• 記事: 24927
  • 質問に対する回答: 18242
  • コメント: 16937
  • 準備ができて答え: 31666

ドコモ アクセス制限 解除

操作・設定方法 アクセス制限サービス サービス・機能 ... Androidのあんしんフィルター for docomoをアンインストールする方法! 設定を解除して削除しよう

ドコモ アクセス制限 解除

お子さまに安心してスマホを持たせられるよう、出会い系サイトや有害サイトなどへのアクセスを制限することができるドコモの「アクセス制限サービス」の操作・設定方法をご紹介します。 ドコモ 2018.11.03 2017.04.23先日、保有するAndroidスマートフォンに対し、興味本位でドコモの「あんしんフィルター」アプリを設定したところ、解除(削除)する手順が非常に分かりづらく苦労しました。そこで本記事では、ドコモのAndroid向け公式アプリ「あんしんフィルター for docomo」の設定を解除して、削除(アンインストール)する方法を紹介します。記事中で說明する方法では「保護者向けパスワード」が必要となります。パスワードを突破して無理やり解除する方法ではありませんのでご留意下さい。photo by Lucélia Ribeiroあんしんフィルター for docomoを解除する方法あんしんフィルター for docomoとは?ドコモ公式アプリ「あんしんフィルター for docomo」とは、親が高校生以下の子供にスマートフォンを使わせる際に一部利用を制限させるアプリです。参考 ドコモ – あんしんフィルター for docomo出会い系サイトなどの有害・不適切なサイトへのアクセスや有害アプリの利用を制限し、Wi-Fi通信時サイトアクセスも制限できます(ドコモHPより引用)。実際に設定してみましたが、細かく制限内容を設定・カスタマイズできるため、親からすると安心して子供にスマートフォンを使わせることができます。ただ一方、ボクのように成人以上の社会人が誤って設定をしてしまうと、スマートフォンの操作1つ1つに制限がかかってしまい、さらに子供が勝手に解除できないよう強固な作りとなっているため、アプリを削除するのも大変な非常に面倒なアプリとなります。そこで下記よりその解除方法を紹介します。前提:保護者アカウントを登録するすでに子供に使わせている場合は設定済みだと思いますが、まだ「保護者アカウント」登録が済んでいない場合、事前設定が必要です。アプリケーション一覧より「あんしんフィルター for docomo」を起動し、上部にアカウント登録のリンクが表示されるのでタップします。「あんしんフィルター」で当初設定した仮パスワードを入力します。次の画面で利用権限の付与が求められますが、結局この後アプリを削除するため許可してOKです。「保護者アカウント」で登録するメールアドレスを設定します。この後、入力したメールアドレスに確認メールが届きます。届いたメールのリンクから「保護者アカウント」のパスワードを本登録し、秘密の質問も設定すれば、「保護者アカウント」の登録は完了です。以上、事前設定を済ませれば、下記より「あんしんフィルター」アプリを削除する手順を解説します。手順①:保護者ページを開く「あんしんフィルター for docomo」で右上のメニューより設定を開き、「保護者ページ」へ進みます。パスワードを入力し、「あんしんフィルター 保護者ページ」へ進みます。ここのパスワードは「あんしんフィルター」で当初設定した仮パスワードではなく、「保護者アカウント」で本登録したパスワードとなるので注意。手順②:「あんしんフィルター」を無効化する「保護者ページ」では管理下にある端末が表示されるので、対象の端末で”ごみ箱”アイコンをタップして、端末を削除します。「保護者ページから削除されました。」と表示されればOKです。この後、試しに適当なアプリを起動しても「あんしんフィルター」の制限がかからず、いつも通り使えるようになります。以上が「あんしんフィルター」アプリの機能を無効にする手順でしたが、相変わらずアプリ自体はスマートフォン内に残り続けています。従って最後にアプリの削除(アンインストール)をします。手順③:アプリを削除するAndroidの設定から「あんしんフィルター」のアプリ情報を開きます。アプリの詳細画面となるので、右上メニューより「更新データの削除」を選択。データをすべて削除した後、最後に「アンインストールが完了しました。」と画面に表示が出れば終了です。参考:アプリを無効化せず削除する方法記事中では「あんしんフィルター for docomo」アプリを無効化してからアンインストールする方法を紹介しましたが、次の手順でも削除できます。参考までに解説します。管理者権限を無効にするまず「設定」アプリを開きます。強制的に「あんしんフィルター」が起動するので「その他の端末設定」へ進み、パスワードを入力します。その後、管理者権限の設定画面まで進みます。「設定」→「セキュリティ」より「機器管理機能」を開き、「あんしんフィルター」のチェックを外して、管理者権限を無効にします(途中「あんしんフィルター」のパスワードが求められます)。アプリを削除するその後「アプリ情報」まで進み、アンインストールを実行すればOK。〆:削除手順がややこしい!

