• 記事: 29410
  • 質問に対する回答: 26593
  • コメント: 23612
  • 準備ができて答え: 26961

ハクビシン 性格

ハクビシンの生態・性格・行動の特徴!大きさや天敵は? タスクル 住宅街でよく見る動物はハクビシン?タヌキ?害獣は足跡で見分ける

ハクビシン 性格

ハクビシンの性格は凶暴だと思っていませんか? 確かに、ハクビシンの生態に関する情報を見ると、"凶暴で気性が荒い"と、書かれていることもあります。実は、臆病な性格の生態です。 ハクビシンは、自分よりもはるかに大きい人間を怖がります。 「最近近所で犬でもネコでもない謎の動物を見かけるけど、なんの動物なんだろう…」 「駐車場の周りでハクビシン?タヌキ?を見かけるけど、車に傷がつかないか心配だな…こんなときどうすればいいんだろう?」 みなさんこんにちは。害獣駆除専門家の木村です。 これを読んでいるあなたも、近所で見かけるハクビシンのようなタヌキのような、謎の動物に悩まされているのではないでしょうか? よくわからない動物が近くをウロウロしているのは何よりも「怖い」ですよね…。 帰り道襲われたり、大事な車やバイクに傷がつけられてしまう…と思うと不安でしょうがないと思います…! せめて何の動物か見分けがついたら…その不安もやわらぐのではないでしょうか? さらには、近所に野生の動物が住み着いていたときの対処法も分かればもっと安心ですよね。 他にもこの記事では、野生の動物と遭遇したとき気をつけることもご紹介。 この記事を読んで、野生動物が近所に住み着いている…!という不安がなくなり、毎日安心して生活できるようになればさいわいです。 それではまいります! よく住宅街で見かける・間違いやすい動物とは よく住宅街や町中で見かけ、大きさや見た目が似ていて間違われやすい動物は以下の4種類です。 ハクビシン アライグマ タヌキ アナグマ 「ハクビシン…?アナグマ…?あまりピンとこないかも…。」 あまり馴染みのない動物ですよね…! 名前だけ見ても姿が想像できない動物もいると思うので、まずはそれぞれの特徴から見ていきましょう。

