• 記事: 16519
  • 質問に対する回答: 23405
  • コメント: 19823
  • 準備ができて答え: 24778

ひとり旅 海外 初めて スペイン

スペイン一人旅(ひとり旅)|海外旅行のSTW 【失敗談】僕がスペインひとり旅で犯罪に遭った話【治安は悪いのか】 | とりあえず、旅

ひとり旅 海外 初めて スペイン

スペインが世界に誇る観光都市バルセロナ。個性溢れる芸術家たちの作品を、一度その目で確かめてみてください。現地支店があるので、初めてのひとり旅にもおすすめです! バルセロナ ひとり旅はこちら 今回は僕がスペインで経験した犯罪についてお話しようと思います。 当時は18歳くらいだったと思うのですが、まさか自分が犯罪に遭うなど思っていませんでした。 10年ほど前の出来事ですが、今でも鮮明に覚えているのでご紹介しようと思いました。 結論としては「初心を忘るべからず」という結果になりましたが、これからスペインに行かれる方の参考に少しでもなれば幸いです。 SPONSORED LINK 僕がスペインへ行った経緯 スペインへ行った理由は単純に「FCバルセロナ」というサッカーチームが大好きで、生で試合観戦したいと思ったからです。 というわけで高校3年生の大学進学が決まった12月にひとりでスペインへ行くことにしました。 今考えれば18歳の海外ひとり旅の経験もなく、スペイン語は挨拶レベルのときによく行ったなぁとしみじみ思います。 イタリア乗り継ぎでマドリードへ 飛行機はどの経路で行ったら楽なのかとかは全く考えずネットで見た「アリタリア航空」(イタリアの航空会社)でイタリア経由のマドリード入りという経路で行きました。(多分、当時は最安だった) イタリアで3時間ほど乗り継ぎ時間がありましたが、イタリア語が全くわからないのでレストランなどには入らず、売店でコーラだけ買って飢えをしのいでいました笑(かわいそうに。。) そこからマドリードに行くのですが、マドリード観光は問題なく順調に進んだので良かったです。 レアルの本拠地ベルナベウを見たり、買い物したり(当時はH&Mが日本になかったので、安すぎ! とひとりで興奮していたり)と満喫しました。 スリなどの犯罪にもあわなかったし、親切な人もいたけど、マドリードが安全ということではなく、ただ単に運が良かったんだと思います。 マドリードでは日本好きなスペイン人に日本語で話しかけられたりして、友達になったりと「ひとり旅っていいなぁ」と思っていましたが、そんな浮かれた僕の思いを打ち砕いた犯罪者がバルセロナにいました。 バルセロナに到着した初日 マドリードからバルセロナについた初日、僕はFCバルセロナのスタジアムを見学するため歩いて行くことに。 試合の日ではなく、スタジアム見学ツアーに参加するためだけに電車を乗り継いで地図を見ながら向かっていました。(当時はスマホアプリもお粗末だったので、地図は本を見ながら行ってました) 最寄り駅を出てしばらく歩き、スタジアムが500m先くらいに見えてきました。 見知らぬ人に声をかけられる スタジアムへ歩いていると突然(本当に突然でした)眼の前にアラブ系の男性が一人現れました。 彼は『写真を撮ってくれないか』と英語で言ってきたので 僕は快く「SURE!! 」と言い、撮影してあげることに。(このときは警戒心はなく、ひとり旅の醍醐味でもある現地の人との交流を楽しもうという感覚) 撮影してほしい背景はスタジアムではなく、すぐ近くにある墓地でした。 そこは特に気にも止めず、有名なのかな? と思う程度。 そして撮影した瞬間、警察官の格好をした男性が二人現れ、僕たちのもとにやって来て英語でこう言います。 