• 記事: 17873
  • 質問に対する回答: 25012
  • コメント: 17546
  • 準備ができて答え: 28919

コナン 若狭

若狭留美(若狭先生)の特徴 名探偵コナン 考察 若狭は赤井を信用していない? - 葉山の名探偵コナン考察ノート

コナン 若狭

若狭先生の行動を見るとコナンのことをずっと観察しているようで、どうやら副担任としてやって来た経緯には裏がある様子。 (転入生が多い⇒B組を任されると計算した可能性もなきにしもあらず)一方で、コナンは一旦は違和感を持つも、大して気に ... 赤井は母メアリーの若返りに気付いている状態です。 またこの情報が弟の秀𠮷経由ではないことも明らかにされています。 そこで浮上する情報源がメアリーと繋がっている可能性が濃厚な若狭の存在です。 以前記事にした通り私は赤井と若狭が繋がっている可能性を視野に入れています。 赤井は表向きは死亡している人物です。 その赤井と連携できるのは彼が信頼に値するとジャッジした人間のみのはず。 推理通り赤井が若狭と連携しているのなら若狭は赤井から大きな信頼を得ていることになります。 ですが私は赤井の若狭への信頼とは裏腹に若狭は赤井をそう信頼していないのではないかと考えています。 今回は赤井と若狭の不可思議な距離感をテーマに記事を綴ります。 ◆若狭は善人とは言い切れない◆ 彼女は殺人が起きるという気配を感じ取っていながらそれを放置しコナンや少年探偵団の子供たちを事件に巻き込んでいます。 若狭が「いいひと」であるのなら子供を危険に晒したりしません。 また灰原は若狭に対し好意的ではありますがその一方で組織の気配を感じ取っています。 身を挺して歩美ちゃんを守ろうとした様子は演技には見えません。ですがやはり彼女は善人とは言い難いものがあります。 若狭は過去から今に至るまで「悪」の一面を持ち合わせていることは確かです。 ◆赤井秀一は若狭を信頼している◆ ここは若狭=浅香が前提です。 「危険な相手なら瞬時に制圧する能力に長けた……「浅香」という名の」 90巻 赤井が若狭の過去をどの程度把握しているかは不明ですがこの台詞の時の赤井の様子から彼は若狭に警戒心を抱いていないことが見て取れます。 それどころか彼女のことを「危険な相手を制圧する能力に長けた」と評している。 つまり彼の中で若狭本人は危険な人物ではないと捉えていることになります。赤井は若狭の「悪」の一面を一切知らないという可能性もあるかもしれません。 赤井は妹の真純を大切に思っており彼女を巻き込みたくないと考えています。その真純の周辺に姿を現すと予見しても彼は若狭に危機感を抱いていません。 少なくとも今現在赤井は若狭を危険視していないことが分かります。 ◆なぜ若狭は「烏丸」の情報を渡さなかったのか◆ ここではダイイングメッセージの真相が若狭から赤井に伝えられたという前提で綴ります。 優作「ウチに住まわせているFBIの彼と先程話したんだが…」 95巻 この話し合いの中でダイイングメッセージの真の意味が「烏丸」であることが明らかにされました。 この話し合いは「先程」行われたもの。 若狭留美という名前は黒田、脇田の反応を見る限り確実に偽名ですし「烏丸」を意識して名乗っている可能性が高いと言えます。 つまり若狭はメッセージが烏丸を表していることにとっくに気付いていたはずです。ですが彼女はその情報を赤井には伝えていなかった。 ではなぜこのタイミングで情報を提供することを決めたのか。 ちょうどこの頃若狭の中では大きな出来事がありました。 彼女が江戸川コナン=工藤新一に辿り着いたのです。 若狭がこの事実を確信したのはこの話し合いのほんの少し前。 修学旅行に工藤新一が参加しておりその間江戸川コナンは休学。このことにより若狭の中でコナンの正体が特定され、赤井にメッセージの真相が伝えられたということになります。 ここで浮上するのが次の可能性です。 コナン=工藤新一なら若狭は赤井に烏丸の名前を教えることができる。 コナン≠工藤新一なら若狭は赤井に烏丸の名前を教えることができない。 つまり若狭はコナンの正体に確信が持てるまで赤井に烏丸の名前を渡さなかったと考える事ができます。 若狭は赤井を通してコナンにメッセージの真相が伝わる事を期待していたはずです。 彼女は赤井とコナンが繋がっていることも把握済みとなります。 要するに若狭がメッセージの真相を伝えたい相手はあくまでコナン。 彼女が赤井を有能な人材と考えているのなら烏丸の情報は早々に渡しておいた方が得策。 情報を渡さなかったのは若狭の中では赤井を心から信頼していないから。 このように捉えることもできるのではないかと思います。 角度を変えて語るのなら若狭にとって赤井は「信頼していない」とまではならなくても「戦力に値しない」という評価を下しているのかもしれません。 現時点で赤井と若狭に繋がりがあるという明確な描写は確認できていませんし早い段階で烏丸の名前を渡さなかったのも別の意味がある可能性も否定できません。 ですが赤井と若狭に信頼関係が成立している場合烏丸の名前を渡したタイミングについて府に堕ちないとは感じています。 ◆若狭はメアリーの事も信用していない?◆ 次回は赤井の母、メアリーと若狭の間に「信頼関係」が存在するのかを考察。 現時点でメアリーと若狭は繋がっている可能性が濃厚。 ですが私はメアリーは若狭を信頼している一方若狭はメアリーをそれほど信頼していない、つまり赤井と若狭の関係によく似た温度差が垣間見えると感じます。 それどころか若狭はメアリーを危険に晒しても構わないと考えている可能性はないのか。 その辺りを深読みも交え記事にしたいと思います。