ハクビシンの性格は? ハクビシンの生態と対策 ハクビシンはペットして飼育できる?病気、菌が危険で飼えない? | 雑学報知

ハクビシン 性格

ハクビシンの性格は? 近年住宅街などに出没し、家屋の屋根裏などを荒らす被害が多いことからハクビシンは気性が荒いと思われる人が多いと思います。 実際のところハクビシンは、どのよう... ハクビシン:鼻筋が白い・しっぽが長い 日本唯一のジャコウネコ科の哺乳類です。 白鼻芯(ハクビシン)という名前のとおり、鼻筋が白いのが特徴です。 一般的には外来種だと言われていますが、起源はよくわかっておらず、明治時代に毛皮をとるために中国から持ち込まれて野生化したという説があります。 ハクビシンの特徴 全長:90~110cm 体重:3~4kg 他の動物と比べてしっぽが長い。 ネコより一回り大きいぐらいのサイズ。 ハクビシンの行動 雑食(昆虫、鳥の卵、果実を好む)で、基本夜行性(昼間行動することもある) 木登りが得意なため、電線の上も器用に歩く。 複数のねぐらをもち、転々としながら生活している。 繁殖時には定住するが、時期は不明。 ためフンの習性があるため、一箇所にフンを溜め続ける。 アライグマ:ヒゲが白い・しっぽがシマシマ アライグマ科の哺乳類であるアライグマ。 前足を水中に入れて魚やザリガニを取る姿が、手を洗っているように見えたことから、この名前がつきました。 北アメリカから持ち込まれ、逃げ出した個体が野生化・繁殖し現在にいたります。 アライグマの特徴 全長:70~90cm 体重:3~10kg ヒゲと耳のフチが白く(タヌキは黒)、鼻筋が黒い(ハクビシンは白) しっぽはシマシマ模様。 タヌキ、ニホンアナグマより大きい。 アライグマの行動 雑食だが好みはある。春はタンパク質(カエルやネズミ)、秋は果実や脂肪分(とうもろこし、山ぶどう)を食べる。 複数のメスが水場に定住し、それを1頭のオスが囲う一夫多妻制。 夜行性でため糞の習性がある。 タヌキ:手足・しっぽの先が黒い イヌ科の哺乳類です。 日本在来種で、昔から日本に生息しています。 昔話やアニメなどでもよく登場するように、日本人には馴染み深い動物です。 北海道に生息しているエゾタヌキ、本州に生息しているホンドタヌキが’います。 タヌキの特徴 全長:50~70cm 体重:3~10kg しっぽの先が黒く、アライグマと比べると長さは短め。 目の周りの模様はつながっていない(アライグマはつながっている) タヌキの行動 雑食でネズミや鳥、卵、カエルや魚など色々なものを食べる。 ロードキルにより死んでしまう個体が多い(臆病な性格で、車や自転車のライトにおどろいて足がすくんでしまうため) ねぐらのこだわりはなく、家の床下や排水溝、他の動物が使っていたねぐらに家族で住み着く。 夜行性でため糞の習性あり。 アナグマ:目のまわりの模様が黒い 名前に「クマ」とついていますが、イタチ科の哺乳類です。 日本在来種で、昔からタヌキと間違われやすい動物です。 アナグマの特徴 全長:50~80cm 体重:5~13kg ずんぐりした体型で、目のまわりの模様が特徴的。 長い爪を使って穴を堀るのが得意。 アナグマの行動 ミミズや幼虫、クモやダンゴムシなどの土壌生物を好むが、雑食のため何でも食べる。 本来里山や森林に住む動物だが、近年都市部でも発見されている。 家族で行動し、複数の巣穴を掘って生活する。 基本夜行性で、タヌキとだいたい同じ行動をとる。 ハクビシン、アライグマ、タヌキ、アナグマの見た目と足跡を比較! 「タヌキのような動物を見かけるけど、本当はアライグマ?ハクビシン?」 「似ているからよくわからない…。」 という声をよくいただきます。 写真を並べて比べるとなんとなく分かりますが、実際一瞬見ただけでは分からないですよね…。 そんなときは足跡も見て、どの動物か見分けましょう。 ハクビシン 足跡:5本指 犬みたいな足跡。 木登りが得意なので、電柱に足跡が残ることも。 アライグマ 足跡:5本指 人間の赤ちゃんの手形のような足跡。 爪痕が一緒に残ることも。 