『ここは撮影禁止の場所だから身分証をだせ』 僕は「え、sorry sorry, ok」と従うことに。 ニセ警察官による持ち物チェック 僕が撮影してあげた男性が先に警察官に持ち物チェックを受けました。 ネタバレを先に言うとこの警察官二人は警察官の格好をした偽物で、撮影してあげた男性もその仲間で「3人グループの犯罪者」でした。 スペインの警察官がどういった格好なのかわかっていなかったので普通に信じてしまった18歳の僕。 その男性はニセ警察官に結構カバンを漁られており、この時点で僕のテンションはだだ下がりで血の気引いていました😨 でもまだ、犯罪に遭っている意識はなく、強制帰国とか嫌だなぁ。。とか思ってました。 次は僕の番だそうです。 先にチェックを受けた男性はすでに解放されていました。 僕だけ人気のない所に連れて行かれる なぜか僕だけそのまま路地裏に連れて行かれ警察官の一人が僕のバックパックを漁り、もうひとりは僕のパスポートを見ながらめっちゃ話してきます。 連れて行かれて多分1分くらい(体感では10分くらい)のときに現地のオバサマがスペイン語で何か叫びました。 するとその警察官二人は逃げていき、僕のバックパックは地面に落ちていましたが気づいたときにはクレジットカード、銀行のキャッシュカードとその日持参した現金1万円くらい盗られていました。(残りの現金は一応ホテルに置いていました。金庫ではなくポーチの中に。これも普通に危ないです。) 地球の歩き方編集室 ダイヤモンド社 2019年03月08日 地球の歩き方を持っていってたのですが、ニセ警察官については普通に犯罪情報で本に載っていました笑 「地球の歩き方」の情報なんてどうせ。。と侮っていました。 3万円でやりくり このときの僕の全財産はたしか3万円くらいで、銀行のキャッシュカードなし、クレジットカードなし。 あと5日間観光しないといけないのに。。 呆然として半泣きの僕でしたが、特にだれも近寄ってくることはなく一人でスタジアムまで無意識に歩いていました。 とにかくクレジットカードを止めないといけないことはわかっていたので、どうやって国際電話したのかは覚えていませんが(多分ローミングで割高な通話料がかかったはず)、日本の親に電話をし、処理してもらうことに。(ちょっと泣いてたかも) 盗まれたクレジットカードで本来はユニフォームやお土産、スタジアム見学ツアーをしようと思っていたのにそれもできませんでした。 運良く試合のチケットはもともと購入してあったので試合は観戦できましたが、残りの5日間は3万円でやりくりする羽目になりました。 美術館に行ったり、ご飯を食べたりは普通にできましたが、バルセロナ見学ツアーできなかったのが悔しすぎる。 スペインでの犯罪から学んだこと 見知らぬ人を簡単に信用しないクレジットカードは予備を持っていくNoと言える勇気をもつ スペイン自体は日本に比べればスリに遭う確率などはかなり高いですが、治安は決して悪くはないと思います。(気おつけていれば) 小さい子供に、知らない人について行ってはいけませんよ、といいますが大人になっても海外では治安の良し悪しに関わらず初心を忘れずにするべきだと痛いほど学びました。 今回僕が犯罪に遭ったのは治安の問題ではなく、僕の不注意からくるものだと思います。 あとは理にかなっていないことは海外でも、言語が通じなくても「No」は「No」なんだということ。 相手を怒らせたくないからとりあえず従うことは絶対にやめたほうが良いです。 とまぁさんざんな初ひとり旅でしたが、事前に情報を仕入れ、準備をして海外にいけばひとり旅も怖くないので皆さんも海外へ行く際は「初心忘るべからず」です!