名探偵コナンで若狭留美の正体は浅香かラムか?右目は義眼なのか? ... ラム編の再考察 - 名探偵コナン 考察メモ

コナン 若狭

名探偵コナンで登場した新しいキャラの若狭留美。 コナンたちのクラスの副担任でありながら、その正体は浅香やラムなのでは? と現在重要な人物の一人として描かれています。 右目は義眼なのか? 豹変した姿は何なのか? SDB BLACK+の最重要事項 Q.92 RUMは黒田、若狭、脇田の3人の中に確実にいますか? Q.94 羽田浩司がRUMですよね? さて、また0から、ラム編を考えてみることにします。

若狭留美 (わかさるみ)とは【ピクシブ百科事典】

コナン 若狭

若狭留美がイラスト付きでわかる! 『名探偵コナン』に登場するキャラクター。 「あ、あの若狭留美です小林先生より10歳もオバサンですけど」 cv:平野文 概要 帝丹小学校教師で、コナン>江戸川コナンたちのクラス(1年b組)の副担任。37歳。 黒田兵衛 正体=裏の理事官? 降谷の上司 降谷「上には僕の方から話しますので…」【85巻】 黒田「意外な着眼点で事件解決の糸口を見つけ推理をバックアップする…眠りの小五郎の知恵袋…警察庁ではそう噂されていたよ…江戸川コナン君…」【87巻】 警察庁のキャリアで、眠りの小五郎とその現場にいるコナンの存在を知っている人物は、降谷零か白鳥警部のみ。 現在、白鳥と黒田は警視庁に在籍。白鳥からコナンのことを聞いたなら、「警察庁ではそう噂されていた」と言わないだろう。なので、黒田は警察庁にいる降谷からコナンのことを聞いたと考えられる。 つまり、黒田と降谷には接点があるのはほぼ確定。 ゼロの執行人 裏理事官は、ゼロを統括している人物。黒田兵衛が裏理事官であれば、降谷零の上司である。 劇場版「名探偵コナン ゼロの執行人」の中で「裏の理事官」というワードが登場している。これは、映画にも出演していた黒田を指しているのではないだろうか。 裏の理事官とは チヨダ(ゼロ) 日本の公安警察で協力者運営などの情報収集(作業と呼ぶ)の統括を担当する係。かつてはサクラ、四係と呼ばれた。現在はゼロに改称されたとされる。 警察庁警備局警備企画課に属しており、任務は全国で行われる協力者運営の管理と警視庁公安部・各道府県警察本部警備部に存在する直轄部隊(作業班などと呼ばれる)への指示と教育である。「チヨダ」という名前は一種のコードネームであり、現在でも正式な名称は不明である。 裏理事官 警察庁警備局警備企画課でチヨダを統括しているのは指導担当の理事官(いわゆるウラ理事官)である。ウラ理事官には警察官僚の中でも入庁15年程度の警視正が就任し、およそ1年から3年にわたって理事官を務める。 ウラ理事官は組織図から名前が抹消され存在が秘匿されるが、キャリア官僚が突然姿を消すことから、誰がその任に就いたのか分かりやすいという。 引用:チヨダ (警察) - Wikipedia 10年前の事故 コナン 「ええっ!? 10年近く意識不明で入院してた!? 警察病院に!?」 由衣「そうよ! 黒田捜査一課長…何か大きな事故に遭われたらしくて…」 小五郎「なるほど…だからあの年で出向して来たわけか…」 由衣「ええ…もっと若い内に警察庁から地方警察に出向するのが普通だから…」 蘭「じゃああの顔の火傷も…」 由衣「多分その事故の影響じゃないかしら…右目は義眼みたいだし…顔の包帯を取った看護師が腰を抜かしたらしいわよ…まっ黒だった髪が事故のストレスで白髪に変色してまるで別人のようだったそうだから…」 コナン(別人…?) 由衣「意識が戻った今も所々 細かい記憶が抜け落ちてるっておっしゃってたけど…何コナン君…課長の事気になるの?」 コナン「あ、いや…」【86巻】 黒田が巻き込まれた10年前の事故は、まだ掘り下げがあるのか、ただ黒田の容姿の変化を伝える為のものなのか。追加情報待ち。

