• 記事: 27685
  • 質問に対する回答: 26546
  • コメント: 22070
  • 準備ができて答え: 18342

すみっコぐらし映画 ナレーション

ナレーション・スタッフ 映画 すみっコぐらし 【ネタバレ考察】『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』子ども映画から観るヌーヴェルヴァーグの精神チェ・ブンブンのティーマ

すみっコぐらし映画 ナレーション

ナレーション:本上まなみ. 1975年5月1日生まれ、東京都出身、大阪府育ち。 女優として数多くの映画・ドラマ・cmなどで活躍。 またエッセイストとしての評価も高く、書籍も多数刊行している。 また別の例をみてみよう。『劇場版ミッフィー どうぶつえんで宝さがし』は、実に奇妙な作品である。動物が主役であるアニメであるミッフィーの長編映画なのだが、こともあろうことか動物園に行くというシュールな展開が待ち受ける。そしてそこには明確なヒエラルキーが存在し、犬のスナッフィーは犬ということで入園を断られたり、茶熊の園長が飼育しているのがホッキョクグマだったりする斜め上を行く展開が所狭しと並んでいるのだ。こういった自由さは、《常識》という鎧で盲目になってしまった大人がいかにして子どもの柔軟な発想、想像力に近づけるかといった挑戦として捉えることができます。元々アニメ版のミッフィーは、幼少期故に善悪も常識もないが故に生じるヒリヒリした物語を描いてきた背景がある。映画版も一貫して、大人になると忘れてしまう、《子どもの空っぽさ》とは何かという視点から面白さを見出そうとした哲学的な作品だったのだ。 どうでしょうか? ヌーヴェルヴァーグが昨今の演出を借用し、異次元の表現を見出すのと同じ匂いがしませんか? さて、その系譜をいく作品が今回サンエックスから出現した。サンエックスは今年、Netflixオリジナルストップモーションアニメ『リラックマとカオルさん』を発表している。これは、リラックマの持つリラックスという要素を本質から捉えた結果、カオルさんという友だちなし、お金なし、社畜暮らしのOLから滲み出す深淵にリラックマの癒しを浸す驚きの物語が紡がれた。 『すみっコぐらし』の場合、ウォールフラワーとして生きる《すみっコ》たちの友情を、絵本の世界閉じ込められ話という王道エピソードに絡めて演出していた。今回、観賞して驚いたのは、《すみっコ》の前衛すぎるキャラクター像だ。とんかつやエビフライの端っこ、タピオカの残り、ホコリに雑草といった日常にある《すみっコ》をキャラクター化しているのだ。あまりに個性的すぎるキャラクター群を60分で映画にまとめなければならない。サンエックスは古くから動画を用いたキャラクター宣伝をしているのだが、それでも長編映画化は難しいと思われる。そこにヨーロッパ企画考案の脚本によって本の中の不思議な世界や、自由なようで自由ではない世界を表現するのにアリスは非常に使いやすいからだろう。しかし、本作の場合はそれを封印し、桃太郎、マッチ売りの少女、赤ずきん、人魚姫、アラビアンナイトをシャッフルして描いていく。こうすることで、飛び出す絵本もとい「《本》とは何か? 」という疑問に答えるのだ。 本は、高々紙の積み上げだ。しかしながら、ページを繰ると別次元の物語が広がっている。すみっコたちは、飛び出す絵本のギミックや、紙の裂け目から別の話に移動することができる。そして、ネコが穴を掘れば、積み上げられた紙に断層が生じ、別ページにある物語が侵食しあってくる。紙とそこに書かれた物語の構造を多層的に描く、その演出はなかなか実写映画ではできないこともあり、アニメーションという表現でできうる本描写の限界点に到達できたと言えよう。 そして、本作は受動的/主体的の構図をも映画の中で描いている。本は、読むと物語が進む。そして読んだ物語とそれを受け取った人の感情が混じり合って、映画以上に自由に物語が脳裏に広がっていく。ただ、本は誰かに書かれたもの。読み手の自由な解釈と矛盾するように書き手のルールにある程度従う必要がある。すみっコたちは、桃太郎の世界にやってきて、自由気ままに動こうとする。しかし、天から降ってくるナレーションが強制的に物語の主軸へ軌道修正しようとするのだ。それが、物語が進んでいくうちに、物語のルールに従いながらも自分たちの意志で、世界を楽しめるようになる。ニセツムリはEDMらしき音楽に併せて祭を楽しむ。緑のペンギンは迷子のヒヨコの故郷を探しに縦横無尽に物語を駆け抜けるのだ。 もちろん、キャラクターの魅力を膨らませる描写のキレ味も保証されている。例えば、あかずきんの話に迷い込んだ、とんかつとエビフライは、狼の家にやってくる。当然ながら狼は彼らを捕食しようとするわけだが、彼らの夢は「食べられること」。とんかつの食べ残し、エビフライの食べ残しである彼らは、悪役である狼に食べられることを千載一遇のチャンスだと捉え、「食べて」と迫るのだ。そしてその圧で狼を撃退する。童話を捻る手法に、キャラクターの個性を結びつける高度な技を披露しているのです。 そして、本作の肝となるヒヨコの存在が、に答えていった本作に、鋭い一撃を与えた。ひよこの故郷を探し、旅する一行は、遂に『みにくいアヒルの子』こそが彼の居場所だと断定する。しかし、そこは彼の居場所ではなかった。彼は、絵本の最終ページの余白に書かれた落書きなのだ。なので、彼はどこにも所属していないことが判明する。そして本作は、安易に熱い友情を描くために、彼を絵本の外へ出すことはしない。本の中の世界は、本の外に出ることができないのだから。哀しい別れの後、すみっコたちがその悲劇に対して行うのは、ヒヨコしかいない空白に仲間を描いてあげること。家を作ってあげることだった。そしてカフェの奥に眠って死んでいた本を生き返らせることに成功し映画は終わるのだ。 どうでしょう? 単なる子ども映画でしょうか? イロモノでしょうか?