アクセス制限サービス サービス・機能 NTTドコモ ドコモのネットワーク利用制限が△になる理由、〇にする方法を解説 | モバレコ - SIM・スマホの総合通販サイト

ドコモ アクセス制限 解除

アクセス制限サービス(フィルタリングサービス)のprについて. ドコモは、社団法人電気通信事業者協会とともに「フィルタリングサービス」の認知拡大を目的とした取組みに参画しています。 アクセス制限サービス(フィルタリングサービス)のprについて 以上、Androidのあんしんフィルター for docomoをアンインストールする方法! 設定を解除して削除しよう の說明でした。削除手順がややこしいですが、「保護者アカウント」のパスワードさえ分かればアンインストールを実行できます。ぜひご参考あれ。

ドコモのスマホのアクセス制限解除方法が知りたい スマホお悩みサポ... 「制限付きアクセス」表示も大丈夫!8つの原因と解決法を徹底解説 | WiFiスタイル

ドコモ アクセス制限 解除

アクセス制限サービスの解除は最寄りのドコモショップにてお手続きできます。端末からの操作では解除できませんのでご注意ください。 アクセス制限は設定したままで、特定のサイトのみ見られるようにする方法(アクセス制限サービスを契約している方 ... ネットワーク利用制限を確認する方法 ネットワーク利用制限を確認しましょう 早速、お持ちの端末のネットワーク利用制限をみてみましょう。下記の手順で、あなたの端末がどのステータスになっているのかを、確認してみてください。 電話番号 0120-987-062 (電話受付時間11:00~24:00) LINEはちょっと使いたくないし、めんどうだなと感じる人は直接電話して専門スタッフに相談することもできますよ! 受付時間は11:00~24:00までと夜遅くまで対応しているので、日中忙しい人も利用可能です。ご連絡先は以下の番号になります。

ドコモ(docomo)のアクセス制限サービス(SPモードフィルタ)を電話... 「制限付きアクセス」になり、インターネットに接続できません | バッファロー

ドコモ アクセス制限 解除

ドコモ(docomo)のアクセス制限サービス(SPモードフィルタ)を電話だけで解除する方法です。 契約して8日以内程度でしたらドコモへ電話してクーリングオフを主張すれば電話だけで解除(契約解除)できます。 SPモードフィルタは『出会い系サイト』をブロックすると言われて申し込んだの ... 1. ネットワーク利用制限携帯電話機確認サイトにアクセスする ドコモ公式サイトのネットワーク利用制限携帯電話機確認サイトにアクセスします。 ドコモ公式サイト引用:ネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト 一番下までスクロールし、「次へ」をクリック。 03 05 使い慣れたLINE での相談は簡単だし、ドコモの公式ショップを通しての購入なので安心!LINE なら使わなくなったらブロックしちゃえばいいので、普通に買うより無料で相談できる分だけお得ですよ! LINE 友達に追加 営業時間:10:00 ~ 20:00(最終受付19:30) ※営業終了後の質問は、営業開始してから返答します。

Docomoのアクセス制限エラーを回避する方法 男子大学生のニコラス 【スマホ通信制限】128kbpsでどうなる?電話/メール/LINE/ネット・・・ | すまおじ.com

