• 記事: 22043
  • 質問に対する回答: 19913
  • コメント: 22635
  • 準備ができて答え: 22148

テニスフットワーク

テニスのフットワークの基本パターン - YouTube The Tennis Institute テニス研究所

テニスフットワーク

【テニス フットワーク】テニスは反応速度が命! 片足着地のスプリットステップ 通称セレクティブステップで早よ動き出せ! - Duration: 9:37. 井上馨 1989年生まれ 中学生から軟式テニスを始め、高校から硬式テニスに移行。子供の頃から習っていた剣道は三段の有段者。卒業後、家業の傍ら副業テニスコーチを19歳から25歳まで、25歳から道具の勉強をするため、専門店での副業をスタート。26歳で結婚。現在は2人の子宝に恵まれ、2児の父のして子育て、本業、副業に励んでいます。 2020年3月末からブログ「The Tennis Institute」を始める。1万時間以上かけて研究してきたテニスの本質をブログで公開。

テニスのフットワークを強化するトレーニングメニュー5選【コーチ監修... ソフトテニスの練習方法!フットワークが上達するトレーニング│ふじや流プラス

テニスフットワーク

テニスで重要となるのがフットワークです。フットワークは苦手という方でも、プロのように足腰をハードに鍛えずとも、フットワークの技術を覚えることで1歩も2歩も早く動くことができます。ここではテニスのフットワークを強化するトレーニングメニューを5つご紹介しています。 ソフトテニスの練習ではフットワークを鍛えることがとても重要なポイントになります。ここでは、遠くのボールに追いつくフットワークや前後のフットワークを鍛える効果的な練習など、テニスの要となるフットワークを鍛えるトレーニング方法についてご紹介致します。フットワークを身につけることで、ソフトテニスは上達していくことでしょう。ぜひ参考にして練習に励んでください。 関連のおすすめ記事 ソフトテニスの練習でフットワークを鍛えるラダートレーニングテニスをする上で重要なことは一体どんなことがあるのでしょうか。テニスはラケットを振って相手とのラリーを続けていきます。ラリーと続ける上で手の振りが重要だと思っている人もいます。実はテニスをする上で必要なことはフットワークを身につけることなのです。フットワークを身につけるため重要な練習方法それはラダートレーニングという練習です。ラダートレーニングとは複雑なステップを使って早く駆け抜ける練習方法です。この練習をすることで持久力が養われ正確にジャンプし着地することができるのです。これは野球でもサッカーでも取り入れられる練習方法です。ラダートレーニングをしようとしても最初は身体に負担がかかってしまいます。その前にラダートレーニングをする前にのウォーミングアップが必要です。ウォーミングアップと言っても難しいことはありません。ウォーミングアップはただ歩くだけで構いません。その際に背筋を伸ばし胸を張りましょう。その体勢で背中の軸を伸ばすことができ、肩甲骨を寄せることができます。この姿勢で歩き終われば、軽くジョギングしてウォーミングアップをします。ウォーミングアップが終わればようやくラダートレーニングに移ります。ラダートレーニングの時はまずラダーに合わせて正面からランニングをします。その次はサイドステップ、クロスステップ、もも上げと練習をします。ラダートレーニングをする際にテニスは両足の親指の付け根に力を意識しましょう。ただなんとなくやるだけではトレーニングにはなりません。意識しながら練習することで、テニスは上達するでしょう。ソフトテニスの練習で遠くのボールに追いつくフットワークテニスをする上でフットワークを軽くすると良いことがあります。それはどんなに遠くに飛んでしまったボールでも追いつくことが出来るということです。テニスは持久力を要するスポーツです。長時間の試合になれば遠くのボールを諦めてしまう人もいるのです。しかし諦めてしまえば試合は負けてしまうかもしれません。遠くのボールに追いつくために必要なフットワークについて紹介します追いつくためにはボールに追いつくフットワークと微調整のフットワークが必要です。まずボールに追いつくためのフットワークです。テニスだと自分のいる場所にボールが来るということは珍しいです。いかに相手を走らせて疲れさせるかを考えてボールを打ってくるでしょう。ボールに追いつくためには普通に走りましょう。ボールの方向に体を向けて走ります。ここで注意が必要なことは目線が上下しないようにしましょう。走っている途中やラケットを引いた際には目線が動きます。その時に意識するといいでしょう。次に微調整のフットワークです。