タヌキ 足跡:4本指(実際は5本指) 犬のような足跡。 木登りはあまり得意ではないので、地面に残る。 アナグマ 足跡:5本指 ふっくらとした肉球の足跡。 穴掘りが得意なので、地面に残る。 いかがでしょうか? 「最近近所に謎の動物を見かける…!」という方は、このように残された足跡から何の動物か見当をつける方法もあるんです。 正体がわかれば不安も少しは解消されるのではないでしょうか。 次は、もし野生の動物と出会ってしまったときどんな行動・対処をとればいいかご紹介していきます。 野生の動物と出会ったときの3つのルール 「なんだ、意外とタヌキってかわいいじゃん!触ってみたいかも!」 「今度近寄ってきたらエサあげてみようかな?」 ちょっと待ってください! タヌキやハクビシンに限らず、野生の動物に対してむやみに近づいて触ったり、エサをあげることは危険なので絶対にしてはいけません。 野生の動物と出会ったら、以下の3つのルールを守るようにしましょう。 近づかない・触らない エサをあげない 許可なしに飼育しない それぞれ理由を説明していきます。 ルール1. 近づかない・触らない タヌキなど見た目はかわいいですが、歯や爪はとても鋭いため、噛まれたり引っかかれたりする原因になります。 そこから病原菌やダニ、ノミの被害を受けてしまうかもしれません。 ペットと違い、野生の動物は人間に慣れていないので、決して興味本位で近づいたり触ったりしないようにしましょう。 ルール2. エサをあげない 人間からエサをもらうと、動物は賢いのでその味を覚えます。 そうすると再び食べたくなり、人間=エサを持っていると認識し、人間を襲う可能性があります。 過去にも、静岡県で住民が野生のサルに襲われて怪我をするという被害もありました。 (参考:日本経済新聞 静岡で連続サル被害、50人以上かまれる なぜ攻撃?) また生態系がくずれることも考えられます。 本来、体が弱くて自然に死んでしまうはずだった個体も生き残り、かえって捕食される側の昆虫やカエル、魚などの数が減ってしまうなんてことに…! 人間を襲うようになる 生態系がくずれる この2点から、どんなにかわいくても野生の動物にはエサはあげないようにしましょう。 そもそも「野生動物への餌付け」は条例で禁止されている地域もありますので、違反しないよう気をつけましょうね。 ルール3. 許可なしに飼育しない 自治体や国の許可なく野生動物飼育すると、鳥獣保護管理法・外来生物法に違反してしまいます。 なかなか野生の動物を飼育したいと思う方はいないかもしれませんが…。 ちなみにこの法律はアライグマやタヌキなどの動物だけでなく、カラスやハトなどの鳥類も当てはまります。 野生の動物は警戒心が強いので、飼育しようと思ってもかなり難しいです。 ただ赤ちゃんは警戒心が薄いので近寄ってくることもあり、とくにタヌキの赤ちゃんは人に懐きやすいです。 それでも家に持ち帰って飼育は絶対NGですよ! 法律違反はもちろん、ダニやノミの被害も考えられます。 また大人になると気性が荒くなるので、飼い主相手にも噛み付くようになることも。 かなりのリスクがあるので注意しましょうね。 もし野生動物を見つけたら:自治体に相談 「じゃあ見つけたときは一体どうすればいいの…?」 ただ見かけただけなら、一定の距離を置いてそっと見守りましょう。 タヌキやアナグマはもともと里山や森林で生活していましたが、エサ不足で都市部の住宅街でもよく目撃されるようになりました。 動物たちも生きるために必死なので、とくに被害がなければ遠くから見守るだけでOKです。 ですが以下のようなときは、自治体や環境局に連絡しましょうね。 車通りの激しい危険な場所に住み着いている コンクリートブロックやテトラポットのすき間に挟まり、出れなくなっている 庭や駐車場にあらわれる 畑やゴミ捨て場が荒らされている(そのせいでカラスが寄ってくるなどの二次被害もある) 自治体によって担当の課は違います。 安全課 生活衛生課 環境対策課 「駐車場でタヌキのような動物を見かけるんですが…。」 「近所で野良猫ではない動物が生ゴミを漁っていたのですが…。」 