若狭留美の正体はラムか浅香?羽田浩司との関係もネタバレ考察! | ...

コナン 若狭

「名探偵コナン」ラム編のキーパーソン、 若狭留美 今回は若狭先生の正体がラムなのか、浅香なのか、考察していきます。最新話までのネタバレを含みますのでご注意ください。(ただし、99巻掲載の情報は伏せています。) 若狭留 17年前の事件 黒田が、羽田浩司の事件を回想するシーンがある【93巻】。 事件の当事者か、捜査官として関わった可能性が考えられるが、後述する若狭の言葉から、捜査関係者として関わっていた可能性が高そう。 FILE1017「大事の前」 これまでの降谷の行動 先に、これまでの降谷の行動を振り返る。 降谷「爆弾でこの連結部分を破壊して…その貨物車だけを切り離し…止まり次第…ヘリでこの列車を追跡している仲間が君を回収するという段取りです…」【78巻】 降谷「上には僕の方から話しますので…」【85巻】 ミステリートレインでも、緋色シリーズでも、降谷は公安の一捜査官としての立場を伺わせている。 降谷零のキャラクターイメージから、赤井秀一関連は私情で動いている印象が強いかもしれないが、あくまで、公安という組織からの指示のもとで動いていると考える方が適切だと思う。 これは、降谷の行動の理由・目的を考察する上で、一つのポイントだろう。 黒田の指示 降谷「はい…言われた通り僕が提供できる情報は全てあの少年に伝えました…まあ僕の情報は事件解決の手助けにはあまりならなかったようですが…」 黒田「大事の前だ…余計な火は消しておくに越した事はないからな…」 ポアロの安室透として、交通違反者と婦警のやり取りを伝えたのは、黒田からの指示。黒田が公安を指揮する裏の理事官だとすると、降谷は公安の上司、黒田の指示で動いていることになる。 公安は、近々、何か大きな作戦を計画していることが分かる。 降谷(バーボン)が得た新たな情報 降谷はバーボンとして潜入する中で、最近、大きな進展があった。 工藤新一の情報を要求する Time is money! 急げよバーボン ──RUM── 工藤新一の情報 急げ! Time is money! ──RUM── ラムから直接、指令メールを受け取った。

【名探偵コナン】若狭留美の登場回一覧!アニメと映画!DVDの収録まと...

