• 記事: 26577
  • 質問に対する回答: 19245
  • コメント: 24056
  • 準備ができて答え: 16126

オーロンゲ ビルド

オーロンゲ育成論 :... 【剣盾S3-使用構築】オノノクス強襲積みリレー ※QR追加【最終日最高65位、最終278位】 - 菜原のポケモン記録

オーロンゲ ビルド

【ポケモン剣盾】『オーロンゲ』の育成論・調整。特性『いたずらごころ』、技『ソウルクラッシュ』『ビルドアップ』『ほのおのパンチ』『みがわり』を採用。オーロンゲのおすすめの技構成や、努力値調整などを詳しく考察しています。 菜原です。今回はS3で使用した構築の紹介となります。S3は珠オノノクスを軸にし、シーズン序盤から納得のいく構築の軸が組めて、最終日までは15~18日を除いて二ケタ順位を維持するというかつてないほど調子の良いシーズンでしたが、よりにもよって最終日に凄まじい下振れが発生し順位を大きく溶かしてしまいました。とはいえ、何とか最高順位は更新しましたが微妙な順位になってしまいました。来月からシリーズも変わるということでこの構築が通用するのかは知りませんが、公開したいと思います。 が環境に対して通りがいいうえに、非常に強いと感じていた。 というのも、現環境では珠持ちのトゲキッスやギャラドスといった汎用的且つ高い突破力を持つアタッカーが大量増殖しており、その対策としてミミッキュのトリックルームで切り返す動きがテンプレと化していた。そのため、積み構築を使う上で単純な突破力だけでなく、トリルミミッキュへの解答も必要だと感じていたためである。 また、オノノクスは特性型破りによってミミッキュを化けの皮ごと粉砕できるのは勿論、命の珠を持たせることによって、竜の舞を1回積めばアーマーガアを除いた環境のポケモンでは止めることが困難だということが分かり軸に決定した。 まずは、起点作成要員の選定に入った。起点作成はいつも通りHB:ドリュウズのアイアンヘッド耐えHD:ギルガルドのラスターカノン&壁込みかげうち耐え技構成:ソウルクラッシュ/ちょうはつ/リフレクター/ひかりのかべ 壁貼り要員として採用。色違いはレイドに参加させてもらった時に捕まえたもの。安定性は随一でオノノクスとの相性がいいので絶対に必要なメンバーであるのは事実なのだが、こいつがいるだけで壁構築だと一瞬でばれるのが弱く、瓦割持ちやコートチェンジ持ちなど露骨なメタに遭遇すると何とも言えない気持ちになる。とはいえ、それだけ警戒されるくらいには壁貼りとして必要な性能を持っているポケモンだと言える。 両壁以外の2枠は展開阻止のちょうはつは確定として、本当はイカサマを持たせた方が強いと思っているのだが、オーロンゲ対面を身代わりを貼るサザンドラがいたのでソウルクラッシュを持たせてました。ただ、裏にニンフィアを置けば改善できた問題ではあるのでイカサマにしても良かったかも。(オーロンゲとニンフィアはシナジーが悪いので同時選出しにくい問題はある) 性格:ようき特性:まけんき実数値(努力値):141(4)-177(252)-120(0)-ASぶっぱ残りH技構成:ふいうち/がんせきふうじ/ちょうはつ/ステルスロック 「あばれんぼうのキリキザン」。ギルガルドに強いステロ撒きとして採用。ガルド側はキザン対面キングシールドを押せるわけもないし、初手から不意打ちが普通に通る。タスキ弱保の場合は基本不意打ち連打。残飯の場合はじゃんけんをする。(残飯の場合は裏にオノノクスかロトムがいればそれほど問題ない)ステロ撒きとしても、そこそこの起点回避能力を持たせたうえで、ステロを撒くだけなら仕事はしてくれるので良かったと思う。ただ、現在のキリキザンは襷メタバ型が主流なせいで、初手からトゲキッスやドリュウズが運ゲーを仕掛けてくるので、負けん気より精神力の方が絶対良かったと思うのだが変える勇気はありませんでした。しかし、今の環境は上振れ運ゲーを仕掛けられるポケモンが多すぎることに辟易してるところはあります() 性格:ようき特性:かたやぶり実数値(努力値):151(0)-199(252)-110(0)-ASぶっぱ残りD技構成:げきりん/じしん/アイアンテール/りゅうのまい構築の大エース。数多の3タテ劇場を演じてきた。あまりに強かったので自力で色違い個体を孵化してきました。珠オノノクス最大の強みは火力が環境のポケモンに対して絶妙に届いていること。以下にダメ計を載せる。 ダイスチル H4ダイマミミッキュ 96.9~115.0% 1ダイスチル H4ダイマトゲキッス 102.4~121.4% 1じしん HB252ウォッシュロトム 107.6~127.3% 1ダイアース B4ダイマドリュウズ 126.4~148.9% 1ダイドラグーン B252カビゴン 111.0~131.0% 1ダイドラグーン HB252カバルドン 76.7~90.6% 1ダイドラグーン HB252ブラッキー 85.6~100.9% 1ダイスチル HB252クレベース 72.2~86.1%(ステロ込みで高乱1) 以上のようにカバルドンやブラッキー、クレベースは起点作成段階で多少削りを入れるかステロを組み込めば突破することが出来、アーマーガアもしくはナットレイがいない構築には舞われたオノノクスを突破するのは困難であると言える。 