このようになんの動物なのか曖昧でも、まずは電話などで相談してみましょう。 知らない間に家に侵入しているかも…動物たちのサインを見逃さない! 「近所で見かける」「庭が荒らされている」ということは、近くにねぐらがあるということ。 つまり、すでにあなたの家にも住み着いている、もしくはこれから住み着かれる可能性があるんです…! 動物たちが家に住み着くと必ずサインを残します。 動物たちが残す「住み着いてますよサイン」を3つご紹介するので、一緒に確認してみましょう。 サイン1:屋根裏や天井から足音が聞こえる 野生の動物が家に住み着くパターンとして、以下の2つがあります。 ねぐらや出産場所として侵入し、定住する。 エサ場を求めて不定期に侵入する。 そもそも家の中に住み着く理由ですが、それは動物たちにとって安全安心の場所だから。 エサも豊富にあり、天敵であるオオワシやミミズクもいない安全な場所…まさに天国! 住み着くサインとしては、屋根裏や床下から激しい鳴き声や足音が響いてきます。 ネズミは軽い足音ですが、アライグマやハクビシンのような中型の動物になると、かなりドタバタうるさいです。 またアライグマ、タヌキ、アナグマは春〜夏にかけて出産を迎えます。 (ハクビシンの出産時期は不明です) 普段はねぐらを点々としていますが、出産がひかえるとその場所に定住してしまいます。 できれば定住される前になんとか追い出しましょう。 すぐできる対策としては、天井を長い棒でつついておどかしたり、忌避剤をまくなどがあります。 サイン2:動物のくさいニオイがする 住み着かれると、思わず「ウッ」と顔をしかめたくなるような、獣くさいニオイ、フン尿のニオイがしてきます。 ためフンの習性をもつ動物が多いので、屋根裏のスミにフン尿が溜まりニオイがしてくるんです。 フン尿まみれのくさい空間で生活なんて絶対イヤですよね…! ゾッとします…! そのまま放置するとダニやウジ虫がわいたり、衛生的にもよくないのでキレイに掃除しましょう。 その際は必ずマスクやゴム手袋を装着してしましょうね。 ちなみに私たちみんなの害獣駆除屋さんでは、清掃のみのご依頼も承っております! そもそも屋根裏に上るのもハードですし、フン尿の掃除は慣れていない方だとかなり精神的苦痛を感じると思います…。 少しでも厳しいと感じた方はぜひお気軽にご相談くださいね。 サイン3:食べ物が漁られている 動物によく漁られる食べ物は以下になります。 生ゴミ 畑の野菜や果物 台所にそのままおいておいたご飯 お仏壇のお供え物のお菓子 ペットフード それぞれ好みはあるものの、雑食なので基本的になんでも食べます。 知らぬ間に畑の果物が減っていたり、お供え物のお菓子がかじられていたら、住み着かれている可能性が高いです! 住み着かれていなくても、「行けばいつもエサがある」=「お気に入りのエサ場」になっているかもしれません。 すぐできる対策としては以下の3つです。 生ゴミはフタのついたゴミ箱入れ、決められた曜日・時間に出す。 おかずやご飯、お菓子は放置せず冷蔵庫にしまう。 ペットフードは食べ切れる分だけ出し、残したときは放置せずすぐ捨てる。 家の中は常にきれいな環境を保ちましょうね! もし住み着かれたら早めの対策を!侵入口をふさぐ 「忌避剤を置いたり、エサになりそうなものを片付けてもそれでもやってくる…。」 「出て行ったと思ったけど、気づいたらまた戻って来てる…!」 そんなときは再び侵入できないように、侵入口をふさぎましょう。 行動パターンをつかんで侵入口をふさぐ! アライグマやハクビシンなどは、基本夜行性ですが朝・昼行動することも。 人間と同じように動物たちも生き物ですから、個体により生活リズムは違います。 休憩やエサを求めて屋根裏に来て、朝に別のねぐらに戻っていくパターンや、明るい内にエサをとりに家の中に出没することも…。 これはどの時間帯に足音がするか、いつ食べ物が漁られるかでパターンがつかめると思います。 具体的な侵入口はというと、以下のようなところです。 