! だけどそんな毎日なんて考えられなくて 重い雲の上は晴れてた やっと見えた あおい空が 変わらないと信じていた気持ちはどこに消えるの? 何を今考えてるのか? そのためいきは誰のせいか? わかるよ、だってよく知っているから 愛したきみのこと くすぐったいとこもあるケド もう心配はいらないよ! やっとふたりでココロから 笑いあえた気がしたよ 「あのときはごめんね」なんて 「あのとき」に言って欲しかったなァ…