ドコモ アクセス制限 解除

アクセス制限エラーを回避する方法. docomoのアクセス制限エラーを回避する方法は2つあります(もっとあるのかもしれませんが2つご紹介します)。 まず1つ目はVPNを使う方法です。若干バッテリー持ちが悪くなる、というデメリットがあります。 2. 製造番号の入力と画像認証をする ①調べたい携帯電話の製造番号を入力 製造番号の確認方法は以下の二通りになります。 ●製造番号の確認方法 ・携帯電話の通話のキーパッド入力で「*#06#」と入力すると、画面に15桁の数字が表示される ※一部機種では表示されない場合があります。 ・携帯電話の電池パックを外すと、「製」または「IMEI」で始まる15桁の数字が記載されている ②画像認証画面に現れた数字を入力 ③「確認する」ボタンをクリックすればステータスが表示 ドコモ公式サイト引用:ネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト入力画面 3. ステータスが表示される 検索結果画面に、製造番号とネットワーク利用制限のステータス、製造番号の検索日が表示されます。 ドコモ公式サイト引用:ネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト結果画面 ネットワーク利用制限のステータスの意味は次の通りです。 ネットワーク利用制限のステータス ステータス 状態 詳細 〇 ネットワーク利用制限対象ではない。 ネットワークを問題なく使用可能。 △ ネットワーク利用制限対象ではない。 今後、盗難や不正利用などが判明すると、利用制限対象になる可能性がある。 × ネットワーク利用制限対象である。 ネットワークが使えない。 ― 製造番号が確認できない。 ネットワーク制限状態ではない。一部のSIMフリー端末などが、これに該当する。 ネットワーク利用制限ステータスが△になるのはどんなとき? ネットワーク利用制限ステータスが△とは? ネットワーク利用制限のステータスで気になるのが「△」だと思います。 これは、今は利用制限がかかってはいませんが、何らかの不正が発覚した場合ドコモからネットワーク利用制限がかけられる可能性がある、という状態です。 ほとんどのケースで「〇」かと思いきや、意外と多くの端末が「△」になっているんですよ。では、具体的にどのようなケースで「△」なのかを見てみましょう。 購入直後のとき 以前は分割購入の場合のみ「△」でしたが、現在は一括購入であろうと分割購入であろうとも、購入直後は「△」になっています。 そして、分割購入支払いの終了時やクレジットカードによる支払いが完了するなど、本人確認が取れるまで「△」の状態が続きます。 本体価格の残債があるとき 端末購入時に本体を分割支払いで購入し、本体価格の残債がある場合は、「△」です。 分割払いが終了した時点で「〇」になります。 端末購入サポートを利用しているとき 2019年5月31日に受付を終了しましたが、ドコモには端末購入サポートというサービスがありました。 これは、購入から1年間継続利用することを条件に、端末の購入代金の一部をドコモが負担してくれるという制度です。端末購入サポートの期間が終了すると、ステータスは「〇」に変わります。 ネットワーク利用制限ステータスを〇にする方法 〇に変更するには? ネットワーク利用制限のステータスが「△」でも何ら問題なく使えます。 しかし、できれば「〇」に変更してもらいたいもの。また、「△」だと、端末の買取査定に影響する可能性もあります。 実は、ネットワーク利用制限を「〇」にする方法はありますので、早速ご案内しましょう。 機種変更なら専用窓口で即日〇にできる 今お使いのドコモの携帯が機種変更で購入したものならば、専用窓口に問い合わせれば、すぐに「〇」に変更してもらえます。 