上記に加え、タイプ一致ダイドラグーンでの殴り合いの強さや型破りでミミッキュのトリックルームに切り返しを依存している構築は粉砕することが出来るのがとても優秀。如何にこのポケモンで舞う隙を作るかということを念頭にゲームを組み立てていった。 性格:ようき特性:ミラーアーマー実数値(努力値):195(172)-117(76)-126(4)-弱保発動後のダイジェットで無振りサザンドラ確一技構成:(最終日前)ブレイブバード/ビルドアップ/ちょうはつ/はねやすめ いつものアーマーガアミラー意識のアーマーガア。最初は鋭い嘴を持たせたAS振りをしていましたが、ブラッキーのイカサマ連打に負けたのが癪だったので弱保型にしました。ステロがまかれたときの弱点を喰らった際の制圧力はすさまじかったです。また、アーマーガアや大会で使用したビルドオーロンゲみたいな自身の耐久も上げる積みエースは相手のメタモンへの解答にもなります。ただ、最終日はギルガルドでこいつを見ようとしているプレイヤーが余りにも多く、タラプのみの方が明らかに良かったと思います。個体持ってなかったので流石に最終日の深夜に作る気は起きませんでしたが。。。 (追記)書き忘れてましたが、こいつがいると相手のロトムの選出&後投げを誘導できるのでオノノクスの竜舞する隙が作りやすいです。 性格:ひかえめ特性:ふゆう実数値(努力値):143(140)-C:11n S: 1で120族抜きH:余り技構成:10まんボルト/エアスラッシュ/あくのはどう/わるだくみ 中居君。CS振りだとあまりにも耐久が足りないのでお気持ち程度に耐久に振っています。タイプ一致で電気技を撃てダイジェットも撃てるのは単純に強い。基本的にはロトムだけを通すより、相手のアーマーガアにあと投げして悪だくみを撃って崩したり相手のダイマを誘発させたりするのが強かったと思う。ラムのみを持たせることであくびを持ってそうなポケモンにも強気に攻めることが出来ましたが、打ち合い性能を上げるために鋭い嘴を持たせた方が強かったと思います。 構築全体でナットレイが重かったのですが、ナットレイはちょうはつを与えた状況でこいつで起点にしていました。(アーマーガアでも見れなくないです) 性格:ずぶとい特性:フェアリースキン実数値(努力値):195(196)-H:16n 3(たべのこし4回で身代わりがはれる)D: C特化ロトムのボルトチェンジを身代わりが高乱数耐えS:同族に対して後攻バトンできるように1下げ⇒化石組の攻撃耐える可能性のあるHBぶっぱで良かった感ある技構成:ハイパーボイス/あくび/みがわり/バトンタッチ 身代わりバトン型のニンフィア。構築全体ですり抜けドラパルトが面倒なのと、突破力の高い積みエースが多いのでそれを補助するために採用している。基本的にはキリキザン⇒ニンフィア⇒積みエースの順で出すことがほとんどだが、時々裏にスカーフ流星群を撃ってきそうなサザンやドラパルトの引き先であったり、積みエース2 ニンフィアの選出も出来、構築に柔軟性が出せたと考えている。 ステロを撒いて出した場合は相手にダイマックスを強要させたり、寝かせる選択をさせられるので、それに合わせて身代わりやバトンタッチをうまく選択できるととても気持ちよくなれるが、当然うまく行かないことも多く強いが難しいポケモンだった。 相手のラムを持ってそうなポケモンに欠伸が入った時は、身代わりを選択することでリスクを抑えることができる。 ①軸の決定 壁軸リレー or ステロ軸 or ニンフィア込みの積みサイクルの選択(稀) ②積みエースの選択 1体を通すか2体選出か(壁の時は大体2体選出)(相手の積みエースを止められるポケモンを見て決定する) ③(1体選出の場合) ステロ 欠伸、ステロ+壁、壁+ニンフィアから選択しかし、実際にはほとんどステロ欠伸になる。それはオーロンゲ自体が単体としての攻撃性能がないためである。以前のUSUMの構築ではステロ撒きエアームドから壁貼りジャローダに繋げることは、ジャローダに攻撃性能があるため可能ではあったが。 1位オノノクス2位キリキザン3位アーマーガア4位ニンフィア5位オーロンゲ6位ロトム 最終日の最高順位 最終日最高順位65位 最終278位 (最高順位は12日の9位) 今期は序盤から納得のいく構築組めて、中盤に少し溶かした時期があったものの2月中は長期に渡り二けた順位を維持することが出来ただけに、最終順位が何とも言えないところまで落ちてしまったのが残念です。とはいえ、最終日の運負けが連続してた時間帯にヘラってプレイングが適当になってしまってたことや、パッチラゴン、ジュラルドン入りへの解答があやふやになっていたのは事実なので反省点をしっかり活かしていこうと思います。 来月からシリーズが変わり、ついに待ち望んでいた巨大オーロンゲが解禁されるので楽しみです。キッスが多すぎて活躍できるのか不安ですが…