コナン 若狭

「名探偵コナン」における 黒ずくめの組織のNo.2・ラム。 そのラム候補3人のうちの1人が、 若狭留美。 帝丹小学校1年B組副担任として 赴任した若狭先生は、 いったいどういうキャラクター なのか気になるところです。 当然だが、降谷はこのメールを黒田に報告しているだろう。 「大事の前」 ここで、キール編のジェイムズ・ブラックの言葉を思い返したい。 ジェイムズ「諸星大という偽名でその組織の一員として…5年前から2年前までの3年間だけだったがね…」「組織の中で彼は実にうまく立ち回った…最初は目立ち過ぎず、徐々に頭角を現していき…「ライ」というコードネームを与えられ、ついに組織の幹部の1人「ジン」と呼ばれる男の仕事に漕ぎ着けたんだ…」「その男さえおさえればボスまで辿り着けると踏んで、我々FBIもその仕事の集合場所に先回りし、身を潜めていたんだが…彼らは来なかったよ…夜が明けるまで待ったがな…」 赤井の潜入が、組織の幹部のジンに辿り着いた際、FBIはジン捕獲作戦を計画した。 公安の指揮官(=黒田)も、FBIの指揮官(=ブラック)のように、潜入捜査官(降谷)と組織幹部(ラム)のやりとりを利用して、その幹部(ラム)を捕らえる作戦を立てるのではないだろうか。 ラムからの指令メールを利用して(具体的には、工藤新一に関する偽の情報を与えて、エサにする等)、逆にラムを捕らえる作戦を計画。 これが、黒田の言う「大事の前」だと思う。 「例の件」 黒田「それより例の件は…どうなってる?」 降谷「まだ何も…」 黒田「報告を怠るなよ…バーボン」 「例の件」は、降谷の背景に描かれている、工藤夫妻と赤井秀一がヒント。工藤家での出来事が関係している。前述したように、降谷の行動はあくまで公安という組織の指示に基づいている。とすると、工藤家への侵入も、黒田が指示したと考えられる。 指揮官である黒田からの「(組織のNo2ラムが情報を欲しがる)工藤新一を探れ」という指示。 これが、黒田の言う「例の件」だと思う。 コナン側との取り引き? 気になるのは、降谷の表情と黒田の台詞。黒田が「報告を怠るなよ」と釘を刺したことと、その時の降谷の恐れるような表情から、降谷には黒田に報告していないことがありそう。 降谷は、黒田の「例の件(=工藤新一の調査)はどうなってる?」に対して、「まだ何も…」と答えている。 読者視点では、この返答がおかしいと分かるだろう。 工藤夫妻から話し合いの場(お茶会)を提案されており、ここで何らかの情報提供or取り引き等が行われたはず。その内容を、降谷は黒田に報告していない。 「まだ何も…」という降谷の言葉は、まだ工藤新一の調査に着手していない、又は、工藤家を調べたが何もなかった、ように聞こえる。 コナン側との話し合いの場で他言無用になったのかもしれない。 若狭留美 幼児化を認識 若狭留美を考察する上で重要なのが、帝丹小学校に来た理由。 若狭は、当初から江戸川コナンの調査が目的で、帝丹小学校に潜入している。つまり、幼児化という現象を認識済み。また、前もって、コナンについての情報を持っていたことになる。 組織は、修学旅行の件で、ようやく工藤新一を調べはじめた段階であり、江戸川コナンには、まだ辿り着いてさえいない。 すなわち、若狭は、組織の人間ではない。 正体=メアリーの仲間? メアリーが持つ情報 若狭を考察する前に、メアリーが持つ情報を整理しておく。 メアリー「盗聴器…」 真純「彼の眼鏡のツルの先っちょに付いてるヤツか… 危ない危ない…」 メアリー「見た事のないタイプ… バッテリーのサイズからすると駆動時間は極めて短そうだが… この形状(フォルム)でこの性能(バッテリーサイズ)… なかなか興味深い…」【83巻】 真純「しっかしさすがママだね! コナン君の蝶ネクタイのメカ! すぐに使いこなしちゃうなんてさ!」 メアリー「ああ… ダイヤルに印が付けられていたからな… あの探偵の声を頻繁に使っていたのだろう… それにしても… あんなに簡単な操作で色々な人物の声が自在に出せるとは… 様々な場面(ケース)での使用が想像(イメージ)できて… 心が躍るな…」【90巻】 メアリーは、コナンのずば抜けた推理力と同時に、特殊なメカを所持していることに興味を示していた。 これらの出来事から、自由に動くことができないメアリーが若狭にコナンの調査を頼んだと考えれば、若狭が帝丹小学校へ潜入した理由となる。 コナンの影にいる科学者の存在 灰原「電球…完全に切れてるわね…」 光彦「大丈夫です! これがありますから!」 若狭「あらみんな! 便利な物持ってるのね!」 歩美「博士に作ってもらったの!」 元太「トランシーバーになってる探偵バッジもあるぞ!」 若狭「へぇー…

名探偵コナン1034話 感想&考察。若狭留美とメアリー世良は繋がっている?【サンデー感想】 名探偵コナン考察ブログ...