ネットワーク利用制限専用の窓口に電話することで、担当者が「〇」に変更してくれる、というものです。 その際に、端末の「電話番号」と「製造番号」を聞かれますので、用意しておきましょう。専用の窓口は以下です。 <NTTドコモネットワーク利用制限専用問い合わせ先> 電話番号:03-5954-2074受付時間:10時~20時(平日のみ) 平日のみの受付なので、昼休みや6時以降、月末などは特に混雑が予想されます。 時間帯によっては、何度かけても通話中の場合も多いです。 しかも、フリーダイヤルではないので、電話料金が発生することにはご注意ください。できるだけ固定電話から、混雑する時間帯を避けてかけることをおすすめします。 〇になるまで待つ 購入してから一定期間が経過すると、「〇」に変更されることがあります。 ・一括購入した場合はクレジットカード払いが行われる・本人確認が完了した後・分割購入の場合は本体料金の支払いが完了したタイミング など また、ドコモの端末購入サポートサービスを利用した場合は、サポート期間終了まで待てば自動的に「〇」に切り替わります。 時間をおいてから、ネットワーク利用制限確認サイトで、再度確認してみてください。 △でも問題なく使える! △でも問題なし! ネットワーク利用制限のステータスが「△」でも、携帯やスマホはインターネット通信も含めて、問題なく利用可能です。 何かの折に、ドコモが「×」に変更する可能性もあるという注意喚起ですから、ステータスが「△」だからと言って、普通に使うだけでしたら気にする必要はありません。 △の端末でも買取してもらえる ステータスが「△」の場合でも、業者の買取は可能です。 ただし、ステータスが「△」だと、買取価格が減額されることはあります。端末の状態が悪い、機種が古いなど、場合によっては買取を拒否されることもあります。 端末を売って機種変更したり他社に乗り換えたりする場合は、ネットワーク利用制限のステータスが「〇」になってからのほうがいいでしょう。 そのほうがより高額買取をしてもらえる可能性があるからです。 まとめ ドコモのネットワーク利用制限という仕組みがあり、専用サイトでいつでも確認できます。 ステータスが「△」であるケースは、意外とよくあり、「△」だからと言って特に支障はなく、携帯やスマホを利用することは可能です。 ただ、ドコモ側の判断によって、「×」にされる可能性があることは否めません。ドコモの専用窓口に連絡し、「〇」に変更してもらえるよう問い合わせてみましょう。 ステータスが「△」だと買取査定に支障が出ることもありますので、端末の売却の際には、「〇」に変更しておくほうが無難です。 今ならギガホ・ギガライト契約でAmazonプライム1年分ついてくる! ドコモスマホを購入する賢い方法 スマホを買うのに、どこに行きますか? 多くの人が「ドコモショップ」とこたえます。家電量販店で買う人も多いですね。 でも、お店まで行く手間や、待ち時間がかかるのもったいなくないですか?いろいろな商品をAmazonや楽天などのオンライン ショップで買っているのに、なんでスマホは通販で買わないんだろう? 一番多い答えが、ショップスタッフと「相談ができないから」という理由です。スマホってプランも難しくて、ちょっと相談してから決めたくなりますよね。 そこでおススメなのが、LINEで相談しながらオンラインショップで購入できるこのサービス! やり方は簡単。下のボタンかQR コードから「LINE友達に追加」するだけで、プロに相談しながら、スマホが買える! もちろん相談料金は無料。 サービスの流れ 01 下のボタンまたはQR コードから、LINEの友達に登録 02 LINEで相談 端末のことや料金プランのことなど気軽に相談してください。料金はかかりません。