初めての海外ひとり旅 目的地はスペイン【1日目⓪】 ... 女子大生のひとり旅inポルトガル&スペイン

ひとり旅 海外 初めて スペイン

初めての海外旅行。あこがれのスペインへひとり旅で行くことを決意しました。9日間のコースを旅行会社のパンフレット風 ... 一人旅でいいところとそうでもないところ、個人的に思ったところまとめてみました。 ★一人旅のいいところ ・本当に自由きままに動ける。疲れたら休憩して、好きなだけ寝て、好きなタイミングでお店にはいって、好きなもの食べて、好きな店にいたいだけいれて、行きたいところに行ける。 ・一人だから誰にも気をつかう必要がなくて本当にラク。けんかもないし、いらいらすることもない。 ・現地の人や他の日本人と話す機会は数人での旅行より多い気がする。 ・手配など全部自分で調べて動くから達成感がある。 ・海外のアウェイ感の中で、一人で行動できるっていうちょっとした自信がつく。 ・一人だと、複数でいるときより気をつけるから、逆にスリとか危険な目に合いにくい気がした。 ・道も人も建物もよく観察することになるから、色んな発見ができて面白い。 ★微妙なところ ・しゃべり相手が常にいないので、若干さみしいときもある。 ・ごはんをシェアできないので品数が食べれない。人数いたらあれこれ頼めるのに。 ・自分の写真があんまりない。(今はセルカ棒があるから大丈夫かも、でも一人でセルカ棒も恥ずかしい) ・感動を誰かとその場で分かち合えない。すごくうれしいときとか美味しいときとか感動したときはあれこれ言いたいタイプだから、その場で感情を言葉で出せないのがちょっときつい。言ったところで独り言みたいになっちゃうし。 ・困ったとき、間違えた時、分からないとき、全部自分ひとりでどうにかしなきゃいけない。 初めてのひとり旅でしたが、私は一人旅が大好きになりました。 ひとりっていう不安は常につきまとうけど、それよりなにより自分の好奇心にしたがって、自由に自由に歩き回れて行動できるところ、本当に楽しかったです。 よくいう自分探し、みたいなのは別に全然ないけど、自分の性格は、よく分かったと思います。やっぱり、だれかと行動をずっとともにするときは、どんなに仲良くても気は遣うし、控えたり、合わせたりしちゃうから、だれに気をつかうこともないひとり旅は楽でした。絶対さみしくなると思っていたら、そこまでじゃなかったから、自分は意外と一人行動のほうが好きなタイプなのかなと思ったり。笑 まあそれはもちろん旅のとき限定ですが。笑 でも、これでこれからのひとり旅ライフの道が開けた気がします! これでもうひとり旅は怖くない!もう社会人になってしまって、一人で旅行する機会がそんなにあるのか謎ですが、休みがとれたときには、臆せず一人で出かけようと思います。 そして、スペインは本当に素敵な国で、大好きになったので絶対また行きたいです。2019/11/23追記:この2015年の旅の後、私は社会人になりましたが、海外でのひとり旅に抵抗がなくなり、気軽に行けるようになりました!今思っても、本当にこれがひとり旅のきっかけでした。カンボジア、アメリカ、グランドキャニオン、インドネシアと最近もぼちぼちひとり旅にでかけています。 帰国の日は朝はゆっくり準備して出発。 カタルーニャ広場から空港行バスがかなり頻繁に出てるので 時間もバスにあわせたりしなくてラクでした。 ターミナル1と2でバスが違うので、そこ間違えなければ問題なしです。 そしてこの旅で使ったお金を計算してみました。 ■往復航空券 9万3000円 ■ホテル・移動費 9万2000円 ■交通費・食費・入場料・おみやげ他 10万1000円 合計28万6000円 現地でユーロにかえた現金は6万5000円。(450ユーロくらい) カードをもっと使ったらもっと少なくてもよかったかなと思います。