オーロンゲ -... 悪統一ランクマッチデータベース verシーズン4 - 悪統一データベース

オーロンゲ ビルド

オーロンゲ自体の火力は高くなく、自主退場技も持たないため、その間に積んで壁の上から潰せる火力を持たせても良い。 ・ ストリンダー 電磁波無効、高火力音技、一致毒技。 ポケモン剣盾にて初登場した『オーロンゲ』は「あく・フェアリー」という優秀なタイプに「いたずらごころ」という凶悪なとくせいを持ったポケモンです。 今回は「オーロンゲは強すぎて対策必須!」という内容のスレッドをまとめました。 【悲報】新ポケモンのオーロンゲが強すぎると話題にwwwwこれ対策必須だろ…

【ポケモン剣盾】オーロンゲの育成論と対策 アタッカーもこなせる補助役!【ポケモンソードシールド】 -... 【悲報】新ポケモンの『オーロンゲ』が強すぎると話題に 特性「いたずらごころ」+ 優秀なタイプなので対策必須・・・!

オーロンゲ ビルド

先制ビルドアップが強力. 特性「いたずらごころ」でビルドアップを先制で撃ち、火力と耐久力を上げる型。オーロンゲは元々攻撃が高いため、 一度積むだけでも非常に強力なアタッカーとなる 。4倍弱点を持たないので、そうそう簡単に突破されることも ...

【ポケモン剣盾】オーロンゲ⑤種の型紹介!①壁張り②ビルドレイン③尻尾... 【悲報】新ポケモンの『オーロンゲ』が強すぎると話題に 特性「いたずらごころ」+ 優秀なタイプなので対策必須・・・!

オーロンゲ ビルド

オーロンゲは、「みがわり」「でんじは」「ひかりのかべ」「リフレクター」「ビルドアップ」など様々な変化技を覚えるため、かなり器用に立ち回ることが出来る。

【オーロンゲ育成論】ビルドアップ採用の攻撃型のオーロンゲ!対策と... ポケモン 剣・盾【ユルふわ勢が考えた育成論その1】オーロンゲ※雑記が多いです:Drアシューのブロマガ - ブロマガ

オーロンゲ ビルド

今回は、ビルドアップを採用した攻撃型のオーロンゲについて解説していきます。オーロンゲは「ひかりのかべ」「リフレクター」で後続のためにサポート役として選出さレることが多いですが、今回は認識の裏をつく、攻撃型オーロンゲです。