アクセス制限の解除 - docomoの携帯を使ってるんですが、親にア... -... “移動制限解除”後 初の週末 県外から訪れた人は前週より14パーセント増【岩手県】

ドコモ アクセス制限 解除

アクセス制限の解除docomoの携帯を使ってるんですが、親にアクセス制限をかけられてgreeとかpixivにアクセスできません。最近はmixiとかも始めようと思ってるんですが、親が解除してくれないのでできません。アクセス制限を解除する方法ってないですかね?やっぱりdocomoショップで解除して ... 「制限付きアクセスと表示されて、インターネットにうまく接続できない」とお困りではないですか? 制限付きアクセスとは、無線LANなどを利用している時に起こるもので、端末が上手くインターネットに接続されていない状態です。 スマホやタブレットだけでなく、無線LANなどを利用する機器であれば全て「制限付きアクセス」になる可能性はあります。 原因や対策を知っておかないと、実際はまだ使えるのにルーターを新しく買い替えてしまったりして損をしてしまう可能性も。 そこでここでは、制限付きアクセスの原因と決策を徹底解説します。 これを読めば「制限付きアクセス」とはどういったもので、なぜ起こるのかが分かり、「制限付きアクセス」になっても落ち着いて対処できますよ。 ※外出先で「制限付きアクセス」になった人へ 外出先でフリーWi Fiを利用している時に「制限付きアクセス」になったという人は、ポケットWi Fiの利用を検討してみてください。 ポケットWi Fiを利用すれば、外出先で快適にWi Fiを使うことができますよ。 ポケットWi Fiの中でもおすすめなのがWi MAXです。 Wi MAXであれば、月間通信容量に制限もなく利用でき、速度も速いのでおすすめ。 詳しくは以下の記事をご覧ください。 1.制限付きアクセスとは?? 制限アクセスとは簡単に言えば、「端末がインターネットにうまく接続できていない状態」のことです。 「制限付きアクセス」と表示されるので、「制限はあるけどネットには繋がっている」と勘違いしている人も多いようですが、この状態では基本的にはインターネットは使えません。 制限付きアクセスになるのは、インターネットを繋ぎたい端末か無線LANなどのルーターに原因があることがほとんどです。 2.制限付きアクセスと表示される原因と対処する方法 制限付きアクセスになる主な原因は、端末かルーターに問題があるとお伝えしました。 ここからはより具体的な原因とその対処の方法について見ていきましょう。 制限付きアクセスと表示される主な原因は以下の6つです。 ひとつずつお伝えします。 原因1.端末やルーターに一時的な不具合がある インターネットにつなごうと思っている端末やルーターも長く使い続けていると、不具合を起こすことがあります。 不具合と言っても一時的なものがほとんどですのでご安心ください。 対処法1.とりあえず端末やルーターを再起動させる まずは端末やルーターを再起動させてみましょう。 一時的な不具合が原因であれば、電源のON/OFFをするだけで直ることがほとんどです。 再起動を繰り返しても、制限付きアクセスが直らなければ、他のことが原因ですので他の対処法も試してみましょう。 ※端末やルーターが古くなっていると不具合も起こりやすくなります。 原因2.端末が省電力モードになっている スマホやパソコンなどの端末が省電力モードになっていると、制限付きアクセスになることがあります。 端末によってはエコモードとか低電力モードとか呼び名が違うようですが、いずれも使える機能を制限して、消費する電力を抑えることが可能です。 制限されるものの中に無線LANの接続も含まれるため、省電力モードの状態だと制限付きアクセスと表示されてしまうんですね。 対処法2.省電力モードを解除する 省電力モードを解除しましょう。 ここでは「Windows10」と「i Phone」での解除の手順をお伝えしていきます。 Windows10の場合 Windowsのトップ画面から「スタートボタン」をクリックし、「設定マーク」をクリック。 Windowsの設定から「システム」をクリック。 左のサイドバーに「バッテリー」という項目があるので、クリック。 「バッテリー」の中に「次回充電までのバッテリー節約機能の状態」があるので、「オン」から「オフ」へ切り替えてください。 以上がWindows10での省電力モードの解除の手順です。 i Phoneの場合 i Phoneのトップ画面から「設定」をタップ。 設定の中にある「バッテリー」をタップ。 「低電力モード」があるので、オンからオフに切り替えてください。 以上がi Phoneでの省電力モード解除の手順です。 