ひとり旅で海外へ、初めてのスペインは一人でのんびりを満喫 – ぐちゃ... 質問!ITmedia - スペイン・フランスの海外初ひとり旅

ひとり旅 海外 初めて スペイン

ひとり旅で海外へ、初めてのスペイン・アンダルシア. スペインのこと知ってる身近に人って、そう多くないですよね。知らない人の印象は、あまりよくないような気がします。治安がね。だからひとり旅で行くって言ったら結構心配されるかも。 予算としては、30~35万くらいだったので、案外安く済みました! お土産はけっこう買ったし、服に1万くらい使ってるし、フラメンコやったり、コンサートみたりしたから結構使ったと思いきや予算におさまって良かったです。 ついにバルセロナ観光ラストの日。ついでにこの旅も遊べる最後の日。 はじまりは、サンジュセップ市場から。リセウ駅出てすぐ。 期待してたけど、期待してた以上によかった!土曜だからか、すごい活気にむんむんしてて、ところせましとフルーツ、チョコ、乾物、肉、パン、魚、お惣菜なんかが売られてて、見てても楽しかった! ここでは生ジュース飲んだり、イチゴたべたり。 あと、海老の串が最強に美味しかったので、本当におすすめします。 その場で素揚げしてくれるんですが、ぷりっぷりで感動。 おみやげに、母親から頼まれてたスペイン産いちぢくを大量購入。 日本ではトルコ産いちぢくが主流で、スペイン産はなかなかないんですよね。 スペイン産のほうが、トルコ産より実がやわらかくて美味しいと評判みたいで。 3つくらいのお店で買って、たしかにドライフルーツなんだけど、ぷよぷよしていて、トルコ産のとは明らかに違って美味しかった! 実も小ぶりで白っぽくて、もう品種が違うのかなと思ったり。 安くたくさん買えていい買い物でした。 その後はグエル邸に。 これもガウディの作った家だけど、他のガウディの建築とは違って、とてもシックでした。 茶色、のイメージ。 お昼はラス・キンザ・ニッツへ。 パエリアがどうしてもまた食べたくて、安くて美味しいと有名なここに行きました。 二人前からしか頼めないけど、まあいっかと思い、いかすみパエリアを注文! でかい鍋ででてきて、食べきれなかったけど、味はすっごく美味しかった!!! これが人生で初めてのいかすみでした。(後日、人体では消化されずにそのまま出てくる感じ、強いなと思いました笑) その後はカテドラルや王の広場、近くのショッピング街で買い物したり。 そしたら夕方に偶然、サルダーナの踊りを見ることができました! カタルーニャの民族の踊りらしく、土曜の夕方にしかやってないみたいだったから本当にいいタイミングで。 楽器のひとたちと、踊る人たち。 夜は、エルシャンパニェトというバルへ。 19時ですでに混みまくっていて店内人がぎゅうぎゅう。 なんとかカウンターについて、注文。 白ワインを炭酸でわったシャンパニェトが名物だそうで、それが最高に美味しかった! 一人もくもくと飲んでいたけど、隣にいたおじさんと仲良くなって話しました。 常連さんのようで、しかもシャンパニェトのボトルごと注文してるみたいで、私がシャンパニェト飲み終わったら、それを注いでくれました。笑 本当に感謝。笑 おじさんは、友達を待っているらしく、30分後くらいに続々友達が来店。 おじさんは、私を友達2人に紹介してくれて、なぜか挨拶して握手して。笑 不思議だったけど楽しい時間でした。 というかろくに英語話せないのによく会話なりたったな。笑 楽しく飲んで食べてお別れして、いよいよカタルーニャ音楽堂でのコンサート! 21時~だったので、20時半には会場について写真とってました。 中のホールも入口も本当に素敵だった。 日本には、ステージ自体にこんな装飾がされてるホールってないし、シンプルに作られてるから、ホール全体がごってごてに装飾されてるのは不思議な感覚だったけど、それが圧倒されるくらい綺麗でした。 天井なんかもう豪華すぎてくらくらする。素敵すぎる空間でした。 4ギターズという人たちのギターコンサートだったけど、それが普通のコンサートじゃなくて、ものすごくコミカル!!! コミカルなギターコンサートって想像つきますか?!笑 日本だとないな、と思いました。 私はクラシックとかピアノとか吹奏楽とかのコンサートに行っても気付いたらうとうとしてしまうタイプだけど、おもしろいから全然眠くならず、あっという間でした。 むしろ始まる前眠くてどうしようと思っていたけど、完全に目が覚めた。笑 スペイン語だけでなくてちゃんと英語でも話してくれるから、わかるし、スペイン語だけのとこもあったけどそんなの気にならないくらいに笑えて、楽しいコンサートでした。 あと、ド定番のショパンとかボレロとか、国はこんなに離れてるのに、みんなが知ってるってすごいなと単純に思いました。 世界中で人気の曲ってまあ文字では理解するけど、実際に海外で言葉は通じないのに、その場のみんなが同じ曲知ってるって状況を体験して、世界すごいなと感心しました。 コンサート終わって、23時前。結構遅い時間だから心配だったけど、地下鉄に乗ってちゃんと帰れました。 楽しい楽しい最後の夜でした・・・。