【すみっコぐらしの映画情報まとめ】声優・ナレーションは?登場キャ... 『映画すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』感想:大人も楽しめるよくできた映画(ネタバレなし)|らくだとカピバラのえーんやこら日記

すみっコぐらし映画 ナレーション

すみっコぐらしが7周年を迎えることを記念して、劇場版アニメ映画化が決定したという大ニュースに心躍る管理人です♪ついに、すみっコぐらしファン待望のアニメ化、しかも映画化ということで劇場の大きなスクリーンで動くかわいいすみっコたちを見て癒された

『映画 すみっコぐらし』、ナレーションは井ノ原快彦&本上まなみ 本予告解禁 /2019年9月18日 1ページ目 - アニメ... 間とテンポのいい作品は、それだけではなまるだ ーー映画すみっコぐらし感想|あさぎはな|note

すみっコぐらし映画 ナレーション

『映画 すみっコぐらし』、ナレーションは井ノ原快彦&本上まなみ 本予告解禁 - 「日本キャラクター大賞 2019」でグランプリを受賞した人気 ...

予告編 映画 すみっコぐらし 映画「すみっコぐらし」動員数&興行成績ともに邦画第1位! 大人からも支持され、各映画サイトでも高評価 | アニメ!アニメ!

すみっコぐらし映画 ナレーション

祝・7周年!「すみっコぐらし」がアニメ映画になりました。11月8日(金)全国ロードショー!

「映画すみっコぐらし」新キャラと“絵本の世界”めぐる本予告公開! 井... 井ノ原快彦、“すみっコ”への共感「こんなアイドルがいてもいい」 : 映画ニュース - 映画.com

すみっコぐらし映画 ナレーション

『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』(11月8日全国ロードショー)の本予告が公開。あわせて、本作でナレーションを担当する ...