原因3.IPアドレスが重複している 他の端末などとIPアドレスが重複していると制限付きアクセスになる場合があります。 IPアドレスとは、簡単にいえばネットに接続されている端末それぞれに与えられる番号のことです。 IPアドレスによって、Wi Fi機器からどの端末に電波を飛ばすかを決めています。 違う端末で同じIPアドレスを使っていると、どっちに電波を飛ばしていいかが分からなくなってしまうので、うまく接続することができなくなってしまうんですね。 対処法3.IPアドレスを変更する 無線LANに接続している端末のIPアドレスが今どういう状況かを確認して、重複している場合はどちらかのIPアドレスを変更するようにしましょう。 IPアドレスには、動的IPアドレスと固定IPアドレスの2種類があります。 動的IPアドレス・・・インターネットに接続するたびに変わる 固定IPアドレス・・・インターネットに何度接続しても変わらない 全ての端末を動的IPアドレスにして、自動割り当てにしておけば基本的には重複することはありません。 複数の端末をインターネットにつないだ時に、固定IPアドレスと動的IPアドレスが混じっていると重複することが出てきます。 ですのでここでは「Windows10」と「i Phone」でのIPアドレスの確認方法と自動割り当てへの変更方法をお伝えします。 Windows10の場合 Windows10のトップ画面から「Wi Fiマーク」をクリック。 接続済みのWi Fiから「プロパティ」をクリックしてください。 プロパティにある「IPv4アドレス」のところに載っているのがあなたの端末のIPアドレスです。 これが違う端末のものと重複している場合には、IP設定のところから「自動割り当て」へと変更する必要があります。 「編集」をクリックしてください。 重複している場合は「手動」になっていることが多いのでこちらを「自動(DHCP)」を選択し、保存をクリック。 以上がWindows10でのIPアドレスの確認・自動割り当てへの変更方法です。 i Phoneの場合 i Phoneのトップ画面から「設定」をタップ。 設定の中にある「Wi Fi」をタップ。 Wi Fiの中で接続されているネットワークを選択してタップ。 IPV4アドレスにある「IPアドレス」のところに載っているのがあなたの端末のIPアドレスです。 これが違う端末のものと重複している場合には、IPを構成のところから「自動」へと変更する必要があります。 「IPを構成」をタップしてください。 重複している場合は「手動」になっていることが多いのでこちらを「自動」をタップ。 重複している場合は「手動」になっていることが多いのでこちらを「自動(DHCP)」を選択し、保存をクリック。 以上がi PhoneでのIPアドレスの確認・自動割り当てへの変更方法です。 原因4.無線LANの電波が弱い 無線LANの電波が弱いことで制限付きアクセスになることもあります。 無線LANの電波は、障害物がなく直線距離でという条件であれば大体100m~250mほどは届くのが平均的です。 しかし、家の構造や障害物の材質によって届く範囲にも影響が出てくるようです。 対処法4.ルーターの置き場所を変える 最も簡単にできる対処法はルーターの置き場所を変えることです。 決まった場所でしかインターネットは使わない人は、ルーターと電波を受ける端末との距離をなるべく近づけるようにしましょう。 それ以外でおすすめなのは、 家の中心に置く できるだけ高いところに置く 周りに障害物が少ないところに置く などです。 それでも改善しない場合は、中継器や新しいルーターの購入を考えるようにしてください。 原因5.複数の電波が干渉し合っている 複数の電波が干渉し合っていると、制限付きアクセスになる場合があります。 無線LANには2つの周波数があり、その周波数が他の電化製品のものと重なると電波干渉を起こします。 2.4GHz帯・・・電波干渉は起きやすい。遠くまで届きやすく、障害物にも強い。 5GHz帯・・・電波干渉は起きづらい。遠くなると電波は届かず、障害物にも弱い。 同じ周波数のものは離れて使うなど、工夫が必要になります。 対処法5.電波の周波数を変える 電波干渉が起こっている周波数から別の周波数に変えるようにしましょう。 現在無線LANの周波数はほとんどの人が2.4GHzになっていると思います。 2.4GHzは電子レンジなどの家電などにもよく使われている周波数なので、干渉を受けやすいです。 2.4GHzを5GHzに変更していきましょう。 ここでは、Wi MAX(W06)を例に周波数を変える方法をお伝えします。 Wi MAX(W06)の場合 W06のトップ画面から「設定」をタップ。 