コナン 若狭

名探偵コナン1034話「ドジだから」のネタバレ感想&考察です。若狭留美の最後の行動から読み取れる、羽田浩司やラムとの関係とは? また、若狭の不可解な行動にも着目し、コナンに接近する狙いや、領域外の妹ことメアリー世良と繋がっている可能性についても掘り下げていきます。 すごい博士ね!」【91巻】 コナン「先生! この扉を開けてくれねーか?」 若狭「で、でも、その誰かが飛び出して来たら…」 コナン「大丈夫! 麻酔銃で眠らせてやっから!」 若狭「ま、麻酔銃?」【91巻】 若狭の初登場回で、「腕時計型ライト」や「探偵バッジ」、コナンが持つ「麻酔銃」に興味を示している。特に、「へぇー…」と言ったコマの表情は意味深に描かれている。

【コナン】若狭留美の正体は宮野エレーナ!?これを見れば、もうそう...

コナン 若狭

【コナン】若狭留美の正体は浅香!?ネットで最も有力視されている説を考察してみた!!【名探偵コナン考察】 - Duration: 7:28. おがわっちのコ ... 厳密に言うと、阿笠博士は工学者であり、灰原やエレーナは化学者である。しかし、作中では「科学者」とまとめて表現されることがある。 メアリーは、解毒剤の研究者を探している描写がある。実際には薬を作っているのは灰原だが、コナンにメカを提供している阿笠博士を疑っている可能性もある。 推理力(暗号解読力) スキュタレー暗号の解読に悩むコナンを見て、抱えていた定規で壁の時間割り表を破り、解読表の存在に気付かせる【91巻】 「ウイスキー」「エビス」という単語を出して、解読表はイロハ表記であることに気付かせる【91巻】 偶然のようにも思えるが、虎の絵の上で寝てしまった元太に注目させて、顔の文字のトリックに気付かせている【92巻】 ドングリのやじろべぇを探偵団に教えることで、発火装置のトリックに気付かせる【93巻】 少なくともスキュタレー暗号の件とプロゴルファーの件では、事件が起こることを予期して、探偵団(コナン)を巻き込んでいる【91,92巻】 暗号解読で悩んでいるコナンに、若狭はさりげなくヒントを出している。若狭の解読スピードは圧倒的と思われ、その推理力はコナン以上。

名探偵コナンネタバレ最新1055話確定【若狭はラムなのか?】 漫画を...

