• 記事: 21413
  • 質問に対する回答: 23500
  • コメント: 20887
  • 準備ができて答え: 31992

ハイエンドpc

最高スペック!ハイエンドなおすすめゲーミングPC ゲーミングPCなう 超小型ゲーミングミニPCの23機種はGTX10x搭載でリビングに合う

ハイエンドpc

ハイエンドゲーミングpcで出来ること BTOメーカーで最高額のゲーミングPCを探してみると軽く50万円を越えてきます。 ここまで来るとグラフィックボードは2枚以上登載していて、CPUも高級になるのであらゆる用途に対応できます。 現在ハイエンドPCの購入を検討しています。 用途は主に映像制作の仕事、ゲーミングです。 様々なサイトでハイエンドPCの値段やパーツ名を目にしますが、正直どれが自分の用途にあっていて、どれがいいものなのか、悪いものなのかがピンと来ないのです。(もちろんグーグル先生に訊いたりもしたのですがさっぱりでした…) そこで下記条件に合うPCパーツやPC、予算を教えて下さい。 ・3DCGでの処理が早い(CINEMA 4D、Maya等がサクサク動いてくれる) ・最新ゲームをフルグラフィックで動かせる ・OSはWindows、Macのどちらかでお願いします。ちなみに現在i Mac Mid2011を使用しています。(かなり処理がモタツキます) ・自作でも構いません。 是非皆様の知恵をお貸しください…よろしくお願いします。 質問に不備な点がありましたらなんなりと…