軒下 屋根の隙間 床下 通気口 アライグマやハクビシンは木登りが得意なため、枝や電線を伝いスルッと屋根の隙間から侵入します。 とくにハクビシンは、たった直径9cmの円形のすき間からでも侵入できてしまうほど。 (参考:農研機構 ハクビシンは狭い隙間から侵入できる) 直径9cmというと、円形のコルクのコースターぐらいの大きさです。なかなか侮れません…! このような侵入口をふさぐ方法としては、金タワシをすき間につめたり、目の細かい頑丈な網(パンチングメタルなど)を使います。 害獣がいたままふさいでしまうと中で餓死してしまうので、家から出ていったタイミングでふさぎましょう。 「家のすき間なんてたくさんあるから、全部塞いでたらキリがないよ…!」 「手っ取り早く追い出してほしい!」 そんな方はぜひ私たちみんなの害獣駆除屋さんにご相談ください。 害獣駆除のプロが現地調査をし、害獣の正体や侵入口の特定をいたします。 「できれば最後まで自分の力で害獣を駆除したい…!」という方は次で解説する箱罠を仕掛けてみましょう。 侵入口をふさいでもやってくる…箱罠をしかける 「対策しても侵入口をふさいでも、それでもやってくる…!」そんなときは箱罠を仕掛けます。 <箱罠を仕掛ける手順> 自治体に相談し、許可をとる。 鳥獣保護管理法のもと、狩猟免許がない場合、自治体に相談して許可をとってから捕獲になります。 市役所の担当窓口で、有害鳥獣捕獲許可申請書の記入をしましょう。 自分で罠を用意or自治体から借りる。 自治体によっては貸し出ししているところも。 貸し出ししていないようなら、自分で購入して設置します。 値段はサイズや機能によってかわりますが、安いものでも5000円〜1万円ほど。 罠を仕掛けて待つ。 罠を仕掛けたら動物がかかるまで待ちましょう。 動物によってエサの好みはさまざまです。 お菓子やスルメでおびき寄せたこともありますので、色々変えて試してみましょう。 かかったら自治体の条例に基づき処分・後処理する。 捕獲後はすみやかに処分しましょう。 動物の殺処分方法に関する指針により、なるべく苦痛を与えない方法で、安楽死処理をします。 (参考:環境省 動物の殺処分方法に関する指針) 安楽死の方法として、炭酸ガスや麻酔を打ったのち焼却するなどがあります。 あくまで一例なので、捕獲の申請をする際に確認しましょうね。 報告書を記入し、捕獲の報告をする。 捕獲後は報告書を提出します。 自治体により期限が定められているので、注意しましょう。 一刻も早く何とかしたい!そんなあなたは業者へ相談 「一刻も早く何とかしたい…自治体に相談するヒマなんてないよ…(泣)」 「自分で動物を処分するのはちょっと…。」 そんなときはぜひ、私たちみんなの害獣駆除屋さんにご相談ください。 面倒な自治体への許可も代行いたします。 害獣駆除のプロが、害獣・侵入口の特定、捕獲・追い出し、清掃、再侵入防止策まで徹底的に行います。 またフン尿の清掃のみなど、ご予算に合わせて施工をお選びいただくこともできますよ! 「いくら庭を荒らしていたといえど、死なせるのはかわいそう…。」 被害の状況により駆除の方法もかわりますので、ご要望があればぜひご相談ください。 受付は年中無休で早朝7:00~深夜24:00まで、お電話にて。 メールフォームは24時間受け付けておりますので、お気軽にご相談くださいね。 まとめ ここまで読んでいただき、ありがとうございます。 この記事の内容を以下の3つにまとめました。 野生動物は見た目と足跡で見分ける。 動物に出会ったときは近づかない・触らない・エサをあげない・飼育しない。 害獣が住み着いているサインは足音、ニオイ、食い荒らし。 この記事を読んで、近所をうろついている野生動物に対する不安がやわらいで、安心した毎日を送れるよう祈っております。 「天井から動物の足音がするし、家の中に住み着いているのかも…。」 「どんな動物が住み着いているのか調査だけでもしてほしい!」 そんな方はぜひみんなの害獣駆除屋さんにお気軽にご相談ください。 あなたの安心した暮らしを取り戻すため、お力になるとお約束します! 害獣駆除専門家の木村でした。