調整のフットワークとはボールを打つ場所のフットワークを言います。ボールを追いかける際多くの人は大股で走るでしょう。しかし大股で走りボールを打つとボールとの距離が合わないことがあるのです。その時に微調整が必要になってきます。微調整に必要なことは小刻みにすることです。例えばボール付近では狭い歩幅でステップを踏むなどの工夫です。しっかりと打ちたい場合はボール付近で細かくステップを踏むことが重要なので覚えておくといいでしょう。ソフトテニスで前後のフットワークを鍛える効果的な練習フットワークを軽くすることで試合に余裕が生まれます。前後に行き来することがテニスの試合では多いので、フットワークが軽いと柔軟に対応することができるのです。しかしフットワークは生まれ持った才能ではなく、練習が必要になります。フットワークを軽くするために効果的な練習方法スタートの練習方法練習を行う際のポイントはボールを出してくれる選手が打った直後に動き出すことです。ここで早くスタートしてしまってはボールが来る位置で待ち構えることができてしまうので練習にはならないのです。シビアなタイミングで練習することによって反射神経を鍛えることができるのです。右足の設置の練習方法前後に走ってボールを打つ練習は体力しか付けることができません。それを防ぐためにボールの落下点にいち早く右足を置くことを意識しましょう。もし前に出ると引っ張りにしか打てないという方も右足を早く設置することで解決することができるはずです。ステップの練習方法前後へ動く時のステップは重要なので練習しておきましょう。しかし前へのステップは簡単です。後ろのステップが難しいので、後ろのステップは特に練習が必要な部分です。よくサイドステップで下がる人がいるのですが、これを試合中行うと足元に突かれてしまいます。後ろに下がる際には頭だけを相手方向に向け、下半身は後ろに向かってクロスステップで走る下がり方がベストです。相手の状況を確認することができるので挑戦してみてください。キレの良いフットワークを行うためのポイントフットワークが重要だと言ってもなかなかキレが良いフットワークをすることは難しいかもしれません。キレを良くするためにはポイントが存在するのです。このポイントを抑えることでフットワークにキレが生まれてテニスの試合でも役に立つはずです。スプリットステップを使い分けるスプリットステップのイメージとしては両足を開いた状態で軽くジャンプすることです。この動きはテニスをする上で重要な動きになります。スタートを効果的に早めることができる技なので、苦手意識を持たずに行いましょう。短い移動をする時には大きなジャンプを意識することはありません。コンパクトに切れの良いスプリットステップを行うことで加速がしやすくなります。大きなスプリットステップを行う場合は、遠い距離の移動を素早く行う時です。膝の固め方スタートを早めるためには膝の使い方にポイントがあります。加速するためのポイントは膝を固めて地面を弾く感覚です。この感覚をつかむことができるとスタートのキレが良くなります。何度も練習を重ねていくうちに自分なりの感覚が分かってくるはずです。その感覚をつかむように何度も練習を重ねてみましょう。逆に遠い距離を移動する時には膝は柔らかく使います。そうすることで大きなスピードを生むことができるのです。ソフトテニスが上達するフットワークのトレーニング方法テニスはただボールを追っているように見えますが、実は様ざまなステップが存在します。そのステップの組み合わせをマスターすることによってソフトテニスが上達していきます。ステップにはさまざまな種類がある。代表的なステップをご紹介しますまずはサイドステップです。サイドステップは最もオーソドックスな反復横跳びの動作のことを言います。横を向いて走ってしまうとボールが見えないのですが、ステップを取り入れることで相手を見ながら移動することができるのです。サイドステップを練習するためにはゴムチューブをつけるトレーニングが効果的です。足にゴムチューブをかけてそれに抵抗を感じながらゆっくりとサイドステップを行います。足を広げるおしりの横の筋肉が鍛えることができ、素早くサイドステップができるのです。次にクロスステップを紹介します。クロスステップとは前を向きながら普通に歩いている時のように足を逆側にクロスさせて移動するステップのことを言います。クロスステップを習得するためには球出しや素振りが効果的です。足の内側の筋肉を使うので内側の筋肉を鍛えられスムーズに動けるようになります。まだまだステップには種類があります。そのステップを1つ1つ習得することでテニスはより面白いと思えるはずです。1つ習得するごとに1つ新しい技を覚えることで楽しいと感じながらテニスができるでしょう。