コナン 若狭

名探偵コナンネタバレ最新1055話「若狭はラムなのか?」 コナン本誌。安室vs若狭先生。 若狭先生強すぎる。安室さんが不利な状況だったとはいえ、一撃で気絶させるなんて。 正に、瞬時に相手を制圧する能力に長けた人物でしたね。 若狭の正体を考える上で重要なポイント。 APTX4869の投薬リスト APTX4869の投薬リストは、組織内にあるはず。灰原の登場初期を読み返せば分かるように、組織の情報システムのセキュリティは万全。しかし、若狭はそれを閲覧している。 APTX4869の投薬リストを見ることができるのは、組織関係者だが、若狭は組織の人間ではなさそう。 ちなみに、リストに「工藤新一 死亡」とあるので、昔、潜入していた時にコピーしたものではない。 そこで、思いつくのがハッキングのスペシャリスト。ここでは、SISに近い諜報機関GCHQを挙げる。 SISとは SIS(MI6) 秘密情報部(Secret Intelligence Service、SIS) イギリスの情報機関の1つ。国外の政治、経済及びその他秘密情報の収集、情報工作を任務としている。 引用:秘密情報部 - Wikipedia メアリーについては「領域外の妹」という名前からSISであることがほぼ確定。 領域外の妹 → ter(ritory) 外す sister 若狭も同じ所属ということを考えたけれど、SISの採用条件は21才以上。17年前、若狭は20才なので、当時、既にどこかの諜報機関に所属していたなら、SISだと年齢が1つ足りない。 17年前20才である「現在37才」という若狭の年齢設定は、SISではないと推理させる為かもしれない。 GCHQとは GCHQ 政府通信本部(Government Communications Headquarters;略称GCHQ) イギリスの情報共同体において、偵察衛星や電子機器を用いた国内外の情報収集・暗号解読業務(シギント)を担当する諜報機関である。 引用:政府通信本部 - Wikipedia 注目したいのは、暗号解読という点において突出した組織であること。また、コンピュータ関連に強い人材を集めていて、情報収集能力も高い。ネットスパイという言葉が似合う。 ※「通信傍受機関である英政府通信本部(GCHQ)の暗号解読員で対外情報機関MI6に出向していた」男性の事件記事を発見。GCHQからMI6への人材交流が行われている模様。 ※GCHQの宣伝ツイートをSIS(MI6)のアカウントがリツイートすることもある様。 SISとGCHQは、過去に、共同で任務を遂行したこともあるので、捜査官同士が親しかったり、仲間として動いていても不思議ではないと思う。 但し、これらはあくまで推測の域を出ず、作中でGCHQという組織に触れられたことはない訳だが。 義眼疑惑 灰原(この人…右目が見えてない!?) 灰原「言っとくけど私、好きだから若狭先生…だから悪く言わないでくれる?」 若狭の義眼疑惑については、このシリーズを灰原に注目して読むと分かりやすい。 (この人…右目が見えてない!?) 若狭を観察(※灰原だけが、視線を若狭に向けているように思えるコマが4コマあり) 歩美の件で、若狭の右目に涙(※灰原の立ち位置は若狭の右側) 「言っとくけど私、好きだから若狭先生」 灰原が若狭を信用するに至った経緯は、実は、作中で描かれている。 キーとなるのは、若狭が右目に溜めた涙。 これらから、灰原の思考を組み立てると、 右目の涙を確認→義眼ではない→ラムではない と判断した可能性を読み取ることができる。 17年前の事件 黒田との因縁 「まさか気になる人物を観察する為に…業火に包まれる隣のテントを野放しにしたなんて事ありませんよね?」【93巻】 重要発言。 この言葉は、目の前で起こった燃えるテントの事件と、17年前の事件の両方を指している可能性がある。 つまり、黒田は、17年前、事件が起こることを予期していながら、"気になる人物を観察する為"に、羽田浩司(又はアマンダ・ヒューズ)を見殺しにしたのではないだろうか。 浅香 17年前、若狭は、アマンダのボディーガードである浅香として、現場にいた可能性が高い。 これまで、ラムを義眼にしたのは赤井務武説を採っていたが、ここでは浅香の可能性も挙げておく。 若狭=浅香は右利き、脇田=ラムの眼帯は左目。 さざ涙シリーズ【92巻】の赤井親子と同様に、相手の利き手側の目元を負傷したことにも当てはまる。 ラムの抜かった仕事(ころし) ウォッカ「おっ死(ち)んだらしいですぜ…羽田浩司の事件を探ってた堀田凱人…」 ジン「フン…17年前にラムが抜かった仕事(ころし)なんざ…知った事か…」【90巻】 ジンが言う「ラムが抜かった仕事(ころし)」とは、17年前、浅香に逃げられたこと。 そのため、裏切りシリーズ【90巻】を例に見ても、組織は「ASACA」を追っていることが分かる。 赤井の認識との一致 沖矢「その世良さんの周りに変わった人とか見かけませんでしたか?」 蘭・園子「変わった人?」 沖矢「そう、例えば…絶えず周囲を警戒し危険な相手なら瞬時に制圧する能力に長けた…『浅香』という名の…まぁ、そうは名乗っていないでしょうけど…」【90巻】 浅香=若狭留美でメアリーの仲間なら、赤井が 「世良さんの周り」に「浅香」の存在を疑うのも理解できる。この台詞は、母・メアリーが若狭と接触していないか、という意味合い。「浅香」を警戒しているのではなく、母たちの動きを知りたいというニュアンス。 この場合、赤井は、若狭の偽名が「浅香」だと知っている。また、母・メアリーの幼児化も知っている可能性が出てくる。(灰原の幼児化に、コナンと比べ、相当早い段階で気付けたのはこの為?) 脇田「トンチが効いてる」 (ローマ字で)I'M CARASUMA (ローマ字で)RUM WAS AKAI (ローマ字で)AKAI SAW RUM これまで、考えられてきたのは、「若狭留美」という名前をローマ字に変換し、Wを逆さにしてMとして、アナグラムを作っている説。