ハクビシンの性格・生態|危険な動物というのは本当?|アライグマ・...

ハクビシン 性格

ハクビシンの性格・生態|危険な動物というのは本当?|東証上場会社運営!屋根裏害獣のアライグマ・イタチ・ハクビシンの駆除撃退を13,000円からご依頼いただけます! ホーム生活 日本に唯一生息するジャコウネコ科、ハクビシンという動物をご存知ですか?名前だけは知っている、猫のようなタヌキのような、イタチのような……どんな動物だったっけ?と思われるのも無理はないのですが瞳がクリリとしていて意外や愛嬌のある動物です。このハクビシン、国内に置いて捕獲報告が年々増えており、人の目に触れることも多くなっています。中にはペットとして飼いたい!と思われる方もいらっしゃるようですが、簡単に飼える動物ではないため一緒にハクビシンについて各々確認いたしましょう。ネコ目ジャコウネコ科、ハクビシン白鼻芯とも白鼻心とも書き、その名の通り鼻の上から白いおでこにかけて白いライン状の毛並みがあるのがチャームポイントです。クリリとした瞳に、ずんぐりな身体で、ぶさ可愛いともいえる動物です。夜行性であり、昼間は巣穴に篭ってじっとしていますが夜活発的に行動するので人間が共に暮らそうと思ったら人間の生活サイクルを脅かされる可能性があります。木登りが得意であり、高いところを好み用を足すので、タンスの中や本棚の上などで糞をされてしまうことも想定しましょう。食性は雑食で、木の実や果物野菜ほか昆虫やネズミカエルや小鳥などもえり好みせず食べる性質を持ち、そのため人間の農作物への被害も出ています。明治以降に国外から持ち込まれた外来種と推測されますが、その実がどうであるかはわかっていません。日本ではハクビシンの天敵らしい天敵がいないため繁殖し続けたことによる生態系の破壊ほか、家屋の破壊や糞尿被害などにより害獣としてみなさており、鳥獣保護法による駆除が認められています。鳥獣保護法とハクビシン鳥獣保護法によりいずれかの制約を受けている動物は野生種をかってに保護し育てることはできません。本来ハクビシンを飼うのに特別な飼育許可が定められている訳ではありませんが、保護した場合は役所への申請を経て「生涯飼養許可」を得なくてはいけません。この申請は許可を得ることが難しく殆どが放獣もしくは処分するように言い渡されますので、そこいらのを捕まえて勝手に育てることはできません。一般のペットショップなどでの入手が主になりますが、害獣指定を受け繁殖力が旺盛な動物を好んで仕入れるペットショップは少ないため事前にお問い合わせすることになります。広くポピュラーなペットの種でない場合相当の値段が発生しうる可能性があり、発見できた例では26万の値で家族の一員に迎えたとの報告がありました。 ハクビシンの怖い噂ハクビシンといって感染症のSARSを思い出す方もいらっしゃるかと思います。確かにハクビシンはその経緯は不明確ではあるものの外来種であり、一時期感染媒体として寄生されていると報道されたことがあります。この報道が間違いであると否定することはできません、可能性としてハクビシンが媒体であることもありえます。が、一概にハクビシンだけが感染源であると断定できたわけではありません。血統の卑しくない、それこそペットショップ産のワクチンも検疫も済んだ種であれば飼い主の努力で清潔な固体であることを保つことができます。ハクビシンを飼う上で真に危惧しなくてはいけないのは、ハクビシンがいざ病気になった時、偏見を持たず接してくれるお医者様がいらっしゃるかどうかなので、飼うつもりがある方は事前にご近所のまわりの獣医さんを確認してみましょう。人には懐きづらく、凶暴?ハクビシンの性格は野生のため凶暴であり攻撃性が強いと、いわれています。成獣となった野生動物であればその帰来はすべての動物に存在するもので、一概にハクビシンが特別攻撃的だといえる材料はそろっていません。動物はどの種であっても小さな幼獣のころから育てると比較的懐きやすくなるといわれ、ハクビシンはその可能性がグンっと高い動物として知られています。ほかの鳥獣保護下にある動物よりもペットとして飼われている十世紀が多いのはそういった面が強いためではないかと推測されます。夜行性であったり、程度の飼い辛さや生き物を飼い続ける上の覚悟は十分に必要ですし、可愛いだけで寄り添って飼える様な犬猫とは大違いの動物であることは説明したとおりです。それでもハクビシンに興味をお持ちになり接してみたいと思われたなら、まずはご近所のペットショップを訪ねてみるのもよいかもしれませんね。

5分でわかるハクビシン!生態と性格、屋根裏にすみついた時の対策など...

ハクビシン 性格

愛嬌のある顔立ちと、頭から鼻にかけてすーっと白い線が入っているのが特徴のハクビシン。近年は東京など都市部でも目撃されるようになりました。この記事では、そんな彼らの生態や性格、歴史、被害にあった時の対策などを解説していきます。あわせておすすめの関連本も紹介するので ...

ハクビシンの生態と性格は?野生で見られる日本の生息地はどこ? 生...

ハクビシン 性格

ハクビシンの生態や性格、野生の個体の生息地について解説していきます。 ハクビシンの生態 ハクビシンは哺乳綱食肉目ジャコウネコ科の動物です。ハクビシンは感じで書くと白鼻芯と書く、その名の通り頭から鼻筋にかけて白いラインが入っています。

実は猫の仲間?ハクビシン生態と特徴から、保護方法や被害対策まで ...

ハクビシン 性格

ハクビシンは アライグマ のように凶暴性が高い生き物ではありません。 どちらかというと臆病で大人しい、犬猫のような性格と言っても良い生き物です。 だからと言ってペットにできるのか?というと少し難しいものがあります。