ドスパラ社長... パソコン用のハイエンドキーボードが気になって色々調べてみた!秋葉原にも行ってみた! | トコログ

ハイエンドpc

今回は高性能PCを作成するため、6コアのハイエンドCPU「INTEL Core i7-5930K」を選択! このCPUは第4世代Haswell-EシリーズのハイエンドCPU。 6コア12スレッド、動作クロックは定格3.5GHz ターボ時3.7GHz。 ワンランク上の環境にグレードアップしてみませんか?昨今、世間ではテレワークが推奨され自宅で仕事をする時間が増えた人も多いのではないかと思います。以前は「生活する」ことがメインだった自宅も、「仕事をする」時間が長くなるとそれ用の環境を充実させたくなりますよね? テレワーク用に、いいデスクやイスを買ったという人も多いのでは。PCもグレードアップしたいアイテムのひとつです。会社から支給されているPCでも仕事はできるけど、やっぱり自分の家で使うのならばもうちょっとイイものを使いたい。そして、せっかく買うなら仕事だけでなくプライベートでも活躍できるヤツがいい。そんな方にオススメしたいのが、Lenovoの<Yoga C940>。これ、ほんとバランスがよくて「おうち生活」を充実させてくれること請け合いです。閉じたときのエッジ部分や、ヒンジ部分が斜めにカットされた処理が美しいですね。ノートPCでこのような処理を施しているものは珍しいと思います。特にヒンジは、ノートPCというよりは高級オーディオのようなたたずまいじゃないですか? いい意味でPCっぽくない。天面には「YOGA」のロゴのみというシンプルさもいいですね。色もあらゆるシーンにマッチします。ビジネスユースのPCは黒っぽいものが多く、家で使うにはちょっと武骨すぎるんですよね。かといって、あまりにもポップな色合いだと、外に持ち出すのがためらわれる。そんな風に感じていたところだったので、このカラーリングの絶妙さには惹きつけられました。シックかつ上品で、まるで上質な革小物のような、長く使っていきたいなと思わせてくれる魅力を感じました。Yogaシリーズは第一線で活躍するクリエイターたちからも好評で、そのデザイン性が高く評価されているのも納得です(DJ JAMさんのコメント動画はこちら)。ノートPCモードでは自分にスピーカーが向いてサウンドをダイレクトに感じることができ、テントモードでは頂上にスピーカーが配置されるので、広範囲にサウンドが広がります。僕が普段使っているノートPCと比べても、ワンランク上の音質だと感じました。いつもは仕事中にPCで音楽をかけることはないのですが、このスピーカーだと音楽をかけたくなりますね。パワフルなサブウーファーやカスタムツイーターが搭載されていて、低音から高音までよりハッキリと聴こえるため、音楽はもちろん映画などの鑑賞にも向いています。僕はよく、好きなアーティストのライブ音源を聴くのですが、ほかのPCよりも明らかに音が前に出てくる感じがします。ステレオ感もしっかりありますし、なんならベースやボーカルは、スマホとワイヤレスイヤホンで聴くよりも厚みがあって、こちらのほうが好み。臨場感が違うんですよ。ノートPCでこれだけのライブ感、感じたことありません。「Yoga C940すげえ!」って思わず口走っちゃいましたよ……。テレワーク中のオンライン会議でもこのスピーカーは活躍してくれました。相手の声が聞き取りやすいんです。ビジネス用途でも頼りになります。個人的に、ノートPCで気になるのがキーボード。文章を書くことが多い身としては、ここは外せません。<Yoga C940>のキーボードは、クリックがしっかりと感じられるキータッチが特徴。これがなかなか快適で、長時間の入力でも疲れないんです。普段、ノートPCに外付けキーボードを付けて使っているのですが、<Yoga C940>なら外付けキーボードは不要と感じました。それくらい、このキーボードはお気に入りです。クリック感があることに加え、適度な反発力があるので次の入力へスムーズに移行しやすいからでしょう。<Yoga C940>は、先述したようにノートPCモードのほかテントモードやタブレットモードで使うことができます。テントモード、タブレットモードではキーボードではなく専用の「アクティブペン」で操作します。アクティブペンは本体に収納でき、収納中は自動的に充電が行なわれる仕組み。これならば、思いついたときに取り出してサラサラっと手書きでメモでき、ペンを紛失する恐れもありません。書き味は良好ですよ。紙とペンがなくても、同じ感覚でアイデアをメモできます。僕は、いまだに電話をしているときなどは手帳とボールペンを愛用しているのですが、<Yoga C940>が手元にきてからは電話中のメモはOne Noteとアクティブペンを使うことが多くなりました。いつも同じところにアクティブペンが収納されているので、さっと取り出して使えるのがありがたいですね。自分の持っている別のノートPCでも手書きメモを使おうと、以前スタイラスペンを買ったのですが、いつも使いたいときにどこかにいってしまってるんですよね……。あと、いざ使おうとすると電池切れで書けなかったことも。なのであまり使わなくなってしまったのですが、<Yoga C940>のアクティブペンならその心配は無用です。自宅でオンライン会議に参加していると、不意に家族が映り込んでしまうことがよくあります。社内の打ち合わせや会議ならまだしも、取引先との打ち合わせや商談中はなるべく避けたいですよね。ほとんどのオンライン会議システムにはビデオを停止する機能が付いていますが、とっさのときにボタンをうまくクリックできなかったり、クリックしたつもりで忘れてしまったりすることもよくあります。しかし<Yoga C940>なら大丈夫。レンズ部分を物理的に隠す「プライバシーシャッター」を搭載しています。液晶上部、カメラの上にあるスライダー(見えにくいですが、上の画像のピンクの矢印で指した部分)を動かすことで、カメラを隠すことができるんです。シャッターをしているときは、レンズ部分に赤い丸が表示されますよ。これならば確実にビデオをオフにすることができます。僕も、オンライン会議中にノートPCを持って部屋の中を移動しなければいけないとき、自分のゴチャっとした部屋が映るのがイヤだったのですが、そんなときもプライバシーシャッターが大活躍でした。<Yoga C940>は、14インチのフルHD IPS液晶を搭載。14インチと聞くとモバイルPCとしてはやや大きめかなと思いますが、実際に手に取ってみると、本体は小さく感じます。その秘密はナローベゼル(狭額縁)の採用。ベゼル幅が狭くなっているため、14インチながらボディサイズは13インチくらいの印象。また、ナローベゼルであるため画面周囲の余白が少なくなり、画面への没入感が高くなるメリットもあります。作業への集中力が高くなるだけではなく、映画などの動画コンテンツを視聴する際にも没頭できますよ。その上、バッテリーはフル充電で約23時間のスタミナを誇ります。23時間って、ほぼ1日ってことですよ! これなら、オフィスに持っていくときでもACアダプターを持ち歩く必要はありません。僕は家で仕事をする際、基本は仕事部屋、食事やオンライン会議のときはリビングと、2つの部屋を行ったり来たりします。そのときノートPCも一緒に移動するんですが、<Yoga C940>は夜の間にフル充電しておけば1日中ACアダプターを使わずに過ごせます。わざわざACアダプターを持って家の中をウロウロするのが結構ストレスだったのですが、悩みが解消されました。以上のように、ビジネスとプライベートの両方で活用できる<Yoga C940>。CPUには最新のインテル製第10世代Core i5プロセッサーを搭載しており、あらゆるシーンで活躍するポテンシャルを持っています。これだけ盛りだくさんの機能がある<Yoga C940>ですから、そのボディはさぞかしマッチョだろうと思うかもしれませんが、なんと重さは約1.35kgとライト級。これなら、自宅とオフィスの間を持ち歩くのも苦になりません。「でも、お値段のほうはヘビー級なんでしょう?」といぶかしがっている方もいるかもしれません。でも実は、これだけの機能とスタイリッシュさでありながら実勢価格は15万円を切っています。これだけの性能を持つノートPCとしては、かなりお買い得だと思います。新型コロナウイルスの影響で私たちの生活様式と働き方は大きく変わりました。アフターコロナの時代もそれは続いていくでしょう。そんな時代の中で<Yoga C940>は、見た目と機能とコストパフォーマンスの三拍子がそろった、“ノートPCのニューノーマル”と言えるのではないでしょうか。Yoga シリーズYoga ブランドサイト Yoga.