テニス フットワーク 鍛え方 フットワークを鍛える目的と効果、モチベーションの保ち方 | ソフトテニスNEXT

テニスフットワーク

テニス フットワーク 鍛え方関連ページ テニスのフットワーク:クロスステップ 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます! こんにちは、ソフトテニスNEXTのダイスケです。 今回は、フットワークの鍛える意味と鍛えることでソフトテニスでどういい影響があるのか解説していきます。 フットワークを鍛えている選手ほど、いいボールを打てますし、よくつなげてミスなく打てています。 地味で辛いトレーニングですが、根気よく行っていきましょう! それでは、フットワークを鍛える目的と効果、モチベーションの保ち方のスタートです。 はじめに 私が中学生や高校生の時は、秋の終わりごろから春の始まりにかけてフットワークの練習を多く行ってきました。 冬の練習ができない時期にしっかりフットワークや筋力トレーニングを行うことで、春にパワーアップしたテニスをすることができます。 フットワークも筋トレもすぐには効果がでないのでモチベーションを維持するのが難しいですが、この記事を参考に練習に取り組んでいきましょう。 フットワークを鍛える目的 フットワークを鍛えるのはなぜでしょうか? 足腰を強くしてボールの威力を強くする 試合の後半になっても疲れない体力をつける 早く打点に入ることができるので余裕を持って打つことができる フットワークを鍛えることで以上のようなメリットがありますが、 今回の記事では、3番目の「早く打点に入ることができるので余裕を持って打つことができる」について焦点を当てて解説をしていきます。

【テニスのフットワーク】軸足セット位置の重要性【状況別】 フットワークの重要性 | テニス上達うまくなりたいならテニス探求塾

テニスフットワーク

テニスでフットワークが良いというと、「コートカバーリングの良さ」というイメージが強かったのですが、先日の練習で「打点への入り方」もフットワークの良さ、という超基本的な内容に気づきが・・ 特に、 がハマると、ミスる気がしないと言うか、何か入るような「安心感」を持って ... その他については、ランニングや筋トレで補うことができるのでまた別の記事でまとめようと思います。 特に後衛は、相手の後衛の動き、相手の前衛の動き、味方の前衛の動き、向かってくるボールと一瞬の間に、状況を把握する必要があります。これは動体視力を鍛えることでスキルアップしていきます。動体視力については、こちらで解説しています! これだけの状況を整理して、しかも素早く打点に入るということをしなければなりません。テニスって難しいですね。笑 ここで役に立つ技術がフットワークです! 改めてフットワークを鍛える目的を考えてみましょう! フットワークを鍛える目的は、「打点に素早く入って止まる」ためです。 止まる?と思った方、止まることが大切なのです。一瞬の間にたくさんの状況を把握するのに、動きながらではなく止まって打つことが大切なのです。動きながら打つのは、難しいですからね。 なのでフットワークを鍛える目的は、「打点に素早く入り、止まって余裕を持って打つことができる」ためにフットワークを鍛えましょう。 フットワークを鍛える練習 スパイラルラン コートの奥側、5つの○の場所にボールを置き、コートのセンター側にかごかラケットを置きます。 コートのセンターマークのところに立ち、ボールをひとつずつダッシュで取りに行きます。いっきに5つ取りに行かないようにしましょう。 練習の注意点 ボールを取りに行ったときに他の場所を見て、次にどこのボールを取りに行くか考える。 ボールを取るときに滑りながら取らず、小股で細かく調整して止まって取る かごの中からでないように優しく置く 慣れてきたら 最初と最後に取る場所を決めておく 5つ取ったらひとつずつダッシュで戻す ラインタッチ コートの左側①に立ち、走って①→②→①→③→①→④→①→⑤→①と腰を落としてラインにタッチします。

テニスのフットワークトレーニング方法〜フットワークの重要性につい... 自宅でテニスのフットワークを上達させるには? | テニログ

テニスフットワーク

テニスのフットワークトレーニング方法〜フットワークの重要性について考えてみた 2019-06-15 ryomei トッププロの試合動画を見るとボールのスピードや華麗なスイングに目を奪われて、振り方の研究や練習がメインになってしまいがちです。 画像では、わかりやすくするためコート半面を使っていますが、同じところを走るので4~6人くらい同時に行うことができます。 練習の注意点 ラインにタッチするときに滑らずに小股で細かく調整する どちらかの手でタッチすることを決めておく 慣れてきたら ラインではなく誰かが手をたたいて地面にタッチすることで、瞬発力も鍛えられる モチベーション維持するためには フットワーク練習は、すぐに効果が表れない、地味、辛いといった練習です。目標に向かってストイックに取り組めればいいのですが、なかなかそう上手いこといきませんよね? スパイラルランやラインタッチをリレー形式にしたり、タイムアタックをしてモチベーションを保ちましょう。例えばスパイラルランを20秒以内でクリアするなど小さな目標をもって練習に取り組むとモチベーションを維持できます。