『初めての海外旅行なのに一人でスペインに行ってきた記録①。』バルセ... 初めての学生海外ひとり旅(その5. スペイン編) - みかんや日記

ひとり旅 海外 初めて スペイン

> 初めての海外、それも独り旅。 > かなり以前の旅でいらっしゃるのに初々しさと緊張感あふれる旅行記、 > 「そうだそうだ」「だろうなぁ」と、思わず引き込まれました。 > それにしてもスペイン語を学んでの旅はお見事!ですね。 > #2です。 コメントありがとうございました。 マドリードinで南下して・・・・というのは確かに周遊ルートとしては効率的ですが、マドリーは一番注意を要する街なので、大変じゃないかな?と思いました。 まあ、バルセロナも油断していいわけではないのですが。 それに、慣れてきて「なんだ割と大丈夫だ」と油断した頃が危ないのかもしれないし。 マドリードが危ないと言っても、スリ、置き引き、ひったくり、タクシーで多少ぼったくり等なので、あまり怪我したり死ぬようなことはないんですけどね。 (ひったくりのバイクに引きずられたとか、首絞め強盗に遭って怪我した方は過去にいらっしゃるかもしれません) 日程については他のご回答に同感です。 11日で5都市は不可能ではありませんが、あまりのんびりした感じではないです。 パリを入れるんだったら、1日か2日増やしたほうが良いのでは。 でも、私はストライキや遅延に遭ったことがないので考えが甘いかもしれません。 2週間程度の旅行でだいたい予定も決めておくならば、宿泊する宿だけでも日本から予約しておいて良いのでは?オスタルやペンシオンもネットやメールで予約できます。 言葉に関しては、観光的でない普段の面も見たいとのことだったのでお聞きしました。 外国人観光客が来る場所だったら一応英語で何とかなりますが、そういうエリアを外れると英語が通じにくくなります。 スペイン語はアルファベットですから、看板を判読したりはしやすいですが。 観光旅行はあまり言葉は要らないので、トラブルさえなければあまり言葉は要らないかもしれません。 ただし、空港や駅やバスターミナルでは日本語が通じませんから、何とか対応する必要があります。外国人が多いところだったら英語が通じる人がいるか、カタコトぐらいは英語を使ってくれると思いますが。

はじめての海外ひとり旅 España y Portugues Chiharu Hasegawaさん Compathy... ひとり旅のきっかけと変化 | Trouvaillog

ひとり旅 海外 初めて スペイン

Chiharu Hasegawaさんのカタール,スペイン,ポルトガルへの旅行記「はじめての海外ひとり旅 España y Portugues」です。ドーハ,マドリード,カタルーニャ,アンダルシア,リスボン,カスティーリャ・ラ・ マンチャへの旅が旅行記として、日記形式で記録されています。 どうも、みかんやです。 学生海外ひとり旅。 今回はスペイン編です。前回はイギリスでしたが、今回はスペインに行きます。 さよならイギリス ロンドンを後にし、ガトウィック空港からスペインに向かいます。 利用したのはブエリング航空。価格はなんと¥4,500ほど。 ヨーロッパ内の移動はこんなにも安いのですね。所要時間も3時間ほどで、拍子抜けしてしまいました。 ガトウィック空港はヒースロー空港に次いでイギリス2番目に利用者が多い空港で、市内中心部からは50㎞程離れています。 特急で移動すれば30分ほどなのですが、予算的に3分の1で済むバスで移動しました。 バスで¥1,500ほど、1.5時間ほど乗っていると空港に到着しました。 ヒースロー空港はなかなか広い空港で、お土産品もけっこう充実していたので、買い忘れたときは空港で買っていきましょう。 あと忘れてはいけないのがオイスターカードの返金。残高が残っているときは空港の奥のほうのカウンターで返金してもらえました。営業開始が遅めだったので要注意。 ヒースロー 9:45発 ↓ バルセロナ 12:45着 ブエリング航空は安い割には快適でした。飛行機の滑走路が遠く、バスで移動させられたりしましたが、、、 さらばイギリス。こんにちはスペイン。

ひとり旅 [Blue Label] スイス・インターナショナル・エアラインズ、エミレーツ航空 スペイン旅行・ツアー... ひとり旅 [Blue Label] | スイス・インターナショナル・エアラインズ、エミレーツ航空 | スペイン旅行・ツアー検索結果 | スペインまとめサイト

ひとり旅 海外 初めて スペイン

スペイン旅行・ツアーのお得な情報満載「スペインまとめサイト」ツアー検索ページです。既存のツアーをご希望通りにアレンジすること、旅行のオーダーメイドなど海外旅行に関することは何でもお任せください。 スペイン到着 バルセロナ空港に着きました。 今回スペインはバルセロナのみの滞在になります。 空港からはバスや地下鉄で市内へ移動できますが、今回は宿の関係で地下鉄で移動しました。 バルセロナ地下鉄 路線図 地下鉄は治安が悪いという話も聞くので、気を付けましょう。 今回宿泊したのはバルセロナ中心部もほど近い "Hola Hostal Eixampleオラ オスタル エイサンプル” http://www.booking.com/Share-s SVk LN こちらの宿には2泊しました。1泊¥1,500しなかったと思います。