ハイエンドBTOパソコン|BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ハイエンドPCについて -現在ハイエンドPCの購入を検討しています。用途- その他(パソコン・周辺機器) | 教えて!goo

ハイエンドpc

ゲーム、映像、学習、資産運用 ハイエンドBTOPCはあらゆる用途で ストレスフリーな性能を発揮! 新製品のCore i9/i7、AMD Ryzenなどの登場で、グラフィックボードを搭載したハイエンドPC、ハイエンドゲーミングPCが人気となっています。 Evolving With You.

ハイエンド(ハイスペック)PCレンタルとは|株式会社サードウェーブ... 株式会社 日本コンピューティングシステム ハイエンドデスクトップPCソリューション

ハイエンドpc

ハイエンドpcレンタルとは ハイエンドpcレンタルの株式会社サードウェーブレンタルでは、最新gpu搭載のハイエンドpcから、タブレットやノートpcまで幅広く提供しております。 『 PCオーディオ 』 (パソコンを使ったファイルオーディオ再生)は2008年頃から次第に注目されるようになり、小型USB-DACが海外オーディオメーカー、国内オーディオメーカー、PCメーカー、そして楽器メーカーまでが入り乱れての開発競争となったのは、まだ記憶に新しいところです。しかし2016年頃から次第に元気がなくなり、製造メーカーが一社抜け二社抜けして次々市場から退場していきました。筆者なりに 『 PCオーディオ 』 減速の原因を分析してみますと、①PCM・DSDのスペックばかりが強調され過ぎ、またぞろ従来からのオーディオ業界の欠点でもある数字競争に陥ってしまった。②ハイレゾという言葉のみが一人歩きし、CD以上のスペックであれば録音や音の善し悪しに関係なく、何でも「ハイレゾ=高音質」という間違った認識が蔓延してしまった。③ピュアオーディオとポータブルオーディオがハイレゾという言葉だけで一緒くたにされ、最も重要な「高音質」が忘れ去られてしまった。④当然のことながら、PCメーカーなどオーディオのスキルのないメーカー製のUSB-DACのプアなサウンドがオーディオファンに敬遠され、熱が冷めてしまった。⑤オーディオファン自体のPCのスキル不足が災いし、PCのトラブルに惑わされるケースが増えるにつれ、次第にPC離れが起こってしまった。⑥ネットワークオーディオが本格化して、PCオーディオとの混乱を生じさせ、どちらに進むべきかとユーザーに迷いを生じさせてしまった。⑦2014年頃からアナログブームが起き、チープなUSB-DACとの比較ではアナログが優位に立ってしまい、PCオーディオが忘れ去られた。その後はアナログブームも終息。という具合で、『 PCオーディオ 』 の新しい話題も最近は、とみに少なくなってしまっていました。しかし昨年の半ば頃から、再び 『 PCオーディオ 』 に新たな息吹が感じられるようになってきたのです。今回はその辺りを探ってまいります。今年(2018年)、『 PCオーディオ 』 が再び注目される理由があります。それは、①2017年に登場した、OPPO D/Aコンバーター 『 Sonica DAC 』 と、ユニバーサルプレーヤー 『 UDP-205 』 が大ヒット!