設定の中の「通信設定」をタップ。 通信設定の中の「Wi-Fi設定」をタップ。 「周波数」のところをタップ。 「5GHz」を選択してタップしてください。 インターネットを繋ぎたい端末が5GHzに対応しているか確認をしてください。 対応しているようであれば変更しても大丈夫なので、「OK」をタップ。 変更するのに読み込みを行いますので、しばらくそのまま待機していてください。 DFSチェックというものが行われますので、「続行」をタップして、約1分間ほど待つようにしてください。 ※DFSチェックとは、5GHzの周波数を屋外で利用するときに、周囲に電波干渉を起こす気象レーダーなどがないかを最低でも 1分間確認してから、ネットワークに接続すること。 電波法により定められていて、必ず行わなければならないものです。 DFSチェックが終了すると、周波数が「5GHZ」に変更されています。 以上がWi MAXでの周波数の変更方法です。 変更方法は無線LANの各機種によって異なってくるので、メーカーの公式HPで調べるようにしてください。 全ての無線LANルーターで直接変更ができるわけではなく、ホームページなどから変更する必要がある機種もあるようです。 原因6.無線LANルーターのアップデートができていない スマホなどと一緒で無線LANも定期的にアップデートをしないと不具合を起こし、制限付きアクセスになることがあります。 機能も向上したりセキュリティも強化されますので、定期的にアップデートをするようにしましょう。 対処法6.アップデートを行う 無線LANルーターのアップデートを行ってください。 ルーターで直接できるものもあれば、ホームページから行わなければいけないルーターもあります。 ここではWi MAX(W06 )を例にアップデートを行う方法をお伝えします。 Wi MAX(W06)の場合 W06のトップ画面から「設定」をタップ。 設定の中の「アップデート」をタップ。 アップデートの中の「アップデート」をタップ。 アップデートの更新に少し時間がかかるので、そのまましばらく待機していてください。 アップデートが終了すると以下の画面になります。 以上がWi MAXでのアップデートの方法です。 アップデートの方法は無線LANの各機種によって異なってくるので、メーカーの公式HPで調べるようにしてください。 全ての無線LANルーターで変更ができるわけではないようですので、注意が必要です。 それでも制限付きアクセスになる場合は、、、 Windowsの場合であれば、トラブルシューティングツールを利用しましょう。 トラブルシューティングを行うことによって、制限付きアクセスになる原因が特定できるかもしれません。 トラブルシューティングツールの使い方をお伝えしていきます。 Windows10のスタートから「設定マーク」をクリックしてください。 Windowsの設定から「更新とセキュリティ」をクリック。 左サイドバーに「トラブルシューティング」という項目があるので選択し、その中から「インターネット接続」の「トラブルシューティングツールの実行」をクリックしてください。 「問題を検出します」と出るのでしばらく待機していてください。 問題が実際見つかれば、その問題に対する解決策を表示してくれます。 指示に従って、処理していくようにしてください。 問題がなければ、「問題を特定できませんでした」と表示されます。 「インターネット接続」に関しては問題がないようなので、「ネットワークアダプター(インターネットをするときに必要になる部品)」についてもトラブルシューティングをしていきましょう。 「ネットワークアダプター」の「トラブルシューティングツールの実行」をクリック。 「インターネット接続」と同じように問題があれば解決策が、問題がなければ特定できませんでしたというのが表示されます。 指示に従って対応していくようにしてください。 ※アップル製品はトラブルシューティングツールはありませんので、サポートページから検索するようにしてください。 ルーターが故障している可能性も 「シューティングツールも利用したけど、制限付きアクセスになる原因がわからない」という場合は、無線LANのルーターが故障している可能性もあります。 新しい無線LANルーターの購入を検討してみてください。 購入する際は、現在の無線LANルーターよりも、発信距離長い無線LANルーターを選ぶようにしましょう。 まとめ 制限付きアクセスになる原因と対処法をいくつかお伝えしました。 いずれかの対処法を試していただければ、基本的には解決するケースがほとんどです。 それでも解決しない場合は、端末やルーターが故障している場合もあるので、買い替えることも検討してみてください。