ハイエンドパソコンの通販・価格/性能比較|パソコン通販のドスパラ【... パソ兄さんレビューリスト!DELL ミドル~ハイエンド・デスクトップ(中~上級者向け)

ハイエンドpc

ハイエンドパソコンをお探しならドスパラ通販サイト【公式】におまかせ!自分だけのオリジナルハイエンドパソコンを、スピード出荷いたします!全国各地にショップも展開中です。 ②米国プロ用レコーディング機器メーカー MYTEK Digtal の最新鋭D/Aコンバーター+プリアンプ 『 Manhattan DAC II 』 と 『 Brooklyn DAC 』 の登場!

【やじうまミニレビュー】本日発売。Crucial待望のハイエンドNVMe SSD... おうち生活を充実させたいならコレ。スタイリッシュで魅惑の機能満載ハイエンドPC<Lenovo Yoga C940> | ギズモード・ジャパン

ハイエンドpc

マイクロンジャパンは、CrucialブランドのハイエンドM.2 SSD「Crucial P5」を6月30日に発売した。PCIe 3.0x4、NVMe 1.3対応かつTLC仕様の3D NANDを採用し ... ③TEACが超ハイスペックのUSB-DAC搭載ヘッドホンアンプとネットワークプレーヤーの最新鋭機を市場に投入! ④"MQA" (Master Quality Authenticated) 対応のハードとソフトの出現!

ハイエンドのゲーミングPCの価値を考える|はじめてゲームPC ハイエンドオーディオ: 今年は 『 PCオーディオ 』に再チャレンジしてみませんか?

ハイエンドpc

ハイエンドはどういう人向けのゲーミングpc? 最新のゲームを最高設定でプレイしたい方や、トリプルディスプレイ等の多画面でゲームをプレイしたい場合、4Kでプレイしたい場合は解像度が高くなると要求スペックも跳ね上がるのでそれらに対応したいと ... みなさま、こんにちは!LEVEL∞HUB 関です! 本日は店舗に展示しているNo.1機種をご紹介させていただきたいと思います。 それは店内に入りまして一番奥に展示してあります フルタワーケース採用のゲームPC「LEVEL∞『G-Class』」です。 まず、簡単にフルタワーゲームPC「LEVEL∞『G-Class』」を説明しますと、 とことんゲームプレイにこだわったポテンシャルを追求し、 高品質な電源ユニットや高性能CPU・グラフィックカードを標準で搭載します。 またモデルによっては超高速M.2 SSDを搭載するなど、 まさに敵無しの強靭スペックと言ってもいい最上位クラスのゲームPCです。 さて、店舗にて展示中のG-Classの性能は、はたしてどれぐらいなのか? 簡単にスペックを紹介します。 ※80PLUSとは…